明らかな番外編

おーまい・なるおの大人の裏歩き【高崎編】 2014/3/1 期間限定 駅からハイキングコースを裏歩き編にアレンジVersion

おーまい・なるおの大人の裏歩き【高崎編】 {明らかな番外編シリーズ}

 

Takasakiekihai_20140301_067
約3カ月ぶり、今年初のOozuma-Power-Spo-倶楽部の活動となります。

 

今回は先日の雪害の影響並びに天候の不順により、久しぶりの街歩き企画が浮上します。北関東最大の中核都市「高崎市」をターゲットに期間限定駅からハイキングのコースを絡めて、コースを裏歩き編に無理矢理アレンジさせての歩きとなります。

 

従って、当該レポの内容について以下注意事項を記載しておきます。

 

まず山とは無関係のレポとなりますので、山関係者の方々には御拝読されてもつまらない内容となっております。街歩きの内容については、一部裏歩きが組み込まれている為、健全ではない画像及び表現、描写部分が含まれております。情緒不安定な方、刺激の強い方、更に心拍数に影響の出やすい方はこれより先、読み進まれることは推奨致しません。それでも読み進まれるのであれば完全自己責任でお願いします。

 

なお自己責任には、ポケモンショック効果のようなPCの前でぶっ倒れる事故責任も含まれます。

 

以上、注意事項でした。

 

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

それでは早速、高崎市街地に踏み出して行くことに致しましょう。


 

Takasakiekihai_20140301_001

Takasakiekihai_20140301_005

 

当日はAM8時台、最寄駅より高崎ライン下り列車に乗車して高崎駅に向かいます。


 

Takasakiekihai_20140301_011

Takasakiekihai_20140301_009

 

事前に改札売場でグリーン券を購入していたので、グリーン車2Fに速やかに乗車していきます。現在車通勤の私は、以前活用していた高崎ラインのグリーン車が懐かしく感じ、電車通勤時代を思い出しながら快適に缶コーヒーを飲みながら寛いでいきます。


 

Takasakiekihai_20140301_013

Takasakiekihai_20140301_014

 

北関東最大のターミナル駅の高崎駅でOozuma(ウーズマ)のメンバーM男・M子と合流していきます。因みに現在、Oozumaのメンバーに女性が足りないので勝手に募集しております。山とパワスポにご興味のある方は、私のプロフ欄にあるメルアド宛まで宜しくお願いします。

 

そして改札出口付近の観光案内所で駅からハイキングの受付を済ませてから準備に取り掛かります。


 

Takasakiekihai_20140301_016

 

受付を済ませるとなんと!高崎名物「達磨」をプレゼントされます。


 

Takasakiekihai_20140301_020

Takasakiekihai_20140301_022

 

早速西口方面に歩いて行くと高崎アーバンホテルが見えています。ビジネスホテルが1番の収益源の街、北関東の拠点でもある高崎市では、多くのビジネスホテルが乱立しております。コンコース付近では高崎市倉賀野出身のミュージシャン、氷室京介がギターの練習を良くされていたようです。


 

Takasakiekihai_20140301_025

Takasakiekihai_20140301_026

 

ビブレ、高島屋方面(左)、アパホテル(右)、アパホテル前は映画「リアル鬼ごっこ2」でオープニングから主人公を鬼が追いかけるシーンに使用されていたので、まるでホテル前から鬼が現れてきそうなイメージを持っています。え?ケダモノおーまいが現れるより鬼の方がましだって!


 

Takasakiekihai_20140301_029

Takasakiekihai_20140301_031

 

朝鮮飯店のある交差点を通過して、駅ハイコースをショートカットしながら高崎市役所に向かいます。


 

Takasakiekihai_20140301_034

Takasakiekihai_20140301_035

 

通過途中、高チャリなるコミニティサイクルを発見します。100円を入れてハンドル部分の鍵を抜き出すようですが、サドル付近に巻き付けられている南京錠を解除する鍵は何処にも見当たりませんでした。雨だから解放してないのだらうか。


 

Takasakiekihai_20140301_038

Takasakiekihai_20140301_039

 

高崎市内に高く聳え立つ21階建ての市役所を見上げてから建屋内部に入ります。


 

Takasakiekihai_20140301_045

Takasakiekihai_20140301_048

 

すると1Fロビーにはなんと!高さ8mぐらいの観音様が鋭く聳え立って我々を見下ろしています。


 

Takasakiekihai_20140301_049

Takasakiekihai_20140301_050

 

観音像の周囲には何かが巻き付けられています。黒澤君と岡田さんの恋がかないマウスように・・・(左)。マウス?

 

ステキな男の人に巡り逢えますように・・・(右)奈々美さん、もう少し私と早く出会っていれば・・・・。え?勘違いもええ加減にせぃやて。


 

Takasakiekihai_20140301_052

Takasakiekihai_20140301_053

 

赤い糸祈願祭が期間限定で開催されていました。そこでウーズマの会長M男が脇で何やらコソコソ書いています。10おくえんあたりますように・・・。しかも子供が書いた字のように見せかけて書いています。10億円と言えば前回9口も出たBIGですね。窓口販売の〆切りは本日12時まで、折角ならばチャレンジしてみるか?既に私はネット販売でかなり仕込んでいましたけど。(笑)


 

Takasakiekihai_20140301_059

Takasakiekihai_20140301_057

 

そしてエレベーターに乗り、21F展望台で期待はしていなかったけどご覧の眺望です。ガスっているのは当然なのですが、めっさPM2.5もミックスされている感じの濃度です。


 

Takasakiekihai_20140301_064

Takasakiekihai_20140301_065

 

この21F展望フロアーも映画「包帯クラブ」の撮影場所に使用されていました。ここは眼下が市街地なので夜景は綺麗ですね。お勧めです!是非、カップリングで訪問されてみてはいかがでしょうか。いつも山に入り浸っている単独オヤジはどうすんだって?来たけりゃザック背負って勝手に来ちゃってください。


 

Takasakiekihai_20140301_070

Takasakiekihai_20140301_073

 

高崎市役所を後にして〆切り時間迫る最寄りのBIG売場に向かいます。今回の10億円は結構な自信がありました。と言ってもコンピューターで勝手に決められるのだが・・・。リーマンハイカーからフリーマンハイカーへ転身できるBIGなチャンスではありませんか。結果は翌日の3月2日でした。10億円!当選口数なんと3口・・・またまたBIGりする程、ハズしまくっていました。(汗) 

 

やっぱダメだな。多額の借入でもしてジョージ・ソロスのように健全なマーケットで投資するしか方法は無いのだらうか。


 

Takasakiekihai_20140301_075

Takasakiekihai_20140301_081

 

美容室ハロウィン(ここも包帯クラブに出ます)を通過し、中央銀座商店街に向かいます。


 

Takasakiekihai_20140301_083

Takasakiekihai_20140301_094

 

いよいよ雪害を受けてアーケードが崩落した中央銀座商店街にやって参りました。まずは2番街から入りますが、この辺りはアーケードの屋根に問題はなさそうですね。


 

Takasakiekihai_20140301_095

Takasakiekihai_20140301_096

 

時代がタイムスリップするかのように年季の入ったレストランやら商店の数々が両脇に並びます。勿論シャッターの下りた商店もございます。


 

Takasakiekihai_20140301_097

Takasakiekihai_20140301_098

 

すると突然ソフト整体・健康マッサージ天使が現れます。エンジェルですよ、リラクゼーションハウスです。この表ルートに健康マッサージなんてあるんですね。メタボ先輩ならすぐに喰いついていきます。


 

Takasakiekihai_20140301_106

Takasakiekihai_20140301_109

 

オーサキの前でメンバーが何やら騒いでいます。裕ちゃんのレコードのことだったのか~。他に渡哲也もあり。


 

Takasakiekihai_20140301_104

Takasakiekihai_20140301_113

 

ふと前方を確認するとアーケード崩落現場が見えてきました。崩落箇所は既に重機で撤去されていますが、手前のV字型に歪んだ崩落予備群は処理に時間が掛かりそうです。よく映画の撮影場所にも使われていたアーケード街の崩落は残念としか言いようがありません。


 

Takasakiekihai_20140301_115

Takasakiekihai_20140301_117

 

通行止め箇所は廻り道をしなければならず、迂回からいきなり大人の裏歩きロードに無理矢理入ってしまいます。裏歩きの案内所のようですね。スタッフ大募集!!の告知にOozumaのM子が何やらやる気ムンムン??(爆)


 

Takasakiekihai_20140301_124

Takasakiekihai_20140301_125

 

路地に入るとそこは夜の世界、最初はまともそうなパブやらスナックやらが展開されています。


 

Takasakiekihai_20140301_129

Takasakiekihai_20140301_132

 

ロシア軍がクリミア半島を占拠するかのように静かに裏街道へと侵攻していきます。ナイトパブ、雅、グランドサロンホームラン・・・と続いていきます。


 

Takasakiekihai_20140301_137

Takasakiekihai_20140301_139

 

パパイヤ、めぐり愛・・・妥当なエリアと思いきや、その筋に詳しいメタボ先輩曰く、この界隈で裏風俗の存在を確認したとの情報を以前聞いたことがあります。


 

Takasakiekihai_20140301_143

Takasakiekihai_20140301_144

 

奥に進むに連れて貸し物件やら錆びれ方が著しくなっていきます。あの2階のある建屋はなぜか怪しい雰囲気を感じます。メタボ先輩が利用したことのあるレンタルルームであらうか。


 

Takasakiekihai_20140301_153

Takasakiekihai_20140301_154

 

そしてカイロプラクティックと思わせて、なぜかラブリーの看板が・・・。30分5,000円ではありません。「5,000円~」これポイントです。ドランクしていると「~」が見えていません。注意深く確認されてください。


 

Takasakiekihai_20140301_157

Takasakiekihai_20140301_158

 

そしてフィリピンパブの「パロパロ」、私が役人時代にフィリピンパブが猛烈な勢いで開業されていました。当然役人さんはこういう流行りものが好きですから若手連中は付き合わされるんですね。

 

パロパロとはフィリピンのタガログ語で遊び人を指します。フィリピーナに褒め言葉を申し上げると、すぐに身体を摺り寄せて来て耳元で「あなたパロパロでしょう?」と囁かれます。他にアコー・イカウ・マガンダ・・・とか別に覚えたくもないタガログ語を学習させられていました。電話番号を教えていた同年代の同僚Hには、職場の代表番号宛にフィリピーナからの電話が頻繁に入ります。真昼間の仕事中に同伴のお誘いです。代表番号に掛かってくるもんだから、最近片言の外人さんからHさん宛によく電話が掛かってくるのよねぇ~( ̄ー ̄)と女史の間で忽ち噂が広がります。

 

それから「であっちゃえ場!!」ですが、もうこれ以上のコメントのしようがありません。勝手にであっちゃって下さい。


 

Takasakiekihai_20140301_161

Takasakiekihai_20140301_162

 

コスチュームパブ、バー、フィリピン、そしてこのような言葉が主流なのか?何度か登場している健康マッサージとは一体・・・。本当に健康になれるのだらうか。


 

Takasakiekihai_20140301_163

Takasakiekihai_20140301_164

 

こちらはただのマッサージANGEL KISS、基本コース6,000円ということは、オプショナルには一体どんな内容が・・・。あまりにもハレンチ過ぎる。そして隣接している「満福」、こちらには満福以外に記載文字が全く無い。2階は普通の民家風であるがかなりメタボ先輩の専門分野に近い匂いがする。そして本当に満福になってメタボ先輩はここから帰宅して行ったのであらうか。


 

Takasakiekihai_20140301_166

Takasakiekihai_20140301_170

 

雪害のアーケード街崩落により、やも得ず廻り道をしたところ、いきなり大人の裏歩きになってしまい、OozumaのメンバーM子はキャッキャ騒いでおりました。そして会長M男の視線は微妙な放物線を描いておりました。


 

Takasakiekihai_20140301_178

Takasakiekihai_20140301_182

 

中央銀座商店街反対口に出てから別ルートで正規2番街に廻り込んでいきます。


 

Takasakiekihai_20140301_185

Takasakiekihai_20140301_186

 

アーケード街より少しでも裏ルートに入ろうとすれば、忽ち健康マッサージアカスリやらかめが行く手を阻みます。


 

Takasakiekihai_20140301_191

Takasakiekihai_20140301_077

 

これ以上切りがないので、大人の裏歩きを速やかに終了させてメイン通りに戻ります。今高崎市内でトレンドと思われる「福カフェ」に立ち寄り、ランチタイムにしていきます。


 

Takasakiekihai_20140301_194

Takasakiekihai_20140301_196

 

店内にはピアノが置いてあり、若者受けしそうな渋さを感じます。ワンコインのチーズカレーを美味しく頂きます。他のメンバーはバーガーサンドを美味しく頂いておりました。 

 

ランチをしながら本年の裏計画、いや山計画を話し合います。昨年は仙丈ヶ岳がきつかったと会長M男が感想を述べていました。M子は今年は1泊が可能ということから普段行けない山域への入山計画が立てられました。果たしてその山とは一体・・・。


 

Takasakiekihai_20140301_200_5

Takasakiekihai_20140301_205

 

ランチを終えて再び市街地を歩いていきます。老舗百貨店スズランを通過して城址公園の周囲には活気のある鯉が放流されています。


 

Takasakiekihai_20140301_211

Takasakiekihai_20140301_212

 

オヤジが鯉に餌をくれていると鳩が集合してきました。なぜか鳩の群れにアタックを仕掛ける子供まで現れます。アタックに驚いた集団の鳩が飛び立ち、その風圧で混在されたクリプトコッカスを浴びた感触を受けて何だか身体がキモくなってきました。


 

Takasakiekihai_20140301_215

Takasakiekihai_20140301_217

 

本来の駅ハイルートに軌道修正した我々は、財団法人山田文庫に立ち寄り内部を見学させていただきます。和風図書館山田文庫は約五万冊の蔵書を所蔵しております。


 

Takasakiekihai_20140301_218

Takasakiekihai_20140301_219

 

土日ボランティアでお手伝いをしてくれている小学5年生の男の子にコーヒーを頂き、大変親切なおもてなしを受けていきます。


 

Takasakiekihai_20140301_222

Takasakiekihai_20140301_224

 

醤油アイスが評判の岡醤油醸造店に立ち寄ると、2012年6月29日に亡くなられた約1年前に地井武男さんが訪問された当時のサインが飾られております。地井さんは私の街歩きの原点ともなった方で、リーマンハイカーに転身させていただいたハイカーの源泉と言っても過言ではありません。


 

Takasakiekihai_20140301_231

Takasakiekihai_20140301_232_2

お茶屋さんの水村園では、日本最古のお茶を拝見させていただきます。プレゼン好きな店主のおじさんに1時間お茶の講習までしていただき、健全な街歩きで終了する形となりました。


 

Takasakiekihai_20140301_234

Takasakiekihai_20140301_236

 

高崎駅周辺に戻って、〆はラーメンと言いながら中々ラーメン屋がみつかりません。最終的にフードコートで私は吉野家のうな重を頂きました。高崎に本店のあるガトーフェスタハラダのラスクをお土産に購入し、18時56分発でグリーン車に乗車して快適な帰宅となりました。お疲れさまでした。

 

※最後まで御拝読されてしまったあなた!これで裏歩きのファンとして勝手に認定させていただきます。今後もよろしくお願いしますね。では、次回暇ができた時にでも。いつになるかわかりませんが、その日までさよなら、さよなら、さよなら・・・・。

 

ホームに戻る 

 

 

 

 

松山城跡・巖窟ホテル・岩室観音 2014/2/11 おーまい・なるおのB級スポット巡り【番外編】

松山城跡・巌窟ホテル・岩室観音 おーまい・なるおのB級スポット巡り【番外編】

 

Matsuyamajyoseki_20140211_190
毎度2月頃、山行に対するモチベの下がる時期、首都圏に大雪警報が発令されました。それ以来どうせ山に入っても寒みぃ~し、冬靴持ってねぇ~し、夏靴でラッセルの強硬でもしたら凍傷になりそうだし、やっぱかったり~なぁ。

 

通常の2倍~3倍掛けてまで効率の悪い登山をやりたいか!と問われれば私的には好まない登山スタイルなので、適当に街歩きでもしようかと偶々実家に立ち寄った機会があって、序にB級スポット歩きをしてみました。レポなどする気ゼロだったのですが、なぜかカメラ持って来ちゃってたんですよね~・・・。毎度の如く読み逃げスタイルで結構です。内容は物凄くつまらんですけど、それでも読みますか?不快に思う部分も含まれているので止めておいた方がいいですよ。

 

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ


 

 

Matsuyamajyoseki_20140211_019

Matsuyamajyoseki_20140211_021

 

さて実家に立ち寄る前に東松山市側から市の川を渡って、吉見町側に入るとそこにB級スポットがあります。このB級スポットとは、吉見百穴を主体に松山城跡を含めて私的に指定しているスポットです。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_022

Matsuyamajyoseki_20140211_023

 

橋を渡って歩いていくと、まずは現在閉鎖されている巌窟ホテルが現れます。ここ巌窟ホテルは宿泊施設でなく、岩山内部に部屋のような空間が掘削されて造られていることから名称が付されたのかと勝手に思っています。私が小学生から中学生当時、7~8回程度内部を見学したことがあります。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_024

Matsuyamajyoseki_20140211_027

 

敷地内には当時の賑わいを思い出させてくれる錆び付いた遊具が残されています。そう、なぜ閉鎖されているのか、洞窟内部が崩落の危険があるからなんですよね。確かもう何十年も前から閉鎖されているはずです。今では一般公開で内部に入ったことのある人は私を含めて貴重な存在でしょうかね。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_030

Matsuyamajyoseki_20140211_031

 

この黒い門が入口でした。入場チケットは道路を挟んだ向かい側の巖屈売店で販売されていました。確か当時小学生は50円だった記憶があります。この巖屈売店、販売機の設置をしているけど今でも営業してんのか?まさにB級売店です。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_034

Matsuyamajyoseki_20140211_035

 

巖屈ホテルに隣接されて岩室観音があります。久しぶりに立ち寄ってみることにしましょう。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_041

Matsuyamajyoseki_20140211_042

 

岩室観音は石仏の宝庫。石仏は全部で八十八体あり、この石仏を拝めば四国八十八札所を巡ったのと同じ功徳が得られるとのことです。なので私は未だに四国と沖縄に足を踏み入れたことがありません。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_044

Matsuyamajyoseki_20140211_045

 

何処にでもありますけど、ここにも胎内くぐりがあります。くぐると安産やその他の願い事が叶うらしいです。ちょっと妊婦にはキツイかな~。滑落したら流産してまうかもしれませんねぇ、いや、逆に産まれちゃうかも?そりゃ~モノホンの安産やねん。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_043

Matsuyamajyoseki_20140211_046

 

斜度80度ぐらいほぼ垂直な階段を上って二階に上がります。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_047

Matsuyamajyoseki_20140211_048

 

岩室観音本体は二階にあります。しかし、年季の入った床の隙間が・・・ヤバくねぇ?ここ築何年だらうか。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_050

Matsuyamajyoseki_20140211_056

 

岩室観音二階部分からは市ノ川、東松山市街地、奥武蔵の一部の眺望が利いています。比企を代表する堂平山~笠山ラインが目立ちます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_053

 

奥武蔵の代表格と言えば、やはりダブルフェイスのあの山です。表層的ジギルとハイドのように悪天候では不気味に感じます。そう、昭和が生んだ整形の帝王「武甲山」


 

Matsuyamajyoseki_20140211_055

 

 

 

奥武蔵には欠かすことのできない存在、私的にシンボルの笠山。そう、11PMやらトゥナイトがとても懐かしくなる完璧なお椀型にアドレナリンが高ぶってしまうシンボルの山です。(笑)


 

Matsuyamajyoseki_20140211_061

 

そして、THE PRICEが東松山市街地中心部に聳え立ちます。これもB級スーパーだらうな。私の知っている時代はイトーヨーカドーでした。このTHE PRICEも建屋がヤバくて1階店舗のみ営業していると聞いていたが・・・。今でも営業してんのかな。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_064

Matsuyamajyoseki_20140211_066

 

展望を楽しんでから1階部分に下りていきます。吉見町にパワスポ巡りがあるのか・・・。何でもパワスポって言えば、観光客やらハイカーが集客して来るとでも思ってんのだらうか。これじゃあ、Oozuma-Power-Spo倶楽部会長の号令が掛かっちまうでないかい。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_073

Matsuyamajyoseki_20140211_075

 

ステージは変わり吉見百穴方面に歩いていきます。吉見百穴前には手打ちうどんがまいう~という噂の松音屋があります。過去に1度だけ某組織の宴会で2階に立ち入ったことがありますが、うどんを喰った記憶が無いっす。従って、私の味覚ではでら、まいう~判断はでき兼ねます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_076

Matsuyamajyoseki_20140211_081

 

吉見百穴の入口です。入場料は大人300円、小人200円です。もう少し前は小人もっと安かったはず。子供200円はちょっと、ぼったくりじゃねぇ?

 

あの小さい穴が見えるでしょう?あの穴が百個あるから百穴って子供時代に聞いた覚えがありますが、実際は百十六ぐらいあったかな?いくつだらう。確か子供時代にはあの穴に乞食が住んでいると聞いていたなぁ~。

 

数十年前のことです。乞食ではありませんが、乞食の格好をして東松山主要部を真昼間からほぼ毎日歩いている男がいました。その名は「こじたこじお」と呼ばれていました。このレポ見て知っている人がいたら、まぢ驚きです。今はどうしただらうか、きっと生きてねぇ~だらうな。そのこじたこじお氏は、ズボンのポケットに常に石を偲ばせており、市内のガキ連中が歩いているこじた氏の姿を見かけると、「こじたぁ~!」と叫びます。すると、こじた氏が石を投げてくるんですね。私もガキの頃こじた氏に向かって叫んだことがあります。その時反射的に石は投げてきませんでした。私が隙を見せた数秒後、なんと!路地裏からいきなり現れてバウンド付きで石を投げてきました。勿論、こじた氏はノーコンなので石は当たりませんでした。(汗)

 

子供時代に見かけた本当に実在した人物「こじたこじお」伝説、とても懐かしいです。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_082

Matsuyamajyoseki_20140211_083

 

それから馬蹄形に歩ける内部の広い洞窟は、第二次世界大戦中、地下軍需工場として掘られたのは地元では有名な話です。公開している部分は10分の一とのことですが、私がガキの時代に鉄格子奥の洞窟に裏側から潜入したことがあります。反対側からライトを照らすと観光客が驚くんですよねぇ~。そんな悪さして楽しんでおりましたわ。でも洞窟奥には気味が悪いほどコウモリが沢山いたので、今では潜入したいと思いません。っていうか今でも潜入できるのかな。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_088

Matsuyamajyoseki_20140211_068

 

再び巖屈ホテル前に戻り、今度は巖屈ホテル上部にある松山城跡に向かうため廻り込みます。松山は城下町でもあったんですよ。江戸、川越、岩槻と同時期に城が築かれたとも言われております。このB級城跡は歴女さんにはお勧めだね。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_094

Matsuyamajyoseki_20140211_096

 

この階段から松山城跡に辿り着けるようです。小学生低学年だったと思います。兄貴に連れられて1度だけ登ったことがありますが、何があったかほとんど覚えていません。樹林帯に囲まれた広場があったような・・・。とりあえず登って記憶を甦らせてみましょう。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_097

Matsuyamajyoseki_20140211_098

 

こんな場所にも予想以上に大雪の影響が残っており、滑ってカメラを雪に落としてしまいました。靴だけはメレルカメレオンミドルカットを履いてきましたが、靴下やズボンはしまらーの安物、ヘッデンもザックも食料も装備品ゼロです。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_102

Matsuyamajyoseki_20140211_108

 

雪道を登っていきますが、ノーマル走行のトレースがあります。ケモノラッセルもある?あ、熊鈴も忘れちまったなぁ~。


 

0311010017kumakanbanosimatoubu

 

すると、熊出没注意看板が衝撃的に現れます。 

 

なぁ~んて言うのはブラックジョークでして、私の自作自演です。え?全然驚かない?北海道って書いてあるし、原油価格も高騰していることだし、こんな小細工は、イチバレル、ニバレル、すぐばれる?(笑)


 

Matsuyamajyoseki_20140211_113

Matsuyamajyoseki_20140211_117

 

やがて石段が現れ、そのまま上っていくと松山城跡に到達です。城跡だけあって広々としたスペースです。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_133

Matsuyamajyoseki_20140211_135

 

この場所が本曲輪とのこと、本丸みたいなものですかね。立派な案内図もあります。この地は歴女的ハイカーなら楽しめると思いますよ。私には何だかよくわからないけど。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_163

Matsuyamajyoseki_20140211_147

 

立派な石碑もあります。西側に開けた場所があるので、暫し夕日に染まる奥武蔵を眺望してみましょう。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_145

 

奥武蔵の奥にいきなり巨大な「浅間山」の姿が見えます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_153

 

堂平山と笠山、堂平の天文台ドームがはっきりと確認できます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_156

 

鋭く聳え立つ武甲山、配列で言えば奥の丸い山は武川岳かな。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_164

Matsuyamajyoseki_20140211_167

 

展望を楽しんだ後は、約1名様のみのトレースを辿って反対側に進んでいきます。途中、ケモノラッセルも含まれていますねぇ~。え?言いたいのか?どうせ、おーまいはケダモノラッセルってことだらう。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_168

Matsuyamajyoseki_20140211_169

 

三ノ曲輪を通過して、トラバース気味に歩いていきます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_174

Matsuyamajyoseki_20140211_176

 

本日はチェーンスパイクなどの装備品を持ち合わせておりませんので慎重に歩きます。やがて民家の脇に出られました。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_177

Matsuyamajyoseki_20140211_182

 

民家脇には松山城跡入口の表示がありました。その後は車道歩きで巖窟ホテル方面に歩いていきます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_183

 

夕日に染まる奥武蔵、綺麗ですね。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_187

 

雪景色の市ノ川


 

Matsuyamajyoseki_20140211_195

Matsuyamajyoseki_20140211_191

 

橋を渡って東松山市側に移り、未舗装の土手道を歩きます。右手には先程歩いた松山城跡が見えます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_199

Matsuyamajyoseki_20140211_202

 

左手には閑散としたディアナ・マリエール、裏側の壁汚れてんなぁ~修繕費用の捻出厳しいだらうか。川を挟んで右手には吉見百穴、更に奥には射的場があります。射的場裏手の山側には、よく仮面ライダーやゴレンジャーの撮影隊が来ていたと聞いたことがあります。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_208

 

シンボルの笠山を見ながら土手道を歩いていきます。

 

以前、一度やろうと思っていた案件に橋谷晃さんの「大人の山歩き!」に対抗して、おーまい・なるおの「大人の裏歩き!」がありました。前職の勤め先が東京でも最前線を行くエロス街近辺にあり、山手線で最も乗降客の少ないU駅を利用しておりました。因みに誤解を招くといけないので、私が勤務していた業界がエロスの業界ではありません。オフィス街の近くに偶々、日本最大級のエロス街があったということだけです。従って、当該界隈を歩けば迷うことはありません。ちょっとしたおふざけ感覚でレポでも造ってみようかな・・・と考えたことがあっただけです。

 

レポの趣向が山ではなく、大人の裏歩きに変わってしまったら、読者はメタボ先輩、呟きの女王らるご、山仲間のたね氏、OozumaのM子ぐらいしかいなくなっちゃうだらうな。秦野在住の駆け出しハイカーさんも付いてきてくれるかな。まさに毒者?・・・すいません、固有名詞上げちゃって怒らんといて~(笑)


 

Matsuyamajyoseki_20140211_212

Matsuyamajyoseki_20140211_210

 

土手を歩いていくと気持ち良さ気だね。尻セードでもしたら確実に川に落ちるであらう。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_214

Matsuyamajyoseki_20140211_217

 

大谷の伝説コース表示板近くの国道407号バイパス橋の下に来ました。あの場所が実は超穴場だったんですよ。何の穴場かって?ザリガニです。私が小学校の時代ですから今はいないな。当時、1日当たりの最大捕獲量78匹という記録を持っています。

 

アメリカザリガニ、所謂「マッカチン」です。え?おーまいの下腹部のことじゃねぇ~かだって?ふざけだよ!本気で大人の裏歩きにしてほしいのかよ。巨大なハサミを持つ真っ赤なザリガニのことを「マッカチン」と言うんです。懐かしいなぁ~沢山取れたんですよ。家に持ち帰れば母ちゃんにくせぇ~とか言われながらバケツに飼っていたなぁ~。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_218

Matsuyamajyoseki_20140211_219

 

市ノ川を離れて市街地方面に向かって歩いていきます。ユニクロやらしまらー、ベルク、西友などのスーパーや商店街が立地されていますが、私の知っているこの場所は全面田んぼでした。民家も何もありませんでした。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_221

Matsuyamajyoseki_20140211_222

 

確かにこの道1本だけは昔からありました。と懐かし気に勝手に歩いてきました。まだまだ実家までは歩きますが、そのまま皆さまを連れて行く訳には行きませんので、この辺でお別れ致しましょう。

 

また、気が向いたらこんなつまらんB級スポットレベルのレポを造るかもしれません。明日はまたまた雪予報ですな。元々土曜日は仕事もあり、暫く山には行けないと思います。従って、レポも大人の裏歩きに変わってしまうかも・・・・?(笑)。

 

(Feb-13-2014 PM:21:00)

 

By Naruo OhMy

 

ホームに戻る 

 

 

 

 

2014/2/8-2/9 暴風雪の中、露天風呂で冷えた身体を温める  翌日は雪掻きに奮闘、地域に貢献か?しかし最後は敗退【番外編】

【番外編】暴風雪の中、露天風呂で冷えた身体を温める  翌日は雪掻きに奮闘、地域に貢献か?しかし最後は敗退

 

Img_1182

Img_1175

 

本日(2/8)は埼玉含め関東地方では10年に1度の大雪注意報発令です。最近10年に1度とか20年に1度などの爆弾低気圧チックなフレーズを良く耳にしますが、地球温暖化が一つの要因であることに違いはないであらうけど、今後究極の悪天候が毎年のように発生するような気がしているのは、自分だけではないと考えます。

 

本日はじっとしていると、うぅ~、寒い・・・完璧にさむい・でいびす・ジュニアモードです。従ってそのような事態には、自宅最寄温泉(源泉100%じゃあないっす!加水加温です)に逃避です。

 

館内は当然の如く、空いていました。暴風雪の中、久しぶりに娘の同級生のオヤジと言っても私より8歳年下のパパが小学1年の女の子を連れて露天風呂で遭遇、暫く地元の話で盛り上がります。


 

Img_1179

Img_1184

 

14時~18時の4時間、館内で日頃の仕事で疲れた身体を癒し込みます。癒し込み終了後、退館すると駐車場に置いていた車は一気に雪に埋もれていました。広い駐車場には3、4台置かれています。別駐車場も表側にあります。車の雪下ろしをしていると、軽トラで乗り付けてきたオヤジが近づいてきます。「館内空いていました?」と尋ねられ、空いているけど完全貸切ではないことを伝えます。すると、そのオヤジは「こんな日に物好きがいるんだぁ!」と呟きます。私も心の中で「お前もな!」と呟きます。


 

Img_1189

Img_1193

 

その後、既に12月後半にスタッドレスタイヤに履き替えていたので街の状況をパトロールがてら周回してみます。途中、ガスステーションに立ち寄り、暴風の中セルフでガスを注入していると身体や顔に雪が吹き付けてまともに注入できませんでした。

 

雪に馴れていない街中では、立ち往生している車やら溝に嵌っている車の光景が既に見られました。


 

Img_1195

Img_1200

 

翌朝は10時に起床、ハイカーならば完璧遅刻ハイカーです。画像は私のアジトから見える光景と入口です。気が付いても決して投石などしないで下さいね(笑)。長靴を持参していない私はハイカットの登山靴にスパッツを履いて、御自慢のポリカーボネード製のスコップを抱えて準備を整えます。深いところでは30センチは積雪があるでしょうか。既に除雪作業をしている周辺住民に遅れて挨拶を嚙ましながら、まずは周囲の状況を把握します。


 

Img_1205

Img_1203_2

 

登山口アプローチに活躍している2台の車、左がトヨタノア4WDではあるがタイヤはノーマル、右側がダイハツムーヴカスタムコンテ、2WDだがタイヤは最強のブリヂストン製スタッドレスタイヤ使用がパーキングに並べてあります。名義は2台とも「おーまい・なるお」の名義ですが、運転手は2名おります。え?その名義下界にも通用すんのかって?当たり前ですが通用致しません。下界では別の名義が使用されていますよ(笑)。まずは自宅廻りから道路へと除雪作業に集中していきます。雪は水分を多量に含んだ雪質のため、非常に重く感じます。途中、隣人のオヤジも出てきましたが、腰が痛ぇ~とか言いながら早急に敗退していきました。


 

Img_1204

Img_1208

 

何とか翌日に凍結を残さないように自宅周辺の変則的半径100mを登山以上の大汗を掻きながら除雪に奮闘していきます。幹線道路は大分融けていましたが、歩道やら日陰部分に深刻な状況が伺えます。


 

Img_1209_3

Img_1170

 

レストラン脇の日陰部分の道路を除雪していた時でした。凍結部に5年間使用していたポリカーボネード製のスコップが負けてしまいひび割れが発生します。その後もガシガシ負けずとやっていたら、被害が拡大します。ここで敗退宣言です。3時間強の除雪作業でしたが、何とか地域に貢献?できただらうか。凍結部分は残ってしまいましたが、明日の登校を予定している元隊長(現在剥奪中)のコタ氏も除雪されていない部分を通行する場合には十分注意してくださいとのこと。あなたが一番気をつけなさいよ!と言いたいところですが、この辺で終了させていただきます。お疲れさまでした。

 

Feb-9-2014 PM17:25

 

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

ホームに戻る 

 

 

 

 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 2012年山行の軌跡 2012年拷問登山ランキング 2013年上半期山行の軌跡 2013年山行の軌跡 2013年度拷問登山ランキング 2014年山行の軌跡 ポンポン山/二ノ宮山 三頭山(奥多摩三山) 両神山(八丁峠コース) 両神山(日向大谷口コース) 丸山 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) 乾徳山 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 二子山(小鹿野町) 二子山(横瀬町) 仙丈ヶ岳【南アルプス】 伊豆ヶ岳 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) 八ヶ岳(赤岳) 剱岳【早月尾根】 北岳【南アルプス】 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) 吾妻山(桐生市) 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) 唐松岳(北アルプス) 四阿屋山 四阿山/根子岳 国師ヶ岳/北奥千丈岳 城峯山 大小山~大坊山馬蹄形縦走 大岳山/御岳山 大持山/小持山/武甲山 大菩薩嶺 大霧山 天城山 天狗岳(北八ヶ岳) 奥多摩 むかし道 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 奥武蔵馬蹄形縦走 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) 妙義山(白雲山) 妙義山(金洞山) 妙高山(笹ヶ峰登山口) 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 子ノ権現~伊豆ヶ岳 安達太良山 宝登山 山行予告編 川苔山・本仁田山 巻機山 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) 平ヶ岳 平標山/仙ノ倉山 御前山 御岳山/大岳山/鋸山 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 日光白根山 日和田山 日和田山・物見山 日和田山~スカリ山~ユガテ 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 明らかな番外編 月居山 月山 棒ノ折山 武尊山 武甲山/大持山/小持山縦走 比企三山馬蹄形縦走 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 水沢山(榛名山系) 浅間山 火打山 熊倉山 燧岳(大清水) 瑞牆山 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) 甲武信ヶ岳 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 男体山 番外編「堂平山」 登山前に発生したハプニング 登山纏め 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 白馬三山【北アルプス】 皇海山/庚申山/鋸山 破風山(皆野町) 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) 磐梯山(八方台登山口) 私的な日本百名山 秩父御岳山 笠山・堂平山 筑波山 筑波山 番外編 箱根駒ケ岳 簑山(美の山) 編笠山/権現岳(八ヶ岳) 美ヶ原 至仏山(尾瀬) 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) 苗場山 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) 茅ヶ岳/金ヶ岳 草津白根山 荒船山 蓼科山(大河原峠登山口) 蕨山・有間山 蛭ヶ岳(青根ピストン) 街歩き 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 裏妙義 観音山(秩父) 谷川岳(巖剛新道) 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) 谷川岳(西黒尾根) 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 谷川連峰半馬蹄形縦走 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) 赤城山(地蔵岳) 赤城山(長七郎山) 赤城山(黒檜山) 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) 越後(魚沼)駒ケ岳 適当なお知らせ 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) 金峰山 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 鐘撞堂山 陣見山 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) 雁坂嶺/雁坂峠 雲取山(三峰コース) 雲取山(鴨沢コース) 雲取山/七ツ石山 雲取山(積雪期三峰ルート) 震災 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) 霧ヶ峰(車山) 駅からハイキング 高妻山 高尾山 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) 高崎自然歩道 高水三山 鳳凰三山 鳳凰三山【青木鉱泉】 鷹ノ巣山(峰谷登山口) 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) 鼻曲山

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ