水沢山(榛名山系)

水沢山 2013/10/19 チャッチャカ下り発祥の地へ電撃訪問!

水沢山(みずさわやま) 1,194m 単純高低差 579m

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_089
7月の仙丈ヶ岳(南アルプス)以来、約三カ月ぶりのメンバー登山の時期が到来してきました。山行予定候補には、湯の丸山、秩父山系のマニアックな山域、日光方面等が揚げられていました。しかし、当日の予報は全国的にもあまり期待できない天候で、いずれの候補地も雨マークが付されていました。 

入念に調べてみると、群馬・新潟方面は午後から回復傾向、そこで上州武尊・赤城山近辺をターゲットに現地に向かうことにしました。関越自動車道駒寄PAに立ち寄ると、同行者M男が以前より訪問したがっていた水沢山が近くにあることを思い出します。自分自身も未踏の山であり、何と言ってもチャッチャカ下り発祥の聖地として、いつかは訪問しなければならない山だと義務感を抱いておりました。 

そして急遽、水沢山に電撃訪問することになります。ここ水沢山はなんと!登り29分、下り9分といった神業的な速さでトレーニングされている方がいるそうです。別名トレーニング山としても活用されており、今回メンバー登山の我々もトレーニング山の極意を堪能してみようと普通に登らせて頂きました。

なお、今回より勝手にチーム名を「ウーズマ・パワスポクラブ Oozma Power-Spo-Club」と命名させていただきました。特段意味はありません。今後もマニアックさを含めた番外編ありの山行活動を継続していこうと思います。 

まずは当日第一弾のレポです。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:水沢観音登山口(9:22)⇒お休み石(10:03)⇒石仏(10:32)⇒水沢山(10:46-11:27)⇒石仏(11:38)⇒お休み石(12:00)⇒水沢観音登山口(12:37)【ピストン】

※歩行距離 4.6㎞ 行程タイム:3h15m

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_005

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_007

赤城山方面の登山を急遽、水沢山に変更することにしたので、関越自動車道駒寄PAのスマートIC出口よりまずは水沢観音を目指すことにしました。広々とした水沢観音Pに余裕で停められることができました。時刻は既に9時を大幅に過ぎていますので、本来の登山であれば遅刻ハイカーとなりますが、トレーニング山では今回の遅刻は問題なしと致しましょう。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_0_2

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_0_3

境内にある六角堂の外観を見物した後、本堂で登山安全祈願をしていきます。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_015

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_017

安全祈願を終えた我々は本堂脇にある水沢登山口より山頂を目指します。道標にはCT120分と記載あり。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_0_6

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_0_8

赤い鳥居を潜って急階段でウォーミングアップです。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_026

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_030

急階段を上がると飯綱大権現周辺には銀杏が沢山落ちています。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_035

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_038

杉林を通過して本格的登山道に入ります。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_040

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_041

初っ端から整備された変則的階段を登っていきますが、結構な急坂の連続です。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_049

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_054

山頂までの距離を縮めながら高度を稼いでいきます。ひたすら急登が続いていきますので、早くも同行者たちに悲鳴を上げる者が出てきます。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_056

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_058

中間地点のお休み石で小休止してから更に深刻な急坂を登り込んでいきます。高度に比例してガスの濃度も高まっていきます。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_061

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_063

岩場も現れ始めた深刻な急坂では同行者M子に疲弊が見られる為、M男が先導してペースメーカーになって登り込んでいきます。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_065

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_069

登山道は渋川市が材料を支給してボランティアの方々が整備・維持管理されています。やがて、数体の石仏が置かれている場所に出ます。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_071

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_068

石仏の辺りから赤城山方面の眺望が利くようですが・・・ガスガスで何も展望が得られません。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_076

赤城山方向の天に向かって同行者のM男が何やらパフォーマンスを繰り広げています。因みにM男は宗教家でも何でもありません。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_078

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_082

軽い岩場を乗り越えて山頂との距離を詰めていきます。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_085

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_086

アタックを仕掛けるタイミングに入ると、登山道脇にハイカーの忘れ物が吊り下げられています。見覚えのあるハイカーは是非、再来して引き取りに来てください。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_087

そしてガスガスの中、アタック成功です!展望が利いていませんが、山頂を極めた喜びに変わりがないことにしておきましょう。【深Qメンタル前向き方式】


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_090

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_092

山頂には三等三角点と展望盤が設置されています。展望が利いていれば、尾瀬方面、赤城山、谷川岳、苗場山、日光連山、筑波山、秩父連山などが見えるようです。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_101

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_103

コンパクトタイプの水沢山の山頂部もコンパクトで、あまり多くのハイカーが集結すると大変な状況に陥ることが想定されます。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_097

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_100

ガスガスの中、山頂では同行者たちとカップスターを美味しく頂きます。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_106

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_107

山頂で腹ごしらえした後は、忠実に来た道を戻ります。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_110

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_112

ここがまさにチャッチャカ下り発祥の地。チャッチャカ行きたい所ですが、今回不調のM子に併せて禁断のチャッチャカ歩行となります。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_114

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_119

お休み石を通過して、その後も継続的に標高を下げていきます。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_123

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_124

無事に水沢山登山口の杉林までメンバー全員下りてきました。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_128

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_129

そしてコンパクト山行完了のウーズマ・パワスポクラブのパフォーマンス?を決め込みます。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_136

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_140

水沢観音境内まで下りてきました。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_141

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_144

観光客で賑わっている境内を少々ふらつきながら、M男の気になる極秘スポットを案内されます。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_158

駐車場にお店を開いている珈琲屋でM子が珈琲ブレイク、すると洒落た絵柄の珈琲が出てきました。


Mizusawayama_hudoutaki_20131019_154

Mizusawayama_hudoutaki_20131019_153

駐車場から見える山頂部分は石仏が置いてあった場所だそうです。観光バスが増加してきた駐車場に無事に帰着し、第二弾のポイントに向かう準備を始めます。


■天候:曇り(山頂部ガスりで展望無)

■出会った人:確か20人ぐらい

■タイム:9:22~12:37【3時間15分、休憩等含】 

■形態:同行者2名【Oozma Power-Spo-Club M男、M子】 

■水分:1.5L(ペットボトル500ml:3本) 

■山域:榛名山前衛峰

■出発地点より駐車場までの片道距離:91Km 

■登頂日:2013年10月19日(土)

■その他:  

★チャッチャカ下り発祥の地「水沢山」は、コンパクトながらぎっしりとメニューが詰まった手堪えのある榛名山の前衛峰でした。渋川市周辺ハイカーのトレーニング山だと頷けました。大変素晴らしいトレーニング山が近場にあって羨ましい限りです。再来する機会があれば、是非天候の良い日に登って赤城山を眺めてみたいと思います。

ホームに戻る 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ