高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走)

高尾山~景信山~陣馬山縦走 2012/9/30 「トレラン王国」奥高尾縦走編 Practice in Morning

高尾山599m/小仏城山670m/景信山727m/陣馬山857m 奥高尾縦走路

Takao_jinba_20120930_426
奥高尾縦走路は、高尾山北西に連なる尾根のことで、小刻みなアップダウンを繰り返しながら縦走ができる森林浴豊富な大変魅力的な健康歩きコースです。

今回、大型の台風17号関東地方直撃前にトレーニングできる縦走路はないか?と検討していたところ、奥武蔵縦走に飽きていた私は、冬場に計画していた奥高尾縦走を前倒しして、急遽実行計画に移して準備に取り掛かります。

迎えた実行当日、早朝から入山していくと、終始曇り想定の天候は晴れ間に変わります。暑さと格闘しながら、高尾山以降の縦走路を頑張って歩いていると、なんと!信じられない数のトレランハイカーに、バシバシ追い抜かれていきます。ここは、まさにトレラン王国の世界でした。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):高尾山口駅前駐車場(5:35)⇒稲荷山(6:12)⇒高尾山(6:50~7:15)⇒もみじ台(7:26)⇒一丁平(7:47)⇒小仏城山(8:09)⇒小仏峠(8:32)⇒景信山(8:57~9:07)⇒明王峠(10:13)⇒奈良子峠(10:21)⇒陣馬山(10:47~11:17)⇒(栃谷尾根)⇒栃谷(12:02)⇒栃谷休憩舎(12:05)⇒陣馬登山口(12:34)⇒藤野駅(12:57)(中央本線、京王線)⇒高尾山口駅(13:37)

※高尾山口駅⇒陣馬山間の距離は、13,4Km


Takao_jinba_20120930_015Takao_jinba_20120930_019

AM4時過ぎ自宅を出発⇒圏央自動車道坂戸IC⇒高尾山IC下車、約70分で高尾山口駅前駐車場に到着です。距離にして自宅より約63キロありました。駐車場にはトイレが併設されています。


Takao_jinba_20120930_021_2Takao_jinba_20120930_023

京王線高尾山口駅前に聳え立つラブホを横目に見ながら、本日の周回コース帰着地点でもある高尾山口駅前より、奥高尾縦走路を目指していきます。


Takao_jinba_20120930_026Takao_jinba_20120930_029

奥高尾縦走路概念図をしっかりと目に焼き付けてから、縦走開始です!


Takao_jinba_20120930_031Takao_jinba_20120930_034

高尾山ケーブルカー脇にある登山口より、稲荷山コースに入山していきます。


Takao_jinba_20120930_038Takao_jinba_20120930_040

階段状の登山道を登り込むと旭稲荷の脇に出ます。縦走祈願をしてから先を進みます。


Takao_jinba_20120930_047Takao_jinba_20120930_048

大型の台風17号が、夕方頃関東に直撃してくるとの予報なので、終始曇りの天候を想定しておりましたが、見事に晴れ間が射してきて、逆に蒸し暑くなってきました。


Takao_jinba_20120930_049Takao_jinba_20120930_053

流石、登山初心者の道場として活用されている高尾山には、距離表示の分かり易い標識が設置されています。


Takao_jinba_20120930_055Takao_jinba_20120930_056

登り込んで高度を稼ぐと稲荷山に到達です。


Takao_jinba_20120930_061_2Takao_jinba_20120930_063

八王子市街地の展望が開けており、サザンスカイタワー八王子41階建のビルが目立っています。


Takao_jinba_20120930_073Takao_jinba_20120930_074

その先は軽いアップダウンをしながら、高尾にアプローチしていきます。早朝だからか、台風の影響か?ハイカーの数が極めて僅少で、たいへん静まり返っています。


Takao_jinba_20120930_076Takao_jinba_20120930_077

高尾山のヘビ看板を眺めていきます。先日、谷川連峰で見かけた大量出没していたヘビは、「ヤマカガシ」でした。危ねぇ~・・。


Takao_jinba_20120930_088Takao_jinba_20120930_089

そのまま無心で進み、高尾山との距離を詰めていきます。


Takao_jinba_20120930_090Takao_jinba_20120930_091

広場に出て、山頂周辺コース案内を確認していきます。


Takao_jinba_20120930_094Takao_jinba_20120930_095

稲荷コース核心部でもある山頂直下のロングな階段登りが、左心房・左心室に負荷を掛けていきます。ゼェ~ゼェ~とまではいきません、鼓動が高まります。


Takao_jinba_20120930_148Takao_jinba_20120930_105

まずは高尾山にアタック成功です!雲の量も比較的少なく、展望が利いております。


Takao_jinba_20120930_126Takao_jinba_20120930_116

富士山は正面に、眼下には、相模湖プレジャーフォレストも確認できます。


Takao_jinba_20120930_119Takao_jinba_20120930_118

丹沢山塊の最高峰「蛭ヶ岳」が、一際目立っていますね。また、あの山頂に立ってみたいものです。


Takao_jinba_20120930_129Takao_jinba_20120930_130

山頂にあるビジターセンター裏手には、きれいなトイレが設置されています。


Takao_jinba_20120930_132Takao_jinba_20120930_133

意味があるのか不明ですが、おそうじ小僧までもが設置されています。山頂を汚すな!って警備的な意味も含まれているのでしょうかね。


Takao_jinba_20120930_136Takao_jinba_20120930_138

眺望が利いていれば、房総半島まで見えるそうです。


Takao_jinba_20120930_146

時刻は7時過ぎなので、山頂にはハイカーが10名程度しかおりませんでした。台風直撃前といえども、高尾山らしくないハイカーの数でしょうね。


Takao_jinba_20120930_160Takao_jinba_20120930_163

いよいよ、初の奥高尾方面への縦走です。陣馬山まで5時間のコースタイムは、ジュニアヘビー級クラスです。


Takao_jinba_20120930_166Takao_jinba_20120930_167

まずは、一丁平⇒城山へと歩を進めていきます。


Takao_jinba_20120930_170Takao_jinba_20120930_171

もみじ台からは、丹沢山塊、大室山の展望が利いています。


Takao_jinba_20120930_177Takao_jinba_20120930_181

ここで一旦階段登山道で、勿体ないくらい標高を下げていきます。


Takao_jinba_20120930_187Takao_jinba_20120930_189

登り返して、背後から犬とトレランしているハイカーが迫ってきていたので、道を譲ります。後に陣馬山手前にて、再びピストンで擦れ違います。犬と共に驚異的なスタミナです。


Takao_jinba_20120930_198Takao_jinba_20120930_195

やがて、広場に出た場所が「一丁平」です。


Takao_jinba_20120930_202Takao_jinba_20120930_203

東海自然歩道案内図があります。なんと!大阪まで続いている自然歩道は、総延長1,697Kmもあり、お金と時間があれば、是非挑戦してみたいですね。


Takao_jinba_20120930_205Takao_jinba_20120930_208

一丁平の展望台に出ます。一丁平⇔城山間は、山ザクラ並木になっていて、桜の時期は、たいへん混雑するルートになると想定できます。


Takao_jinba_20120930_212Takao_jinba_20120930_216

展望台からは、富士山・大室山・丹沢と眺望でき、何かの公共施設らしき建物も見えています。


Takao_jinba_20120930_226Takao_jinba_20120930_229

そして、小仏城山山頂に向かって、少しずつ高度を稼ぎます。


Takao_jinba_20120930_235Takao_jinba_20120930_237

穏かな階段を登り上げると広場に出ました。


Takao_jinba_20120930_239Takao_jinba_20120930_240

そこは、小仏城山の山頂でした。山頂標識脇には、立派に造られた木彫りの天狗が鎮座しております。


Takao_jinba_20120930_241Takao_jinba_20120930_243

小仏城山からの展望


Takao_jinba_20120930_248Takao_jinba_20120930_249

広い山頂には、城山茶屋があり、店主らしきオヤジが準備をしておりました。テーブル付ベンチも半端ない数が設置されています。


Takao_jinba_20120930_244Takao_jinba_20120930_255

山頂の電波塔奥より縦走路が続いております。陣馬山までまだ7.8kmもあるのか・・・と奥高尾の距離の長さを実感していきます。


Takao_jinba_20120930_261Takao_jinba_20120930_263

ややジメっとしたイメージの樹林帯に入っていきます。


Takao_jinba_20120930_264Takao_jinba_20120930_266

途中、休憩スペースからは相模湖が伺えます。


Takao_jinba_20120930_272Takao_jinba_20120930_274

明治天皇小仏峠御小休所の石碑を見学していきます。


Takao_jinba_20120930_277Takao_jinba_20120930_280

少し下ると小仏峠に到達です。その先を少し登り込んで、快適な登山道歩きをしていきます。


Takao_jinba_20120930_283Takao_jinba_20120930_284

グングン進んでいくと、進行方向右側が開けた尾根道へと変化していきます。


Takao_jinba_20120930_292Takao_jinba_20120930_286

先程縦走してきた小仏城山が見えています。眼下には、渋滞が頻発する中央自動車道小仏トンネル付近でしょうか。


Takao_jinba_20120930_288Takao_jinba_20120930_291

そのまま尾根道を登り込んでいると、背後から集団がスタスタと音を立てながら迫ってきます。驚異のトレラン軍団でした。


Takao_jinba_20120930_297Takao_jinba_20120930_301

尾根道を登り上げると売店の前に出ました。


Takao_jinba_20120930_306Takao_jinba_20120930_305

丹沢方面の展望が伺えますが、山頂部には厚い雲が掛かってきています。


Takao_jinba_20120930_302Takao_jinba_20120930_310

景信茶屋青木は、まだ営業前のようですが、夥しい数のベンチです。


Takao_jinba_20120930_312Takao_jinba_20120930_314

更にその上にも、カウント仕切れないくらいのベンチが、無造作に並べられています。そこまでハイカーが集結してくるとは思えないくらいベンチの数に疑問を感じます。


Takao_jinba_20120930_330Takao_jinba_20120930_324

陣馬山までまだ5.7Kmあるので、折角の御用意されているベンチ台で小休止していきます。


Takao_jinba_20120930_317Takao_jinba_20120930_318

開けた展望は、八王子市街地が一望できる気持ちの良いビューポイントとなっていました。


Takao_jinba_20120930_321_2Takao_jinba_20120930_325

サザンスカイタワー八王子と圏央自動車道です。


Takao_jinba_20120930_336Takao_jinba_20120930_342

小休止後、景信山山頂標識を撮影してから、鞍部まで下っていきます。


Takao_jinba_20120930_343Takao_jinba_20120930_351

そのまま歩いていると、左側のバリエーションルートより、ポリエチレン袋を持った軽装の地元オヤジっぽい人が早足で進入してきます。更に右側からはトレランハイカーが追い抜いていきます。周囲を観察しながら、陣馬山までの距離を徐々に詰めていきます。


Takao_jinba_20120930_353_2Takao_jinba_20120930_359

そして、またまた登り込み体制の時点で、トレランハイカーにバシバシ追い抜かれていきます。まるでマラソン大会に参加している自分だけが、なぜかサボって歩いているような錯覚さえ生じてくるようになってきました。その錯覚は終始、耳鳴りのように、トレランハイカーの足音が響き渡って聞こえてきます。


Takao_jinba_20120930_371Takao_jinba_20120930_379

杉林の明瞭な登山道を快適に進んでいきます。相変わらず、トレランハイカーは後を絶ちません。


Takao_jinba_20120930_380Takao_jinba_20120930_382

明王峠に到達です。


Takao_jinba_20120930_386Takao_jinba_20120930_389

茶屋がありますので覗いてみると、関係者が見当たりません。営業前なのか?廃屋には見えませんでした。


Takao_jinba_20120930_384Takao_jinba_20120930_393

陣馬山まで1.9Km、奈良子峠を通過していきます。道標はなぜか「陣場」と漢字が異なります。


Takao_jinba_20120930_398Takao_jinba_20120930_405

陣馬山頂直下の階段登りに入ります。若手女性単独トレランハイカーに、最終場面で抜かれます。


Takao_jinba_20120930_406Takao_jinba_20120930_410

いよいよ、アタック体制に入り、踏ん張りを効かせていきます。


Takao_jinba_20120930_413Takao_jinba_20120930_416

遂に陣馬山のシンボル「白馬像」を肉眼で捉える事ができました。


Takao_jinba_20120930_417

最終縦走ピークに到達です。ジュニアヘビークラスでも、とにかく長く感じます。


Takao_jinba_20120930_411Takao_jinba_20120930_425

山頂には売店があり、陣馬山の人気の高さが伺えます。けんちん汁旨そうですけど、これから台風が襲来してくるので、あまりゆっくりはしていられません。


Takao_jinba_20120930_420Takao_jinba_20120930_439

陣馬山山頂からは、丹沢、富士山、奥多摩方面、雲取山、大菩薩嶺、金峰山、日光白根山、男体山と大展望が広がります。本日は、大展望とまではいきませんが、周囲の山々や奥多摩地域の展望が利いています。


Takao_jinba_20120930_430Takao_jinba_20120930_429

特に近距離に見える「大岳山」が一際目立っていました。


Takao_jinba_20120930_422Takao_jinba_20120930_424

山頂直下にあるトイレを拝借して、白馬像を再度眺めてから下山準備に入ります。


Takao_jinba_20120930_434Takao_jinba_20120930_443

下山では、体力も時間もないのでピストンはやらずに、栃谷尾根経由で藤野駅に向かいます。


Takao_jinba_20120930_448Takao_jinba_20120930_449

展望の利かない樹林帯を延々と下っていきます。


Takao_jinba_20120930_458Takao_jinba_20120930_462

やがて、開けた場所を通過していくと集落が見えてきました。


Takao_jinba_20120930_463Takao_jinba_20120930_465

陣馬の湯で汗を流して帰りたいところですが、台風直撃を警戒して素直に藤野駅に向かいます。っていうか、温泉セットは車に置いてきていました。


Takao_jinba_20120930_467Takao_jinba_20120930_468

集落内に目立たないように存在している「栃谷休憩舎」を確認していきます。トイレも併設されています。


Takao_jinba_20120930_470Takao_jinba_20120930_471

車道歩きが続いていきます。ある地点に下りると、藤野駅までまだ60分もありました。


Takao_jinba_20120930_473Takao_jinba_20120930_476

下ってくる車が危なかったが、忠実に車道歩きを消化して、藤野駅2.0Km地点に到達です。


Takao_jinba_20120930_477Takao_jinba_20120930_483

藤野駅に向けて無心で歩き続けます。


Takao_jinba_20120930_485Takao_jinba_20120930_487

ふと、気が付くと目前にトンネルが現れます。このトンネルを通過しないと、どうやら藤野駅には辿りつけないようです。歩道ありと記載がありますけど、車道と一体化していて、単に白線が引かれているだけで、突っ込まれたらアウトです。2011年10月に訪問した「雁坂嶺/雁坂峠」下山時に経験した国道140号線トンネル歩きのトラウマが蘇ります。


Takao_jinba_20120930_488Takao_jinba_20120930_489

トンネルを無事に通過すると、今度は電車の時刻に微妙な時間となり、駅まで汗を掻きながら走り込みます。


Takao_jinba_20120930_491Takao_jinba_20120930_493

12時58分高尾駅行きに間に合い、乗車していきます。


Takao_jinba_20120930_495Takao_jinba_20120930_498

京王線に乗り換えて、高尾山口駅で下車していきます。下車すると、駐車場が目の前に見えています。


Takao_jinba_20120930_500Takao_jinba_20120930_504

高尾山口駅前に聳え立つラブホを横目に見ながら、改札を通過していきます。改札を下りると丁度雨が降ってきました。


Takao_jinba_20120930_505Takao_jinba_20120930_507

駐車場に帰着し、駐車料金1,000円を支払ってから、圏央道あきるのIC乗車~途中、狭山PAでお気に入りの肉うどんを食べてから帰路につきます。


■天候:晴れ、下山後雨 

■出会った人:トレラン王国と化していた為、カウント不能

■タイム:5:35~12:57(藤野駅着時間)【休憩含】

■形態:単独行

■水分:4.2L(ペットボトル500ml他:8本持参)

■山域:奥高尾

■出発地点から登山口までの片道距離:63Km

■その他: 

★奥高尾縦走路を経験して、事前に想定していた疲労度以上のインパクトがありました。特に景信山⇒陣馬山の距離感がロングに感じ、トレランハイカーの多さにも圧倒されました。一般ハイカー:トレランハイカーの割合は、約2:8と言った感じでしょうか。昨今のスキー場ゲレンデでは、ボーダーの割合が圧倒していますが、ボーダーだらけのゲレンデに遊びに来てしまったといったイメージですね。

★台風関東直撃前の天候は、本当に台風が接近しているのか?と疑問に思うくらい静かで晴れ間が射していました。帰りの高速から雨が徐々に強まり、帰宅してからはスコールのように激しさを増していました。

★次回は、稲荷山⇔陣馬山ピストンにチャレンジしてみたいと思います。縦走トレーニングに活用できるいいコースになりそうです。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ