陣見山/雨乞山/不動山/宝登山

陣見山~雨乞山~不動山~長瀞アルプス~宝登山 2013/3/2 爆風吹き荒れる低山縦走トレーニング

陣見山531m/雨乞山533m/不動山549m/長瀞アルプス/宝登山497m

Jinmihodosan_20130302_198

多忙により暫し充電中でしたが、35日ぶりの山歩き再開となります。

寄居町にあるかんぽの宿を起点に、まず陣見山を経由してその先の未踏区間も経て、今年初のアルプスに入山してから、蝋梅で有名な宝登山までの低山縦走健脚向けトレッキングルートをリハビリも兼ねて歩いていきます。

当日は超暴風が吹き荒れる中、決行していきます。樹林帯では遮るものがあるのであまり感じられませんでしたが、稜線歩きや下界では諸に爆風に当たり、一気に体力を奪われていきます。

更に不動山~舗装道路に下りる破線ルートを見失い、強烈な藪こぎを強いられます。大汗を掻きながら、大量のスギ花粉を浴びせられ、中国の殺人ガスPM2.5も混在?されているのか甚大な後遺症が残ります。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート)寄居かんぽの宿第三駐車場(6:43)⇒虎ヶ岡城跡(7:30)⇒大槻峠(7:47)⇒陣見山(8:24-8:30)⇒榎峠(9:03)⇒雨乞山(9:34-9:43)⇒間瀬峠(10:02)⇒不動山(10:31)⇒石尊大権現【昼食タイム】(10:38-11:15)⇒苔不動(11:24)⇒萬福寺(12:47)⇒小鳥峠(13:31)⇒宝登山(13:58-14:06)⇒宝登山神社(14:39)⇒長瀞駅(14:54)⇒15:10乗車⇒波久礼駅下車⇒かんぽの宿

※歩行距離22.4㎞、行程タイム8時間11分(休憩含)


Jinmihodosan_20130302_010

Jinmihodosan_20130302_007

自宅より高速を2区間乗り継いで、約2年ぶりの訪問となりました寄居町にあるかんぽの宿に約1時間の走行で到着です。今回は第三駐車場に停めます。本日は北日本側が暴風雪の影響で、朝から爆風のような超風が吹き荒れています。


Jinmihodosan_20130302_011

Jinmihodosan_20130302_012

準備を整えてから、まずはかんぽの宿下側からハイキングコースが始まり、廻り込むように進んでいきます。6階には金山温泉展望風呂(一部真湯)があり、景色を見ながら湯に浸かれます。


Jinmihodosan_20130302_014

Jinmihodosan_20130302_016

少し進むと円良田湖方面に進む標柱がありますが、小さい道標に従って陣見山方向に登り込んでいきます。(注)分岐になっています。


Jinmihodosan_20130302_018

Jinmihodosan_20130302_024

遠方にパラグライダー発着場がある雨乞山を確認し、少し手前には陣見山に続く稜線が伺えます


Jinmihodosan_20130302_021

Jinmihodosan_20130302_023

急坂を利用してグングン高度を稼いでいくにつれ、円良田湖を見下ろすようになってきました。


Jinmihodosan_20130302_032

Jinmihodosan_20130302_036

お約束のおーまい式ロープ掴み(ちょっとスナップを効かせます)で上昇、更にその先に登場する過酷な木階段登りを丁寧に消化していきます。


Jinmihodosan_20130302_039

Jinmihodosan_20130302_040

コースタイム47分で虎ヶ岡城址に到達です。あづま屋はベンチが外され、ロープで囲われていました。


Jinmihodosan_20130302_045

Jinmihodosan_20130302_047

そして今回より必殺新アイテムの登場です。昨年の年末にガラケーからアイフォンに変更し、なんと!山と高原地図シリーズ奥武蔵バージョンのアプリを450円で購入します。

35日間の充電期間を経て、「アナログおーまい」から「デジタルおーまい」へと登山形態を革新的に変貌させ、リニューアルしての復帰第一戦です!

実はこのニューアイテム、この後発生するアクシデントを解決させることに貢献してくれました。


Jinmihodosan_20130302_049

Jinmihodosan_20130302_052

大槻峠を通過し、ロングな急登の拷問に耐えながら、目的地への距離を詰めていきます。距離は短めですが妻坂峠~大持山への登り込みに似ています。


Jinmihodosan_20130302_059

Jinmihodosan_20130302_061

一旦落ち着いてから再び急坂が現れます。登り込んでから車道を横切ります。


Jinmihodosan_20130302_063

Jinmihodosan_20130302_068

道標に従い山頂直下を登り込んでいき、陣見山にアタックを仕掛けにいきます。


Jinmihodosan_20130302_069

Jinmihodosan_20130302_074

2年ぶり2回目の陣見山です。山頂にはテレビ埼玉の巨大な鉄塔が聳え立っています。因みに展望は全く利きません。


Jinmihodosan_20130302_077

Jinmihodosan_20130302_079

デイツーオリジナルのエネルギーチャージでカロリーの補給をしていきます。


Jinmihodosan_20130302_081

Jinmihodosan_20130302_089

急降下していくと、途中に展望が開ける場所に立ち寄ります。本庄・児玉町の市街地です。


Jinmihodosan_20130302_092

遠方に赤城山の眺望が利くはずが・・・。暴風の影響か、展望は白く濁った感じに薄っすらとしか確認できません。これ花粉に限らず、色々な物質が混在して飛び散って白く濁っているのでしょうか。実は下山後に身体に甚大な症状が・・・・。


Jinmihodosan_20130302_100

Jinmihodosan_20130302_113

間瀬峠陣見山ビューラインの長瀞八景の看板に出ます。近くには防火用のドラム缶が6缶置いてあります。


Jinmihodosan_20130302_105

Jinmihodosan_20130302_108

長瀞方面の街並みと次に向かう雨乞山が見えています。


Jinmihodosan_20130302_118

Jinmihodosan_20130302_119

児玉町標識脇の急坂を直登りしていきます。お約束のおーまい式ロープ掴みのポーズを決め込んでいきます。


Jinmihodosan_20130302_120

Jinmihodosan_20130302_125

樹林帯を通過し車道と交差する榎峠に出ます。ここにも防火用のドラム缶があります。こんなにも多くのドラム缶を見れるなんて、とてもドラムチックですね!(汗)


Jinmihodosan_20130302_128

Jinmihodosan_20130302_130

ここより長瀞アルプス入口までは未踏区域なので、地図と照合しながら歩いていきます。変則的山道を雨乞山の道標に従って進んでいきます。


Jinmihodosan_20130302_134

Jinmihodosan_20130302_136

鉄塔の脇を通過し、お約束のゆうやけ式下から鉄塔激写です。


Jinmihodosan_20130302_139

Jinmihodosan_20130302_158

そのまま樹林帯を進んでいくと開放的な空間が現れます。


Jinmihodosan_20130302_150

パラグライダー発着場のある雨乞山です。


Jinmihodosan_20130302_157

こちらは先程登頂してきた「陣見山」


Jinmihodosan_20130302_154

Jinmihodosan_20130302_155

眼下に見える樋口駅周辺、遠方に武甲山を捉えます。


Jinmihodosan_20130302_164

Jinmihodosan_20130302_166_2

雨乞山を後にして、そのまま山道を歩きながらアイフォンのアプリを確認すると異変に気が付きます。なぜか国道方向に下りているではありませんか!少しステップバックしながら異変を認識します。岩が目印だって?仕方なく判りづらい分岐に戻ることにします。いやぁ、アイフォンアプリ使えますね。


Jinmihodosan_20130302_167

Jinmihodosan_20130302_168

そして分岐まで戻ります。岩って・・・・これか?確かにこの周辺にはこの岩しか見当たりません。しかし、この地点は道標や看板も何もないので、確立高く見過ごすに違いありません。


Jinmihodosan_20130302_170

Jinmihodosan_20130302_174

樹間に不動山を捉えながら貸切の山道を間瀬峠向けて進んでいきます。


Jinmihodosan_20130302_175

Jinmihodosan_20130302_177

間瀬峠に到達し車道を横断して、向かい側の山道に入ります。


Jinmihodosan_20130302_179

Jinmihodosan_20130302_182

登り込むとすぐに開けた場所の側を通ります。


Jinmihodosan_20130302_184

武甲山の聳え立つ勇姿です。


Jinmihodosan_20130302_186

Jinmihodosan_20130302_191

そのまま高度を稼いでいくと、全く展望の利かない場所に出ます。そこは不動山山頂でした。スルーして下りていきます。


Jinmihodosan_20130302_211_2

Jinmihodosan_20130302_202_3

すぐ下には石尊大権現があります。丁度、北東方向からの風避けとして最適な場所に位置しており、ここで昼食を摂ることにします。


Jinmihodosan_20130302_197_2

Jinmihodosan_20130302_199_3

南側の展望が開けており、手製の展望案内はつい先月に設置されたようです。澄み切っていれば、雁坂嶺・甲武信ヶ岳・破風山まで眺望できるようです。正面の宝登山や奥に見える武甲山ははっきりと確認できます。


Jinmihodosan_20130302_216_2

Jinmihodosan_20130302_213_2

轟音ととに強風に煽られた木々がブラブラと揺れています。もうひとつの新アイテム万歩計です。こちらは職場の年輩の方より、私が歩くのが趣味だと知られ、取引先より頂いたものを渡してきました。因みに現職場では、リーマンハイカーとしての実体は極秘にしておりますので、バレたらレポ閉鎖せざるを得ませんかね。プライベートが監視されてしまいますので・・・。


Jinmihodosan_20130302_214

Jinmihodosan_20130302_219

そして、宝登山に向けてカップヌードルを美味しく頂きます。完食後、なんと!驚くことに、単独の30歳前後の山ガールが苔不動方向から現れます。本日お初の人間様でした。コースを尋ねられ、かんぽの宿から陣見山を経由して宝登山に行くと話したら、これまた驚いたことに逆コースを歩くとのこと。この周辺を良く歩いているらしく、その健脚ぶりにゆうやけ軍団の一味かと勝手に思いました。


Jinmihodosan_20130302_224

Jinmihodosan_20130302_225

その後、単独山ガールは不動山にサッサと登っていきました。私は長瀞アルプスに向かう為、一旦下界に下りていきます。


Jinmihodosan_20130302_231

Jinmihodosan_20130302_232

一旦車道に出てから苔不動の表示方向に下りていきます。


Jinmihodosan_20130302_234_2

Jinmihodosan_20130302_237

苔不動を横切り、登山地図では破線のルートを下っていきますが・・・。


Jinmihodosan_20130302_239

Jinmihodosan_20130302_241

ピンクテープを辿っていくと・・・。破線ルートとしては、超一級品の藪こぎルートです。倒木やトゲ、足元をすくわれたり、ひでぇ~目に遭います。


Jinmihodosan_20130302_242

Jinmihodosan_20130302_243

やがて、ピンクテープを見失い、あわやビバーグ覚悟の遭難か?アイフォンのアプリで現在地を確認すると、破線からズレているのがわかります。軌道修正すべく、無理矢理強烈な藪こぎを強行します。一旦は破線ルートの軌道に乗ることができたのですが・・・・。道が無いっす!おまけに近隣には射撃場もあるので、グズグズしていて撃たれたら洒落になりませんがな。やっぱ、護身用のマグナム44が必要でした・・・。結果、藪こぎは回避できず、そのまま強行的に継続していきます。夏だったら、マムシ・スズメバチなど危険な生物が出没する可能性のある地帯でした。さっきの山ガールはどうやって越えてきたのだらうか。


Jinmihodosan_20130302_244

Jinmihodosan_20130302_247

大汗を掻きながらの藪こぎでは、杉の残骸を大量に浴びせられ、顔面がかゆくなっていました。必死に下り切り、地図には載っていない大黒縁起の前に出てこれました。射撃場らしきフェンスを廻り込みます。


Jinmihodosan_20130302_251

Jinmihodosan_20130302_254

そして、またもやハプニングの続出です。舗装道路を1本遠くに出てしまい、大回りしての下界下りです。


Jinmihodosan_20130302_257

Jinmihodosan_20130302_259

そして長瀞アルプス入口にある萬福寺に到達します。


Jinmihodosan_20130302_261

Jinmihodosan_20130302_262

長瀞アルプスの起点は民家の脇から入ります。今年初のアルプスの入山です。今年初のアルプス入山は、常念か甲斐駒か検討していましたが・・・。長瀞だったとは・・・。


Jinmihodosan_20130302_267

Jinmihodosan_20130302_268

グングン高度を稼ぎ、長瀞市街地を樹間より確認していきます。稜線上なので、暴風が諸に当たってきます。


Jinmihodosan_20130302_271

Jinmihodosan_20130302_275

暴風を除けば、快適な陽だまりの空間の中です。長瀞アルプス手前までのほぼ貸切状態の山道に比べれば、擦れ違うハイカーの数が多いのが特徴的です。やはり、アルプスというブランド人気でしょうか。


Jinmihodosan_20130302_277

Jinmihodosan_20130302_279

開けた場所より不動山までの歩いてきた稜線を眺望します。氷池はイグノアして、そのまま小鳥峠を通過していきます。


Jinmihodosan_20130302_280

Jinmihodosan_20130302_282

長瀞アルプスから車道を歩き、シンボルの毒キノコの看板前より宝登山へアタックに向かいます。


Jinmihodosan_20130302_283

Jinmihodosan_20130302_286

毒キノコ看板横には山ガール2人が待機しており、お先に失礼させていただくと、背後より猛追してきました。藪こぎで疲弊しきっている脚部でしたが、何とか猛追毒キノコガールたちを得意の階段地獄で振り切ります。


Jinmihodosan_20130302_287

Jinmihodosan_20130302_289

階段地獄は続き、宝登山より拷問の洗礼を受けていきます。拷問にかけては一級品のおーまいです。どんな猛者が猛追しようが、拷問に耐える精神力は負けません。って言いながら、呆気なく逃げることが多いのもおーまいです。


Jinmihodosan_20130302_291

Jinmihodosan_20130302_298

そしてもがきながら宝登山にアタックしていきます。山頂は強風にも拘わらず、数名のハイカーがおにぎりを食していました。約2年2カ月ぶりの宝登山山頂です。


Jinmihodosan_20130302_301

Jinmihodosan_20130302_310

山頂直下には蝋梅が咲き乱れており、蝋梅目当ての観光客も多数賑わっております。


Jinmihodosan_20130302_311

Jinmihodosan_20130302_315

蝋梅を多くの観光客やハイカーとともに観賞していきます。蝋梅ファンの多さに圧倒され、思わず真剣な姿に狼狽させられてしまいます。


Jinmihodosan_20130302_318

Jinmihodosan_20130302_320

蝋梅園から武甲山、蓑山、比企三山を眺望していきます。


Jinmihodosan_20130302_321

何気に11PMやトゥナイトを連想してしまいそうな、おっぱい山こと「笠山」を眺めると青春時代を思い出します。


Jinmihodosan_20130302_323

Jinmihodosan_20130302_325

おっぱい山手前には「大霧山」が確認できます。そして整形の帝王「武甲山」


Jinmihodosan_20130302_330

Jinmihodosan_20130302_331

RWに向かう通りにあるうどん屋の脇から下山していきます。


Jinmihodosan_20130302_333

Jinmihodosan_20130302_338

ハイカーたちがRW方向を向いて何かを見ています。蝋梅か・・・。横目にチャッチャカ下っていきます。


Jinmihodosan_20130302_342

Jinmihodosan_20130302_345

宝登山神社に立ち寄り、縦走御礼をしていきます。


Jinmihodosan_20130302_347

Jinmihodosan_20130302_351

幅広の歩道を快適に歩きながらゴールの長瀞駅に到着です。休憩含め約8時間強の行程でした。今回のインパクトはやはり藪こぎでした。


Jinmihodosan_20130302_353

Jinmihodosan_20130302_357

秩父線15時10分熊谷行き、波久礼駅(3駅、370円)まで乗車していきます。


Jinmihodosan_20130302_362

Jinmihodosan_20130302_365

波久礼駅よりかんぽの宿まで戻り、低山ロング縦走の疲弊及び藪こぎから受けた衝撃的な疲弊を癒す為、金山温泉で癒していきます。


Jinmihodosan_20130302_373

国道254号線で帰りながら、寄居町~小川町~嵐山町~東松山市~川島町までトレランスタイルの多くのランナーが側道を走っていました。何かの大会ですかね。


■天候:晴れ(暴風時々爆風) 

■出会った人:かんぽの宿~不動山:貸切、不動山~長瀞アルプス入口:2名、長瀞アルプス~宝登山:カウント不能

■タイム:6:43~14:54【8時間11分、休憩含】

■形態:単独行

■水分:2.0L(ペットボトル500ml:4本)

■山域:北武蔵

■出発地点より駐車場(かんぽの宿)までの片道距離:47Km

■その他: 

★35日ぶりの山行は、ある意味リフレッシュ休山した後だったので、新鮮な感覚で入山することができました。つまり、常に初心忘れるべからずの精神で、どんな易しい低山でも甘く見てはいけない!慢心せずに緊張感を持って臨むことを欠除させてはいけないと改めて学習したまでです。

★今回より登場させたアイフォンアプリ、山と高原地図は、非常に役に立つ必殺アイテムとなりました。ここで、アナログおーまいからデジタルおーまいに革新を遂げた自己登山史上、歴史的な山行としてインパクトの残る山歩きとなりました。

★非常に強烈な藪こぎを体験し、破線ルートにも拘わらず、予想以上の踏み跡の無さにサプライズを受けました。石尊大権現で遭遇した単独山ガールはどのように藪こぎを乗り切ってきたのだらうか?未だに悩んでいるデジタルおーまいです。(笑)

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ