裏妙義

裏妙義(丁須の頭) 2012/5/19 妙義山系鎖場登攀シリーズ

裏妙義(丁須の頭)1,057m 単純高低差615m

Uramyougi_20120519_402
昨年11月「両神山の八丁峠コース」以来の鎖場登攀シリーズの到来です。GW中の高崎探索コースにて、展望が利いていた妙義山系から妙な挑発のオーラを感じていたので、遂に誘い込まれてやって来てしまいました。

鎖場王国「両神山」に対抗して、鎖場天国「妙義山」どちらの鎖場が、本家で元祖か改めて確認しなければならない時期でした。裏妙義にまだ脚を踏み入れていなかった私に同伴するのは、なんと!今回は日中平和条約にも拘わる国際的ハイカーとの合同山行が決定されます。以前より裏妙義に意欲を見せていた山仲間のチャイニーズハイカーと合流し、過激に攻め込んでみることにしました。

そしてコース中、最大の難所「チムニー内20m鎖」にて、日中平和条約維持のため1往復半の度肝を抜かされる程の震撼変則ピストンを実行することに・・・・。

更に、裏妙義系よりワンランク難易度の高い表妙義系の「妙義山金洞山編 」での鷹返し50m鎖、ルンゼ25m鎖、「妙義山白雲山編 」奥の院30m3連鎖など最強の鎖場を上回る鎖が登場します。それは僅かたったの5mのオーバーハングの鎖に、人生最大の脅威、恐怖心が増大し、撤退を余儀なくされることに・・・。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):国民宿舎裏妙義⇒龍沢コース⇒丁須の頭⇒チムニー内20m鎖⇒赤岩⇒鎖トラバース連続地帯⇒烏帽子岩⇒風穴尾根の頭⇒三方鏡⇒巡視道⇒国民宿舎裏妙義


Uramyougi_20120519_003Uramyougi_20120519_005

AM6時前に最寄駅で、本日同行するチャイニーズハイカーをピックアップします。そして、関越自動車道⇒上信越自動車道松井田妙義ICに向かって走行していきます。高速道から対峙する妙義山全容が一望できました。


Uramyougi_20120519_012Uramyougi_20120519_015

松井田妙義ICで下車します。妙義湖周辺から国民宿舎裏妙義に向かって、舗装された山道を走ります。


Uramyougi_20120519_018Uramyougi_20120519_030

国民宿舎裏妙義に到着してから、ロビーにいた従業員に声を掛けていきます。「今日は登山客が少ないようだから、目の前に置いていいよ」とベスポジに置かせていただきました。そして、宿舎奥に見える本日縦走予定の稜線を確認していきます。


Uramyougi_20120519_043Uramyougi_20120519_024

宿舎前にある裏妙義概念図を目に焼き付けます。久しぶりの鎖場登攀シリーズなので、いつもより上半身に気合いを入れていきます。周回コース途中からピストンとなる妙義山塊最高峰の山「谷急山」は、余力があればと考慮に入れてみます。


Uramyougi_20120519_044Uramyougi_20120519_047

準備運動を軽くしてから8時ジャスト登山開始です!まずは、国民宿舎前より三方鏡、丁須の頭方面に入ります。


Uramyougi_20120519_052Uramyougi_20120519_058

砂利道の林道を少し歩いていくと、丁須の頭に通じる分岐点が現れ、右側の登山道に入っていきます。


Uramyougi_20120519_067Uramyougi_20120519_073

樹林帯の穏かな勾配をゆっくりと登っていくと、立ち向かう奇岩群が遠方に姿を現しています。

4ヶ国語を器用に使いこなすチャイニーズハイカーと4カ国ゲームを楽しみます。まずは山は英語でマウンテン・・・韓国語でサン(SAN)、中国語でスィイン?・・・登山はクライミング・・・韓国語、中国語は全く意味不明です。唯でさえ脳みそが軽くなってきている私には余計に混乱が生じて、登り込みに影響が出てきそうなので、すぐに止めちゃいました。


Uramyougi_20120519_079Uramyougi_20120519_085

奥に進むに連れて、周囲の環境は段々険しくなっていきます。しかし、道標がしっかりと整備されているので、表妙義に比べると迷うリスクは少なそうです。


Uramyougi_20120519_086Uramyougi_20120519_093

やがて岩場地帯に入っていきます。御丁寧にマーキングもしっかりと付してあります。 


Uramyougi_20120519_096Uramyougi_20120519_111

手強そうな巨岩を乗り越えてから、滝の脇を通過していきます。


Uramyougi_20120519_116Uramyougi_20120519_122

再び岩場を越えて行くと、まずは1発目の鎖場です。鎖場天国1発目の鎖出現に同行者にも緊張感が走ります。


Uramyougi_20120519_123Uramyougi_20120519_127

お馴染みの鎖掴みポーズを決めてから一気に上昇です。表妙義金銅山入口にある「かにのこてしらべ」みたいな感じの鎖場でした。 


Uramyougi_20120519_132Uramyougi_20120519_134

続いて、股に突き刺さりそうなくらい鋭角なナイフリッジを越えてから、鎖のトラバースを渡ります。


Uramyougi_20120519_136Uramyougi_20120519_139

沢に下りた所からやや長めの鎖場登場です。握り締めて長さを確かめます。


Uramyougi_20120519_141_2Uramyougi_20120519_145

足を掛けて感触を確かめてみます。補助的鎖使用登攀で問題ないでしょう。同行者も気合いを入れ込んで、アスレチック的な鎖場を楽しみ始めていました。 


Uramyougi_20120519_149Uramyougi_20120519_150

スリルある鎖登攀をクリアし見下ろします。登っている時にはわからなかったけど、結構な高度感がありました。


Uramyougi_20120519_154Uramyougi_20120519_161

再びガレ場を登り込んでいくと、人が入りにくい狭い入口の洞穴があります。昔の防空壕か?


Uramyougi_20120519_164Uramyougi_20120519_167

そして険しい岩場を登り込みます。道標をしっかり確認して、丁頭の頭を目指していきます。


Uramyougi_20120519_179_2Uramyougi_20120519_180

急坂岩場地帯をクリアして見下ろします。このあたりは上半身と下半身バランスよくエクササイズできますね。


Uramyougi_20120519_191Uramyougi_20120519_196

丁寧に岩場、ガレ場を踏ん張りを効かせながら、高度を稼ぎにいきます。


Uramyougi_20120519_197Uramyougi_20120519_198

そして難易度の低い長めの鎖との格闘場面に入ります。


Uramyougi_20120519_208Uramyougi_20120519_214

一気呵成に鎖場を登り越えると、視界がやや利いている横川方面との分岐点に出ます。


Uramyougi_20120519_217Uramyougi_20120519_220

街方面と白雲山をしっかりと確認していきます。


Uramyougi_20120519_229Uramyougi_20120519_235

分岐点より一旦少し下り、その先に一部登山道崩壊箇所があります。滑り落ちないように慎重にトラバースしていきます。


Uramyougi_20120519_236
Uramyougi_20120519_238Uramyougi_20120519_240

鎖場の危険トラバース区間を抜けると、行き止まりの岩場地点です。登り込んで意味不明のピースをしていきます!


Uramyougi_20120519_244Uramyougi_20120519_247

ピース岩(私がしゃがみ込んでピースしていた岩)の裏側を廻り込んでみると、その先は貸切絶景岩場でした。進行方向右側と前方先端部分は、完全に切れ落ちているので、岩場を渡るには細心の注意が必要です。


Uramyougi_20120519_250Uramyougi_20120519_293
Uramyougi_20120519_290

周囲の絶壁を覗き込んで見ると吸い込まれそうだぁあああ!!危険覚悟の上、岩場付近のトップに立ちます。絶壁だけど絶景が凄く気持ちいい!!貸切岩場で小休止することにしました。


Uramyougi_20120519_268

貸切岩場からは、素晴らしい山々の眺望が楽しめます。本年登頂目的の「浅間山」が間近に聳え立っています。


Uramyougi_20120519_262Uramyougi_20120519_270

榛名山、鼻曲山、浅間隠、小浅間山等。


Uramyougi_20120519_260Uramyougi_20120519_261

遠方には、北アルプス方面の眺望が利いています。遂に北アぁぁ!


Uramyougi_20120519_259_2

正面には、横川の街並み、走行してきた上信越自動車道が見えます。


Uramyougi_20120519_267

若手ハイカー数人の声が聞こえてくる方向を振り向くと、「丁須の頭」が滑稽な形で切り立っています。どうやら、トップには立っていなさそうです。


Uramyougi_20120519_248Uramyougi_20120519_277

そして暫くの間、浅間山を中心とした周囲の絶景を楽しみながら、心を癒していきます。危険な箇所ですが、貸切が堪能できる絶景ポイントとしてお勧めです。


Uramyougi_20120519_307Uramyougi_20120519_308

心と身体をリセットさせてから、再び行き止まり箇所手前にある鎖場の前に立ちます。


Uramyougi_20120519_312
Uramyougi_20120519_313_2Uramyougi_20120519_314


気合いを投入し、ガシィガシィ登攀で上昇していきます。そして、上部には鎖のトラバース、チャイニーズハイカーも悪戦苦闘です。


Uramyougi_20120519_318Uramyougi_20120519_322

いよいよ、丁須の頭に通じる鎖場に到達です。見上げると、まだ30m程度上昇を要します。先程、賑やかな声がしていた若手ハイカー3人組のシンガリハイカーと出会い、丁須の頭の状況を聞いてみます。右側は行けても、左側の鎖場は危険過ぎて断念したとのこと。丁須の頭トップ鎖場のことだらうか。


Uramyougi_20120519_324Uramyougi_20120519_326

鎖場に慣れてきたチャイニーズハイカーに声を掛けながら、慎重に追尾してきます。そして、丁須の頭直下までやって来ました。


Uramyougi_20120519_332
Uramyougi_20120519_334_2Uramyougi_20120519_333_2

一旦、反対側のテラスに出て表妙義を一望していきます。正面左側が、「白雲山」奥の院30mの手強い鎖場があります。そして、右側が「金洞山」鷹返し50m、ルンゼ25m3連鎖場が難易度の高い鎖場でした。


Uramyougi_20120519_347Uramyougi_20120519_344

縦走する赤岩、烏帽子岩、稜線上の岩場を眺めていくと、先程の若手ハイカーが岩場トップを制覇しています。


Uramyougi_20120519_350Uramyougi_20120519_351

周囲は、日本三大奇勝と言われている妙義山域特有のギザギザ絶壁だらけの光景です。


Uramyougi_20120519_343
Uramyougi_20120519_327Uramyougi_20120519_353

気持ちをリセットさせて、背後に聳える丁須の頭にアタックを仕掛けます。


Uramyougi_20120519_354Uramyougi_20120519_356

まずは鎖を登り越えて、丁須の頭に到達です。高崎山岳倶楽部の慰霊碑でしょうか。丁須の頭は非常に狭く、人二~三人がやっとのスペースです。足を滑らすと真下に30mぐらい直に転落しますので、死に直面する可能性大です。


Uramyougi_20120519_358Uramyougi_20120519_362

幅1mぐらいの岩場を渡り、一人立てるぐらいのスペースに移り、登攀してきた鎖場を見下ろします。


Uramyougi_20120519_365Uramyougi_20120519_367
Uramyougi_20120519_364

妙義湖、表妙義と見渡し、丁須の頭てっぺんにどのようにして立つか検討します。


Uramyougi_20120519_375Uramyougi_20120519_373

遂に丁須の頭、てっぺんに通じる5m鎖場に手を掛けます。一気に登攀すれば可能と判断します。しかし、僅か5mと言ってもオーバーハング状で、しかも鎖は内側ではなく、断崖絶壁側の外側に向いています。登れても果たして、安全に下ってこれるだらうか?不安な気持ちが増大し始めてきました。

一瞬、コタ隊長の姿が目に浮かんできます。そして同行者もいることも・・・。登攀用具未使用で、ホームセンターの399円作業用手袋のみで、妙義山域の鎖場を登攀してきましたが、万が一があったら、周囲への迷惑は絶大なものになると判断します。

しかも鷹返し50m鎖場以上の危険さを、10分の1の5m鎖場で体感します。「これはあまりにも危険過ぎる!」初の鎖場撤退を余儀なくされます。


Uramyougi_20120519_380Uramyougi_20120519_379

まるで敗北を受けたかのように、丁須の頭と対峙しながら、スルスルと鎖場をおとなしく下っていきます。


Uramyougi_20120519_384Uramyougi_20120519_385

下がっていくと、また丁須の頭が新たなる挑戦者を待ち構えています。


Uramyougi_20120519_386Uramyougi_20120519_389

三方鏡方向への周回コースに進み、新たな鎖場に挑んでいきます。


Uramyougi_20120519_392Uramyougi_20120519_395

登攀してから丁須の頭を一望し、進行方向に「荒船山」、遠方で「八ヶ岳」を確認します。


Uramyougi_20120519_400Uramyougi_20120519_401

若手ハイカーがトップに立っていた岩場に、私も立ってみました。丁須の頭下に数人のハイカーが見えます。


Uramyougi_20120519_407Uramyougi_20120519_408

再度、山頂が平らな「荒船山」、雪化粧が残る「八ヶ岳」を眺望していきます。


Uramyougi_20120519_410Uramyougi_20120519_405

浅間山、三方鏡方向に向かう稜線も一望してみます。


Uramyougi_20120519_412Uramyougi_20120519_420

下でチャイニーズハイカーを待たせていたので、戻って三方鏡方向へ下っていきます。


Uramyougi_20120519_421Uramyougi_20120519_422

少し下っていくとコース中、最大の難所である「チムニー内20m鎖場」が岩場の隙間に見えました。一瞬、目を疑いました。想像以上に急峻な場所に鎖が掛けられています。


Uramyougi_20120519_426Uramyougi_20120519_428

想像以上の鎖場なので、同行者が下ることが可能かどうか、先に一人で下って様子をみることにしました。正直申しますと、かなり危険な部類の鎖場でした。途中、下を見ると足がすくむぐらいの高度感があります。 

但し、チムニーを通過しないと周回コースではなく、単なるピストンで終わってしまうため、やる気を見せていたチャイニーズハイカーには、そのまま上で待ってもらい、私のザックを鎖場下にデポしていきます。


Uramyougi_20120519_430Uramyougi_20120519_434

そして、チムニー内20m鎖場をピストンで登攀していきます。再び上がってから、チャイニーズハイカーのザックを私が担ぎ、ノーザックでゆっくり下ってもううことにしました。

多少の間隔を開け、ゆっくりとスタンスを取りながら下っていきます。この位置で諸に滑落されたら、共倒れになるかもしれませんが、日中平和条約に亀裂を生じさせることはできませんので、渾身の力を込めて受け止める意気込みは持っていました。


Uramyougi_20120519_435Uramyougi_20120519_438

鎖場途中で撮影を試みます。結構危険で高度感たっぷりです。ある程度まで同行者も下りてこれたので、一旦離れます。着地してお互いにホッとします。

安堵感から一息付いて、小休止をしていたら、上からオヤジハイカーが「下りてもいいか!」と叫んできました。「どうぞ!」と答え、我々は鎖から離れている場所に退避しているにも拘わらず、「そこにいると危険だよ!」と早くも滑落宣言をしてきます。仕方なく、その場を離れて先を進んでいくことにしました。


Uramyougi_20120519_445Uramyougi_20120519_454

チムニーから赤岩までは、比較的安定した尾根歩きで安心です。


Uramyougi_20120519_457_2Uramyougi_20120519_458

その先から再び鎖の下降が始まります。チャイニーズハイカーは、チムニーをクリアしてきたので、大分落ち着いて下ってきています。


Uramyougi2_20120519_001Uramyougi2_20120519_003

下った先には、断崖絶壁直下の鎖場トラバースが待ち構えていました。


Uramyougi2_20120519_006Uramyougi2_20120519_013

慎重にトラバースして難所をクリアしていきます。


Uramyougi2_20120519_014Uramyougi2_20120519_017

三方鏡に進みながら、嫌気が挿すほど鎖場天国が連続していきます。


Uramyougi2_20120519_021Uramyougi2_20120519_023

ネット上で見かけた補強された梯子箇所に挿しかかります。谷方面前方には、表妙義が見事に一望できます。


Uramyougi2_20120519_032Uramyougi2_20120519_030

足を一歩踏み入れます。下はスッパリと完全に切れ落ちていて、高度感があります。


Uramyougi2_20120519_033Uramyougi2_20120519_034

梯子の先は、鎖のトラバースのみの箇所で、滑らないように足場をしっかりと見極めながら進んでいきます。


Uramyougi2_20120519_046Uramyougi2_20120519_050

立てかけてある梯子箇所を登った先で、再び浅間山方面の絶景が味わえました。


Uramyougi2_20120519_061_2Uramyougi2_20120519_064

烏帽子岩を巻きながら進んでいきます。因みに烏帽子岩はトップには立てません。


Uramyougi2_20120519_065Uramyougi2_20120519_066

鎖場登攀で高度を稼いでいきます。


Uramyougi2_20120519_070Uramyougi2_20120519_071

するとまたまた絶景が。北アルプス方面が伺えました。


Uramyougi2_20120519_073Uramyougi2_20120519_077

風穴尾根の頭手前の椅子代わりになりそうな岩場で、遅めの昼食を摂ります。20分ぐらい休憩してから再び先を急ぎます。


Uramyougi2_20120519_090Uramyougi2_20120519_091

風穴の尾根の頭で、丁須の頭、赤岩、烏帽子岩と振り返り眺望していきます。こちらが周回コース最終展望箇所となります。


Uramyougi2_20120519_096_2Uramyougi2_20120519_100

樹林帯を三方鏡に向けて下っていきます。


Uramyougi2_20120519_104Uramyougi2_20120519_108

間もなく、三方鏡に到達です。余力と時間があれば、ここから谷急山(コースタイム往復3時間)まで行く予定も考えていましたが、どうやら時間的に厳しいようです。


Uramyougi2_20120519_110Uramyougi2_20120519_112

谷急山の調査はゆうやけ師匠に譲るとして、国民宿舎に素直に下ることにします。


Uramyougi2_20120519_121Uramyougi2_20120519_122

巡視道を国民宿舎の方向にひたすら下っていきます。


Uramyougi2_20120519_126Uramyougi2_20120519_135

何もない樹林帯だけのつまらない道を、後は下るのみです。午後14時を過ぎているこの時間でも登ってくる単独ハイカーがいました。ザックが大きめだったので、テント泊か?


Uramyougi2_20120519_141Uramyougi2_20120519_145

長くつまらない樹林帯を下り終えると、開けた場所に出ます。そこは国民宿舎近くの林道でした。


Uramyougi2_20120519_148Uramyougi2_20120519_157

丁須の頭に向かう龍沢コース分岐を通過して、国民宿舎裏妙義に15時帰着しました。


Uramyougi2_20120519_160Uramyougi2_20120519_162

駐車場より立ち向かった奇岩群を見上げます。登攀させていただき、どうも有難うございました。


Uramyougi2_20120519_168_2Uramyougi2_20120519_169

その後、駐車場より白雲山の全貌を一望できる癒し温泉「もみじの湯」で、鎖場天国で疲弊した身体を癒していきます。


Uramyougi2_20120519_173Uramyougi2_20120519_175

入浴後、休憩室テラスにて赤城山、街方面を眺望し、心身共にリフレッシュしてから妙義を後にします。


■天候:晴れ 

■出会った人:5人

■タイム:8:00~15:00

■形態:同行者1名(チャイニーズハイカー)

■その他: 

★裏妙義山域は、表妙義上級コースに比べると、道標が多く道迷いのリスクは軽減されていると感じました。鎖場は表妙義よりワンランクレベルがダウンすると思います。しかし、チムニー内20m鎖場が手強く、更に丁須の頭5m鎖場は、登攀用具無しでは厳しい鎖場登攀となること間違いないでしょう。

★さて、鎖場王国「両神山」と鎖場天国「妙義山」との対比ですが、圧勝で「妙義山」に軍配が上がります。つまり、鎖場本家は「妙義山」と私的に感じました。鎖場の数で言えば、両神山八丁峠の方が多いです。しかし、鎖1発の密度の濃さは、圧倒的に「妙義山」ですかね。何と言っても、最強の鎖場が5発も存在しています。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 震災 | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ