雁坂嶺/雁坂峠

雁坂嶺 2011/10/29 奥秩父の秘境攻略編

雁坂嶺(かりさかれい)2,289m/雁坂峠2,082m 単純高低差1,289m

Karisakarei_20111029_399Karisakarei_20111029_457

雁坂嶺・雁坂峠は奥秩父縦走路の一部に位置しており、雁坂峠は日本三大峠としてもその名が知られています。

今回、県内の単独で入山しづらい未踏地域を苗場山で同行したステイサム氏と組んで攻略する計画を立てました。情報量の少ない山域を国道140号沿いにある「出会いの丘」を起点に秩父側から登頂してみることにしました。

(ルート):出会いの丘駐車場⇒黒岩尾根⇒雁坂小屋⇒雁坂峠⇒雁坂嶺⇒雁坂峠⇒雁坂小屋⇒樺避難小屋⇒突出峠⇒岩道場⇒黒文字橋⇒出会いの丘


Karisakarei_20111029_006
いつものように最寄駅にてお馴染みのステイサム氏をピックアップしてから「道の駅大滝温泉」にて軽い仮眠をしていきます。その後、国道140号をガンガンひた走って「出会いの丘」に到着します。

実は、前日にいつも使用しているメインマシンの燃料タンクに故障が生じ修理に出します。本日の山行に間に合わず、通勤車のトヨタプラッツ12年使用物のポンコツでキツキツの山道を上がってきました。何とかオーバーヒートは避けられました。


Karisakarei_20111029_012Karisakarei_20111029_013

駐車場からは和名倉山、豆焼橋が眺望できます。


Karisakarei_20111029_028Karisakarei_20111029_019

センサーでライトが灯く立派なトイレが併設されていました。ステイサムは既に準備運動を始めて気合い十分な様子です。


Karisakarei_20111029_033Karisakarei_20111029_038

AM6時登山開始です!

まずは豆焼橋に向かって車道を歩いていきます。


Karisakarei_20111029_042Karisakarei_20111029_049

ただいま路面温度2度です。豆焼橋を横から眺めると凄く迫力のあるブリッジですね。


Karisakarei_20111029_055Karisakarei_20111029_057

豆焼橋の歩道側を歩いて下を覗き込んでみます。豆焼沢まで200mぐらいあるでしょうか。かなりの高度感があります。妙義山で味わった高度感が甦ってきました。


Karisakarei_20111029_058Karisakarei_20111029_061

雁坂方面を眺めて再度真下を覗き込みます。紅葉の色合いが見事です。


Karisakarei_20111029_067Karisakarei_20111029_069

そしてトンネル入口手前を注意しながら横断して、左側の林道に進入していきます。


Karisakarei_20111029_073Karisakarei_20111029_074

そこは既に黒岩尾根登山道入口でした。雁坂小屋まで8、2キロの表示あり。

それと渓流に入るみなさんへの注意事項です。大変険しい渓谷なので行方不明や転落事故が多発しているようです。絶対に初心者の方や単独での入渓はしないでくれとの秩父警察署からのお願いでした。

確か2年ぐらい前の大事故が記憶から甦ります。この先のブドウ沢で沢登りハイカーが転落して救助要請が入ります。救助に向かった救助ヘリが墜落し搭乗者5名の命を失いました。更にその後取材に出かけた2名の報道関係者までも命を落とす事故に遭います。非常に危険な山域と思われます。


Karisakarei_20111029_076Karisakarei_20111029_078

登山者のみなさんへとして「Notice to All Climbers」英語表記、中国語・韓国語表記もあります。爽やかな酸素で深呼吸しながら歩いていきます。


Karisakarei_20111029_079Karisakarei_20111029_080

その先にある建物が目に入り、鉄筋のアパートかと思ったら奥秩父トンネル電気室でした。 


Karisakarei_20111029_081Karisakarei_20111029_082

更に進んでいくとゲートがありました。ここから先は東京大学の所有地だそうです。当然ですが事故等発生の場合、自己責任になります。


Karisakarei_20111029_083Karisakarei_20111029_087

林道を進んでいきますが、ステイサムのペースが速い。後半のバテが気になります。本日は握り飯8個持参だそうです。シャリバテは無さそうだね。


Karisakarei_20111029_090Karisakarei_20111029_091

道中、見覚えのある形の山が見えます。3回登頂した「雲取山」です。次回訪問機会があれば、トラウマの残っている三峰ルートで攻略してみたいです。


Karisakarei_20111029_094Karisakarei_20111029_102

林道を30分弱歩いて雁坂峠入口に到達します。ここでステイサムに追い付きました。


Karisakarei_20111029_099Karisakarei_20111029_100

ここより先は本格的な山道に入ります。雁坂小屋まで6.7キロ歩きます。


Karisakarei_20111029_105_2Karisakarei_20111029_106

初っ端から登山道は斜めっています。撮影を斜めにしている訳ではございません。歩きづらいです。


Karisakarei_20111029_113Karisakarei_20111029_114

歩きづらい斜め山道は続きます。


Karisakarei_20111029_115Karisakarei_20111029_119

樹間より山を確認します。笠取山あたりでしょうか。マイナーなルートですが、所々に距離表示のある標識が立っています。


Karisakarei_20111029_122Karisakarei_20111029_128

樹林帯たっぷりが好みのステイサム氏もこの斜めっている登山道に苦戦気味でした。


Karisakarei_20111029_129Karisakarei_20111029_131

鮮やかな紅葉地帯に入っていきます。


Karisakarei_20111029_137Karisakarei_20111029_139

やがて「あせみ峠」に到達します。休憩ベンチも設置されておりました。


Karisakarei_20111029_141Karisakarei_20111029_143

Karisakarei_20111029_150_2Karisakarei_20111029_151

奥秩父の紅葉を優雅に貸切状態で楽しみながら歩いていきます。


Karisakarei_20111029_154Karisakarei_20111029_156

高度を稼ぎながら雁坂小屋までの距離を詰めていきます。


Karisakarei_20111029_157Karisakarei_20111029_164

ステイサム氏も快調に登り込んでいきます。時より新調したコロンビアの靴紐の調整をしていました。


Karisakarei_20111029_166Karisakarei_20111029_167

その後も貸切紅葉の独占状態が続きます。


Karisakarei_20111029_181_2Karisakarei_20111029_182

高度を上げて行くと周囲の雰囲気も変わってきました。


Karisakarei_20111029_184Karisakarei_20111029_186

ふくろ久保に到達です。やや上部でガサガサする音と鹿の鳴き声が響いていました。


Karisakarei_20111029_189Karisakarei_20111029_190

続いて?下水晶谷です。表示が剥がれていて読み取れませんでした。前方に深い谷があります。無闇に入渓すると大変危険な箇所が待ち受けていると思われます。


Karisakarei_20111029_208Karisakarei_20111029_210

先を進んでいくと危険な箇所には補助階段が設置されていました。


Karisakarei_20111029_213Karisakarei_20111029_215

いい感じで雁坂小屋に近づいて参りました。踏ん張りを効かせていきます。


Karisakarei_20111029_216_2Karisakarei_20111029_218

ステイサムの新調した靴に靴づれが生じたようです。づれた箇所にテーピングを巻いていきます。そしてリセットした状態から斜めった登山道を攻略していきます。


Karisakarei_20111029_224Karisakarei_20111029_227

補助道を渡り残り1キロの表示を確認します。


Karisakarei_20111029_229Karisakarei_20111029_230

場所によっては危険箇所も存在します。集中力を保ち慎重に歩けば支障のない程度です。


Karisakarei_20111029_234_2Karisakarei_20111029_237

前方に見えるのは奥多摩方面から縦走できる山々です。谷がやけに深いです。


Karisakarei_20111029_246Karisakarei_20111029_248

雁坂小屋まであと400mの地点を通過します。周辺は視界が開けてきました。


Karisakarei_20111029_250Karisakarei_20111029_252

穏かな道を登り込んでいきます。


Karisakarei_20111029_253Karisakarei_20111029_254

休憩ベンチの前を通過し、遠方にトイレらしき建屋が見えます。


Karisakarei_20111029_259Karisakarei_20111029_261_2

なんと!登山道がトイレを突きぬけています。遠慮なく進んでいきます。勿論、小は丸見えです。通過すると雁坂小屋に出ました。


Karisakarei_20111029_263Karisakarei_20111029_264

小屋前にも黒岩尾根登山道入口の看板と雁坂峠への標示版が設けられています。


Karisakarei_20111029_266_2Karisakarei_20111029_267

小屋周辺には人の気配がありません。雁坂小屋は年季が入っているイメージですが、これが山小屋だ!的な風情を感じさせられる趣のある外観です。


Karisakarei_20111029_269Karisakarei_20111029_270

電気は太陽光発電のようです。別棟にも錆びれた小屋が・・倉庫用かな。


Karisakarei_20111029_273Karisakarei_20111029_275

雁坂嶺が見える方面にも別棟の小屋がありました。


Karisakarei_20111029_279Karisakarei_20111029_280

いつもとは別の角度から見る「両神山」、奥には八ヶ岳が眺望できます。


Karisakarei_20111029_283Karisakarei_20111029_289

そして雁坂峠へ向かうには本小屋の前からルートが通じております。峠まで500m登り込んでいきます。


Karisakarei_20111029_290Karisakarei_20111029_293

Karisakarei_20111029_300Karisakarei_20111029_304

眺望の利く山々を見ながら仕上げ登りに入ります。樵魂をフル活用してステイサムもしっかり登り込んできていました。


Karisakarei_20111029_305Karisakarei_20111029_306

約4時間強かかり峠に到達できました。山頂には山梨側から登頂されてきた2名の女性ハイカーがベンチで寛いでおりました。本日お初の人間様です。


Karisakarei_20111029_308
日本三大峠 雁坂峠の表示板がこの光景にマッチングしておりました。


Karisakarei_20111029_325Karisakarei_20111029_331

雁坂峠2,082mの山頂標識と秩父往還の歴史として雁坂峠の歴史の説明書きが記載されています。


Karisakarei_20111029_312_2
本日は天候も良く、富士山のくっきりとした姿を視界に捉えることができました。


Karisakarei_20111029_341Karisakarei_20111029_349

国師ヶ岳・朝日岳・金峰山方面と黒金山・乾徳山方面の眺望も利いています。


Karisakarei_20111029_335Karisakarei_20111029_336

ステイサムが絶景と紅葉に圧巻しています。


Karisakarei_20111029_346Karisakarei_20111029_364Karisakarei_20111029_365

小休止後、ここからは雁坂嶺に向けてピストンです。


Karisakarei_20111029_369Karisakarei_20111029_370

少し登り込んだ場所で再度、富士山を眺めてみます。見事です!


Karisakarei_20111029_374Karisakarei_20111029_378

奥秩父独特の雰囲気のある登山道を登り込んでいきます。


Karisakarei_20111029_384Karisakarei_20111029_389

大弛峠から登る金峰山への登山道の雰囲気によく似ていますね。


Karisakarei_20111029_392Karisakarei_20111029_412

雁坂嶺登頂成功です!時刻は11時15分です。雁坂峠より25分ぐらいで登頂できました。


Karisakarei_20111029_395Karisakarei_20111029_396

三等三角点と山梨百名山の標識です。


Karisakarei_20111029_403Karisakarei_20111029_407

山頂は樹林に囲まれていますが、隙間から富士山、国師ヶ岳、金峰山方面が確認できます。


Karisakarei_20111029_405Karisakarei_20111029_419

破不山方面に少し下ると甲武信三山が確認できました。中央円錐形の山が5月に登頂してきた甲武信ヶ岳です。懐かしいです。 


Karisakarei_20111029_417Karisakarei_20111029_425

軽く食事をしてから破不山へ行くのは止めて、雁坂峠に戻ります。ステイサムが靴紐調整をしてスタンバイ完了となり下山開始です。


Karisakarei_20111029_427Karisakarei_20111029_429

富士山を再び眺めて一気に直線ルートをチャッチャカ下りしていきます。


Karisakarei_20111029_432_2Karisakarei_20111029_441

下っていくと正面に水晶山を捉えます。水晶山でも30年ぐらい前に女性ハイカー2人の白骨化した遺体が発見されたとか何処かで見ました。未解決の事故?事件?らしいです。


Karisakarei_20111029_443Karisakarei_20111029_446

そして雁坂峠までピストンで戻って参りました。


Karisakarei_20111029_450Karisakarei_20111029_451

ステイサムもやや遅れて到着です。


Karisakarei_20111029_457Karisakarei_20111029_452

稜線を振り返ります。1977年に設置された安全祈願の石碑もありました。


Karisakarei_20111029_460Karisakarei_20111029_461

ステイサムが奥さんに頻繁にメールを入れています。実はこのサイトの存在を知っているとのことで、この記事も読まれるかもしれません。こういう難儀な場所に連れまわしている私はイメージ悪いかもしれません。お許しを。


Karisakarei_20111029_463Karisakarei_20111029_465

両神山を視界に捉えながら雁坂小屋まで下ります。


Karisakarei_20111029_468Karisakarei_20111029_470

すると呆気なく雁坂小屋に戻りました。おや?今度は様子がおかしいぞ!扉が開放されていました。


Karisakarei_20111029_476Karisakarei_20111029_479

山小屋の管理人がいました。宿泊者の予約が入っているので開けにきたとのこと。管理人オヤジは気さくな感じで話好きな方でした。小屋のキャパは150名程宿泊でき、風呂も併設されているとのことです。以前、宮崎勤の判決を下した裁判官が宿泊にきたと話題に出します。

同じく、話好きのステイサムは管理人オヤジとインドのカースト制度について議論を交わし始めます。インド人は計算能力は高いが物造りには長けていないとステイサムが熱弁します。ステイサムはアジア系外国人と頻繁に議論を交わしているので外人の特性を良く知っています。

当初下山道をピストンで考えていました。しかし、周回コースがあるのは知っていたのですが、国道歩きを40分やりたくないので避けていました。管理人オヤジが避難小屋跡地からショートカットして出会いの丘に戻れるルートがあるからそっちの方が早いとアドバイスしてくれました。素直に聞き入れた我々は、その後とんでもない事態に発展することに・・・。


Karisakarei_20111029_482_2Karisakarei_20111029_484

雁坂小屋別棟前より川又ルートを下ります。


Karisakarei2_20111029_020Karisakarei2_20111029_023

暫くはアップダウンの少ない登山道を雁坂嶺に沿って歩いていきます。


Karisakarei2_20111029_027Karisakarei2_20111029_031

紅葉を眺めながら歩きます。


Karisakarei2_20111029_038Karisakarei2_20111029_039

滝が流れ落ちてくる沢を横断します。このあたりでロングな山行にステイサムややバテ気味になっていました。


Karisakarei2_20111029_043Karisakarei2_20111029_051

紅葉を再度眺めながら歩いていくと先程の雁坂小屋が遠方に確認できました。


Karisakarei2_20111029_053Karisakarei2_20111029_058

そのまま原生林の中を突き進んでいきます。


Karisakarei2_20111029_061_2Karisakarei2_20111029_064

奥多摩・雲取山方面に通じる山々を時より眺めながら歩いていきます。


Karisakarei2_20111029_067Karisakarei2_20111029_076

鎖場を渡っていきます。


Karisakarei2_20111029_089Karisakarei2_20111029_091

ここまで結構な距離を稼いできましたが、高度はあまり下がっていません。


Karisakarei2_20111029_092Karisakarei2_20111029_095

ステイサムのペースが落ちてきてスタミナ切れが心配になります。だるま坂から先のコースは長い下りのようです。


Karisakarei2_20111029_106Karisakarei2_20111029_108

樹林帯をそのまま進んでいくと小屋が見えてきました。小屋のオヤジが言っていた場所だらうか。


Karisakarei2_20111029_111Karisakarei2_20111029_120

雁坂峠より4.5キロ歩いてきました。地図で現在地を確認しますが、出会いの丘に通じるショートカットのような道は記されておりません。


Karisakarei2_20111029_112Karisakarei2_20111029_113

樺避難小屋の建屋はしっかりした頑丈な造りに見えました。


Karisakarei2_20111029_117Karisakarei2_20111029_118

そして中を覗いてみると、完全に寝泊まり可能な場所でした。最も今の時期は夜はかなり冷え込むと思いますけど。


Karisakarei2_20111029_123Karisakarei2_20111029_125

水場まで5分と表示ありましたが、下ってみてその先何も無かったら疲れるだらうと思い、素直に川又方面に進んでいくことにしました。山小屋オヤジのガゼか?それとも違う道だったのか?確かに地図を見せた時、この地点を指さしていたけど・・・。


Karisakarei2_20111029_132_2Karisakarei2_20111029_135

避難小屋より20分ぐらい歩いて突出峠に出ました。このルートは昔甲州武州を結ぶ街道で人や荷物の往来が盛んだったようです。


Karisakarei2_20111029_138Karisakarei2_20111029_140

このあたりでステイサムとの距離が空いていました。すると後方よりガサガサと音を立てて駆け滑って下りてくる轟音が響きます。充電していたステイサムが必殺樵下りで追い付いてきたものだと思い、轟音と共に一緒に急坂を下っていました。

振り返ってよく見ると服の色が異なります。一気に追い抜かれた時、横顔を確認してみます。するとなんと!女性ハイカーです。しかも白髪混じりの年輩単独女性ハイカーでした。スーパー素早くチャッチャカ下りしていきました。最もこのマニアックルートを歩いている事自体ただものではありませんけどね。


Karisakarei2_20111029_145Karisakarei2_20111029_146

樹林の急坂を下っていき岩道場(がんどうば)に到達しました。ここは黒文字橋への分岐点でもあります。

ステイサムが一向に現れません。そして時刻も16時に迫る勢いで日没が心配になってきました。とりあえず、下ってきた急坂を登り返してステイサムを探しにバックします。10分ぐらい登っていくと疲弊しているステイサムに出会えました。国道歩きは厳しいなと判断し、私が先に下りて車を回収してくると伝えます。集合場所を黒文字橋にしました。


Karisakarei2_20111029_147Karisakarei2_20111029_148

先程の分岐まで下り、国道140号方面にガンガン下っていきました。


Karisakarei2_20111029_151Karisakarei2_20111029_155

樹林帯をひたすら下り、歩き難い舗装道路を下っていきます。


Karisakarei2_20111029_158Karisakarei2_20111029_160

ステイサムとの合流地点である黒文字橋に出ました。近くに公衆トイレがありました。


Karisakarei2_20111029_161Karisakarei2_20111029_162

さぁ~気合いを入れ直します。国道140号歩きが課せられます。これだけは回避したかったが仕方ありません。歩道がないので車が通過しないのを見計らい駆け登ります。


Karisakarei2_20111029_163Karisakarei2_20111029_165

多少白線とガードレールの幅がある場所は少し安心ですが、カーブが危険です。結構なスピードでスポーツカーやトラックまですっ飛ばしてきます。轢き殺されやしないかヒヤヒヤします。果たして日没に間に合うだらうかと気が遠くなります。


Karisakarei2_20111029_167Karisakarei2_20111029_168

和名倉山方面を眺めて御まじないをします。そして、未だ経験のない歩道無しのトンネル歩きです。たまに運転中にトンネル内を人影が歩いているとビックリします。何?何でこんな場所歩っているの?と疑問に思っていたけどまさか、自分が疑問に思われる立場になるとは・・・。予想どおり数十台の車が通過していきます。おそらく疑問に思われたはずです。


Karisakarei2_20111029_169Karisakarei2_20111029_171

トンネルをいくつか抜けて豆焼橋が視界に入ってきました。必死に駆け登っていくと大汗です。


Karisakarei2_20111029_173Karisakarei2_20111029_178_2

豆焼橋に出てホットしました。そして出会いの丘駐車場に戻って車を回収しました。


Karisakarei2_20111029_180Karisakarei2_20111029_184

和名倉山を眺めてから車を発車させます。駆け登ってきた国道を車で下ると結構な距離がありました。そして黒文字橋で元気復活していたステイサムをピックアップします。

そして超疲弊仕切っている身体を癒す為、「道の駅大滝温泉 」に立ち寄ります。疲労の為かブレて撮影がうまくできませんでした。ステイサムと共にゆっくり身体を癒させていただきました。


■天候:秋晴れ 

■出会った人:14人(黒岩尾根:貸切、雁坂峠~雁坂嶺11人、雁坂小屋:管理人オヤジ、下山周回ルート2人) 

■タイム:6:00~16:45(日没を焦りました) 

■その他: 

◇単独で入山しづらい山域に入り、いい経験ができたと思います。初っ端の斜め歩きは谷側への脚の負担が掛かり大変歩きづらい登山道でした。

◇敢えてマイナールートを選んだのは、雁坂トンネル往復1,420円をコストカットしました。そして時間をかけてゆっくり樹林帯を楽しみたい!が結果裏目に・・・。国道駆け登りはもう二度と体験したくない危険な歩行でした。ある意味急峻な岩場より危険かもです。

◇ガイドブックにあまり掲載されていない領域なので、画像を200枚程度使用してロングなレポとなってしまいました。最後まで読んで頂いた方お疲れさまでした。

ホームに戻る 

 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 震災 | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ