白馬三山【北アルプス】

白馬三山縦走【日帰り】 2014/7/23 深Qの日本百名山登頂シリーズVol.44

白馬三山縦走【日帰り】 白馬岳2,932m/杓子岳2,812m/鑓ヶ岳2,903m  単純高低差1,682m 累積高低差(上り)2,425m

Hakubasanzanjuusou_20140723_271

さて今回私が向かった先は、過去の経験則から天候の相性の良い北アルプスでした。選択した山域は白馬三山日帰り縦走。
今回のコースは、本年のシリーズ物の「チャレンジ・ザ・ステージVol.3」と必然的になってしまいました。
 

早速、仕事から帰宅して22時自宅を出発します。平日は0時~4時の時間帯に高速道の料金所を通過すれば、30%OFFになることを思い出し、更埴IC手前の千曲川Pで2時間半ほど仮眠していきます。
起床後、更埴IC下車⇒オリンピックロード⇒白馬地内に入ってから猿倉Pへ向かいました。
 

猿倉P到着後、登山者用のPに満車表示があり、まぢで!?とビビル大木モードになりかけましたが、未舗装のPを奥まで進むと、なんと!空きスペースが点在しているではありませんか。しかしながら、平日にしては8割程度は埋まっておりました。この時期、土日は完全アウトだな・・・と白馬エリアの人気の高さを実感しました。 

そして、毎度の如く疲労感を抱えながら、白馬エリア初の縦走を開始します。白馬尻小屋までは1時間弱で難なく到着しました。白馬尻小屋先にある大雪渓では、雪渓の長さと高低差を目視で実感します。周囲は4本・6本等のアイゼンを装着しています。私的には最終的判断でがさばりの大きい6本爪を車に置いてきて、チェーンスパイクをザックに搭載してきました。装着は両足5秒で完了。

そして速やかに歩き始めます。7月の雪渓はよく締まっており、チェーンの刃がよく絡んでチェーンスパイカーの威力を発揮します。先行していたアイゼンハイカーをグイグイ追い抜いて、結果10人程度は追い抜いたかな。これはチェーンの威力なのか?おーまいの怒りの威力なのか?は定かではありません。

大雪渓をクリア後、念願の白馬三山縦走に挑んでいきます。さて内容は如何に・・・。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

猿倉荘登山届提出(4:56)⇒白馬尻小屋(5:49)⇒白馬大雪渓(6:02)⇒葱平(7:17)⇒小雪渓(7:50)⇒避難小屋(8:00)⇒2533m地点(8:20)⇒白馬岳頂上宿舎(8:39-8:55)⇒分岐(8:58-9:03)⇒白馬山荘(9:14-9:24)⇒白馬岳(9:37-9:51)⇒白馬山荘(9:59-10:07)⇒分岐(10:18)⇒杓子岳(11:26-11:42)⇒白馬鑓ヶ岳(12:34-12:52)⇒猿倉分岐(13:14)⇒鎖場(14:14)⇒鑓ヶ岳温泉(14:42-14:47)⇒崩沢(15:18)⇒杓子沢⇒小日向のコル(16:10)⇒林道合流(17:30)⇒猿倉荘(17:40)⇒猿倉P(17:44)

※歩行距離:24.5㎞ 行程タイム:12h48m(休憩等含)

(注):コースタイムは個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またその日の登山道のコンディション・適度な休憩・アクシデント・渋滞等発生により、あまり参考にはなりません。


Hakubasanzanjuusou_20140723_010

Hakubasanzanjuusou_20140723_009

自宅より片道約240キロを走行して、猿倉登山者用臨時駐車場に到着です。平日にも関わらず8割程度は埋まっています。まずは準備を整えながら駐車場から白馬岳を眺めていきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_015

Hakubasanzanjuusou_20140723_017

駐車場から歩いて1分程度で猿倉荘前に出ます。ここで係員に登山届を提出していきます。猿倉荘の脇にチップ制のトイレがありますので、長い1日に備えて身体をリフレッシュさせていきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_019

Hakubasanzanjuusou_20140723_025

さぁ~長い1日の始まりです。初白馬に向けて登山を開始していきます。途中、鑓温泉登山道分岐に出ますが、下山はこちらから下りてくる予定です。 


Hakubasanzanjuusou_20140723_029

Hakubasanzanjuusou_20140723_030

聳え立つ白馬岳を正面に捉えながら、林道歩きを暫くたんたんとこなしていきます。 


Hakubasanzanjuusou_20140723_036

Hakubasanzanjuusou_20140723_044

渡渉ポイントには橋が架けられておりました。その後木道階段から 穏やかに標高を稼ぎにいきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_049

Hakubasanzanjuusou_20140723_055

オタカラコウ(左)、ミヤマカラマツ(右)


Hakubasanzanjuusou_20140723_056

Hakubasanzanjuusou_20140723_053

ガレ場を登り込みながら大雪渓にズームを合わせていきます。 


Hakubasanzanjuusou_20140723_058

Hakubasanzanjuusou_20140723_062

1時間もかからずに白馬尻小屋に到達です。白馬尻小屋前にはメット軍団が集結していました。メット軍団が大雪渓に入り込む前に先に取り付き地点に向かいます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_069

Hakubasanzanjuusou_20140723_072

大雪渓取り付き地点に到達。白馬尻小屋からは距離があるので、ここでアイゼンを装着した方がよろしいでしょう。大雪渓を前にして、SOCCERSを美味しく頂きます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_073

Hakubasanzanjuusou_20140723_074

壮大な白馬大雪渓には、チェーンスパイカーとして立ち向かいます。速やかに5秒で装着を完了!周囲のハイカーは簡易アイゼン組で装着に難儀の様子でした。 


Hakubasanzanjuusou_20140723_076

Hakubasanzanjuusou_20140723_077

ピッケルは持っていないので、野生動物襲撃対応用改良型のシングルステッキを用意します。いざ、 長さ3.5キロ、標高差600mの大雪渓に挑んでいきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_085

Hakubasanzanjuusou_20140723_090

ルート上には目印用のベンガラが撒いてあります。 雪渓に転がっている石や岩は全て落石してきた物です。歩きながらも突発的に発生してくる落石などに要注意です。


Hakubasanzanjuusou_20140723_088

Hakubasanzanjuusou_20140723_096

雪質の締まりが良好なのか、チェーンの刃がよく絡んでくれています。 大雪渓ではチェーンスパイカーとしての最大限のパフォーマンスを発揮し、最終的には、視界に見えている範囲内のハイカー全てを遠慮なく追い越していきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_097

Hakubasanzanjuusou_20140723_101

グイグイと標高を稼いでいきます。振り返ってみると結構な斜度に感じますね。


Hakubasanzanjuusou_20140723_103

Hakubasanzanjuusou_20140723_106

見事な空間に圧巻されながら己の瞳が輝きを増していきます。大雪渓上部では、ややガニ股気味に踏ん張りを利かせながら登り込んでいきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_109

Hakubasanzanjuusou_20140723_112

葱平でチェーンスパイクを一旦解放させていきます。長かった大雪渓を消化して一先ず、餅太郎を美味しく頂きます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_111

Hakubasanzanjuusou_20140723_122

雪渓では登りと下りのハイカーが交差しています。先を進んでいくと、ミヤマキンポウゲが咲いていました。


Hakubasanzanjuusou_20140723_123

Hakubasanzanjuusou_20140723_124

クルマユリ(左)、 テガタチドリ(右)


Hakubasanzanjuusou_20140723_130

Hakubasanzanjuusou_20140723_131

更に登り込んで高い位置から雪渓を見下ろしていきます。本日は三連休後の平日なので、アリの行列は見られませんねぇ~。混雑してしまうので見れなくて結構なんですけどね。ほんと平日に来て、ラッキー チャチャチャッ ウゥ!


Hakubasanzanjuusou_20140723_140

Hakubasanzanjuusou_20140723_125

ガレ交じりの岩場を登り込んでいきます。ハクサンフウロ


Hakubasanzanjuusou_20140723_143

Hakubasanzanjuusou_20140723_144

結構な標高差を稼いで、小雪渓取り付き点に到達します。再び5秒でチェーンスパイカーに変身です。


Hakubasanzanjuusou_20140723_145

Hakubasanzanjuusou_20140723_150

ステップは切り込んでありますが、アイゼン着用のお願い看板があり。甘く見るとボブスレー状態で大雪渓を下りてもらうことになるよ。


Hakubasanzanjuusou_20140723_155

Hakubasanzanjuusou_20140723_157

避難小屋に到達です。もしや避難小屋の女王が寝てるかも??と思いきや、こんな場所で寝てる訳ねぇ~か・・・。


Hakubasanzanjuusou_20140723_156_2

Hakubasanzanjuusou_20140723_159

ペイント付のガレ岩場前にて、テキトーな山屋おーまいの本日最初で最後の地鶏披露です。白馬岳に向けて、フライング気味のピークハントポーズ!ニコン製のカメラを修理に出して復活したけど、1万円の出費はデカぁ~イ!地鶏恐怖症になってました(笑)。


Hakubasanzanjuusou_20140723_164

Hakubasanzanjuusou_20140723_168

周囲は絶景ですが、足元の岩場には要注意です。まもなく2,533m地点に到達です。


Hakubasanzanjuusou_20140723_170

Hakubasanzanjuusou_20140723_178

杓子岳が妬けに格好いい!踏ん張りを効かせて登り込んでいきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_180

更に高度を稼いでから眺めます。左に杓子岳、右に鑓ヶ岳


Hakubasanzanjuusou_20140723_185

Hakubasanzanjuusou_20140723_183

白馬岳頂上宿舎に到達です。足元にはミヤマオダマキ


Hakubasanzanjuusou_20140723_196

Hakubasanzanjuusou_20140723_187

山小屋にしてはキャパのデカイ建屋です。トイレを拝借(使用料100円)していきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_205

Hakubasanzanjuusou_20140723_204

小休止後、分岐点まで登って剱が視界に入ってきます。そして、大雪渓で背後に追尾されていた恐るべし御夫人ハイカーと写真を撮り合います。この長野市からお越しの御婦人ハイカーとは、その後山頂までほぼ同ペースで登頂していきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_209

Hakubasanzanjuusou_20140723_214

分岐点より白馬岳アタックに向かいます。標高2900m地点が近づいてきましたので、酸欠気味になりながらもグイグイ登り込んでいきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_215

Hakubasanzanjuusou_20140723_217

憧れの白馬山荘が視界に入ってきたぁ!足元にはウルップソウ。


Hakubasanzanjuusou_20140723_224

Hakubasanzanjuusou_20140723_226

長野県と富山県の県境にある白馬山荘受付の前に出てきました。白馬山荘は五つ星クラスの山小屋ですなぁ~・・・絶句していきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_228

Hakubasanzanjuusou_20140723_235

白馬山荘の脇からアタックルートに導かれていきます。途中、白馬山荘の前身小屋を開業した松沢貞逸像を見学していきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_236

Hakubasanzanjuusou_20140723_240

私的に酸欠の判断基準値として利用している赤岳基準の標高2900m突破から、強風も重なってか非常に息苦しくなってきます。深Q名山新規GETに向けて、果敢にアタックを仕掛けにいきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_242

Hakubasanzanjuusou_20140723_271

高山植物の宝庫を観賞しながら登り込んでいきます。そして、白馬岳にアタック!!今年初の新規深Q百名山44座目GET!!


Hakubasanzanjuusou_20140723_247

Hakubasanzanjuusou_20140723_248

山頂には一等三角点が設置されています。展望版には、なぜかコインが挟み込まれています。


Hakubasanzanjuusou_20140723_252

Hakubasanzanjuusou_20140723_254

ロープが張られた白馬岳山頂直下は絶壁状態。眼下の大雪渓方面ではガスが吹き上がってきています。


Hakubasanzanjuusou_20140723_260

難易度最上級クラスの地鶏ぃ~!ってのはジョークです。長野市からお越しの御夫人ハイカーに撮って頂きました。因みに山頂は強風のため地鶏はオススメ致しません。


Hakubasanzanjuusou_20140723_256

Hakubasanzanjuusou_20140723_261

序に恒例のピークハントポーズも決め込みます。撮影していただいた御夫人ハイカーもなんと!豪華なポージングを決め込んでいきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_263

Hakubasanzanjuusou_20140723_264

旭岳(左)、剱・立山方面(右)


Hakubasanzanjuusou_20140723_267

Hakubasanzanjuusou_20140723_266

雪渓側は迫力のある断崖なので、端に寄らない方がいいでしょう。御夫人ハイカーは、スカイプラザでケーキを食してから18時からの会議に間に合うように下山するそうなので、ここでお別れとなります。


Hakubasanzanjuusou_20140723_278

Hakubasanzanjuusou_20140723_285

いつかは豪華に宿泊してみたい白馬山荘。これほんまに山小屋?凄すぎです。


Hakubasanzanjuusou_20140723_286

白馬山荘からの展望


Hakubasanzanjuusou_20140723_281

Hakubasanzanjuusou_20140723_288

レストランスカイプラザ白馬(左)、眼下には白馬岳頂上宿舎(右)


Hakubasanzanjuusou_20140723_296

Hakubasanzanjuusou_20140723_295

剱岳・立山連峰(左)、剱・・・本年は、はっきり言ってこいつしか考えていなかった。昨年のアタック2日前に発生した腰痛から1年間、我慢してきました。当然、ターゲットは早月尾根から日帰りピストン。しかし、運転が片道400キロあるので難儀しそうだらうな。 


Hakubasanzanjuusou_20140723_297

Hakubasanzanjuusou_20140723_311

白馬山荘より分岐までの稜線を眺めます。次にアタックに向かう杓子岳・鑓ヶ岳が綺麗に聳え立っています。


Hakubasanzanjuusou_20140723_314

Hakubasanzanjuusou_20140723_316

豪快に聳える旭岳(左)、振り返って白馬岳と白馬山荘(右)


Hakubasanzanjuusou_20140723_317

Hakubasanzanjuusou_20140723_319

分岐に到達後、白馬岳頂上宿舎を廻りこみながら、広いテン場を確認していきます。何と2日前にヤマレコ仲間のyukinomieさんとironfootさんがここでテン泊されていたことを後で知ります。あの人気ハイカーたちとスリーショット撮りたかったなぁ~。残念。


Hakubasanzanjuusou_20140723_332

稜線歩きをしながら白馬岳をじっくりと眺めます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_333

Hakubasanzanjuusou_20140723_334

美し過ぎる!白馬岳、輝く瞳に乱反射していきます。そして杓子岳・鑓ヶ岳にアプローチしていきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_336

Hakubasanzanjuusou_20140723_345

何度も視界に入ってくる剱岳に確実に呼ばれている気がします。まさに北アルプスの稜線歩きは、素晴らしいの一言に尽きます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_351

Hakubasanzanjuusou_20140723_355

ハクサンイチゲ(左)、ミヤマタンポポ(右)


Hakubasanzanjuusou_20140723_352

Hakubasanzanjuusou_20140723_353

徐々に鞍部まで標高を下げていく 途中で、むぎ茶の空ペットの落し物がありました。今まで自分も妙義山や両神山で鎖場や岩場に引っ掛けて、ペットボトルを落下させたことがありました。今日はガスセットを担いでない分、空きスペースがあるので、ペットを圧縮させてザックに放り込みます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_359

Hakubasanzanjuusou_20140723_360

快適な空間のガレ場を下ります。眼下の雪渓、そして大雪渓からはガスが上昇してきています。


Hakubasanzanjuusou_20140723_364

Hakubasanzanjuusou_20140723_367

本気で北アルプスを堪能していきます。様々な角度から楽しませてくれる杓子岳(右)


Hakubasanzanjuusou_20140723_368

Hakubasanzanjuusou_20140723_370

白馬岳から歩いてきた稜線(左)、鑓ヶ岳と剱岳(右)


Hakubasanzanjuusou_20140723_371

Hakubasanzanjuusou_20140723_375

剱よ、確実に呼んで頂いている。杓子岳には巻道もあるようだけど、白馬三山縦走のため、しっかりとピークハントをさせていただきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_376

Hakubasanzanjuusou_20140723_387

杓子岳アタックに向かっているパーティを視界に捉えて周囲を見渡すと、まるで 谷川連峰みたいです。逆を言えば、谷川連峰がアルペンチックなだけなのか。


Hakubasanzanjuusou_20140723_388

Hakubasanzanjuusou_20140723_390

迷わず山頂を目指す直登コースに向かいます。ガレ場を登り込んでいきます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_394

Hakubasanzanjuusou_20140723_397

かなりしんどいガレ場登りに、執念でアタックに向かいます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_399

Hakubasanzanjuusou_20140723_405

山頂部が見えてきました。杓子岳にアタック!!山頂に居た一眼レフ持参のオジサンハイカーに撮っていただきました。


Hakubasanzanjuusou_20140723_409

Hakubasanzanjuusou_20140723_411

杓子岳東壁(左)、白馬岳から歩いてきた稜線(右)


Hakubasanzanjuusou_20140723_418

本家の槍ヶ岳


Hakubasanzanjuusou_20140723_420

奥から双耳峰の鹿島槍ヶ岳、五竜岳


Hakubasanzanjuusou_20140723_433

恰好良すぎる「剱岳」。こいつをアタックするために、そもそも登山を始めたようなものです。今までの集大成を発揮させる時がきたぁ!近々アタックを仕掛ける予定。


Hakubasanzanjuusou_20140723_421

Hakubasanzanjuusou_20140723_427

鑓ヶ岳方面の稜線(左)、杓子沢方面の雪渓(右)


Hakubasanzanjuusou_20140723_444

Hakubasanzanjuusou_20140723_445

三座目の鑓ヶ岳に向かいます。周囲は谷川連峰チックな風景。北アルプス=谷川連峰成立かな?


Hakubasanzanjuusou_20140723_448

Hakubasanzanjuusou_20140723_457

鞍部から鑓ヶ岳への高低差200mの登り返しが堪えそうです。杓子岳を振り返ります。違う角度から眺めると別山に感じますね。荒々しいのか、たおやかなのか。


Hakubasanzanjuusou_20140723_458

Hakubasanzanjuusou_20140723_462

一部砂礫地帯では勝手にムーンウォーク状態となり、いたずらに脚部が刺激されていきます。それでも登り込みをグイグイと継続して、果敢なアタックに向かいます。


Hakubasanzanjuusou_20140723_463

大迫力の杓子岳 


Hakubasanzanjuusou_20140723_468

Hakubasanzanjuusou_20140723_471

ニセピークから再び鑓ヶ岳山頂部に向かって登り込みます。全てのハイカーが難儀している最後の踏ん張り所を通過。


Hakubasanzanjuusou_20140723_475

Hakubasanzanjuusou_20140723_476

白馬三山の最終峰にアタックを仕掛けに向かいます。白馬鑓ヶ岳アタックにより三山登頂成功!


Hakubasanzanjuusou_20140723_479

Hakubasanzanjuusou_20140723_482

唐松岳方面(左)、天狗山荘(右)


Hakubasanzanjuusou_20140723_483

白馬鑓ヶ岳でピークハントポーズを刻み込んでいきます。山頂、稜線は台湾に来ている台風の影響なのか?風がめっさ強ぇ~・・2Way・ウェイ・・・。


Hakubasanzanjuusou_201407232_001

Hakubasanzanjuusou_201407232_009

素晴らしい白馬三山の縦走を終えて、いよいよ最終ラウンドの下りへと突入です。分岐から鑓温泉に向かいます。


Hakubasanzanjuusou_201407232_010

Hakubasanzanjuusou_201407232_013

鑓ヶ岳を見納めてから、ガレ場下りへと丁寧な下りを心掛けて進んでいきます。


Hakubasanzanjuusou_201407232_019

Hakubasanzanjuusou_201407232_020

雪渓を横目に下っていくと、雪渓横断がありました。


Hakubasanzanjuusou_201407232_028

Hakubasanzanjuusou_201407232_031

下ってきた道を振り返ります。この先にあると思われる鎖場警告板を見ると、ストックをしまって両手を使えるようにしましょう!とのことです。


Hakubasanzanjuusou_201407232_034

Hakubasanzanjuusou_201407232_035

鎖場・変則的梯子を下ってから、お約束の鎖掴みポーズを決め込みます。


Hakubasanzanjuusou_201407232_038

Hakubasanzanjuusou_201407232_043

岩場の合間に沢が流れていたりと、難易度高めの鎖場を通過していきます。ガンガン下りたいところですが、三山終えた後だけに脚が散々な状態に・・・。(汗)


Hakubasanzanjuusou_201407232_044

Hakubasanzanjuusou_201407232_045

鑓温泉に向かうには、雪渓を下らなければ建屋に到達できません。


Hakubasanzanjuusou_201407232_046

Hakubasanzanjuusou_201407232_050

雪渓には目印のポールが立てられています。午後の時間帯なのでキックステップで慎重に下っていきます。脇から覗いてみると、雪渓下の空洞化が促進されています。まもなくヤバくねぇ? 


Hakubasanzanjuusou_201407232_051

Hakubasanzanjuusou_201407232_054

鑓温泉に到達です。白馬鑓温泉には入らないけど、ちょこっとだけ見学だけしてみましょう。


Hakubasanzanjuusou_201407232_055

Hakubasanzanjuusou_201407232_058

PM8時~9時以外は露天は混浴?まぢオヤジたちの下腹部や尻がめっさ丸見え!ハレンチ過ぎて見てられねぇ~っす。その後、鑓温泉から猿倉へ向かう。


Hakubasanzanjuusou_201407232_060

Hakubasanzanjuusou_201407232_066

鑓温泉直下にも雪渓があり、しかも長い為やや難儀します。その後も雪渓のトラバースが5本程度あります。


Hakubasanzanjuusou_201407232_062

Hakubasanzanjuusou_201407232_065

雪渓では猿の軍団が登り込んできました。そして猿がやがて去る・・・。


Hakubasanzanjuusou_201407232_069

Hakubasanzanjuusou_201407232_070

崩沢・落石沢に要注意です。結構な落石が目に付きました。


Hakubasanzanjuusou_201407232_075

Hakubasanzanjuusou_201407232_078

杓子沢を見ながらまだまだ長い下山道を歩いていきます。池塘っぽい場所を通過していきます。


Hakubasanzanjuusou_201407232_079

Hakubasanzanjuusou_201407232_080

やっとの思いで小日向のコルに到達です。更に先にはニッコウキスゲが咲いていました。


Hakubasanzanjuusou_201407232_083

Hakubasanzanjuusou_201407232_085

ロングな下山でココロ折れそうな場面にて、雨が降り始めて乱れ打ちに合っていきます。折れた~。今日はここでココロ折れたよ。白馬三山縦走も厳しいんだけど、この長い下山道が核心部でした。ヘロヘロの状態で林道に合流です。


Hakubasanzanjuusou_201407232_087

Hakubasanzanjuusou_201407232_089

猿倉荘を通過して、参考までに猿倉バス停を確認。最終バスは16時35分みたい。


Hakubasanzanjuusou_201407232_090

Hakubasanzanjuusou_201407232_091

猿倉駐車場に無事に帰着。朝はビビりましたけど、万年満車の看板になっています。朝方は8割程度埋まっていましたが、3割程度に減少していました。きっと、天候の良い土日は非常に厳しい争奪戦となるであらう。


Hakubasanzanjuusou_201407232_092

Hakubasanzanjuusou_201407232_094

ガスに包まれた白馬岳方面を眺めて後にします。下山後は「みみずくの湯」で脚部主体に徹底的に癒し込んでいきます。その後、240キロを走行して翌日の仕事に備えて帰宅しました。帰宅は1時過ぎていたので、やはり仕事中はめっさ死んでました。(汗)お疲れ様でした。


■天候:晴れ時々ガス、山頂及び稜線は強風、下山終了間際で雨の乱れ打ち

■出会った人:約100人前後

■タイム:4:56~17:44【12時間48分、休憩等含】 

■形態:単独行

■水分:4.8L(ペットボトル500ml他:9本) 

■山域:白馬【北アルプス】

■深Q百名山:第44座目【2014年初新規深QGET】 

■出発地点より駐車場までの片道距離:241Km 

■登頂日:2014年7月23日(水)

■その他:  

雪渓の長さはある程度想定しておりましたが、斜度が緩く、北岳の八本歯のコルに向かう雪渓の方がよっぽど身の危険を感じました。この時期の雪渓はチェーンの方が有効かと実感致しました。

★白馬三山の縦走は日帰りでは厳しい行程となりますが、絶景を堪能できた御蔭で難なくクリアすることができました。唯一の核心部と言えば、長い下山道が非常に厳しく感じられました。ココロ・・・折れました。

今回で私的には深Q百名山44座となりました。百名山ハンターは無理だけど、年内に50座目標。百名山ハーフハンターになれたらいいかな。

ホームに戻る 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | 2014年山行の軌跡 | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 剱岳【早月尾根】 | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ