八ヶ岳(赤岳)

八ヶ岳(赤岳) 2011/7/15 日本百名山登頂シリーズ

八ヶ岳(赤岳)2,899M 高低差1,334M

Yatsugatake_akadake_20110715_341

八ヶ岳は長野県と山梨県にまたがり、南北に約20K、東西に約15Kの規模を持つ山脈です。峻険な峰々が連なる南八ヶ岳に最高峰の”赤岳”が聳え立っています。

今回八ヶ岳入門編からとはいかず、いきなり大将の首を取りにいく作戦を練ります。前日まで瑞牆山を攻めるプランを検討しておりましたが、急遽過去山行の総合テストを実施したくなり、八ヶ岳の赤岳登頂に意欲が湧きます。岩場・鎖場・鉄梯子・縦走・長距離・急登・ガレ場・急峻・大展望などテストには最高の材料が揃っています。自分を試すいい機会なので気合いを入れて挑んでいきます。

更に折角ならばということで、たかね荘を起点に登りは難易度ランキング1位の”真教寺尾根登山ルート”を利用して、下山に難易度ランキング3位の”県界尾根登山ルート”で攻略していくことにしました。

(ルート);たかね荘(美し森ファーム)標高1,565m⇒羽衣の池(標高1,610m)⇒サンメドウズ清里スキー場リフト降り場(標高1,900m)⇒牛首山(標高2,280m)⇒扇山(標高2,357m)⇒竜頭峰⇒赤岳(標高2,899m)⇒大天狗⇒小天狗⇒たかね荘


Yatsugatake_akadake_20110715_002 Yatsugatake_akadake_20110715_003

自宅を21時出発⇒上信越自動車道富岡IC下車⇒一般道で野辺山駅に0時到着します。そして駅ロータリーの駐車場で車中泊します。駅併設のトイレは真っ暗でしたが、センサーで明かりが点きました。


Yatsugatake_akadake_20110715_008 Yatsugatake_akadake_20110715_020

AM5時目覚めます。ロータリー駐車場は私の車だけです。野辺山駅の完全貸切車中泊でした。


Yatsugatake_akadake_20110715_015 Yatsugatake_akadake_20110715_018

標高1,345米東日本鉄道最高駅の石標が立ちます。裏手には野辺山高原ホテルがあります。


Yatsugatake_akadake_20110715_024 Yatsugatake_akadake_20110715_028

真教寺尾根ルート登山口に向かう途中、本日登頂を目指す”赤岳”が聳え立つのを視界に捉えます。

美しの森ファームたかね荘の無料駐車場に到着します。


Yatsugatake_akadake_20110715_033 Yatsugatake_akadake_20110715_026

駐車場には、店主の御厚意により自由に使って下さいとの案内版があります。駐車場から牛首山、赤岳と魔の真教寺尾根ルートの全体像を捉えることができます。


Yatsugatake_akadake_20110715_030 Yatsugatake_akadake_20110715_032

美し森ファーム前より登山口に入ります。今まで実践で習得してきた我流登山のスキルを全て赤岳登頂にぶち込むつもりで5時30分登山開始です!


Yatsugatake_akadake_20110715_038 Yatsugatake_akadake_20110715_044

羽衣池方面に向かい木の階段を登っていきます。


Yatsugatake_akadake_20110715_047 Yatsugatake_akadake_20110715_050

笹の葉地帯の間を通る木の階段は長く連続して、一気に汗が吹き出します。ウォーミングアップという生易しい程度のものではありません。


Yatsugatake_akadake_20110715_058 Yatsugatake_akadake_20110715_052

羽衣の池に到着します。まだ遠くに赤岳が見えます。


Yatsugatake_akadake_20110715_061 Yatsugatake_akadake_20110715_064

牛首山・赤岳方面に向かいます。


Yatsugatake_akadake_20110715_070 Yatsugatake_akadake_20110715_074

ササ藪地帯に入ると段々深くなり、けもの道のようになっていきます。


Yatsugatake_akadake_20110715_075

ササ藪は夜露で濡れているので足元はおかげの有様です。


Yatsugatake_akadake_20110715_078 Yatsugatake_akadake_20110715_082

編笠山・権現岳方面の視界が開けてきました。途中息を切らして小休止しているとベテランハイカーが安定した登りで先を抜いていきました。スキー場リフト外側のワイヤーは夜間から朝方にかけて通電されています。


Yatsugatake_akadake_20110715_088 Yatsugatake_akadake_20110715_092

リフト上側の展望台からは富士山の頭が見えていました。


Yatsugatake_akadake_20110715_091 Yatsugatake_akadake_20110715_096

金峰山・国師ヶ岳方面、五丈岩がはっきりとわかりました。


Yatsugatake_akadake_20110715_089 Yatsugatake_akadake_20110715_104

スキー場から賽の河原まではアッと言う間です。


Yatsugatake_akadake_20110715_110 Yatsugatake_akadake_20110715_106

真教寺尾根ルートの牛首山・赤岳方面、赤岳山頂にある山小屋が確認できるようになってきました。


Yatsugatake_akadake_20110715_113 Yatsugatake_akadake_20110715_121

そして牛首山に向かいます。またウザいササ藪地帯に入ります。


Yatsugatake_akadake_20110715_130 Yatsugatake_akadake_20110715_133

徐々に高度を稼いで一旦、開けた場所に出ます。


Yatsugatake_akadake_20110715_138 Yatsugatake_akadake_20110715_139

富士山と南アルプスを確認


Yatsugatake_akadake_20110715_148 Yatsugatake_akadake_20110715_150

その先は甲武信の急坂を上回るくらいの強烈な登り込みを強いられます。呼吸を乱さないようにゆっくり歩を進めますが、かなり厳しい登山です。瑞牆山にしておけば良かったと後悔しながら登り込みます。


Yatsugatake_akadake_20110715_152 Yatsugatake_akadake_20110715_156

必死の思いで”牛首山”に到達します。三等三角点がありました。


Yatsugatake_akadake_20110715_157 Yatsugatake_akadake_20110715_160

見晴らしの利かない山頂で1本立てます。高低差700Mぐらいは稼いできました。汗の噴き出す量も半端ではありません。ザックには4L近くの水分を担いできましたが、返ってザックの重量で相当なスタミナを奪われることになりました。


Yatsugatake_akadake_20110715_162 Yatsugatake_akadake_20110715_163

先を進んでいくと”扇山”に到達しました。


Yatsugatake_akadake_20110715_170 Yatsugatake_akadake_20110715_173

樹林帯をコルまで下り、折角稼いできた高度を失います。樹木の隙間から赤岳山頂が伺えます。


Yatsugatake_akadake_20110715_180 Yatsugatake_akadake_20110715_181

主峰赤岳に向かうまでフラットな道を歩きます。いくらか気持ちをリラックスさせることができます。


Yatsugatake_akadake_20110715_191 Yatsugatake_akadake_20110715_193

しかし、すぐに甲武信クラスを上回る最大級の急登が始まります。非常に足腰に堪えますので踏ん張りがどこまで効くか体力勝負です。

登り込んでいる途中、息が上がり大きく酸素を吸い込みながら上昇していると、喉に違和感を感じます。何か異物を吸い込んでしまったようで一気に吐き出し作戦実行です。

喉元から痰を吐きだすようにゴォオオオオオオオオオオッ!っと。ケンシロウが経絡秘孔を突いたかのように腹の底から内部爆発を引き起こし完全に吐き切ります。どうやら蝿を吸い込んでいたようです。


Yatsugatake_akadake_20110715_195 Yatsugatake_akadake_20110715_196

赤岳山頂部が徐々に近づいて見えてきました。赤岳頂上小屋もはっきりと視界に捉えることができます。


Yatsugatake_akadake_20110715_201 Yatsugatake_akadake_20110715_206

権現岳・編笠山を真横に通り越し、振り返ると牛首山、遠くには富士山の頭が展望できる位置まで到達します。牛首山後方から徐々に雲の発生量が増えていました。


Yatsugatake_akadake_20110715_213 Yatsugatake_akadake_20110715_215

金峰山・国師ヶ岳を再度確認、そして富士山のアップ


Yatsugatake_akadake_20110715_218 Yatsugatake_akadake_20110715_219

岩場地帯の登りに入り、牛首山・富士山方面を展望しながら小休止をとります。この辺りから大腿四等筋膝上部分が徐々に攣りはじめていました。


Yatsugatake_akadake_20110715_232 Yatsugatake_akadake_20110715_235

立ち枯れ地帯を抜けて再度小休止しながら痙攣気味の脚部を揉み解します。牛首山にガスが掛かり、こちらに攻めてきそうな勢いです。


Yatsugatake_akadake_20110715_239 Yatsugatake_akadake_20110715_241

再び岩場地帯に入り、初めての鎖が登場します。鎖は不要な箇所ですが、お約束で掴みます。


Yatsugatake_akadake_20110715_246 Yatsugatake_akadake_20110715_249

南アルプス方面、手前の編笠山辺りにもガスが掛かり始めてきました。ガスに巻き込まれないように先を急ぎます。


Yatsugatake_akadake_20110715_252 Yatsugatake_akadake_20110715_254

難所の鎖場が立ちはだかり、ガッシリと鎖を掴みます。妙義山の鎖場よりは安全かと思われます。


Yatsugatake_akadake_20110715_255Yatsugatake_akadake_20110715_256

更に上部の鎖場をガシィガシィ!と登攀していきます。


Yatsugatake_akadake_20110715_263 Yatsugatake_akadake_20110715_264

またその先には手強い鎖場


Yatsugatake_akadake_20110715_266 Yatsugatake_akadake_20110715_268

そして岩場登攀では、ホールドとスタンスを確保


Yatsugatake_akadake_20110715_270 Yatsugatake_akadake_20110715_273

結構な高さがありました。登り終えて見下ろします。ガスがどんどん迫ってきています。


Yatsugatake_akadake_20110715_280 Yatsugatake_akadake_20110715_282

頂上に到達するまでは待って欲しかった。怪我をしても仕方ないので、焦る気持ちを打ち殺しゆっくり登攀していくことにしました。


Yatsugatake_akadake_20110715_286 Yatsugatake_akadake_20110715_288

ガッシリ掴んでゆっくり目のガシィガシィ登攀をしていきます。鎖の長さは30Mぐらいありましたね。


Yatsugatake_akadake_20110715_289 Yatsugatake_akadake_20110715_294

険しい登りは続きます。トラバース箇所の錆びた鎖場もありました。


Yatsugatake_akadake_20110715_295 Yatsugatake_akadake_20110715_296

鎖・・・鎖・・・クサリ!!!容赦なく鎖場が待ち構えています。


Yatsugatake_akadake_20110715_297 Yatsugatake_akadake_20110715_301

急登箇所の岩場が見えてきました。ここで30歳前後の男性シングルハイカーと擦れ違い、山頂の情報とこちらは登り口の情報を交換します。

その男性は、山小屋泊であとは真教寺尾根を下るだけだそうです。真教寺尾根ルートの下りは、更に慎重さが要求されるほど危険な箇所が連続します。山頂までまだ20分ほど掛かるらしいです。ガスが発生しているので急いだ方がいいとアドバイスされます。


Yatsugatake_akadake_20110715_306 Yatsugatake_akadake_20110715_307

まだ鎖場があります。中々登頂させてくれません。


Yatsugatake_akadake_20110715_310 Yatsugatake_akadake_20110715_313

かなり体力的には消耗仕切っている状態で鎖場登攀をこなしていきます。真教寺尾根分岐に出ました。


Yatsugatake_akadake_20110715_315 Yatsugatake_akadake_20110715_318

阿弥陀岳・中岳が目の前に現れ、その先には北アルプスが眺望できます。


Yatsugatake_akadake_20110715_324 Yatsugatake_akadake_20110715_325

竜頭峰を近くに見ながら鉄梯子をガシガシ登ります。


Yatsugatake_akadake_20110715_327 Yatsugatake_akadake_20110715_335

その先の岩場を登っていくと赤岳山頂が見えてきました。ここまで非常に長くつらい厳しい行程でした。


Yatsugatake_akadake_20110715_336

阿弥陀岳が力強く聳え立っており、一際目立つ存在感を漂わせております。


Yatsugatake_akadake_20110715_340 Yatsugatake_akadake_20110715_345

赤岳から阿弥陀岳に向かう人が小さく見えます。私は、竜頭峰を巻いて赤岳を目指します。


Yatsugatake_akadake_20110715_348 Yatsugatake_akadake_20110715_351

竜頭峰分岐から頂上を目指していくと年輩のベテランハイカーたちと道を譲り合いながら擦れ違います。


Yatsugatake_akadake_20110715_352 Yatsugatake_akadake_20110715_356

攣りそうな脚を引きずりながら鉄梯子を登っていくと遂に山頂です。


Yatsugatake_akadake_20110715_357

赤岳頂上小屋だ。


Yatsugatake_akadake_20110715_360

山頂は3名の自衛隊員に占拠されていました。内1名は、まるで検問体制を取っているかのようにこちらの様子を伺っています。


Yatsugatake_akadake_20110715_365 Yatsugatake_akadake_20110715_366

一等三角点を確認、そして三角点タッチ


Yatsugatake_akadake_20110715_368 Yatsugatake_akadake_20110715_381

自衛隊員に遠慮して、10時15分登頂成功です。山頂には赤嶽神社があります。

口元は2,900M超えなので酸素濃度が希薄化した状態で少し息苦しさを感じます。少し頭が重く感じ私は高山病にかかり易い体質なのかもしれません。今回も単独無酸素登頂でした。


Yatsugatake_akadake_20110715_370 Yatsugatake_akadake_20110715_371

改めて山頂から阿弥陀岳・中岳、市街地方面を眺望します。


Yatsugatake_akadake_20110715_382 Yatsugatake_akadake_20110715_388

赤岳頂上小屋のあるピークにも行ってみます。


Yatsugatake_akadake_20110715_390 Yatsugatake_akadake_20110715_394

赤岳頂上小屋前のピークにて、行動食のゼリーを補給して小休止します。


Yatsugatake_akadake_20110715_397 Yatsugatake_akadake_20110715_398

こちらには向かいませんが、ガスに巻かれ始めた赤岳天望荘が見えました。


Yatsugatake_akadake_20110715_403 Yatsugatake_akadake_20110715_406

最初のピークを振り返り、県界尾根コースへと下山する準備をします。


Yatsugatake_akadake_20110715_395 Yatsugatake_akadake_20110715_409

頂上小屋玄関口の前に県界尾根に下るルートの表示があります。


Yatsugatake_akadake_20110715_414 Yatsugatake_akadake_20110715_417

進む先はガスが立ち込めてきています。


Yatsugatake_akadake_20110715_418 Yatsugatake_akadake_20110715_420

ガレに注意しながら下ります。


Yatsugatake_akadake_20110715_421 Yatsugatake_akadake_20110715_429

赤岳天望荘側はガスが消え始め、県界尾根側は下からガスが巻き上げてきます。


Yatsugatake_akadake_20110715_431

県界尾根ルートにも厳しい鎖場がありました。下りなので慎重に鎖を握ります。


Yatsugatake_akadake_20110715_438 Yatsugatake_akadake_20110715_439

鉄梯子に鎖が併設してあります。鉄梯子は長く、下の方はハング状になっていました。


Yatsugatake_akadake_20110715_440 Yatsugatake_akadake_20110715_441

鎖に掴まってスルスル下ります。真横を見ると急峻な峰を下っているのが判ります。


Yatsugatake_akadake_20110715_446 Yatsugatake_akadake_20110715_448

ガスの深い方向にスルスル・・・下ります。


Yatsugatake_akadake_20110715_451 Yatsugatake_akadake_20110715_457

鉄梯子を下りて、その先から鎖場地帯を抜けます。そして樹林帯に入っていきます。


Yatsugatake_akadake_20110715_464 Yatsugatake_akadake_20110715_467

大天狗に到達、特に何もないのでスルーして先を急ぎます。


Yatsugatake_akadake_20110715_469 Yatsugatake_akadake_20110715_478

樹林帯、ササ藪と通過していきますが、終始蝿が纏わりついてきます。汗臭くなっている自分目掛けて蝿が襲来しているのか?この空間全てに蝿が存在するのか?よくわからないくらい蝿が大量発生しています。

また口の中に入らないように、お口は固くチャックします。


Yatsugatake_akadake_20110715_479 Yatsugatake_akadake_20110715_481

真教寺尾根方向が見える開けた場所に出ました。ここで小休止です。


Yatsugatake_akadake_20110715_486 Yatsugatake_akadake_20110715_489

小休止後、小天狗を通過し分岐点より清里方向に下ります。


Yatsugatake_akadake_20110715_498 Yatsugatake_akadake_20110715_499

とにかく長い距離を下ります。時より真教寺尾根をチラチラ見ながら下ります。


Yatsugatake_akadake_20110715_502 Yatsugatake_akadake_20110715_503

やっと県界尾根コースの登山道入口に出られました。しかし、駐車場まではまだスキー場を経由して歩かなければなりません。終わりが見えない・・・。


Yatsugatake_akadake_20110715_506 Yatsugatake_akadake_20110715_507

舗装された道を歩き、ササ藪地帯にも入ります。歩いている途中、なぜか足元にチクチク切れた痛みが走ります。


Yatsugatake_akadake_20110715_508 Yatsugatake_akadake_20110715_510

原因はこのトゲトゲしい草でした。まるでカッターみたいな刃物で脚をピシャピシャ切られているような痛みでした。気を付けながら歩きます。


Yatsugatake_akadake_20110715_512 Yatsugatake_akadake_20110715_515

その先でロータリーに出てから車道歩きになります。


Yatsugatake_akadake_20110715_517 Yatsugatake_akadake_20110715_521

サンメドウズスキー場入口前を通過して、たかね荘無料駐車場に14時10分帰着します。ほとんど車がありません。山小屋泊の人が多かったようです。


Yatsugatake_akadake_20110715_525

26K先にある長野県小海町に向かいます。小海町には小海リエックスという穴場のスキー場があり、20代前半の頃、ダチの別宅があった佐久市を起点にこの周辺にはよく通っていました。当時見えていたはずの八ヶ岳については、全く関心が無かったので気にもかけていませんでした。

超疲弊した身体を一刻も早く完全体に戻すため”八峰の湯 ”(やっほーのゆ)に立ち寄ります。


Yatsugatake_akadake_20110715_526 Yatsugatake_akadake_20110715_531

自分で設定した登山総合テストは登頂成功により合格としました。栄誉をえるため身体を癒します。食堂からは北八ヶ岳が眺望できました。


■天候:晴れ時々曇り

■出会った人:25人ぐらい(真教寺尾根3人、県界尾根3人、山頂付近残人数)

■タイム:5:30~14:10

■その他:

◇日本百名山第11座目と着実に記録をコツコツと更新して参りました。あと89座生涯かかっても難しいだらうね。北海道及び九州の地区は旅費だけでコストが掛かり過ぎるので、まず将来的にも訪問不可能です。次は是非、瑞牆山訪問に伺いたいです。

◇ウォーキング50K大会参加の練習として、雲取山三峰ルートから始まった駆け出し低山ハイカーでしたが、8ヶ月挑んできた集大成を八ヶ岳(赤岳)を総合テストと位置付けチャレンジしてみました。

真教寺尾根の登り込みは半端なくきつく、仕上げに多数の岩場・鎖場登攀をこなして登頂する非常に密度の濃い山行となりました。実際、登頂後山頂では大腿四等筋が攣り、必死に揉み解しました。ダメなら赤岳頂上小屋でお世話になるつもりでした。結果、ゼリー注入効果発現で回復します。その後の県界尾根も下りの鎖場が危険なので集中力を高めて慎重に下りました。まさに超本格的拷問登山となりました。

◇翌日は温泉効果にも勝てず、全身に痛みが走ります。数日間は脚部に違和感が残りました。テスト合格後の身体へのダメージは甚大でした。

■参考:八ヶ岳登山ルートガイド

ホームに戻る

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 震災 | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ