国師ヶ岳/北奥千丈岳

国師ヶ岳/北奥千丈岳 2011/6/10 標高2500M超単独無酸素登頂シリーズ

国師ヶ岳(こくしだけ)2592M/北奥千丈岳(きたおくせんじょうだけ)2601M

Kentokusan_kinpusan_201106090610__2 Kentokusan_kinpusan_201106090610_86

大弛峠からの金峰山ピストン終了後、小休止中、この後の山行を続行するか検討することになりました。一旦は温泉での癒しを優先し、大弛峠からの撤退の意思表示を示す段階にありました。

しかし、慎重に検討した結果、当面大弛峠を訪問できないだらうと考え、撤退の意思表示を撤回することになります。改めて、国師ヶ岳への連続登頂で、肉体への限界に挑戦していくことを決断するに至ります。

国師ヶ岳は、日本三百名山のひとつで、一等三角点を持つ山です。北奥千丈岳は、奥秩父最高峰として知られている山です。金峰山登山後の余力をフル稼働させ、両山を踏破しにいきます。

(ルート):大弛峠⇒前国師岳⇒三繋平(みつなぎだいら)⇒国師ヶ岳⇒三繋平⇒北奥千丈岳⇒三繋平⇒夢の庭園⇒大弛峠


Kentokusan_kinpusan_201106090610_75 Kentokusan_kinpusan_201106090610__2

それでは国師ヶ岳に向かう為、12時5分登山開始です。この時間からの登山は、リスクが高まる「ゆうやけハイカーモード」になります。登山口は、この先にある大弛小屋の横から始まります。


Kentokusan_kinpusan_201106090610__3 Kentokusan_kinpusan_201106090610_76

珈琲がおいしいと評判の大弛小屋の前に出ます。登山道は小屋右手側にあります。甲武信ヶ岳もここから6Kということで、縦走もできますね。(行きませんけど・・)


Kentokusan_kinpusan_201106090610__4 Kentokusan_kinpusan_201106090610__5

国立公園特別地域につき、犬の散歩は止めてほしいとの注意書です。先程の金峰山で出会った犬の散歩ハイカーチームは、国師ヶ岳には入山できませんね。


Kentokusan_kinpusan_201106090610__6 Kentokusan_kinpusan_201106090610__7

登山道は、初っ端から木の階段で整備されていて、大石が露出している地帯を通過していく箇所があります。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_77 Kentokusan_kinpusan_201106090610_78

驚くことに、整備された階段は延々と続いており、足元は安全で安心して登っていけます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610__8 Kentokusan_kinpusan_201106090610__9

フラットな木道を歩きながら、心拍数が上がって乱れた呼吸を調整していきます。木道階段のおかげにより、高度を安定的な間隔で稼いできました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_10 Kentokusan_kinpusan_201106090610_11

再び階段登りが続きます。その後、露岩地帯に入ります。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_12 Kentokusan_kinpusan_201106090610_79

金峰山方面を振り返ると、ガスリかけていました。登山道に転がっている露岩は、段々大きくなっていきます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_13 Kentokusan_kinpusan_201106090610_14

そのまま前方に進んでいくと、視界が開き始め”北奥千丈岳”を捉える地点に出ます。ここで仲の良さそうな親子三人組ハイカーと擦れ違います。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_80 Kentokusan_kinpusan_201106090610_15

間もなく山頂が見えてきて、登頂成功かと思いきや”前国師岳”に到達でした。”前”とか非常に紛らわしく”偽ピーク”もいいところですね。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_16 Kentokusan_kinpusan_201106090610_81

前方にやや下り気味の階段があります。そちらの方面に歩いていくと、本物の”国師ヶ岳”山頂が見えていました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_17 Kentokusan_kinpusan_201106090610_18

少しペースを上げ、アプローチしていきます。すると、三差路の登山道になっている”三繋平”に出ました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_82 Kentokusan_kinpusan_201106090610_19

国師ヶ岳に向かってグングン突き進みます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_20 Kentokusan_kinpusan_201106090610_83

今度こそ本物のピークです。”国師ヶ岳”に登頂成功です。登山開始から40分で登頂できました。標高は2592M、単独無酸素登頂(酸素ボンベ無)です。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_21 Kentokusan_kinpusan_201106090610_22

早速、一等三角点を確認しにいきます。雲取山以来の一等三角点なので、感激的なタッチをします。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_84 Kentokusan_kinpusan_201106090610_23

山梨百名山の山頂標識です。正面左側には昨日登頂してきた乾徳山山頂らしき部分が確認できました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_24 Kentokusan_kinpusan_201106090610_85

正面にはこれから向かう”北奥千丈岳”がどっしりと構えています。山頂標識がズームで確認できます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_25

山頂は貸切状態で、ゴツゴツした岩を椅子にしてオニギリを食べました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_26 Kentokusan_kinpusan_201106090610_86

昼食後、分岐点の三繋平まで戻り、北奥千丈岳に向かいます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_27 Kentokusan_kinpusan_201106090610_28

こちらの登山道は、一部残雪地帯がありました。分岐点より10分もかからない程度で山頂の見える場所に出ます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_87

奥秩父の最高峰、”北奥千丈岳”の登頂に成功しました。標高は2601M、こちらも単独無酸素登頂です。日和田山305M、伊豆ヶ岳851Mの低山でトレーニングを積んできたハイカーとしては、2600M超は酸素濃度が薄く感じられます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_29 Kentokusan_kinpusan_201106090610_30

先程登頂してきた国師ヶ岳です。AMに踏破してきた金峰山方面は、山頂が随分とガスってきていました。小田原からお越しの仲の良い御夫婦は、山頂に到着している頃でしょうか。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_88 Kentokusan_kinpusan_201106090610_31

車で高度を稼いできた林道川上牧丘線が見えます。そして登頂意欲を持った瑞牆山も確認できます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_89 Kentokusan_kinpusan_201106090610_32

少し肌寒くなってきたので、下山することにしました。分岐点まで下り、前国師岳を通過していきます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_33 Kentokusan_kinpusan_201106090610_34

長い木道階段をゆうやけハイカー的に、チャッチャカ下りしていきます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_35 Kentokusan_kinpusan_201106090610_90

夢の庭園”に出ます。こちらのコースからでも登山道に合流できるので、散策ついでに庭園内を突き進みます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_36 Kentokusan_kinpusan_201106090610_37

原生林に囲まれた古生代といった感じの雰囲気です。木道階段をチャッチャカ歩きしていきます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_38 Kentokusan_kinpusan_201106090610_39

夢の庭園の説明書きがある場所で、登山道に合流します。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_40 Kentokusan_kinpusan_201106090610_91

あとはガンガン下って、大弛小屋に出ました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_41

14時駐車場に帰着です。約2時間弱の山行を、金峰山に続いて楽しむことができました。撤退をしなくて正解でした。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_42 Kentokusan_kinpusan_201106090610_43

約1時間林道を下り、山梨市にある”花かげの湯”に立ち寄ります。本日、無酸素登頂で三山をクリアして、心拍数が上がり気味の身体を癒すことにします。

内湯、露天があり、露天の温度は38度で、私好みの湯でした。露天風呂で疲弊した身体を癒している時のことでした。私を含めて15名ぐらいの客がいました。ここの温泉客は、それぞれ単独かと思っていたら、移動しながら話し込んだり挨拶を交わします。

私が癒し気分で浸かっていると、何処の馬の骨が呑気に露天風呂に浸かっているんだ!的な視線を周囲の爺ぃ達から浴びせられます。そこで、爺ぃ達の視線に対抗して、露天風呂中央部に移動して、堂々と浸かり脚部を揉み解します。

リーダー的な爺ぃが社会的事象の議論を展開し始めます。

「静岡のお茶っ葉で、放射性セシウムが検出されたんだってなぁ!出荷停止だそうだ!」

「隣接している山梨県で、放射能が出ねぇってことはねぇだらう・・・」と原発事故に怒り浸透気味で仲間に熱弁します。

「行政は調べねぇのかぁあああ!!!!一体何やっているんだぁぁぁああ!!」と雄叫びます。

なぜか元行政に身を置いていた私の心臓に、その雄叫びが「グサリィ!!」と突き刺さります。確かに行政組織というものは、指示待ち族の体質でしたから上からの指示がないと何も動きません。その体質はきっと、今も昔も変わらないことでしょう。

放射性物質に怒りながら、長湯のできない爺ぃ達は短時間で不満気に消えていきました。偶々、近隣住民が浸かりに来る時間帯で、ボス爺ぃ率いるチームのいるショバに遭遇したのだらうと感じた癒し温泉でした。


■天候:曇り時々晴れ

■出会った人:5人

■タイム:12:05~14:00

■その他:

◇奥秩父最高峰の北奥千丈岳を登頂したことで、奥秩父を制覇できた気持ちになってしまいました。国師ヶ岳が目的でしたがサブ的な北奥千丈岳の方が雄大で魅力的な山に写りました。大弛峠は暫く立ち寄ることのない場所ですが、いつか機会があれば、北奥千丈岳からの眺望に期待して訪問してみたいと思います。

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 2012年山行の軌跡 2012年拷問登山ランキング 2013年上半期山行の軌跡 2013年山行の軌跡 2013年度拷問登山ランキング 2014年山行の軌跡 ポンポン山/二ノ宮山 三頭山(奥多摩三山) 両神山(八丁峠コース) 両神山(日向大谷口コース) 丸山 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) 乾徳山 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 二子山(小鹿野町) 二子山(横瀬町) 仙丈ヶ岳【南アルプス】 伊豆ヶ岳 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) 八ヶ岳(赤岳) 剱岳【早月尾根】 北岳【南アルプス】 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) 吾妻山(桐生市) 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) 唐松岳(北アルプス) 四阿屋山 四阿山/根子岳 国師ヶ岳/北奥千丈岳 城峯山 大小山~大坊山馬蹄形縦走 大岳山/御岳山 大持山/小持山/武甲山 大菩薩嶺 大霧山 天城山 天狗岳(北八ヶ岳) 奥多摩 むかし道 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 奥武蔵馬蹄形縦走 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) 妙義山(白雲山) 妙義山(金洞山) 妙高山(笹ヶ峰登山口) 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 子ノ権現~伊豆ヶ岳 安達太良山 宝登山 山行予告編 川苔山・本仁田山 巻機山 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) 平ヶ岳 平標山/仙ノ倉山 御前山 御岳山/大岳山/鋸山 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 日光白根山 日和田山 日和田山・物見山 日和田山~スカリ山~ユガテ 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 明らかな番外編 月居山 月山 棒ノ折山 武尊山 武甲山/大持山/小持山縦走 比企三山馬蹄形縦走 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 水沢山(榛名山系) 浅間山 火打山 熊倉山 燧岳(大清水) 瑞牆山 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) 甲武信ヶ岳 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 男体山 番外編「堂平山」 登山前に発生したハプニング 登山纏め 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 白馬三山【北アルプス】 皇海山/庚申山/鋸山 破風山(皆野町) 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) 磐梯山(八方台登山口) 私的な日本百名山 秩父御岳山 笠山・堂平山 筑波山 筑波山 番外編 箱根駒ケ岳 簑山(美の山) 編笠山/権現岳(八ヶ岳) 美ヶ原 至仏山(尾瀬) 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) 苗場山 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) 茅ヶ岳/金ヶ岳 草津白根山 荒船山 蓼科山(大河原峠登山口) 蕨山・有間山 蛭ヶ岳(青根ピストン) 街歩き 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 裏妙義 観音山(秩父) 谷川岳(巖剛新道) 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) 谷川岳(西黒尾根) 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 谷川連峰半馬蹄形縦走 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) 赤城山(地蔵岳) 赤城山(長七郎山) 赤城山(黒檜山) 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) 越後(魚沼)駒ケ岳 適当なお知らせ 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) 金峰山 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 鐘撞堂山 陣見山 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) 雁坂嶺/雁坂峠 雲取山(三峰コース) 雲取山(鴨沢コース) 雲取山/七ツ石山 雲取山(積雪期三峰ルート) 震災 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) 霧ヶ峰(車山) 駅からハイキング 高妻山 高尾山 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) 高崎自然歩道 高水三山 鳳凰三山 鳳凰三山【青木鉱泉】 鷹ノ巣山(峰谷登山口) 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) 鼻曲山

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ