茅ヶ岳/金ヶ岳

茅ヶ岳/金ヶ岳 2012/5/1 「日本百名山」の著者、深田氏終焉の地を訪ねる

茅ヶ岳(かやがたけ)1,704m/金ヶ岳1,764m 単純高低差824m

Kayagatake_kanagatake2_20120501_019Kayagatake_kanagatake_20120501_127

茅ヶ岳は八ヶ岳火山群の南端に位置する古火山で、隣接する金ヶ岳(かねがたけ)と並んだ山容が八ヶ岳によく似ているため、「ニセ八ツ」とも呼ばれています。

日本ニ百名山にも選定されている独立峰で、「日本百名山」の著者、深田久弥氏が登山中に急逝された山としての知名度があります。登山口の深田記念公園には、「百の頂きに百の喜びあり」と刻まれた石碑が置かれています。

今回、「ニセ八ツ」「深田氏終焉の地」をキーワードに、連休の合間に金ヶ岳とセットでじっくりと登頂を味わう目的で、久しぶりの県外登山に向かうことにしました。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):深田記念公園⇒女岩⇒深田久弥終焉の地⇒茅ヶ岳⇒石門⇒金ヶ岳⇒茅ヶ岳⇒尾根道⇒深田記念公園


Kayagatake_kanagatake_20120501_001Kayagatake_kanagatake_20120501_008

自宅をAM3時15分出発します。圏央道坂戸IC乗車⇒中央道勝沼IC下車します。通過地点になる大月、上野原、八王子近辺は、雨が降っていました。その後一般道で現地に向かう途中、本日登頂予定の「ニセ八ツ」の姿を捉えることができました。


Kayagatake_kanagatake_20120501_019Kayagatake_kanagatake_20120501_025

甲府市内⇒韮崎市内へと走行していくと、釜無川近くに駐車スペースを発見します。そこから、ニセ八ツの雄大さを改めて確認させていただきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_027Kayagatake_kanagatake_20120501_028

川を挟んだ向こう側には、南アルプス、八ヶ岳等見えるようですが、ご覧の様子です。甘利山、櫛形山ぐらいの標高なら判別できるってところかな。


Kayagatake_kanagatake_20120501_029Kayagatake_kanagatake_20120501_035

釜無川の奥には感動の虹が現れます。やはり、甲斐駒の確認は無理そうですね。


Kayagatake_kanagatake_20120501_04_2Kayagatake_kanagatake_20120501_047

中央道韮崎ICから10分程度の位置に、深田記念公園があります。駐車場は50台ぐらい置けそうなスペースで、私の車が4台目でした。


Kayagatake_kanagatake_20120501_05_2Kayagatake_kanagatake_20120501_052

ここは韮崎市の管理区域で、トイレもしっかり整備されています。


Kayagatake_kanagatake_20120501_054Kayagatake_kanagatake_20120501_056

茅ヶ岳マップを確認して、6時20分登山開始です!


Kayagatake_kanagatake_20120501_059Kayagatake_kanagatake_20120501_060

深田記念公園は下山後に立ち寄るとして、まずは標識通りに先を進んでいきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_064Kayagatake_kanagatake_20120501_066

穏かな登山道を歩いていくと、間もなく廃屋が見えてきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_072Kayagatake_kanagatake_20120501_073

遠方に茅ヶ岳の山容を視界に捉えて、静かな山道をゆっくりと進んでいきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_076Kayagatake_kanagatake_20120501_077

そして車道を横切って、再び登山道に足を踏み入れていきます。因みに、車道の方角に進んでいくと、周回コースとなる尾根道に出られます。本日は、下山に尾根道を利用するため、帰りは車道から戻ります。


Kayagatake_kanagatake_20120501_079Kayagatake_kanagatake_20120501_083

傾斜の緩い斜面は暫く続き、丁度良いウォーミングアップになります。


Kayagatake_kanagatake_20120501_08_2Kayagatake_kanagatake_20120501_089

やがて、身体が温まった頃に登山道の傾斜は、拷問的斜度へと著しく変化していきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_094Kayagatake_kanagatake_20120501_095

ガレ場地帯からグングン高度を稼いでいきます。そして立入禁止テープが貼られている場所に出ます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_097Kayagatake_kanagatake_20120501_098

ここから女岩手前付近は落石が発生しやすい為、立入禁止となっているようです。迂回路も今にも落石受けますよ的な急でガレ、巨岩が多い場所です。


Kayagatake_kanagatake_20120501_10_2Kayagatake_kanagatake_20120501_105

ロープを掴んで、しっかりと登り込んでいきます。駐車場でお会いした先行していた女性単独ハイカーを視界に捉えます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_110Kayagatake_kanagatake_20120501_113

急で難儀な場所ということもあり、視界に捉えておきながら、ベテランハイカーとの差は中々縮まりません。


Kayagatake_kanagatake_20120501_117Kayagatake_kanagatake_20120501_121

息を切らしながら、何度も折り返し高度を稼いでいく場所で、遠慮なく女性ベテランハイカーを追い抜いていきます。ここで私が先発ハイカーとなり、熊避けも担当することになります。結構斜度もキツイです。


Kayagatake_kanagatake_20120501_123Kayagatake_kanagatake_20120501_125

必死に登り込んでいくと、何やら石碑が見えてきます。そこは、深田久弥氏終焉の地でした。合掌と1分間の黙祷をしていきます。そして、有名な著書「日本百名山」を後世に残した御礼もさせていただきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_135Kayagatake_kanagatake_20120501_136

集中力を高めて、深田氏の分まで登頂させていただきます。周囲はガスってきていて、山頂での展望は既に期待しておりませんでした。 


Kayagatake_kanagatake_20120501_14_2Kayagatake_kanagatake_20120501_144

岩場を乗り越えると山頂が見えてきました。


Kayagatake_kanagatake_20120501_150

茅ヶ岳登頂成功です!約1時間半での登頂でした。


Kayagatake_kanagatake_20120501_156Kayagatake_kanagatake_20120501_174

山梨百名山の山頂標識、そして、正面には次に立ち向かう「金ヶ岳」が周囲のガスに巻き込まれそうな勢いで聳えています。


Kayagatake_kanagatake_20120501_155Kayagatake_kanagatake_20120501_159

立体式の展望盤、二等三角点


Kayagatake_kanagatake_20120501_186Kayagatake_kanagatake_20120501_196

南ア方面の景色、道中お遭いした単独女性ハイカーも無事に山頂に到達です。ここより金ヶ岳まではピストンになりますので、再び茅ヶ岳には戻ってくることになります。


Kayagatake_kanagatake_20120501_202

「茅ヶ岳」よりも60m程標高が高い「金ヶ岳」を、再度一望していきます。登ってから築いたのですが、向かって右側が偽ピークで左側奥が山頂です。


Kayagatake_kanagatake_20120501_160Kayagatake_kanagatake_20120501_203

金ヶ岳向けて、急坂を鞍部まで下っていきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_212Kayagatake_kanagatake_20120501_213

金ヶ岳を見て想定はできましたけど、勿体ないくらい標高を下げさせられる覚悟はしておりました。つまり、戻りの登り返しの体力も計算に入れておかなければいけません。


Kayagatake_kanagatake_20120501_216Kayagatake_kanagatake_20120501_219

鞍部に到着し少し気が休まります。が、すぐに金ヶ岳への急勾配が始まります。


Kayagatake_kanagatake_20120501_222Kayagatake_kanagatake_20120501_225

石門を潜って、少し巻きながら登り込んでいきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_233Kayagatake_kanagatake_20120501_236

高度を稼ぎ、振り返ると茅ヶ岳が見えます。進行方向左側は、韮崎市街地方面が見えています。


Kayagatake_kanagatake_20120501_238
Kayagatake_kanagatake_20120501_243Kayagatake_kanagatake_20120501_245


金ヶ岳が見えていますが、偽ピーク側です。山頂まであと400m気合いを入れて登り込んでいきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_247Kayagatake_kanagatake_20120501_250

観音峠ルートの分岐点にもなっている場所に出ました。実は昭文社の地図をコピーして、しっかりと用意しておいたにも拘わらず、車中に置き忘れてきてしまいました(汗!)。概念図だけ頭に入っていたので、道標頼りにここまできていましたけど、観音峠が何処に下るのかイマイチわかりません。


Kayagatake_kanagatake_20120501_255Kayagatake_kanagatake_20120501_258

先を進んでいくと、ニセ八ツならぬニセピークです。


Kayagatake_kanagatake_20120501_265Kayagatake_kanagatake_20120501_268

景色を眺めながら、再び勿体ない程度に標高を下げます。しかし、戻りの登り返しを考慮すると「ゾッ!」としてきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_27_2Kayagatake_kanagatake_20120501_275

アップダウンを繰り返し振り返ると、偽ピーク(手前)と茅ヶ岳(奥側)が二子山チックに並んで見えています。


Kayagatake_kanagatake_20120501_278Kayagatake_kanagatake_20120501_280

茅ヶ岳より行程約1時間で金ヶ岳山頂に到達です。久しぶりの県外登山での縦走登山成功です!


Kayagatake_kanagatake_20120501_289Kayagatake_kanagatake_20120501_291

視界は150度ぐらいの角度で利いています。南アは雲がかかり、街方面はしっかりと確認できます。天気は何とか持っているというより、登頂時よりよくなってきました。


Kayagatake_kanagatake_20120501_295Kayagatake_kanagatake_20120501_299

茅ヶ岳に戻って・・・とも考えましたが、貸切を堪能できそうなので、ここでチャルメラ塩味を美味しく頂くことにしました。気候も視界も気持ちの良い感じで、ここで暫く休憩することにしました。


Kayagatake_kanagatake_20120501_308Kayagatake_kanagatake_20120501_312

30~40分は金ヶ岳山頂を独占していただらうか。とても気持ちの良い山頂でした。そろそろ茅ヶ岳に戻ることにしましょう。


Kayagatake_kanagatake_20120501_318Kayagatake_kanagatake_20120501_323

岩が露出しているので、慎重下りで標高を下げていきます。今度は勿体ないというより、仕方ないと思う気持ちで下げていきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_328Kayagatake_kanagatake_20120501_330

左手側には、奥秩父の瑞牆山の特異な山容が伺えます。周囲の景色を堪能しながら、茅ヶ岳との距離を徐々に縮めていきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_331Kayagatake_kanagatake_20120501_338

茅ヶ岳まで40分、ガンガン下ります。この辺りで、駐車場で私の脇に停めていた川越ナンバーの男性シングルハイカーと擦れ違います。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_006Kayagatake_kanagatake2_20120501_009

続いて、石門でも男性シングルハイカーと擦れ違います。金ヶ岳方面まで来るハイカーは少ないみたい。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_013Kayagatake_kanagatake2_20120501_014

あと250m地点から、急登を必死に登り込んでいきます。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_018Kayagatake_kanagatake2_20120501_021

茅ヶ岳、二度目の登頂成功です!広めの山頂には、ハイカーがチラホラと休憩しておりました。心拍数を整えながら、登頂してきた金ヶ岳を眺めます。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_023Kayagatake_kanagatake2_20120501_024

ニセ八ツの奥に、モノホンの八ツの裾野が広がりを見せています。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_028Kayagatake_kanagatake2_20120501_036

南ア方面、奥秩父方面と視界がやや利いています。雲が取れれば、富士山、甲斐駒、鳳凰三山など絶景が見られるのでしょうね。山頂の視界は、360度利いています。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_045Kayagatake_kanagatake2_20120501_047

山頂の様子と街方面


Kayagatake_kanagatake2_20120501_049Kayagatake_kanagatake2_20120501_056

もう一度、金ヶ岳の尾根道、奥には八ヶ岳、そして金峰・国師ヶ岳・甲武信ライン 


Kayagatake_kanagatake2_20120501_059Kayagatake_kanagatake2_20120501_060

若手ハイカー達が登り込んできて、山頂は賑やかになってきました。山ガールの一人は、金ヶ岳を指さして「赤岳!」と本気で叫んでいました。ニセ八ツ効果発現ですかね。

南ア方面は今一歩、甲斐駒が・・・見えない!今年も黒戸尾根で攻略してみっかなぁ。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_065Kayagatake_kanagatake2_20120501_062

深田先生が達成できなかった山頂を振り返ります。下山は、周回コースの尾根道で下ることにしました。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_0_2Kayagatake_kanagatake2_20120501_070

急斜面を下っていくと、千本桜との分岐に出ます。そのまま深田公園に進みます。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_077Kayagatake_kanagatake2_20120501_085

脚が痛くなってくるような急斜面を滑らかに下っていきます。快晴なら正面に南アを眺望しながら下れます。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_087Kayagatake_kanagatake2_20120501_088

道標の先の広い防火帯を深田公園目指して、チャッチャカ下っていきます。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_100Kayagatake_kanagatake2_20120501_108

岩場下りは慎重に通過していきます。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_110Kayagatake_kanagatake2_20120501_112

駐車場の道標が見えて安心です。何せ地図を忘れてきていたもので・・・以後気をつけます。韮崎方面の車道に入ります。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_114Kayagatake_kanagatake2_20120501_116

少し50mぐらい車道を歩きます。すると行きに通過してきた分岐点に出られます。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_118Kayagatake_kanagatake2_20120501_122

合流地点より深田記念公園までは、緩やかな斜面を戻ります。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_136Kayagatake_kanagatake2_20120501_126

やがて、深田記念公園が見えてきました。少し立ち寄ってみることにします。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_130Kayagatake_kanagatake2_20120501_131

百の頂に百の喜びあり」深田久弥氏の石碑に刻まれています。喜び・・・とは微妙な感じがしますが、全て登頂成功が前提になりますけど、一つでも怪我、遭難となれば、それは自分含め周囲への悲しみへと変わる場合もあるだらう。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_135Kayagatake_kanagatake2_20120501_154

深田久弥と茅ヶ岳の説明版を読み込みます。脳出血で倒れる前に、山仲間の「この辺りはイワカガミが咲いてきれいです。」との言葉に、すっかり喜び「そうですか」と頷いたのが最後だったようです。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_140Kayagatake_kanagatake2_20120501_157

登頂してきた茅ヶ岳を眺めて、11時50分駐車場に無事に帰着です。約5時間30分の山行でした。駐車場には、宇都宮、土浦、山口、横浜、水戸、千葉など県外ナンバーの車ばかりでした。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_158Kayagatake_kanagatake2_20120501_163

韮崎方面に車で10分ぐらい下ったローソンより、鳳凰三山方面を眺めていきます。モチベーションが高まりつつあります。


■天候:曇り時々晴れ 

■出会った人:13人(茅ヶ岳11人、金ヶ岳方面2人)

■タイム:6:20~11:50

■形態:単独

■その他: 

★自宅より登山口まで、片道約160キロと県外登山は運転でやや疲労しますので、前日は早めの就寝としました。GW中盤の休みを利用して、韮崎を拠点に山梨の中堅クラスを登頂してみようと試みます。候補に挙ったのが、この茅ヶ岳・金ヶ岳のセットコースでした。

★「ニセ八ツ」は、眺めだけはモドキですが、登りはモドキじゃあ、ありませんけどね。モノホンは超厳しいです。ガイドブックには、初級と記載ありましたが、私的には中級クラスと感じました。筑波山も中級と思っているのですが、筑波山より厳しい登頂となりますので、覚悟が必要です。偶然かもしれませんが、深田氏が亡くなっていますし、私も深田氏終焉の地付近手前までは、かなり息切れをしてヘロヘロモードでした。決っして初級クラスとは思えない登り込みを強いられます。

★山仲間のtuba姐氏が、深田久弥氏を略称で深Qと使用されていましたので、私も今後使用させていただきます。「深Q百名山」判り易い!次の深Qは何処を狙おうかな。


おまけ編①

 青木鉱泉までの道程

Kayagatake_kanagatake2_20120501_164Kayagatake_kanagatake2_20120501_177

ちょっと時間がありましたので、夏場にアタックを予定している鳳凰三山の登山口でもある青木鉱泉の行き方を、確認しに車を走らせます。国道20号線北杜市方面に向かい、桐沢橋東詰を左折します。工場、住宅街を抜けて未舗装の道路を少し走ります。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_180Kayagatake_kanagatake2_20120501_181

その後は、対向可能な道幅の舗装された道を暫く上っていきます。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_1_2Kayagatake_kanagatake2_20120501_188

親切に青木鉱泉への表示も所々あります。途中、甘利山との分岐点に出ますが、鳳凰三山方面に右折していきます。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_194Kayagatake_kanagatake2_20120501_195

その後、青木鉱泉まで3分の分岐に出ます。ここまで15キロぐらいはあったと思います。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_2_2Kayagatake_kanagatake2_20120501_202

やがて、未舗装の道路に変わり、タイヤの摩耗を気にしながら橋を渡ります。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_204Kayagatake_kanagatake2_20120501_205

悪路と化した道を200mぐらい進むと駐車場が見えてきます。駐車料金は、750円だそうです。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_2_3Kayagatake_kanagatake2_20120501_213

100台ぐらいは停められるとのこと。この日は、1台も停まっていませんでした。上部には、青木鉱泉と宿泊者用駐車場があります。 


Kayagatake_kanagatake2_20120501_217Kayagatake_kanagatake2_20120501_219

戻りの悪路がやや気になりますけど・・・。私の車のタイヤがスリック状態になっていて、前輪のワイヤーが飛び出そうと指摘されていたもので(汗)。鳳凰三山は厚い雲で見えません。


おまけ編②

ホテルルートイン韮崎と韮崎駅周辺プチ街歩き

Kayagatake_kanagatake2_20120501_231Kayagatake_kanagatake2_20120501_232

実は明日(5/2)の山行も考えて、予めビジホを予約していました。場所は、ホテルルートイン韮崎です。別館 4,500円(朝食付、大浴場あり、共同トイレ)を利用します。


Kayagatake_kanagatake2_20120501_2_4Kayagatake_kanagatake2_20120501_237

通路と部屋の中はご覧の通り、合宿所を思い起こさせるような雰囲気です。本館にある活性石人工温泉で汗を流していきます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_346Kayagatake_kanagatake_20120501_376

汗を流した後は、駅方面をブラブラしながら歩きます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_381Kayagatake_kanagatake_20120501_384

駅まで10分程度歩いていきます。駅周辺には高校生が多い。駅近くにある韮崎高校は、サッカーで有名な中田英寿氏出身の高校です。反対側にはショッピングモールがありました。


Kayagatake_kanagatake_20120501_393Kayagatake_kanagatake_20120501_387

ライフガーデンにらさきの目の前には、ニセ八ツが聳え立っています。山頂方面ガスっていますね。


Kayagatake_kanagatake_20120501_39_2Kayagatake_kanagatake_20120501_398

フリーマンハイカーとなる為、ロトを2口購入して、松屋で夕飯を喰います。私が松屋ファンだということがバレてしまいますね。


Kayagatake_kanagatake_20120501_40_2Kayagatake_kanagatake_20120501_404

満腹後は、ショッピングモール2Fより、再度、ニセ八ツを眺望します。ニセ呼ばわりされていても、山容は何とも言えず格好いいですね。


おまけ編③

荒天により山行中止、そして念願の「ほったらかし温泉」へ

Kayagatake_kanagatake_20120501_425Kayagatake_kanagatake_20120501_434

翌日は、雨により山行を中止にしました。検討していた山は、櫛形山、甘利山・千頭星山、日向山をピックアップしていました。機会があれば登ってみたいと思います。

さて、前々から気になっていた「ほったらかし温泉」に立ち寄ることにしました。たまご輸送中の車の後ろを追尾していたので、安全運転で国道を走ります。


Kayagatake_kanagatake_20120501_439Kayagatake_kanagatake_20120501_445

整備された峠道を上っていきます。眼下には、甲府市街の街並みが見えます。


Kayagatake_kanagatake_20120501_45_2Kayagatake_kanagatake_20120501_462

フルーツ公園の中を通過していくと、やがて、ほったらかし温泉駐車場に到着します。広い駐車場は、280台置けるみたいです。


Kayagatake_kanagatake_20120501_482Kayagatake_kanagatake_20120501_484

「あっちの湯、こっちの湯」に分かれています。「こっちの湯」は、リピーターに人気のある温泉で、営業時間は10時30分より。「あっちの湯」は、眺望スケールがこっちの湯の2倍で、日の出から営業しています。


Kayagatake_kanagatake_20120501_47_2Kayagatake_kanagatake_20120501_494

ただいまの時刻は8時30分なので、選択肢は「あっちの湯」のみです。料金750円を支払って入場します。


Kayagatake_kanagatake_20120501_501Kayagatake_kanagatake_20120501_496

脱衣場と露天からの眺望は、ご覧の様子です。他内湯、洗い場もあります。 


Kayagatake_kanagatake_20120501_497Kayagatake_kanagatake_20120501_500

特に露天が広く、気持ちも良かったので、2時間程度身体を癒して帰りました。富士山が拝めなかったのが残念ですけど・・・。

最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 震災 | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ