御岳山/大岳山/鋸山

御岳山/大岳山/鋸山 2013/5/2 御岳山/大岳山を利用して、コストカッターハイカーに徹する

御岳山929m/大岳山/1,267m/鋸山1,109m 単純高低差 917m

Odakesan_mitake_201305021_313
2013年GWも中盤に差し掛かり、後半に予定していた山行予算の一部を思わぬ所でくだらないことに浪費してしまいます。そこで、低額予算での山行活動且つ更なるコストカットが可能な山域を検討していきます。まず、自宅から高速・有料道路を使用しないで訪問可能な県外の山域として、奥多摩地域にターゲットを絞っていきます。

次にコストカッターハイカーに徹する絶好の山域があることを思い出します。以前利用した事のある御岳登山鉄道のケーブルカーを仕分け対象にして、御岳山・大岳山・鋸山を経由して奥多摩駅まで横断的に縦走する低額山行に決定付けしていきます。

当日、コストカッターに徹した私は御岳登山鉄道に対して、大胆不敵な仕分け作業を遂行していきます。しかしながら、仕分けした分の労務がそのまんま仕分け実行者の自分自身に跳ね返ってくることを思い知らされます。

従って、御岳山登山に対して、本来の体力消費削減トレッキングがプチ拷問トレッキングへと変貌していき、御岳山登山の拷問的極意を学ぶことになっていきます。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):御岳園地駐車場(6:25)⇒滝本駅(7:03)⇒御岳山・武蔵御岳神社(8:20-8:23)⇒天狗岩(8:47)⇒ロックガーデン⇒綾広の滝(9:12)⇒芥場峠(9:37)⇒大岳山荘(10:01)⇒大岳山(10:17-11:07)⇒鋸山(12:04)⇒登計峠(13:23)⇒愛宕山(13:29)⇒奥多摩駅(13:46)⇒【青梅線14:07分乗車】⇒御嶽駅⇒御岳園地駐車場

※歩行距離:19.1㎞ 行程タイム:7h21m(休憩含)


Odakesan_mitake_201305021_004

Odakesan_mitake_201305021_003

過去、高水三山周回コースで2度ほど利用させていただいた御岳園地無料駐車場に車をデポしていきます。トイレは24時間使用可能な水洗トイレです。


Odakesan_mitake_201305021_006

Odakesan_mitake_201305021_009

登山準備を整えまずは、駐車場裏手の山道から歩き始めます。


Odakesan_mitake_201305021_017

Odakesan_mitake_201305021_022

暫く進み車道に向かって軽い傾斜道を上がります。すると、本日仕分け対象になるケーブルカーの案内表示が出てきます。


Odakesan_mitake_201305021_023

Odakesan_mitake_201305021_027_2

赤い鳥居を潜り見上げると、ケーブルカー御嶽駅と周辺の土産屋が見えています。


Odakesan_mitake_201305021_028

Odakesan_mitake_201305021_034

車道を歩いていくと、前方に同じくコストカッターハイカー?が歩いています。仕分け対象にしているかは定かではありませんが、単に早朝のバスが無いからでしょうか。


Odakesan_mitake_201305021_037

Odakesan_mitake_201305021_045

勾配のある坂道で徐々に高度を稼いでいきます。滝本駅まであと500m地点です。


Odakesan_mitake_201305021_053

Odakesan_mitake_201305021_057

やがて、始発前の試運転をしているケーブルカーが視界に入ります。すぐそこ・・・の看板を確認して、思わず身体の線を軸にし垂直に両腕を振りかざし、過激に「コストカッターぁアアア!!」とガッツポーズです。別にヒグチカッターァア・・・ではありません。この駐車代1,000円のコストカットはデカぁ~い!と勝手な満足をしていきます。


Odakesan_mitake_201305021_065

Odakesan_mitake_201305021_069

滝本駅に廻り込んで、ケーブルカー料金を確認します。大人往復:1,090円、片道570円・・・・1,090円を見て再び両腕を垂直に振りかざし「コストカッターぁアアア!!!」と大声で・・・ではなく、心の中で叫んでいきます。この仕分け作業も大きなコストカットに貢献です。本日は民主党の蓮舫議員の一番じゃなきゃダメなんですか?的な厳しい仕分け作業モードになりそうです。


Odakesan_mitake_201305021_072

Odakesan_mitake_201305021_073

駐車場入口脇から車では擦れ違い困難な舗装道路を登っていきます。御岳山までの距離表示を見てゾォッ!としていきます。


Odakesan_mitake_201305021_081

Odakesan_mitake_201305021_084

今回の仕分け作業とは別に観光客は構いませんが、ハイカーであるならば1度はケーブルカーを利用せずに、下から御岳山を目指すことはある意味、その山の本質を知る上で必要な山行行為ではないかと考えます。

少し歩いて行くと、杉の木の幹の太さに圧巻していきます。それぞれ幹には番号が付されています。


Odakesan_mitake_201305021_086

Odakesan_mitake_201305021_087

何気に単調な登り込みと思いきや、いきなり「ろくろっ首」イベントの発生です。くねくね・・・うねうね・・・?


Odakesan_mitake_201305021_088

Odakesan_mitake_201305021_089

変形的なショート九十九折りを歩いて見下げると、確かに道がうねうね・くねくねと何だか気持ち悪りぃ~。


Odakesan_mitake_201305021_092

Odakesan_mitake_201305021_093

続いて「うまたてば」です。ここはその名の通り、馬を立てておく場所であったそうです。電車や車が無い時代には、荷物の運搬には馬が利用されていました。


Odakesan_mitake_201305021_103

Odakesan_mitake_201305021_107

登り込んで30分間、単調な歩きとはならずにそれなりにイベント(他にもありました)を楽しんでいきます。すると、5分前に発車(始発は7時30分)したケーブルカーに遠慮なく追い越されていきます。


Odakesan_mitake_201305021_110

Odakesan_mitake_201305021_120

橋梁の下を通過していきますが、何気に狭く勾配のきつい道に車やバイク(カブ)の通行が目立ちます。御岳山宿坊または、土産関係者の車と思われますので、歩行者も気を付けて歩いて行く必要があります。


Odakesan_mitake_201305021_123

Odakesan_mitake_201305021_137

高度を稼いでいくと、「ヤマブキ」の花が目立ち始めてきました。最近テレビで知った花の名前で、思わず自分が認識できる花を見て心が癒されていきます。


Odakesan_mitake_201305021_149

Odakesan_mitake_201305021_154

ようやく、ケーブルカー組と合流する場所まで登り込んできました。仕分け実行行為が、自分にそのまんま跳ね返ってくるプチ拷問的な登り込みでした。


Odakesan_mitake_201305021_155

Odakesan_mitake_201305021_158

雰囲気はガラッと変わり、宿坊街を歩いていきます。山にいるのに、街中にいるのと何ら変わりがありません。


Odakesan_mitake_201305021_160

Odakesan_mitake_201305021_162

宿坊街の開けた場所より、下界を一望していきます。見えているのは青梅市街地でしょうか。


Odakesan_mitake_201305021_167

Odakesan_mitake_201305021_176

古狸山珈琲店前より商店街を通過していきます。早朝なのでまだお店は開店準備前です。


Odakesan_mitake_201305021_179_2

Odakesan_mitake_201305021_180

御岳神社経由ロックガーデン~大岳山の順にルートを取ります。まずは立派な門を潜っていきます。


Odakesan_mitake_201305021_184

Odakesan_mitake_201305021_185

現在地から大岳山~奥多摩駅までのルートを地図で再確認していきますが、めっさ、遠いっす!過去に御前山経由で鋸尾根を通過したことがありましたが、健脚向きで滑落事故多し?ロングトレイル気味なルートは覚えていましたが・・・確か岩場・鎖場もあったような・・・。


Odakesan_mitake_201305021_190

Odakesan_mitake_201305021_191

石段を登り込んで、武蔵御嶽神社に向かいます。


Odakesan_mitake_201305021_195

Odakesan_mitake_201305021_194

宝物殿前に鎮座する鎌倉時代の武将「畠山重忠」の像が妬けに格好いい!


Odakesan_mitake_201305021_196

Odakesan_mitake_201305021_198

最近パワースポットとして話題になっている武蔵御嶽神社本殿で、登山安全祈願をしていきます。


Odakesan_mitake_201305021_200

Odakesan_mitake_201305021_201

本殿より「日の出山」を展望していきます。多少雲海チックな光景も楽しめました。


Odakesan_mitake_201305021_204

Odakesan_mitake_201305021_213

参拝後はいよいよ楽しみにしていた「ロックガーデンです。長尾平園地では、ベンチを利用して何か撮影隊が収録しています。性的な話題を出して、若者向けに女性アナみたいのが話しています。性教育と御岳山?不釣り合いな感じがしますが。


Odakesan_mitake_201305021_219

Odakesan_mitake_201305021_222

今回は奥の院には廻らず、ロックガーデン経由で大岳山にアタックします。


Odakesan_mitake_201305021_224

Odakesan_mitake_201305021_225

「天狗岩」今回は登らずにスルーです。


Odakesan_mitake_201305021_228

Odakesan_mitake_201305021_229

登山道は徐々に苔蒸した世界へと突入していきます。私の苔蒸した心を一旦、ヤマブキを観賞して中和させていきます。


Odakesan_mitake_201305021_232

Odakesan_mitake_201305021_233

この緑の世界が広がるロックガーデンは、綾広の滝まで続いています。


Odakesan_mitake_201305021_241

Odakesan_mitake_201305021_243

濃厚になっていく苔蒸した世界を快適に歩いていきます。


Odakesan_mitake_201305021_247

Odakesan_mitake_201305021_250

やがて「綾広の滝」が現れます。ここもパワースポット?ならば、更なるコストカッターとしてのパワーを頂いていきます。


Odakesan_mitake_201305021_263

Odakesan_mitake_201305021_269

ロックガーデンを後にして進んいくと、大岳山が視界に入ってきました。


Odakesan_mitake_201305021_274

Odakesan_mitake_201305021_277

滑落注意の岩場地帯に入り、アプローチをかけます。


Odakesan_mitake_201305021_279

Odakesan_mitake_201305021_280

濡れていたら更に危険箇所となる岩場ですが、丁寧にクリアしていけば問題ないでしょう。


Odakesan_mitake_201305021_282

Odakesan_mitake_201305021_287

岩場を抜けていくと、大岳山荘(現在休業中)が現れます。この地点より奥多摩駅までは、コースタイム4時間の余裕を持ったほうがいいでしょう。


Odakesan_mitake_201305021_298

Odakesan_mitake_201305021_291

折角の機会なので、大岳山荘の中を少し覗いてみましょう。休憩できるような状態に保たれておりますが、窓ガラスの割れた箇所が目立ちます。緊急避難的な場合に利用されるのでしょう。


Odakesan_mitake_201305021_299

Odakesan_mitake_201305021_301

鳥居を潜って、大岳山頂にアタックを仕掛けにいきます。


Odakesan_mitake_201305021_305

Odakesan_mitake_201305021_307

ガレ・岩場を着実にクリアしていきます。


Odakesan_mitake_201305021_309

Odakesan_mitake_201305021_312

山頂アタック間際に、山頂から下ってきた単独女性ハイカーと少し会話をしていきます。山頂には一人単独男性がいたが、鋸方面に下ってしまい貸切でしたとの情報をいただきます。予想外の貸切山頂を堪能したく、一気にアタックを仕掛けにいきます。


Odakesan_mitake_201305021_314

Odakesan_mitake_201305021_315

「大岳山」登頂成功です!1年4カ月ぶり、2回目の登頂になります。山頂標識の脇には二等三角点があります。御岳園地駐車場から登り込んできた甲斐がありました。


Odakesan_mitake_201305021_319

Odakesan_mitake_201305021_347

近隣の山々の眺望は良く利いておりますが、遠方の山々、富士山などは厚い雲に覆われて確認ができません。


Odakesan_mitake_201305021_332

Odakesan_mitake_201305021_334

貸切山頂を満喫しながら、ベンチを拝借して昼食の準備をしていきます。最近定番となっているチリトマヌードルを大岳山標識及び展望に向けて、めっさ美味しく頂きます!


Odakesan_mitake_201305021_344

奥多摩三山の「御前山」


Odakesan_mitake_201305021_349

奥多摩三山のもう1峰「三頭山」


Odakesan_mitake_201305021_353

Odakesan_mitake_201305021_354

輝く下界の世界、そして大菩薩嶺方面


Odakesan_mitake_201305021_348

Odakesan_mitake_201305021_350

いつか日帰り縦走をしてみたい奥多摩三山縦走のルートを眺めていると、かわいい「コガラ」が側に飛んできていました。


Odakesan_mitake_201305021_356

Odakesan_mitake_201305021_361

ゆっくりと展望を楽しんでいる間に、山頂には後続ハイカーたちが集結してきていました。


Odakesan_mitake_201305021_365

Odakesan_mitake_201305021_369

山頂でたっぷりと休憩したので、まずは鋸山目掛けて下山開始です。急斜面を下っていきます。


Odakesan_mitake_201305021_373

Odakesan_mitake_201305021_375

傾斜が安定してくると、御前山を横目に快適な尾根道を歩いていきます。


Odakesan_mitake_201305021_377

Odakesan_mitake_201305021_383

大岳山を振り返って、チャッチャカ下っていきます。


Odakesan_mitake_201305021_384

Odakesan_mitake_201305022_002

御前山・月夜見山との分岐を鋸山方面に登っていきます。


Odakesan_mitake_201305022_003_2

Odakesan_mitake_201305022_006

山容は鋸の刃の様な形態をしているので、登り返しに少々苦戦していきますが、果敢に「鋸山」アタックを仕掛けていきます。山頂はベンチが置いてある以外展望も利かないのでスルーです。


Odakesan_mitake_201305022_015

Odakesan_mitake_201305022_016

鋸尾根はガレた岩場から一気に標高を下げていきます。


Odakesan_mitake_201305022_023

Odakesan_mitake_201305022_024

滑り易い箇所があるので要注意しながら下っていきます。


Odakesan_mitake_201305022_027

Odakesan_mitake_201305022_029

途中、高度感を味わえる鎖場下降コースに差し掛かります。


Odakesan_mitake_201305022_037

Odakesan_mitake_201305022_038

ゆっくりと下降して着地後、鎖掴みポーズを決め込みます。


Odakesan_mitake_201305022_042

Odakesan_mitake_201305022_045

アスレチックな岩場を滑らないように慎重に下っていきます。


Odakesan_mitake_201305022_067

Odakesan_mitake_201305022_073

ロングな鋸尾根を消化して登計峠に到達です。


Odakesan_mitake_201305022_075

Odakesan_mitake_201305022_078

愛宕山を軽く登り返して、山頂部にある愛宕神社で登頂御礼の参拝です。


Odakesan_mitake_201305022_085

Odakesan_mitake_201305022_088

非常に長い石段を下っていき、急降下しながら奥多摩駅を目指します。


Odakesan_mitake_201305022_093

Odakesan_mitake_201305022_099

山道を抜けていくと、町営氷川駐車場前に出ます。あとは車道から奥多摩駅に向かいます。キャンプ場が近い為、多くのキャンパーと擦れ違っていきます。


Odakesan_mitake_201305022_101

Odakesan_mitake_201305022_103

橋からは集落、釣り人など自然を満喫できる界隈を眺めて、安堵感が湧いてきます。


Odakesan_mitake_201305022_106

Odakesan_mitake_201305022_107

街中に入り、奥多摩駅に到着です。コストカッターと同時に、コースを必然的に健脚向けにアレンジした為、脚部はかなりの疲弊感を味わっています。


Odakesan_mitake_201305022_111

Odakesan_mitake_201305022_120

青梅線奥多摩駅から5駅先にある御嶽駅まで乗車していきます。運賃は160円です。

え?コストカッターにならんのかって?いやぁ~山道20キロ弱歩いて、追い撃ちをかけて車道10キロ歩きは、脚部が粉砕されてしまうだらう。キロ当たり16円は乗車した方が効率がいいんじゃねぇ~?・・・と完全なコストカッターに成り切ることを否定して、勝手に一人ボケ・ツッコミを交差させながら列車に乗車させていただきます。


Odakesan_mitake_201305022_123

Odakesan_mitake_201305022_112

青梅線に乗車しながら、本日歩いた軌跡をアイフォンアプリで確認します。御岳・大岳が健脚向けコースでしっかり繋がっていますね。


Odakesan_mitake_201305022_127

Odakesan_mitake_201305022_128

御嶽駅に到着すると、ホームの端から大量のブルーハイカーが私目掛けて猛進してきました。一瞬、自分がジャニーズのアイドルだったっけ?(汗)と錯覚させられるような猛烈な突進に驚きます。単に改札抜けたら丁度列車が到着して、乗り遅れないよう必死に大量のジュニアハイカーが走り込んできたって光景ですかね。


Odakesan_mitake_201305022_130

Odakesan_mitake_201305022_131

改札抜けてもまだまだ大量の残存組ブルーハイカーが駅周辺で屯っています。登山日和でしたから、周辺の学校で校外学習かなんか実施されたのだらう。御岳・大岳山で出合わなくってよかった~。おそらく御岳渓谷を歩いていたものと思われます。


Odakesan_mitake_201305022_133

Odakesan_mitake_201305022_139

御岳渓谷遊歩道を駐車場まで歩いていきます。ここはカヌーをやっている人が多くいますが、学生風の若手がゴムボートの訓練をしています。


Odakesan_mitake_201305022_142

Odakesan_mitake_201305022_145

御岳園地駐車場に帰着し、9キロ奥多摩方面に向かい久しぶりの「もえぎの湯」に立ち寄ります。受付でJAFカードを提示(過去2度の訪問では未提示でした)すると、なんと!100円のコストカットが発生します。思わず受付のおねえさんの前で、身体の線から垂直に両腕を振りかざし、「コストカッターァァアアア!!!」とパフォーマンス及び叫びはしませんでしたが、心の中で静かにガッツポーズです。

そして、本日のコストカッター山行を無事に終えて、疲弊した脚部を徹底的に癒してから帰宅しました。


■天候:晴れ時々曇り 

■出会った人:40人ぐらい

■タイム:6:25~13:46【7時間21分、休憩含】

■形態:単独行

■水分:3.0L(ペットボトル500ml:6本)

■山域:奥多摩

■出発地点より駐車場までの片道距離:55Km

■その他: 

★今回実施したコストカッター山行では、ケーブルカー往復代、駐車料金、温泉割引で効果を発現し、電車賃を差し引いても2,030円のコストカットと成りました。反面、仕分け効果がそのまま跳ね返り、必然的な健脚向けルートへと変わります。ただケーブルカーを利用すると味わえない部分も多々あり、結果楽しめたかと思います。

★御岳登山鉄道さんへの仕分け行為は、勝手な仕分け活動であり、特にオススメしている訳ではありません。ただ、ハイカーであるならば、一度は下から歩くのも御岳山の本質を見ることができ、正面から向き合える登山ができると思います。そういう意味では推奨致します。私的には、ケーブルカー好きなんで、次回訪問時は片道だけでも乗車してみたいと考えます。

★ケーブルカー・土産屋など山頂に付随しているアイテムを有している同様な山では、高尾山・筑波山・宝登山などがありますが、特に御岳山はパワースポット的要素が強く、山らしい風情を感じながら快適に散策できる大変お勧めの山でもあります。未体験の方は是非、一度は訪問してみてはいかがでしょうか。

ホームに戻る 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ