日和田山~スカリ山~ユガテ

2014/2/22 日和田山~物見山~北向地蔵~スカリ山~ユガテ~橋本山 本気モードのスカリ山、踏み抜き多発地帯&変則的ツボ足でアタック!

日和田山~物見山~北向地蔵~スカリ山~ユガテ~橋本山 【ゲリラ豪雪後の奥武蔵山歩き】

Hiwadasukariyugate_20140222_141
暫く山歩きを休んでいたら、おーまいはもしかして佐村河内ハイカーではないか?とほんの僅少な一部のハイカーから疑惑が湧いておりました。
私にゴーストライターなどの存在はおりません。
実践ハイカーとライターのおーまい・なるおは同一人物でございます。(笑)
まぁ、文筆みりゃ~ライターの存在なんて一目瞭然です。しかし、無謀なロング縦走に挑戦している時は、もしかしたら「ゴーストハイカー」の存在がいるのかもしれませんね。(笑)

さて、関東甲信に猛威を奮ったゲリラ豪雪後の初歩きとなります。山梨・奥秩父・奥多摩方面は一部山間部集落の孤立状態が継続中、相当な雪害となっており暫くはお世話になっている地域の入山は厳しいと思われます。 

では、Homeの奥武蔵は如何なものかと、棒ノ折山・・・私的には「僕ノ俺山」へさわらびの湯から検討してみましたが、前日白谷沢に入山された山仲間の情報で雪崩、沢への転落等危険な状態を知らされます。この事態に遭難などしたら大顰蹙を買うこと間違いありません。ましてや冬山に変貌している棒の折山に装備不足の状態でアタックは確実に無理です。 

従って、奥武蔵定番の日和田山から行けるところまでを目指して登山準備に取り掛かります。 

さて当日は自宅を6時に出発し7時には日和田山登山口に到着する予定でおりました。しかし、出発後1本の緊急連絡が入ります。知人の女性から五千円を集らせてくれとの内容でした。最近山歩きやら裏歩きをしていなかった私は少し小銭が増えて処分に困っていました(笑)。そんな情報がある筋から拡散されたのか?どうかは不明でしたが、まさに筋金入りのたかり屋からの連絡でした。仕方なく五千円の必要性を確認するため、内容確認のプレゼン用意を依頼して、主の住む地域に向かいます。結構な無駄な時間を費やした結果、やむを得ず五千円の投資を決定し【題して、五千円集られちゃった事件】、サッさと切り上げて日和田山に向かいます。 

日和田山駐車場到着時刻は既に13時を過ぎており、完璧すぎる大遅刻ハイカーとなって低山縦走に挑みます。行ければ日和田山~顔振峠と思っていたのですが、時間が相当厳しい!ましてや雪山に変貌している里山です。まずは初っ端からチェンスパイカーとなって、スカリ山にシュートを決め込む勢いで突き進むことにしました。スカリ山以降は踏み抜き地獄&変則的ツボ足地獄が強いられました。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:日和田山駐車場(13:04)⇒男坂経由⇒金刀比羅神社前(13:28-13:32)⇒日和田山(13:38-13:44)⇒高指山(13:59)⇒物見山(14:21)⇒北向地蔵(14:50)⇒観音ヶ岳(15:04)⇒スカリ山(15:10-15:14)⇒エビガ坂(15:25)⇒ユガテ(15:44-15:50)⇒橋本山(16:07)⇒福徳寺(16:30)⇒東吾野駅(16:43)【西武線乗車:17:02】⇒高麗駅⇒日和田山駐車場(車回収)

※歩行距離:10.0㎞  行程タイム:3m39m(休憩等含)

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Hiwadasukariyugate_20140222_022

Hiwadasukariyugate_20140222_023

大幅な遅刻ハイカーとして日和田山駐車場に到着した時点で13時を過ぎていました。到着が困難であれば事前にゴーストハイカーに依頼を掛ける予定でしたが、正真正銘のリーマンハイカーで登場です(笑)。この時刻から顔振峠経由のルートは厳しいかと考え、まずはスカリ山を目指してからその後ピストンにするのか、ユガテに進んで見るか、選択肢をいくつか考えていました。登山口付近に雪はありませんでした。


Hiwadasukariyugate_20140222_024

Hiwadasukariyugate_20140222_026

トイレ前を通過後、少し登りかけて行くと登山道は雪道に変わっていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_029

Hiwadasukariyugate_20140222_030

後々装着しなければならないのは明らかな為、ベンチのある場所でチェーンスパイカーとなり、スカリ山目指してシュートを決め込む勢いで立ち向かうことにします。


Hiwadasukariyugate_20140222_032

Hiwadasukariyugate_20140222_034

毎度の如く男坂から登ります。ここで雪を見るのは記憶の中では初めてです。岩場下部で雪が残っていましたが、高度を稼ぐに連れて積雪が無くなっていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_038

Hiwadasukariyugate_20140222_039

ゆっくり登りながら楽な展開で金刀比羅神社前の展望箇所に到達していきます。今年1月3日に日の出を見て以来です。


Hiwadasukariyugate_20140222_046

Hiwadasukariyugate_20140222_048

白くなった住宅地から巾着田を見渡していきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_047

奥多摩三山の大岳山、御前山が目立ちます。豪雪と化した両山は登頂不可能な程、アプローチが困難な状況です。っていうか登山自粛を求められている山域ですね。


Hiwadasukariyugate_20140222_051

遠方にさいたま市街地、東京方面


Hiwadasukariyugate_20140222_053

Hiwadasukariyugate_20140222_055

金刀比羅神社から再度振り返ります。


Hiwadasukariyugate_20140222_056

Hiwadasukariyugate_20140222_058

金刀比羅神社を後にして、雪道を歩いて日和田山山頂にアタックを仕掛けにいきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_062

Hiwadasukariyugate_20140222_063

日和田山山頂標識のトップにコンパクトな雪だるまが造られており、妬けに可愛らしく感じます。


Hiwadasukariyugate_20140222_067

日和田山山頂部からの展望、南東の方角が開けています。筑波山が僅かに見えていますが、PM2.5の影響だらうか。


Hiwadasukariyugate_20140222_071

Hiwadasukariyugate_20140222_072

埼玉の下界各種施設


Hiwadasukariyugate_20140222_074

Hiwadasukariyugate_20140222_076

山頂を後にして鞍部まで下ります。高指山に向かって歩くに連れて積雪量が増えていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_081

Hiwadasukariyugate_20140222_085

高指山を見上げて集落に向かう舗装路に入りますが・・・除雪がされていません。


Hiwadasukariyugate_20140222_090

Hiwadasukariyugate_20140222_095

集落売店前は除雪がされていました。物見山に向かう登山道でなんと!黒いブーツに手提げ袋を持った女性が下りてきました。一瞬、塾の帰りですか?と聞きたくなりましたが、ハイカーではなさそうなので不用意な発言は控えました。


Hiwadasukariyugate_20140222_097

Hiwadasukariyugate_20140222_099

物見山に到達です。山頂には10名程度のパーティが休憩をして賑わっていました。


Hiwadasukariyugate_20140222_102

Hiwadasukariyugate_20140222_103

物見山より先は一本筋の通ったトレースは無くなり、歩幅の合わない変則的ツボ足状態になります。敢えてここを歩かずに脇の硬いバーンを歩く方が歩き易い感じでした。


Hiwadasukariyugate_20140222_104

Hiwadasukariyugate_20140222_107

いつも軽トラが置かれている場所の周辺から除雪がされていました。そのまま歩いていくと作業員3名で除雪作業中です。作業の邪魔をしてはいかんと思い、通行不能であればピストンで戻るつもりでした。作業員に通行しても大丈夫かどうか尋ねると、快くどうぞと言われましたので遠慮しながら脇から通行させていただきました。


Hiwadasukariyugate_20140222_111

Hiwadasukariyugate_20140222_113

北向地蔵手前の車道までは除雪作業が入り歩き易くなっていますが、山側には大量の雪が残っており気温上昇でもあれば雪崩が発生することも想定できます。


Hiwadasukariyugate_20140222_116

Hiwadasukariyugate_20140222_121

車道を横断し北向地蔵に向かう途中、積雪の重みで枝が倒れている箇所がありますので注意しながら歩きます。


Hiwadasukariyugate_20140222_123

Hiwadasukariyugate_20140222_126_2

物見山以降ハイカーを見かけませんでしたが、北向地蔵で二人のハイカーを確認したのが本日最終ハイカーとなりました。北向地蔵から先は車道歩きをしていきます。除雪はされていますが、凍結箇所多数でスタッドレスでも危険な状況です。


Hiwadasukariyugate_20140222_127

Hiwadasukariyugate_20140222_128

スカリ山取付口から尾根道に入ります。


Hiwadasukariyugate_20140222_130

Hiwadasukariyugate_20140222_131

踏み抜き地獄やら先陣が残した変則的ツボ足で登っていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_132

Hiwadasukariyugate_20140222_136

まずは観音ヶ岳から武甲山を望みます。


Hiwadasukariyugate_20140222_135

Hiwadasukariyugate_20140222_139

スカリ山に向かう鞍部までの下り道ではとても400m前後の低山とは思えない程の積雪量です。


Hiwadasukariyugate_20140222_140

Hiwadasukariyugate_20140222_141

コルより登り返してスカリ山にアタックを仕掛けます。


Hiwadasukariyugate_20140222_143

Hiwadasukariyugate_20140222_146

本気モードでスカリ山にアタックです!積雪量が半端ないっす。


Hiwadasukariyugate_20140222_145

スカリ山で雪庇が発達??


Hiwadasukariyugate_20140222_147

スカリ山から眺めた奥武蔵の帝王、武甲山


Hiwadasukariyugate_20140222_148

遠方に霞んで見える「榛名山」


Hiwadasukariyugate_20140222_150

Hiwadasukariyugate_20140222_152

先端が立っているシンボルの笠山(左)、そして遠方の高崎・前橋方面を眺めます。


Hiwadasukariyugate_20140222_158

Hiwadasukariyugate_20140222_161

数名のハイカーの踏跡しかない尾根道を下り、トラバースしていきます。トラバース道はやや危険を感じる難易度でしたが、変則的ツボ足をチェーンスパイカーとして蹴散らしながら進みます。


Hiwadasukariyugate_20140222_165

Hiwadasukariyugate_20140222_168

結構本気モードでエビガ坂に到達です。時間があれば顔振峠方面に進みたかったのですが、5千円たかり屋に嵌められた事件により、ユガテ、東吾野駅方面にやも得ず進行していきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_170

Hiwadasukariyugate_20140222_171

変則的ツボ足で進んでいくと、ユガテに通じる登山道は結構荒れており、道を塞ぐ巨大枝に進行を妨げられていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_179

Hiwadasukariyugate_20140222_182

ユガテに建つ民家の脇道を通過していくと、ゆずが雪害に遭われています。


Hiwadasukariyugate_20140222_186

Hiwadasukariyugate_20140222_191

ユガテにまでこんなにも豊富な雪があるとは驚きです。こんなユガテ歩きはニガテ?


Hiwadasukariyugate_20140222_193

Hiwadasukariyugate_20140222_198

ユガテシンボルの標識を確認後、東吾野駅に向かう為、古道飛脚道を選択します。


Hiwadasukariyugate_20140222_201

Hiwadasukariyugate_20140222_209

踏み跡の人数は少ないと思われる道を辿り、橋本山に到達します。暫し夕刻の開けた展望を楽しみます。


Hiwadasukariyugate_20140222_205

何度も登場する武甲山、手前左側が武川岳


Hiwadasukariyugate_20140222_206

古御岳~伊豆ヶ岳のラインが鮮明に見えます。


Hiwadasukariyugate_20140222_207

Hiwadasukariyugate_20140222_217

奥武蔵を一望してから勾配が急な男坂を下ります。


Hiwadasukariyugate_20140222_220

Hiwadasukariyugate_20140222_228

下りではチェーンスパイクの爪が気持ち良く効いているので、ガシガシ下っていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_231

Hiwadasukariyugate_20140222_234

やがて福徳寺が見えてきて前を通過していきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_237

Hiwadasukariyugate_20140222_239

雪害に影響の無かった阿弥陀堂を見学して、チェーンスパイクを解放していきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_241

Hiwadasukariyugate_20140222_245

車道を歩いて東吾野駅に到達します。次の発車時刻まで20分近くありましたのでベンチでゆっくり寛ぎます。


Hiwadasukariyugate_20140222_249

Hiwadasukariyugate_20140222_251

数日前に全線復旧した西武線の列車が到着します。17時2分に乗車し高麗駅まで2駅の短い車窓の旅です。


Hiwadasukariyugate_20140222_254

高麗の里にコンパクトに聳え立つ日和田山を見上げながら車の回収に向かいます。お疲れさまでした。


■天候:晴れ時々曇り

■出会った人:25人

■タイム:13:04~16:43【3時間39分、休憩等含】 

■形態:単独行 

■水分:2.0L(ペットボトル500ml:4本) 

■山域:奥武蔵

■日和田山登頂:通算14回目 

■出発地点より駐車場までの片道距離:32Km 

■登頂日:2014年2月22日(土)

■その他:  

★大幅な遅刻ハイカーとしてスタートした日和田山からの低山縦走でしたが、出だしの遅延に調子が狂って思うようなチェーンスパイカーとしてのパフォーマンスを発揮することができませんでした。ただ積雪に対しては非常に爪が良く絡んでいたので器具としてのパフォーマンスは良好でした。

★踏み抜き地獄&変則的ツボ足地獄のスカリ山はやや難儀しつつも楽しく登頂することができました。スカリ山以降のエビガ坂、ユガテ方面もハイカーの歩いた形跡が薄く、新鮮な感覚で歩くことができました。

★さて、昨年は3/2にかんぽ寄居から陣見山~宝登山の縦走、3/9に高尾山⇔陣馬山のピストンを消化しましたが、歩いた両日ともに猛烈な花粉に襲われ、洪水気味の鼻水により鼻心溶融が起こり、メルトダウン2回、翌日は目が開かない現象が発生、今でもトラウマとなって記憶に残っております。従って、花粉の影響によっては登山自粛も考えています。やっぱ、大人の裏歩きになってまうかな・・・(笑)。以下も登山自粛の要因の一つ。

★2/26よりPM2.5の観測値が高まっています。当日は奥武蔵や奥多摩方面も晴れていたにも拘わらず、朝から霞んで見えづらい光景でした。明らかに中国で発生している有害物質PM2.5の影響です。更にPM2.5の5分の一の微粒子のPM0.5もあるようでこいつはもっと厄介な物質のようです。黄砂・PM2.5・鳥インフルエンザ等、環境テロに脅えなければならないのだらうか。打開策は・・・・、特大スカッド打ち込んでも効果は軽微だらうな。とにかく迷惑な国だ、ほんまにいい加減にせいや!と怒りを代弁していきます。

ホームに戻る 

日和田山~スカリ山~ユガテ 2012/1/15 低山縦走トレーニング(Photo Only)

日和田山305m/スカリ山435m/ユガテ290m 低山縦走トレーニング(Phote only)

Hiwada_yugate_20120115_053Hiwada_yugate_20120115_049

2ヵ月ぶり、通算7度目の訪問となりました日和田山に、新年のトレーニングに参りました。本日は前回同様、ユガテまで縦走していきます。同周辺コースは、何度かレポをしている為、今回は簡易レポとさせていただきます。

※画像は、金刀比羅神社手前見晴らし台と展望の様子(富士山、大岳山が見えます)

入山前に宜しければお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):日和田山駐車場⇒男坂⇒金刀比羅神社⇒日和田山⇒高指山⇒物見山⇒北向地蔵⇒観音ヶ岳⇒スカリ山⇒エビガ坂⇒ユガテ⇒福徳寺⇒東吾野駅(西武線乗車)⇒高麗駅⇒日和田山駐車場(車回収)


Hiwada_yugate_20120115_002Hiwada_yugate_20120115_007

自宅から約50分で日和田山駐車場(300円)に到着

先着(2台)無料駐車場は既に満車


Hiwada_yugate_20120115_011_2Hiwada_yugate_20120115_013

6時45分登山開始!


Hiwada_yugate_20120115_019Hiwada_yugate_20120115_025

男坂を選択


Hiwada_yugate_20120115_043Hiwada_yugate_20120115_044

難易度を自由に選択できる岩場登攀


Hiwada_yugate_20120115_045Hiwada_yugate_20120115_050

鳥居まで断続的岩場地帯


Hiwada_yugate_20120115_051Hiwada_yugate_20120115_056

大岳山・富士山・丹沢山塊


Hiwada_yugate_20120115_060Hiwada_yugate_20120115_062

「これほど鮮明に見える富士は初めてだ!」と感動するオヤジたち(本日の富士はたいしたことはなかった)

金刀比羅神社で参拝


Hiwada_yugate_20120115_065Hiwada_yugate_20120115_067

日和田山山頂に果敢にアタックを仕掛ける


Hiwada_yugate_20120115_069Hiwada_yugate_20120115_071

日和田山に登頂成功!


Hiwada_yugate_20120115_078Hiwada_yugate_20120115_074

貸切山頂を楽しみながら街を一望する。遠方には筑波山


Hiwada_yugate_20120115_079Hiwada_yugate_20120115_081

鞍部まで下り、高指山に向かう。


Hiwada_yugate_20120115_086Hiwada_yugate_20120115_088

鉄塔のある高指山は通過、開けた場所で大岳山を捉える。


Hiwada_yugate_20120115_091Hiwada_yugate_20120115_099

舗装道路を歩いて物見山に向かう


Hiwada_yugate_20120115_097Hiwada_yugate_20120115_101

再び大岳山を眺望、そして丹沢方面


Hiwada_yugate_20120115_105Hiwada_yugate_20120115_109

誰もいない山道をグングン進んでいく


Hiwada_yugate_20120115_113Hiwada_yugate_20120115_115

物見山に登頂成功!


Hiwada_yugate_20120115_117Hiwada_yugate_20120115_122

マイクロストーブでお湯を沸かし、温かいコーヒーをおいしく頂く


Hiwada_yugate_20120115_131Hiwada_yugate_20120115_134

小休止後、軽いアップダウンを消化する


Hiwada_yugate_20120115_140Hiwada_yugate_20120115_141

北向地蔵に到着


Hiwada_yugate_20120115_142Hiwada_yugate_20120115_144

スカリ山オヤジ不在を確認後の車道歩き


Hiwada_yugate_20120115_148Hiwada_yugate_20120115_149

スカリ山入口登山道に突入!


Hiwada_yugate_20120115_151Hiwada_yugate_20120115_155

登り込んで武甲山を確認


Hiwada_yugate_20120115_157Hiwada_yugate_20120115_153

そこは、観音ヶ岳山頂


Hiwada_yugate_20120115_158Hiwada_yugate_20120115_162

狭い山頂からの展望


Hiwada_yugate_20120115_163Hiwada_yugate_20120115_165

スカリ山を目前に捉えて、鞍部まで下る


Hiwada_yugate_20120115_166Hiwada_yugate_20120115_168
Hiwada_yugate_20120115_171

登り返して、スカリ山に登頂成功!


Hiwada_yugate_20120115_177Hiwada_yugate_20120115_179
Hiwada_yugate_20120115_183

楽しみにしていた貸切山頂でのカップヌードルを、おいしく頂く


Hiwada_yugate_20120115_188Hiwada_yugate_20120115_187

武甲山をしっかりと目に焼き付けてから急坂を下る


Hiwada_yugate_20120115_194Hiwada_yugate_20120115_195

ユガテに向かう


Hiwada_yugate_20120115_197Hiwada_yugate_20120115_199

エビガ坂に到達


Hiwada_yugate_20120115_204Hiwada_yugate_20120115_210

やがてユガテが視界に入る


Hiwada_yugate_20120115_214Hiwada_yugate_20120115_218

遠慮しながら集落に進入


Hiwada_yugate_20120115_223Hiwada_yugate_20120115_224

ユガテの美しさに感動する


Hiwada_yugate_20120115_226Hiwada_yugate_20120115_228

標高は290m


Hiwada_yugate_20120115_235Hiwada_yugate_20120115_236

古道飛脚道を進んでいく


Hiwada_yugate_20120115_239Hiwada_yugate_20120115_242

定期的に間伐材を販売している


Hiwada_yugate_20120115_243Hiwada_yugate_20120115_244

作業場には、西川木楽会と記されている


Hiwada_yugate_20120115_248Hiwada_yugate_20120115_251

ひきゃく道をたんたんと進む


Hiwada_yugate_20120115_256Hiwada_yugate_20120115_257

橋本山経由で男坂に立ち向かう


Hiwada_yugate_20120115_262Hiwada_yugate_20120115_263

マニアックな橋本山に登頂成功!


Hiwada_yugate_20120115_265Hiwada_yugate_20120115_270

横長のスペースがある山頂より開けた展望を確認


Hiwada_yugate_20120115_274Hiwada_yugate_20120115_273

武甲山、大持山、小持山、武川岳、伊豆ヶ岳、古御岳の奥武蔵を代表する山塊


Hiwada_yugate_20120115_276Hiwada_yugate_20120115_280

男坂の急坂を下る。途中30人の団体ハイカーと擦れ違う


Hiwada_yugate_20120115_287Hiwada_yugate_20120115_292

ひたすら飛脚道を突き進む


Hiwada_yugate_20120115_295Hiwada_yugate_20120115_298

福徳寺に出る


Hiwada_yugate_20120115_300Hiwada_yugate_20120115_302

阿弥陀堂を見学


Hiwada_yugate_20120115_303Hiwada_yugate_20120115_306

車道歩きで東吾野駅に向かう


Hiwada_yugate_20120115_308Hiwada_yugate_20120115_313
Hiwada_yugate_20120115_323

東吾野駅に到着


Hiwada_yugate_20120115_333
Hiwada_yugate_20120115_328Hiwada_yugate_20120115_336

高麗駅で下車して、日和田山駐車場で車を回収(終了)


■天候:晴れ 

■出会った人:35人ぐらい 

■タイム:6:50~10:30(東吾野駅到着時) 

ホームに戻る 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

日和田山・スカリ山 2011/11/23 奥武蔵の縦走入門コースで5座を踏破する!

日和田山305m/物見山375m/スカリ山435m/ユガテ290m

Sukariyama_20111123_151
3ヵ月ぶり、通算6度目の日和田山訪問となります。以前1度だけスカリ山まで縦走したことがありました。そして今回は、スカリ山より先の未踏区域であるエビガ坂・ユガテを加え東吾野駅まで下るコースを歩いてみることにします。
このコースは、僅か3~4時間で低山をなんと!5座も縦走できてしまうたいへん魅力的なトレーニングコースです。 

入山前に宜しければお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):日和田山登山口⇒男坂⇒金比羅神社⇒日和田山⇒高指山⇒物見山⇒北向地蔵⇒観音ヶ岳⇒スカリ山⇒エビガ坂⇒ユガテ⇒福徳寺⇒東吾野駅(西武線乗車)⇒高麗駅⇒日和田山登山口(車回収)


Sukariyama_20111123_003Sukariyama_20111123_007

予定より1時間寝坊してしまいました。近くのFマートで買い出し後、日和田山登山口まで50分車を走らせます。FM795(ナックファイブ)リスナーの私は、大野清太郎の天気予報で午後から荒れるようだと聞いて急ぎます。本日はトヨタプラッツを利用して先着3台までの無料駐車場に間に合いました。時刻は7時10分登山開始です!


Sukariyama_20111123_012Sukariyama_20111123_015

石鳥居を潜り抜け毎度のことですが男坂に向かいます。


Sukariyama_20111123_017Sukariyama_20111123_022

すぐに目の前に現れる男坂目掛けて登り込みます。


Sukariyama_20111123_024Sukariyama_20111123_025

三点支持技法による岩場登攀でクリアしていきます。


Sukariyama_20111123_029Sukariyama_20111123_031

ホールド・スタンスはしっかりしています。


Sukariyama_20111123_032Sukariyama_20111123_038

早々に男坂をクリアして、見晴らしのよい金刀比羅神社鳥居に到達します。


Sukariyama_20111123_033Sukariyama_20111123_036

Sukariyama_20111123_044_2Sukariyama_20111123_046

巾着田、街並み、奥武蔵の山々の展望が開けます。特に武甲山が目立ちます。


Sukariyama_20111123_049Sukariyama_20111123_050

金刀比羅神社を通過後、裏手の岩場を乗り越えて行きます。途中犬の散歩に出くわします。犬は忠実に三点支持をこなしていました。


Sukariyama_20111123_053Sukariyama_20111123_055

日和田山山頂部分を捉え一気に登り上げます。20分で到達です。


Sukariyama_20111123_060Sukariyama_20111123_068

まずは日和田山登頂成功です!本日は超低山ミニ縦走コースにより5座を踏破します。山頂標識脇を覗き込むと・・・「山田さぁ~ん!」止めて下さい!落書き厳禁です。現行犯を見つけたら、首に巻いているタオルにスポーツドリンクを染み込ませて思いっ切り振り叩きます。


Sukariyama_20111123_067Sukariyama_20111123_065

山頂標識脇の木の枝に何か巻きつけられています。なんと!驚いたことに昨日さくらほいくえんの園児たちが登頂しているではありませんか!立派な寄せ書きです。山田さんも見習って下さいよ。


Sukariyama_20111123_062Sukariyama_20111123_058

山頂からは日高市街地を一望できます。遠方にはさいたま新都心、新宿副都心が確認できました。


Sukariyama_20111123_070Sukariyama_20111123_071

次の高指山に向けて一旦下ります。


Sukariyama_20111123_073Sukariyama_20111123_076

緩い登り坂を経て高指山を通過します。山頂部分はNTT敷地内の為進入不可です。


Sukariyama_20111123_077Sukariyama_20111123_084

車道歩きに変わります。途中売店近くにて展望の利くポイントがあります。


Sukariyama_20111123_086Sukariyama_20111123_087

物見山に向けて再び山道に入ります。


Sukariyama_20111123_088Sukariyama_20111123_090

登り込んでいくと山頂との分岐点に出ます。


Sukariyama_20111123_091Sukariyama_20111123_094

一気に登り込んでいき、縦走3座目の物見山に登頂成功です!


Sukariyama_20111123_095Sukariyama_20111123_096

Sukariyama_20111123_097_2

実はあまり知られていないのが一等三角点の場所です。別に三角点ハンターではありませんが一等三角点はやはり興味のある場所です。山頂標識に向かって右側を100mぐらい進むと樹木に囲まれた場所に一等三角点は存在します。


Sukariyama_20111123_108Sukariyama_20111123_110

物見山を後にして北向地蔵に向かいます。暫く平坦な山道を歩いていくと途中に車道を横切る場所があります。


Sukariyama_20111123_111Sukariyama_20111123_115

少し登り込んでいくと北向地蔵に到達です。


Sukariyama_20111123_119Sukariyama_20111123_120

ここに所謂「スカリ山オヤジ」が出没しているようですが、早朝の為か姿が見えません。これから出勤ってところでしょうか。スカリ山案内人がいないので前を進んでいたトレランハイカーは、五常の滝方面へと素直に下っていきました。


Sukariyama_20111123_122Sukariyama_20111123_123

スカリ山オヤジがいないので、代わりに私が皆様の水先案内人となることに致しましょう。暫く車道歩きをします。暫くと言っても表現が曖昧なので5~6百mぐらいでしょうか。カーブ箇所を何度か廻り込みますので途中引き返さないようにして下さい。目印は通過地点に割れたカーブミラーが設置されています。


Sukariyama_20111123_128Sukariyama_20111123_129

そして車道から見える「スカリ山入口」表示を見逃さないようにしてください。


Sukariyama_20111123_131Sukariyama_20111123_133

勾配はきつくはありませんけど登り込んでいきます。


Sukariyama_20111123_135Sukariyama_20111123_139

5分ぐらいで山頂に到達します。そこは4座目となる「観音ヶ岳」です。


Sukariyama_20111123_136Sukariyama_20111123_137

Sukariyama_20111123_141_2Sukariyama_20111123_143

山頂からは武甲山を中心とした奥武蔵の山々、坂戸・毛呂山方面?の街並み、そしてこれから向かうスカリ山がすぐ目の前に見えます。


Sukariyama_20111123_144Sukariyama_20111123_147

コルまで下り登り返します。


Sukariyama_20111123_149Sukariyama_20111123_151_2

呆気なく登頂成功です!ここがスカリ山435m山頂です。


Sukariyama_20111123_152_2Sukariyama_20111123_162

貸切山頂にて見晴らしの良い景色を満喫しながら、Fマートのおにぎりをおいしく頂きます。


Sukariyama_20111123_154Sukariyama_20111123_157

奥武蔵の山々、やはり目を引き付けるのが武甲山です。


Sukariyama_20111123_165Sukariyama_20111123_166

ここより先、エビガ坂方面に下るルートより未踏の区域です。ワクワクしながら下っていきます。


Sukariyama_20111123_168Sukariyama_20111123_171

Sukariyama_20111123_172_2Sukariyama_20111123_175

進むべき方向に矢印が樹木に巻きつけられていましたので、迷うことはなさそうです。チャッチャカ下っていきます。


Sukariyama_20111123_178Sukariyama_20111123_180

ユガテ・東吾野駅への道標も出てきましたので安心です。


Sukariyama_20111123_183Sukariyama_20111123_184

そして「エビガ坂」到着です。辺りを見回して何がエビガ坂なのか?地名の由来に検討付かずスルーしていきます。


Sukariyama_20111123_188Sukariyama_20111123_190

次の目的地ユガテに向かうことにします。日和田山を過ぎてからスカリ山まで1人しか出会いませんでしたが、細くなった登山道から徐々にハイカーと擦れ違うようになってきました。そして一旦車道に出ます。


Sukariyama_20111123_192Sukariyama_20111123_194

ユガテに向けて軽く登り込みます。


Sukariyama_20111123_196Sukariyama_20111123_198

間もなく集落に出てきました。手作り道標のユガテ方向に進みます。


Sukariyama_20111123_203Sukariyama_20111123_204

Sukariyama_20111123_208Sukariyama_20111123_210

民家の庭先に入り込むかのように、失礼しながら歩いていきます。


Sukariyama_20111123_212Sukariyama_20111123_213

Sukariyama_20111123_215

すると道標・トイレが設置されている開けた場所に出ました。


Sukariyama_20111123_217Sukariyama_20111123_218

ユガテの森のひまわり畑です。ここユガテは奥武蔵の山村の中でも、もっとも美しい集落と言われています。


Sukariyama_20111123_223Sukariyama_20111123_221

ユガテ標高290m標識前には、テーブル付きベンチが置いてありゆっくり寛げそうな場所でした。


Sukariyama_20111123_233_2Sukariyama_20111123_235

Sukariyama_20111123_236

ユガテを後にして、通常ルートと古道飛脚道の分岐点に出ます。とりあえず山道っぽい通常ルートで東吾野駅に向かいます。


Sukariyama_20111123_241Sukariyama_20111123_247

暫く下ると車道に出ました。集落を見ながらの車道歩きになります。


Sukariyama_20111123_253Sukariyama_20111123_254

ホタル生息地である沢沿いの車道歩きは続きます。


Sukariyama_20111123_257Sukariyama_20111123_259

Sukariyama_20111123_258

そして福徳寺に到着です。屋根の曲線が美しい阿弥陀堂は鎌倉時代末期に建築された国の重要文化財指定物です。


Sukariyama_20111123_261Sukariyama_20111123_262

Sukariyama_20111123_266

ユガテ分岐道の飛脚道は福徳寺裏手に続いていました。地主の御厚意により整備されており、虎秀やまめクラブが推奨しています。


Sukariyama_20111123_268Sukariyama_20111123_270

Sukariyama_20111123_273Sukariyama_20111123_278

福寿寺より国道299号を歩いて東吾野駅に到着しました。時刻は10時20分です。次の電車まで20分ありました。


Sukariyama_20111123_284Sukariyama_20111123_286

西武線東吾野駅より2駅乗車(10分)して高麗駅で下車します。 


Sukariyama_20111123_289Sukariyama_20111123_290

高麗駅より日和田山登山口に戻り車を回収します。


Sukariyama_20111123_292Sukariyama_20111123_295

高麗豆腐屋脇から裏道を通り、正面に聳え立つ日和田山を眺めながら歩きます。


Sukariyama_20111123_298_2Sukariyama_20111123_300

日和田山に向かうに従ってハイカーが大集結してきました。日和田山有料(300円)駐車場を見て、腰が砕け散りそうになるくらいストロングなサプライズを受けます。空きスペースが全くありません。こんな混雑した日和田山駐車場初めて見ました。


Sukariyama_20111123_301Sukariyama_20111123_304

ハイカーが続々と入山していきます。遅刻ハイカーではない私は、先着無料駐車場に停めていた車を回収するだけです。その後真っ直ぐ自宅に帰りゴロゴロしていました。


■天候:晴れ 

■出会った人:65人ぐらい(日和田山3人、~スカリ山1人、~ユガテ~東吾野駅20人、高麗駅~駐車場40人?) 

■タイム:7:10~10:20(東吾野駅到着時) 

■その他: 

◇奥武蔵入門のミニ縦走コースは、登山道がしっかりしているのでたいへん歩きやすい人気のあるコースです。入門にも拘わらずなんと!5座も縦走できちゃいますよ。静かな山域ですが、単独女性ハイカーでも入山しやすい山だと思われます。ただし奥深くない山なので、ハイカーに無関係な不審者が出没できる場所かもしれません。野生動物や山の危険以外の違った危険も予測しなければならないことを踏まえて、自己責任で山歩きを楽しんでほしいものです。

ホームに戻る 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | 2014年山行の軌跡 | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 剱岳【早月尾根】 | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ