両神山(日向大谷口コース)

両神山 2012/11/18 【鎖場王国!両神山】遭難多発地帯!七滝沢へ潜入編

両神山(りょうかみさん) 1,723m 日向大谷口コース 単純高低差1,063m

Ryokamisan_20121118_238
鎖場王国!「両神山」今回の登頂で4回目の訪問となります。過去、鎖場多発地帯!「八丁峠コース」2回、「日向大谷口」表参道コースピストン1回の経験がありました。4回目の登頂となる今回は、日向大谷口を起点に、登りは正規表参道コースから山頂へ、下山を初潜入となる遭難多発地帯の「七滝沢コース」を利用して、両神山攻略の計画を立ててみました。 

私が単独山行において、埼玉県内で恐れている山に「熊倉山」、「和名倉山」、「両神山七滝沢コース」がありました。中でも両神山は登頂経験があるので、七滝沢コースの下調べをし、単独でも潜入していく決意をしていきます。遭難多発地帯の実体を解明すべく、自己調査も兼ねて、潜入レポをしていきます。 

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):日向大谷口(6:02)⇒会所(6:32)⇒八海山(7:15)⇒弘法之井戸(7:35)⇒清滝小屋(7:43-8:01)⇒七滝沢分岐(8:07)⇒産泰尾根(8:12)⇒鎖場地帯⇒両神神社(8:35)⇒両神山【剣ヶ峰】(9:03-9:37)⇒七滝沢分岐(10:19)⇒七滝沢コース⇒養老の滝(10:29)⇒赤滝(10:59)⇒会所(11:46)⇒日向大谷口駐車場(12:07)


Ryokamisan_20121118_001Ryokamisan_20121118_007

自宅を3時40分出発し、まずは「道の駅両神温泉薬師の湯」に向かいます。トイレに立ち寄りましたが、空を見上げるとなんと!満点の星空でした。そこから約12キロ走行し、5時40分日向大谷に到着です。無料駐車場上段12台スペースの5台目でした。


Ryokamisan_20121118_008Ryokamisan_20121118_014

6時をちょっと過ぎましたが、周囲はまだ薄暗く、ヘッデン装着で登山開始です。階段を上るとすぐに両神山荘前に出ます。


Ryokamisan_20121118_017_2Ryokamisan_20121118_021

登山届(自宅にルートを書き残したメモを置く)をスルーして、両神山頂を目指して入山です。同じくヘッデン装着の先行するハイカーが、100m先ぐらいに見えていました。


Ryokamisan_20121118_024Ryokamisan_20121118_026

鳥居に出ると、祀られている石仏に登山安全祈願をしていきます。


Ryokamisan_20121118_029Ryokamisan_20121118_033

樹林帯は薄暗く、必殺アイテムとして、ヘッデンが有効活用されていきます。両神山登山道は、基本山側と崖側に分離されていて、気を抜いて崖側に脚を滑らせると滑落の危険性があります。


Ryokamisan_20121118_034Ryokamisan_20121118_035

暗い山道では約30分ヘッデン使用となりました。


Ryokamisan_20121118_041Ryokamisan_20121118_045

陽が射してくると、1発目のデモ的な鎖が現れます。妙義山のカニのこてしらべみたいな感じです。この鎖が手強く感じるならば、鎖場王国では尻尾巻いて撤退した方がいいでしょう。


Ryokamisan_20121118_047Ryokamisan_20121118_048

開始時点で100m先に見えていたハイカーを、この辺りで追い抜いていきます。崖側は切れ落ちた箇所もあり、いざという時には、山側への重心を意識しておくのがよろしいでしょう。


Ryokamisan_20121118_049Ryokamisan_20121118_050

七滝沢コースとの分岐点でもある「会所」に到着です。七滝沢側には「無理な登山はやめよう」の看板があります。


Ryokamisan_20121118_057Ryokamisan_20121118_061

登りでは正規ルートの表参道コースを歩いていきます。沢を渡った後から高度を稼いでいきます。


Ryokamisan_20121118_064Ryokamisan_20121118_065

汗ばむような勾配の登り込みが始まります。この辺りで早くも下山してくる男女4名の若手ハイカーと擦れ違います。清滝小屋に宿泊していたとしか思えないが、山頂を踏んでの下山なら、時間的にもあり得ない位置です。小屋から直で下りてきたなら納得です。


Ryokamisan_20121118_066Ryokamisan_20121118_071

落葉が深くなっていく登山道で、高度を稼ぎながら、不動明王の石像前を通過していきます。


Ryokamisan_20121118_074Ryokamisan_20121118_082

ガレた地帯を通過していきます。落ち葉で道が埋まっている箇所は、ピンクテープを辿って行けば、迷うこともなさそうです。


Ryokamisan_20121118_088Ryokamisan_20121118_089

不動明王像が立つ八海山に到達です。距離で言えば、登山口から山頂までの丁度、中間地点となります。


Ryokamisan_20121118_093Ryokamisan_20121118_095

白藤の滝への分岐に出ますが、下山予定ルートの七滝沢で、いくつか滝を堪能していけるようなので、今回もスルーとさせていただきます。


Ryokamisan_20121118_100Ryokamisan_20121118_104

そのまま進むと「弘法之井戸」に到達します。高い位置に鎮座しているあのお方は、弘法大師でしょうか。


Ryokamisan_20121118_112Ryokamisan_20121118_115

やがて、樹木の隙間から立派なログハウス風の小屋が視界に入ってきました。2年ぶりの清滝小屋です。


Ryokamisan_20121118_119Ryokamisan_20121118_131

長期休業中の清滝小屋の入口です。避難小屋として開放されています。


Ryokamisan_20121118_121Ryokamisan_20121118_124

私は苦手ですが、雑魚寝で20人は余裕でしょう。2階もありますが立入禁止となっていました。雑記帳には、宿泊者名簿が記載されており、確認してみると単独の女性ハイカーが、複数宿泊していることに驚かされました。中には、七滝沢から清滝小屋経由で、山頂から梵天尾根で下山という単独女性ハイカーもいたみたいです。


Ryokamisan_20121118_127Ryokamisan_20121118_128

棚には布団が畳んで置かれていましたが、触ってみると大変湿っぽく、ダニ布団と化しているような湿り気です。とても利用しようなど思うような状態ではありません。シュラフ持参が望ましいでしょう。


Ryokamisan_20121118_132Ryokamisan_20121118_135

小屋周辺設備を確認していくと、なんと!トイレが新築されています。清潔感のある完全な水洗です。


Ryokamisan_20121118_133Ryokamisan_20121118_137

水場の蛇口をひねってみると、しっかり普通に出ていました。


Ryokamisan_20121118_140Ryokamisan_20121118_141

小屋の前に設置されている両神山概念図を眺めていきます。七滝沢のコースタイムが想像以上にロングに記載されています。


Ryokamisan_20121118_143Ryokamisan_20121118_146

小屋の間から登山道が続いております。登山再開前に小屋の前で、後続の単独シングルハイカーと会話をしていきます。後に山頂でも遭遇することになる茨城のつくばからお越しのハイカーは、日向大谷のピストンだそうです。


Ryokamisan_20121118_148Ryokamisan_20121118_153

七滝沢コースとの合流地点を経て産体尾根に取り付きます。


Ryokamisan_20121118_155Ryokamisan_20121118_158

正面上方はギザギザヘッドの稜線が見えています。産体尾根を進んで、山頂にアプローチしていきます。


Ryokamisan_20121118_160Ryokamisan_20121118_163

すると鎖場王国化が本格的になってきました。このあたりはまだ、鎖を利用しなくても三点支持のみで上昇していけます。


Ryokamisan_20121118_164Ryokamisan_20121118_165

「くさり場注意一人ずつ登ろう」看板から、徐々にレベルアップしていきます。


Ryokamisan_20121118_169Ryokamisan_20121118_173

前日の雨で、乾き切っていない岩場は滑り易く、鎖・ロープ併用しての登攀となります。一旦落ち着いた所で、横岩を通過していきます。


Ryokamisan_20121118_174Ryokamisan_20121118_179

一枚岩の滑り易い泥濘のある難所を通過して、ほっと一息です。


Ryokamisan_20121118_182Ryokamisan_20121118_184

そして両神神社に到達です。ここ秩父地方の狛犬は狼です。


Ryokamisan_20121118_190Ryokamisan_20121118_188

手前の祠と奥の祠


Ryokamisan_20121118_192Ryokamisan_20121118_205

廃道となっている白井差コース前を通過し、緩やかな稜線歩きになります。


Ryokamisan_20121118_207Ryokamisan_20121118_214

山頂表示方向に向かい、アタックを仕掛ける体制に入ります。荒れたやや難易度の高い岩場がありますので要注意です。


Ryokamisan_20121118_216Ryokamisan_20121118_217

ロープを併用しての岩場登攀


Ryokamisan_20121118_218Ryokamisan_20121118_220

ベンチ台に出ると山頂まで残り100mです。といっても岩場地帯の100mなので、ボルトダッシュはできません。


Ryokamisan_20121118_221Ryokamisan_20121118_223

因みに、ロープが張られている先に、八丁峠コースの上落合橋にショートカットできる作業道があります。そして難易度の低い岩場登攀をしていきます。


Ryokamisan_20121118_224Ryokamisan_20121118_226

岩場を上がると絶景が拡がります。武甲・大持ルートの武甲集団が確認できます。


Ryokamisan_20121118_230Ryokamisan_20121118_233

山頂直下の岩場を廻り込んで、仕上げは鎖場王国だぁ!


Ryokamisan_20121118_234Ryokamisan_20121118_236

突風に当たりながら、絶景を視界に入れて山頂に取り付きます。約3時間(休憩含)での登頂でした。


Ryokamisan_20121118_240Ryokamisan_20121118_242

山頂にある祠と新しく両神山の記載された表示版が、括りつけられていました。


Ryokamisan_20121118_243Ryokamisan_20121118_244

貸切状態の山頂部周辺の様子


Ryokamisan_20121118_248Ryokamisan_20121118_249

二等三角点と展望盤


Ryokamisan_20121118_256Ryokamisan_20121118_258

雲に覆われた浅間山方面、対極には雲取山


Ryokamisan_20121118_289

雲と同化されて判りにくいですが「富士山


Ryokamisan_20121118_276Ryokamisan_20121118_277_2

先程の新しい山頂表示の裏側には、標高が記載されています。そこへ清滝小屋でお遭いしたつくば市からお越しのシングルハイカーと暫く会話をしていきます。まだ登山歴は2ヵ月と浅く、健脚ぶりを発揮しておりましたので、尋ねるとロードバイカー出身者で、脚部の土台は既に出来上がっているハイカーでした。以前、甲武信ヶ岳で遭遇した経験の浅い健脚ハイカーも確か、ロードバイクで100キロを余裕で走行する猛者でした。脚部の弱かったコンテストビルダー出身の私では歯が立ちませんね。


Ryokamisan_20121118_245Ryokamisan_20121118_271

首なし地蔵の脇にある百名山標識を押さえて、互いの勇姿を撮り合います。


Ryokamisan_20121118_275Ryokamisan_20121118_281

国師ヶ岳・甲武信ヶ岳・三宝山方面、そして八ヶ岳と眺望していきます。


Ryokamisan_20121118_285

武甲山~小持山~大持山ラインはくっきりと見えています。


Ryokamisan_20121118_269Ryokamisan_20121118_294

絶景ではあるのですが、時より激しい突風に当たり、岩場に身を隠しながら行動食を摂っていきます。30分強山頂にいて、そろそろ身体が冷えてきたので下山していきます。


Ryokamisan_20121118_300Ryokamisan_20121118_301

登山道は明確ですが、基本崖側と山側に分かれていますので、崖側に滑り込まないように注意を払いながら下ります。


Ryokamisan_20121118_302Ryokamisan_20121118_303

ギザギザヘッドを見収めて、両神神社前を通過していきます。


Ryokamisan_20121118_305Ryokamisan_20121118_306

天気がいいので、登り込んでくるハイカーも徐々に増加中です。擦れ違いに注意しながら下っていきます。途中、小学生を交えたパーティもおり、よくこの厳しいロープをクリアしてきたなと感心です。


Ryokamisan_20121118_309Ryokamisan_20121118_315

産体尾根経由からいよいよ、遭難多発地帯の七滝沢に潜入です。表示には、「崩壊あり危険通行注意」※なるべく表参道を利用してください・・・とのことです。気持ちを引き締めて、単独進入していきます。


Ryokamisan_20121118_316Ryokamisan_20121118_317

なぜか異様な世界に踏み込んでいくような感触を受けていきます。


Ryokamisan_20121118_319Ryokamisan_20121118_320

一定の間隔で括りつけられているピンクテープを目印に、落ち葉の深いルートを突き進んでいきます。


Ryokamisan_20121118_325Ryokamisan_20121118_329

直登気味の九十九折り急坂もありますので、足元に注意を払います。距離表示付きの道標も設置されているので安心できます。


Ryokamisan_20121118_330Ryokamisan_20121118_334

手製の橋を渡ると滝が視界に入ってきました。


Ryokamisan_20121118_341Ryokamisan_20121118_339

養老の滝・霧降の滝表示がありますので、観爆地点までアプローチしていきます。


Ryokamisan_20121118_345Ryokamisan_20121118_347

滝は高い位置から1本しか見えていませんが、養老の滝と霧降の滝が合流しているのだらうか。


Ryokamisan_20121118_353Ryokamisan_20121118_358

観爆後、コースに戻り鎖場下降です。一枚岩のスタンスが取れない難易度の高い鎖です。滑落したら下に落ちます。そして晴れていても陽が射してこない薄暗い場所が暫く続きます。


Ryokamisan_20121118_361Ryokamisan_20121118_363

落葉が深く、ルートがわかりづらくなっているので、ピンクテープとキザキザヘッドを確認しながら進んでいきます。他のハイカーの気配どころか生命体の気配すら感じないこの地帯は、不気味にさえ感じてきました。


Ryokamisan_20121118_365Ryokamisan_20121118_368

結構な急坂を下っていきます。道標が出てくると一安心です。


Ryokamisan_20121118_370Ryokamisan_20121118_372

表参道とは、対照的な誰もいない静かな山道を下っていきます。やがて、休憩ベンチが見えてきたので、小休止をしていきます。


Ryokamisan_20121118_376Ryokamisan_20121118_379

近くに赤滝1分の表示がありましたので、観爆に下りてみます。滝と言うには無理がありますけど、確かに赤く染まって見えますが。やや危険な箇所なので、立ち寄るには要注意です。


Ryokamisan_20121118_382Ryokamisan_20121118_385

落ち葉の深い地帯をシャカシャカ滑りながら下っていきます。


Ryokamisan_20121118_398Ryokamisan_20121118_399

この七滝沢コースのイメージとしては、上落合橋に下るショートカット用の作業道がありますが、そのロングバージョンで、ワンランク難易度が増すといった感じです。ただ七滝沢の方が、道標があるので安心できる感じがしますが、不気味さは変わりありませんね。


Ryokamisan_20121118_400Ryokamisan_20121118_402

と、不覚にも年季の入った苔むした板を注意深く歩いていたにも拘わらず、両足ごと持っていかれ、臀部を板に痛打していきます。脳天まで響く刺激を受け、危険極まりないこの苔むした板だけに扱けました。この板は乗らないよう注意してください。その先の苔の付着した丸太もビビリ気味に渡ります。


Ryokamisan_20121118_403Ryokamisan_20121118_405

ピンクテープを頼りに、日向大谷まで2.8キロ地点まできました。


Ryokamisan_20121118_407Ryokamisan_20121118_413

陽が射してくる明るい樹林帯にステージを移動していくと、遭難多発地帯を脱した気分になって、安心感が生まれます。


Ryokamisan_20121118_420Ryokamisan_20121118_424

足元が確認できるようになると、膝への潤滑油を注入して、スーパー・チャッチャカ下りで一気に駆け下っていきます。


Ryokamisan_20121118_425Ryokamisan_20121118_427

スーパー・チャッチャカを活用し、呆気なく表参道との合流地点「会所」に到達です。安心歩きで日向大谷に戻ります。


Ryokamisan_20121118_429Ryokamisan_20121118_433

紅葉の観賞をしながら、身体をリラックスさせ、クールダウンに入ります。


Ryokamisan_20121118_434Ryokamisan_20121118_439

鳥居を潜って間もなく、両神山荘が見えてきました。眼下に見える駐車場は満車状態です。


Ryokamisan_20121118_440Ryokamisan_20121118_445

登山口のある両神山荘前に帰着です。バッヂはこちらで販売しているそうです。


Ryokamisan_20121118_442Ryokamisan_20121118_443

改めて、登山ルートを確認していきますが、七滝沢コース事故多発地帯の難路です。


Ryokamisan_20121118_446Ryokamisan_20121118_450

両神山荘最上段は有料駐車場、私が置いた二段目からは無料駐車場ですが、当然満車です。その後、三段目、四段目と車を走らせながら確認していくと、全て満車でした。日帰り等で両神山表参道コースを登山される方は、出来るだけ早めの到着をお勧め致します。


Ryokamisan_20121118_453Ryokamisan_20121118_454

帰り道、集落のあたりが擦れ違い不能なので、注意して安全走行をしていきます。


Ryokamisan_20121118_455Ryokamisan_20121118_460

12キロ先にある久しぶりの「両神温泉薬師の湯」で、遭難多発地帯の七滝沢で疲弊した身体を思う存分、アルカリ性の高い泉質で癒していきます。癒し後の帰り道、自宅まで約10キロちょっとの地点から、夕日のシルエットで描かれた武甲山他奥武蔵の山々を眺望していきます。お疲れさまでした。


■天候:晴れ 

■出会った人:30人ぐらい(登り6人、山頂3人、下山20人、七滝沢:完全貸切)

■タイム:6:02~12:07【休憩含】

■形態:単独行

■水分:2.0L(ペットボトル500ml:4本)

■山域:秩父

■深Q百名山:第4座で登頂済(今回で4回目)

■出発地点より登山口までの片道距離:84Km

■その他: 

★4度目の訪問となりました鎖場王国両神山は、やはり同県民として、大変親しみの感じる百名山であると改めて認識致しました。標高差1,000m超の日向大谷表参道では、手堪えのある登り込みで、脚部疲弊時点での鎖場出現は、腕力に余力があるところ、コースにバランスが取れた鎖場のタイミングではないかと勝手に感じております。

★初の七滝沢コース潜入は、上部では確かに、「養老の滝」のような見事な自然の産物を目の当たりにする貴重な体験ができました。しかしながら、終始完全貸切状態の生命体の気配を感じない薄暗い地帯では、何か怨念めいたダークなイメージさえ感じる不気味さが漂っていました。次に単独で入ることはないだらう。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

両神山(日向大谷口コース) 2010/11/30 攻略的日帰り単独ピストンシリーズ

両神山(りょうがみやま)1723M 日向大谷口コース 高低差1063M

2010_vol3_143

今回は、埼玉県唯一の日本百名山両神山の登頂を目指します。

県内でも滑落・道迷いなどで遭難者が多い山としての側面も持ち合わせており、通常以上の緊張感を持って挑みました。

今年8月に道迷いにより足首複雑骨折、なんと遭難してから発見されるまでの14日間、飴玉7個と沢の水のみで生還された事故がありました。その方は、今後3年間社会復帰が困難な状態のようです。

山容は、どっからでも掛かってこい!と言わんばかりの厚かましい形をしていますね。

気合いを入れてぶっ込むんでいきましょう!

(ルート)日向大谷口⇒会所⇒清滝小屋⇒鈴ケ坂⇒両神神社⇒両神山(剣ケ峰)⇒日向大谷口(ピストン)一般的なコースです。但し鎖場はあります。


2010_vol4_155 2010_vol4_156

朝自宅を4:20出発して約2時間、両神山登山口(日向大谷口)に到着です。

日の出直後の両神山山体が出迎えてくれました。


2010_vol4_159

駐車場は、土地所有者の御厚意により無料です。トップバッターでの到着でした。


2010_vol4_169_2 2010_vol4_170_2 

その直後、セカンドバッター御婦人三人組が軽自動車で登場です。

騒がしくなる前にサッサと山荘前の登山口に向かいます。そして登山届を提出します。

ふと振り返ってみるとな・な・ん・と、おーまい・ごっと!真後ろに御婦人方がいるではありませんか。

「私たちは登山届いらないわねぇ。」とスルーをしていきました。


2010_vol4_171 2010_vol4_174

まぁ、誰か滑落したら連絡する人がいるから余裕を噛ましているのでしょうか・・・。

私が熊避け係として、先陣を斬って行きます。山頂までは5.6Kの道程です。


2010_vol4_176 2010_vol4_178

すぐに石鳥居が見えてきました。登山安全の祈願をします。

そして山道に向かいます。


2010_vol4_180

登山道はやや狭めです。


2010_vol4_181 2010_vol4_186

スタート地点から600M過ぎたところ、まずは軽めの鎖場出現です。


2010_vol4_189 2010_vol4_195

30分で会所に到着しました。休憩用のベンチもありました。

ふと、気が付くと御婦人方の声が遠のいていました。バテ始めたのでしょうか。


2010_vol4_198 2010_vol4_200

木橋を渡ってから急登、そして振り返ります。


2010_vol4_201 2010_vol4_202

徐々に斜度がきつくなってきます。


2010_vol4_204 2010_vol4_207

そして沢沿いを歩いていきます。


2010_vol4_210

不動明王の登場です。赤紫部分は誰かのいたずらでしょうか。


2010_vol4_213

落ち葉も深くなってきました。


2010_vol4_214_2 2010_vol4_215

沢を渡ろうとした時です。おおぉっと!”ズボッ”!

な・な・ん・と、おーまい・ごっとです。枯れ葉で沢の水溜り部分が隠れていました。

足首まで嵌りましたが、ゴアテックス使用の靴なので中まで染み込んできません。ゴアテックス効果発現です。


2010_vol4_216_2 2010_vol4_220

沢沿いを暫く歩いていきます。


2010_vol4_224 2010_vol4_225

ルートを迷いそうですが、ピンクのテープが要所要所に貼られていて、目印となっていました。


2010_vol4_228 2010_vol4_230

清滝小屋まであと800Mの地点、不動明王が待ち構える八海山です。


2010_vol4_234 2010_vol4_236

至る所に石仏や石碑が存在しています。江戸時代には修験道の行場として登られてきた山でもありました。


2010_vol4_239 2010_vol4_243

弘法の井戸です。


2010_vol4_245

この湧水は飲めるようです。


2010_vol4_246 2010_vol4_248

会所より約1時間、清滝小屋が見えてきました。


2010_vol4_250 2010_vol4_253

清滝小屋の正面に出てきました。まだ、山頂までは2Kあります。


2010_vol4_255

今は休業しているようですが、緊急の避難小屋として開放されているようですね。


2010_vol4_256 2010_vol4_263

中を覗いてみましょう。シュラフを持ってくれば泊まれそうですね。

宿泊者名簿なるノートがありました。11/29に泊まっていた人がいたようでした。


2010_vol4_268 2010_vol4_269

小屋の裏にも石仏があります。そして、小屋を振り返り山頂を目指します。

もう朝方の御婦人方の影も形もありません。周りに人の気配は感じられません。


2010_vol4_271 2010_vol4_278

傾斜のきついジグザグな登りが続き、鈴が坂を通り過ぎます。


2010_vol4_279 2010_vol4_280

産体尾根に到着です。あと1.4K・・・しんどくなってきました。

いつものように大腿四等筋は張っています。


2010_vol4_281 2010_vol4_287

緩やかな稜線後、遂に両神名物”鎖場”の出現です。


2010_vol4_288 2010_vol4_289

「鎖場」と聞いて狼狽する方もおられますが、個人的には鎖場大歓迎です。

”なるべく足場を確認して、補助的に三点確保で使用すべし”の教えもあるようですが、私は90%腕力に頼ります。

ここぞとばかりに、大腿部筋肉を休めさせ、普段登山では活躍の場がない上腕二等筋及び上腕三等筋をフル稼働させます。


2010_vol4_290_22010_vol4_292

そして容赦なく連続して出現してきます。


2010_vol4_293 2010_vol4_294

ロープも並行してあります。


2010_vol4_295

ガッシリ掴みます。


2010_vol4_296 2010_vol4_297

枝が折れたら滑落します。腕力頼りのフル稼働は続きます。

本来は危険な行為なので、よい子のみなさんは岩場に脚をかけて登りましょう。


2010_vol4_305 2010_vol4_307

両神神社到着です。


2010_vol4_309 2010_vol4_308

向かって左側の狛犬は口を閉じています。右側の狛犬は口が開いています。

秩父地方のこの狛犬はオオカミです。


2010_vol4_312 2010_vol4_314

白井差コース廃道のお知らせとその前には、御嶽神社です。


2010_vol4_316_3 2010_vol4_315_2 

こちらも左側の狛犬は口を閉じています。右側は口を開けています。


2010_vol4_319 2010_vol4_325

観音様も出現。山頂への表示です。見落とさないように気をつけましょう。


2010_vol4_331 2010_vol4_332

目指す頂上が見えてきました。剣ケ峰です。


2010_vol4_339 2010_vol4_342

頂上までの距離残り100Mまできました。好展望ですね。


2010_vol4_345 2010_vol4_346

絶景です。


2010_vol4_347

脱サラハイカーを始めた甲斐がありました。


2010_vol4_352_2 2010_vol4_353

いよいよ山頂部の岩峰が見えてきました。


2010_vol4_355

最後の鎖場を制覇することができれば・・・・。


2010_vol4_356 2010_vol4_357

お~まい・ごっと!Mt,Fujiと南アルプスです。


2010_vol4_358 2010_vol4_360

そして北アルプスの山々のお出迎えです。

絶景!!!です。9:50登頂成功です。3時間強かかりました。


2010_vol4_365 2010_vol4_366

山頂に祀られている石祠です。


2010_vol4_372 2010_vol4_375

二等三角点と展望盤です。


2010_vol4_385

快晴にもかかわらず、30分貸切山頂を堪能できました。やがて、鈴の音とともに誰かが同じ山頂に到達してきました。

朝方の御婦人方かと思いきや、石川遼くん似の青年でした。少し会話を交わし、彼に貸切山頂を譲ることにして下山します。


2010_vol4_403 2010_vol4_405

下山は忠実に来た道を戻ります。そして山頂を振り返ります。

ようやく御婦人方ともすれ違うことができました。

「早いねぇ~もう下山?」と聞かれ「Good Luck!」と合図を送ります。


2010_vol4_408 2010_vol4_414

登ってきた鎖場を今度は下って行きます。

やがて、清滝小屋が見えてきました。


2010_vol4_418 2010_vol4_419

清滝小屋を通過して、落ち着いて下山していきます。


2010_vol4_424 2010_vol4_427

急登してきましたから急降下の箇所は慎重に下ります。


2010_vol4_431 2010_vol4_435

ようやく両神山荘が見えてきました。


2010_vol4_437 2010_vol4_441

山頂から2時間半で戻りました。下山時は御婦人方を除くと10人くらいのハイカーとすれ違いました。


2010_vol4_443 2010_vol4_446

途中までは道路は狭いです。気をつけながら今日の温泉候補の場所に向かいます。


2010_vol4_448 2010_vol4_450

毎度のことですが、下山後は疲れた身体を温泉で癒します。

今日の温泉は、星音の湯(せいねのゆ)です。

料金は900円(タオル・館内着付)17時以降は700円。

営業時間10:00~23:00 露天あり

泉質:弱アルカリ性低張性冷鉱泉(加温あり)

ヌルヌル感があり、疲労した身体には回復効果を感じさせられます。

温泉後は、仮眠ルームで癒し音楽を聴きながら仮眠しました。

その後、食堂でカレーライスを食べて帰路に経ちます。


■天候:晴

■出会った人:山頂1人、下山時10人ぐらい

■タイム:6:40~13:00

■その他:

 両神山を無事登頂することができてたいへん満足しました。

 次回は上級者コースの八丁尾根コースで攻めたいと思います。

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | 2014年山行の軌跡 | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 剱岳【早月尾根】 | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 明らかな番外編 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ