登山前に発生したハプニング

三頭山登頂前のダブルアクシデント 2013/4/20 浮橋(ドラム缶橋)がまさかの通行止に? 

三頭山登頂前のダブルアクシデント! 浮橋(ドラム缶橋)がまさかの通行止に?

Mitosan_201304201_002

Mitosan_201304201_001

AM3時30分自宅を出発し、一般道・裏道を利用して奥多摩方面に向かいます。国道411号線沿いで奥多摩湖が視界に入ってくると、本日の計画的登山を遂行するため、テンションが徐々に高まっていきます。

山行は急遽リセット状態に、次への展開に繋げるべく下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Mitosan_201304201_011

Mitosan_201304201_016

約2時間15分で峰谷橋駐車場(6台スペース、奥にも6台程度のスペースあり)に到着します。トイレは水洗できれいです。

本日はダイハツムーヴで奥多摩地域に登場です。トイレの前に勝手に置いたけど、レッカーでのムーブが心配だな・・・。と準備を整えながらウォーミングアップギャグを咬ましていきます。そして赤い峰谷橋の方向に歩いていきます。


Mitosan_201304201_022

Mitosan_201304201_023

私的に国道411号線のシンボルともなっている強烈で濃厚な真っ赤なペイントの「峰谷橋」(みねだにはし)を正面に見て、更にテンションが上がっていきます。何せこの先にある浮橋、通称「ドラム缶橋」を童心に返ったつもりで、揺れる橋をワクワクしながら奥多摩湖を渡ることを非常に楽しみにしていました。


Mitosan_201304201_028

Mitosan_201304201_029

気分の高まりを抑えつつ峰谷橋を渡り、その先に見える馬頭トンネル(全長82m)を潜り抜けていきます。

しかし、ここで注意しなければならないことは、トンネル内部に歩道がないので、猛烈にスッ飛ばしてくるドライバーやライダーを気にしなければなりません。そう言う私も実は運転中では、トンネルに差し掛かると音速の貴公子へと変貌していきます・・・(汗)。

右側を歩くと正面からくるマシーンが見えにくいので、多少背後を見渡せる左側から歩いていくことをお勧めします。そして速やかに抜けてください。


Mitosan_201304201_032

Mitosan_201304201_033

トンネルを抜けると、そこは浮橋の世界が拡がっていた・・・。そんなロマンティックな書き出しの一文が頭に浮かんできそうな雰囲気を感じます。そして三頭山登山口まで1.4㎞の道標を確認し、ドラム缶橋の位置を探します。湖畔に下りていく道がなぜか封じられており、緊急事態の異変に気づいていきます。


Mitosan_201304201_036

見下げると、見事にゲートが閉じられており、楽しみにしていたドラム缶橋が外されている光景を目の当たりにして、久しぶりの「お~まい・ごっとぉぉおおお!!」と心の中で三十連呼で過激に叫び切ります。

そして、三頭山登山ルートのことは、しっかりと調査していたにも拘わらず、直近のドラム缶橋の状況確認を怠り、ウィークポイントの詰めの甘さが露呈されていきます。

ドラム缶橋を快適に歩いて、常連の毒者の方々に日頃の感謝を込めて、奥多摩湖をこんな素晴らしいドラム缶橋で渡れるなんて、とてもドラムチックですね!」とお伝えすることが出来ないことに、複雑な気分になっていきます。そして、テンションは一気にMAXへと下がっていきます。


Mitosan_201304201_037

Mitosan_201304201_031

220m先の対岸にも視線を向け、やはりドラム缶橋が架けられていません。

しかし、毒者の一部から聞こえてきそうです。そう言えば、おーまいさんは元スイマーだったんじゃねぇ?泳いで対岸に渡れば?

ん・・・220mだしな・・・・バタフライでいくか。はぁい?有り得ねェだらう!溺死させるつもりかよぉ!脱北者じゃあるめぇ~し。と、このどうすることも出来ない状況に対して、勝手に怒りながらボケとツッコミを交差させていきます。

浮橋通行止看板によると、水位低下により、2月28日から通行止とのことでした。やっちまった!と失態を悔いります。唯一、今回は同行者がいなかったのが救いだったかもしれません。袋者ですね。


Mitosan_201304201_039

Mitosan_201304201_040

一先ず、浮橋を撤退し峰谷橋に戻ります。そこで奥多摩周遊道路で登山口を目指していきます。 

しかし、そこには二次的アクシデントが・・・。なんと!三頭橋先から通行止でした。道路の夜間通行止は調査しておりましたが、もっと奥だったんじゃねぇ?開門の8時までまだたっぷりと時間があります。 

下がり切る所までテンションが下がった状態になります。鴨沢ピストンに切り替えるか・・・・。 

よく奥多摩山域の話題になると、おーまいさんは奥多摩三山登られたのですか?と聞かれることがあります。瞬時に、三頭(みとう)だけがまだ未踏なんですよねぇ~(笑)。と自分の中でも5本の指に入る登山ギャグでした。 

しかし、この度三頭山を登頂しちゃいますと、このオヤジギャグが封印されてしまうんですよね。テンションの下がった状態から、複雑な気持ちが加味されていきます。 

果たしてこの後の展開は・・・・。鴨沢ピストンに切り替えたのか。開門まで待って三頭山を登頂したのか。それとも周囲の他の山へシフトしたのか。いっそのこと登山をやめて「のめこい湯」でメンタルの癒しをして帰ったのか・・・・etc。 

次の展開は「こちらをどうぞ!」

ホームに戻る 

谷川連峰半馬蹄形縦走前、道の駅「水紀行館」トイレにて、財布を置き忘れる緊急失態により断念 2012/8/4

谷川連峰半馬蹄形縦走挑戦前、道の駅「水紀行館」トイレにて、財布を置き忘れる緊急失態により断念

Tanigawadake_20120804_004Tanigawadake_20120804_007

AM2時に自宅を出発して赤城SAで軽く仮眠をしてから、水上町の道の駅「水紀行館」に到着したのがAM4時30分でした。

山行はリセットとなりましたけど、心温まる行為に感謝です。下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

用足しをするためトイレに立ち寄ります。男子側には、和式用トイレと洋式用トイレ各1箇所、スライドドア隣に身障者用洋式が1箇所があります。洋式に慣れている私は、空きが和式用しかないため仕方なく和式用に入ります。そこで財布をパイプ式の棚に置いて踏ん張ります。すると身障者用のトイレが空いた音がしたので、すかさず場所移動をします。事を終えて、スッキリした気持ちで白毛門登山口に車を走らせます。


Tanigawadake_20120804_015Tanigawadake_20120804_014

途中、モグラ駅の愛称で呼ばれている土合駅に立ち寄ります。(AM4:55)駅前のダートな鋭い石ゴロを避けながら車を停車させます。映画「クライマーズハイ」の撮影にも使用された駅舎をしっかり確認していきます。構内には、シュラフに包まって寝ているハイカーが数名おりました。

土合橋駐車場に到着したのがAM5時丁度でした。車を停車させ、半馬蹄形縦走(白毛門~笠ヶ岳~朝日岳~ジャンクションピーク~清水峠~旧国道~土合に至るルート)に気合いが入っていました。コンディションも良好だぁ!ふとズボンのポケットに触れると、財布が無いことに気が付きます。あれ?一気に記憶が甦ります。水紀行館のトイレだぁああ!!

焦って車をすっ飛ばして、10Km戻ります。冷静さを失っていましたので、信号無視やカーブで突っ込みそうになるなど、危険運転をしていまいました。(反省しています。)


Tanigawadake_20120804_022Tanigawadake_20120804_023

道の駅「水紀行館」に戻ったのがAM5:15頃でした。約30分の間、置き去りにした財布があれば問題ないのですが・・・・。急いでトイレに向かいます。


Tanigawadake_20120804_025Tanigawadake_20120804_024

空いていた和式用トイレに突撃し棚を確認します。「なぁああああああいい!!!」無いよ・・・ない・ない・ない・・・・・・・心の中で50連発、財布が無いことを連呼していきます。トイレ内全て見まわしますが、やっぱりありません・・・・。


Tanigawadake_20120804_030Tanigawadake_20120804_028

外に出て周辺を見渡して現実を直視します。もし、心ない人に拾われてしまったら、必要なものだけ抜いて、不要なものは捨てるに違いない・・・。財布の中には、運転免許所・クレジットカード・ETCカード・各種ポイントカード・現金9,000円ぐらい・・・。

その前に警察に連絡だ!104で水上町にある交番の電話番号を御教示いただきます。水上交番の連絡先に早速電話をしてみると転送で沼田警察署に繋がります。「もしもし実は、道の駅「水紀行館」でトイレに財布を置き忘れてしまい・・・・」と経緯を電話口のおまわりさんに説明していきます。

対応されたおまわりさんは非常に丁寧でした。まだそれらしい財布の届は出てきていないようです。紛失届けをこの電話口で出来るということなので、財布の中身を伝えて、一先ず届け出を済ませます。

水上交番はすぐ側にあるらしく、現在パトロール中のため不在とのこと。後に確認すると確かに2軒先(10秒で行ける)にありました。


Tanigawadake_20120804_040Tanigawadake_20120804_037

家族にも連絡をとり、クレジットカードとETCカードの無効手続きをとってもらいます。そして、水紀行館周辺の草むらやごみ箱をあさったり、散策路をキョロキョロ探してみたりしてみました。


Tanigawadake_20120804_045

ダム放流中!」の電光掲示板を眺めて、自己の失態を悔みます。何であの時財布をトイレまで持っていったんだらう・・・・。所持金はたいした金額ではないが、「現生放流中!」につくづく的外れな失態に苦笑していきます。 

その後、車に戻るとなんと!ETCカードだけは機械から抜いて別に避けていました。が、時既に遅し、無効手続きをしてしまった後なので使用不可です。帰りの高速代どうするか・・・。現在の所持金これまた別に避けていた2000円と小銭600円のみです。


Tanigawadake_20120804_048Tanigawadake_20120804_050

こんな心理状態で登山などする気も起きず、午前中一杯、水上町に留まる意思を固めていました。車を走らせ、10Km先にある立ち寄った土合駅に向かってみます。もしかして、トイレではなく、ダートな石ゴロ地帯に落としたかも・・・。と可能性の薄い場所も探す決意をしてみます。

土合駅に到着し車外に出るやいなや、携帯に電話が入ります。水上交番からでした。届け出された財布が出てきたとの連絡を受けました。安堵の気持ちで再び水紀行館に戻ります。


Tanigawadake_20120804_051Tanigawadake_20120804_052

戻り道、片側交互通行区間に止まります。実は、冷静さを失っていた時に無視した信号箇所はこちらでした。その時は120秒も表示が残っており、対向車のライトの気配を感じなかったので、少しづづ端に避けながら進んでいきました。

結果、オーライでしたが、冷静さを失っていたなど当然理由にはなりませんので、スピード違反含めて、自分の非常識な行動に深く反省しております。そして、再び10km戻って水紀行館に到着します。


Tanigawadake_20120804_054Tanigawadake_20120804_055

水紀行館から歩いて10秒の場所に水上交番がありました。2人の感じの良い若い警察官に応対され、「紛失届とほぼ同じ内容でしたので、確認をお願いします。」と言われ広げられた物をひとつずつ確認していきます。確かに全てありました。

パトロール中だったお二人の警察官が交番に戻られた時、入口ドア取っ手に挟まっていた新聞の間に、財布が置いてあったそうです。従って、誰が届けたかは不明とのことでした。応対の良かった警察官に謝罪及び謝礼をして一先ず、私の失態から発生した事故は無事に解決に至りました。

まずは、一連の事故を通して、冷静さを失い必死になっていた私の対応を丁寧かつ親切に処置してくださった水上交番及び沼田警察署の方々に深く御礼申し上げます。元公務員の私から申し上げるのも失礼なことですが、感じの良い公務員は嬉しい限りです。

そして、財布を届けて下さいました地元の方?谷川周辺の山域にトレッキングに来られたハイカーの方?または別の要件で、水紀行館に立ち寄られた方かわかりませんが、本当に感謝しております。一言、直接御礼を申しげたいと思っております。

もしも可能性は薄いですけど、この記事を拝読されていたら御一報いただけたらと思います。

また、家族・知人等に届けられた方がいて、御存知の方いらっしゃいましたら同じく御一報いただけたら幸甚です。

★紛失場所:道の駅「水紀行館」男子トイレ 厳密には和式用トイレ

★発生日時:2012年8月4日 AM4:40~5:15の間

※一応、今回に限りコメント欄も公開しておきます。

※交番を後にした私は、「巌剛新道より谷川岳 」を登頂させていただきました。

ホームに戻る 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | 2014年山行の軌跡 | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 剱岳【早月尾根】 | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ