戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】

戸倉三山【臼杵山・市道山・刈寄山】 2013/12/14 適度なアップダウン&ロング&周回トレーニングコース

戸倉三山【臼杵山842m/市道山798m/刈寄山678m】 単純高低差612m

Tokurasanzan_20131214_205
※画像は臼杵山、中央右奥は大岳山

戸倉三山とは奥多摩山域の秋川渓谷南側に位置する臼杵山、市道山、刈寄山の三山の総称を指しています。 

今回最寄りの高速ICがあきる野ICとなり山行活動として初の潜入地域となります。ハイカーになる以前のことですが、圏央自動車道あきる野ICを利用して東京サマーランドに子供たちを何度か連れて行ったことがあります。当時入場券は株主優待券を市場の安価で調達していました。従って通常料金よりかなりリーズナブルに温水プール&併設されている遊園地で楽しむことができました。東京サマーランドは株主優待券を利用するのがかなりお得ですよ。・・・と別にサマーランドの支配人でもオーナーでも何でもありませんけど懐かしく感じます。 

さて、東京サマーランドは全く関係ありませんが、あきる野ICを下車してから戸倉三山に近い無料駐車場の十里木(じゅうりき)駐車場を起点に周回コースを歩きます。ルートは臼杵山~市道山~刈寄山の反時計廻りです。道中、意外にも奥多摩の三大急登に匹敵すると言われているような強烈な登り込みもあり、里山縦走としてはロング且つアップダウンの多さに身体に衝撃が走ります。ここまできつい登山をするつもりはなかったのだが・・・・。そして予想外の拷問登山に嵌っていきます。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:十里木駐車場(7:06)⇒瀬音の湯(7:15)⇒荷田子(7:26)⇒荷田子峠(7:48)⇒(グミ尾根)⇒グミ御前⇒臼杵神社(9:01)⇒臼杵山(9:07-9:25)⇒市道山(10:21-10:31)⇒トッキリ場(11:44)⇒入山峠(12:06)⇒刈寄山(12:20-12:38)⇒みなと区民の森環境学習施設(13:12)⇒十里木駐車場(13:59)

※歩行距離19.0㎞ 行程タイム:6h53m(休憩等含)

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Tokurasanzan_20131214_004

Tokurasanzan_20131214_002

圏央自動車道坂戸IC~あきる野IC下車(軽自動車割引で片道600円)、そのまま下道を走行して約60キロの道程を90分で十里木駐車場に到着します。20台強の駐車スペースにトイレも併設されています。


Tokurasanzan_20131214_008

Tokurasanzan_20131214_012

駐車場出入口を左手に曲がり瀬音の湯の表示に進んでいきます。右手側の車道歩きだと歩道の無い箇所があるので遠回りでも安全ルートで歩いていきます。


Tokurasanzan_20131214_015

Tokurasanzan_20131214_018

瀬音の湯裏手から敷地に入ります。今回下山後の癒し温泉はこの瀬音の湯が予定されています。


Tokurasanzan_20131214_021

Tokurasanzan_20131214_023

瀬音の湯の脇を通り抜けていきます。宿泊施設もあり今更ながらですが、メゾネットタイプのコテージを子供たちが小さい時に利用すれば楽しめたな~と勝手な後悔です。全くタイプは異なりますが当時は上越グリーンプラザ、軽井沢グリーンプラザ、グリーンピア津南あたりの施設を良く利用していました。


Tokurasanzan_20131214_026

Tokurasanzan_20131214_029

車道に出てから少し歩くと荷田子に到達します。


Tokurasanzan_20131214_033

Tokurasanzan_20131214_035

左手側の住宅地から登山口に向かいます。


Tokurasanzan_20131214_037

Tokurasanzan_20131214_038

山道への入口にはネットの囲いがあり通り方(開閉方法)の説明が記載された看板が立っています。オレンジ色の部分を持って通過する訳ですが、非常に近似値な位置に電流が流れていると記載されたグリーンのネット部分があり、移動しながら触れちゃっているのでは?とビビリながら開閉していきます。実際は電流が流れているようには感じませんでしたけど。


Tokurasanzan_20131214_043

Tokurasanzan_20131214_045

静かな山道に入り貸切濃厚な状態で登り込んでいきます。本日は稜線上の寒さを想定し防寒対策として、先日の寒過ぎるボーナスでやっと手に入れたユニクロ製ウルトラライトダウンを持参してきました。果たして活躍の場はあるのでしょうか。


Tokurasanzan_20131214_046

Tokurasanzan_20131214_049

初っ端から奥多摩名物の急登の洗礼を受けていきます。荷田子峠を通過してから道標は適度に整備されています。


Tokurasanzan_20131214_060

Tokurasanzan_20131214_057

そのまま登り込んでいくと樵の縄張りなのか、この辺りは山中さんの担当区域でしょうか。機会があれば和歌山県の山中で7ヶ月間、樵経験のある和製ステイサム氏に詳細を聞いておきます。因みにステイサム氏は山の中で生活していても英語のブラッシュアップだけは欠かさずにやっていたそうです。


Tokurasanzan_20131214_062

Tokurasanzan_20131214_065

山田さん?の担当区域も通過していきます。


Tokurasanzan_20131214_071

Tokurasanzan_20131214_074

職人が即席で造った味のあるテーブル式ベンチが見事にあきる野の山域にマッチングしています。え、見ているとそんなに飽きるの?・・・シェ~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


Tokurasanzan_20131214_078

Tokurasanzan_20131214_080

ユズリハクボ?の文字が記載された樹木の辺りで一部展望が開けています。


Tokurasanzan_20131214_084

茨城の名峰「筑波山」です。関東平野で目立つ山は筑波山ぐらいしかありませんのですぐに判ります。


Tokurasanzan_20131214_089

Tokurasanzan_20131214_094

尾根沿いを歩き更に高度を稼いでいきます。


Tokurasanzan_20131214_102

再び視界の開けた場所に出ます。中央に見える大きな建物は「イオンモール日の出」かな。因みに二度訪問したことがあります。


Tokurasanzan_20131214_103

都心の超高層ビル郡


Tokurasanzan_20131214_104

Tokurasanzan_20131214_105

臼杵山との分岐を元郷方面に少し進むと臼杵神社が見えてきました。


Tokurasanzan_20131214_106

Tokurasanzan_20131214_108

臼杵神社で登山安全祈願をしていきます。狛犬が妬けにキリッとしていて格好いいですね。


Tokurasanzan_20131214_110

Tokurasanzan_20131214_111

樹間より富士山がはっきりと見えています。臼杵山にアタックを仕掛けにいきます。


Tokurasanzan_20131214_139

Tokurasanzan_20131214_115

まずは戸倉三山の1峰目「臼杵山」登頂成功!


Tokurasanzan_20131214_128

Tokurasanzan_20131214_137

三角点を確認し、山頂標識前は開けた展望が140度程度広がっています。


Tokurasanzan_20131214_113

富士山の方角は開けていないので、筑波山の眺望で楽しみます。


Tokurasanzan_20131214_122

あきる野市街地


Tokurasanzan_20131214_125

建設中はほぼ毎日のように見ていた未踏の「東京スカイツリー」


Tokurasanzan_20131214_130

Tokurasanzan_20131214_117

セルフタイマーで山頂バックダブルバイを決め込んで、暫し楽しんだ貸切の臼杵山から市道山に向かいます。


Tokurasanzan_20131214_143

Tokurasanzan_20131214_151

コルまではとにかく下り主体となり、200mぐらい高度を下げていきます。


Tokurasanzan_20131214_155

Tokurasanzan_20131214_156

途中、御前山を視界に捉えます。


Tokurasanzan_20131214_159

Tokurasanzan_20131214_161

その後、高低差150mぐらいを登り返していきます。


Tokurasanzan_20131214_164

Tokurasanzan_20131214_166

笹平との安定した分岐から市道山にアタックを仕掛けにいきます。


Tokurasanzan_20131214_168

Tokurasanzan_20131214_170

峰見通り側から本日初めてお会いするハイカーが同時にアタックを仕掛けてきました。戸倉三山第二峰目の「市道山」に登頂です。同時登頂のハイカーは十里木駐車場から私と逆廻りで周回しているとのことでした。


Tokurasanzan_20131214_169

Tokurasanzan_20131214_178

展望は110度ぐらいの視界が利いていますが、臼杵山の展望より劣ります。


Tokurasanzan_20131214_180

Tokurasanzan_20131214_181

小休止後、少し下がった場所に市道山分岐があります。分岐点より刈寄山へは5.0㎞、また陣馬山への縦走も可能です。


Tokurasanzan_20131214_184

Tokurasanzan_20131214_186

登り込んで尾根伝いに歩いていきます。


Tokurasanzan_20131214_188

稜線からは奥多摩三山の人気名山「大岳山」が確認できます。


Tokurasanzan_20131214_190

Tokurasanzan_20131214_195

南側には丹沢山塊が確認できます。急降下手前で立ち止まります。


Tokurasanzan_20131214_196

Tokurasanzan_20131214_200

伐採された跡が妬けに寒そうに感じます。毎年のことですが私の場合年末に向かって懐が寒くなっていきます。


Tokurasanzan_20131214_206

Tokurasanzan_20131214_207

御前山と臼杵山の眺望が良く利いています。奥多摩三山の中核に位置する御前山にズームを掛けます。


Tokurasanzan_20131214_211

Tokurasanzan_20131214_215

道標に従ってそのまま突き進んでいきます。


Tokurasanzan_20131214_220

Tokurasanzan_20131214_224

急坂を登り込んでピークを越えたらすぐに急降下、こんなパターンの繰り返しで徐々に脚部が疲弊していきます。


Tokurasanzan_20131214_225

Tokurasanzan_20131214_228

アップダウンの洗礼を受けながら開けた地点で、再び大岳山を視界に捉えていきます。


Tokurasanzan_20131214_230

Tokurasanzan_20131214_236

鳥切場がイマイチ不鮮明ではありましたが、とにかく道標に記された刈寄山を目指して歩いていきます。


Tokurasanzan_20131214_239

Tokurasanzan_20131214_241

鉄塔を通過し下から激写です。


Tokurasanzan_20131214_238

Tokurasanzan_20131214_243

市道山⇒入山峠間ではそこそこハイカーと擦れ違います。


Tokurasanzan_20131214_246

Tokurasanzan_20131214_248

舗装道路に下りた地点が入山峠です。刈寄山まで20分の表示あり。


Tokurasanzan_20131214_251

Tokurasanzan_20131214_256

踏み跡を辿りながら刈寄山にアプローチしていきます。


Tokurasanzan_20131214_257

Tokurasanzan_20131214_258

沢戸橋との分岐を過ぎて刈寄山にアタックを仕掛けます。


Tokurasanzan_20131214_270

Tokurasanzan_20131214_260

戸倉三山の三峰目、刈寄山にアタックです。


Tokurasanzan_20131214_267

Tokurasanzan_20131214_268

山頂からはあきる野市街地の展望が広がっています。


Tokurasanzan_20131214_271

Tokurasanzan_20131214_274

休憩がてらあづま屋で稲荷寿司を頂いていきます。山頂より少し下がった分岐から沢戸橋方面に下っていきます。


Tokurasanzan_20131214_275

Tokurasanzan_20131214_278

深い落葉を滑りながら歩き薄い踏み跡を辿って下ります。


Tokurasanzan_20131214_280

Tokurasanzan_20131214_284

グングン下って刈寄山登山口まで一気に標高を下げていきます。


Tokurasanzan_20131214_286

Tokurasanzan_20131214_287

林道に出てから沢戸橋方面に向かってひたすら歩いていきます。


Tokurasanzan_20131214_290

Tokurasanzan_20131214_293

みなと区民の森環境学習施設の脇を通過していきます。


Tokurasanzan_20131214_294

Tokurasanzan_20131214_296

沢戸橋に出てから街歩き用のGPSに切り替えてアプリを頼りに五日市地域を歩いていきます。今はあきる野市として合併されていますが、旧五日市町と言えば、やはり日本国内を震撼させた宮崎勤事件を思い出します。当時、事件の舞台となったのが飯能市、川越市などで埼玉県内での捜査が中心だったと思われます。実際、私の兄の友人(当時川越市在住)が犯人と同じ車種の車に乗っていた為、自宅まで警察が捜査に来たと言う話をされていたのを覚えています。五日市というとダークなイメージが染みついていましたが、あきる野に変わってだいぶ事件のイメージから離れた感じがします。と街歩きをしながら複雑な気持ちで歩いていました。


Tokurasanzan_20131214_297

Tokurasanzan_20131214_298

歩道のある車道歩きから十里木駐車場に戻ります。


Tokurasanzan_20131214_300

Tokurasanzan_20131214_303

駐車場に帰着してから一息ついていきます。そして楽しみにしていた瀬音の湯に癒しを求めに向かいます。


Tokurasanzan_20131214_304

Tokurasanzan_20131214_306

クリスマスモードの通路を歩いて温泉に入ります。戸倉三山の地味で手強いアップダウンに疲弊させられた身体を思う存分癒していきます。場内はハイカーと言うより観光客及びキャンパーが多く、ガキンチョ入浴率が高まりますので静かに入浴したい方には不向きかもしれませんね。


■天候:晴れ

■出会った人:18人(~臼杵山~市道山手前まで貸切、市道山以降からハイカーに出会う)

■タイム:7:06~14:00【6時間44分、休憩等含】 

■形態:単独行 

■水分:2.0L(ペットボトル500ml:4本) 

■山域:奥多摩

■出発地点より駐車場までの片道距離:60㎞ 

■登頂日:2013年12月14日(土)

■その他:

★山行としては初の潜入となりましたあきる野地域にある里山縦走を適度に堪能することができました。間がないアップダウンの連続は奥武蔵の定番コース伊豆ヶ岳~子ノ権現コースに匹敵するような健康歩きコースとして活用できそうです。

★戸倉三山は武蔵五日市駅を支点にバスを利用して元郷から今熊山に抜けるルートで歩かれるハイカーも多いようです。車主体のハイカーは知名度の薄い十里木駐車場に置いて半ば強引な周回ルートで楽しむのが面白いかもしれません。

★都心からのアクセスの良さと適度なトレーニングコースとして活用できるコースだと思います。まだ未踏で近場のハイカーの方は是非1度脚を運ばれることをお勧め致します。

ホームに戻る 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ