磐梯山(八方台登山口)

磐梯山 2013/10/13 深Qの日本百名山登頂シリーズ【Vol.41】 紅葉を求めて東北の名山にアタック【第一弾】!!

磐梯山(ばんだいさん) 1,819m 単純高低差625m

415

※画像は次に向かった二峰目から眺めた磐梯山(この時は晴れています)

前回、谷川連峰馬蹄形縦走時計廻り日帰りにおいてダメージを受けた右足首は日常生活では問題なく回復しておりました。しかしながら、仕事の忙しさから山に2週間入山できなかったので、山歩きでどの程度障害が出るのか?一抹の不安が残ります。

そこで、約11カ月ぶりに合流することになった和製ステイサム氏と供にリハビリ山行を兼ねて、東北の名山を主体とした深Q銘柄の更新山行の旅に出掛けることにしました。

まずはアタック第一弾に向かった先は、会津のシンボル「磐梯山」です。登山開始時点より上空の雲の流れが速く、高度を上げていくとガスの濃度も高まり、追い撃ちをかけて冷たい雨が容赦なく身体を冷やしていきます。仕上げに山頂アタックを仕掛けると耐風姿勢をとっても身体が吹き飛ばされそうなくらいの猛風に遭遇していきます。このまま地元埼玉県まで吹き飛ばされてみるか?と思わせるような激しい突風でした。

そして、遂に最後まで期待していた360度大展望のビギナーズラックを得られることができませんでした。奥秩父・八ヶ岳・南ア方面は快晴の予報でしたが、この地域は残念な天気でした・・・。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:八方台登山口駐車場(6:04)⇒中ノ湯跡(6:29-6:32)⇒弘法清水(7:33-7:36)⇒磐梯山(7:56-8:06)⇒弘法清水(8:24-8:30)⇒中ノ湯跡(9:23)⇒八方台登山口駐車場(9:42)

※歩行距離:8.7㎞ 行程タイム:3h38m(休憩等含)

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Bandaisanazumayama_20131013_001

Bandaisanazumayama_20131013_004

昨年の「碓氷峠 」編以来、約11カ月ぶりに合流する和製ステイサム氏を最寄り駅でピックアップして、白岡菖蒲IC~東北自動車道経由、磐越自動車道磐梯山SAで仮眠を少しとってから、磐梯河東ICで下車します。その後、無料開放の磐梯ゴールドラインを通過して八方台Pに到着します。到着時はまだ暗かったので再度仮眠体制に入ってから明るくなってから準備を始めます。駐車場には既に警備員が4人体制で駐車整理を開始していました。


Bandaisanazumayama_20131013_003

Bandaisanazumayama_20131013_007

駐車場内にあるトイレに立ち寄ってから登山口に向かいます。11カ月ぶりに登山体制に入るステイサム氏気合い充分です。実はこのステイサム氏、TOEIC940点という素晴らしい英語能力の持ち主、といいますか取り柄が英語ONLYです。そして苦手なものは注射です。そんなことはどうでもいいですね。


Bandaisanazumayama_20131013_008

Bandaisanazumayama_20131013_010

駐車場より車道を横断すれば八方台登山口があります。八方台はいくつかある磐梯山ルートで最も楽な行程のようです。私も谷川馬蹄形日帰りで右足首を痛めて以来の登山になりますので、丁度リハビリ登山にはいいコースでは?と思い磐梯山アタックを決断してみました。


Bandaisanazumayama_20131013_017

Bandaisanazumayama_20131013_021

ステイサム氏が活用するニューアイテムに、今回よりモンベル製のハイドレーションシステムを導入して、登山開始前より何度もオペレーションを試しています。曇りのち晴れの予報ですが、空模様は雲の流れが速く終始ガスり気味の天候に思えました。


Bandaisanazumayama_20131013_027

Bandaisanazumayama_20131013_033

磐梯山の紅葉は少し早すぎたのか、それとも異常気象の影響でバランスが悪いだけの紅葉になっているのかは定かではありませんが、サプライズを受けるような紅葉は見当たりません。


Bandaisanazumayama_20131013_034

Bandaisanazumayama_20131013_035

やがて硫黄臭漂う場所に近づきます。


Bandaisanazumayama_20131013_037

Bandaisanazumayama_20131013_040

中ノ湯跡に到達です。ここにはかつて旅館であった崩壊気味の建屋が残ります。


Bandaisanazumayama_20131013_042

Bandaisanazumayama_20131013_051

旅館の建屋にアプローチしながら展望を期待できない山頂方向を見上げてみます。完全にガスに覆い尽くされています。


Bandaisanazumayama_20131013_046

Bandaisanazumayama_20131013_050

別に廃墟マニアではないので敢えて中に突入など致しません。かつては賑わっていた旅館もその面影は今は感じられません。私が小学校1年生の時に家族で福島旅行にきたことを思い出します。僅かな記憶ですが、どの山かはわかりませんが爆裂火口を見て衝撃を覚えたことがあります。山に登った記憶がありませんので車で行ける場所だと思われます。当時はこの旅館は全盛期だったのでしょうかね。


Bandaisanazumayama_20131013_044

Bandaisanazumayama_20131013_055

一通り、中ノ湯跡周辺を見物してから弘法清水に向かいます。


Bandaisanazumayama_20131013_060

Bandaisanazumayama_20131013_063

適度な紅葉を観賞しながら、斜めった滑り易い木道を歩いていきます。


Bandaisanazumayama_20131013_064

Bandaisanazumayama_20131013_071

裏磐梯登山口ルートと合流し、その後は徐々に高度を稼ぎにいきます。


Bandaisanazumayama_20131013_074

Bandaisanazumayama_20131013_075

本来なら展望の得られる地点のようですが、著しくガスが流れて視界不良状態です。通常5枚~8枚を着込むステイサムと体温調整を小休止がてらしていきます。この時私は3枚⇒2枚に変更です。ステイサムは6枚⇒5枚あまり変化のない調整に思えます。


Bandaisanazumayama_20131013_078

Bandaisanazumayama_20131013_082

その後巻きながら登山道を進んでいくと雨が降り出します。高度に比例してガスの濃度も高まり、風の強さも増していきます。既に山頂の展望は諦めており、ピークハントだけ考えての無心登山になっていきます。


Bandaisanazumayama_20131013_090

Bandaisanazumayama_20131013_093

鐘の前に出るとそこが弘法清水でした。猪苗代、渋谷、川上登山口各方面との合流地点でもあります。


Bandaisanazumayama_20131013_094

弘法清水には2軒の売店営業の山小屋があります。まだ早い時間なので営業はしておりませんね。それとも悪天候で休業?


Bandaisanazumayama_20131013_098

Bandaisanazumayama_20131013_099

岡部小屋前には湧水が得られる水場があります。「四合目弘法清水」と石碑に刻まれています。因みに、磐梯山山頂は五合目と数えます。頂上が五合目という理由には、富士山のおよそ半分の標高だからといった説や火山活動の大爆発で五合目より上が吹き飛んで無くなったといった説があるようです。


Bandaisanazumayama_20131013_102

Bandaisanazumayama_20131013_103

視界が開ける弘法清水小屋前では、ガス以外何も見えません。猪苗代湖でも見れるのだらうか。完全にビキナーズラックを喪失させられました。何かが見えるはずだが何が見えるのかすらわからない。リベンジと言っても遠方の為、簡単には再来できません。怒りの山頂アタックモードにシフトせざるをえません。


Bandaisanazumayama_20131013_107

Bandaisanazumayama_20131013_110

そして急登岩ゴロ地帯を怒りながら登り込んでいきます。ここがルートの中での核心部でしょうか。


Bandaisanazumayama_20131013_113

Bandaisanazumayama_20131013_116

視界不良だけならともかく、雨に加え猛烈な突風が吹き付け身体を芯から冷やしていきます。


Bandaisanazumayama_20131013_117

Bandaisanazumayama_20131013_120

寒さに弱いステイサムもこの悪天には厳しい表情でつらさを表現していきます。山頂から下りてきた若手二人組ハイカーに、山頂で吹き飛ばされそうになったから気を付けて下さいとアドバイスされます。


Bandaisanazumayama_20131013_121

Bandaisanazumayama_20131013_124

山頂付近にもコンパクトな岡部小屋がありました。側には山頂標識を確認していきます。


Bandaisanazumayama_20131013_128

Bandaisanazumayama_20131013_134

本当のピークは目の前の小高い場所にあるようです。猛風で身体が揺さぶられながら祠に向けてアタックを仕掛けにいきます。


Bandaisanazumayama_20131013_131

Bandaisanazumayama_20131013_135

猛烈な強風に耐えることができず、即座に撤収です。周囲のハイカーも速やかに同じ行動をとっていきます。磐梯山頂はまさしくデスゾーンと化していました。


Bandaisanazumayama_20131013_140

Bandaisanazumayama_20131013_141

岡部小屋前でワンクッション置いてから下山に入ります。


Bandaisanazumayama_20131013_144

Bandaisanazumayama_20131013_146

痛めていた右足首に特に違和感がなかったので、まずはチャッチャカ滑らないように弘法清水まで下っていきます。あまり右足首に爆弾を抱えていると公開してしまうと、普段から考え方の相反するハイカーに出くわした時、アリキックで右足首を攻められたらこりゃ~アウトですな。


Bandaisanazumayama_20131013_153

Bandaisanazumayama_20131013_154

営業していた両小屋を外側から再確認していきます。


Bandaisanazumayama_20131013_161

Bandaisanazumayama_20131013_162

その後樹林帯下りでは多くのハイカーが登り込んできて、道の譲り合いで暫し交差していきます。


Bandaisanazumayama_20131013_165

Bandaisanazumayama_20131013_166

更に高度を下げていくと複数のパーティと交差していきます。交差時間にやや難儀していきますが、互いに怪我の無いように冷静な譲り合いが必要となります。


Bandaisanazumayama_20131013_168

Bandaisanazumayama_20131013_175

行きよりもガス濃度が濃くなっている中ノ湯跡を通過して、穏かに八方台登山口に戻ります。


Bandaisanazumayama_20131013_178

Bandaisanazumayama_20131013_180

駐車場に帰着すると車道に溢れんばかりの大量の路上駐車が連なっていました。さて時刻はまだ10時前、車中小休止してから次の名山に向かうことにします。


■天候:曇り、山頂方面雨&猛風

■出会った人:200-250人ぐらい 

■タイム:6:04~9:42【3時間38分、休憩等含】 

■形態:同行者1名【和製ステイサム氏】 

■水分:2.0L(ペットボトル500ml:4本) 

■山域:福島県

■深Q百名山:第41座目 

■出発地点より駐車場までの片道距離:265Km 

■登頂日:2013年10月13日(日)

■その他:  

★楽しみにしていた東北の名山アタックシリーズ第一弾より、いきなりの悪天候に見舞われます。これならば、素直に三連休晴れマークの八ヶ岳、奥秩父、南ア方面に出かければよかったと後悔しても既に時遅し。リハビリを兼ねての登頂だったので1峰目としては適度な登山ルートを選択してみました。リベンジは何時の日か違うルートで・・・。爆裂火口が見てみたかったです。

★同行者のウォーキングディクショナリーこと、和製ステイサム氏もブランクの割にはまずまずの登山を展開してくれたように思えます。しかし、次に向かった第二峰でアクシデントが発生することになります。

★磐梯山は宝の山~と感じる場面が正直ありませんでしたが、晴天のイメージを想像するときっとそうなるだらうと無理矢理納得してから次に向かうことにしました。

ホームに戻る 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 2012年山行の軌跡 2012年拷問登山ランキング 2013年上半期山行の軌跡 2013年山行の軌跡 2013年度拷問登山ランキング 2014年山行の軌跡 ポンポン山/二ノ宮山 三頭山(奥多摩三山) 両神山(八丁峠コース) 両神山(日向大谷口コース) 丸山 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) 乾徳山 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 二子山(小鹿野町) 二子山(横瀬町) 仙丈ヶ岳【南アルプス】 伊豆ヶ岳 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) 八ヶ岳(赤岳) 剱岳【早月尾根】 北岳【南アルプス】 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) 吾妻山(桐生市) 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) 唐松岳(北アルプス) 四阿屋山 四阿山/根子岳 国師ヶ岳/北奥千丈岳 城峯山 大小山~大坊山馬蹄形縦走 大岳山/御岳山 大持山/小持山/武甲山 大菩薩嶺 大霧山 天城山 天狗岳(北八ヶ岳) 奥多摩 むかし道 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 奥武蔵馬蹄形縦走 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) 妙義山(白雲山) 妙義山(金洞山) 妙高山(笹ヶ峰登山口) 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 子ノ権現~伊豆ヶ岳 安達太良山 宝登山 山行予告編 川苔山・本仁田山 巻機山 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) 平ヶ岳 平標山/仙ノ倉山 御前山 御岳山/大岳山/鋸山 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 日光白根山 日和田山 日和田山・物見山 日和田山~スカリ山~ユガテ 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 明らかな番外編 月居山 月山 棒ノ折山 武尊山 武甲山/大持山/小持山縦走 比企三山馬蹄形縦走 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 水沢山(榛名山系) 浅間山 火打山 熊倉山 燧岳(大清水) 瑞牆山 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) 甲武信ヶ岳 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 男体山 番外編「堂平山」 登山前に発生したハプニング 登山纏め 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 白馬三山【北アルプス】 皇海山/庚申山/鋸山 破風山(皆野町) 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) 磐梯山(八方台登山口) 私的な日本百名山 秩父御岳山 笠山・堂平山 筑波山 筑波山 番外編 箱根駒ケ岳 簑山(美の山) 編笠山/権現岳(八ヶ岳) 美ヶ原 至仏山(尾瀬) 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) 苗場山 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) 茅ヶ岳/金ヶ岳 草津白根山 荒船山 蓼科山(大河原峠登山口) 蕨山・有間山 蛭ヶ岳(青根ピストン) 街歩き 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 裏妙義 観音山(秩父) 谷川岳(巖剛新道) 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) 谷川岳(西黒尾根) 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 谷川連峰半馬蹄形縦走 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) 赤城山(地蔵岳) 赤城山(長七郎山) 赤城山(黒檜山) 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) 越後(魚沼)駒ケ岳 適当なお知らせ 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) 金峰山 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 鐘撞堂山 陣見山 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) 雁坂嶺/雁坂峠 雲取山(三峰コース) 雲取山(鴨沢コース) 雲取山/七ツ石山 雲取山(積雪期三峰ルート) 震災 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) 霧ヶ峰(車山) 駅からハイキング 高妻山 高尾山 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) 高崎自然歩道 高水三山 鳳凰三山 鳳凰三山【青木鉱泉】 鷹ノ巣山(峰谷登山口) 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) 鼻曲山

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ