高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン)

高尾山~城山~景信山【ピストン】 20013/12/29 所用の序に立ち寄った軽めの奥高尾縦走

高尾山599m/城山670m/景信山727m(奥高尾縦走ピストン)

Takaokagenobu_20131229_065
年末も多忙な時期となって八王子市内に野暮用がありました。天候も良好だったので、時間があれば何処か近場でトレッキングを想定して事前に登山仕様で出掛けていました。

そして野暮用が済んだ直後、ナビで近場のトレッキング場所を探すと・・・。
やっぱ時間的に高尾山絡めたトレッキングしかねぇ~かな。
そこで、10キロ離れた地点より高尾山口駅前駐車場に向かいます。
なんとか手前の駐車場にギリ停めることができました。やっぱ年末でも高尾山は人気がありますねぇ。

早速準備を整えて稲荷山コースよりトレッキングを開始です。道中混雑は著しくありませんが、そこそこのハイカーが歩いていました。
累計4回目の高尾山頂に到達すると、なんと!今までで最高の富士山の眺望が利いています。丹沢山塊も素晴らしく綺麗です。

その後、陣馬山までのピストンも考えていたのですが、時間的な制約及び年末の忘年登山を計画していることから景信山までのピストンに設定して軽めの縦走に切り替えます。

当日は快晴及び無風、澄んだ空気によって終始富士山、丹沢山塊他周辺の山々、東京スカイツリー、高層ビル街、八王子市街地、中央道等絶景を楽しむことができました。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:高尾山口駅前駐車場(8:43)⇒稲荷山(9:17-9:21)⇒高尾山(9:52-10:09)⇒一丁平(10:39-10:46)⇒城山(11:01-11:12)⇒小仏峠(11:25)⇒景信山(11:46-12:37)⇒小仏峠(12:53)⇒一丁平(13:19)⇒高尾山(13:43-13:49)⇒薬王院(14:00)⇒高尾山口駅前駐車場(14:38)

※歩行距離:18.2㎞ 行程タイム:5h55m(休憩含)

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Takaokagenobu_20131229_014

Takaokagenobu_20131229_015

早朝より八王子市内で野暮用を済ませてきた私は10キロ離れた地点より高尾山口駅前駐車場に向かいます。早期に野暮用を片付けることを想定して既に登山仕様で現地にいました。駐車場到着後は準備万端でトレッキングを開始していきます。駐車場側にはシンボルの聳え立つバニラスイートを横目に気愛が・・・、いや気合いが入ります。(汗)


Takaokagenobu_20131229_019

Takaokagenobu_20131229_020

高尾山口駅前を通過していくと何やら看板が設置されています。入山規制のお知らせ・・・「高尾山頂は初日の出見物客で混雑した場合、薬王院奥の院先から高尾山頂までの間において、入山規制を実施します」とのことです。

これは既に地元住民やハイカー、観光客、ドランカーなど壮絶なバッティングが想定されての注意喚起と思われます。

個人的には天気良くても高尾山頂は行かない方がいいと思います。混雑は怪我の元ですし、酔っ払いやら輩にバッティングした日には流血が発生する可能性もあります。と保守的に考えるおーまいの推奨場所は私は行きませんけど日和田山かな・・・。特に初日の出にこだわらなくてもいいと思います。私の元旦は静かに寝ていますよ。


Takaokagenobu_20131229_022

Takaokagenobu_20131229_024

Gパンハイカーや軽装ハイカー、スニーカー・ヒールハイカーなど普通に高尾山を登る程度なら問題ないでしょう。ヒールはヤバいかな。勿論日の出となると防寒対策はしっかりして下さい。しかしその先の奥高尾縦走にはある程度の装備は要します。


Takaokagenobu_20131229_026

Takaokagenobu_20131229_027

ケーブルカー駅左手にある稲荷山登山口から今回も登っていきます。道標には張り紙「中腹のトイレは老朽化のため既に使用できない」と記載があります。稲荷山にあるあの年季の入ったトイレのことでしょうか。高尾山頂まで我慢できない御婦人は引き返して早めに済ませて置いて下さい。


Takaokagenobu_20131229_030

Takaokagenobu_20131229_034

旭稲荷を確認して汗を掻かないように穏かに歩いていきます。ここ高尾山は特殊で擦れ違ったハイカーとは基本挨拶を交わしません。私的にも相手から挨拶があった場合を除き自ら挨拶はしていきません。何でかって?山じゃなくて観光地だからだらう。8千人と擦れ違ってまともに挨拶交わしたら首筋痛めるのは必須です。まぁ、程々にですかね。


Takaokagenobu_20131229_036

Takaokagenobu_20131229_045

そこそこ歩いているハイカーを遠慮なく追い越しながら稲荷山に到達です。市街地方面の展望は空気が澄んでいて視界良好です。


Takaokagenobu_20131229_041

稲荷山より見える範囲の展望を確認していきましょう。遠方に聳え立つのは茨城の名峰「筑波山」です。


Takaokagenobu_20131229_046

豪快に聳えたつ41階建てのビルは「サザンスカイタワー八王子」


Takaokagenobu_20131229_048

標高634m天を鋭く突きさすように聳える「東京スカイツリー」、まだ未踏なんですよねぇ~。


Takaokagenobu_20131229_051

Takaokagenobu_20131229_052

健脚な山レディを追い越し、左手に見える大山を横目にグイグイ登り込んでいきます。


Takaokagenobu_20131229_060

Takaokagenobu_20131229_063

やがて山頂直下の心臓破壊型のロングな階段を登って行けば高尾山山頂に到達です。


Takaokagenobu_20131229_066

展望箇所からはいきなり豪快な「富士山」の山容を確認します。高尾山通算4度目にして一番美しい富士山を眺望できました。 


Takaokagenobu_20131229_068

丹沢山塊、中央のピークが神奈川最高峰の「蛭ヶ岳」


Takaokagenobu_20131229_069

大山


Takaokagenobu_20131229_082

今回高尾から南ア方面が見えたのは初めてです。それだけ空気が澄んでいる証だらう。塩見あたりかな?


Takaokagenobu_20131229_084

Takaokagenobu_20131229_088

未だ然程賑わっていない山頂部に移動していきます。


Takaokagenobu_20131229_090

山頂部からは穏かな太平洋の海が輝く私の瞳に乱反射していきます。今日の高尾からの眺望はまぢ美し過ぎる!!


Takaokagenobu_20131229_097

Takaokagenobu_20131229_098

暫し展望を楽しんだ後は奥高尾に進んでいきます。


Takaokagenobu_20131229_100

Takaokagenobu_20131229_104

もみじ台から再び富士山、丹沢山塊を眺望し、鞍部までグイグイ標高を下げていきます。


Takaokagenobu_20131229_111

Takaokagenobu_20131229_113

穏かに登り込んで展望の開けた「一丁平」に到達です。


Takaokagenobu_20131229_114

Takaokagenobu_20131229_119

ここでも美し過ぎる富士山、丹沢山塊の大展望が確認できます。


Takaokagenobu_20131229_123

Takaokagenobu_20131229_124

城山に向かう道から天日の当たり具合によって凍結していた箇所が緩み出し、グチャグチャしたコンディションの道を足の置き場に注意を払いながら難儀していきます。


Takaokagenobu_20131229_126

Takaokagenobu_20131229_128

グチャグチャした道は回避できずそのまま城山にアタックを仕掛けていきます。このグチャグチャ道が道中の核心部と言ってもいいでしょう。因みに前回陣馬山まで縦走した時の核心部は、大量の花粉による鼻のメルトダウンでした。城山からは都心部の展望が利いています。


Takaokagenobu_20131229_130

Takaokagenobu_20131229_134

城山茶屋側からは富士山が見えていました。


Takaokagenobu_20131229_136

Takaokagenobu_20131229_142

当初は陣馬山までのピストンも考慮していましたが、時間的な制約と忘年登山の登り納め計画をしていることから、脚部を適度な疲労に留めておこうと保守的に突発的な山行遂行を収束させていきます。


Takaokagenobu_20131229_146

Takaokagenobu_20131229_148

小仏峠から標高を僅かに稼いで高速道を横目に景信山に向かいます。


Takaokagenobu_20131229_163

Takaokagenobu_20131229_165

景信山に到達すると陣馬方面やら他方面からハイカーが集結してきました。


Takaokagenobu_20131229_162

景信山山頂標識前が開けていて、都心部から関東平野を一望することができます。


Takaokagenobu_20131229_167

富士山は反対側に見えています。


Takaokagenobu_20131229_171

Takaokagenobu_20131229_169

なぜか本日は腹が著しく空いていて普段の山行では有り得ない事ですが、既に行動食を完食してしまいました。景信茶屋青木のなめこうどんの表示に我慢できず、ワンコイン(500円)支払ってオーダーを出します。


Takaokagenobu_20131229_170

Takaokagenobu_20131229_174

テーブルに着座してなめこうどんを美味しく頂きます。「めっさ、著しく、まいう~!!」あっという間に完食です。


Takaokagenobu_20131229_178

Takaokagenobu_20131229_180

空腹を満たして展望箇所より、東京スカイツリー、高層ビル群、筑波山と一望していきます。


Takaokagenobu_20131229_185

Takaokagenobu_20131229_186

市街地も視界良好です。


Takaokagenobu_20131229_188

Takaokagenobu_20131229_191

最後に相模湖を確認してからピストンで城山方向に戻ります。


Takaokagenobu_20131229_196

Takaokagenobu_20131229_200

基本、来た道を忠実に戻りますが城山は巻き道で抜けていきます。


Takaokagenobu_20131229_201

Takaokagenobu_20131229_203

その後、一丁平に立ち寄っていきます。


Takaokagenobu_20131229_206

本日何度も登場させる午後の時間帯の富士山です。午前中に比べ陽が西の方角に移動するため視界が薄くなっています。雲も幾分発生してきていますね。


Takaokagenobu_20131229_207

Takaokagenobu_20131229_210

グチャグチャ道で靴を汚しながら高尾山に戻っていきます。


Takaokagenobu_20131229_213

Takaokagenobu_20131229_219

高尾山頂に再度到達するとハイカー以上に観光客が山頂部を占拠していました。


Takaokagenobu_20131229_215

Takaokagenobu_20131229_224

富士山と市街地をチョロッと眺望していきます。


Takaokagenobu_20131229_231

Takaokagenobu_20131229_232

薬王院で縦走御礼と今後の登山安全祈願をしていきます。


Takaokagenobu_20131229_234

Takaokagenobu_20131229_243

金比羅台園地に立ち寄って街を一望していきます。


Takaokagenobu_20131229_240

Takaokagenobu_20131229_237

スカイツリー、サザンスカイタワー八王子を見収めしていきます。


Takaokagenobu_20131229_244

Takaokagenobu_20131229_245

グングン標高を下げて林道と合流していきます。


Takaokagenobu_20131229_246

Takaokagenobu_20131229_249

そのまま道なりに下っていくと高尾山口駅前を通過し駐車場に戻ってプチ縦走登山の終了です。

お疲れさまでした。本日の癒し温泉は時間の都合上カットです。


■天候:快晴

■出会った人:未知数(カウント不能状態)

■タイム:8:43~14:38【5時間55分、休憩等含】 

■形態:単独行 

■水分:1.0L(ペットボトル500ml:2本) 

■山域:奥高尾

■出発地点より駐車場までの片道距離:63㎞ 

■登頂日:2013年12月29日(日)

■その他:

★突発的プチトレーニングだったので今回の総括は割愛致します。

ホームに戻る 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ