赤城山(地蔵岳)

赤城山(地蔵岳) 2012/8/15 コタ隊長との登頂シリーズ

赤城山(地蔵岳)1,674m 高低差176m

 

Akagiyamajizoudake_20120815_136
私の夏休み期間中に、珍しくコタ隊長から山に行く意思表示を示してきました。そこで、4か月ぶりにコタ隊長との登山が決行されることになりました。赤城山(地蔵岳)は、1年3カ月ぶりの2度目の訪問となります。

 

地蔵岳は、さいたま市の林間学校で、よく利用されているハイキングコースのひとつです。隊長は、日和田山以外の登山はしたことがなく、鎖場は敬遠したいとの主張を考慮します。そこそこ標高があって、高低差が少なく、展望の利く赤城山(地蔵岳)に勝手に決定させていただきます。久しぶりの血縁ハイカーでの登頂に、わくわくしながら赤城山のアタックに向かいます。

 

 

 

レポ作成の原動力になりますので、下記1発、宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

(ルート)小沼駐車場(8:45)⇒八丁峠⇒地蔵岳⇒八丁峠⇒小沼⇒小沼駐車場(11:50)


 

Akagiyamajizoudake_20120815_001Akagiyamajizoudake_20120815_002

自宅を5時30分出発し、関越自動車道東松山IC~前橋ICで下車します。聳え立つ石井スポーツを右手に見ながら、前橋市街地を通過していきます。コタ隊長は終始、車中で熟睡状態です。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_003Akagiyamajizoudake_20120815_005

前橋市街地から赤城山を目指して走行していきます。途中、大きな赤鳥居が目印です。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_012Akagiyamajizoudake_20120815_013

まずは、地蔵岳急登コースの登山口がある「大洞駐車場」から、地蔵岳を見上げます。山頂はガスっています。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_019Akagiyamajizoudake_20120815_021

その後、小沼駐車場に移動します。いつまでも熟睡しているコタ隊長を起床させるため、窓を全開にします。やっと、目覚めたようです。時刻は既に8時を廻ろうとしていました。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_032Akagiyamajizoudake_20120815_034

おにぎりを食べて腹ごしらえさせてから、準備をしていきます。雲の流れにやや感動しながら、少し気合いが入ってきた様子のコタ隊長です。地蔵岳登山口のある方向に、道路を横断していきます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_036Akagiyamajizoudake_20120815_050

道標の前で、更に気を引き締めて登山口に向かいます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_055Akagiyamajizoudake_20120815_059

熊出没注意表示を見て、狼狽しながら腰が引けているコタ隊長です。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_061Akagiyamajizoudake_20120815_064

標高1,498mの八丁峠登山口より、地蔵岳目指して登山開始です!まずは、整備された木段を登っていきます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_067Akagiyamajizoudake_20120815_071

そのまま登り込んでいくと、山頂の丸い地蔵岳が確認できました。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_077Akagiyamajizoudake_20120815_079

汗が噴き出してきた所で、水分の補給です。因みに、コタ隊長の嗜好ドリンクは「カルピスウォーター」です。本日は500ml2本搭載して、地蔵岳アタックです。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_084Akagiyamajizoudake_20120815_085

ガスっている登山道を登り、ややバテ気味になる隊長です。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_089Akagiyamajizoudake_20120815_100

ガレ場を登り込んでから、再び木段登りに変わります。このあたりで、百均で購入した安物ザックが重い?(中身は着替え、カルピスウォーター1本のみ)と言い私に託されます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_107Akagiyamajizoudake_20120815_109

高度を稼ぎながら、トンボを追いかけるコタ隊長。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_116Akagiyamajizoudake_20120815_125

山頂アンテナが見えてきました。まずは、隊長からアタックを仕掛けにいきます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_135Akagiyamajizoudake_20120815_129

地蔵岳1,674m登頂成功!


 

Akagiyamajizoudake_20120815_133Akagiyamajizoudake_20120815_151

山頂はテレビ局等のアンテナだらけです。ガスが切れて、黒檜山、大沼方面の視界が微かに利いてきました。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_168Akagiyamajizoudake_20120815_171

登頂記念として、山頂でお互いの勇姿を撮り合います。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_160Akagiyamajizoudake_20120815_173

地蔵岳という山名だけあって、地蔵の石仏が並んでいます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_146_2Akagiyamajizoudake_20120815_156

隊長は、地蔵の石仏前で座り込んでみたり、山頂にいたトンボを追いかけてみたり、それなりに楽しんでおりました。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_198Akagiyamajizoudake_20120815_202

その後、山頂にあるアンテナ見学をしていきます。国土交通省のレーダーもありました。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_209_2Akagiyamajizoudake_20120815_210

NHKのアンテナ


 

Akagiyamajizoudake_20120815_208Akagiyamajizoudake_20120815_212

アンテナに無関心のコタ隊長は、私のカメラでアゲハ蝶を撮影していました。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_219Akagiyamajizoudake_20120815_221

隊長が山頂に飽きたようなので、下山を促されます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_226Akagiyamajizoudake_20120815_232

そのまま下っていくと、登りではガスで視界が利いていなかった小沼の視界が、開けてきていました。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_233Akagiyamajizoudake_20120815_234

木道で何かを見つけた様子です。黒い蝶です。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_242Akagiyamajizoudake_20120815_243

下りは速い、チャッチャカ階段を下っていきます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_249Akagiyamajizoudake_20120815_251

足を躓かないように、慎重にガレ場下りを消化していきます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_256Akagiyamajizoudake_20120815_257

気持ちの良い木段下りは続きます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_263Akagiyamajizoudake_20120815_265

前方よりハイカーが登り込んできます。隊長に「ハイカーと擦れ違ったら、しっかり挨拶してくださいよ!」と事前に申し上げていたので、一旦心の準備をした模様です。 


 

Akagiyamajizoudake_20120815_268Akagiyamajizoudake_20120815_272

笹原地帯の階段を下って、ようやく下山口が見えてきました。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_278Akagiyamajizoudake_20120815_282

登頂してきた山頂を振り返って、小沼に向かいます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_283Akagiyamajizoudake_20120815_293

小沼の前に出てきました。フィッシャーマンの仕掛けがいつくか掛けられていますね。冬場は完全に凍りつくため、アイススケートもできるようです。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_290Akagiyamajizoudake_20120815_301

早速、コタ隊長が落ちていた棒を拾って遊び始めます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_295Akagiyamajizoudake_20120815_297

私はカップヤキソバの準備に取り掛かります。因みにコタ隊長は、「一平ちゃん」が大好物なんです。私はヘヤングソースやきそば。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_302Akagiyamajizoudake_20120815_303

隊長は何かを真剣に掘っている様子です。お宝か?


 

Akagiyamajizoudake_20120815_306_3Akagiyamajizoudake_20120815_309

ヤキソバを置く為、テーブルチックに整地していました。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_311Akagiyamajizoudake_20120815_316

そして私は、小沼と隊長をバックに、ヘヤングソースやきそばを美味しく頂きます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_318Akagiyamajizoudake_20120815_320

小沼を充分満喫したので、駐車場に向かいます。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_329Akagiyamajizoudake_20120815_332

駐車場に帰着し、プチ登山は終了です。来年に控えている林間学校は大丈夫だらうか。姉のテニブスが4年前に行った林間学校は、確か志賀高原だったような・・・。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_337Akagiyamajizoudake_20120815_338

癒し温泉「ユートピア赤城 」に向かう車中で再び、隊長熟睡モードです。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_343_2Akagiyamajizoudake_20120815_345

到着してみると、施設の前に遊具がありましたので、少し遊んでから温泉に入るとのこと。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_348Akagiyamajizoudake_20120815_351

遊具独占状態です。専ら殺人的暑さの元、周囲には遊んでいる幼児などおりません。


 

Akagiyamajizoudake_20120815_354Akagiyamajizoudake_20120815_355

暑い中、御苦労さまです。炎天下に立たされている私も暑過ぎるのですが・・・「早くしろ!早く滑り落ちろ!」


 

Akagiyamajizoudake_20120815_357Akagiyamajizoudake_20120815_358

遊具満喫後、温泉で身体を癒していきます。しかし、熱すぎたので短時間で出ることに・・・・。その後も汗が暫く止まりませんでした。コタ隊長は、大好物のかき氷いちご味を思いっ切り味わいながら癒していました。

 

その後もコタ隊長は、赤城IC~実家のある東松山市までひたすら車中泊していました。これ以上は、寝過ぎだらう。


 

 

 

 

■天候:晴れっぽいガスリ 

 

■出会った人:10人

 

■タイム:8:45~11:50(休憩・遊び含)コースタイムの参考にはなりません。

 

■形態:同行者あり(コタ隊長)

 

■その他: 

 

★初の県外進出となったコタ隊長のプチ登山でした。樹林帯歩きと蜂が苦手な隊長も、高低差少ない登りなら可能かと判断し、地蔵岳登山を計画してみました。続けて、高低差の少ない長七郎山登頂も計画には入れてみたのですが、一峰だけでお腹いっぱいになったみたいです。

 

登頂後、本人も楽しかったようです。しかし、次の計画を提案してみると、暫く行かないとの回答でした。ちょっとショッキングでした。藤井フミヤは、息子を誘って低山を登頂してきたそうですが、下山後、息子から「もう、二度と誘わないで!」と言われたそうです。

 

 

 

 

 

 

ホームに戻る 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤城山(地蔵岳) 2011/5/25 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ

赤城山(あかぎさん)地蔵岳1674M 高低差304M

Akagisan_20110525_045

前編(黒檜山~駒ケ岳)より続編となります赤城山(地蔵岳)のピストン登頂に向かうことにします。

※画像は黒檜山登山口ルート”猫岩”近辺から撮影した地蔵岳です。


Akagisan_20110525_342 Akagisan_20110525_345

黒檜山登山口駐車場より移動して赤城公園(大洞駐車場)に駐車します。時刻は10時ジャスト登山開始です。道路向かい側に登山口がありました。


Akagisan_20110525_347 Akagisan_20110525_349

山頂まで1時間の目標タイムを確認してからクマ笹ガレ地帯に進入していきます。


Akagisan_20110525_351 Akagisan_20110525_353

こちらのコースもかなり急登を強いられるコースです。ガイドマップを確認してみると”道幅が狭く超急勾配が続く”と記載あり。登り途中、後悔が始まります。黒檜山~駒ケ岳だけで欲張らずに温泉に直行すれば良かった・・・。


Akagisan_20110525_354 Akagisan_20110525_355

この超急勾配がかなりの曲者で、気温の上昇もあってか信じられないくらい大汗を掻きスタミナの消耗が激しくなります。一旦、偽ピークに辿りつき乱れた呼吸を整えます。


Akagisan_20110525_356 Akagisan_20110525_361

地蔵岳との距離感を計りながら、再びクマ笹地帯への登り込みが始まります。


Akagisan_20110525_366 Akagisan_20110525_367

必死の思いで急坂をクリアできたと安堵していたらまたもや偽ピークです。


Akagisan_20110525_369 Akagisan_20110525_372

山頂方面にアプローチして、巨石ガレ地帯を直登していきます。足の踏み場に四苦八苦します。


Akagisan_20110525_373 Akagisan_20110525_379

山頂にある人工物と人影が確認できる位置まで高度を稼いできました。別ルートの遠方では、林間学校のジュニアハイカーたちの「ヤッホー!!」と元気に飛び交っている声が聞こえていました。


Akagisan_20110525_380 Akagisan_20110525_386

山頂付近に到達すると第一陣のジュニアハイカーたちが現れ、引率している先生に誘導されて「集合写真をとるから集まって!」と撮影ポイントに移動してきました。ザッと30人前後いるでしょうか。


Akagisan_20110525_394

まずは登頂成功です。超急勾配を必死に登り込んできたので30分強で到達できました。目立ちにくい山頂標識を確認します。


Akagisan_20110525_388 Akagisan_20110525_389

大沼・黒檜山・駒ケ岳と展望は開けており、遠方では谷川岳・武尊山・皇海山まで見渡せます。


Akagisan_20110525_414

巨大アンテナが複数設置されており、山頂の広さが伺えます。


Akagisan_20110525_397 Akagisan_20110525_398

中でも目に着いたのがNHKとTBSのアンテナでした。


Akagisan_20110525_400 Akagisan_20110525_402

南側はガスリ気味ですが、空気が澄んでいれば眺望が利くような場所です。

林間学校のジュニアハイカーたちは、1組だけかと思っていたら「続いて2組!」と記念撮影が継続されていました。


Akagisan_20110525_404 Akagisan_20110525_405

そこへ続いて3組のジュニアハイカーたちが大きな声で「ヤッホー!!ヤッホー!!」と列を組んで登場してきます。「景色がきれいだよ!」と少数のジュニアハイカーが先生に話しかけたり、ひたすら「ヤッホー!」と叫び続ける大多数のジュニアハイカーがいたり、各々好き勝手にやっていた3組が撮影現場に向けて歩いてきました。


Akagisan_20110525_406

するとそこへ3組の担任でしょうか。神取忍似(中央黄色服)の女教師が登場します。「ヤッホー!」をやり続けているジュニアハイカーたちに激しい喝を入れ込みます。

「止まるな!!」「おい!!ヤッホー!!やめろぉぉぉぉおおおお!!!」と山頂中に怒声を響かせます。


Akagisan_20110525_407 Akagisan_20110525_410

ジュニアハイカーたちは絶景なんてどうでもいい!ただ「ヤッホー!」だけやらせてくれればいいんだ!
とにかく「ヤッホー!」をやらせろ!と言わんばかりに黒檜山に向かって「ヤッホー!」を叫び続ける林間学校のジュニアハイカーたちでした。

しかし、力んで叫び続ける「ヤッホー!」のコダマは残念ながら一切返ってきません。返ってくるのは、神取忍似の女教師の「ヤッホー!やめろぉぉぉおおおお!!」と横から激り散らす怒声のみでした。


Akagisan_20110525_416 Akagisan_20110525_422

改めて縦走してきた黒檜山方面の絶景を楽しませていただきます。地蔵岳登ってきて本当に良かったと痛感しました。


Akagisan_20110525_425 Akagisan_20110525_427

4クラスのジュニアハイカーたちは、埼玉方面の景色が見られる広めの場所に集合して講義を受けておりました。山頂では、他にベテランハイカーたち7~8人がペア、小グループで休憩されておりました。

黒檜山・大沼方面をもう一度、じっくり眺めて下山することにします。


Akagisan_20110525_429 Akagisan_20110525_431

一瞬、ピストンにもかかわらず下山道を間違えてしまいます。2本登山を消化すると疲労から思考能力が鈍ってくるのでしょうか。道が無くなった先から素直に引き返し、修正下山していきます。


Akagisan_20110525_432 Akagisan_20110525_001

黒檜山・駒ケ岳を正面に見て、魔のクマ笹急降下地帯に突入です。


Akagisan_20110525_003 Akagisan_20110525_008

下山時、年配ハイカーがクマ笹急坂地帯を辛そうに登ってきます。確かにこの勾配かなりきついです。私も途中で登るの止めたくなるくらい辛かったです。

道幅が狭いのでお互いに譲り合います。登り優先及び目上優先から登っていただきます。挨拶だけ交わしますが、話しをする余裕がないくらい登りはきついです。


Akagisan_20110525_009 Akagisan_20110525_010

石の上では、何度も躓きそうになり、何度も落石させてしまいます。””が付くくらい急坂なので下りもそれなりにきついです。ここで体育会系の男性シングルハイカーと擦れ違いますが、やはりかなりきつそうに登られていました。

頂上にいたジュニアハイカーたちは、少年自然の家方面からのコースで登ってきていたのでこのルートは使用しないでしょう。


Akagisan_20110525_013

黒檜山~駒ケ岳縦走下山後は、気持ちの良い疲労感が得られておりましたが、地蔵岳ピストン後は、いつもの拷問ピストンを消化し終えた感じの絶大な疲労感に変化しておりました。そして駐車場を見てホッと息を付くことができました。


Akagisan_20110525_016 Akagisan_20110525_017

下山後は、赤城山麓にある富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館にて疲弊した身体を癒すことにします。震災の影響で露天風呂に罅割れが発生し使用不可となっておりました。従って、利用は内湯のみです。温度がやや熱めで30分ぐらいで出ました。やや不完全燃焼です。


■天候:晴れ

■出会った人:130人強(登り0人、地蔵岳山頂130人ぐらい、下山2人)

■タイム:10:00~12:00

■その他:

◇地蔵岳もコースがいくつかあると思いますが、赤城公園大洞駐車場前の登山口からのコースは、とても過酷な直登コースでした。前日の雨で足元が緩んでおり、小蝿が多く飛んでいて乱れた呼吸で吸い込んでしまうくらいいました。

◇山頂は、集合写真を撮影できるような場所があり、とても広く眺望も最高です。赤城少年自然の家(さいたま市所有の施設)が近くにあるのでよく林間学校の登山としても利用されているのでしょうね。しかし、「ヤッホー!やめろぉぉぉおおおお!!!」の怒声は今でも頭から離れられないでいます。

◇赤城山七峰のうち三峰踏破させていただきました。たいへん気持ちの良い素晴らしい山で、是非また訪問させていただきたいと思います。ありがとうございました。

■参考:赤城山登山マップ

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 2012年山行の軌跡 2012年拷問登山ランキング 2013年上半期山行の軌跡 2013年山行の軌跡 2013年度拷問登山ランキング 2014年山行の軌跡 ポンポン山/二ノ宮山 三頭山(奥多摩三山) 両神山(八丁峠コース) 両神山(日向大谷口コース) 丸山 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) 乾徳山 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 二子山(小鹿野町) 二子山(横瀬町) 仙丈ヶ岳【南アルプス】 伊豆ヶ岳 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) 八ヶ岳(赤岳) 剱岳【早月尾根】 北岳【南アルプス】 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) 吾妻山(桐生市) 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) 唐松岳(北アルプス) 四阿屋山 四阿山/根子岳 国師ヶ岳/北奥千丈岳 城峯山 大小山~大坊山馬蹄形縦走 大岳山/御岳山 大持山/小持山/武甲山 大菩薩嶺 大霧山 天城山 天狗岳(北八ヶ岳) 奥多摩 むかし道 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 奥武蔵馬蹄形縦走 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) 妙義山(白雲山) 妙義山(金洞山) 妙高山(笹ヶ峰登山口) 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 子ノ権現~伊豆ヶ岳 安達太良山 宝登山 山行予告編 川苔山・本仁田山 巻機山 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) 平ヶ岳 平標山/仙ノ倉山 御前山 御岳山/大岳山/鋸山 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 日光白根山 日和田山 日和田山・物見山 日和田山~スカリ山~ユガテ 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 明らかな番外編 月居山 月山 棒ノ折山 武尊山 武甲山/大持山/小持山縦走 比企三山馬蹄形縦走 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 水沢山(榛名山系) 浅間山 火打山 熊倉山 燧岳(大清水) 瑞牆山 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) 甲武信ヶ岳 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 男体山 番外編「堂平山」 登山前に発生したハプニング 登山纏め 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 白馬三山【北アルプス】 皇海山/庚申山/鋸山 破風山(皆野町) 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) 磐梯山(八方台登山口) 私的な日本百名山 秩父御岳山 笠山・堂平山 筑波山 筑波山 番外編 箱根駒ケ岳 簑山(美の山) 編笠山/権現岳(八ヶ岳) 美ヶ原 至仏山(尾瀬) 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) 苗場山 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) 茅ヶ岳/金ヶ岳 草津白根山 荒船山 蓼科山(大河原峠登山口) 蕨山・有間山 蛭ヶ岳(青根ピストン) 街歩き 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 裏妙義 観音山(秩父) 谷川岳(巖剛新道) 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) 谷川岳(西黒尾根) 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 谷川連峰半馬蹄形縦走 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) 赤城山(地蔵岳) 赤城山(長七郎山) 赤城山(黒檜山) 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) 越後(魚沼)駒ケ岳 適当なお知らせ 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) 金峰山 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 鐘撞堂山 陣見山 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) 雁坂嶺/雁坂峠 雲取山(三峰コース) 雲取山(鴨沢コース) 雲取山/七ツ石山 雲取山(積雪期三峰ルート) 震災 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) 霧ヶ峰(車山) 駅からハイキング 高妻山 高尾山 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) 高崎自然歩道 高水三山 鳳凰三山 鳳凰三山【青木鉱泉】 鷹ノ巣山(峰谷登山口) 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) 鼻曲山

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ