平ヶ岳

平ヶ岳 2013/8/15 深Qの日本百名山登頂シリーズ【Vol.38】 これぞ本格的ジャパニーズ・テーブルマウンテンだ!

平ヶ岳(ひらがたけ)2,141m 単純高低差1,301m

Hiragatake_20130815_272
平ヶ岳は高層湿原を有する日本を代表する本格的テーブルマウンテンで、利根源流地域の最高峰でもあります。深田久弥氏は著書「日本百名山」で百名山を志した最初から念頭にあった山として、長く平らな頂上はほとんど水平で甚だ個性的であると紹介されています。 

私的には以前より平ヶ岳登頂に非常に強い興味を抱いていて、この度アプローチの悪さを覚悟して、登頂計画の実行を決断してみました。

自宅より登山口までの距離を計測してみると、なんと!福島廻りで255㎞、新潟廻りでもほとんど変わらずの距離で、北アルプスに行くよりも距離があることに驚きます。強いて言えば、新潟廻りの奥只見湖周辺の国道(下道)で運転に難儀するものと思われ、栃木、福島の尾瀬エリアを経由して福島廻りで登山口に向かうことにしました。 

当日は予定していた時刻よりもスタートが遅れてしまい、その影響で早朝から強い陽射を避けることができない痩せ尾根でたっぷりと日光浴しながら、尋常ではないほどの汗を放水状態で噴き出していきます。遂には熱中症で死滅するかのような登り込みでスタミナを思いっ切り奪われていきます。

その後、小刻みなアップダウンはあるものの木道のある平坦な道で息を吹き返していきます。調子が上向いた所で再び急登が待ち構えており、今シーズン最大の踏ん張りを効かせて強烈な登り込みを消化していきます。すると疲弊仕切った身体で目の前の光景を伺うとなんと!そこは池塘が点在するテーブルマウンテンの世界が拡がっていました・・・。

非常にロングで過酷な登山ルートの大まかな流れは、急登⇒フラット⇒急登⇒フラットと単純明快なコースで形成されています。それに小刻みなアップダウンも多少加味されています。単純明快コースではありますが、健脚の王道ルートに匹敵するクラスです。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:平ヶ岳登山口(5:18)⇒平ヶ岳登山道標識(5:32)⇒前坂⇒下台倉山(7:24)⇒台倉山(8:14)⇒台倉清水(8:25)⇒白沢清水(9:01)⇒池ノ岳【姫ノ池】(10:11)⇒平ヶ岳(10:38-11:32)⇒玉子石分岐(11:43)⇒玉子石(12:12-12:20)⇒池ノ岳【姫ノ池】(12:40)⇒白沢清水(13:43)⇒台倉清水(14:12-14:22)⇒台倉山(14:26)⇒下台倉山(15:09)⇒平ヶ岳登山口駐車場(16:23)

※歩行距離:24.8㎞(玉子石に立ち寄ったので往復約2㎞が加算されています。)

 行程タイム:11h05m(休憩その他含)


Hiragatake_20130815_005

Hiragatake_20130815_008

前夜自宅を22時に出発し、白岡菖蒲IC⇒途中東北自動車道で帰省渋滞に遭いSAで仮眠⇒那須塩原ICで下車します。その後の下道が著しく長く120キロ以上はあったかと思います。AM2時半国道352号線沿いの「鷹ノ巣」に到着し、速やかに仮眠体制に入ります。駐車場は舗装スペース未舗装スペース合わせて30台ぐらい置けそうです。5時前に起床して登山準備に掛かります。


Hiragatake_20130815_010

Hiragatake_20130815_014

駐車場にはバイオトイレ(男女兼用)が併設されております。まずはロングな行程が想定されますので気合いを入れて5:18登山開始です!


Hiragatake_20130815_021

Hiragatake_20130815_026

痩せ尾根入口までは暫く樹林帯の中を歩き橋を渡ります。


Hiragatake_20130815_030_2

Hiragatake_20130815_035

平ヶ岳登山道の表示より山頂まで10.5㎞のロングな行程が始まります。


Hiragatake_20130815_049

Hiragatake_20130815_050

痩せ尾根に入る途中で「この先に蜂ノ巣があります。通過の際は鈴などはずし、静かに歩いてください。」の看板があります。確かに熊よりも蜂の方がリスクが高いだらうな・・・。

ここで緊急登山速報が私の脳内で流れます。「低山登山家(別に登山で糧を得ている訳ではありません)のおーまい・なるお氏が平ヶ岳登山中に熊鈴で蜂ノ巣に刺激を与えてしまい、逆上した蜂の大群に襲われ急死!」・・・ヤバイな、焦って熊鈴を即座に取り外して歩いていきます。


Hiragatake_20130815_054

Hiragatake_20130815_057

痩せ尾根の稜線が視界に入ると、左手側に「燧ヶ岳」の展望が利き始めていきます。


Hiragatake_20130815_068

Hiragatake_20130815_066

樹林帯を完全に抜け切った痩せ尾根に立つと背後より陽射が上ってきます。標高はまだ1,000mちょっとの低い位置で無風状態、時刻も6時台にも拘わらず非常に暑いです。この先の熱中登山が想定されていきます。


Hiragatake_20130815_077

Hiragatake_20130815_080

痩せ尾根はストロー級のように痩せており、切れ落ちた斜面正面には燧ヶ岳が、眼下には蟻地獄が待ち構えております。


Hiragatake_20130815_081

Hiragatake_20130815_085

痩せ尾根を登り込んでいくにつれて熱中化が促進されていき、本日大量に持参してきた必殺!塩飴で失われた塩分を補給していきます。


Hiragatake_20130815_089

Hiragatake_20130815_090

ロープ箇所も現れたりして、小刻みなピークをひと山づつクリアしていきます。とにかく大量に流れ落ちる汗の量に自分自身驚愕していきます。


Hiragatake_20130815_094

Hiragatake_20130815_097

このようにして遮るものが一切ない痩せ尾根の状況下、登り込んで発汗してきた暑さも加わり、動きが非常にスローリーになっていきます。やがて、少し登ると休憩の繰り返しが始まります。しかし、かなりのスローペースになったにも関わらず後続ハイカーに追い越されません。もしかして皆さんバテている?


Hiragatake_20130815_110

Hiragatake_20130815_117

恐ろしいくらいに灼熱の攻撃を受けていると、再び緊急登山速報が脳内で流れ始めます。「平ヶ岳登頂中の低山登山家おーまい・なるお氏が痩せ尾根を登り込み中、灼熱の暑さにより熱中症に掛かって急死!」・・・・

このまま無理して継続していくと有り得るだらうな。気持ち悪くなってリバースしたら完全撤退だな。二年前、「筑波山」で熱中登山を経験したトラウマが甦ってきました。あの時は記憶喪失にかかり、下山時は韓国系のオヤジに確か絡まれたっけなぁ・・・。

更に撤退と言えば、登山経験上過去に1度だけ95%本気で撤退を考えた登山がありました。約1年ちょっと前の両脚痙攣ダブルブッキング事件の「鳳凰三山」が回想されます。あれはほんと絶体絶命にまで追い込まれた山行であった。あの時も何とか乗り切ったことだし・・・リバースの有無で撤退材料の判断としていこう。


Hiragatake_20130815_126

Hiragatake_20130815_132

その後も強烈な急登と対峙しながら、瀕死状態でふらつきながら痩せ尾根をクリアしてピークに辿り着きます。まるでパンチドランカー状態になっていました。


Hiragatake_20130815_133

Hiragatake_20130815_134

このピークは下台倉山(1,604m)で、登山口より高低差約700m熱中登山で稼いできました。南側の燧ヶ岳は既に霞んで見えていました。


Hiragatake_20130815_137

Hiragatake_20130815_140

その後は極端に言えばフラットな尾根道を軽くアップダウンしながら突き進んでいきます。進行方向右手には平ヶ岳と池ノ岳が確認できます。まだまだ遥か遠方に位置しています。


Hiragatake_20130815_145

Hiragatake_20130815_147

尾根・樹林帯・岩と変化に富んだ登山道を歩いていきます。苦しんだ痩せ尾根を振り返ります。


Hiragatake_20130815_163

Hiragatake_20130815_166

相変わらず暑さに変わりはありませんが、登り込みが軽減された為、身体は回復傾向となります。従ってリバースは回避されたようです。

また、それとは別に新たな問題が発生します。虻のストーカー攻撃が勃発します。基本1匹が頭の周辺をグルグル廻っているのですが、追い払うと再び別の虻が単独で同様なストーカー攻撃を仕掛けてきます。虻ナイというより、非常にウザイです。


Hiragatake_20130815_168

Hiragatake_20130815_169

台倉山(1,695m)に到達です。


Hiragatake_20130815_170

Hiragatake_20130815_179

台倉山からの眺望です。東北最高峰の燧ヶ岳、そして目指す円形の平ヶ岳


Hiragatake_20130815_180

Hiragatake_20130815_181

台倉山から先に木道が顕著に現れ、歩きやすい登山道になっていきます。台倉清水では歩いて5分ほど先に水場があるようです。私のザックの中身はいつものように飲み放題状態にしてあるので水場は不要です。


Hiragatake_20130815_190

Hiragatake_20130815_192

木道を進みながら正面に池ノ岳を視界に捉えます。


Hiragatake_20130815_194

Hiragatake_20130815_198

白沢清水では湧水がありますが、浮遊物があるのであまりお勧めできません。台倉清水の水場の方が安心できると思います。


Hiragatake_20130815_209

Hiragatake_20130815_229

その先も暫くフラットな道が続きますが、やがて池ノ岳への急登地帯に入っていきます。


Hiragatake_20130815_232

Hiragatake_20130815_235

丸い平ヶ岳山頂部を左方向に見ながら急登を登り込んでいきます。何度か交差していたベテラン風ハイカーに視界の利く山頂名の確認を受けます。初めてのようですが私も初めてなんですが、なぜか全て回答していました。


Hiragatake_20130815_239

Hiragatake_20130815_243

両脇の稜線を眺めながら高度を稼ぎにいきます。


Hiragatake_20130815_246

Hiragatake_20130815_254

岩場を乗り越えてニセピークに到達です。南側の視界が開けています。


Hiragatake_20130815_257

後にアタックを仕掛ける「平ヶ岳」


Hiragatake_20130815_251

Hiragatake_20130815_258

遠方に見える至仏山、眼下には小さい雪渓が見えています。


Hiragatake_20130815_263

Hiragatake_20130815_266

木道を少し歩いていくと、池塘が拡がる世界が私の輝く瞳に飛び込んでいきます。


Hiragatake_20130815_275

Hiragatake_20130815_269

姫ノ池です。池塘が点在する光景はまさに天上の楽園といったイメージです。


Hiragatake_20130815_268

Hiragatake_20130815_279

湿原を立入可能な範囲から見学していきます。


Hiragatake_20130815_282

久しぶりに見事な池塘群を見て感動に浸ります。ここまで到達するのに熱中登山の拷問を受けてきただけあって、ただの感動ではありません。


Hiragatake_20130815_285

Hiragatake_20130815_289

平ヶ岳に向かいます。玉子石との分岐がありますが、山頂アタックを優先に木道を進んでいきます。


Hiragatake_20130815_297

Hiragatake_20130815_298

少し先にも玉子石との分岐がありますので、平ヶ岳からの戻り道で利用させていただくとしましょう。


Hiragatake_20130815_300

Hiragatake_20130815_306

山頂方向を穏かに登り込んでいくと山頂湿原に出てきました。


Hiragatake_20130815_311

Hiragatake_20130815_313

キンコウカを観賞していよいよ山頂アタックに向かいます。


Hiragatake_20130815_316

Hiragatake_20130815_317

山頂部と思われる場所に到達します。三角点は奥にあるようです。


Hiragatake_20130815_318

Hiragatake_20130815_320

表示どおり木道を奥まで進んでいくと、平ヶ岳山頂標識と三角点があります。山頂標識と一緒に自分撮影をしたいが誰も周囲におりません。え?おーまいの画像なんていらない、山ガールを見せろだって?悪いっすね、ここまで非常に厳しいルートだったもんで山ガールは今回一人も出遭っていません。そんなに山ガール見たけりゃ、今度高尾山山ガールレポ企画の案件でも立てて、1号路から6号路まで1日中歩きつくして掲載許可撮りまくってきますよ。何だか路線が硬派なおーまいからイメージ崩されちゃいそうだな。(汗)


Hiragatake_20130815_325

Hiragatake_20130815_326

湿原から燧ヶ岳を中心に尾瀬方面を一望していきます。日光方面は霞んで視界不良です。


Hiragatake_20130815_330

Hiragatake_20130815_335

最高点と思われる場所はまだ先にあるようなので、木道が突きあたるまで歩いてみることにします。


Hiragatake_20130815_338

Hiragatake_20130815_339

突き当たりに辿り着くと、テーブルマウンテンについての看板があります。平ヶ岳は太古の昔、大平源の一部だったという説が記載されています。


Hiragatake_20130815_340

Hiragatake_20130815_345

ここにも池塘があります。広大なテーブルマウンテンに一輪のニッコウキスゲが元気良く咲いています。


Hiragatake_20130815_354

Hiragatake_20130815_351

最高点と思われる場所に向けてチャルメラしょうゆ味を美味しくいただきます!・・・実際は山頂も暑かったのでチャルメラは失敗、美味しく頂けませんでした。(汗)正直、ガスセットは重いだけで余計な荷物になりました。


Hiragatake_20130815_355

Hiragatake_20130815_357

北側の池塘の先に中ノ岳が見えています。右側には薄っすらと越後駒ケ岳が確認できます。


Hiragatake_20130815_362

Hiragatake_20130815_361

他方南側の尾瀬ヶ原方面に目を向けると至仏山、笠ヶ岳が確認できます。


Hiragatake_20130815_366

Hiragatake_20130815_368

再び三角点のある場所に戻ります。登り込み時の拷問的痩せ尾根と対極的に感じる非常に気持ちの良い山頂湿原です。


Hiragatake_20130815_375

三角点に戻るとやっぱ誰もいません。これでは撮り合いができませんね。諦めます。


Hiragatake_20130815_382

Hiragatake_20130815_383

燧ヶ岳、池ノ岳と眺めながら山頂を下ります。


Hiragatake_20130815_388

Hiragatake_20130815_389

山頂から近い分岐点より玉子石(1.0㎞の表示)に向かいます。


Hiragatake_20130815_405

Hiragatake_20130815_396

途中水場がありました。水場看板には「あなたが来るまでは美しかったと言われないように」の記載があります。ここの水場は信頼できる新鮮な水ですねぇ~。「おーまいが来てから更に美しくなった」と言われてみたいですねぇ~。(笑)


Hiragatake_20130815_402

Hiragatake_20130815_398

水の質が良いのかコバイケイソウが勢いよく咲いています。


Hiragatake_20130815_407

Hiragatake_20130815_409

ハクサンフウロ、モミジカラマツ


Hiragatake_20130815_410

Hiragatake_20130815_414

その先もコバイケイソウの群生が広がります。道標は酷く傾いており、豪雪時の雪の重みで変型したものと思われます。


Hiragatake_20130815_415

Hiragatake_20130815_422

快適な木道歩きから平ヶ岳を横から眺望すると、本格的テーブルマウンテンだということが認識できます。


Hiragatake_20130815_425

Hiragatake_20130815_431

周囲に豊富な高山植物を抱える池塘を見ながら玉子石にアプローチしていきます。


Hiragatake_20130815_438

Hiragatake_20130815_440

テーブルマウンテンそして、越後三山の方向を確認します。深田久弥氏は同じくテーブルマウンテンの「苗場山」を著書で平ヶ岳と比較して山頂が傾いていると評価を下げています。その点平ヶ岳の評価は、「長く平らな頂上はほとんど水平で甚だ個性的である」と表現されています。


Hiragatake_20130815_446

Hiragatake_20130815_443

玉子石0.2㎞地点になんと!反則の宮様ルートがありました。通称、皇太子ルートと呼ばれるルートで銀山平から宿泊者のみが送迎で利用できる平ヶ岳のショートカットルートです。このルートは私的にあまり認めたくありませんね。やはり厳しい鷹ノ巣ルートから登頂することに平ヶ岳の価値があると思います。


Hiragatake_20130815_449

Hiragatake_20130815_452

いよいよ玉子石の姿を拝む機会が訪れます。表示板には「風化して危険ですから近よらないでください」の文字があります。


Hiragatake_20130815_454

高台に出ると玉子石が豪快に鎮座する姿を確認します。玉子石が池塘群を見守っているというような光景に見えますね。


Hiragatake_20130815_462

Hiragatake_20130815_464

ここで無謀にも自己責任で玉子石に接近してみます。風化した首元がヤバイってことですかね。首元でも折っかいたら自己責任だけでは済まされませんね。


Hiragatake_20130815_465

Hiragatake_20130815_466

更に玉子石がどんな光景を見ているのか、正面に立って玉子石の目線モードで池塘を眺めていきます。

すると!私の脳内で再び緊急登山速報が流れます。「低山登山家のおーまい・なるお氏が平ヶ岳アタック成功後、玉子石に立ち寄り風化した玉子石が突然崩れて下敷きとなり圧死!」・・・危険すぎる・・・。油断できんな。すぐに玉子石前から立ち去ります。


Hiragatake_20130815_468

Hiragatake_20130815_479

高台に戻り越後の山々、巻機山方面を眺めて玉子石を後にします。


Hiragatake_20130815_496

Hiragatake_20130815_498

オヤマリンドウ、池塘を通過して姫ノ池に戻ります。


Hiragatake_20130815_500

Hiragatake_20130815_501

平ヶ岳を振り返ると上空に嫌な雲が出始めてきました。下山まで持ってくれるだらうか。


Hiragatake_20130815_503

Hiragatake_20130815_505

先程の水場付近にはテントを張るハイカーがいます。姫ノ池に戻る方向にも僅かですがテン場がありました。


Hiragatake_20130815_512

Hiragatake_20130815_525

姫ノ池に戻りました。道中この場所が一番お気に入りになりました。


Hiragatake_20130815_517

Hiragatake_20130815_519

平ヶ岳は何度見ても美しい。熱中登山で得られたご褒美は、生涯忘れられない良い思い出となりました。


Hiragatake2_20130815_004

Hiragatake_20130815_523

山頂湿原に満足できましたので、至仏山を捉えてロングな行程で鷹ノ巣に戻ることに致しましょう。


Hiragatake2_20130815_008

Hiragatake2_20130815_012

下山する方向の尾根を見て気持ちを引き締めていると、平ヶ岳山頂方向から突如ヘリのエンジン音が聞こえてきます。そしてこちらに向かってきました。


Hiragatake2_20130815_017

Hiragatake2_20130815_018

何度か私の脳内で流れていた緊急登山速報で駆けつけてきたのか?なぜか童心に返り無性に手を振りたくなってきました。抑えられない気持ちを押し殺して、何とか手を上げないように気をつけていきます。


Hiragatake2_20130815_020

Hiragatake2_20130815_035

私の頭上でヘリは旋回していき、尾根の遥か先でホバリングを始めました。下山する方向ではありますが距離がかなりあるので確認できません。


Hiragatake2_20130815_036

Hiragatake2_20130815_037

この時サブカメラの望遠で撮影していたので、肉眼では何をしているのかは判断できませんでした。後から画像で確認すると、救助隊と思われる隊員がロープで下りていました。


Hiragatake2_20130815_040

Hiragatake2_20130815_038

その後何を引き上げたのか?はわかりませんでした。特に平ヶ岳での遭難のニュースも確認できませんでした。


Hiragatake2_20130815_044

Hiragatake2_20130815_050

ヘリでホバリングしていたと思われる場所を通過していきますが、特に異変を感じることはありませんでした。台倉清水で本日テン泊するハイカーと少々話込みます。ここまでの登り込みでかなりバテた様子で、実際午前中よりも気温が上昇しています。下山も再び熱中登山との格闘ですね。


Hiragatake2_20130815_054

Hiragatake2_20130815_055

稜線を歩いていくと何となく周囲の天候の急変を感じとりながら台倉山を通過していきます。


Hiragatake2_20130815_052

Hiragatake2_20130815_063

燧ヶ岳の上空には強烈な爆弾入道雲が形成されています。ヘバっている身体で無理矢理ピッチを加速させていきます。


Hiragatake2_20130815_064

Hiragatake2_20130815_066

平ヶ岳上空も妖しくなってきました。時より吹きつけてくる風に冷風を感じるようになってきました。遠方では僅かな雷鳴が聞こえ始めていました。


Hiragatake2_20130815_073

Hiragatake2_20130815_075

痩せ尾根を視界に捉え突き進みます。途中、バテ気味のハイカーを何人か遠慮なく追い越していきます。


Hiragatake2_20130815_078

Hiragatake2_20130815_083

下台倉山に到達し痩せ尾根最上部に立ちます。鷹ノ巣までは長すぎる。ここでふと、笑うセールスマンに出てくる喪黒福造の行きつけのお店が確か「鷹の巣」であったことをどうでもいいことですが思い出します。


Hiragatake2_20130815_084

Hiragatake2_20130815_085

下山方向の痩せ尾根、そして迫りくる入道雲


Hiragatake2_20130815_086

Hiragatake2_20130815_090

そうこうしている間に雷鳴が近場で鳴り始めてきました。この音の下界感覚ではあと10分~15分で来る勢いに感じます。必死になって下っていきます。しかし痩せ尾根は滑り易く、ペースを上げると危険地帯が多々ありますので慎重に下ります。


Hiragatake2_20130815_091

Hiragatake2_20130815_092

うわぁ~、やべぇ~なぁ。迫りくる暗黒な入道雲、近づく雷鳴に怯えていきます。ザックの中にある充電器のパッキング、ザックカバー、レイン等々用意しているうちに来ちゃいそうだ。出来るだけ標高を下げていく作戦に出るか。

ここでまたまた緊急登山速報が脳内で流れ始めます。「低山登山家のおーまい・なるお氏が平ヶ岳下山中、痩せ尾根で落雷に打たれ感電死!」・・・これが一番現実的だ。焦る気持ちを押し殺し、無理矢理冷静になります。


Hiragatake2_20130815_096

Hiragatake2_20130815_097

痩せ尾根に何人かハイカーがおりましたが皆さん焦ったと思われます。脚部の痛みなど気にせず、雷鳴だけが上空で響き渡る中、最大級の気合いで樹林帯に何とか逃げ込みます。


Hiragatake2_20130815_102

Hiragatake2_20130815_103

何とか雷鳴のみで済み周囲の直撃は避けられたようです。安心しながら河原で顔を思いっ切り洗い流していきます。


Hiragatake2_20130815_107

Hiragatake2_20130815_109

無事に鷹ノ巣駐車場に帰着することができました。非常にヘビーでパンチのある行程に大汗ものでした。一体、登山速報で何回死にかけたことだらうか。


Hiragatake2_20130815_110

Hiragatake2_20130815_111

352号線を福島県側に走っていき車道より燧ヶ岳を眺めていきます。その先の檜枝岐村では嵐の跡が見られたので、落雷の直撃とゲリラ豪雨があった模様です。


Hiragatake2_20130815_122

Hiragatake2_20130815_125

本日の癒し温泉は、鷹ノ巣より25㎞離れた檜枝岐村にある「駒の湯 」に立ち寄ります。受付のスタッフの方と少々話する機会がありました。燧の湯も同じ系列ですが源泉は別とのことです。燧の湯は燧ヶ岳の登山客が多く、駒の湯は会津駒ケ岳登山客が来るとのこと。平ヶ岳では10年ぐらい前はほとんど虫がいなかったそうです。近年の温暖化現象で虻など無視できない害虫が増加してきたようです。熱中登山を体験して納得です。

月が出るまでゆっくりと身体を癒していきました。大変ロングな行程をロングなレポで最後まで拝読していただきありがとうございます。(*^。^*)


■天候:晴れ(下山時雷鳴響き渡る)

■出会った人:20人ぐらい 

■タイム:5:18~16:23【11時間5分、休憩等含】 

■形態:単独行 

■水分:5.0L(ペットボトル500ml:10本) 

■山域:越後 

■深Q百名山:第38座目 

■出発地点より駐車場までの片道距離:255Km 

■その他:  

★道中とにかく暑さに苦しめられました。痩せ尾根は太陽を背に登っていきますので夏場は本格的拷問登山を強いられます。山頂の穏やかさとは対照的に登山道は激しい急登が待ち構えています。

★非常にアプローチの悪い平ヶ岳を無事登頂できて大変満足しております。谷川連峰や尾瀬から見る平ヶ岳を身近に感じながらも近くて遠い山のイメージを常に抱いておりました。新潟廻り福島廻りどちらも片道250キロ超えは、著しく運転に疲弊してしまう距離です。しかも下道が半分以上の福島側ですが、352号線を新潟側ほどは走らないので安心はできました。お盆休みの混雑と重なり、行きも帰りもPAで仮眠をしていきました。結果、運転を含めた本当の登山に関する行程は、前夜22時出発~1日空けて午前1時30分自宅着でしたので、27時間半の行程でした。

★テーブルマウンテンの山頂湿原は苗場山とはまた違った雰囲気の湿原を楽しむことができました。しかし、虻が多過ぎた気がします。温暖化の影響ですかね。今回の暑さも10年前なら緩和されていたはず、今後もっと暑くなったら夏場は近寄れないってことでしょう。滑落事故や道迷いの遭難以上に熱中症の遭難事故が激増していきそうですね。

★風化の進んだ玉子石は見る価値ありと思います。しかしながら、玉子石まで往復するのに2キロありますので、余力があれば立ち寄ることをお勧め致します。

★1週間後、今までの拷問系歩荷登山の影響だらうか、仕事中に腰痛が発生します。次に控えていた早月尾根からの「剱岳」登頂計画を断念せざるを得ない状況となりました。甲斐駒黒戸尾根との比較を実体験でレポする予定が残念ですが暫く様子見となりました。今後も無理しない登山でレポを展開していくつもりです。宜しくお願いします。

ホームに戻る 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ