甲武信ヶ岳

甲武信ヶ岳 2011/5/19 超攻略的日帰り単独ピストンシリーズ

甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)2475M 高低差1386M

Kobushigatake_20110519_269

日帰りピストンシリーズの本年最大の難所として目標設定していた”甲武信ヶ岳”の登頂を遂に決行して参りました。小屋1泊コースが主流のようですが、甲武信に対しては挑戦的に攻めたい気持ちを以前から持っていました。あえて先の目標を今月に決行したのは、暑くなる前に消化してしまおうと単純な考えで前倒ししました。

(ルート)西沢渓谷駐車場⇒徳ちゃん新道登山口⇒近丸新道合流⇒戸渡尾根⇒木賊山(雲切山)⇒甲武信小屋⇒甲武信ヶ岳⇒(ピストン)


Kobushigatake_20110519_005 Kobushigatake_20110519_007

AM2時30分に自宅を出発して道の駅みとみに5時到着します。トイレ休憩をしてから本日経由する木賊山(トクサヤマ)を確認します。その後、西沢渓谷駐車場へ移動して準備を整えます。ここで先行していくハイカーを確認しました。


Kobushigatake_20110519_011 Kobushigatake_20110519_014

5時30分登山開始です。東沢山荘を左に曲がり西沢渓谷方向に向かいます。


Kobushigatake_20110519_016 Kobushigatake_20110519_017

西沢渓谷周辺マップを確認し通行止めゲート脇から進入していきます。


Kobushigatake_20110519_020

途中、”犬の登山は止めてくれー”ポスターを見かけます。そういえば両神山八丁峠編の時に山頂で犬の散歩に出会いました。鎖場をどうやって?が未だ謎です。


Kobushigatake_20110519_030 Kobushigatake_20110519_037

そのまま進んでいくとトイレと管理事務所のような場所がありました。


Kobushigatake_20110519_038 Kobushigatake_20110519_042

最初に目にする甲武信ヶ岳登山道入口は”近丸新道”で荒れかけているようなので敢えて回避したいと思います。その先にある”徳ちゃん新道”を利用します。


Kobushigatake_20110519_043

見上げると鶏冠山(トサカヤマ)標高2115Mが凛々しく見えました。


Kobushigatake_20110519_053 Kobushigatake_20110519_050

駐車場より20分ぐらいで徳ちゃん新道登山口に到着します。徳ちゃん新道とは、甲武信小屋の管理人が切り開いた登山道で、管理人の名前から名付けられたそうです。


Kobushigatake_20110519_051 Kobushigatake_20110519_058

始めは静かな樹林帯の中を歩いていきます。登山道はしっかりしております。


Kobushigatake_20110519_064 Kobushigatake_20110519_067

まもなく高度を上げ始めます。甲武信にはやはり履きなれたローカットのカメレオンⅡで挑むことにしました。


Kobushigatake_20110519_069 Kobushigatake_20110519_075

いよいよ本格的な急登により高度を稼いでいきます。


Kobushigatake_20110519_079 Kobushigatake_20110519_083

山頂までの目標タイムを4時間切ることに設定していましたが、ウォーミングアップでもコンディションはすっきりしません。前日早寝をしても睡眠時間は足りず、直前の運転タイム2時間半が効いていました。道の駅車中泊も検討しましたが、少しでも慣れている布団での睡眠を選択しました。やはり調整は難しいですね。


Kobushigatake_20110519_085 Kobushigatake_20110519_087

急登の連続がきいたのか右膝に違和感があります。昔の古傷が痛みかけてきたので久しぶりにステッキ使用です。いつもは野生動物対策の武器としてザックに挿していますが、右膝負担軽減の為今回は使用させていただきます。その後、何か顔に付着物が・・・クモの巣です。しかも何度も。徳ちゃん新道を利用していたハイカーは私が最初でした。その後、クモの巣との格闘は暫く続きます。


Kobushigatake_20110519_101 Kobushigatake_20110519_102

やがて石楠花のトンネルに差掛ります。始めは童心に返ったようで不思議な気分になりましたが、それも2,3分程度の出来事でしたね。


Kobushigatake_20110519_103 Kobushigatake_20110519_108

一部、石楠花の花が咲いておりました。


Kobushigatake_20110519_112 Kobushigatake_20110519_113

ステッキ使用で右膝をカバーしながらグングン高度を稼いでいきます。鶏冠山が真横近くの位置に見えるようになってきました。


Kobushigatake_20110519_115 Kobushigatake_20110519_118

更に高度を稼ぐと眺望ポイントに出ました。


Kobushigatake_20110519_120

富士山もしっかり確認できます。


Kobushigatake_20110519_130 Kobushigatake_20110519_133

気合いを込めて登り込んでいくとやっと近丸新道の合流点に到達しました。時刻は8時、約2時間半かかりました。鶏冠山(2115)の頂上が近くに見えてきていたので高度2000Mぐらいは稼いだはずと思い、地図を確認するとこの地点は1869Mでした。

木賊山まであと600M稼がなければならないのかと少し気が遠くなりました。


Kobushigatake_20110519_137 Kobushigatake_20110519_138

まずは甲武信ヶ岳経由地点となる”木賊山”目指してペース配分を検討しながら進みます。


Kobushigatake_20110519_144 Kobushigatake_20110519_145

間もなく”木賊山”の山頂が正面に現れてきました。その先を進むと再び石楠花のトンネルが待ち構えておりました。


Kobushigatake_20110519_150 Kobushigatake_20110519_151

トンネルは暫く続きます。いい加減、このトンネルがウザくなってきました。


Kobushigatake_20110519_162 Kobushigatake_20110519_166

トンネルを抜けるとガレた急登が始まります。徳ちゃん新道もきつかったけれど、コース中最もきつく感じた場所は、合流点から木賊山間でした。トレーニングしてきた伊豆ヶ岳の直登コースが幼稚園児の遠足コースに思えるくらい厳しく長く続きます。


Kobushigatake_20110519_169 Kobushigatake_20110519_172

容赦のないくらい急登は続きます。ステッキが無ければ、右膝は持ち堪えることができませんでした。


Kobushigatake_20110519_176 Kobushigatake_20110519_180

非常に長く感じた急登を消化していくと岩場に出ました。


Kobushigatake_20110519_181 Kobushigatake_20110519_191

視界が一気に開けます。この場所は山崩れでも起きたのでしょうか。


Kobushigatake_20110519_192

遠くに広瀬湖が見えました。


Kobushigatake_20110519_197 Kobushigatake_20110519_198

更に登り込みかけると残雪が現れ始めました。この辺りは高度2300M地点ぐらいでしょうか。


Kobushigatake_20110519_201 Kobushigatake_20110519_203

登山道が残雪で覆われるようになってきました。その先で破不山との分岐点に到達です。


Kobushigatake_20110519_204 Kobushigatake_20110519_207

高度を上げていくに連れて残雪に厚みが増してきました。簡易アイゼンを持参しておりましたが、面倒なので装着しませんでした。しかし、この残雪かなり危険で殺人的残雪です。


Kobushigatake_20110519_208 Kobushigatake_20110519_209

この残雪は凍っている箇所、シャーベット箇所が入り混じり、硬く滑りやすい部分と中が空洞化して踏み込むと落とし穴のように20センチぐらい落とされる部分があります。ステッキでブスブス挿しこんで確認し慎重に進んでいきます。気付くと木賊山山頂が見えていました。


Kobushigatake_20110519_213

木賊山2469Mに到達です。特に展望が利かないのでスルーしていきます。


Kobushigatake_20110519_216 Kobushigatake_20110519_223

この先一旦、甲武信ヶ岳に向かう為残雪地帯を下ります。滑らないように足跡で固められた箇所に足場を置きながら下ります。


Kobushigatake_20110519_226

下って行くと前方に”甲武信ヶ岳”が現れました。右には標高2483Mの三宝山が見えます。


Kobushigatake_20110519_236 Kobushigatake_20110519_242

あと山頂までの距離600M地点から少し下ると甲武信小屋が見えてきました。


Kobushigatake_20110519_244

甲武信小屋の前に出ました。万が一の時にはお世話になるつもりですが、そうならないように下山したいと思います。


Kobushigatake_20110519_247 Kobushigatake_20110519_248

小屋から山頂までの距離はあと400M。最後の登り込みを残雪に負けずに仕上げていきます。


Kobushigatake_20110519_251 Kobushigatake_20110519_254

日当たりの関係で残雪箇所は減少気味ですが凍っているので侮れません。ここで男性シングルハイカーと擦れ違います。ここまでトータル3名と擦れ違いました。


Kobushigatake_20110519_256 Kobushigatake_20110519_261

山頂近くまで登り込んできました。そしてケルンを廻り込みます。


Kobushigatake_20110519_268 Kobushigatake_20110519_276

甲武信ヶ岳山頂です。時刻は9時35分、残雪に阻まれ4時間を僅かに超えてしまいました。山頂標識は日本百名山と山梨百名山のものがありました。

山頂には先客ハイカーがいて挨拶するなり話込みます。熊谷からお越しの登山とサーフィンが趣味のサーファーハイカーでした。日本百名山踏破を目指しているキャリア3年のハイカーで、甲武信が20座と申しておりました。以前はカミさんと一緒に登られて、カミさんが妊娠されてからは単独で百名山ハンターを実行されているそうです。


Kobushigatake_20110519_278

山頂より眺望できた富士山。サーファーハイカーは富士山を第百座目にとっておくそうです。実は、私の登山第1座目が富士山でした。時期は15年前で当時体力には自信がありましたが、スニーカーで登って下り道足が痛くなった記憶があります。その後、山登りは15年間一切やっておりませんでした。何時の日かもう一度チャレンジしてみたいですね。


Kobushigatake_20110519_292_2

こちらは一等三角点を持つ埼玉最高峰の山”三宝山”です。


Kobushigatake_20110519_296_2 Kobushigatake_20110519_299_2

すると突然珍客の登場です。その珍客は野生の鹿でした。マイペースな鹿でこちらに全く興味を示しません。


Kobushigatake_20110519_302_2

再度、百名山の標識を見ながら達成感を味わいます。しかし、またあの殺人的残雪地帯に戻らなければならないことを考えると憂鬱になります。


Kobushigatake_20110519_308_2 Kobushigatake_20110519_316_2

左から国師ヶ岳、金峰山、瑞牆山とサーファーハイカーの登山経験のある山々を御教示いただきます。奥には南アルプスが眺望できます。


Kobushigatake_20110519_325_2 Kobushigatake_20110519_306_2

その中でも金峰山は車で高度を稼げるから登るには楽ですよ!と勧めれました。そうですね、甲武信クラスのピストンは暫く遠慮したいので次回は楽なコースで登山したいですね。20分ぐらいサーファーハイカーと話込み、登りは近丸で来たから下りは徳ちゃんでと言いながら下山していきました。


Kobushigatake_20110519_318_2 Kobushigatake_20110519_320_2

その後、毛木平から3時間で登頂してきた男性ハイカーと会話します。そこへ再びマイペースな鹿が目の前にやってきました。男性ハイカーは鹿が襲ってこないかと少々ビビり気味になっておりました。


Kobushigatake_20110519_332_2 Kobushigatake_20110519_335_2

40分間山頂の景色とコミュニケーションを楽しんだので下山することにしました。正面に木賊山を眺め、またあの殺人的残雪地帯を通過する覚悟を決めます。


Kobushigatake_20110519_337_2 Kobushigatake_20110519_338_2

暑さで残雪の緩み加減も増してきており、足場に神経を集中しながら下ります。そして甲武信小屋を通過して行きます。


Kobushigatake_20110519_344_2 Kobushigatake_20110519_349_2

木賊山の登り返しに挑みます。再び殺人的残雪地帯突入です。


Kobushigatake_20110519_353_2 Kobushigatake_20110519_359_2

木賊山山頂を通過して残雪に嵌りながらも慎重に歩を進めます。


Kobushigatake_20110519_369_2 Kobushigatake_20110519_370_2

高度2300M辺りから残雪は消え、右膝に負担がかからないようにステッキを駆使しながら急降下していきます。


Kobushigatake_20110519_378_2 Kobushigatake_20110519_379_2

石楠花のトンネル地帯に突入です。石楠花の葉が妙に絡み付き、更に暑さからこの地帯を早く逃れたい!という気持ちからペースを上げます。


Kobushigatake_20110519_380_2 Kobushigatake_20110519_383_2

振り向くと木賊山から大分高度を下げてきたのを確認できます。その先で近丸、徳ちゃんの合流地点に出て徳ちゃん新道を選択します。


Kobushigatake_20110519_389_2 Kobushigatake_20110519_390_2

徳ちゃんを下る途中もう一度、富士山を確認します。ここで小屋泊の男性シングルハイカーと擦れ違います。山頂方面での残雪情報を提供すると驚いていました。先週の雲取山の状況から判断して私も残雪を予想しておりませんでした。


Kobushigatake_20110519_395_2 Kobushigatake_20110519_396_2

グングン高度を下げていき、この区間ではカップル3組と擦れ違います。この時間だからきっと小屋泊でしょう。


Kobushigatake_20110519_404_2 Kobushigatake_20110519_405_2

更に下ると石楠花の花を目的に登られてこられた男性年配ハイカーに石楠花情報を尋ねられます。あの忌まわしい石楠花トンネルがウザいとは一言も申し上げずに、「少々ですが一部分きれいに咲いていましたよ!」と爽やかに回答しておきました。そして「ヒーハー」言いながらステッキの力もお借りしてやっと登山口に帰着します。


Kobushigatake_20110519_407_2 Kobushigatake_20110519_412_2

その先で西沢渓谷入口を確認します。1周10Kコースは1度歩いた経験があり、渓谷沿いを森林パワーを吸収しながら快適に歩けるコースとして人気がありますが、本日は体力も気力もありませんのでパスです。駐車場まで20分の道程を脚が棒状態になっておりますが、何とか踏ん張って戻ります。ガードミラーを使用して疲弊している自分を撮影してみます。


Kobushigatake_20110519_415_2 Kobushigatake_20110519_418_2

13時45分起点の駐車場に到着です。下山は3時間半近くかかりました。


Kobushigatake_20110519_419_2 Kobushigatake_20110519_426_2

一旦、道の駅みとみに立ち寄り「鶏冠山、木賊山」を振り返ります。みとみより山梨方面に約9K地点にある「笛吹の湯」にて本日のピストンで消耗しきった身体を癒します。入場料は500円(市外)、市内在住は100円。差があり過ぎじゃない?源泉はぬるめでうたた寝をしてしまうくらい長湯のできる気持ちの良い温泉でした。(特に露天)


■天候:晴れ

■出会った人:15人(登り3人、山頂4人、下山8人)

■タイム:5:30~13:45

■その他:

◇天候には恵まれましたが、暑さとコンデション調整の失敗により快適というよりは半ば拷問登山に近い闘いとなってしまいました。輪をかけたのが、クモの巣、石楠花トンネル、殺人的残雪地帯の攻防歩きでした。しかしながら、甲武信登頂成功により一段と自分自身成長できたと感じられます。次回はお気楽登山を楽しみたいですね。

■推奨サイト:ゆうやけハイカー

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 震災 | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ