金峰山

金峰山 2011/6/10 標高2500M超単独無酸素登頂シリーズ

金峰山(きんぷさん)2599M 高低差239M

Kentokusan_kinpusan_20110609061_118

前日に引き続き山梨県の山を攻略していきます。日本百名山且つ三富温泉郷より1時間程度で行ける山として”金峰山”に決定致します。日本百名山としては第八座目になります。

金峰山は古くより修験道の道場として栄え、山頂に構える巨大な”五丈岩”は信仰のシンボルとされています。五丈岩の頂からは湧水が湧き、周辺地域の川の水源をなしたことから、金峰山に鎮座する神々を耕作の守護神として崇拝してきました。

(ルート):大弛峠⇒朝日峠⇒朝日岳⇒鉄山⇒金峰山⇒大弛峠(ピストン)


Kentokusan_kinpusan_201106090610_45 Kentokusan_kinpusan_201106090610_46

AM5時に起床、温泉に浸かり目を覚まさせます。勿論優雅に貸切です。その後、朝食(パン)・片付け・出発準備をしてから6時30分ロビーに向かいます。しかし、照明は暗くチャイムを鳴らしても誰も出てきません。前日遅くても7時には出たい旨、お伝えしておきましたが、これではチェックアウトができません。

仕方なく部屋に戻りコールします。5コール目で繋がり安心しました。未だ睡眠中だったようです。朝食の仕込みは何時から行うのでしょうか。6時40分精算してから大弛峠に向かいます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610__2 Kentokusan_kinpusan_201106090610__3

大弛峠に向かうには国道140号線から牧丘町杣口方面に入ります。琴川ダムを経て、林道川上牧丘線入口まで真っ直ぐに進みます。途中通過してきた山々はガスっていました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_47 Kentokusan_kinpusan_201106090610__4

林道川上牧丘線に入り14Kで大弛峠に到着します。林道は舗装されていて対面通行可能です。林道からは、本日目指す金峰山の五丈岩が確認できました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610__5 Kentokusan_kinpusan_201106090610__6

林道脇では1K毎に表示があり、大弛峠到着までの距離が明確に判断できます。

本日は車で一気に高度を稼いでいきます。下から徐々に高度を稼いで身体を高度順応させていく登山と異なり、一気に2360Mからのスタートになりますので、低山中心のハイカーとしては高度順応できるか一抹の不安があります。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_48 Kentokusan_kinpusan_201106090610__7

8時大弛峠到着です。既に10台以上の車が駐車しておりました。駐車場にチップ式のトイレが併設されております。


Kentokusan_kinpusan_201106090610__8 Kentokusan_kinpusan_201106090610__9

準備を整え8時10分登山開始です。ここから国師ヶ岳・北奥千丈岳にも登山できます。本日は日本百名山の”金峰山”を目指します。

金峰山の表示版後ろ側には砂利の駐車場があります。長野方面から来られる場合、砂利側に出るようです。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_49 Kentokusan_kinpusan_201106090610_10

金峰山登山口にはベンチがあります。ここより距離3.6K高度2500M超の無酸素登頂(前日、栗城氏の本の読み過ぎ)に挑戦します。高度2360Mからのスタートは、いつもより酸素濃度が希薄で頭がボォーッとしています。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_11 Kentokusan_kinpusan_201106090610_12

まずは原生林の中を心拍数を上げないようにゆっくり歩いていきます。そしてすぐに勾配登りが始まります。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_50 Kentokusan_kinpusan_201106090610_13

軽いアップダウンが続き呼吸が乱れ始めます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_14 Kentokusan_kinpusan_201106090610_51

道中、犬の散歩に出くわします。道を譲っていただき遠慮なく追い抜きます。その先、軽い岩場を乗り越えていく場所がありました。尖った岩場で犬の脚への怪我が心配されます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_15 Kentokusan_kinpusan_201106090610_16

ケルンの積まれた鞍部、”朝日峠”に到着します。ここからの眺望は利きません。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_52 Kentokusan_kinpusan_201106090610_17

その後、急坂の登り込みに入ります。呼吸の乱れが収まり、身体は徐々に高度順応してきていました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_18 Kentokusan_kinpusan_201106090610_19

やがて岩石地帯へと突入していくと一気に展望が開けてきました。南の方面はガスっていました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_53 Kentokusan_kinpusan_201106090610_20

開けた岩尾根を歩いて振り返ると奥に国師ヶ岳、北奥千丈岳が確認できました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_54 Kentokusan_kinpusan_201106090610__2

そのまま朝日岳の方向に進んでいき、金峰山の五丈岩を確認できるようになりました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610__3 Kentokusan_kinpusan_201106090610__4

更に登り込んで岩場を越えていきます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610__5 Kentokusan_kinpusan_201106090610_55

山頂らしき場所に出てきました。”朝日岳”に到達です。標高は2581Mあり、低山ハイカーを開始してから初の2500M超です。酸素濃度が薄く感じるのは気のせいでしょうか。


Kentokusan_kinpusan_201106090610__6 Kentokusan_kinpusan_201106090610__7

展望は南側が開けており、先にあるベンチまで行くと金峰山がガッチリ見えるポイントに出られます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610__8 Kentokusan_kinpusan_201106090610_56

これから目指す”金峰山”です。シンボルの五丈岩もはっきり確認できます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610__9 Kentokusan_kinpusan_201106090610_10

見ていたらあの山頂に早く行ってみたくなりました。鞍部までガレた急坂を下ります。その後は登り返し・・・・と考えていたら帰路もあるからキツイなぁ・・・。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_57 Kentokusan_kinpusan_201106090610_11

大きく下った後、もう一段鞍部まで下りをこなしていきます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_58 Kentokusan_kinpusan_201106090610_12

鞍部から樹林帯を巻いたり登り返したりして、一見見落としそうな”鉄山”の標識前を通過していきます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_13 Kentokusan_kinpusan_201106090610_59

鉄山の先を巻いていき暫くなだらかな道を歩きます。上りに転じて残雪が現れました。僅かな距離で残雪地帯は終了です。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_14

ある程度登り切った場所で、歩いてきた道を振り返って見ると手前に”朝日岳”奥に国師ヶ岳・北奥千丈岳が確認できます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_15 Kentokusan_kinpusan_201106090610_16

前進していくと森林限界のような場所に出ます。まるで庭園のようです。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_60 Kentokusan_kinpusan_201106090610_17

遠方に数名の人影が確認できます。高山的な景観を見せているこの一帯は、”賽ノ河原”(さいのかわら)と呼ばれています。いつかは登ってみたい”瑞牆山”も確認できます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_61 Kentokusan_kinpusan_201106090610_18

ここは気持ちの良い岩場歩きができます。土砂流出防止岩があり”ケルン積まないで!”と記載がありました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_19 Kentokusan_kinpusan_201106090610_62

岩の間に転落しないように注意しながら大岩地帯を越えていきます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_20 Kentokusan_kinpusan_201106090610_21

矢印方向に廻り込みハイカーたちが賑やかに集まっている場所がありました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_63 Kentokusan_kinpusan_201106090610_22

そこはまさしく金峰山山頂でした。2599M単独無酸素登頂成功です。時刻は10時ジャスト、約1時間50分での登頂となりました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_23 Kentokusan_kinpusan_201106090610_24

岩尾根の先にはシンボルである”五丈岩”がどっしり山頂部で構えています。近づいていくと学生ハイカーたちが休憩しておりました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_64 Kentokusan_kinpusan_201106090610_25

ここは登山道の交差点にもなっていました。側に展望版があります。本日は遠方が視界不良で残念ながら富士山が確認できません。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_26 Kentokusan_kinpusan_201106090610_27

五丈岩の南側に廻ってみることにしました。奇岩がありますね。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_65 Kentokusan_kinpusan_201106090610_28

どうやら南側から五丈岩は上がれそうにありません。学生ハイカーも諦めていました。やはり遠方の展望が利いてませんねぇ。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_66

そのうち周りが撤収していき、再度正面から登れる場所を捜してみます。向かって右側から登れそうですね。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_67 Kentokusan_kinpusan_201106090610_29

意外と途中まで楽に行けました。落書きのある場所にアプローチしたいが、これ以上登れても下りる時が危険と判断し止めておきました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_30 Kentokusan_kinpusan_201106090610_68

朝日岳、国師ヶ岳方面を真横で確認します。落書きは何処かの山岳部らしき名称のものですね。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_31Kentokusan_kinpusan_201106090610_32

金峰山山頂部と五丈岩の鳥居を見下ろします。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_33 Kentokusan_kinpusan_201106090610_70

五丈岩を下りて正面からもう一度眺めて立ち去ります。金峰山山頂は貸切になっていました。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_34 Kentokusan_kinpusan_201106090610_35

三角点を撮影していた所に犬を連れたハイカーたちが登頂してきました。よくあの尖った岩を脚を切らずに登頂してこれましたね。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_36 Kentokusan_kinpusan_201106090610_71

下山開始します。後は来た道を忠実に戻るだけです。瑞牆山の山容は妙に惹かれますね。近いうちクリアしてみたい候補です。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_37 Kentokusan_kinpusan_201106090610_72

朝日岳に向かってややハイペースで下っていきます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_38 Kentokusan_kinpusan_201106090610_39

下山途中、人数の確認はできませんでしたが数組のパーティと擦れ違います。後続から登ってこられるハイカーが沢山おられました。朝日岳への登り返しはやはり急坂で過酷な登りでした。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_73 Kentokusan_kinpusan_201106090610_40

朝日岳への登り返しを登頂できた地点で、小田原からお越しのアラフォー前後の夫婦と暫く会話します。これから金峰山へ向かうためベンチで休憩されていました。

本日は、乾徳山と金峰山どちらにしようか迷ったそうです。奥さんが乾徳山の鎖場登攀をご心配されて金峰山にシフトしたとのことでした。私が前日登頂してきた話をすると凄く興味深く聞いておられました。他にお互いに登ってきた山々の話をしているうちに甲武信ピストンや妙義山の話にたいへん驚かれておりました。たいへん話好きの仲の良い御夫婦でした。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_41 Kentokusan_kinpusan_201106090610_42

朝日岳の先にある大岩地帯を歩いていきます。急な岩場は慎重に下ります。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_74 Kentokusan_kinpusan_201106090610_43

朝日峠の鞍部を通過してガンガン下っていきます。数名のハイカーを遠慮なく追い越させていただきます。


Kentokusan_kinpusan_201106090610_44 Kentokusan_kinpusan_201106090610_45

原生林地帯を抜け出し明るい場所に出てきました。11時50分駐車場に到着です。

その後、学生ハイカーや他のハイカーたちは車に乗り込み撤退準備をしておりました。ここから国師ヶ岳・北奥千丈岳にも登頂できますが、抱き合わせでトライするハイカーが現れません。気持ちの良い疲労感が残る身体を”花かげの湯”(本日の癒し温泉)で早く癒したいという気持ちが先行して「撤退」の二文字が頭の中に浮かんできます。

その時です!内閣不信任案決議回避から党内部より辞任に追い込まれている環境にも拘わらず、そのまま居座り続けている管総理のことをまたもやこんな場面で思い出してしまいます。

そして東電に放った一言が出てきます。「撤退はありえない!」今度は30連発ぐらい高度順応できた脳内で響き渡ります。そこで車中5分間休憩してじっくり検討に入ります。


■天候:曇り時々晴れ

■出会った人:50人ぐらい(酸欠気味でカウント不能でした)

■タイム:8:10~11:50

■その他:

◇滅多に来れる場所ではない大弛峠からの登山でした。標高は既に2360Mとハイポイントで私のような低山ハイカーは慣れていないのか高度順応するのにやや時間が掛かった気がします。

◇標高2500M超えの登山は低山と違い、山頂の雰囲気と周囲のダイナミックでスケールのある景色を堪能できます。山頂のシンボルである五丈岩は圧巻でした。

この後、撤退せずに山行を続行するかどうか検討編に続きます。

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 震災 | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ