両神山(八丁峠コース)

両神山(八丁峠コース) 2011/11/20 朝練シリーズ Practice in morning 

両神山(りょうがみやま)1,723m 八丁峠コース 単純高低差583m

Ryogamiyama_20111120_381
前日に予定されていたメンバーの月例登山が雨天の影響で中止となります。そこで、日本百名山「両神山」に3度目のアタックを仕掛ける機会が急遽到来します。上落合橋を起点に八丁峠で攻めるコースを難易度の高い朝練と位置付け、両神山を朝練登山で消化してしまおうと挑戦的トレーニングに意欲が湧きます。

この鎖場の多い「八丁峠コース」は通算2度目のチャレンジとなります。身体へのダメージを最少限に留め岩場・鎖場を楽しみながら登攀していきたいと思います。

では入山前によろしければお願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

(ルート):上落合橋⇒八丁峠⇒行蔵峠⇒西岳⇒東岳⇒剣ヶ峰⇒作業道⇒上落合橋駐車場


Ryogamiyama_20111120_008Ryogamiyama_20111120_011

AM3時40分自宅近くのFマートで食料を調達し東松山IC~花園IC、一般道で大滝温泉廻りにて上落合橋6時15分到着です。既に他に2台駐車しておりました。


Ryogamiyama_20111120_017Ryogamiyama_20111120_025

約11ヵ月ぶりの訪問となるギザギザ頭がシンボルマークの埼玉単独の百名山「両神山」を攻略していきます。準備を整えて登山口に向かうと先行者のバイクがありました。


Ryogamiyama_20111120_026Ryogamiyama_20111120_028

登山口には、八丁峠コースの道標と「初心者向きではない」との注意事項が記載されている看板がいくつか設置されています。


Ryogamiyama_20111120_030Ryogamiyama_20111120_031

そして6時40分朝練登山の開始です!


Ryogamiyama_20111120_034Ryogamiyama_20111120_035

まずは沢のBGMを聞き流し樹林帯へと登り込んでいきます。


Ryogamiyama_20111120_041Ryogamiyama_20111120_044

ジグザグ気味に登り込んでいくと、先行者の男性シングルハイカーが登山道から外れて林の中に突入していきます。なんと!いきなりキジウチです。しかも見える位置で・・・・。見て見ぬふりをして通過していきます。


Ryogamiyama_20111120_053Ryogamiyama_20111120_059

そのまましっかりとしたテンポで八丁峠に向けて登り込みます。すると今度はなんと!私がキジウチを討ちたくなってきました。八丁峠の先は鎖場でキジウチポイントが無いだらう。このままの状態で鎖場を乗り越えられるか自信が無くなってきました。

急遽、間合いを見計らって「同行者も確認不可能」とまで言われている私の神業的キジウチを両神山で討たされることになります。瞬間的に討ち込みます。(御食事中の方は大変失礼しました)


Ryogamiyama_20111120_063Ryogamiyama_20111120_077

スッキリ気分に変わった私の顔色は復活!(鏡見れないのでたぶん・・)汗を噴き出しながら気合いが入ります。八丁峠まであと400m地点に来ていました。


Ryogamiyama_20111120_081Ryogamiyama_20111120_082

立ち向かう八丁峠コースの稜線を眺めながらグングン高度を稼いでいきます


Ryogamiyama_20111120_087Ryogamiyama_20111120_089

斜めった登山道を進み稜線に近づいていくと、冷たい風が身体に吹き付けてきます。 


Ryogamiyama_20111120_097Ryogamiyama_20111120_098

そして登山口より50分程度で八丁峠に到達です。側には展望台があります。


Ryogamiyama_20111120_100Ryogamiyama_20111120_101

展望台にはテーブル付きのベンチが設置されています。展望が利く高度には達しておりますが、樹木で遮られ眺望はイマイチです。


Ryogamiyama_20111120_094Ryogamiyama_20111120_090

ここより先、八丁尾根縦走路となり急峻な岩場や鎖場の難コースが連続します。自信の無い方や体調の優れない方は、引き返す勇気も必要です。


Ryogamiyama_20111120_095Ryogamiyama_20111120_107

一旦、鞍部まで下ります。そして岩場を登り返します。


Ryogamiyama_20111120_108Ryogamiyama_20111120_109

何かが設置されていた跡地からは絶景が拡がります。


Ryogamiyama_20111120_116
二子山がしっかり確認できました。近々再び訪問予定です。


Ryogamiyama_20111120_117Ryogamiyama_20111120_119

岩場を登り込んでいくと腐りかけた古い道標を通過します。


Ryogamiyama_20111120_124Ryogamiyama_20111120_126

「鎖場は一人ずづ安全を確認して登ろう」看板より先が1発目の鎖登場です。御約束で掴みますが、ここは鎖不使用でも登攀可能なポイントです。


Ryogamiyama_20111120_130Ryogamiyama_20111120_131

登り上げ見下ろします。正面は絶景です。


Ryogamiyama_20111120_135Ryogamiyama_20111120_136

更に登り上げ絶景確認。


Ryogamiyama_20111120_138Ryogamiyama_20111120_139

八丁峠コース稜線を一望してから高度を下げます。


Ryogamiyama_20111120_142Ryogamiyama_20111120_144

Ryogamiyama_20111120_145_3Ryogamiyama_20111120_146_2

根っこ、一枚岩、鎖場・岩場登攀をこなしていきます。


Ryogamiyama_20111120_149_2

Ryogamiyama_20111120_159

Ryogamiyama_20111120_160Ryogamiyama_20111120_162

そして周囲の山々を眺望して気持ちをリラックスさせます。遮るものがないので風が冷たい!


Ryogamiyama_20111120_164Ryogamiyama_20111120_166

再び下りますがとにかく絶景ポイントが多い!


Ryogamiyama_20111120_167Ryogamiyama_20111120_171

遠方にピークの見える山は瑞牆山だらうか。石灰岩の山「二子山」と背後には群馬の「御荷鉾山」が確認できます。


Ryogamiyama_20111120_172Ryogamiyama_20111120_176

Ryogamiyama_20111120_178Ryogamiyama_20111120_182

大きく下ってから鎖場の登り返しです。得意のガシィ!ガシィ!登攀で難なく上昇していきます。


Ryogamiyama_20111120_183Ryogamiyama_20111120_184
Ryogamiyama_20111120_185

ホールドのしっかりしている箇所はなるべく鎖に触れません。岩場登攀から下を見ると吸い込まれそうだ!


Ryogamiyama_20111120_192Ryogamiyama_20111120_194
Ryogamiyama_20111120_196

痩せ尾根の鎖場に突入していきアスレチックな感覚に変化していきます。両脇に樹木が茂っているので高度感はありません。


Ryogamiyama_20111120_199Ryogamiyama_20111120_200

Ryogamiyama_20111120_202Ryogamiyama_20111120_204

くさり!クサリ!鎖!巻き付けられそうになるくらい容赦なく鎖が襲いかかってきます。


Ryogamiyama_20111120_207
Ryogamiyama_20111120_209Ryogamiyama_20111120_210

鎖との格闘が一段落すると行蔵峠に到達しました。ここより西岳は僅か100mの距離です。


Ryogamiyama_20111120_211Ryogamiyama_20111120_212

眺望を確認して西岳に向かうことにします。


Ryogamiyama_20111120_214Ryogamiyama_20111120_218

岩場を下り鎖場の前に出ます。


Ryogamiyama_20111120_219Ryogamiyama_20111120_223

ガシィ!と掴みガシィガシィ登攀です。


Ryogamiyama_20111120_224Ryogamiyama_20111120_226

行蔵峠を振り返ると追随してきているハイカーたちを確認できました。


Ryogamiyama_20111120_228Ryogamiyama_20111120_229

そして西岳に到達です。


Ryogamiyama_20111120_236Ryogamiyama_20111120_237

朝練なので特にゆっくりするつもりはありません。次に向かう東岳方向を確認して長めの鎖場を下ります。


Ryogamiyama_20111120_239Ryogamiyama_20111120_243

スルスルと下っていきます。


Ryogamiyama_20111120_248Ryogamiyama_20111120_250

更に一枚岩の鎖場箇所を滑らないように注意しながら下ります。


Ryogamiyama_20111120_251Ryogamiyama_20111120_257

東岳を視界に捉えつつ次に待ち構える鎖場に歩み寄ります。


Ryogamiyama_20111120_258Ryogamiyama_20111120_259
Ryogamiyama_20111120_260

鎖をよじ登っていくと赤い屋根の祠が見えます。下を見ると結構な高度感です。


Ryogamiyama_20111120_264Ryogamiyama_20111120_263

祠の前で登頂御礼の挨拶をします。ロープが張られている箇所は、進入禁止の尾ノ内ルートです。


Ryogamiyama_20111120_274Ryogamiyama_20111120_271
Ryogamiyama_20111120_272

東岳を目の前に捉えて最難関の「ナイフリッジ」登場です!両脇は完全に切れ落ちています。前回はどうクリアするか悩んだ結果、四つん這いで横断しました。


Ryogamiyama_20111120_275Ryogamiyama_20111120_278

今回は悩まず無謀に二本脚でトップを横断していきます。かなりヒヤヒヤものでしたが、恐怖から逃れたいあまり一気にクリアしました。因みに脇に掛かっている鎖あまり意味ないです。滑落した時に掴むのか?


Ryogamiyama_20111120_279Ryogamiyama_20111120_280_3
Ryogamiyama_20111120_281

その後、紅葉がきれいだなぁ~と感じていると道が不明瞭な箇所に来ていました。ルートを誤りました。危険と思われる岩場を無理やり下り切ります。ここはかなり心臓ドキドキしました。妙義山の白雲山と対等な恐怖心を受けます。着地後恐怖心から解放され脚が暫くガクガク逝ってました。


Ryogamiyama_20111120_292Ryogamiyama_20111120_295

本筋のルートと合流して安心です。鎖場をしっかりと乗越えます。先程の道間違えした岩場は勿論鎖はありません。


Ryogamiyama_20111120_306
Ryogamiyama_20111120_303Ryogamiyama_20111120_309

なんと!その先では垂直の鎖場だぁああああ!!全鎖場中最難関の鎖場です。集中力を高めてガシィガシィ登攀を丁寧にこなしていきます。


Ryogamiyama_20111120_310Ryogamiyama_20111120_311
Ryogamiyama_20111120_313

通過してきた稜線を振り返ります。一呼吸落ち着かせる為、山々の展望を眺めて瑞牆山に視点を集中させます。


Ryogamiyama_20111120_316Ryogamiyama_20111120_320

あとは軽く鎖場を越えると東岳山頂に出ました。


Ryogamiyama_20111120_329Ryogamiyama_20111120_321

東岳には小休止できるベンチが設置されています。


Ryogamiyama_20111120_325

Ryogamiyama_20111120_336_2

次はいよいよ、両神山頂の剣ヶ峰に向かいます。距離はまだ1キロ近くあります。


Ryogamiyama_20111120_339Ryogamiyama_20111120_344

Ryogamiyama_20111120_346Ryogamiyama_20111120_350

今までの鎖コースと異なりアップダウンの少ない稜線歩きです。


Ryogamiyama_20111120_351Ryogamiyama_20111120_352

剣ヶ峰を正面に捉え、道標に従い軽くダウンします。


Ryogamiyama_20111120_356Ryogamiyama_20111120_357

そして山頂直下の最終鎖場ポイントを登攀していきます。 


Ryogamiyama_20111120_360Ryogamiyama_20111120_363

石祠に立ち寄ってから山頂の展望盤を視界に捉えます。


Ryogamiyama_20111120_365Ryogamiyama_20111120_366

両神山3度目の登頂成功です!八丁峠コースでは2回目ですけど。時刻は9時30分、約2時間50分で登頂です。(タイムは前回とあまり変化なしです)


Ryogamiyama_20111120_373Ryogamiyama_20111120_377

山頂には首なし地蔵(前はあったものと思われます)と祠が設置されています。


Ryogamiyama_20111120_364
ここで大バカ者が三角点を占拠して呑気に飯を喰っています。狭い山頂に加えて日曜日なんだから端で喰えっ!てんだよ。(モードが変わって申し訳ありません)しかも三角点の脇で、こういう輩(やから)がいるから地蔵の首もぶっ飛ぶんだよぉ・・・。


Ryogamiyama_20111120_370Ryogamiyama_20111120_380
Ryogamiyama_20111120_371_2

山頂からは富士山の展望は利きませんでしたが、雁坂嶺~破不山~甲武信三山~国師ヶ岳~金峰山、雲取山など奥秩父の山々が確認できました。


Ryogamiyama_20111120_378Ryogamiyama_20111120_384

石碑と祠が対峙しています。脇にはマナーのあるハイカーだちがいます。他のハイカーの邪魔にならないところで飯は喰ってほしいですね。


Ryogamiyama_20111120_386Ryogamiyama_20111120_389

朝練なので山頂には長居せず下山に取り掛かります。最もずっと稜線上を越えてきたので展望はお腹いっぱいでした。


Ryogamiyama_20111120_390Ryogamiyama_20111120_391

下山ルートは八丁峠の鎖場ピストンではなく、ショートカットのできるやや危険覚悟の作業道で下山していきます。日向大谷方面に一旦下り、両神山頂0.1KMの道標に巻かれているトラロープを潜り抜けます。


Ryogamiyama_20111120_392Ryogamiyama_20111120_394

100mぐらい踏み込まれた道を歩いていくと作業道の表示の前に出ます。


Ryogamiyama_20111120_397Ryogamiyama_20111120_398

この先危険なため通行止」と記載されたロープを無理矢理潜り抜けます。ここから作業道のショートカット下山道(約1時間)になります。

登山道ではないので完全自己責任です。山岳保険に入っていても事故が起きた場合には保証はありません。くれぐれもコンプリートな自己責任を強調しておきます。そして決して簡単な道ではないことも併せて強調しておきます。


Ryogamiyama_20111120_400Ryogamiyama_20111120_404

赤テープを目印にしっかりと踏み跡を確認しながら慎重に下山していきます。


Ryogamiyama_20111120_406Ryogamiyama_20111120_408

基本的に道は明瞭となっていますが、一部崩落気味の箇所も存在します。


Ryogamiyama_20111120_411Ryogamiyama_20111120_414

危険箇所にはロープが張られていますが決して侮れません。鎖場と異なる気の使い方をしなければならないので妙に疲れます(ここは、チャッチャカ下りは止めておいたほうが賢明だと思います)。見上げると通過してきた鎖場の稜線です。


Ryogamiyama_20111120_416Ryogamiyama_20111120_418

ここは危険です。落ち葉に埋もれかけた濡れた箇所。冬場は凍結が、夏場は増水が心配です。


Ryogamiyama_20111120_420Ryogamiyama_20111120_421

補助ロープ設置箇所もありますが・・・渡りにくい!


Ryogamiyama_20111120_424Ryogamiyama_20111120_429

ここは少しチャッチャカできるかも・・・。やらない方が身の為だと・・・。


Ryogamiyama_20111120_435Ryogamiyama_20111120_440

ガレを下っていくと駐車している車が見えてきました。高度感タップリです。 


Ryogamiyama_20111120_441Ryogamiyama_20111120_444

もう一段下がると鎖場の延長戦のような緊張が走ります。


Ryogamiyama_20111120_446Ryogamiyama_20111120_448
Ryogamiyama_20111120_454_2

やや危険な作業道のロープを潜り抜けて行程終了です。時刻は10時45分でした。山頂からは約1時間程度の下山でした。狭い駐車場は満車状態ですね。


Ryogamiyama_20111120_456
癒し温泉に向かう為、国道299号方面に車を走らせます。石灰岩の双耳峰「二子山」が見事です。年明けには是非再来してみたいと思います。


Ryogamiyama_20111120_459Ryogamiyama_20111120_463

鎖場・作業道で疲弊した身体と精神を癒す為、何度目の訪問か忘れるくらい通っている「両神温泉薬師の湯」にてゆっくりと癒させていただきます。

帰り路、ミシュラン一つ星に輝いた「宝登山神社」横の国道を通ります。注目されかけているスポットですね。長瀞町には女優の「あき竹城」が住んでいるらしいです。


■天候:晴れ 

■出会った人:6人(八丁峠コース2人、山頂4人、作業道完全貸切) 

■タイム:6:40~10:45 

■その他: 

◇3度目の両神山登頂となりました。実は過去2回単独であった為、3度目は同行者と登頂したいと思い探しておりました。結果、声掛けしていた複数のハイカーより鎖場を拒否られて今回も単独山行となりました。次回同行されたいハイカーは今から募集します(たぶん1年後になると思います)。同じく妙義山も次回は3度目になりますので、同行者を募集しています(難易度は両神山より上です)。メタボ先輩が冗談半分で手を挙げていましたが却下しました。

◇作業道を下山して改めて感じました。結構手強く、周囲が薄暗いので気味が悪いです。利用される方は慎重にお願いします。女性ハイカーは、できれば単独作業道は避けるべきでしょう。

◇八丁峠コースの難所は、西岳~東岳の箇所で特に東岳手前の鎖場です。他は行蔵峠手前の鎖場が難易度高いです。

ホームに戻る 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

両神山(八丁峠コース)2010/12/15 戦術的鎖場登攀シリーズ

両神山(りょうかみさん)1723M 八丁峠コース 高低差565M

2010_vol6_209

先月、両神山(日向大谷コース)登頂で既にコンプリートしている山ですが、冬山に入る前に是非 チャレンジしてみたいコースがありました。それが八丁峠コースです。

(ルート)上落合橋(1158M)⇒八丁峠⇒行蔵峠⇒西岳(1613M)⇒東岳(1660M)⇒剣ケ峰(1723M)片道4.0Kの鎖場や岩場の尾根が主体のルートです。


2010_vol3_143

山体のギザギサ部分のアップダウンのコースです。


2010_vol6_172_2

前日に天候を確認して決行準備に入ります。ザックは、使用していた古いザックの金具が切れてしまいColeman¥4,980に新調しました。


2010_vol6_176_2

念のため簡易アイゼン(4本爪)も装備します。


2010_vol6_177 2010_vol6_179

当日は4:40自宅を出発して国道299号の志賀坂峠を目指します。299号沿いからも両神山の山体が見えました。

八丁尾根ルートの上落合橋登山口は志賀坂峠トンネル手前を左折するのですが、な・な・なんと!おーまい・ごっと!通行止めのバリケートが・・・・凍結による完全通行止めを喰らいました。


2010_vol6_181

仕方なく299号を途中まで戻り、国道140号から入るルートに迂回します。

途中道の駅大滝温泉に立ち寄り、もしも反対側ルートも通行止めだったら、秩父御岳山に切り替えることを検討しルートの確認をします。


2010_vol6_187 2010_vol6_185

140号から中津峡方面に右折して入っていく道路ですが、途中まではかなり整備されていました。


2010_vol6_182

こちらのルートから確認できた両神山です。


2010_vol6_197 2010_vol6_194

通行止めもなく、無事に目的地”上落合橋”に到着できました。駐車場は6台ぐらいおけるスペースで私の車だけでした。


2010_vol6_208

確認してみると、上落合橋から50Mぐらい先に通行止めの表示がありました。90分余計なドライブとガスを消費してしまいました。


2010_vol6_192

本日は登山開始前に、まず下山口の確認をします。(登山口とは50Mぐらい離れています)

通行止のロープがかかっていますが、下山時にショートカットを利用すれば、ここに出てくるようです。勿論自己責任で。


2010_vol6_199 2010_vol6_200

八丁峠コース登山口に廻り、注意事項を確認します。過去に滑落で怪我や死亡事故が多発しているルートなので気を引き締めます。

初心者向きではないとの警告があります。

勝手な解釈ですが、初心者とは初めてまたは2~3回目の登山経験で未だ楽しみ方を知らない段階にある者、一方初級者とは複数回の経験から楽しみ方を多少心得ている者と考えます。

登山10本・街ウォーク20本・50キロウォーク完歩の経歴と多少楽しみ方を覚えてきた段階なので、何とか初級者の域で可能でしょうかね・・・?


2010_vol6_201

こちらにも警告版が。時間・・・既に90分のロス。体力・・・前日3時間の睡眠で寝不足気味でした。

いつもよりは少々余裕がないかもしれませんね。


2010_vol6_202

もう一丁注意事項、雨の日や冬場は危険ですね。今日がギリギリセーフ?


2010_vol6_204

さぁ~登山届を提出してこの梯子から登山開始です。8:40でした。


2010_vol6_214 2010_vol6_215

まずは、沢の音を聞きながら八丁峠を目指します。


2010_vol6_217 2010_vol6_220

ガレていますね。


2010_vol6_222 2010_vol6_226

進路を示す印と登山口より500M進んだ地点です。


2010_vol6_229

見上げると縦走する尾根が見えてきました。


2010_vol6_232 2010_vol6_237

高度をグングン稼ぐにつれて、息が荒くなり脈も上がります。登山口より1K地点です。


2010_vol6_242 2010_vol6_243

ジグザグに急登してガレ場を超えていきます。

天気は良好なのですが風がうなっていて冷たいです。北方面は天候が荒れているようですね。


2010_vol6_252 2010_vol6_254

登山開始より約50分で八丁峠到着です。休憩用のベンチがありました。


2010_vol6_248 2010_vol6_249

さぁ~ここから西岳方面に向かいます。クサリ場が始まることの警告もあります。


2010_vol6_257 2010_vol6_260

少し下ってから痩せ尾根に突入していきます。


2010_vol6_261 2010_vol6_262

視界もかなり開け景色を楽しめます。しかし、時より冷たい突風が吹き付け体力を消耗させます。


2010_vol6_264

風に当たりながら注意力を失わないように意識して登ります。


2010_vol6_265 2010_vol6_267

両脇には木があるので高度感はあまり感じられません。山頂まで2.2Kの表示です。


2010_vol6_270 2010_vol6_271

根の部分を確保しながら進みます。


2010_vol6_272_2

すると両神名物”鎖”1発目が出現してきました。


2010_vol6_273_2

しっかりと鎖の確認をして、集中力を高めていきます。


2010_vol6_274 2010_vol6_276

ひとつ上がると絶景が・・・でも風が冷たい!


2010_vol6_284

そして次の鎖が待っていました。


2010_vol6_285 2010_vol6_287

二段構えの鎖でした。そして振り返ります。


2010_vol6_288

廻りは絶景です。


2010_vol6_289 2010_vol6_297

岩を超える赤矢印から、その先目指す西岳東岳が見えます。


2010_vol6_298

また下ります。突風は岩の陰に入れば防げます。


2010_vol6_299

下りてきたところです。根が露出していますね。


2010_vol6_300 2010_vol6_301

岩場に出て、前方の西岳を確認します。


2010_vol6_302 2010_vol6_303

岩場を下ります。一息入れるために絶景も確認していきます。


2010_vol6_306 2010_vol6_308

鎖場です。上腕二等筋・上腕三等筋・広背筋をフル稼働させますが、風の冷たさで稼働力低下気味です。


2010_vol6_309_22010_vol6_311

鎖場を登り切り上から見下ろします。また突風にも煽られます。


2010_vol6_314 2010_vol6_315

根の部分を掴みながら登り、その上も鎖です。


2010_vol6_317 2010_vol6_318

段々アスレチックな感覚になってきて楽しくなってきました。


2010_vol6_321 2010_vol6_323

もう一丁鎖をクリアすると行蔵峠到達です。


2010_vol6_326

あと100Mで西岳です。


2010_vol6_330 2010_vol6_331

下っていきます。


2010_vol6_332 2010_vol6_335

それから長めの鎖場を登り返しますと・・・。


2010_vol6_337 2010_vol6_339

西岳到達です。


2010_vol6_351 2010_vol6_352

水分の補給をして小休憩を取ります。次に目指す東岳が見えています。


2010_vol6_353 2010_vol6_356

さぁ~東岳に向かいましょう。鎖場を下り覆いかぶさるような岩を通り抜けていきます。


2010_vol6_360 2010_vol6_363

下方向を確認して長めの鎖場を下ります。


2010_vol6_364 2010_vol6_366

徐々にしんどくなってきました。


2010_vol6_367 2010_vol6_368_2

足場が確保できるところは鎖がありませんが、足を踏み外すと転落する恐れのある場所です。注意が必要です。


2010_vol6_369

再び二段連続の鎖場の登りです。


2010_vol6_370_2 2010_vol6_372

長かったですね。これでもか!というくらい出現してきます。


2010_vol6_377 2010_vol6_378

東岳が目前に現れたところに竜頭神社奥社がありました。登山安全の祈願をします。


2010_vol6_380 2010_vol6_382

この先尾の内ルート遭難危険あり・・の看板。正規のルートを向かいます。


2010_vol6_383 2010_vol6_386

いきなりナイフリッジ出現です!鎖はトラバースするために繋いであるようですが、足がかけられません。悩んだ末、トップを四点支持でクリアします。


2010_vol6_387

反対側から見たナイフリッジ、やはり足かけられないですね。


2010_vol6_389 2010_vol6_391

今度は下りの鎖です。


2010_vol6_394 2010_vol6_395

アップダウンで鎖と戯れていたら、通過してきた西岳が反対側に見えました。


2010_vol6_396 2010_vol6_397

クサリ、クサリ・・・・。容赦なく連続で現れます。


2010_vol6_402

個人的にコース中最も難所と感じた鎖場がこれです。垂直なんです。


2010_vol6_403

体験すればわかりますが垂直です。


2010_vol6_404

登りながら撮影してみます。


2010_vol6_405

上から見ると鎖が見えない。下りる時は怖いでしょうね。


2010_vol6_406 2010_vol6_409

通過してきた尾根を振り返ってみます。武甲山もはっきり見えますね。


2010_vol6_411 2010_vol6_412

岩場の赤矢印の先に何か見えてきました。


2010_vol6_414

東岳にやっと到達できました。


2010_vol6_415 2010_vol6_416

山頂まで1Kの道標の前にベンチがありました。ここで持っていたおにぎりを食べました。

ベンチ手前側は風が当たらなかったので、少し身体を休めることができました。


2010_vol6_418

寒かったけれど、目の前の景色は絶景でした。


2010_vol6_425 2010_vol6_426

東岳から山頂(剣ケ峰)までは、フラット気味な尾根で脚への負担は少ないと思います。


2010_vol6_427 2010_vol6_428

こんな感じのルートです。


2010_vol6_431

あと200Mです。


2010_vol6_436 2010_vol6_437

油断をしていたら、なんと、おーまい・ごっと!枯れ葉で滑り1M滑落しました。その時に落石まで発生させちゃいました。


2010_vol6_440 2010_vol6_443

この鎖をクリアすればいよいよ山頂です。


2010_vol6_444 2010_vol6_445

最後の鎖に気合いを入れて・・・お!見えましたね展望版。


2010_vol6_449

展望版目がけて駆け登ると、いきなり野生動物の襲撃かぁっ!

な・なんと!おーまい・ごっと!山頂にいたのはワンちゃんでした。

御主人さまと貸切山頂を楽しんでいたようです。ここで初めて人と犬(散歩中?)に出会いました。清滝方面からでも鎖はいくつかあったけれど、ワンちゃんも鎖?どうやって・・・?


2010_vol6_460 2010_vol6_453

八丁峠コースからの登頂成功です。時刻は11:30でした。2時間50分の登頂です。

前回も投稿しました山頂の様子です。おや?よく見てみると地蔵の首がない!誰か持ち帰ったのか?そういえば前からなかったのか。


2010_vol6_454 2010_vol6_455

祠と石碑


2010_vol6_451 2010_vol6_463

二等三角点とその後ろには先程のワンちゃんと読書をする御主人。


2010_vol6_462 2010_vol6_464

山頂は相変わらず突風で寒いですが絶景ですね。


2010_vol6_465 2010_vol6_469

富士山も見えていますね。新調したザックは背もたれにメッシュが入っていて蒸れません。早く交換しておけばよかった。


2010_vol6_474 2010_vol6_476

前回は30分の貸切山頂を楽しめましたので、今回は10分の休憩で下山に入ります。

あとは突風で体力を消耗していましたので、早く下山して温泉で癒そうという考えもありました。

まずは清滝小屋方面に下ります。


2010_vol6_480 2010_vol6_481

100Mでこの道標に出ます。そしてショートカットで下山できるルートは、ロープが張られているこの登山道です。


2010_vol6_483 2010_vol6_484

ロープをくぐり進入します。


2010_vol6_486 2010_vol6_487

ロープの地点から100M進入すると作業道の矢印の前に出ます。

その矢印の先は、”この先危険なため通行止”の表示とロープが張られています。

ここをくぐり抜けて進入していきますと、登山開始時点で確認した上落合橋駐車場に出れるショートカット道です。登山道ではないので怪我などした場合保険が下りないらしく、自己責任で進入する覚悟が必要です。各サイトで紹介されていた場所でもありますが、私もどのようなルートか実証してみたいと思います。


2010_vol6_489 2010_vol6_490

作業道の矢印の反対側は廃道となっている白井差ルートのようです。


2010_vol6_491 2010_vol6_494

では下山してみましょう。登山道ははっきりしていますね。要所要所赤やピンクのテープが木に巻きつけられていて目印になっています。


2010_vol6_495 2010_vol6_499

途中表層崩壊気味の箇所もありますので、慎重にトラバースします。

目印となっているテープです。


2010_vol6_502 2010_vol6_503

ロープが張られている場所や迷いそうな場所もあります。その場合には、しっかり廻りを確認して、目印のテープをみつけるまたは登山道らしき道を前方で確認してみます。


2010_vol6_504

見上げるとルートの尾根が見えていました。


2010_vol6_506 2010_vol6_507

落ち葉に隠れた沢を渡る場所があります。増水時や凍結時はかなり危険な箇所になると予想されます。


2010_vol6_509

その先には落ち葉で埋もれた落とし穴が隠れていました。私はここで膝まで嵌りました。


2010_vol6_511 2010_vol6_514

ここはロープを使わないと滑ります。その先はひたすら下りです。


2010_vol6_516

熊?の爪痕・・・?


2010_vol6_517 2010_vol6_519

やがて道路らしきものが見えてきました。


2010_vol6_520 2010_vol6_523

八丁峠登山道入口が見えてきました。


2010_vol6_524

見下ろすと私のマシーンが1台ポツリと。写真で見るより実際はもっと高度感があります。


2010_vol6_526 2010_vol6_531

前方のロープをくぐると朝方確認した場所に出られました。時刻は12:40、なんと1時間ジャストで下山できました。


2010_vol6_530 2010_vol6_546

八丁尾根のコース完全貸切だったみたいです。後ろ側に廻って確認してみたら、駐車場の前方コンクリートで固めて防護ネットで落石を完全阻止していますね。でもちょっと怖い場所です。


2010_vol6_551 2010_vol6_552

帰り道廃村のような場所がありました。


2010_vol6_553 2010_vol6_554

そこから見上げた両神山です。


2010_vol6_558 2010_vol6_559

ナビにニッチツ社宅と出ていたので確認してみたら廃墟となっていました。

トンネルは1台分しか通行できないので、前方をよく確認する必要があります。


2010_vol6_560

25K先で道の駅大滝温泉遊湯館に立ち寄ります。

八丁尾根ルートの鎖場で疲弊し、更に突風の冷たさで低体温になりかけた身体を癒します。

雲取山の帰路にも寄りましたが、前回は到着が遅かったので露天風呂から前方の景色が見えませんでした。それも確認する目的での立ち寄りです。

それから帰ろうとした時、大滝温泉出口付近にて野生の猿を見かけました。


■天候:晴れ(突風あり)

■出会った人:山頂で1名、犬1匹

■タイム:8:40~12:40

■その他:

 鎖場は全部で30~40箇所ぐらい?体力的にきついですがアスレチックな感覚で楽しめることができました。

 ただ稜線はこの時期天候が良くても北方面が荒れていると突風にやられます。

 ルート的にはショートカット使用できたので丁度いい疲労感がありました。ピストンは半端じゃ~ないですね。

 300枚近くの撮影をしたので、投稿画像が増えてしまい見苦しい内容になってしまいました。

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | 2014年山行の軌跡 | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 剱岳【早月尾根】 | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ