駅からハイキング

駅からハイキング 深谷駅 2012/4/29 第9回ふかや花フェスタ会場とオープンガーデンをめぐるコース

駅からハイキング深谷駅編 

第9回ふかや花フェスタ会場とオープンガーデンをめぐるコース 歩行距離11K

Ekihai_hukaya_20120429_126
今回の駅ハイ参加を含めて、4度目の深谷駅訪問となりました。本日は朝から天気も良く、真夏日のような暑ささえ感じられます。直前まで山行と街行で迷っておりましたが、GWの影響もあり道路が混み合うだらうと考え、気分は駅ハイモードに切り変わります。急遽、高崎線乗車準備に取り掛かります。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Ekihai_hukaya_20120429_003Ekihai_hukaya_20120429_005

準備を整え自宅を8時出発です。最寄駅駐車場に車を停めて駅に向かいます。


Ekihai_hukaya_20120429_008_2Ekihai_hukaya_20120429_009

8時16分乗車して、約40分弱で深谷駅に到着です。


Ekihai_hukaya_20120429_019Ekihai_hukaya_20120429_012

立派な煉瓦造りの駅舎前で、駅ハイの受付を済ませます。本日コース内容の趣旨が、フラワーメインなので、私にはちょっと無縁のコースのようですが、11K完歩目指して頑張りたいと思います。私的に勝手な感想ですが、本日の参加者幾分、平均年齢高いように感じましたけど・・・。余計なお世話ですね。いよいよ、ハイキング開始です!


Ekihai_hukaya_20120429_024Ekihai_hukaya_20120429_027

ホテルルートイン深谷駅前より、立派な深谷駅舎全体像を視界で捉えます。重厚感溢れる美しい外観です。


Ekihai_hukaya_20120429_028Ekihai_hukaya_20120429_033

その後、本来のコースへと軌道修正していきます。駅周辺の花壇に咲いている花々を観賞していきます。


Ekihai_hukaya_20120429_034Ekihai_hukaya_20120429_036

平坦な道を進んでいくと、やがて、ふっかちゃん仲間?と入店経験のある店舗が見えてきました。


Ekihai_hukaya_20120429_041Ekihai_hukaya_20120429_045

ここは・・・?一瞬、事業拡大か!と思いきや少し違うような・・・。無心で川沿いを歩いて行きます。


Ekihai_hukaya_20120429_048Ekihai_hukaya_20120429_050

まずは、初めの花仲間のお宅に訪問です。


Ekihai_hukaya_20120429_051Ekihai_hukaya_20120429_053

随分と賑やかなミュージックが聞こえてきます。このガーデニングにマッチした演出ですね。


Ekihai_hukaya_20120429_056Ekihai_hukaya_20120429_059

続いて、小幡邸に立ち寄ります。こちらのお宅も見事です。


Ekihai_hukaya_20120429_061Ekihai_hukaya_20120429_063

外気は既に暑くなっていたので、半袖1枚で歩いていました。稲荷神社前を通過し、「佛蘭西」の脇を歩いていきます。


Ekihai_hukaya_20120429_066Ekihai_hukaya_20120429_072

深谷宿常夜燈側にも花仲間のお宅がありました。因みに、花フェスタの期間だけ花仲間のお庭を無料開放していますので、通常、勝手に進入しますと不法侵入となりますのでご注意ください。


Ekihai_hukaya_20120429_076Ekihai_hukaya_20120429_077

続いて、深谷第一高等学校へと突入です。高校まで花仲間なのですね。


Ekihai_hukaya_20120429_081Ekihai_hukaya_20120429_085

弓道部員が、気合いと集中力を高めて矢を放っています。敷地内は、スタンプラリーの設置場所になっておりました。ユリをゲットするため(確立高く抽選でハズレると思うけど)、応募してみます。他のハイカーよりも、ゆうりにゲットするために心がユリ動きます。勝手に(爆)。


Ekihai_hukaya_20120429_089Ekihai_hukaya_20120429_093

吉田邸では、犬に手を出さないで!の危険表示がありました。獰猛な様子とは程遠く、思わず「どうもぉお~」と声を掛けたくなってきます。


Ekihai_hukaya_20120429_099Ekihai_hukaya_20120429_101

長南邸では、高山植物のコレクションがズラリと並んでいます。思わず、コレクターの方に「コマクサ咲いていますか?」と聞きそうになってしまいました。


Ekihai_hukaya_20120429_122Ekihai_hukaya_20120429_118

花フェスタ会場にようやく到着すると、なんと!いきなり深谷市のイメージキャラ「ふっかちゃん」登場です。このキャラクター個人的に好きなんですよ。深谷ねぎのように甘みがありそうで・・・。

ところで、ふっかちゃんの何が好きかって?いや、このキャラのぬいぐるみの中に入ってみたいんですよ。ふっかちゃんの中身の人を引きずり出して、代わりに私が入りたい!って無謀な願望が湧いてきます。


Ekihai_hukaya_20120429_124_2Ekihai_hukaya_20120429_130

花フェスタ会場は、多くのフラワーファンによって賑わいを見せておりました。花で造作されたふっかちゃんは、一際目立ち素晴らしい仕上がりです。


Ekihai_hukaya_20120429_134Ekihai_hukaya_20120429_136

そして国道17号沿いに出ると、BIG BOYと COW BOYが対峙しています。私は、BIG BOY ファン。


Ekihai_hukaya_20120429_145Ekihai_hukaya_20120429_147

暫く国道歩きをしてから、脇道に入っていきます。煮干らーめん「のかぜ」が気になりますが、脂が乗りかかっている腹に影響しそうなので我慢です。


Ekihai_hukaya_20120429_153Ekihai_hukaya_20120429_155

花仲間最終地点の平井邸を訪問していきます。かなり力を入れている様子で、素人の私が見てもとてもきれいなガーデニングです。間髪入れずに圧巻です!


Ekihai_hukaya_20120429_158Ekihai_hukaya_20120429_159

その後、変わった形のお宅前(花仲間ではない)を通過していき、駅方面に向かいます。


Ekihai_hukaya_20120429_169Ekihai_hukaya_20120429_174

コース中のポイントではありませんが、非常に目立つので周囲を見学してみることにしました。いや、立派な酒造です。やはり、周囲は煉瓦の塀で囲まれていますね。


Ekihai_hukaya_20120429_176_2Ekihai_hukaya_20120429_177

製菓店の前を通過していきます。熊谷名物「五家宝」も取り扱っているのですね。私の親戚が石川県白山市に結構在るのですが、埼玉訪問に来ると、必ず「五家宝」を買って帰ります。そして、少し歩いたその先にシネマの文字が・・・。


Ekihai_hukaya_20120429_180Ekihai_hukaya_20120429_185

Ekihai_hukaya_20120429_187Ekihai_hukaya_20120429_189

この場所は、ドラマや映画などの撮影にも使用されているみたい。


Ekihai_hukaya_20120429_190Ekihai_hukaya_20120429_197

その奥に深谷シネマがありました。気分はレトロです。今度、機会があれば懐かしのシネマでも見てみたいものです。


Ekihai_hukaya_20120429_201Ekihai_hukaya_20120429_203

駅方面に向かって歩いていくと、ルートインホテルが見えてきました。

駅ハイ恒例(普段でも購入しています)となっているロト6を2口購入していきます。なんと!この2口が珍しく当選(4/30抽選日)していました。しかも、当選した両方の数字を6つ合わせると、なんと!1等「2億2千万円」が、一気にミリオネアの仲間入りになるところでした。

このカスリは非常に残念無念、リーマンハイカーからフリーマンハイカーに転身できるところだったのに・・・。


Ekihai_hukaya_20120429_204Ekihai_hukaya_20120429_206

最近、色々な場所で見かける「はなの舞」を通過して、深谷駅に帰着しました。しかし、4月にしては、非常に暑い気候でした。


Ekihai_hukaya_20120429_212Ekihai_hukaya_20120429_213

地元の駅に戻り、松屋で飯を喰ってから帰りました。因みに、ヘルシーなメニューにしました。

更に自宅に帰って、ゆっくり仮眠でもしようと考えていたら、なんと!疲弊している状態にも拘わらず、容赦なくテニブスたちに捕まります。その後の話は「番外編で・・・。

ホームに戻る 

 

駅からハイキング籠原駅編 2011/6/19 番外編

駅からハイキング籠原駅編 歩行距離22K

Ekikarakagohara_20110619_004 Ekikarakagohara_20110619_007

本日は駅からハイキング籠原駅参加のため、最寄駅からJR高崎線籠原駅まで乗車します。参加意思を表明していた群馬出身のM氏と9時40分駅改札口で合流します。


Ekikarakagohara_20110619_011 Ekikarakagohara_20110619_012

駅ハイゴールドカードを提示して受付を完了させます。22Kのロングコースですが、意外にも参加者多数です。

(本日のルート):籠原駅⇒安楽寺⇒別府沼公園⇒能護寺⇒妻沼聖天山⇒道の駅めぬま⇒はなぶさ苑⇒籠原駅(22Kコース)


Ekikarakagohara_20110619_014 Ekikarakagohara_20110619_015

9時50分ハイキング開始です。まずは埼玉りそな銀行前からスタートです。駅ロータリーでは何かお祭りの準備でしょうか。


Ekikarakagohara_20110619_016

こちらが籠原駅ロータリーです。


Ekikarakagohara_20110619_017 Ekikarakagohara_20110619_018

商店街を進んでいくと旅館がありました。これ旅館ですか?と疑問を感じる建屋でした。


Ekikarakagohara_20110619_021 Ekikarakagohara_20110619_022

まだ序盤なので周囲には多くのハイカーが歩き込んでいます。


Ekikarakagohara_20110619_023

ショルダーバックの御婦人ハイカーを見かけましたが、22Kのロングと理解しての参加ですよね。中盤のショートカットやバスでのリターン、何でもありですから特に問題はございませんが・・・。しかし本日の地域帯はあついぞ!熊谷です。


Ekikarakagohara_20110619_027_2 Ekikarakagohara_20110619_028_2

3K地点の”安楽寺”に到着します。創建が717年と伝えられ、関東に2つしかない9体の阿弥陀仏像が安置されています。


Ekikarakagohara_20110619_038 Ekikarakagohara_20110619_041

4K地点の”別府沼公園”の脇を素通りします。特に園内には立ち寄らず先に進みます。園内は約7千株のハナショウブが咲き誇っているそうです。


Ekikarakagohara_20110619_045 Ekikarakagohara_20110619_047

食堂のび太の前を通過し深谷バイパスを横断していきます。


Ekikarakagohara_20110619_051 Ekikarakagohara_20110619_052

一帯の風景は水田地帯へと変わります。前方に男女混合学生チームが何かイベント事の帰り道をブラブラ歩っているだけかと思っていたら、駅ハイ参加者でした。


Ekikarakagohara_20110619_055 Ekikarakagohara_20110619_056

長閑な地帯を歩き込んでいくと8K地点となる”能護寺”に到着します。しかし、コースとは別方向から大量の団体ハイカーが続々と能護寺に集結してきます。駅ハイとは別のハイキングが開催されているようで、辺り一帯はハイカーの大バッティングが発生していました。


Ekikarakagohara_20110619_060 Ekikarakagohara_20110619_062

あまりの混雑ぶりに周辺住民のドライバーたちも立ち往生です。あじさい寺として親しまれている能護寺の見学をM氏と相談し急遽カットします。


Ekikarakagohara_20110619_066 Ekikarakagohara_20110619_069

そして別団体のハイカーたちと再バッティングしないように先を急ぐことにしました。再び田園地帯に突入していきます。送電線の鉄塔がやけに大きく見えました。


Ekikarakagohara_20110619_072 Ekikarakagohara_20110619_073

前澤化成工業の工場周辺を歩っている時でした。突然、M氏が天空に高く1本指を掲げて「UFOだ!」と叫びます。真上にある太陽の方向を見上げると円形の枠に太陽が囲まれておりました。たいへん珍しい現象です。


Ekikarakagohara_20110619_080 Ekikarakagohara_20110619_081

やがて妻沼の中心街にやってきました。縁結びのまちをキャッチフレーズに縁結び商品も扱っております。


Ekikarakagohara_20110619_083 Ekikarakagohara_20110619_086

ほんの僅かですが”小江戸川越”に似た雰囲気があります。妻沼聖天山の境内に入っていきます。


Ekikarakagohara_20110619_088 Ekikarakagohara_20110619_092

11K地点(折り返し地点)の妻沼聖天山の本殿と石舞台です。


Ekikarakagohara_20110619_094

縁日も開催されており、露天などが多く出ています。M氏は群馬名物の焼きまんじゅうを大量喰いしていました。


Ekikarakagohara_20110619_097 Ekikarakagohara_20110619_100

更にスイーツ大好きのM氏は雪くまを発見!!イチゴ風味の雪くまを味わっていました。


Ekikarakagohara_20110619_101 Ekikarakagohara_20110619_102

コースは、妻沼中心街から国道407号バイパスに移動します。


Ekikarakagohara_20110619_107 Ekikarakagohara_20110619_110

そして間もなく13K地点の”道の駅めぬま”に到着します。熊谷観光案内の看板がありますね。以前は単独自治体の妻沼町でしたが、現在は熊谷市に吸収されています。


Ekikarakagohara_20110619_112

2Fにレストランを構える物産店です。


Ekikarakagohara_20110619_114 Ekikarakagohara_20110619_119

その後、ショッピンモールの脇を通過して国道407号バイパスの長い道程を歩き込みます。暑さからこの辺りでバテているハイカーがチラホラと出てきました。っていうか既に周囲にハイカーがほとんど見当たらなくなりました。あれだけ多数いたハイカーは何処へ?


Ekikarakagohara_20110619_120 Ekikarakagohara_20110619_122

熊谷トイザらスの脇道を通過していきます。


Ekikarakagohara_20110619_128

そして国道17号の側道歩きをします。


Ekikarakagohara_20110619_131 Ekikarakagohara_20110619_135

やっと見えてきました。本コースのサブメインとも言うべき20K地点にある総合福祉施設の”はなぶさ苑”です。

なんとここはなぶさ苑には、地下1500Mから汲上げる豊富な天然温泉があり、泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で美肌効果や神経疾患などに効能が有ります。


Ekikarakagohara_20110619_139 Ekikarakagohara_20110619_140

はなぶさ温泉は普段一般には開放しておらず、駅ハイのイベント時に参加者のみに開放されます。

早速、20K地点までの歩き込みの疲労を回復させるため温泉に入ります。一般の温泉施設ではないので、内湯のみ湯舟は5人程度入浴可能でゆっくり浸かれると言うほどのキャパではありません。でも汗を流せてスッキリできました。


Ekikarakagohara_20110619_142 Ekikarakagohara_20110619_144

国道17号を籠原駅方面に進み、ラーメンとん太で遅めの昼食を摂ることにしました。


Ekikarakagohara_20110619_145 Ekikarakagohara_20110619_147

ラーメンをおいしくいただき、ゴールまで残り1Kを歩きに集中します。


Ekikarakagohara_20110619_149 Ekikarakagohara_20110619_152

間もなく籠原駅に通じる交差点に到達します。


Ekikarakagohara_20110619_155 Ekikarakagohara_20110619_159

ゴールの籠原駅に16時30分到着です。22Kのロングコース完歩成功です。


Ekikarakagohara_20110619_161 Ekikarakagohara_20110619_164

16時43分籠原発上野行に乗車します。車内はガラガラの貸切状態でした。そして自宅最寄駅で下車して帰宅します。

駅からハイキング桐生駅編 2010/7/3 番外編

駅からハイキング桐生駅編 歩行距離6K

283 284

JR両毛線桐生駅からスタートの駅からハイキングに参加しました。

目的はポイント狙いです。参加することにより、通常の3倍ポイントを稼ぐことができます。これで一気にゴールドカードにランクアップです!


285 286

桐生市街地の素晴らしい街並みを見ながら歩かせていだだきました。


287

参加当時、駅ハイレポを作成することなど全く考えていなかったので、撮影した画像は5枚だけでした。

桐生駅周辺にあったビジネスホテルに非常に興味をもっていたので、機会があれば是非宿泊してみたいと当時考えておりました。未だ実現しておりませんが・・・。

現在の作成日時は2011年7月1日でした。

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | 2014年山行の軌跡 | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 剱岳【早月尾根】 | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ