鳳凰三山

鳳凰三山 2012/7/15 深Qの日本百名山登頂シリーズ~南アルプス編~(日帰り縦走)

鳳凰三山(ほうおうさんざん)観音岳2,840m/地蔵岳2,764m/薬師岳2,780m 単純高低差1,690m 累積高低差約2,000m(日帰り縦走)

Houousanzan_20120715_287
南アルプスの入門コースと言われている鳳凰三山に、天候とスケジュールの合間を見計らって、遂に立ち向かう決意をしました。鳳凰三山とは、一般的に薬師岳・観音岳・地蔵岳の三山を総称した呼び名です。縦走する花崗岩稜線上は、白砂やハイマツに覆われており、白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)や富士山の展望を楽しみながら縦走できます。

日帰り縦走で立ち向かった私は、尽いてないのか?手練なのか・・・。道中各種アクシデントが発生します。車中泊睡眠3時間からのスタートを切り出した後、徐々に身体が慣れ始め、コンディションが上向きになっていきます。しかし、超ヘビー級の急激な登り込みに、鳳凰小屋到着前に両脚大腿部痙攣に暫く苦難します。大幅なロスタイムが生じる中、撤退を本気で考えました。

そこで、普段活用しないステッキと一時的なテーピングで難を凌いでいきます。しかしその後、更に壮絶なアクシデントが襲ってきます。①歯が抜ける②高山病で頭痛が激しくなる③腹にガスが溜まり、おならが止まらない④勝手にムーンウォークになってしまう砂礫地帯では、いたずらに攣った脚部が刺激される・・・・・・etc

こんな状況で果たして、無事にヘビー級の日帰り縦走を達成することができたのだらうか。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):青木鉱泉(5:30)⇒南精進ヶ滝(6:52)⇒鳳凰ノ滝(7:30)⇒白糸ノ滝(8:27)⇒五色ノ滝(9:24)⇒鳳凰小屋(10:14)⇒地蔵岳(11:17)⇒赤抜沢ノ頭(11:40)⇒観音岳(12:53)⇒薬師岳(13:25)⇒御座石(14:46)⇒廃墟小屋(17:15)⇒青木鉱泉(18:09)


Houousanzan_20120715_001Houousanzan_20120715_005

前日の22時30分、鳳凰山アタックに備えて早々と自宅を出発です。圏央鶴ヶ島IC乗車~圏央道~中央道~双葉SAに0時15分到着します。周囲に車中泊らしき車が多い中、20分ぐらい寛いでから車内3列目で横になります。その後3時間の睡眠を経て、再び青木鉱泉目指して出発です。


Houousanzan_20120715_024_2Houousanzan_20120715_013

国道20号北杜市方面に進んで、桐沢橋東詰を左折して突き当たりを右折します。射撃場前を通過していくと、青木鉱泉への看板があるのでひたすら突き進みます。途中ダートな道を通過しますが、15キロの道程のうち1キロ程度は我慢です。

青木鉱泉の駐車場に到着すると、驚くことに満車に近い状態でした。焦って車から飛び降りて、空いているスペースを探すと奥の方が空いていました。


Houousanzan_20120715_018Houousanzan_20120715_026

駐車場から青木鉱泉に向かうと既に、受付のオヤジがいました。750円(1日)を支払って半券をフロントガラスの見えやすい場所に置いてくれとのこと。一旦、バックして車まで戻ります。受付を済ませるのに、ザックは背負わないで行ったほうがいいですね。


Houousanzan_20120715_028Houousanzan_20120715_032

ドントコ沢登山道より、今年の達成目標のひとつであった「日帰り鳳凰三山縦走」に向けて、5時30分登山開始です!鳳凰三山概念図をしっかりと目に焼き付けていきます。


Houousanzan_20120715_035Houousanzan_20120715_038

砂利道を歩いて山頂を見上げるとガスっています。


Houousanzan_20120715_041Houousanzan_20120715_050

工事中の道を進んでいくと、いきなり背後から鈴を鳴らしながら、ハイスピードな単独女性ハイカーに抜き去られます。彗星のように速すぎるスピードでスタミナ持つのだらうか・・・。きっと山小屋関係者かな?


Houousanzan_20120715_052Houousanzan_20120715_055

そして小武川第三砂防堰堤の脇を通過してから登山道に入ります。


Houousanzan_20120715_056_2Houousanzan_20120715_058

道標に従いドンドコ沢に進んでいきます。


Houousanzan_20120715_059Houousanzan_20120715_063

実はここで「登山道」と白く記載されている箇所を、真っ直ぐ直登してしまいます。違和感を感じつつも悪路に突っ込んでいき、余計な高度を稼いでからやっぱりおかしい・・・ということに気付き戻ってきました。すると表示向かって左手に道がありました。ロスタイム及び余計な体力を消耗しました。


Houousanzan_20120715_075Houousanzan_20120715_079

川沿いルートを通り小休止していると、カップルトレランハイカーが急登に突入していきます。その後暫く、このカップルトレランハイカーとデッドヒート状態となっていきます。


Houousanzan_20120715_083Houousanzan_20120715_084

グングン高度を稼いでから、南精進ヶ滝へと沢筋に下りていきます。


Houousanzan_20120715_087Houousanzan_20120715_088

大岩がゴロゴロしている沢を対岸に渡っていきます。


Houousanzan_20120715_091Houousanzan_20120715_095

その先登り込んでから、ガレた悪路を慎重に通過していきます。


Houousanzan_20120715_099Houousanzan_20120715_104

まずはドンドコ沢最初の見どころ「南精進ヶ滝」を、眺めながら登り込んでいきます。


Houousanzan_20120715_112_2Houousanzan_20120715_114

先を進んでいくと、再びトレランペアにキャッチアップしていきます。


Houousanzan_20120715_119Houousanzan_20120715_124

再び樹林帯に入り登り込んでいくと、今度は「鳳凰の滝」分岐道に出ました。話のネタに立ち寄ってみることにしました。


Houousanzan_20120715_126_2Houousanzan_20120715_131

200mぐらいアップダウンしていくと、「鳳凰の滝」観爆ポイントに出ました。私的には、日本三大名瀑の「袋田の滝」や「華厳の滝」を観爆していたので、大したことのない滝だな・・と感じました(比較対象が違いすぎますけど)。価値の薄さに立ち寄ったことを後悔します。


Houousanzan_20120715_139Houousanzan_20120715_140

トレランペアも同じく鳳凰の滝に立ち寄っていたので、再び前を歩いています。次は白糸の滝を目指していきます。


Houousanzan_20120715_143Houousanzan_20120715_144

崩壊気味の登山道を進むと、徐々にハイカーの渋滞が始まります。この辺りは、まだ私の身体のコンディションが良好な状態でした。


Houousanzan_20120715_147Houousanzan_20120715_152

急勾配のジグザグ道を登り込んで、高度を稼ぎにいきます。


Houousanzan_20120715_154Houousanzan_20120715_156

そして「白糸滝」に到着です。急激な高度稼ぎで、大腿四等筋に違和感を感じ始めます。ここでは既に滝への関心は薄れていましたのでスルーです。


Houousanzan_20120715_158Houousanzan_20120715_160

そして五色の滝に通じる急激な登り込みで、惨劇が起こります。違和感を感じ始めていた太モモの大腿四等筋が、遂に大きな悲鳴を上げることになります。それは身構えることなく、突然両脚が攣ることに最大の苦戦を強いられます。


Houousanzan_20120715_165_2Houousanzan_20120715_167

悲鳴を上げた太モモを必死にマッサージしますが、鳳凰三山の急激な高低差に脚部がビックリしてしまったようです。何度か体制を整えて歩き込みますが、全く回復しません。暫く立ち止まったり休んだりして、ごぼう抜きしたハイカーたちに逆に追い越されていきます。そして大幅なロスタイムの発生です。 


Houousanzan_20120715_168Houousanzan_20120715_170

その後も五色ノ滝に向かいつつ、急坂を苦しみながらゆっくり歩を進めます。立ち止まっては、脚部を揉みほぐして真剣に撤退を考えていきます。


Houousanzan_20120715_173Houousanzan_20120715_174

惰性で行ける所まで行ってみようと、脚を引っ張りながら上昇していきます。そして執念で「五色滝」に到達しました。しかし滝を見るには、少し先を下らなければなりませんので、五色滝の観爆を諦めます。


Houousanzan_20120715_176_2Houousanzan_20120715_177

五色滝の先で再び大腿部が痙攣に襲われます。95%撤退を本気で考えました。そして、鳳凰三山撤退のレポ作成のことまでも考えていました。何か対処法があるだらう・・・とマイナス志向になったメンタル面を無理やりプラス志向に切り替えます。ザックに入っていたテーピングを大腿部に巻きつけてみます。しかし、途切れてしまい一重のみ。そして究極の選択、必殺ステッキ活用を試みます。


Houousanzan_20120715_180Houousanzan_20120715_182

少しづつ頑張ってみることに。地蔵岳はまだ高い位置に見えています。ここで下ってきたハイカーに鳳凰小屋までの位置を訪ねると、「まだ30分はあると思いますよ。でももう少し上がれば平坦な道が出てきます。」との情報を頂き、少しやる気が出てきました。


Houousanzan_20120715_193_2Houousanzan_20120715_197

ステッキを駆使しながら、傾斜の落ち着いた道に出てきました。すると樹間からオベリスクを確認します。ヘバッテいた全身に闘志が漲ります。


Houousanzan_20120715_198Houousanzan_20120715_199_2

鳳凰小屋に向かい歩いていくと、視界が開けた場所に出ます。 


Houousanzan_20120715_200Houousanzan_20120715_204

再びオベリスクを視界に捉えます。


Houousanzan_20120715_207Houousanzan_20120715_219

沢を渡り樹林帯に再び入ります。


Houousanzan_20120715_221Houousanzan_20120715_224

脚部の痙攣が落ち着いた頃、鳳凰小屋の前に何とか出れました。


Houousanzan_20120715_225_2Houousanzan_20120715_228

ここは登山道の交差点にもなっているようです。鳳凰小屋前のベンチに、重いザックを下ろして小休止です。脚部痙攣との格闘から、精神的にも肉体的にも激しい消耗状態です。


Houousanzan_20120715_229_2Houousanzan_20120715_233

6~7人の小屋のスタッフたちが、小屋に到達してくるハイカーたちに「お疲れ様!」と優しく声を掛けています。小屋のオヤジにトイレの場所を聞いて、用足しをしていた時です。なんと!いきなり歯(差し歯)が抜けました!最悪です。


Houousanzan_20120715_234Houousanzan_20120715_227

テン場の様子を少し眺めてから、地蔵岳1キロの道標を進んでいきます。


Houousanzan_20120715_244_2Houousanzan_20120715_245

鳳凰三山最高峰の「観音岳」を確認して、急坂を登り込んでいきます。


Houousanzan_20120715_246Houousanzan_20120715_248

急坂に耐えながら高度を稼ぐと、周囲の環境がガラッ!と変化していきます。下山してきた学生風の若い男女5人組ハイカーに、山頂からどのくらいかかったか尋ねると、「10分で下ってきました!」と元気に返答されます。山頂が近いことが伺えました。


Houousanzan_20120715_252Houousanzan_20120715_253

ゆうやけハイカー鳳凰三山編 」で紹介されていましたこの砂礫地帯は、歩くと「勝手にムーンウォーク」になってしまう登りで入ると非常に難易度が高くなる地帯です。


Houousanzan_20120715_254Houousanzan_20120715_260

勝手にムーンウォークでは、いたずらに攣った脚部が刺激されていきますので、なるべく踏み跡を選びながら、少しずつオベリスクに近づいていきます。


Houousanzan_20120715_271Houousanzan_20120715_279

こんな場所でムーンウォークを決めたくありません。できるなら舞台の上で(笑)。周回コース中、ここが一番苦しめられた箇所でした。逆に下っていくハイカーたちは、富士山の砂走りのようだと叫んで、一気に急降下していきました。


Houousanzan_20120715_290Houousanzan_20120715_288

そして遂に危機一髪を乗り越えて「地蔵岳」に登頂成功です!目の前にはオベリスクが切り立っています。とてもではありませんが、オベリスクを登攀する気力など持ち合わせておりませんでした。


Houousanzan_20120715_298

地蔵岳ということもあって、山頂には地蔵の石仏が沢山置いてあります。


Houousanzan_20120715_302

残念ながら甲斐駒ケ岳の山頂部は雲の中です。


Houousanzan_20120715_305Houousanzan_20120715_308

大幅なロスタイムが生じていたので、日帰り縦走完結するのに、あまり山頂で寛いでいる時間がありません。抜けた歯を再確認したり、酸素濃度が薄くなっているので酸素補給をしたり、次の地点への縦走準備を整えていきます。因みに「単独有酸素登頂」のスタイルに切り変わります。


Houousanzan_20120715_300_2Houousanzan_20120715_322

再度地蔵を見物してから、次の観音岳に向かいます。


Houousanzan_20120715_327Houousanzan_20120715_326

オベリスクを振り返ると、登攀しているハイカーが数名見えました。


Houousanzan_20120715_328Houousanzan_20120715_331

少し登っていくと、赤抜沢ノ頭に到達です。風が吹いていたので肌寒く感じます。


Houousanzan_20120715_332Houousanzan_20120715_334

快晴であれば、目の前には白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)の眺望が見事だと思いますが、北岳他の山頂部はガスで確認できません。白峰三山の土台だけ観賞している光景です。


Houousanzan_20120715_338Houousanzan_20120715_342

ここからは鳳凰三山縦走ルートの稜線歩きとなります。展望はイマイチで残念ですけど、稜線歩きでは更なる悲劇が肉体を襲います。原因不明のガスが急に腹に溜まって、なぜか歩く距離に比例しておならが止まりません。なぜだかよくわかりませんけど、この後稜線歩きをしている時に、累計25発を噛ましていきます。幸い背後には誰もいませんでした。(爆)


Houousanzan_20120715_344Houousanzan_20120715_343

再びオベリスクにズームを合わせると、複数のハイカー集団が取り付いていました。


Houousanzan_20120715_345Houousanzan_20120715_352

観音岳への岩稜歩きは迫力のある花崗岩地帯を歩いていきます。


Houousanzan_20120715_358

観音岳に徐々にアプローチしながら、ハイマツ・白砂地帯を歩いていきます。


Houousanzan_20120715_382Houousanzan_20120715_384

ひと登りをしてオベリスクを振り返ってみます。


Houousanzan_20120715_381Houousanzan_20120715_380

オベリスク岩塔にズームを合わせると、なんと!ハイカーがトップに座り込んでいます。相当な熟達者でしょうね。


Houousanzan_20120715_389Houousanzan_20120715_390

稜線を登り込み、鳳凰小屋分岐点に到達です。地蔵岳⇔観音岳のほぼ中間地点です。


Houousanzan_20120715_393Houousanzan_20120715_396

更に急な岩場をジグザグに登っていきます。


Houousanzan_20120715_398Houousanzan_20120715_400

観音岳山頂にアプローチしてきました。ここよりアタック体制を整えていきます。


Houousanzan_20120715_412Houousanzan_20120715_414

観音岳山頂を間近に捉え、歩いて来た稜線を振り返ります。


Houousanzan_20120715_415_2

甲斐駒があと一歩で見えそうですが、残念ながら雲が邪魔をしています。 


Houousanzan_20120715_420Houousanzan_20120715_418

オベリスクを眺めながら、果敢にアタックを仕掛けにいきます。


Houousanzan_20120715_425

鳳凰三山最高峰の観音岳(2,840m)登頂成功です!


Houousanzan_20120715_431Houousanzan_20120715_433

薬師岳方面、韮崎市街地を頂上から眺望していきます。


Houousanzan_20120715_438_2Houousanzan_20120715_439

山頂部はそれほど広くなく、地蔵岳ルートから集団ハイカーがアプローチしてきたので、薬師岳に向かうことにします。


Houousanzan_20120715_424Houousanzan_20120715_440

薬師岳山頂まで30分の表示あり、見た目もアップダウンは少なそうです。


Houousanzan_20120715_442Houousanzan_20120715_452

見えていないと思いますけど、塩見岳・聖岳方面の青空を眺めます。花崗岩の岩稜歩きはまだ続いています。ようやく腹に溜まっていたガスも全て出し尽くした感があり、平常を保っていました。


Houousanzan_20120715_457Houousanzan_20120715_459

白峰三山を目の前にしながら、平坦な白砂・ハイマツの稜線を歩いていきます。もう勝手にムーンウォークにはなりませんので安心です。稜線上の風は、ややひんやりとした冷たい風が吹いていました。


Houousanzan_20120715_470Houousanzan_20120715_471

白砂のザレ場が続く先に、薬師岳山頂部が見えてきました。


Houousanzan_20120715_474Houousanzan_20120715_481

鳳凰三山最終縦走ポイントの「薬師岳」に登頂成功です!


Houousanzan_20120715_489Houousanzan_20120715_485

白峰三山が正面に聳えていますが、山頂部は相変わらず雲に隠れたままです。風の当たらない盾となりそうな岩の前で寛いでいきます。


Houousanzan_20120715_486Houousanzan_20120715_488

ここでマイクロストーブでお湯を沸かし、山頂カップヌードル!と気合いを入れてみましたが、酸素濃度不足からくる頭痛と極度の疲労から半分も食べれませんでした。


Houousanzan_20120715_475Houousanzan_20120715_476

日帰り縦走なので、薬師小屋には寄らずに青木鉱泉への周回コースを辿ります。ここより標高1600m近く下げなければ下山できませんので、気が重たい感じです。


Houousanzan_20120715_478Houousanzan_20120715_477

日没に間に合わせる予定で、中道に入っていきます。


Houousanzan_20120715_494Houousanzan_20120715_496

少し下がった所で数名のハイカーが写真撮影をしています。何かと眺めてみたらニセオベリスクでした。「青木」と赤くマーカーされた方向を進んでいきます。


Houousanzan_20120715_499Houousanzan_20120715_501

まずは展望の利かない急坂の樹林帯を下っていきます。


Houousanzan_20120715_504Houousanzan_20120715_506

50分ぐらいひたすら下ると「御座石」に到達します。


Houousanzan_20120715_508Houousanzan_20120715_511

御座石は巨大で、今にも滑り落ちていきそうなイメージがありますので、サッさとこの場を立ち去ります。


Houousanzan_20120715_512Houousanzan_20120715_518

黙々と標高を下げていくと、ダブルステッキを使用したおじさんを追い越します。更に黙々と下った先で、還暦は過ぎたであろうオバサンハイカーが座っていました。休憩がてらに10分ぐらい話込みます。どうやら先程追い越してきたおじさんのペアとのこと。関西からお越しで、聖岳のトレーニングにきていて、昨日は鳳凰小屋泊、本日は下山後に青木鉱泉泊とのことでした。私は脚を攣ったと話すと他にもいましたよと話されます。お互いの健闘を祈って、お先に下らせていただきます。


Houousanzan_20120715_519_2Houousanzan_20120715_525

暫くすると長い熊笹地帯に入ります。登山靴をNorth Faceのダウラギリに代えてから足裏への痛みが出なくなりました。相変わらず、脚部本体は痛ぇ~んですけどね。


Houousanzan_20120715_527Houousanzan_20120715_529

なんと!熊笹地帯の下りで猿の軍団に遭遇です。


Houousanzan_20120715_531Houousanzan_20120715_534

標高を下げていくにつれて、ガスが濃くなっていきます。チャッチャカは下れませんので、シングルステッキを駆使して、脚部負担を軽減させる下り方をしていきます。


Houousanzan_20120715_535Houousanzan_20120715_537

青木鉱泉の道標を見つけて安心します。しかし、長く連続した展望の利かない樹林帯下りに、いい加減ウンザリしていきます。


Houousanzan_20120715_542Houousanzan_20120715_547

最終樹林帯下りでは、これでもか!と延々と続くジグザク下りを強いられます。やっとの思いで目印になっている廃墟小屋の脇を通過していきます。


Houousanzan_20120715_549Houousanzan_20120715_548

中道登山道入口に出ると更に、青木鉱泉まで林道歩き40分が待っています。 


Houousanzan_20120715_552Houousanzan_20120715_555

青木鉱泉に向けて林道を無心で歩いていきます。


Houousanzan_20120715_561Houousanzan_20120715_562

数名のハイカーたちが周回コースを辿っていました。途中青木鉱泉へのショートカットを利用できるのですが、河川増水により通行禁止です。大回りして橋のルートから廻り込んで戻ります。 


Houousanzan_20120715_566Houousanzan_20120715_568

薬師岳山頂表示にあった時間とほぼ同程度で下ってきました。駐車場には多くの車が停まったままです。連休の真ん中ですから、宿泊者も多いことでしょう。何とか日没前に下れて、安堵の気持ちで着替えをしていきます。


Houousanzan_20120715_571

下山後は、道の駅にらさきの前にある「ゆーぷるにらさき」に立ち寄ります。アクシデント連発の約13時間の行程を終えて、疲弊仕切っている肉体を思う存分癒しまくります。入浴後は「すきや」に寄ってから、韮崎IC乗車⇒圏央道で帰宅するつもりが、小仏トンネル付近で30キロの渋滞が発生!大月⇒八王子間約3時間の表示を見て、高速を下りて、雁坂トンネルから帰宅しました。


■天候:曇り時々晴れ 

■出会った人:100人ぐらい

■タイム:5:30~18:09

■形態:単独

■水分:4.5L(ペットボトル500ml:9本持参)

■その他: 

★青木鉱泉発のヘビー級鳳凰三山縦走周回コースを無事に終えました。アクシデント発生など標準タイムにほど遠い難儀な縦走となりました。深Q百名山第22座目登頂成功は、自分にとって大変インパクトが残る山行となりました。年末に作成予定の勝手に年間拷問ランキングで、確立高くトップになると予想できる究極の拷問ルートでした。

★谷川連峰馬蹄形縦走より、鳳凰三山周回ルートの方が全然楽チンだよ!と以前よりゆうやけ師匠からアドバイスを受けておりました。鳳凰三山日帰りルートをギリギリ縦走してきた私にとって、谷川連峰馬蹄形の凄さを想定できるようになりました。来年に向けた攻略法を練っていかなければなりませんね。

★脚部痙攣は、やはり大腿四等筋前部に掛かる負担を、いかに他の部位へ分散させ、筋肉を消耗させない歩き方をしていくか・・・超緊急的な課題項目となりました。低山縦走トレーニングを利用して、歩き方(特に登り込み)の研究に励んでいきたいと考えます。

★地蔵岳手前の「勝手にムーンウォーク」では、かなり厳しい洗礼を受けました。この機会に是非、お試しする価値ありです!下界でのムーンウォークが、きっと上達できるはずですよ。

★トラブル・アクシデント連続の道中の為、コースタイムは全く参考になりませんので、ご了承ください。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ