蛭ヶ岳(青根ピストン)

蛭ヶ岳(丹沢) 2014/1/22 裏丹沢片道7㎞、究極のフルラッセル

蛭ヶ岳(丹沢) 1,673m 単純高低差1,153m 青根登山口

Hirugatakeaone_20140122_212
4度目の登頂を目指す丹沢最高峰の「蛭ヶ岳」、前日の1月21日から翌明け方にかけて関東地方の山沿いにも降雪がありました。敢えて降雪後を狙っていた訳ではなく、元々1月22日(水)は青根登山口より蛭ヶ岳ピストンを実行する計画を組んでおりました。過去2回は大倉のバカ尾根経由、1回は塩水橋からの登頂経験があり、今回初めて裏丹沢と呼ばれる青根より、蛭ヶ岳アタックに挑みます。

当日は青根手前の国道から降雪及び凍結道路になっており、ノーマル走行不能な道路状況でした。青根ゲート手前の駐車スペースは私だけの車で、本日の貸切濃厚を思わせる静かな登山から始まります。舗装道路の林道を抜けて山道に入ると、降雪でトレースは全くありません。暫く、ケモノラッセルを時より交えながらプチラッセルを継続していきます。やがて、標高を稼ぐに連れて踏み抜き地獄が待ち構える強烈なラッセルへと変化していきます。

一時は踏み抜き地獄に嵌り、姫次で撤退も視野に入れていましたが、蛭ヶ岳山頂から下りてくるハイカーを期待して、チェーンスパイクから6本爪に切り替えて突き進んでいきます。そのまま難儀しながらも山頂にアプローチしていきます。蛭ヶ岳山頂直下の階段地獄は積雪で埋まっており、一部は何処にあるのかさえ判別できないぐらいに積雪がありました。

今回核心部となった山頂直下の階段ラッセル地獄では、あと少しで中々アタックポイントに到達できません。何発踏み抜いたかいい加減わからないくらいに、頼むから誰か下りて来てぇ~!と心の叫びを咬まして汗ダクになりながら気合いで身体を持ちあげていきます。

すると、なんと!山頂まであと100mという地点で、二人組のオジサンハイカーがトレースを付けながら下山してきました。更に続いて御婦人三人組が現れます。その5人にはしっかりトレース付けて登ってきましたからハハハ・・・と笑い(目は笑っていません)ながら挨拶を交わします。心の中では、はっきり言っておせぇ~よぉおおおお・・・と叫んでいました。

拷問と言うより、俺悲惨だよ!シリーズに半ばなった山行でしたが、トレースを付ける気持ちよさ半分、いい加減誰か代わってくれよの先行者の有難味を味わった山行となりました。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:青根登山口駐車スペース(7:11)⇒山道経由⇒八丁坂ノ頭(9:02)⇒姫次(9:27-9:47)⇒原小屋平(9:58)⇒地蔵平(10:06)⇒蛭ヶ岳(11:14-12:04)⇒姫次(13:20-13:30)⇒八丁坂ノ頭(13:46)⇒黍殻避難小屋手前分岐(13:59)⇒林道経由⇒青根登山口駐車スペース(15:07)

※歩行距離:17.2㎞ 行程タイム7h56m(休憩等含)

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Hirugatakeaone_20140122_001

Hirugatakeaone_20140122_003

自宅をAM4時30分出発し、圏央自動車道坂戸IC~相模湖東IC下車~国道413号線経由で相模原市青根地区に入ります。前日の降雪で既に国道は凍結状態でノーマルでは走行不能な状況です。道志みちより青根中学校方面に左折して、神社・消防署・ゴミ置き場などの目印を通過していきます。途中、住宅地で雪掻きをしていたおばちゃんに登山口の場所を御教示していただき、擦れ違い不能な道を走行していきます。


Hirugatakeaone_20140122_007

Hirugatakeaone_20140122_009

進入禁止のゲート手前を右に入ると5台程度駐車可能なスペースがありますので、速やかに駐車させていただきます。降雪後の先客は誰もいなく、本日の貸切濃厚な状況が想定されます。


Hirugatakeaone_20140122_006_2

Hirugatakeaone_20140122_012_2

暫し車中で寛いでから準備を整えて、8㎞先の蛭ヶ岳アタックに向かいます。


Hirugatakeaone_20140122_016

Hirugatakeaone_20140122_017

10分強舗装道路を歩くと登山口の表示が現れます。林道を歩いて行っても八丁坂ノ頭で合流しますが、山道から登り込んでいきます。


Hirugatakeaone_20140122_021

Hirugatakeaone_20140122_025

トレースの無いプチラッセルで進んでいきます。


Hirugatakeaone_20140122_022

Hirugatakeaone_20140122_023

標高を上げてきたところで早々とチェーンスパイカーに切り替えます。


Hirugatakeaone_20140122_030

Hirugatakeaone_20140122_031

トレースを付けながらグイグイ標高を稼いでいきます。


Hirugatakeaone_20140122_044

Hirugatakeaone_20140122_046

モノレール設置ポイントを通過していきます。


Hirugatakeaone_20140122_049

Hirugatakeaone_20140122_050

陽の当らない箇所を九十九折りにラッセルしながら登り込みます。すると、ケモノが通過したラッセルが現れます。ケモノラッセルです。

え?何だって・・・。おーまいはケダモノラッセル?あんたらいい加減にしなさいよ。


Hirugatakeaone_20140122_058

Hirugatakeaone_20140122_061

すぐにケダモノ、いやケモノラッセルは無くなり、高度を上げるに比例して積雪量もアップしていきます。脚部への負荷が徐々に増大していきます。


Hirugatakeaone_20140122_068

Hirugatakeaone_20140122_071

尾根に出ると南側が開けて、一気に陽射を浴びながらトレースを付けていきます。


Hirugatakeaone_20140122_075

Hirugatakeaone_20140122_076

焼山からの合流地点にもなっている八丁坂ノ頭に到達です。


Hirugatakeaone_20140122_079

Hirugatakeaone_20140122_084

他の登山道と合流してもノートレースに変化はありません。その内、蛭ヶ岳山荘泊をしたハイカーの一人や二人ぐらい下山してくるであらうと考えておりました。


Hirugatakeaone_20140122_087

Hirugatakeaone_20140122_089

再びケモノラッセルが現れます。わかった・・・もう言わんでええよ(笑)。東海自然歩道最高標高地点1,433mを通過していきます。更に雪深くなってきたので、この周辺は俗に言うワカンやスノーシューの方が歩き易いのかもしれません。段々姫次まで到達できるのか一抹の不安が過ぎります。


Hirugatakeaone_20140122_090

Hirugatakeaone_20140122_092

何度か踏み抜き地獄に嵌って突き進んでいくと、富士山が正面に見えてきます。


Hirugatakeaone_20140122_093

雄大な富士山が鮮明に見えています。


Hirugatakeaone_20140122_098

Hirugatakeaone_20140122_101

富士山の展望が得られるこの場所が「姫次」でした。ベンチ台もあり休憩スペースになっています。


Hirugatakeaone_20140122_103

まだまだ遠方に位置する丹沢最高峰の「蛭ヶ岳


Hirugatakeaone_20140122_110

Hirugatakeaone_20140122_113

積雪の量からチェーンスパイクに限界が生じ、6本爪アイゼンに切り替えていきます。背後に聳える蛭ヶ岳に向けて、気合いの「バックダブルバイ」ポージングを決め込んでいきます。


Hirugatakeaone_20140122_105

Hirugatakeaone_20140122_116

富士山の展望を見上げてノートレースの道を下っていきます。


Hirugatakeaone_20140122_117

Hirugatakeaone_20140122_122

下りつつテープを目視しながらラッセルを継続していきます。


Hirugatakeaone_20140122_123

Hirugatakeaone_20140122_126

原小屋平を通過していきます。蛭ヶ岳までの行程はまだまだです。


Hirugatakeaone_20140122_127

Hirugatakeaone_20140122_128

脹脛を張らせながら地蔵平を通過していきます。


Hirugatakeaone_20140122_132

Hirugatakeaone_20140122_134

徐々に蛭ヶ岳にアプローチしていきます。


Hirugatakeaone_20140122_141

Hirugatakeaone_20140122_142

何気に進んでいくと丹沢名物階段地獄が雪で埋もれています。階段上をラッセルしながら上昇していく、そのまんま階段ラッセル地獄です。


Hirugatakeaone_20140122_148

檜洞丸~大室山


Hirugatakeaone_20140122_149

富士山の頭


Hirugatakeaone_20140122_154

Hirugatakeaone_20140122_156

道標が現れるとコースアウトしていないことが認識できて安心です。ここまできても誰にも出くわさないので、本日のピストンは完全貸切濃厚だなぁ~と考えていました。


Hirugatakeaone_20140122_160

Hirugatakeaone_20140122_161

この先膝上ぐらいの踏み抜き地獄に嵌って難儀します。


Hirugatakeaone_20140122_167

Hirugatakeaone_20140122_170

踏み抜き地獄を脱した後は、積雪で埋まった階段ラッセル地獄へと突入です。一難去ってまた一難、ぶっちゃけ有り得ないくらいの著しい体力を消耗していきます。


Hirugatakeaone_20140122_171

高度を稼いでから再び檜洞丸~大室山を眺めて一息つきます。


Hirugatakeaone_20140122_172

Hirugatakeaone_20140122_174

身体全体を引き上げるように、ゆっくりと一歩づつラッセルしながら進んでいきます。しかし、もういい加減ラッセル地獄から逃れたい気持ちが高ぶり、誰か下りてきてぇ~!と願いますが・・・全く届きません。


Hirugatakeaone_20140122_177

Hirugatakeaone_20140122_176

いよいよ山頂アタックかぁ~と思っていたらニセピークでした。蛭ヶ岳は更に一段上った場所に見えています。距離にして400mの地点です。


Hirugatakeaone_20140122_183

Hirugatakeaone_20140122_185

富士を横目に最終ラッセル体制に入りますが、体力の消耗度が激しいです。最後の詰めが甘い私としては、正面から山ガールでも下ってくれば体力の回復も早くなるのだらうが・・・。

え?もしも10m置きに山ガールが配置されていたらだって?そりゃ~、一気にブルドーザーのように幅広の深いトレースを造りながら、とにかく私にやらせなさい!と一気にアタックしちゃいますけど、そんな光景現実に有り得ねぇ~ことだから、ラッセルもう~したくねぇ~。


Hirugatakeaone_20140122_186

Hirugatakeaone_20140122_188

付けてきたトレースを振り返って、力任せに登り込みます。


Hirugatakeaone_20140122_189

Hirugatakeaone_20140122_191

残り200m地点から完全に埋もれていない階段地獄を進んでいきます。


Hirugatakeaone_20140122_193

Hirugatakeaone_20140122_194

山頂へのアタック体制に差し掛かったところで、まずはオジサンハイカー二人組が下山してきました。青根からしっかりトレース付けてきましたから(笑)と話すと、オジサン達はホットした様子をしていました。

続いて別パーティの御婦人三人組が、まるで「ガイア・オルテガ・マッシュ」を思わせるような「ジェットストリームアタック」を仕掛けてくるように、勢い良く雪煙を舞い上げながら下ってきます。御婦人たちにも、なるおスマイルで青根からのピストンである旨を話すと驚いていました。

ぶっちゃけ心の中では今更おせぇ~よぉ!と叫び、その勢いでもっと早くジェット・ストリーム・アタックを仕掛けて来なさいよ・・・と私の目は笑っていませんでした。※因みにこれはガンダムネタです。


Hirugatakeaone_20140122_196

Hirugatakeaone_20140122_197

そして僅かな距離に付けていただいたトレースを頼りに登って行くと、そこは蛭ヶ岳山頂でした。


Hirugatakeaone_20140122_198

Hirugatakeaone_20140122_200

蛭ヶ岳山荘を左手に見て、積雪に覆われた広大な山頂を一望します。


Hirugatakeaone_20140122_203

Hirugatakeaone_20140122_219

通算4回目の蛭ヶ岳アタックに成功です。裏丹沢ルートではお初でした。そして貸切の山頂でセルフを利用して登頂記念の自分撮りです。え?これだけじゃ、満足しない?アレをやれだって・・・。


Hirugatakeaone_20140122_220

やっぱ、このポージングかぁ、フルラッセルをやらせた怒りの「山頂バックダブルバイ!」


Hirugatakeaone_20140122_213

しかし怒りのポージングも雄大な富士山の絶景には劣ります。この後、富士山との間に厚い雲が定着し、雲隠れしてしまいました。


Hirugatakeaone_20140122_215

Hirugatakeaone_20140122_216

ガスでお湯を沸かして蛭ヶ岳から見える展望に向けて、チリトマヌードルを美味しく頂きます!


Hirugatakeaone_20140122_218

チリトマを頂きながら檜洞丸~大室山の稜線を眺めます。


Hirugatakeaone_20140122_231

こちらは表丹沢、丹沢山~塔ノ岳の稜線


Hirugatakeaone_20140122_223

檜洞丸の左側には小さく山中湖が見えています。


Hirugatakeaone_20140122_228

Hirugatakeaone_20140122_229

塔ノ岳(左)、丹沢山稜線(右)のアップ


Hirugatakeaone_20140122_225

Hirugatakeaone_20140122_226

気持ちの良い丹沢最高峰の蛭ヶ岳山頂


Hirugatakeaone_20140122_233

Hirugatakeaone_20140122_234

蛭ヶ岳山荘を廻り込むと東側が開けています。


Hirugatakeaone_20140122_238

宮ヶ瀬湖にズーム


Hirugatakeaone_20140122_245

Hirugatakeaone_20140122_244

塔ノ岳にズームを掛けると尊仏山荘が見えています。


Hirugatakeaone_20140122_246

Hirugatakeaone_20140122_251

再び広大な山頂に戻り、南アルプスを捉えますが霞んでいます。


Hirugatakeaone_20140122_252

Hirugatakeaone_20140122_259

穏かな山頂で約50分展望休憩を楽しみましたので、変則的ピストンで下山します。


Hirugatakeaone_20140122_263

Hirugatakeaone_20140122_269

私含めて9人分のトレースが付いていますので、もうラッセルは不要ですが、山頂直下は急斜面がありますので要注意です。


Hirugatakeaone_20140122_275

Hirugatakeaone_20140122_282

凍結はしていませんが、6本爪アイゼンをフルに効かせながら下っていきます。


Hirugatakeaone_20140122_286

Hirugatakeaone_20140122_291

時よりラッセルが恋しくなると、道を外して新たなトレースを付けていきます。


Hirugatakeaone_20140122_293

Hirugatakeaone_20140122_294

広々とした原小屋平を通過していきます。


Hirugatakeaone_20140122_302

Hirugatakeaone_20140122_301

再び貸切の姫次に戻ります。


Hirugatakeaone_20140122_306

Hirugatakeaone_20140122_307

ピークハントしてきた蛭ヶ岳にズームを掛けて蛭ヶ岳山荘を捉えます。


Hirugatakeaone_20140122_313

Hirugatakeaone_20140122_315

姫次を後にして先を進んでいくと、踏み抜き地獄にまたまた嵌ります。皆さん嵌った様子が伺えます。あのジェットストリームアタックを仕掛けてきた御婦人三人組も嵌ったようですね。踏み抜き地獄を脱した後は快適な空間を眺めます。


Hirugatakeaone_20140122_321

Hirugatakeaone_20140122_328

八丁坂ノ頭に到達し分岐より焼山方面に下ります。


Hirugatakeaone_20140122_329

Hirugatakeaone_20140122_337

20分弱下ると黍殻避難小屋手前の分岐を青根方面に下ります。分岐から先はトレースが無く、ここはプチラッセル下りとなります。


Hirugatakeaone_20140122_339

Hirugatakeaone_20140122_340

時より現れる道標を頼りに下っていきます。やがて積雪量が減少し、アイゼンでは歩きづらくなってきたのでチェーンスパイクに切り替えます。


Hirugatakeaone_20140122_342

Hirugatakeaone_20140122_345

チェーンスパイカーとなって下っていくと、治山工事を行っている箇所があり廻り込みます。


Hirugatakeaone_20140122_348

Hirugatakeaone_20140122_353

山道より林道に合流していきます。林道手前でチェーンスパイクを解放させて、歩いて来た稜線を見上げていきます。


Hirugatakeaone_20140122_355

Hirugatakeaone_20140122_356

施錠されたゲートを脇から抜けて凍結気味の舗装道路を歩いていきます。


Hirugatakeaone_20140122_358

Hirugatakeaone_20140122_363

朝方山道に入った分岐と合流しゲートまで歩いていきます。


Hirugatakeaone_20140122_365

Hirugatakeaone_20140122_374

駐車スペースに帰着し終始貸切であったことが伺えます。朝方よりも大分周辺の雪は融けていました。


Hirugatakeaone_20140122_376

Hirugatakeaone_20140122_379

擦れ違い不能な道を進み集落を抜けていくと「いやしの湯」に到達です。フルラッセルで疲弊した大腿四等筋及び脹脛を徹底的に癒していきます。平日なのでかなり空いていました。湯舟にはなんと!120分特に露天に半身浴しながら疲れをとりました。ここの温泉はでら気持ちいいっす。


Hirugatakeaone_20140122_381

Hirugatakeaone_20140122_386

ほぼ貸切の食堂できつねうどんを美味しく頂いてから帰宅しました。

最後まで御一緒にフルラッセルにお付き合いいただきありがとうございました。


■天候:晴れ

■出会った人:8人

■タイム:7:11~15:07【7時間56分、休憩等含】 

■形態:単独行 

■水分:2.5L(ペットボトル500ml:5本) 

■山域:丹沢

■深Q百名山:第19座目で登頂済【通算4回目】 

■出発地点より駐車場までの片道距離:91Km 

■登頂日:2014年1月22日(水)

■その他:  

★初の裏丹沢ルートで蛭ヶ岳までの静かな丹沢を存分に楽しむことができました。ほぼ山頂までのフルラッセルは誰か下山してくるだらうと安易に考えていたので予想外の展開でした。新雪ラッセルの気持ちよさ半分、腰までの踏み抜き地獄に嵌った時は、半ば撤退まで考えてしまいました。

★相模原市の青根地区は自宅から約90キロの距離でした。同じ蛭ヶ岳を目指すにも秦野市の大倉側までは約130キロありますので、距離にして往復80キロ運転とガスの浪費が節約できます。

★実は今回のメインは「いやし温泉」目当てに青根登山口での登頂を計画しておりました。実施前日に偶々降雪があったわけで、ある意味貴重な体験をさせていただいたと思っています。

★丹沢訪問では毎度蛭ヶ岳を絡めた山行となっているので、次回以降は違う丹沢ルートを開拓してみようと考えます。裏丹沢の梅雨時以降は、きっとヒルが大発生するんでしょうかね。

ホームに戻る 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ