天狗岳(北八ヶ岳)

天狗岳(北八ヶ岳) 2012/6/8 北八ヶ岳の最高峰を踏破!

天狗岳(てんぐだけ) 2,646m 単純高低差536m

Tengudake_kurumayama_201206089_188
北八ヶ岳最高峰の双耳峰「天狗岳」に登頂する機会が訪れます。切っ掛けは、同行者のM氏が白駒池を訪問してみたい!という意見から、天狗岳までのルートを思いつきます。当初は、山梨の奥秩父山域か新潟の浦佐を拠点とした山行など案件候補がいくつか浮上していましたが、訪問ターゲットを白駒池を中心とした北八ヶ岳に合わせます。

昨年7月に八ヶ岳主峰の「赤岳 」を真教示尾根より登頂済でしたので、私的にも北八ヶ岳最高峰は魅力の山域でした。

しかしながら、実際は予想以上に巨岩、残雪、距離間隔、小蝿、アップダウンなど困難を極めた山行となり、下山後は疲弊状態がMAXに達していました。そこで、下界で1泊していくことに・・・。

レポ作成の原動力になりますので、入山前に下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):白駒池有料駐車場(5:00)⇒白駒池(5:10)⇒白駒荘⇒高見石(6:00)⇒中山(7:30)⇒中山峠(8:30)⇒東天狗(9:30)⇒西天狗(10:10)⇒天狗の奥庭(12:00)⇒すりばち池⇒黒百合ヒュッテ(12:20)⇒中山峠(12:35)⇒にゅう(13:45)⇒白駒池(15:00)⇒青苔荘(15:20)⇒白駒池有料駐車場(15:40)


Tengudake_kurumayama_201206089_011Tengudake_kurumayama_201206089_015

私が寝坊したおかげで少し遅れてAM0時40分、今回の山行同行者M氏をピックアップしていきます。関越自動車道東松山IC⇒上信越自動車道下仁田IC下車⇒国道254号線⇒141号線⇒一般道で白駒池有料駐車場にAM4時到着します。広い舗装の駐車場は、他に3台程度停車(宿泊者みたい)していました。トイレはフルタイム使用可で有料50円です。


Tengudake_kurumayama_201206089_017Tengudake_kurumayama_201206089_023

準備を整えて駐車場より、白駒池入口に向かいます。


Tengudake_kurumayama_201206089_021Tengudake_kurumayama_201206089_032

AM5時登山開始です!周囲はとても静かで新鮮な酸素を吸い込みながら、原生林と美しい苔地帯の「白駒の森」の中を慣らし歩きしていきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_036Tengudake_kurumayama_201206089_040

間もなく分岐点に出ます。白駒池湖畔は周回コースとなっており、下山時は青苔荘から廻ってきますので、白駒荘の方向へと進んでいきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_045Tengudake_kurumayama_201206089_048

標高2,110mに位置する山上湖の「白駒池」のほとりに出ました。あずま屋から暫し、この美しさに見惚れていきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_053Tengudake_kurumayama_201206089_054

そのまま白駒池の畔を歩いていくと、白駒荘の前に出ます。宿泊して1日中ゆっくりと白駒池を眺めて癒されたいものですね。 


Tengudake_kurumayama_201206089_057Tengudake_kurumayama_201206089_059

白駒荘前を通過しますが、とても静かで人の気配すら感じません。隣には旧山荘が建っていました。


Tengudake_kurumayama_201206089_065Tengudake_kurumayama_201206089_067

朝焼けで輝く池をバックにシルエット撮影です。ほんとに白駒池は見ているだけで癒されますね


Tengudake_kurumayama_201206089_070Tengudake_kurumayama_201206089_074

いつまでも池ばかり眺めていられないので、「高見石」に向かいます。白駒池は、本日色々な場所から眺めることができます。また起点なので、下山後にも立ち寄ることになります。


Tengudake_kurumayama_201206089_081Tengudake_kurumayama_201206089_084

高見の森と名付けられた「コセイタカスギゴケ」を主とした苔に囲まれた森を登り込んでいきます。ガレ場を通過していきますが、苔ファンには、たまらない場所でしょうね。


Tengudake_kurumayama_201206089_086Tengudake_kurumayama_201206089_088

適当に登り込んでいくと高見石小屋に出ました。小屋の裏手に「高見石」が在ります。


Tengudake_kurumayama_201206089_092Tengudake_kurumayama_201206089_093

高見石小屋にも人の気配を感じません。平日だからかな?小屋の脇を抜けて、岩塊を登り越えていきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_096Tengudake_kurumayama_201206089_111

全身を使って岩塊を登っていくと、高見石はその名の通り、開けた眺望抜群の場所でした。


Tengudake_kurumayama_201206089_10_2Tengudake_kurumayama_201206089_103

高見石小屋を眼下に正面に見える山は、縞枯山?かな。


Tengudake_kurumayama_201206089_104Tengudake_kurumayama_201206089_108

南ア方面、3つ先のピーク蓼科山、奥には北ア方面が確認できます。


Tengudake_kurumayama_201206089_106Tengudake_kurumayama_201206089_113

ニセ八ツ、金峰山・瑞牆山など奥秩父の山々


Tengudake_kurumayama_201206089_116

広がる樹海の中で、起点の白駒池が目立ちます。


Tengudake_kurumayama_201206089_118Tengudake_kurumayama_201206089_132

高見石からの眺望は見事です!なぜか瑞牆山の山頂の雰囲気にちょっと似ています。高見石は、かなりお気に入りの場所となりました


Tengudake_kurumayama_201206089_124Tengudake_kurumayama_201206089_123

ふと気付くと、連れは岩の上で寝ていました。この場所は、居眠りしたくなるくらい気持ちがいいんですよ!


Tengudake_kurumayama_201206089_129Tengudake_kurumayama_201206089_134

石には刻み文字が・・・多胡碑みたいに丁寧に刻み込まれていれば感動ものですけどね。白駒池をバックに高見石での記念撮影。


Tengudake_kurumayama_201206089_136Tengudake_kurumayama_201206089_139

高見石でもゆっくり寛いでしまい、高見小屋に戻ることにします。


Tengudake_kurumayama_201206089_141Tengudake_kurumayama_201206089_144

登山道の分岐点に出て、これからだらだら登りで中山を目指します。


Tengudake_kurumayama_201206089_150Tengudake_kurumayama_201206089_151

確かにダラダラとした登りから始まり、周囲にはクロゴケが見れる「オコジョの森」の看板があります。


Tengudake_kurumayama_201206089_158Tengudake_kurumayama_201206089_163

森の中の樹林帯登りでは、日当たりの悪い場所に、徐々に凍結箇所が現れてきました。


Tengudake_kurumayama_201206089_166Tengudake_kurumayama_201206089_168

やがて残雪が深くなり、難儀な走行となってつぼ足歩きに変わります。しかし、スタッドレスへの履き替えはしませんでした。


Tengudake_kurumayama_201206089_178Tengudake_kurumayama_201206089_179

そろそろオーバーヒート気味になった頃、中山(2,496m)の展望台に到着です。


Tengudake_kurumayama_201206089_183

中山展望台にも大岩がゴロゴロしています。しかし広さは、高見岩の10倍以上はありそうですね。


Tengudake_kurumayama_201206089_211

いよいよ、目指す目標物の双耳峰「天狗岳」が聳え立つのを確認できました。


Tengudake_kurumayama_201206089_190Tengudake_kurumayama_201206089_191

東天狗・・・西天狗・・・とじっくりと眺めていきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_195Tengudake_kurumayama_201206089_205

南ア・・・北ア・・・と素晴らしい大展望です。


Tengudake_kurumayama_201206089_222

円錐形の深Q百名山の1峰「蓼科山」です。埼玉の堂平からも見えていました。


Tengudake_kurumayama_201206089_199Tengudake_kurumayama_201206089_200

展望に気を取られていたら、連れが見当たりません!岩場から滑落か?・・・とキョロキョロ探していたら、またまた岩場で寝ていました。


Tengudake_kurumayama_201206089_201Tengudake_kurumayama_201206089_208

再び展望を楽しみます。ここまで人に出くわしていなかったので、思わず「ヤッホー!」と叫んでみます。すると、驚いたことに何重にもコダマが響き渡ってきました。


Tengudake_kurumayama_201206089_22_2Tengudake_kurumayama_201206089_230

最高の癒し空間を後にして、奥秩父方面の稜線を視界に入れながら先に進みます。


Tengudake_kurumayama_201206089_233Tengudake_kurumayama_201206089_237

一旦、標高を下げてから、フラット気味の登山道を歩いていきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_240Tengudake_kurumayama_201206089_244

「にゅう」の分岐点を通過して、中山峠に向かいます。天狗岳登頂後は再びこの分岐点まで戻ってきます。先を進んでいくと、東天狗に近づいてきたことがわかります。奥には硫黄岳も確認できます。


Tengudake2_20120608_005Tengudake2_20120608_006

見晴らし台を通過しながら、天狗岳の山容を眺めていきます。まだまだ高度を稼ぐ必要があることを認識させられます。


Tengudake2_20120608_012Tengudake2_20120608_018

岩を避けながら廻り込みます。


Tengudake2_20120608_019Tengudake2_20120608_022

中山峠より黒百合ヒュッテ側に廻らず、直登コースで天狗岳を攻めて込んでいきます。


Tengudake2_20120608_027Tengudake2_20120608_036

徐々に天狗岳との距離を詰めていきます。


Tengudake2_20120608_049Tengudake2_20120608_055

岩場を登り込んで一呼吸入れていきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_246Tengudake_kurumayama_201206089_250

ここからは、森林限界特有の足場の不安定なガレ場登りで、高度を稼ぎにいきます。しかし、上昇するに連れて小蝿のような虫も増えてきました。昨年の赤岳急登の登り込み場面で、小蝿を吸い込んでしまい、経絡秘孔を突いて内部爆発を起こして吐き切りました。吸い込まないように要注意です。


Tengudake_kurumayama_201206089_251Tengudake_kurumayama_201206089_253

その先20mぐらい続く、残雪の深い急坂の直登りがあります。下山時はたいへん滑り易い箇所と思われます。


Tengudake_kurumayama_201206089_255Tengudake2_20120608_056

残雪地帯を抜けて振り返ると、眼下には黒百合ヒュッテ、遠方に蓼科山を確認します。


Tengudake2_20120608_063Tengudake2_20120608_064

その先も足腰に堪えるガレ場登りは続きます。


Tengudake2_20120608_076Tengudake2_20120608_080

岩場では進むべき方向に、しっかりとマーキングが付されています。


Tengudake2_20120608_081Tengudake2_20120608_084

途中、錆び付いた鎖の残骸がありました。以前は鎖が掛けられていたのでしょうか。進行方向右手には、西天狗が雄大に聳えています。


Tengudake2_20120608_088Tengudake2_20120608_090

東天狗山頂にかなりアプローチしてきました。本日は水分累計5Lザックに積んできたので、ボディーブローのように脚に効いてきました。


Tengudake2_20120608_093Tengudake2_20120608_096

仙丈ヶ岳、甲斐駒あたりが雲に隠れて見えそうで見えにくい部分を凝視しながら、果敢にアタックを仕掛けにいきます。


Tengudake2_20120608_099_2Tengudake2_20120608_117

遂に天狗岳の東天狗に登頂成功です!時刻は9時30分、白駒池より約4時間半かかりました。山頂標識で記念撮影をしていきます。


Tengudake2_20120608_097

向かい側は「西天狗」です。


Tengudake2_20120608_104

そして、八ヶ岳の大将「赤岳」です。今年も大将の首取り登頂の意欲が湧きますが、他が支えているので再来は来年以降ですかね。


Tengudake2_20120608_102Tengudake2_20120608_105

手前、「硫黄岳」の奥左から「赤岳・中岳・阿弥陀岳」の八ヶ岳主峰チームが連なっています。


Tengudake2_20120608_109Tengudake2_20120608_112

白駒池が物凄く遠方に見えます。日帰りで、あの位置まで戻らなければならないことを考えるとゾォっとします。そして眼下に黒百合ヒュッテが見えています。


Tengudake2_20120608_124Tengudake2_20120608_128

蓼科山、仙丈ヶ岳・甲斐駒・北岳・鳳凰三山のライン


Tengudake_kurumayama_201206089_267Tengudake_kurumayama_201206089_269

金峰山を中心とした奥秩父山域、蓼科・車山・美ヶ原方面


Tengudake2_20120608_115Tengudake2_20120608_120

夏沢峠方面のルートからは、単独ハイカー2名が登頂してきました。山頂は我々含めて4名ですが、10人も登頂してくれば圧迫感が出てくるでしょう。西天狗に向かうことにします。


Tengudake2_20120608_143Tengudake2_20120608_147

一旦、鞍部まで下っていくと、根石山荘が左手側に見えます。


Tengudake2_20120608_150Tengudake2_20120608_153

急坂の登り返しで踏ん張りを効かせていくと、難なく山頂部に到達してきました。


Tengudake2_20120608_155_2

西天狗岳(2,646m)登頂成功です!


Tengudake2_20120608_158Tengudake2_20120608_161

三角点を撮影してから、連れに山頂標識を脇に、登頂成功の勇姿を撮っていただきます。


Tengudake2_20120608_165Tengudake2_20120608_167

山頂は東天狗よりもスペースが広いので、お昼休憩にはベストな選択ポイントになるでしょう。主峰「赤岳」に向けて、チャルメラ塩味を美味しくいただきます!連れは、チリトマヌードルを同じく美味しく頂き、なんと!初の山頂カップヌードルということで感動していました。カップラーメン用として、ザックに2Lの水を積んでおりましたので、少し軽くなり安心です。


Tengudake2_20120608_174Tengudake2_20120608_175

西天狗からも赤岳を中心に、中岳・阿弥陀岳をしっかり目に焼き付けるまで眺望していきます。


Tengudake2_20120608_169Tengudake2_20120608_180

先程登頂してきた東天狗、そして硫黄岳を眺めていきます。


Tengudake2_20120608_181Tengudake2_20120608_183

西天狗山頂でたっぷり休養してから、東天狗に戻っていきます。


Tengudake2_20120608_188_2Tengudake2_20120608_190

東天狗を登り返して山頂近くまでいきますが、下山方向にシフトしていきます。


Tengudake2_20120608_195Tengudake2_20120608_198

急な岩場を下っていくと、数名の単独男性ハイカーと擦れ違います。その内一人のハイカーと少し会話を交わします。そのハイカーは、黒百合ヒュッテに宿泊するそうですが、明日の全国的な雨の予報に不安を抱いておりました。


Tengudake2_20120608_200Tengudake2_20120608_202

黒百合平との分岐点に出てきました。下山ルートは、天狗の庭が気になる連れの意見を優先して、黒百合平の方向に下りていきます。


Tengudake2_20120608_204Tengudake2_20120608_203

黒百合ヒュッテは未だ遠く、低い位置に見えています。


Tengudake2_20120608_210Tengudake2_20120608_211

足の裏が痛くなるくらい岩場を歩き越えていきます。


Tengudake2_20120608_220Tengudake2_20120608_221

徐々に高度を下げて、「天狗の奥庭」を通過していきます。


Tengudake2_20120608_227Tengudake2_20120608_235

池好きの連れが特に感動したのが、この「すりばち池」です。天狗岳との絶妙なコンビネーションが自然の風情を感じさせられます。


Tengudake2_20120608_239Tengudake2_20120608_242

黒百合ヒュッテが間近に見えてきました。真っ直ぐな岩場を下っていきます。


Tengudake2_20120608_244

黒百合ヒュッテに到達です。岩場歩きは脚部にかなり堪えましたので、外のベンチに座って暫し休憩をしていきます。


Tengudake2_20120608_247Tengudake2_20120608_249

黒百合ヒュッテには、うどん。そば、ラーメン、カレー、牛丼等豊富なメニューが揃っています。ここで1泊していきたかったと後悔です。


Tengudake2_20120608_253Tengudake2_20120608_254

黒百合ヒュッテから中山峠に向かいます。


Tengudake2_20120608_257Tengudake2_20120608_263

中山峠に戻って天狗岳を振り返ります。


Tengudake2_20120608_268Tengudake2_20120608_269

雪解け後のぬかるんだ登山道を、靴の汚れを気にしながら歩いていくと、「にゅう」との分岐点に戻ってきました。


Tengudake2_20120608_275Tengudake2_20120608_281

分岐点より「にゅう」まではとにかく長い距離に感じました。脚部は既に棒状態です。途中で、単独オヤジハイカーに出くわします。八ヶ岳訪問は多種ルートと山小屋泊を活用して複数回縦走訪問に来ているとのことです。しかし、我々に「にゅう」は何処にあるか?と尋ねてきました。実は我々も「にゅう」を探していたのですが、通過したのかな?と思っていると答えました。その先を進んでいくと標識があり、ここが「にゅう」だと判別できました。


Tengudake2_20120608_283Tengudake2_20120608_297

にゅうのトップで、先程出くわしたオヤジハイカーが手招きしています。正直、足が痛くなってきたので、「にゅう」はどうでもよかったのですが、岩場のトップまで登り込んでいきます。高度感もありますね。


Tengudake2_20120608_293Tengudake2_20120608_294

距離感が感じられる「天狗岳」を眺望していきます。オヤジハイカーには、硫黄岳と撮影してくれ!と頼まれます。


Tengudake2_20120608_289Tengudake2_20120608_290

帰着ポイントの白駒池を確認してみます。まだかなり遠方に位置することを認識して、愕然とします。あそこまで歩いて戻れるだらうか・・・。肉体疲労度は、既にピークに達していました。


Tengudake2_20120608_302_2Tengudake2_20120608_303

オヤジハイカーと別れて、長い樹林帯の中を下降していきます。


Tengudake2_20120608_306_2Tengudake2_20120608_308

エンドレス状態が連続する長い樹林帯歩きは、過酷な試練と感じます。連れもくたばりかけていましたが、先日の谷川連峰縦走の疲れも抜けておらず、私の方がくたばっていました。これでは、谷川連峰挑戦しても「くたばっ蹄形縦走」になること間違いないですね。


Tengudake2_20120608_311Tengudake2_20120608_312

にゅうの森で「ミヤマクサゴケ」を観賞していきたいところでしたが、早く帰着して休みたい気持ちの方が先行しています。


Tengudake2_20120608_317Tengudake2_20120608_319

必死の歩きから白駒池が見えてホッとします。青苔荘に向かって湖畔を歩いていきます。連れは池を観賞しながら歩いていましたが、私は下を向いてへばった歩きをしていました。


Tengudake2_20120608_324Tengudake2_20120608_326

青苔荘に到着してベンチで小休止します。連れは青苔荘でアイスを購入して、美味しく頂いていました。


Tengudake2_20120608_328Tengudake2_20120608_329

小休止後、森の中を歩いて駐車場に戻ります。


Tengudake2_20120608_330Tengudake2_20120608_331

ヘトヘト状態のまま駐車場に帰着です。時刻は15時40分、10時間40分の山行でした。駐車係のオヤジに駐車料金500円を支払います。話を聞くと、白駒池コースから天狗岳登山するハイカーはほとんど泊まりだそうです。日帰りは滅多にいないと言われました。あまりに疲弊し切っていたので、車中10分間仮眠させていただいてから、ドライブモードに切り替えます。私的には、疲弊しやすい身体ですけど、仮眠や温泉に入ると爆発的回復力をみせます。


Tengudake2_20120608_334Tengudake2_20120608_335

約30キロ走行して、茅野市にある「ちのスカイビューホテル」に宿泊していきます。夕飯は近くのデニーズで食事して、その後ホテルでたっぷりと身体を癒していきます。お疲れ様でした。


■天候:晴れ 

■出会った人:15人(白駒池~中山峠まで貸切、以降天狗岳登山途中からハイカーと出会う)

■タイム:5:00~15:40

■形態:同行者1名(M氏)

■その他: 

★北八ヶ岳の森の苔と原生林は、独特の雰囲気があって、たいへん癒される空間でした。白駒池は爺ぃになったら白駒荘に宿泊して、1日中池を眺めてみたいと思う場所でした。将来の楽しみに取っておきます。

★たいへんロングな登山レポとなってしまい、読み手を疲弊させてしまうと思います。実際にも長距離に感じ、疲弊状態はMAXでした。天狗岳山頂から間近に見えた赤岳、阿弥陀岳の稜線は圧巻でした。次回八ヶ岳訪問時は、もう少しランクを下げて、戯れる歩きを楽しみたいと思います。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ