比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】

比企三山馬蹄形縦走【大霧山/堂平山/笠山】 2013/11/23 比企三山で馬蹄形スポークスマンに徹する!

比企三山馬蹄形縦走①大霧山766m②堂平山877m③笠山842m【反時計廻りVersion】 単純高低差 667m

Hikisanzan_bateikei_201311231_081
※画像は大霧山山頂から眺めた秩父市街地、奥秩父山域

比企三山とは埼玉県比企地域に聳える大霧山、堂平山、笠山(通称:おっぱい山)の三山を総称した呼び名であります。実は私は比企地域出身のハイカーなんですが、この比企三山を繋げて歩くと、なんと!綺麗な馬蹄形を描くことが出来るんです。このルートを「比企三山馬蹄形縦走」と勝手ながら称させて頂いている訳です。 

過去時計廻りVersionで1回、反時計廻りVersionで1回、計2回縦走している為、3回目以降はこの比企三山馬蹄形縦走を世のハイカーに周知して頂けるよう馬蹄形スポークスマンとして、積極的に大アピールしていこうと考えておりました。とにかくやらせてください!やります!やらせろ!の三拍子で当日は自宅を5時40分に立ちます。 

自宅からは一般道約46キロで目的地の駐車場に到着できます。道中、道の駅おがわまちのトイレに立ち寄った時でした。スライドドア方式の洋式トイレを拝借して、快適に用足しを終えた直後に事件が勃発します。 

なんと!ロックを外してもドアがスライドできましぇ~ん!そこで表妙義山の鎖場登攀シリーズのように全力で取っ手をガッシリ掴み、渾身の力を振り絞ってスライド方向に最大級の負荷を掛けてみます・・・。がしかし、全く反応Nothing!2回3回とトライしてみますが監禁状態は継続しています。 

ここで緊急登山速報が脳内に流れ始めます。”馬蹄形スポークスマンのおーまい・なるお氏が道の駅トイレ内部で監禁状態となり比企三山馬蹄形縦走を断念!”

縦走前にトイレに監禁されるなんて普通は有り得ねぇだらう・・・。正直、顔面蒼白度が78%程度に高まっていました。ヤバイな・・・。一瞬「ヘイッ!」と高叫びして「ジョーシン」とトーンを下げて発します。続けてヘイッ↑常心↓・・・と3回続けて心を落ち着かせ冷静さを回復させます。やや放心状態となっていた私は記憶を逆廻し再生して、ロック手前のスライドを締めた瞬間、違和感を覚えたのを思い出します。 

良し!全力で掴んだ取っ手を半力に引下げ、スナップを効かせながらスライドドアを上下させると速やかに稼働します。脱出成功!・・・・と縦走前から波乱な出来事を乗り越えて、何とか目的地の橋場バス停前の駐車場に到着した直後のことです。なんと!工事中で駐車スペースは柵で囲われていました。仕方なく「ヤマメの里駐車場」に移動して、大霧山から攻める反時計廻りを実行していくことになりました。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:ヤマメの里駐車場(7:12)⇒橋場バス停前(7:29)⇒粥仁田峠(8:18)⇒大霧山(8:46-9:17)⇒旧定峰峠(9:43)⇒定峰峠(10:14-10:18)⇒川木沢ノ頭(11:11-11:37)⇒白石峠(11:44)⇒堂平山(12:15-12:45)⇒笠山峠(13:03)⇒笠山(13:20-13:31)⇒ヤマメの里駐車場(14:24)

※歩行距離 20.4㎞ 行程タイム:7h12m(休憩等含)

因みに昨年堂平山に訪問した時の番外編は下記のレポにございます。

”番外編!「堂平山」天文台ドーム食堂の豚汁にストロングバイ(強い買い推奨)!” 

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Hikisanzan_bateikei_201311231_001

Hikisanzan_bateikei_201311231_002

道の駅おがわまちにてトイレ監禁事件発生から回避するまでの間、5分程度の時が経過していましたが、体感時間は30分ぐらいに長く感じました。ややアドレナリンを放出させられてから東秩父村にある橋場バス停に向かいます。到着するやいなや、なんと!トイレ及び駐車場が工事中とのこと(予定では平成26年3月20日まで)、再びアドレナリンが放出させられ、1.4キロ先にあるヤマメの里駐車場に移動します。


Hikisanzan_bateikei_201311231_004

Hikisanzan_bateikei_201311231_003

皆谷バス停先にあるヤマメの里駐車場に移動後、登山準備を整え笠山廻りの時計廻りを考えましたが、結果戻ってくる場所は同じなので当初の計画通り反時計廻りで馬蹄形縦走することに結論付けして出発します。


Hikisanzan_bateikei_201311231_007

Hikisanzan_bateikei_201311231_008

今回はガスセットを搭載してきましたが、ザックに水が無いことに気付き自販機でコインを投入し、速やかに「いろはす」を購入していきます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_009

Hikisanzan_bateikei_201311231_010

因みに皆谷バス停はヤマメの里駐車場の50mぐらい先にあります。道路挟んで向かい側にはトイレがあります。え?監禁大丈夫かだって。ドアがスライド式ではないので監禁確率は低いと思われます。(笑)


Hikisanzan_bateikei_201311231_014

Hikisanzan_bateikei_201311231_015

橋場バス停までは車道歩き残酷物語とは考えずにウォーミングアップとして快適に歩いていきましょう。バス停を左に曲がり、更に車道歩きを継続していきます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_017

Hikisanzan_bateikei_201311231_022

世界一小さなつりぼりセンターを通過したすぐ先にショートカットができる道がありますので道標に従い進みます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_025

Hikisanzan_bateikei_201311231_027

大霧山を視界に捉え再び車道に出ます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_028

Hikisanzan_bateikei_201311231_032

寛政三年の庚申塔が妬けに里山の風景にマッチングしています。そして甘みがありそうなミカン畑の脇を歩いていきます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_036

Hikisanzan_bateikei_201311231_037

粥仁田峠方面の看板に従い、民家の前を遠慮なく通過していきます。このルートは七峰縦走ルートと被りますので、大会当日は7000人強のハイカーが民家の前を通過していきますので私的には大迷惑な感じにも思えます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_038

Hikisanzan_bateikei_201311231_041

オレンジコスモス?を観賞しながら緩い勾配を穏かに登り込んでいきます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_043

Hikisanzan_bateikei_201311231_046

やがて粥仁田峠に到達です。この地点には登山ポスト、あづま屋、白石峠までの概念図が設置されています。粥仁田峠から白石峠までは約6.9㎞あります。


Hikisanzan_bateikei_201311231_049

Hikisanzan_bateikei_201311231_055

大霧山までの間はややキツメの登り込みルートとなります。キツメと言っても深刻なレベルではありませんのでご心配なく。


Hikisanzan_bateikei_201311231_052

Hikisanzan_bateikei_201311231_054

高度を稼ぎながら樹間より浅間山、両神山の名峰を視界に捉えます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_059

Hikisanzan_bateikei_201311231_061

山頂直下の急登を堪えて比企三山の先峰「大霧山」にアタックを仕掛けます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_063

Hikisanzan_bateikei_201311231_077

大霧山にアタックです。空気の澄んだ視界は見晴らし抜群です。比企三山の中でも大霧山が一番展望が利く山頂だと思います。


Hikisanzan_bateikei_201311231_073

Hikisanzan_bateikei_201311231_075

山頂にはベンチがあり丁寧な展望案内図も設置されています。僅か766mの山頂からでも数多くの山々が眺望できます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_065

西側にドカンと聳えるキザキザヘッドの山、この山は解り易いと思います。埼玉単独の百名山「両神山」です。


Hikisanzan_bateikei_201311231_066

整形の帝王、北側斜面を向けている秩父の名峰「武甲山


Hikisanzan_bateikei_201311231_067

火山活動継続中の「浅間山


Hikisanzan_bateikei_201311231_068

東の方面には茨城の名峰「筑波山」、堂平山とは山頂差異1mです。


Hikisanzan_bateikei_201311231_076

甲武信三山、左から木賊山、甲武信岳、埼玉最高峰の三宝山


Hikisanzan_bateikei_201311231_071

北側には「赤城山」、中央丸い山頂が地蔵岳


Hikisanzan_bateikei_201311231_087

尾瀬の「燧岳


Hikisanzan_bateikei_201311231_088

関東最高峰「日光白根山


Hikisanzan_bateikei_201311231_099

日光男体山(中央)、及び男体ファミリー


Hikisanzan_bateikei_201311231_117

ややガスが発生している「谷川連峰」


Hikisanzan_bateikei_201311231_107

両神山の背後に僅かに頭を出している「八ヶ岳


Hikisanzan_bateikei_201311231_082

秩父ハープ橋


Hikisanzan_bateikei_201311231_119

Hikisanzan_bateikei_201311231_120

大霧山で30分程度展望を楽しんでいたので、次のポイントの定峰峠に向かうことにします。


Hikisanzan_bateikei_201311231_130

縦走路からは笠山(左)、堂平(右)が展望できます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_123

Hikisanzan_bateikei_201311231_124

スリーZカップでも収まり切れない通称おっぱい山の笠山、本日は山頂直下から羊水を蹴破りハイハイアタックを仕掛ける作戦です。対してまな板気味の穏かなカップの堂平山(右)


Hikisanzan_bateikei_201311231_132

Hikisanzan_bateikei_201311231_134

眼下には私が産まれた場所(育った場所ではありません)、小川町の街並みが見えます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_138

Hikisanzan_bateikei_201311231_139

気持ちの良い樹林帯を歩いていると、前から過激な音色で熊鈴を鳴らしまくるトレランチックなハイカーが現れます。実は昨年も比企三山馬蹄形の縦走路で同一人物と擦れ違っていますが、挨拶以上の一線を超えようとは思っていません。なぜなら、そのハイカーは小中学校の先輩でしかも実家から300mの位置に住んでいた幼馴染のハイカーだからです。と言っても絡みは小学校の時僅かでしたが。何でわかるんだって?顔が全然変わってないからだよ。見て1発でわかるよ。当然向こうは気付いていません。何で関らないのかって?だってその先輩、カマっぽいんだもん。(笑)


Hikisanzan_bateikei_201311231_145

Hikisanzan_bateikei_201311231_147

その後は適度なアップダウンを繰り返し、旧定峰峠を通過していきます。更にその先では狩猟用のワナが仕掛けられている場所があるので、あまり深い場所に入らない方がよろしいでしょう。


Hikisanzan_bateikei_201311231_149

Hikisanzan_bateikei_201311231_154

獅子岩を通過してチャッチャカ下ります。


Hikisanzan_bateikei_201311231_156

Hikisanzan_bateikei_201311231_157

車道が見えてきたらそこが「定峰峠」です。


Hikisanzan_bateikei_201311231_165

Hikisanzan_bateikei_201311231_163

笠山の眺望が利く先にトイレがあります。女性ハイカーでお花摘みを御心配されるハイカーには絶好のトイレポイントとなります。え?余計なことはいらない、トイレだけでいい。失礼しました。ちょっと比企三山馬蹄形ルートで御心配されているハイカーがおりましたもので。(汗)


Hikisanzan_bateikei_201311231_161

Hikisanzan_bateikei_201311231_166

峰の茶屋では食事ができるようです。そして豊富なサブメニューもあります。


Hikisanzan_bateikei_201311231_167

Hikisanzan_bateikei_201311231_173

峰の茶屋の裏側から登り込んで定峰峠を見下ろします。


Hikisanzan_bateikei_201311231_176

Hikisanzan_bateikei_201311231_171

再び高度を稼いで笠山・堂平山を横目に歩きます。天文台ドームにズームを掛けます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_179

Hikisanzan_bateikei_201311231_181

続いて白石峠に向かうルートでは、ロングな急坂を登り込む箇所があるので体力消耗ポイントとなります。


Hikisanzan_bateikei_201311231_189

Hikisanzan_bateikei_201311231_192

ベンチで小休止してから鉄塔を捉えます。あの鉄塔の下が本日休憩ポイントに考えている貸切濃厚な秘密の園です。


Hikisanzan_bateikei_201311231_193

Hikisanzan_bateikei_201311231_194

白石峠への道標には従わず、真っ直ぐに登る踏み跡があります。このバリルートを進んでいくと貸切ポイントに到達できます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_198

Hikisanzan_bateikei_201311231_201

ススキの薮漕ぎをクリアすると鉄塔前に出られます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_200

Hikisanzan_bateikei_201311231_206

このポイントは地図に川木沢ノ頭と記載されている場所です。ここでガスセットを用意してケトルにいろはすを流し込んで温めます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_207

Hikisanzan_bateikei_201311231_211

鉄塔に向けてカップスターを美味しく頂きます。展望は正面樹間より一部利いております。


Hikisanzan_bateikei_201311231_213

Hikisanzan_bateikei_201311231_214

昼食後は鉄塔脇を急降下して本線の170段階段に合流していきます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_218

Hikisanzan_bateikei_201311231_219

階段を下った地点が白石峠です。


Hikisanzan_bateikei_201311231_222

Hikisanzan_bateikei_201311231_225

そして堂平天文台の標記方向に向かいます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_227

Hikisanzan_bateikei_201311231_238

合流地点より剣ガ峰には立ち寄らずに林道を歩いていきます。御荷鉾山の先には浅間山の展望が良く利いています。


Hikisanzan_bateikei_201311231_232

Hikisanzan_bateikei_201311231_233

見上げるとパラグライダーを楽しむライダーが宙を舞っています。青空の中とても気持ちが良さそうです。


Hikisanzan_bateikei_201311231_241

Hikisanzan_bateikei_201311231_242

その後車道、森林学習道へと小高いピークを巻きながら進んでいきます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_253

Hikisanzan_bateikei_201311231_255

とそこへ森林学習道への通行止看板が立ちはだかります。堂平山へ通じている車道から堂平天文台敷地内へと入ります。


Hikisanzan_bateikei_201311231_256

Hikisanzan_bateikei_201311231_258

門を通過していくと鮮やかな紅葉を観賞しながら山頂アタック体制を整えていきます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_267

Hikisanzan_bateikei_201311231_271

いよいよ堂平山頂にアタックを仕掛けにいきますが・・・。山頂部はキャンパーやライダー、ロードレーサー、ハイカー、トレラン、走り屋、天文ファンなどカテゴリー違いの多くの人々で賑わっています。


Hikisanzan_bateikei_201311231_276

Hikisanzan_bateikei_201311231_297

山頂ベンチ部分は大バッティング状態ですが、下のスペースは御座でも敷けば気持ちよく寝れそうです。


Hikisanzan_bateikei_201311231_274

さいたま市、東京方面。ここ堂平の夜景は超絶景なんですよ。若い時代に車でこの夜景を見に何度か訪問していました。当時は走り屋も多かったですねぇ。


Hikisanzan_bateikei_201311231_281

Hikisanzan_bateikei_201311231_283

甲武信岳、雁坂嶺方面(左)、武甲山(右)


Hikisanzan_bateikei_201311231_282

Hikisanzan_bateikei_201311231_291

八ヶ岳方面(左)、浅間山(右)


Hikisanzan_bateikei_201311231_292

Hikisanzan_bateikei_201311231_296

谷川連峰(左)、両神山(右)


Hikisanzan_bateikei_201311231_288

Hikisanzan_bateikei_201311231_298

パラグライダーを真上に捉えながら、約11カ月前に立ち寄った天文食堂の豚汁の味が忘れらなくて、再びまいう~!豚汁(180円)を頂く為に食堂に向かいます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_302

Hikisanzan_bateikei_201311231_306

豚汁を頂く為、ツーコイン支払ってツーコインバックのまいう~とんじるぅ・・・と念仏のように唱えながら店内に入ります。なんと!食堂のおばちゃん健在でした。しかも私の事も覚えていてくださいました。しかしながら、豚汁は前のオヤジハイカー6人衆で品切れとなってしまい、残念ながら味わうことができませんでした。それだけ人気メニューってことでしょうね。


Hikisanzan_bateikei_201311231_308

Hikisanzan_bateikei_201311231_309

店内には炭水化物を中心とした手作りメニューも豊富に揃えてあります。昨年、番外編レポとして堂平食堂の御紹介をさせていただいた時、ボランティアのHさまが私のレポをご覧いただいたとのことでした。そのHさまが作成された手造りドームくんをいただきました。


Hikisanzan_bateikei_201311231_313

Hikisanzan_bateikei_201311231_314

人が減少した山頂部に再び戻り、堂平山の山頂標識を撮影してから比企三山馬蹄形縦走最終峰「笠山」に向かいます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_318

Hikisanzan_bateikei_201311231_321

パラグライダー発着場の脇を通過して、展望を見ながら堂平を下山します。


Hikisanzan_bateikei_201311231_322

Hikisanzan_bateikei_201311231_324

ここからの展望で良く目立つ山は両神山と浅間山でした。


Hikisanzan_bateikei_201311231_325

Hikisanzan_bateikei_201311231_328

標高を下げながら吸いつくようにおっぱい山「笠山」にアプローチしていきます。え?おーまいが言うとエロいだって。今盛り上げてやってんだからさぁ~、うぜぇ~こと申すな。不快に思う奴は去れぇ~。あ、失礼しました。


Hikisanzan_bateikei_201311231_330

Hikisanzan_bateikei_201311231_331

峠に出て一旦車道を横切ります。


Hikisanzan_bateikei_201311231_335

Hikisanzan_bateikei_201311231_338

林道から急登の山道に入り、いよいよ羊水を蹴破ってハイハイアタック体制に入ります。


Hikisanzan_bateikei_201311231_340

Hikisanzan_bateikei_201311231_342

そして野性的本能のまま完全体のアタックを仕掛けます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_343

Hikisanzan_bateikei_201311231_347

笠山山頂に到達です。展望は北側部分が開けていますので赤城山方面、日光男体山、日光白根山などが利いています。


Hikisanzan_bateikei_201311231_349

眼下には小川町の市街地が良く見えています。中央奥側に日赤病院があります。実はあの病院で私は誕生しました。

お~まいさん、取り違え大丈夫かだって?そこまで古い年代ではないので問題ないかと思われますが・・・。DNA鑑定一応やっておくか、もしかして富豪のお宅の子供と取り違えされていたら・・・フリーマンハイカーに一気に転身して一万倍返しかぁ!(笑)


Hikisanzan_bateikei_201311231_345

Hikisanzan_bateikei_201311231_356

笠山の本来の山頂は笠山神社にありますので3分程度で移動ができます。


Hikisanzan_bateikei_201311231_360

Hikisanzan_bateikei_201311231_362

笠山神社で比企三山馬蹄形縦走の安全祈願をしていきます。隣には単独トイレが設置されています。ここトイレポイントです。


Hikisanzan_bateikei_201311232_001

Hikisanzan_bateikei_201311232_004

笠山神社を後にして馬蹄形最終ラウンドの下山に入ります。


Hikisanzan_bateikei_201311232_006

Hikisanzan_bateikei_201311232_007

道標のバス停方向に従い樹林帯を下っていきます。


Hikisanzan_bateikei_201311232_017

Hikisanzan_bateikei_201311232_019

グングン標高を下げていくとやがて車道に出ます。


Hikisanzan_bateikei_201311232_021

Hikisanzan_bateikei_201311232_023

集落に咲くマーガレットやら紅葉を観賞しながら歩いていきます。


Hikisanzan_bateikei_201311232_024

Hikisanzan_bateikei_201311232_027

里山風景を体感しながら起点の皆谷に下りていきます。


Hikisanzan_bateikei_201311232_032

Hikisanzan_bateikei_201311232_034

ショートカットや車道を交差させながらヤマメの里駐車場に無事に帰着です。


Hikisanzan_bateikei_201311232_036

Hikisanzan_bateikei_201311232_039

比企三山馬蹄形完結後の癒し温泉は、毎度のコースですが四季採館「都幾の湯」に立ち寄り、思う存分疲弊した身体を癒して自宅に帰ります。


Omotemyogi_juso_201311271_001

アイフィンアプリで記録した軌跡です。今後とも比企三山馬蹄形コースをどうぞ宜しくお願い致します。大変お疲れさまでした。

Produce By Naruo OhMy


■天候:晴れ

■出会った人:45人ぐらい(~大霧山2人、~定峰峠5人、~堂平山30人ぐらい、~笠山4人、~ヤマメの里2人)

■タイム:7:12~14:24【7時間12分、休憩等含】 

■形態:単独行 

■水分:2.0L(ペットボトル500ml:4本) 

■山域:比企三山

■出発地点より駐車場までの片道距離:46㎞ 

■登頂日:2013年11月23日(土)

■その他:  

★波乱幕開けの比企三山馬蹄形縦走いかがだったでしょうか。入門編馬蹄形縦走として、各段階の馬蹄形縦走を意識したトレーニングに御活用してみてはいかがでしょうか。比企三山馬蹄形縦走スポークスマンとして至らぬ点は多々ございますが、今後も多くのハイカーの方々に御活用していただけるように勝手な広報活動を継続していこうと考えております。

★谷川連峰馬蹄形縦走とは比較にならないくらいの差はありますが、馬蹄形を周回するといったイメージトレーニングにはなるかと思われます。比較的ゆっくりめに歩いて展望もしっかりと堪能した上での全行程時間7時間強ということでしたので、ある程度の山歩き経験があれば日帰りは問題なく可能だと思います。

★馬蹄形スポークスマンとしては、将来的には比企地域出身者または在住者で構成される比企三山馬蹄形チームなんてのも造ってみたい気がします。何か比企三山に関することで問い合わせ等があればプロフィール欄のメールアドレス、またはヤマレコ関係者であれば下記まで遠慮なくどうぞ。可能な範囲でしか回答できませんけど。

http://www.yamareco.com/modules/diary/50752-detail-61841

ホームに戻る 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ