妙義山(白雲山)

妙義山(白雲山上級コース) 2011/5/31 超戦術的奇岩鎖場登攀シリーズ

妙義山(みょうぎさん)白雲山/相馬岳 1104M 高低差684M

Myougisan_20110531_499

今回は上毛三山シリーズ第二弾の”妙義山”の踏破を目指していきます。いくつかあるルートの中で最高峰を目指せる上級コースの”大の字・白雲山頂コース”を選択しました。

この妙義山とは、白雲山・金洞山・金鶏山・相馬岳・御岳・丁須ノ頭などを総称した山名で、南側の表妙義と北側の裏妙義に分かれています。

また妙義山は、日本三大奇勝のひとつでもあり、この後上級コース貸切状況の中で私は奇怪な三大現象を体験することになります。

(ルート):妙義山駐車場⇒妙義神社⇒妙義山登山口⇒大の字⇒奥の院⇒見晴⇒玉石⇒大のぞき⇒天狗岩⇒相馬岳⇒タルワキ沢⇒中間道⇒妙義山駐車場


Myougisan_20110531_003 Myougisan_20110531_005

自宅を4時30分に出発して、関越自動車道東松山ICより途中甘楽PAでトイレ休憩に立ち寄ります。その後高速走行中に本日バトルを行う妙義山が視界に入ってきました。


Myougisan_20110531_011 Myougisan_20110531_017

上信越自動車道”松井田妙義IC”で下車し、道の駅みょうぎの真向かいにある登山者用の駐車場に車を停めます。高速を利用したので90分で到着です。


Myougisan_20110531_019 Myougisan_20110531_024

道路挟んで正面が道の駅の駐車場です。裏手にある階段よりまずは妙義神社に向かいます。時刻は6時20分でした。


Myougisan_20110531_025 Myougisan_20110531_027

道標に従い駐車場上側を廻り込みます。


Myougisan_20110531_030 Myougisan_20110531_031

間もなく妙義神社に通じる”赤門”を通り抜けていきます。


Myougisan_20110531_032 Myougisan_20110531_034

妙義神社に向かって参道を歩いていきます。


Myougisan_20110531_041 Myougisan_20110531_042

なんと台風被害により御本社は修復工事中とのこと。旧本社にて登山安全祈願を行います。本日は険しいルートを攻略することで、顔の表情も険しく緊張感が高ぶっています。


Myougisan_20110531_046 Myougisan_20110531_047

旧本社の脇には登山ポストが設置されていましたが、記入する用紙がありません。


Myougisan_20110531_050 Myougisan_20110531_053

石段を上がって行き修復中の本社裏手に出ます。


Myougisan_20110531_056

すると目の前には、白雲山上級者コースの登山道入口がありました。いよいよここから挑戦的登山の開始です。


Myougisan_20110531_057 Myougisan_20110531_058

まずは樹林地帯に進入していき階段を登っていきます。前日の台風から温帯低気圧に変わった大雨の影響で、山に雨が染み込んでいます。


Myougisan_20110531_066 Myougisan_20110531_068

増水気味の沢を渡り”大の字”方面に進みます。靴がゴアテックスなのでこの程度の水量なら問題ありません。


Myougisan_20110531_075 Myougisan_20110531_077

登り込んでいくと樹木にしっかりとマーキングされていて、進む方向が明瞭で安心しました。日本一遭難事故が多い山と言われるようになってきたからでしょうか。


Myougisan_20110531_089 Myougisan_20110531_090

ガレてきた場所では岩や石にもマーキングされています。以前、中学生4人が神社から進入して迷い込み、翌日無事に下山してきたとかニュースありましたね。確かにこのマーキングが無いと迷い込みそうです。


Myougisan_20110531_091 Myougisan_20110531_093

そこへ1発目の鎖登場です。ここは鎖を使用しなくても行けますが、お約束で掴んで長さを確認します。そして登り終えてから見下ろします。


Myougisan_20110531_095 Myougisan_20110531_096

再びガレた地帯を登り込み、ルートが違う場所では×印がマーキングされており遭難防止措置がとられています。


Myougisan_20110531_107 Myougisan_20110531_108

大の字手前の鎖場は傾斜はきつくありませんが、ぬかるんだ土で鎖が汚れておりました。


Myougisan_20110531_114 Myougisan_20110531_116

その先には”大の字”に上がる鎖場がありますが、きっかけが多いので難なく登れます。


Myougisan_20110531_119 Myougisan_20110531_120

早速、裏手から””の字を眺めてみます。実は登り途中、何度か腹部の痛みをこらえながら登り込み、収束状態になっていたはずでしたが、この「大」の字を見ていたら急に我慢できなくなります。これが奇怪な第一の現象でした。


Myougisan_20110531_121 Myougisan_20110531_129

これから立ち向かう白雲山方面を睨みつけながら、一旦鎖場を下ります。そして神業的なキジウチを打ちにいきます。しっかり埋めておきました。


Myougisan_20110531_143 Myougisan_20110531_144

キジウチ終了後、再び鎖場を上がり”大の字”を見学します。よくこんな場所に大の字を組み立てて埋め込むことができたものだと感心しました。


Myougisan_20110531_138 Myougisan_20110531_150

遠方に見える迫力満点の”赤城山”と近場に見える”榛名山”です。


Myougisan_20110531_136

街も見渡せて絶景ポイントですね。


Myougisan_20110531_111 Myougisan_20110531_154

大の字を下り、ここから先が更に本格的な岩場鎖場の険しいルートになるので”一般登山者は遠慮してください”との注意書きがあります。

未だ初級者クラスの私ですが、「両神山八丁峠コースと「二子山上級コース」の経験を活かし、この険しい妙義山と対峙していきます。


Myougisan_20110531_157 Myougisan_20110531_166

少し登った先に”キケン↑上級コース”と黄色くマーキングされていました。


Myougisan_20110531_168 Myougisan_20110531_171

見上げると切り立った岩峰が聳え立っています。まずは短めの鎖場をクリアしていきます。


Myougisan_20110531_178 Myougisan_20110531_182

岩場を登り越えると”奥の院”到達です。


Myougisan_20110531_183

不安定な狭い石段の上には梯子が掛けられています。奥の院に何があるのか確かめに梯子を登っていきます。


Myougisan_20110531_186 Myougisan_20110531_189

ここで第二の奇怪な現象に遭遇します。何度撮影を試みてもブレたり変な閃光が入ったり、まともな画像を得られませんでした。(何か写っていますかね?)安物のデジカメでショボイからでしょうか・・・。最上部奥には”白雲山妙義大神”が祀られておりました。


Myougisan_20110531_192 Myougisan_20110531_193

奥の院の脇に30Mぐらいある脅威を感じた3連鎖場があります。特にザイルやハーネスなど専門的な用具も持ち合わせておりません。作業用のゴム手袋のみです。

この鎖場はコース中、最難関且つ両神山の鎖場を含め経験してきた鎖場の中で最も恐怖を感じた鎖場でした。城峯山の”将門隠れ岩”にある1枚岩の鎖もかなり手強かったのですが、それを3倍長くした感じの鎖です。


Myougisan_20110531_194 Myougisan_20110531_195

登り途中、撮影を試みましたが恐怖のあまり片手を放せず失敗に終わりました。下を見た瞬間、足がすくんでしまいました。輪をかけて前日の雨の影響で岩場が濡れており、滑り易かったことも要因にありました。

鎖場登攀で感じたコツとして、腕の筋肉の上腕二等筋(バイセップス)、上腕三等筋(トライセップス)を出来るだけ補助的に使用して、主として大きな筋肉群となる広背筋(脇の下から腰にかけて亀の甲羅と言われる部分)を意識して利用してみます。

脇を締めて両脇背中側筋肉部位を意識して鎖を引き上げるように登っていくと、腕の筋肉への負荷が相当軽くなり疲労度を軽減できます。

本来のマニュアルがどのような方法を使うのかよくわかりませんが、筋疲労度への力の配分を考慮していくと、大きな筋肉群と小さな筋肉群を主と従の関係にバランスをとることでスタミナも相当変わってくるだらうと考えます。


Myougisan_20110531_201 Myougisan_20110531_202

その先では鎖のない岩場を登り越えていきます。脇を見ると絶壁が見えます。


Myougisan_20110531_208 Myougisan_20110531_209

再び鎖場です。先程の鎖場より長さはありませんが、岩場が濡れています。しっかりと足掛かりを確保して慎重に広背筋を使って上がっていきます。


Myougisan_20110531_210

もう一度脇を見るとかなり高度を上げてきたのが伺えます。


Myougisan_20110531_213 Myougisan_20110531_214

高度を上げるに連れて絶景の視野も広がります。金洞山方面と街方面が見事な景色です。


Myougisan_20110531_217 Myougisan_20110531_218

鎖場・岩場と登攀していきます。


Myougisan_20110531_228 Myougisan_20110531_227

すると”見晴”到達です。広くはありませんが展望できるスペースがあります。


Myougisan_20110531_223 Myougisan_20110531_224

下を見ると絶壁、前方を見ると裏妙義の見事な奇岩の光景が視界に入ります。


Myougisan_20110531_229 Myougisan_20110531_232

榛名山と遠くの赤城山のセットと更に高度な位置から見渡す街並みがとても美しく輝いて見えました。コース中、ここ”見晴”が最も眺望の利くポイントでした。


Myougisan_20110531_222 Myougisan_20110531_253

急峻な鎖場・岩場から少し解放され、絶景を眺めながらアドレナリン放出状態を安定化させます。ここのポイントは、たいへん気持ちが良くとても気に入りました。一呼吸入れるのにお勧めです。


Myougisan_20110531_252 Myougisan_20110531_244

何十回と走行してきた上信越自動車道が見えます。高速道から見える妙義山を以前から非常に妙な山だと感じておりました。今自分がここにいるなんて想像も着きませんね。

ふと愛用のカシオ電波時計で時刻を確認します、すると、なんと・・・・おーまい・ごっと!!でした。レンズに交差した3本の傷が付いているではありませんか!先程の鎖場登攀での闘いで、愛用の時計に傷を付けてしまったようです。非常にショッキングな出来事でした。


Myougisan_20110531_254 Myougisan_20110531_258

ショックから立ち直ることはできませんでしたが、次のポイントに進むことにします。難易度の高い1枚岩が立ちはだかります。仕方なく岩間にある根っこを掴んで登り越えました。その先でも難所は続きます。


Myougisan_20110531_262 Myougisan_20110531_264

滑って滑落したら重傷以上は間違いないと思われる鎖場です。鎖を強く握り締めながら登ります。


Myougisan_20110531_266 Myougisan_20110531_267

登り終えてから下を覗き込むと、自分がなんでこんな危険を冒してまで山に登っているのかよくわからなくなってきました。それだけ危険な箇所として認識するぐらい緊張感を味わいました。


Myougisan_20110531_268

ただそんな気持ちもこの絶景を見てしまうとすぐに和らぎます。きっと、ガスっていたら気持ちは違う方向に向かってしまうのでしょうね。


Myougisan_20110531_272 Myougisan_20110531_273

その先ではあちらこちらと岩場を廻り込んでいきます。


Myougisan_20110531_274 Myougisan_20110531_275

真下は絶壁で完全に切れ落ちているので、かなりの高度感を味わいながら稜線を歩きます。


Myougisan_20110531_278 Myougisan_20110531_279

右往左往しているうちに”玉石”に出ました。他のハイカーたち同様に私も”白雲山”の標識を見落としました。


Myougisan_20110531_285 Myougisan_20110531_286

下が切れ落ちている僅かな幅を矢印に従い歩いていきます。


Myougisan_20110531_287 Myougisan_20110531_288

所々絶景を楽しめるポイントがあります。


Myougisan_20110531_299 Myougisan_20110531_302

「キケン×」のマーキングの先には・・・・間違いなく逝っちゃいます。


Myougisan_20110531_310 Myougisan_20110531_314

歩いてきた急峻過ぎる岩峰を真横に見ながら巨岩を通り過ぎます。


Myougisan_20110531_316 Myougisan_20110531_317

まもなく”大のぞき”に到達します。御嶽三社大神の石碑が置いてありました。


Myougisan_20110531_318

そこから眺望できるのは、これから向かう巨大な顎のような形をした”天狗岩”が見えます。よくも自然はこんな奇岩を造ったものですね。


Myougisan_20110531_325 Myougisan_20110531_326

大のぞきから天狗岩に向かうには、まず直下にある長い鎖場を下りなければなりません。鎖場は急で30Mぐらいの3連はありますね。滑落に注意して鎖に頼りながら下ります。


Myougisan_20110531_331 Myougisan_20110531_332

下から見上げてみましたが、ここも非常に長くスリルのある鎖場でした。気持ちを切り替え天狗岩方向に進みます。


Myougisan_20110531_335 Myougisan_20110531_336

天狗岩に向かうルートは樹林帯を通過するのですが、道標が「相馬岳-妙義神社」から「白雲山-金洞山」に一時的に変わります。

一瞬、金洞山と見て鷹返しの方向に向かっているのでは?と不安になりましたが、しっかり相馬岳方面に向かっていました。道標は両者同一方向です。


Myougisan_20110531_337 Myougisan_20110531_343

迷い込んだと感じたせいでしょうか、樹林帯の歩きは長く感じました。そして先程見た大顎の頂点”天狗岩”に到達です。見晴らしが利かないのでスルーします。


Myougisan_20110531_347 Myougisan_20110531_349

続いて妙義山の最高峰である”相馬岳”に向かいます。時より絶景ポイントを通過しながら進みます。


Myougisan_20110531_358_2 Myougisan_20110531_364

矢印方向に沿って樹林帯を歩いていきます。もう鎖場はありません。


Myougisan_20110531_369 Myougisan_20110531_371

そしてタルワキ沢分岐点に到達します。ここから相馬岳まではピストンになります。


Myougisan_20110531_372 Myougisan_20110531_375

相馬岳まではけっこうな登り込みを強いられますが、本日は鎖場登攀で脚部にあまり負担がかかっておりません。問題なく登り込んでいく中、再び天狗岩の絶壁が見られました。


Myougisan_20110531_381 Myougisan_20110531_382

9時40分、妙義山最高峰の”相馬岳”に登頂成功です。標高は1104Mとして低山ではありますが、非常に険しい行程で登頂まで3時間以上は掛かりました。


Myougisan_20110531_384 Myougisan_20110531_386

バラ尾根、金洞山と鷹返しの方面に続いているようですが、その先は更に危険な箇所が多いようなので向かいません。正面には”金洞山”が見えています。


Myougisan_20110531_387 Myougisan_20110531_389

山頂には二種類の標識がありました。


Myougisan_20110531_391 Myougisan_20110531_398

金洞山をゆっくり眺めていたら、天候が急変したかのように妙義山上空だけに分厚い雲が集結してきます。挑戦的登山として妙義山の首を取ったかのように挑発していたからでしょうか。これが第三の奇怪な現象となります。


Myougisan_20110531_407 Myougisan_20110531_410

下仁田地方の天気予報は、夕方まで晴れのお墨付きがありましたが・・・。急ぎ気味に下り、タルワキ沢分岐まで戻ります。そこからタルワキ沢・中間道方面を下っていきます。


Myougisan_20110531_418 Myougisan_20110531_426

下りは急坂でガレた箇所も多く、足元に気を付けながら下ります。軽い鎖場もありましたが、濡れていたので慎重に下ります。


Myougisan_20110531_427 Myougisan_20110531_434

川田光江さん、ここに眠るの碑が岩に埋め込まれていました。昭和48年・・・とあり私が幼稚園児ぐらいの時なので、まさか・・・大久保清事件の被害者?と思い込んでしまいすぐに合掌します。

後で調べてみたら事件の被害者とは無関係でした。そもそも大久保清が妙義山中に被害女性を遺棄したという噂がありますが、被害女性8名のうち妙義山に遺棄された被害者はおりませんでした。デマです。別の事件で妙義山中から白骨死体が出てきたとかいうニュースはありましたけど・・・。


Myougisan_20110531_438 Myougisan_20110531_439

タルワキ沢に出てきました。時間的にはそれほど掛かりませんでしたが、不気味な山道だったのでやけに長く感じられました。


Myougisan_20110531_440 Myougisan_20110531_443

その先で中間道に出ました。ここからは安心歩きができます。


Myougisan_20110531_446 Myougisan_20110531_449

道中、第2見晴があり立ち寄ってみることにします。正面に見えるのは登山禁止の”金鶏山”でしょうか。


Myougisan_20110531_453 Myougisan_20110531_461

鉄の橋の手前で本日最初の人に出くわしました。因みに上級コースは貸切でした。その先では大黒の滝が勢いよく落ちています。


Myougisan_20110531_466 Myougisan_20110531_474

中間道からこの後立ち寄る”もみじの湯”が確認できました。やがて中間道入口の登山口に出てきました。


Myougisan_20110531_476 Myougisan_20110531_477

林道から車道に出て”もみじの湯”の看板を確認します。


Myougisan_20110531_478 Myougisan_20110531_480

長い滑り台の脇を通って駐車場に到着しました。時刻は11時20分でした。約5時間の緊迫感のある山行でした。


Myougisan_20110531_483 Myougisan_20110531_482

もみじの湯の駐車場に移動して稜線歩きをしてきた白雲山を見上げます。とくにキジウチをさせられた大の字は目立ちますね。


Myougisan_20110531_487 Myougisan_20110531_492

本日はアドレナリン放出をさせられた内臓、鎖場登攀で大活躍した広背筋、相馬岳で疲労した脚部を”妙義ふれあいプラザもみじの湯”で癒します。


■天候:晴れ時々曇り

■出会った人:1人(白雲山上級コース貸切、中間道1人

■タイム:6:20~11:20

■その他:

◇この半年間で30座強の山行を経験してきましたが、ここ妙義山(白雲山上級コース)は危険度ナンバーワンでした。非常に緊迫感を感じる箇所が存在し、一歩間違えば本当に逝ってしまいそうです。低山だからと言って決して侮れません。しかし、切れ落ちているが故に絶景が楽しめます。

◇遭難事故日本一や日本赤軍の事件、未解決の白骨化死体事件など奇怪な事件事故があり、その絡みで奇怪な現象を体験したのか因果関係は不明です。あの聳え立つ切り立った岩峰は、何か嘲笑っているかのようにも感じ挑発させられました。

◇次回挑戦できる機会がありましたら、金洞山を攻めてみたくなりました。

◇時計の傷はショックでしたが、勲章としてこのまま刻んでおきます。

◇腕への疲労度は全くありませんでしたが、翌日、広背筋が筋肉痛になりました。しっかりとエクササイズした証拠ですね。

■推奨サイトゆうやけハイカー

■参考:妙義山登山マップ

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 震災 | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ