大霧山

大霧山 2010/12/10

大霧山(おおぎりやま) 767M  高低差567M  埼玉県東秩父村

 

2010_vol5_394

 

当日はやや体調不良を押しての決行でした。短時間で登頂且つ展望の良い場所を捜していましたら、比企三山のひとつ大霧山が候補地にあがりました。

 

比企三山とは、他には笠山(かさやま)堂平山(どうだいらさん)が挙げられます。

 

それから天候も良好でしたので、独立峰からの大展望にも期待してみました。

 

{ルート}橋場バス停⇒栗和田⇒粥新田峠⇒大霧山⇒橋場バス停(ピストン)


 

2010_vol5_255 2010_vol5_256

 

国道254から比企郡小川町駅方面に向かいます。


 

2010_vol5_257 2010_vol5_261

 

そして東秩父村地内に向かい橋場バス停を目指します。駐車場は6台ぐらいおけますね。

 

トイレも完備してあります。


 

2010_vol5_265

 

今日は虫の居所が悪いです。なぜなら、数日前の大手資本系列の企業面接に呼ばれ、1時間業務経歴と今後の業務内容の話し合いをしてきました。年収の話・ポジション・健康面のことまで雰囲気も纏った形で終了しました。その後おーまい・ごっと!の大ドンデンで落とされました。

 

普通、興味もなく落とす気なら20分で帰すだらう・・・・。先方も貴重な1時間を使用したなら・・・・なぜ?仕方ないか・・・・と怒りの登山決行に方向転換です。

 

従って、怒りが収まらないので本日は野生動物が現れたら、構わずこのステッキで襲撃する勢いがあります。理性はありますので有害動物のみをターゲットに。

 

まぁ~この企画を最短で終わらすのも面白くないし、頑張るか・・・!


 

2010_vol5_266 2010_vol5_267

 

駐車場から正面の景色と目指す大霧山方面の横断歩道です。

 

9:50怒りの登山開始です。


 

2010_vol5_272 2010_vol5_273

 

まずは、橋場バス停より秩父高原牧場方面の車道を進んでいきます。


 

2010_vol5_276

 

ふと右方面に発破注意の看板が・・・期日的に終わっていますね。現在こちらの気持ちが発破状態です。野生動物が現れたら発破突撃臨戦態勢を整えています。


 

2010_vol5_277 2010_vol5_278

 

何か道標らしきものが見えてきました。


 

2010_vol5_281 2010_vol5_282

 

大霧山経由地の粥新田峠方面のようですね。42キロ七峰縦走のハイキングコースでもここを通るようです。


 

2010_vol5_284 2010_vol5_286

 

山道らしくなってきましたね。何だか車道より安心しますね。


 

2010_vol5_289 2010_vol5_290

 

開けてきた場所では、農作業のおじさんがお仕事をしておりました。


 

2010_vol5_291 2010_vol5_294

 

落ち葉で足元が見えない地帯を進んでいくと、再び車道に出てしまいました。


 

2010_vol5_296 2010_vol5_297

 

再び出た車道からは、大霧山山頂付近がはっきりと確認できます。


 

2010_vol5_300 2010_vol5_301

 

車道周辺には、みかん畑と無人販売所がありました。


 

2010_vol5_302 2010_vol5_303

 

途中、そのまま車道を進まなければ行けない所を誤って左の林道に入ってしまいました。


 

2010_vol5_311 2010_vol5_313

 

それから遠回りをして道標のある場所に辿り着きました。こちらの無人販売所の左方面に案内がありました。


2010_vol5_315 2010_vol5_316

 

粥新田峠への案内版とガイドブックに出ていた「民家の前を通る」とは、この民家のことでした。


 

2010_vol5_318 2010_vol5_319

 

案内版のとおりそのまま進んでいきます。


 

2010_vol5_321 2010_vol5_325

 

緩めの傾斜が続いていきます。


 

2010_vol5_326 2010_vol5_329

 

またまた、車道に出ました。


 

2010_vol5_331 2010_vol5_332

 

指示通り粥新田峠・大霧山方面に進んでいきます。


 

2010_vol5_333

 

ハンターへの警告です。遠くの方で銃声が聞こえていました。鳥でしょうか。こちらも臨戦態勢です。


 

2010_vol5_335 2010_vol5_337

 

左手にあずま屋が見えてきました。橋場バス停から約1時間で粥新田峠到着です。

 

粥新田峠(かゆにたとうげ)の由来は、坂上田村麻呂が戦に行く途中、ここでお粥を食べたことから名付けられたとされています。


 

2010_vol5_339

 

ここからいよいよ本格的な登山道になってきます。


 

2010_vol5_340 2010_vol5_341

 

縦走ルートもあるので登山届ボックスがありました。用紙は確認できませんでした。


 

2010_vol5_344 2010_vol5_345

 

ここから急登の始まりです。


 

2010_vol5_346 2010_vol5_347

 

大霧山目指してグングン高度を稼ぎます。


 

2010_vol5_351_2 2010_vol5_350_2

 

息切れも始まりしんどくなってきました。


 

2010_vol5_354 2010_vol5_355

 

視界も大分開けて牧場方面が見下ろせます。歩幅の合わない階段?みたいなものも急です。


 

2010_vol5_356 2010_vol5_361

 

杉林を抜けて行くと山頂方面が見えてきました。


 

2010_vol5_363 2010_vol5_366

 

山頂を示す標識も見えてきました。後ろを振り返ると比企方面の街並みがきれいに見えていました。


 

2010_vol5_367 2010_vol5_370

 

11:20登頂成功です。三等三角点もありました。


 

2010_vol5_371 2010_vol5_391

 

展望案内版と休憩用のベンチもありました。ここで早めの昼食をとりながら絶景を楽しみます。


 

2010_vol5_376 2010_vol5_379

 

先日登頂してきた武甲山と両神山です。


2010_vol5_377 2010_vol5_380

 

秩父方面の街並みと浅間山です。低山にしては絶景過ぎますね。ほんと素晴らしいです。

 

これらの景色を見ていたら、登山開始時点の怒りはもう収束していました。

 

山頂で2組4名様が見えたので、貸切山頂はここまでです。


 

2010_vol5_399 2010_vol5_402

 

下山開始です。急登でしたので急降下です。


 

2010_vol5_403 2010_vol5_404

 

滑る落ち葉に注意して一気に急降下、粥新田峠に戻ります。


2010_vol5_408 2010_vol5_409

 

車道から林道に入る道を確認しながら下山していきます。


 

2010_vol5_410 2010_vol5_411

 

山頂を振り返り、民家の前より集落に向かいます。


 

2010_vol5_412 2010_vol5_416

 

車道から林道へ


 

2010_vol5_417 2010_vol5_421

 

林道から車道へ


 

 

 

2010_vol5_424 2010_vol5_423

 

車道に出ると”世界一小さな釣り堀センター”が・・・どんだけ小さいのでしょうか。


 

2010_vol5_425

 

橋場バス停が見えてきました。13:00下山終了です。


 

2010_vol5_430 2010_vol5_432

 

その後、下山してきた車道をマシーンで彩の国ふれあい牧場まで駆け登りました。街の景色がきれいですね。


 

2010_vol5_435

 

下山後は、疲れた身体を癒したい・・・・と言いたいところですが、咳込んでいましたので湯冷めしたら逆効果なので、今回は温泉の確認のみです。

 

立ち寄る予定でした嵐山町にある平成楼です。機会があればまた立ち寄りたいと思います。


 

 

 

 

■天候:晴れ

 

■出会った人:山頂4名、下山時2人

 

■タイム:9:50~13:00

 

■その他:

 

 体力も技術もそれほど必要なく短時間で山頂を目指し、絶景を楽しめるという点では最高の山でした。

 

 お手頃登山といったところでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 2012年山行の軌跡 2012年拷問登山ランキング 2013年上半期山行の軌跡 2013年山行の軌跡 2013年度拷問登山ランキング 2014年山行の軌跡 ポンポン山/二ノ宮山 三頭山(奥多摩三山) 両神山(八丁峠コース) 両神山(日向大谷口コース) 丸山 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) 乾徳山 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 二子山(小鹿野町) 二子山(横瀬町) 仙丈ヶ岳【南アルプス】 伊豆ヶ岳 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) 八ヶ岳(赤岳) 剱岳【早月尾根】 北岳【南アルプス】 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) 吾妻山(桐生市) 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) 唐松岳(北アルプス) 四阿屋山 四阿山/根子岳 国師ヶ岳/北奥千丈岳 城峯山 大小山~大坊山馬蹄形縦走 大岳山/御岳山 大持山/小持山/武甲山 大菩薩嶺 大霧山 天城山 天狗岳(北八ヶ岳) 奥多摩 むかし道 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 奥武蔵馬蹄形縦走 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) 妙義山(白雲山) 妙義山(金洞山) 妙高山(笹ヶ峰登山口) 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 子ノ権現~伊豆ヶ岳 安達太良山 宝登山 山行予告編 川苔山・本仁田山 巻機山 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) 平ヶ岳 平標山/仙ノ倉山 御前山 御岳山/大岳山/鋸山 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 日光白根山 日和田山 日和田山・物見山 日和田山~スカリ山~ユガテ 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 明らかな番外編 月居山 月山 棒ノ折山 武尊山 武甲山/大持山/小持山縦走 比企三山馬蹄形縦走 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 水沢山(榛名山系) 浅間山 火打山 熊倉山 燧岳(大清水) 瑞牆山 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) 甲武信ヶ岳 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 男体山 番外編「堂平山」 登山前に発生したハプニング 登山纏め 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 白馬三山【北アルプス】 皇海山/庚申山/鋸山 破風山(皆野町) 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) 磐梯山(八方台登山口) 私的な日本百名山 秩父御岳山 笠山・堂平山 筑波山 筑波山 番外編 箱根駒ケ岳 簑山(美の山) 編笠山/権現岳(八ヶ岳) 美ヶ原 至仏山(尾瀬) 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) 苗場山 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) 茅ヶ岳/金ヶ岳 草津白根山 荒船山 蓼科山(大河原峠登山口) 蕨山・有間山 蛭ヶ岳(青根ピストン) 街歩き 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 裏妙義 観音山(秩父) 谷川岳(巖剛新道) 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) 谷川岳(西黒尾根) 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 谷川連峰半馬蹄形縦走 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) 赤城山(地蔵岳) 赤城山(長七郎山) 赤城山(黒檜山) 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) 越後(魚沼)駒ケ岳 適当なお知らせ 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) 金峰山 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 鐘撞堂山 陣見山 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) 雁坂嶺/雁坂峠 雲取山(三峰コース) 雲取山(鴨沢コース) 雲取山/七ツ石山 雲取山(積雪期三峰ルート) 震災 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) 霧ヶ峰(車山) 駅からハイキング 高妻山 高尾山 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) 高崎自然歩道 高水三山 鳳凰三山 鳳凰三山【青木鉱泉】 鷹ノ巣山(峰谷登山口) 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) 鼻曲山

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ