金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳

金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 2013/11/12 寒波襲来で冠雪の奥秩父山歩き

金峰山2,599m/ 国師ヶ岳2,592m/北奥千丈岳2,601m 単純高低差236m

Kinpusan_kokushigatake_201311121_24
2年5ヵ月ぶりに訪問することになりました奥秩父最高峰の「北奥千丈岳」、日本百名山五丈岩がシンボルの「金峰山」、甲武信ヶ岳山頂からは雄大な山容を目の当たりにすることができる「国師ヶ岳」、以上奥秩父主脈縦走路に位置する別名「東アルプス」の三山を車両通行可能な国内最高所の車道峠「大弛峠」を起点に丁寧に1峰づつ登頂していきます。 

当日は既に寒波襲来の情報を得ていたので、車道の凍結を懸念してゆっくりめに大弛峠に向かいます。大弛峠手前500mぐらいから凍結していましたが、何とか軽自動車のノーマルタイヤでも踏ん張りを効かせて無事に到着できました。路面は歩くと扱けるような状況でした。

準備を整えてまずは金峰山に向かいます。登山口から冠雪が見られ、登山道は終始雪道となりますが、靴のグリップが良く効くのでアイゼンは不要でした。道中、大弛小屋に宿泊したという女性単独ハイカーに話を伺うと、前日(11/11)午後から雪が降りだしたとのことでした。前半戦の金峰山では予想以上に風が弱く、快適な登山を堪能できます。しかしながら、寒さは半端なくフリース含めて4枚着込んでいました。山頂ではダウンを羽織り5枚体制となります。因みに山仲間の和製ステイサム基準に置き換えますと、12枚体制が基準になるかと思われるくらいの寒さです。

後半戦の国師ヶ岳、北奥千丈岳では、上空に分厚い雲が発生し、荒れていると思われる北アルプス方面からの雪が舞っていました。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:大弛峠P(8:11)⇒朝日峠(8:42)⇒朝日岳(9:20-9:29)⇒鉄山(9:48)⇒金峰山(10:25-11:28)⇒鉄山(11:55)⇒朝日岳(12:18)⇒朝日峠(12:42)⇒大弛峠P(13:04-13:09)⇒前国師岳(13:39)⇒三繋平(13:43)⇒国師ヶ岳(13:48-13:51)⇒三繋平(13:55)⇒北奥千丈岳(13:59-14:09)⇒夢の庭園(14:28-14:35)⇒大弛峠P(14:42)

※行程タイム:6h31m(休憩等含)

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_00

Kinpusan_kokushigatake_201311121__2

自宅をAM3時40分に出発します。国道140号線通行中なぜか究極の睡魔に襲われて急遽、雁坂トンネル料金所駐車スペースにて1時間弱の仮眠をしていきます。その後、広瀬湖に立ち寄り紅葉の状態を確認して、湖面の先に聳える木賊山を視界に捉えます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_01

Kinpusan_kokushigatake_201311121_02

国道140号線沿いにある道の駅牧丘の先のトンネルを通過してすぐに右折します。林道川上牧丘線入口まで道なりに進んでいき、大弛峠まで14㎞表示からは車で一気に高度を稼いで国内最高所の車道峠を目指します。本日は高度順応しないまま標高の高いポイントからスタートしますので、酸欠状態がやや懸念事項となっています。


Kinpusan_kokushigatake_201311121__3

Kinpusan_kokushigatake_201311121__4

終始舗装されている道路を通行中、金峰山を確認してシンボルの五丈岩をカメラに収めます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121__5

Kinpusan_kokushigatake_201311121__6

続いて南アの間ノ岳もカメラに収めて、ダイハツムーヴカスタムでグングン高度を稼ぎます。大弛峠手前500mぐらいの位置から凍結注意報が発令されて、ノーマルタイヤ低速走行で踏ん張りを効かせて何とか駐車場に到着です。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_03

Kinpusan_kokushigatake_201311121__7

アスファルト部分は予想以上に凍結状態が進んでいて、心が凍結の帝王と呼ばれている私も歩くとスッ転びそうな状態にビビリ気味になります。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_04

Kinpusan_kokushigatake_201311121__8

日本一高い車道峠(2,365m)より、まずは金峰山を目指して歩いていきます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121__9

Kinpusan_kokushigatake_201311121_10

前日まで西高東低の冬型の気圧配置になっていた関係で、高所の山では降雪となっていたことが伺えます。樹木の隙間から白く輝く南ア方面の稜線が妬けに美し過ぎます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_05

すると恍惚と輝く私の瞳孔が一気に開きます。「キタダケぇ!」


Kinpusan_kokushigatake_201311121_11

アイノダケぇ!」


Kinpusan_kokushigatake_201311121_12

甲斐駒ドカァ~ン!!!


Kinpusan_kokushigatake_201311121_13

女王「センジョウガタケぇ!」


Kinpusan_kokushigatake_201311121_14

Kinpusan_kokushigatake_201311121_16

南アオールスターズが視界に入り、酸欠状態を加速させながらも一気にテンションMAXへと急上昇です。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_06

Kinpusan_kokushigatake_201311121__2

ザックには6本爪、8本爪アイゼンを搭載してきましたが、雪質の締りが良くまた靴のグリップも良く効いているので装着は不要と判断しました。


Kinpusan_kokushigatake_201311121__3

すると今度は樹間に「フジsan!」


Kinpusan_kokushigatake_201311121_07

Kinpusan_kokushigatake_201311121__4

朝日峠を通過して雲海に浮かぶ富士のトップを横目に、呼吸を乱さないように丁寧に登り込んでいきます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_08

Kinpusan_kokushigatake_201311121__5

霧氷を観賞しながら雪道を快適に歩いていきます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121__6

Kinpusan_kokushigatake_201311121_10

やがて開けたポイントに出ると、奥秩父、奥多摩、丹沢、富士山、南アルプス・・・と周囲の山々の展望が気持ちよく利いています。昨日大弛小屋に宿泊していた単独女性ハイカーに南アオールスターズのポイントを聞かれ、説明しながら話込みます。小屋泊の客は2人のみでほぼ貸切状態、昨日午後から降雪していたので展望は全く利いていなかったとのことでした。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_09

Kinpusan_kokushigatake_201311121__7

ちょっとガスが発生してきた白峰三山(左)、仙丈ヶ岳・甲斐駒(右)


Kinpusan_kokushigatake_201311121__8

北岳手前には前回周回縦走してきた「鳳凰三山


Kinpusan_kokushigatake_201311121__9

甲武信三山(左から三宝山、甲武信ヶ岳、木賊山)


Kinpusan_kokushigatake_201311121_11

雲海


Kinpusan_kokushigatake_201311121_12

雲海に浮かぶ富士のピーク


Kinpusan_kokushigatake_201311121_13

下界。平均年収2500万円の村、レタスで有名な長野県川上村か?


Kinpusan_kokushigatake_201311121_14

奥秩父主脈縦走路(国師ヶ岳~甲武信ヶ岳~破不山~雁坂嶺方面)


Kinpusan_kokushigatake_201311121_15

Kinpusan_kokushigatake_201311121_16

景色を堪能した後、サクサク登っていくと朝日岳に到達です。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_17

Kinpusan_kokushigatake_201311121_18

朝日岳山頂からも北岳、富士の国内ワンツーを確認できます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_19

Kinpusan_kokushigatake_201311121_20

鉄山~金峰山の美しい稜線、五丈岩にズーム


Kinpusan_kokushigatake_201311121_21

Kinpusan_kokushigatake_201311121_22

朝日岳から鞍部までは一気に急降下していきます。当然戻りの登り返しを計算に入れておかなければならないポイントです。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_23

Kinpusan_kokushigatake_201311121_24

そして穏かに登り込んで、山頂標識が割れている「鉄山」をGETしていきます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_25

Kinpusan_kokushigatake_201311121_26

その後も奥秩父独特の原生林地帯の雪山歩きを楽しみます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_27

Kinpusan_kokushigatake_201311121_28

振り返って朝日岳、国師ヶ岳、北奥千丈岳を望みます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_29

Kinpusan_kokushigatake_201311121_30

森林限界を超えて、まずは両神山、甲武信三山を確認します。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_31

Kinpusan_kokushigatake_201311121_32

埼玉最高峰の三宝山(左)、甲武信小屋が有名な甲武信ヶ岳(右)


Kinpusan_kokushigatake_201311121_33

Kinpusan_kokushigatake_201311121_34

視界を北側に移していくと、平均年収2500万円の川上村の一角にある湖だらうか。やっぱ時代はレタスだったんだよなぁ~、先物取引でレタスで大勝負を賭けていれば、今頃はフリーマンハイカーになれていただらうか・・・。それともアベノミクス加熱効果を逆手に空売りを仕掛けて倍返しか。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_19

西側に眼球を移しながら「ヤツガタケぇ~」だぁ!編笠・権現・赤岳・硫黄・天狗と視界が利いています。


Kinpusan_kokushigatake_201311121__2

仙丈ヶ岳、甲斐駒、鋸岳


Kinpusan_kokushigatake_201311121__3

瑞牆山&カンマンボロン


Kinpusan_kokushigatake_201311121_20

Kinpusan_kokushigatake_201311121__5

小川山、再び両神山方面・・・と私の眼球が著しく忙しくなっていきます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_21

Kinpusan_kokushigatake_201311121__6

雲海に浮かぶ富士を横目に大岩歩きに注意しながら、アタック体制を整えていきます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121__7

Kinpusan_kokushigatake_201311121_22

山頂に近付き一気に金峰山アタぁックぅぅうううう!!!


Kinpusan_kokushigatake_201311121__8

Kinpusan_kokushigatake_201311121__9

2年5ヵ月ぶり2回目の金峰山頂です。大岩を超えた場所にシンボルの五丈岩が鎮座しています。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_23

Kinpusan_kokushigatake_201311121_10

山頂部は岩岩だらけで休息スペースにベストなポジションが取れないので、五丈岩周辺に移動します。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_11

Kinpusan_kokushigatake_201311121_12

八ヶ岳、瑞牆山(左)、南アルプス(右)


Kinpusan_kokushigatake_201311121_13

Kinpusan_kokushigatake_201311121_14

五丈岩の前は登山道の交差点になっております。風は予想以上に穏かですが、めっさ、寒いディビスジュニアです。ダウン→フリース→ウェア→タートル→シャツの5枚体制で完全防寒中です。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_25

Kinpusan_kokushigatake_201311121_15

五丈岩の裏側に廻り、南アルプスを一望していきます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_16

Kinpusan_kokushigatake_201311121_17

北岳(左)、仙丈ヶ岳・甲斐駒ケ岳(右)


Kinpusan_kokushigatake_201311121_18

Kinpusan_kokushigatake_201311121_26

本日は金峰山頂でチキンラーメンを美味しく頂くつもりが・・・。なんと!途中でガス欠が発生!!ぬるま湯のチキンラーメンになってしまいました。(汗)


Kinpusan_kokushigatake_201311121_27

Kinpusan_kokushigatake_201311121_28

五丈岩周辺でゆっくり寛いでいたら、浅間山方面、八ヶ岳上空にグレー色の分厚い雲が上空の支配人として押し寄せてきました。寒さも一気に増していく感触です。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_29

Kinpusan_kokushigatake_201311121_30

東側に鉄山~朝日岳~国師ヶ岳の稜線を確認して、再び金峰山標識前に戻ります。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_31

Kinpusan_kokushigatake_201311121_32

ふと振り返ると単独のハイカーが五丈岩を攻めています。御蔭で攻略ポイントを学習させていただきましたが、私は保守的ハイカーなので大人しく遠目で見学です。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_33

五丈岩トップで大々的パフォーマンスを繰り広げるハイカー、以前オベリスクを登頂していたハイカーが五丈岩の方が難しいと言っていたのを思い出しました。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_34

Kinpusan_kokushigatake_201311121_35

巨岩地帯を歩いていると、金峰上空にもグレーの支配人が舞い降りてきます。本日は北日本、北陸、北アルプス方面は荒れているとの予報を見てきましたが、降雪があってもおかしくない状況です。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_36

Kinpusan_kokushigatake_201311121_37

原生林地帯を下り、あまりの寒さにドリンクがシャーベット状に凍り付いています。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_38

Kinpusan_kokushigatake_201311121_39

過激に登り返して、朝日岳より金峰山頂を振り返ります。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_40

Kinpusan_kokushigatake_201311121_41

その後開けたビューポイントより甲武信三山を眺めて、来た道を忠実に戻ります。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_42

Kinpusan_kokushigatake_201311121_43

グリップの良く効く雪道をそのままノーマル走行で下り、まもなく朝日峠に到達です。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_44

Kinpusan_kokushigatake_201311121_45

快適に原生林地帯を通過して大弛峠の駐車場に戻ります。凍結していた道路は大部分が溶けていました。ここで一旦ガスセットを車に置いて荷物を軽くしていきます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_46

Kinpusan_kokushigatake_201311121_47

小休止して、これから登り込んでいくターゲットを見上げて再起動していきます。ここ大弛峠の標高は2,365mです。酸欠状態にあまり変化はなく、軽い頭痛が続きます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_48

Kinpusan_kokushigatake_201311121_49

大弛小屋前より国師ヶ岳、北奥千丈岳のダブルヘッダールートに向かいます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_50

Kinpusan_kokushigatake_201311121_51

国師に向かうには必殺!階段歩きで脚部を酷使しなければなりません。丹沢の階段地獄より距離は短いし、破損もなく整備されています。しかし、金峰山登頂の後はきつい。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_52

Kinpusan_kokushigatake_201311121_53

やがてステージは巨岩ポイントの登り込みへと移り、開けた場所から北奥千丈岳が目前に現れます。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_54

Kinpusan_kokushigatake_201311121_55

ニセピークの前国師岳でワンクッションを置きます。更に気温の低下を感じ、この辺りで上空から雪がパラついていました。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_56

Kinpusan_kokushigatake_201311121_57

国師ヶ岳を視界に捉えて三繋平を通過します。


Kinpusan_kokushigatake_201311121_58

Kinpusan_kokushigatake_201311121_59

三繋平より5分程度で国師ヶ岳山頂(2,592m)にアタックです!


Kinpusan_kokushigatake_201311121_60

Kinpusan_kokushigatake_201311121_61

山頂標識、一等三角点


Kinpusan_kokushigatake_201311121_37

Kinpusan_kokushigatake_201311122_00

正面には奥秩父最高峰の北奥千丈岳が聳えています。山頂部は北アルプス方面から風に乗って僅かな雪が舞っています。


Kinpusan_kokushigatake_201311122_01

Kinpusan_kokushigatake_201311122__2

来た道を戻り三繋平を経由して、北奥千丈岳にアタックを仕掛けに向かいます。


Kinpusan_kokushigatake_201311122__3

Kinpusan_kokushigatake_201311122_02

奥秩父最高峰「北奥千丈岳」にアタぁックぅうううう!!!山頂は2,601mあります。


Kinpusan_kokushigatake_201311122__4

Kinpusan_kokushigatake_201311122__5

まずは山頂より金峰山まで歩いた稜線を一望していきます。そして五丈岩をズーム。


Kinpusan_kokushigatake_201311122__6

Kinpusan_kokushigatake_201311122_03

先程までいた国師ヶ岳(左)、南アルプス方面はガスの中(右)


Kinpusan_kokushigatake_201311122_04

Kinpusan_kokushigatake_201311122__7

僅かに雪が舞っている中での芸術的奥秩父の霧氷


Kinpusan_kokushigatake_201311122__8

Kinpusan_kokushigatake_201311122_05

身体が冷やされてきたので下山に入ります。


Kinpusan_kokushigatake_201311122__9

Kinpusan_kokushigatake_201311122_06

岩岩、階段とチャッチャカ下ります。


Kinpusan_kokushigatake_201311122_10

Kinpusan_kokushigatake_201311122_11

序に夢の庭園へと入園していきます。


Kinpusan_kokushigatake_201311122_12

Kinpusan_kokushigatake_201311122_13

庭園で階段下りをしながら金峰山までの稜線を一望していきます。


Kinpusan_kokushigatake_201311122_07

Kinpusan_kokushigatake_201311122_14

夢の庭園を脱出して本線に合流します。


Kinpusan_kokushigatake_201311122_15

Kinpusan_kokushigatake_201311122_16

大弛小屋を通過して無事に駐車場に帰着します。


Kinpusan_kokushigatake_201311122_08

Kinpusan_kokushigatake_201311122_17

下山後は早速冷えた身体を温める為、「鼓川温泉 」に立ち寄ります。JAF割引適用で400円でした。山梨市三大温泉の花かげの湯、笛吹の湯に比べて露天も内湯も広めで何と言ってもPHが三つの中で一番高いので、私の美肌もツルツル・モチモチ更に磨きが掛かります(笑)。鼓川温泉の泉質はめっさ気持ちよく、長時間癒すことに徹してみました。私的にお勧め温泉です。

しかしながら花かげ・笛吹の湯同様、地元の爺ぃ達(100円で入浴している)が集まっているので、風呂場は一つの集落が出来あがっています。よそ者はすぐにわかるみたい。


Kinpusan_kokushigatake_201311122_09

Kinpusan_kokushigatake_201311122_18

癒し温泉後は雁坂道には向かわず、中央自動車道勝沼ICから圏央自動車道に入ります。お馴染みの狭山PAで大好物の肉汁うどんを美味しく頂いてから帰宅しました。

最後までご覧いただきありがとうございます。


■天候:晴れのち曇り

■出会った人:25人ぐらい

■タイム:8:11~14:42【6時間31分、休憩等含】 

■形態:単独行 

■水分:1.5L(ペットボトル500ml:3本) 

■山域:奥秩父

■深Q百名山:第8座目で登頂済【通算2回目】 

■出発地点より駐車場までの片道距離:158Km 

■登頂日:2013年11月12日(火)

■その他:  

★冠雪後の大弛峠を起点とした奥秩父山歩きは、大変新鮮で快適に歩くことができて満足しました。前回登頂した時はガスりが主体でしたので、富士山・南アルプスを中心とした展望が楽しめたことは歩く満足に拍車を架けました。しかし、寒さは半端なく、金峰山頂ではダウン含めて5枚を着込みました。

★金峰山は五丈岩が妬けに目立ち過ぎますが、国師ヶ岳・北奥千丈岳は意外にも渋さがあり、原生林を主体とした山域はまさに奥秩父最高峰に相応しい価値の深い山を感じます。この地が奥秩父代表格として位置づけしてもいいのではと感じます。でも人気の度合いでは雲取、甲武信には劣りますかね。

★単純高低差が少ない割には登り返しがあるので侮れません。適度に疲弊しました。スタート地点が標高の高いポイントでしたので、既に酸欠が発生(酸素濃度が下界の75%程度)、ゆっくり登り込みながら高度順応することを意識しました。ちょっと大袈裟かもしれませんけど。

★北アルプス方面が荒れていたので、後半は風に乗り雪が舞っていました。この時期でも奥秩父山域は安定しているので、雲取、甲武信などは活用の場となりそうです。

ホームに戻る 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ