四阿屋山

四阿屋山 2011/3/2

四阿屋山(あずまやさん)772M 小鹿野町 高低差452M

Azumayasan_20110302_188

今回は2回目の訪問となります四阿屋山の登頂を目指します。約3時間の登山コース、標高800M前後、両神山の展望(これが今回の決め手)の条件を満たす山がこの四阿屋山です。今回は単独登山の趣旨に反して山ガールBさんの参戦です。といっても別に”高水三山”で拾ってきたわけではございません。純粋に両神山(白井差コース)の登頂目標を掲げられており、事前に山容の確認とトレーニングも兼ねての登山参戦です。

(ルート)道の駅両神温泉薬師の湯⇒薬師堂⇒福寿草園地⇒両神神社奥社⇒四阿屋山⇒両神温泉薬師の湯


Azumayasan_20110302_011 Azumayasan_20110302_012

関越自動車道花園ICより約37Kの道の駅”両神温泉薬師の湯”駐車場に停めて、準備運動、ストレッチで身体を温めてから9:30登山開始です。まずは車道から薬師堂方面に向かいます。


Azumayasan_20110302_015

眼病に効くと言われている薬師堂で登山安全の祈願をしていきます。


Azumayasan_20110302_016 Azumayasan_20110302_017

隣にある両神神社里宮でも祈願していきます。


Azumayasan_20110302_018 Azumayasan_20110302_023

福寿草園地方面の車道を進んで行くと”薬師堂コース”の表示が見えてきました。表示通りに進んでいきます。


Azumayasan_20110302_025 Azumayasan_20110302_026

キャンプ場を抜けると登山口に到着します。


Azumayasan_20110302_027 Azumayasan_20110302_030

本日は天候も良好なので気持ちの良い登山ができそうです。


Azumayasan_20110302_033 Azumayasan_20110302_034

緩やかな斜面を森林浴を楽しみながら登ります。登山道はしっかりしており道標もあります。


Azumayasan_20110302_037 Azumayasan_20110302_039

徐々に階段が現れたり、傾斜がきつくなってきたり変化に富んできました。


Azumayasan_20110302_044 Azumayasan_20110302_047

”福寿草保護の為柵の中立入禁止”の看板の下には、崩れた状態の表示版がそれぞれの方向に向けて置かれていました。


Azumayasan_20110302_049 Azumayasan_20110302_051

やがてハイキング道のような箇所を進んでいくと車道が見えてきました。


Azumayasan_20110302_055 Azumayasan_20110302_061

車道を横切り道標のある方向に進みます。この辺りに咲くはずの”山ゆり”は現在イノシシの被害に遭いほとんどみられないそうです。


Azumayasan_20110302_062 Azumayasan_20110302_063

木の階段を登り超えると根の露出箇所や岩場があり、足元を気をつけながら歩きます。その先には小さな祠が置かれておりました。


Azumayasan_20110302_066 Azumayasan_20110302_070

鳥居をくぐりフラットな登山道を進んでいきます。


Azumayasan_20110302_072 Azumayasan_20110302_078

鉄塔の脇を登っていき視界が開けてきました。樹木の間から武甲山と二子山(横瀬)が見えるようになってきました。


Azumayasan_20110302_085 Azumayasan_20110302_088

福寿草園地に向けて階段を登り込んでいきます。


Azumayasan_20110302_089 Azumayasan_20110302_094

福寿草園地の前を通り抜けて、先程樹木で見え隠れしていた武甲山と二子山(横瀬)が鮮明に見える場所に出ました。


Azumayasan_20110302_095 Azumayasan_20110302_097

更に少し下がった場所に休憩舎があり、ここで小休止をします。


Azumayasan_20110302_099

休憩舎からは見事に武甲山方面の眺望がよく利いておりました。


Azumayasan_20110302_104 Azumayasan_20110302_105

再び福寿草園地を通り抜けてから四阿屋山に向かいます。


Azumayasan_20110302_106 Azumayasan_20110302_108

園地内では僅かに福寿草が咲いておりました。


Azumayasan_20110302_111 Azumayasan_20110302_112

園地内を越えた所からいよいよ本格的な登山道に入っていきます。岩場や鎖場、急坂が含まれているためハイキング気分の未装備のハイカーは引き返したほうが無難です。また凍結箇所の時期は要注意です。


Azumayasan_20110302_115 Azumayasan_20110302_121

正面は急傾斜の長い階段コースのため左側の巻き道を選択してみました。・・・が結局すぐに階段コースと合流です。


Azumayasan_20110302_122 Azumayasan_20110302_125

更に登り込んでいくと両神神社奥社に到着です。奥社にあった雑記帳に山ガールBさんは何かを書き込んでおりました。


Azumayasan_20110302_132 Azumayasan_20110302_133

奥社の先にある登山道を進んでいくと”急坂につき登山禁止”の表示版にぶち当たります。「自己責任」ではなく「禁止」と明確に記載されているので急坂に進むことを止めました。


Azumayasan_20110302_135 Azumayasan_20110302_136

左側にある下り気味なトラバース道に入っていくと、休憩舎で展望できた横瀬にある二子山とは異なる二子山(小鹿野)が視界に入ってきました。


Azumayasan_20110302_139 Azumayasan_20110302_140

そして遂に山頂手前でこの山の難関コースに差掛りました。


Azumayasan_20110302_142 Azumayasan_20110302_143

必要な箇所は遠慮なく”鎖”を握らせてもらいます。


Azumayasan_20110302_144 Azumayasan_20110302_145

補助的に張ってある鎖の箇所でも足場が前日までの雨により湿っていた為、安全確保を考えて使用させていただきます。


Azumayasan_20110302_146 Azumayasan_20110302_148

ジグザグに登っていきますが鎖に頼らないと登れない箇所も数箇所ありました。


Azumayasan_20110302_149 Azumayasan_20110302_150

上部には残雪や凍結箇所もありましたので、足掛かりをしっかり確保して着実に上がっていきます。


Azumayasan_20110302_152 Azumayasan_20110302_154

鎖場をクリアすると尾根沿いに出ます。もう山頂まではすぐそこです。


Azumayasan_20110302_160 Azumayasan_20110302_163

山頂直下の急傾斜、最後の鎖場を精魂込めて仕上げ登りに入ります。


Azumayasan_20110302_165Azumayasan_20110302_167

鎖をクリアして小高い部分を廻り込むと山頂に出ました。90分で登頂成功です


Azumayasan_20110302_179

登頂してまず初めに目に付いたのがやはり展望目的の”両神山”でした。正面に聳える両神山のギザギザ部分に雲がかかっており違った視点で両神山を捉えることができました。 


Azumayasan_20110302_186 Azumayasan_20110302_180

展望版と三等三角点。その下側のベンチでは3名2組の計6名のハイカーが昼食をとっておりました。


Azumayasan_20110302_182 Azumayasan_20110302_183

両神山の展望を堪能し双耳峰の二子山も確認できます。


Azumayasan_20110302_168 Azumayasan_20110302_177

山頂標識・展望版・三角点の山頂三点セットの前で、両神山登頂に闘志を燃やすBさんでした。白井差コースは確か入山制限のあるコースですがツアーで参戦とのことです。


Azumayasan_20110302_192 Azumayasan_20110302_193

山頂では15分ぐらい休憩してから下山に入ります。鎖場を慎重に下山していくといきなりツアーの軍団が山頂目掛けて登り込んできました。


Azumayasan_20110302_195 Azumayasan_20110302_197

ツアーは全部で20人の団体でシンガリに若手のガイドが付いていました。全てのハイカーをやり過ごしてから鎖場の下山を再開します。


Azumayasan_20110302_198 Azumayasan_20110302_204

鎖場を下り終えてから一息つきます。後は普通に下山です。


Azumayasan_20110302_205 Azumayasan_20110302_207

来た道を戻りもう一度、福寿草を確認してからコースに戻ります。


Azumayasan_20110302_208 Azumayasan_20110302_212

グングン下っていき車道を横切ります。


Azumayasan_20110302_216 Azumayasan_20110302_218

再びグングン下って分岐点に出た所を来た道とは別ルートで薬師の湯に向かいます。


Azumayasan_20110302_220 Azumayasan_20110302_223

長~い階段を下っていき休憩ポイントで軽く昼食をとります。


Azumayasan_20110302_226 Azumayasan_20110302_227

休憩ポイントからは秩父御岳山が眺望でき西方面は雲が厚くなってきていました。そして再び下山していきます。


Azumayasan_20110302_228 Azumayasan_20110302_234

分岐点から再び長~い階段を下りて行きます。


Azumayasan_20110302_236 Azumayasan_20110302_237

道はアスファルトに変わり整備された登山道は民家の脇まで続いていました。


Azumayasan_20110302_239 Azumayasan_20110302_242

再び秩父御岳山を見ながら薬師の湯に向かいます。


Azumayasan_20110302_247

13:00薬師の湯に到着です。休憩を除く約3時間の山行でした。Bさんにも両神山登頂前の良い刺激トレーニングになったようです。さて、本日の癒し温泉は両神温泉薬師の湯です。心身ともにリフレッシュさせます。


■天候:晴れ

■出会った人:30人ぐらい

■タイム:9:30~13:00

■その他:

◇山頂では間近に両神山・二子山(小鹿野)が、休憩舎では武甲山・二子山(横瀬)のセット展望が楽しめる快適な山でした。

◇前回登頂した時はほとんど人に出会わなったのですが、ツアーが組まれるほどの山とは知らず団体が鎖場を登ってきたのには正直驚きました。山頂は7~8人が限界のスペースのようでしたが・・・我々は時間差でセーフでした。

◇鎖場は急な箇所があり要注意です。また凍結箇所もあり厳しいと思ったら引き返すことも必要です。因みに鎖場手前で登頂を断念していたハイカーもいらっしゃいました。実際に凍結時期には滑落事故も発生しているようです。”山は甘くない!”です。

四阿屋山 2010/11/10

四阿屋山(あずまやさん) 772M 埼玉県小鹿野町両神

2010_vol3_126

両神国民休養地として、時期によって花菖蒲園・福寿草・ロウバイ・ヤツオツツジなどの山野草が楽しめる。

自宅⇒関越自動車道東松山IC⇒花園IC⇒国道140号⇒皆野寄居有料道路⇒140号⇒299号⇒道の駅 両神温泉薬師の湯


2010_vol3_103_3

駐車場は道の駅 両神温泉薬師の湯に停めました。無料です。
朝の7:30に着き、数台の車が停まっていて仮眠中の方もおりました。
駐車スペースは、150台駐車できる広さです。


2010_vol3_106

登山道入口近くの薬師寺で無事に登頂できるように祈願します。


2010_vol3_108

まずは、薬師寺コースから30分ほどロウバイ園の山道を抜けていくと、一旦、車道に出ます。
すぐ左前方に四阿屋山に続く登山道があります。


2010_vol3_111

緩めの傾斜を登山道に沿って進んで行くと、やがて展望台に出ます。
すると、おーまい・ごっと!武甲が見えました。快晴で秩父連峰も見渡せます。
以前、Not武甲の洗礼を受けましたが、いつかATTACKしようと思っていた日本二百名山のひとつです。


2010_vol3_115

日本武尊(やまとたけるのみこと)が、自らの甲(かぶと)をこの山の岩室に奉納したという伝説から、
武甲山(ぶこうざん)と名付けられたそうです。
現在は、石灰岩採掘により痛々しい格好となっています。


2010_vol3_117

再び、階段コースから福寿草園を通り、山頂を目指します。


2010_vol3_120

やがて、標識の前に。今までは里山的登山道でしたが、いよいよ本格的な登山道に入ります。
未装備の方や不安な方は、ここで引き返す意思も必要です。


2010_vol3_121

階段を急登し、ここから高度を稼いでいきます。


2010_vol3_122

大腿四等筋をフル稼働して、一気に両神神社奥社に到着。奥社には雑記帳が置いてありました。


2010_vol3_123

奥社先には、更なる急登階段And鎖場出現!!! 大腿四等筋前部なみだの雫が強烈に張ってきました。


2010_vol3_127

いよいよ最終局面、斜度のきつい登りを超えると山頂です。


2010_vol3_131

登頂成功です。片道2.5㌔、高度差は500Mぐらいあったでしょうか。


2010_vol3_143 2010_vol3_150

山頂では、両神山・二子山が望めました。絶景です。
山頂は、狭く7~8人で満員御礼となります。貸切状態かと思っていたら、山頂下ベンチに一人ハイカーがいました。
挨拶を交わし、そのハイカーはすぐに下山していきました。
その後、30分ぐらい貸切山頂の絶景を楽しみます。


2010_vol3_132

こちらは、山頂での二等三角点


2010_vol3_154

下山は、鳥居山コースより森林パワーを吸収しながら一気に下ります。


2010_vol3_104

下山後は、疲れた身体を温泉で癒します。
両神温泉薬師の湯(600円)
営業時間10:00~20:00、定休日 火曜日
泉質:単純硫黄冷鉱泉

温泉は内湯のみで露天はなし。サラサラ感があり、お肌がツルツルになった気分になります。
そして、疲労しきった大腿四等筋を徹底的に揉みほぐします。
食堂でおそばを食べて、90畳の休憩室で仮眠と思いきや、カラオケ大会が始まっていました。
見渡すと、な・な・ん・と!おーまい・ごっと!年配の・・・と・し・ま・・としま・・・まさに豊島園でした。
中には、剛田剛級のカラオケも始まっていましたが、とにかく眠い・・・。
そのがなり立てる歌声も子守唄のように聞こえ、あっという間に仮眠してしまいました。


■天候:晴れ
■出会った人 山頂で一人
■タイム:7:50-11:00
■その他:日本滝百選に選ばれた埼玉県唯一の滝「丸神の滝」にも寄りました。

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 2012年山行の軌跡 2012年拷問登山ランキング 2013年上半期山行の軌跡 2013年山行の軌跡 2013年度拷問登山ランキング 2014年山行の軌跡 ポンポン山/二ノ宮山 三頭山(奥多摩三山) 両神山(八丁峠コース) 両神山(日向大谷口コース) 丸山 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) 乾徳山 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 二子山(小鹿野町) 二子山(横瀬町) 仙丈ヶ岳【南アルプス】 伊豆ヶ岳 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) 八ヶ岳(赤岳) 剱岳【早月尾根】 北岳【南アルプス】 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) 吾妻山(桐生市) 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) 唐松岳(北アルプス) 四阿屋山 四阿山/根子岳 国師ヶ岳/北奥千丈岳 城峯山 大小山~大坊山馬蹄形縦走 大岳山/御岳山 大持山/小持山/武甲山 大菩薩嶺 大霧山 天城山 天狗岳(北八ヶ岳) 奥多摩 むかし道 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 奥武蔵馬蹄形縦走 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) 妙義山(白雲山) 妙義山(金洞山) 妙高山(笹ヶ峰登山口) 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 子ノ権現~伊豆ヶ岳 安達太良山 宝登山 山行予告編 川苔山・本仁田山 巻機山 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) 平ヶ岳 平標山/仙ノ倉山 御前山 御岳山/大岳山/鋸山 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 日光白根山 日和田山 日和田山・物見山 日和田山~スカリ山~ユガテ 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 明らかな番外編 月居山 月山 棒ノ折山 武尊山 武甲山/大持山/小持山縦走 比企三山馬蹄形縦走 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 水沢山(榛名山系) 浅間山 火打山 熊倉山 燧岳(大清水) 瑞牆山 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) 甲武信ヶ岳 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 男体山 番外編「堂平山」 登山前に発生したハプニング 登山纏め 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 白馬三山【北アルプス】 皇海山/庚申山/鋸山 破風山(皆野町) 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) 磐梯山(八方台登山口) 私的な日本百名山 秩父御岳山 笠山・堂平山 筑波山 筑波山 番外編 箱根駒ケ岳 簑山(美の山) 編笠山/権現岳(八ヶ岳) 美ヶ原 至仏山(尾瀬) 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) 苗場山 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) 茅ヶ岳/金ヶ岳 草津白根山 荒船山 蓼科山(大河原峠登山口) 蕨山・有間山 蛭ヶ岳(青根ピストン) 街歩き 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 裏妙義 観音山(秩父) 谷川岳(巖剛新道) 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) 谷川岳(西黒尾根) 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 谷川連峰半馬蹄形縦走 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) 赤城山(地蔵岳) 赤城山(長七郎山) 赤城山(黒檜山) 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) 越後(魚沼)駒ケ岳 適当なお知らせ 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) 金峰山 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 鐘撞堂山 陣見山 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) 雁坂嶺/雁坂峠 雲取山(三峰コース) 雲取山(鴨沢コース) 雲取山/七ツ石山 雲取山(積雪期三峰ルート) 震災 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) 霧ヶ峰(車山) 駅からハイキング 高妻山 高尾山 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) 高崎自然歩道 高水三山 鳳凰三山 鳳凰三山【青木鉱泉】 鷹ノ巣山(峰谷登山口) 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) 鼻曲山

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ