秩父御岳山

秩父御岳山 2011/11/26 メタボ先輩との山行シリーズ

秩父御岳山(ちちぶおんたけさん)1,081m  単純高低差763m

Chichibuontakesan_20111126_231
奥多摩むかし道 以来の3度目の登場となりますN先輩との山行シリーズが急遽設定されることになりました。久しぶりにお会いするとなんと!本人気にしていた?メタボが更にパンプアップされています。本当に大丈夫なのか?秩父御岳山登れるのか?と念を押して問いただします。今回はかなりやる気みたいです。

実は昨年、武甲山~小持山~大持山縦走を決行しました。そして下山時、使用していた太い木の杖を私の目の前でN先輩が思いっ切り投げつけます。当時のレポでは、杖投げつけ事件について触れていませんでした。

私の設定したコースに怒ったのか?本人の悔し投げか?武甲山に怒りをこめて投げつけたのか?・・・理由については今でも不明です。その様子を私は静観していました。もしも、投げつけた杖が私の車にぶち当たっていたら・・・と首に巻きつけていたタオルにポカリを染み込ませて渾身の力を込めてN先輩目掛けて降り叩く体制は整えていました。結果大惨事は避けることができました。

そんな下らないことをするコンビで、秩父御岳山をメタボ解消に向けて登頂を目指していきます。

では入山前によろしければお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):道の駅大滝温泉⇒三峰口駅(バス乗車)⇒町分登山口⇒タツミチ⇒秩父御岳山⇒杉ノ峠⇒道の駅大滝温泉


Chichibuontakesan_20111126_002Chichibuontakesan_20111126_005

私の実家のある東松山に5時30分集合が・・・N先輩遅刻です。言い訳を工事現場のオヤジに責任転嫁してきましたので喝を入れます。今回はバス乗車時刻に間に合わせる為、集合時間厳守を強調しておきましたが・・・逆効果です。6時ちょい前に一般道を走り続けて、途中有料道路を使用しました。7時20分道の駅大滝温泉に到着です。何とか7時49分のバスに間に合いました。


Chichibuontakesan_20111126_014Chichibuontakesan_20111126_015

準備を整えてバス停に向かいます。上下線共に同じバス停です。


Chichibuontakesan_20111126_020Chichibuontakesan_20111126_022

三峰口駅からスタートして大滝温泉に下山してくる周回ルートをとりますので、片道だけバス使用となります。 


Chichibuontakesan_20111126_023Chichibuontakesan_20111126_025

2分ぐらい遅れてバスが到着します。N先輩と乗車します。 


Chichibuontakesan_20111126_0302010_vol7_015

三峰口駅まで10分間バスの旅です。他に先客1名様が乗車していました。私たち含めると3名、昨年のバス乗車画像(右側)と見比べるとなんと!同じオヤジ?が乗車しているではありませんか。記憶に残っていたので昨年の画像を引っ張り出してきました。違うかも・・・。


Chichibuontakesan_20111126_048Chichibuontakesan_20111126_049

三峰口駅に到着です。


Chichibuontakesan_20111126_051Chichibuontakesan_20111126_052

まずは国道140号に向けて歩いていきます。振り向くと武甲山の山体が遠方で輝いています。


Chichibuontakesan_20111126_053Chichibuontakesan_20111126_055
Chichibuontakesan_20111126_057

贄川宿に向かう為橋を渡ります。橋の下は100mくらい高度感がありそうな荒川です。


Chichibuontakesan_20111126_058Chichibuontakesan_20111126_059

歩道橋を渡り、宮沢賢治も立ち寄ったことのある「贄川宿」の方向に向かいます。


Chichibuontakesan_20111126_061Chichibuontakesan_20111126_062

贄川宿入口近くには公衆トイレが設置、そして熊出没看板です。


Chichibuontakesan_20111126_063Chichibuontakesan_20111126_065

ここでN先輩の勇姿を撮影して登山口に向かいます。


Chichibuontakesan_20111126_072Chichibuontakesan_20111126_074

少し先にある町分登山口にて私も撮影してもらい8時30分登山開始です!


Chichibuontakesan_20111126_075Chichibuontakesan_20111126_079

まずはU字状の登山道を登り階段歩きをしていきます。


Chichibuontakesan_20111126_080_2Chichibuontakesan_20111126_083

奇形な墓石を通過してジグザグな勾配をゆっくりと登ります。


Chichibuontakesan_20111126_087Chichibuontakesan_20111126_090

やがて開けた場所に到達します。三峰口駅が確認できます。


Chichibuontakesan_20111126_091Chichibuontakesan_20111126_093

そして武甲山・大持山、贄川宿・荒川と見渡すことができます。


Chichibuontakesan_20111126_101Chichibuontakesan_20111126_102

ウォーミングアップでスタミナを切らした先輩が早くも鉄塔前で座り込みます。


Chichibuontakesan_20111126_105Chichibuontakesan_20111126_108

小休止後、樹林帯を登り込みます。


Chichibuontakesan_20111126_115Chichibuontakesan_20111126_118

すると先輩再び座り込みます。メーターを超越しそうなメタボな腹を抱えて苦しそうな表情を見せます。ここで踏ん張りを見せないとメタボ解消の糸口が見えないと心理的モチベーションを高めて再起動していただきます。


Chichibuontakesan_20111126_121Chichibuontakesan_20111126_123

少しうす暗い杉林の地帯を歩いていきます。


Chichibuontakesan_20111126_131_2Chichibuontakesan_20111126_136

杉林のしぶとく続くジグザグな登りは、結構な登り堪えがあります。先輩にペースを合わせていきますが、スロー再生しているかのような脚の動きに妙な疲労感を抱きます。


Chichibuontakesan_20111126_144Chichibuontakesan_20111126_150

やがて傾斜が緩むと気持ちのいい歩きになります。が・・・先輩のペースが妙にダウンです。しかし様子を伺っていると、携帯をピコピコやりながら歩いていました。


Chichibuontakesan_20111126_151Chichibuontakesan_20111126_154

周囲の山々の稜線と目線が平行になってきたことに高度を稼いできた実感が湧きます。タツミチに到達します。背後から足音が聞こえてきました。先輩?ではなくて別の男性シングルハイカーが各々2人通過していきました。暫く待って先輩登場です。何とか行けると気合いを見せます。


Chichibuontakesan_20111126_157Chichibuontakesan_20111126_161

ここからは尾根道となり多少冷たい風が身体を冷やしていきます。いつものペースで歩いていけばいい感じで汗が噴き出してきますが、今日はスロー再生並の回転力により妬けに身体が冷え込みます。


Chichibuontakesan_20111126_165Chichibuontakesan_20111126_175

尾根沿いを歩いていると真下に林道が見えます。一般車は進入不可の道ですね。


Chichibuontakesan_20111126_179Chichibuontakesan_20111126_181

いよいよ山頂直下のジグザグな登りが始まるところより、武甲山・小持山・大持山縦走ルートがはっきりと見えます。


Chichibuontakesan_20111126_184Chichibuontakesan_20111126_185

N先輩に昨年縦走したところだと説明すると無関心な表情でした。御岳山の方が楽だと促すが比較する余裕が無さそうです。気合いを入れて急登地獄の始まりです。


Chichibuontakesan_20111126_186Chichibuontakesan_20111126_189

かなりの急斜面をジグザグで高度を稼いでいきます。ジグザグ道もかなり急です。


Chichibuontakesan_20111126_190Chichibuontakesan_20111126_191

N先輩も嗚咽を上げながら何とか付いてきていました。


Chichibuontakesan_20111126_198Chichibuontakesan_20111126_199

痩せた尾根沿いを慎重に歩きます。樹木の枝でやや遮られていますが両神山が確認できます。


Chichibuontakesan_20111126_200Chichibuontakesan_20111126_205

山頂はすぐ目の前に見えてきました。尾根沿いを廻り込みます。


Chichibuontakesan_20111126_208Chichibuontakesan_20111126_236
Chichibuontakesan_20111126_228

秩父御岳山山頂に向けて一気にアタックをかけます。そして登頂成功です!山頂には普寛神社奥宮の祠・三等三角点が設置されています。


Chichibuontakesan_20111126_232Chichibuontakesan_20111126_233

N先輩と登頂成功の互いの勇姿を祠をバックに撮り合います。


Chichibuontakesan_20111126_239Chichibuontakesan_20111126_219

山頂は狭く、祠裏手に錆び付いた展望盤が置いてあります。雲取山・両神山・甲武信ヶ岳・浅間山・谷川岳・・・と代表的な山々が記載されています。 


Chichibuontakesan_20111126_213Chichibuontakesan_20111126_244
Chichibuontakesan_20111126_211_2

雲取山~雁坂嶺~破不山~甲武信ヶ岳と眺望が利いています。展望場所正面には、雄大にギザギザ頭の両神山がどっしりと構えています。


Chichibuontakesan_20111126_252Chichibuontakesan_20111126_254

山頂で軽くおにぎりを食べてから、下山は強石(こわいし)コースを利用して下ります。ここで数組のパーティと擦れ違います。意外と御岳山も人気があるのですね。


Chichibuontakesan_20111126_256_2Chichibuontakesan_20111126_263

一旦登り返して急斜面の下りへと変わり、両脇に滑落防止用のロープが張られています。これらを使わない手はありません。ロープを掴み手袋の摩擦で火花が弾けそうになるくらい一気に下ります。


Chichibuontakesan_20111126_265
Chichibuontakesan_20111126_264Chichibuontakesan_20111126_266

最終目的地の大滝温泉が遠く下に見えます。足元に注意しながらロープ任せに下ります。おっと!勢いのあまり先輩を置いてきてしまいました。すぐにペースダウンさせます。


Chichibuontakesan_20111126_270Chichibuontakesan_20111126_277

急斜面の下り坂は結構な長さがあります。時より雁坂嶺・破不山方面の眺望が伺えます。


Chichibuontakesan_20111126_279Chichibuontakesan_20111126_280
Chichibuontakesan_20111126_283

一旦林道を横切ります。振り返ると秩父御岳山から高度を下げてきたのが確認できます。


Chichibuontakesan_20111126_287Chichibuontakesan_20111126_290

再び下り坂でこれから登頂してくる団体ハイカーと擦れ違います。


Chichibuontakesan_20111126_293Chichibuontakesan_20111126_296

その先も暫く下りが続きます。


Chichibuontakesan_20111126_298Chichibuontakesan_20111126_304

すると大きな反射板の横に出てきました。反射板の高さは13mあり、この地点の標高は820mと記載あります。え?まだ山頂から250m程度しか高度を下げていない?もっと下げていた気がしていました。


Chichibuontakesan_20111126_310Chichibuontakesan_20111126_312
Chichibuontakesan_20111126_324

反射板を過ぎると鉄塔の前に出ます。ここでN先輩小休止です。下の林道の方向に人が見えたとかで下山ルートにクレームを言い始めました。いい加減、山道を下ることに嫌気が挿してきたようです。 


Chichibuontakesan_20111126_311Chichibuontakesan_20111126_313

鉄塔を下から激写します。


Chichibuontakesan_20111126_318
秩父御岳山をしっかりと目に焼き付けます。山頂はイカのような形してませんか。


Chichibuontakesan_20111126_328Chichibuontakesan_20111126_329

小休止後、再び下り坂を頑張り、杉ノ峠に到達しました。


Chichibuontakesan_20111126_332Chichibuontakesan_20111126_335

杉ノ峠には、重量感のある太い杉2本と祠が置いてあります。ここは強石と落合の分岐点にもなっています。


Chichibuontakesan_20111126_337Chichibuontakesan_20111126_342

ここで欧米系の外人と英語ペラペラレディと擦れ違います。レディはここまでの登りでウンザリしている様子でした。そこへN先輩も合流してきました。


Chichibuontakesan_20111126_343Chichibuontakesan_20111126_345

落合方面に向けて林道を下ります。


Chichibuontakesan_20111126_347Chichibuontakesan_20111126_350

そこで林道を下っている時、メタボ先輩とのバッティング事件が勃発します。原因は鋭角に曲がる舗装道路に変化した場所で発生しました。二人の間合いは、僅か10m弱の距離感覚で歩いていました。鋭角に曲がるとき御互いが顔を見合わせる状態になっていたので、当然付いてきているものだと思っていました。


Chichibuontakesan_20111126_353Chichibuontakesan_20111126_354

そのまま10分ぐらい歩いているとなんと!振り向くとN先輩の姿がありません。その場で立ち止まり待ちますが一向に姿を現しません。仕方がないので携帯を鳴らしてみます。珍しく私のソフトバンク携帯が繋がりました。するとN先輩は、砂利道を歩いているとのこと(先程の舗装道路の分岐道で砂利側に下山したんだなとピンときました)。「すぐに戻ってこい!」と伝えこちらも迎えに行きます。分岐点に戻り砂利道を歩いていくとN先輩と合流できました。

合流後、鋭角の分岐道で御互いに顔を見合わせていたにも拘わらず、下を向いていたと嘘をつきます。杉ノ峠の地点で「落合」に下山すると念を押して説明しており、地図も持たせておりました。しかし、「何処に向かっているのかわからねぇ~」「落合なんて初めて聞いた」と二重の嘘を付きます。

そこへ、一発渾身の力を込めた喝を入れ込みます。N先輩も納得のいかない怒りが収まりません。大バッティングが発生でした・・・。


Chichibuontakesan_20111126_358Chichibuontakesan_20111126_359

その後、暫く無言状態で落合に向けて下ります。二人の距離感は2mです。


Chichibuontakesan_20111126_361
Chichibuontakesan_20111126_365Chichibuontakesan_20111126_366_2

やがて集落が見えてきました。落合登山口は土砂崩落により通行止めです。


Chichibuontakesan_20111126_367

Chichibuontakesan_20111126_369_3Chichibuontakesan_20111126_370_2

車が駐車してある大滝温泉まであと600mです。この辺りから御互いに怒りが収まり、N先輩とは普通に話しておりました。

普寛神社の鳥居前を通過します。ここは御嶽山の開祖「普寛導師」が祀られています。


Chichibuontakesan_20111126_371Chichibuontakesan_20111126_372

R140号を大滝温泉方面に向かい歩いていきます。左手側にやへいまんじゅうの看板を見つけますが休業中のようでした。


Chichibuontakesan_20111126_375Chichibuontakesan_20111126_381

14時無事に大滝温泉に帰着します。疲れた身体を思う存分癒すことにします。温泉で癒した後、施設内の食堂でカレーライスを食べました。N先輩は特盛カレーライスです。消費したカロリーを一気に補給しなおして、再びメタボは加速することになるでしょう。


■天候:晴れ 

■出会った人:30人前後(町分コース2人、山頂4人、強石コース25人ぐらい?) 

■タイム:8:10~14:00 

■その他: 

◇2回目の登頂となりました秩父御岳山、秩父の雰囲気が色濃く出ている山で、変化に富んだコースはたいへん楽しみながら歩けました。メタボ先輩との2回目の山行となりましたが、次回先輩と同行する場合にはレベルを下げると思われます。日和田山か・・・宝登山か?それともハイキングか?次回の登場を楽しみにしている人はいないとは思いますが、登場の際には再びメタボを加速させた状態で皆さまの前に現れることになるでしょう。

■参考: ハイキングマップ秩父御岳山

ホームに戻る 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

秩父御岳山 2010/12/24

秩父御岳山(ちちぶおんたけさん) 1081M 高低差765M

2010_vol7_153

秩父御岳山は、木曽御嶽山の開祖として知られる普寛導師生誕の地であり、古くから信仰登山されてきた霊山です。

山頂部には、普寛神社奥宮の祠があり、その信仰の厚さが伺えます。

今回は三峰口駅から山頂を目指し、普寛神社のある落合登山口方面へ下山するルートを選択しました。

(ルート)道の駅大滝温泉⇒(バス乗車)⇒三峰口駅⇒町分登山口⇒タツミチ⇒秩父御岳山山頂⇒ワラビ平⇒普寛神社⇒道の駅大滝温泉


2010_vol7_001 2010_vol7_002

高速に乗り花園IC出口方面を減速ぎみに通過しようとしたところ、な・な・ん・と・おーまい!右側車線にパトカーが停車しているではありませんか。

よ~く見ると、前方に停車している四輪駆動車が中央分離帯に突っ込んでおりました。

路面凍結時期ですからスピードには十分注意して安全運転を心掛けます。


2010_vol7_007

まずは、国道140号沿いにある道の駅大滝温泉に車を駐車します。

道の駅から見える中央奥の少し出っ張った山が本日目指す秩父御岳山です。


2010_vol7_013 2010_vol7_015

国道140号沿いで三峰口方面行き8:43のバスに乗車します。乗客は私含めて2名でした。


2010_vol7_018 2010_vol7_023

乗車してから15分程で三峰口駅に到着です。料金は350円でした。コースは駅を背にして右方向に向かいます。


2010_vol7_026 2010_vol7_029

因みに、駅の脇には1日500円の有料駐車場があります。

駅方面を振り返ると武甲山が見送ってくれていました。


2010_vol7_031 2010_vol7_032

贄川宿方面に進んで橋を渡り国道140号に出ます。


2010_vol7_0342010_vol7_035

140号を右折して歩道橋を渡ると贄川宿の表示が見えます。


2010_vol7_036

贄川宿には、宮沢賢治も立ち寄ったことがあるみたいですね。


2010_vol7_038 2010_vol7_040

真向かいにはトイレと登山ボックス、熊注意看板があり、その奥を進んでいきます。


2010_vol7_042 2010_vol7_045

200Mぐらい進むと畑の中に標識が現れます。ここが町分登山口です。


2010_vol7_051 2010_vol7_052

階段を登って行き、落ち葉の深い登山道を進みます。


2010_vol7_063

すぐに見晴らしの良い場所に出てきました。


2010_vol7_055 2010_vol7_062

三峰口駅周辺と贄川宿周辺です。


2010_vol7_065 2010_vol7_066

すぐ側には鉄塔があり、どうでもいいことですが下から撮影してみます。


2010_vol7_067 2010_vol7_069

鉄塔の脇を通ってグングン高度を稼いでいきます。ジグザグに急登する部分もあるので、大腿部がかなり張ってきます。


2010_vol7_072 2010_vol7_073

高度を稼ぐにつれて所々見えていた景色も広がっていきます。


2010_vol7_081 2010_vol7_084

やがて杉林の中に入り、視界が狭くなっていきます。


2010_vol7_086 2010_vol7_096

杉林の中は暗いですが、標識と登山道はしっかりしています。


2010_vol7_103 2010_vol7_104

猪狩山との分岐点タツミチに到着します。ここから先は尾根道となります。

見下げると車両通行可能な道が見えていました。一般車両は進入禁止かもしれませんね。


2010_vol7_107 2010_vol7_113

暫くは傾斜の緩い尾根道が続きます。

視界は開けましたが、一方風当たりが強まり寒さ倍増です。時より強風が襲い体力を消耗させていきます。


2010_vol7_116 2010_vol7_117

山頂手前では、更に追い撃ちをかけるように急登箇所が待ち構えておりました。

呼吸が乱れ「ゼェーゼェー」言いながらの気合いの登り込みです。思っていたより斜度がきついです。


2010_vol7_123 2010_vol7_125

最後の急登場面を乗り越えると、山頂らしき部分が間近に見えていました。


2010_vol7_128

強石コースとの分岐点です。山頂は目前です。

ここで本日初めて人に出合いました。丁度、貸切山頂を堪能し終えた年配のシングルハイカーさんでした。電車で来たので三峰口駅のピストンだそうです。ここは駅からのアクセスが良いから選択したとのこと。確かに駅から登山口までは10分ぐらいでした。

それとお酒を飲むのでマイカーや温泉は遠慮しているそうです。私とはスタイルが異なりますね。お互いに「気をつけて」と声をかけてお別れしました。


2010_vol7_131 2010_vol7_136

そして進んで行くと、おっ!この先には普寛神社奥宮が・・・・・・。11:20登頂成功です。約2時間での登頂でした。


2010_vol7_149 2010_vol7_159

奥には錆びた方位盤と三角点が設置されています。


2010_vol7_142

随分恰好のいい凛々しい感じの鐘です。


2010_vol7_147 2010_vol7_150

山頂からの眺めは絶妙ですね。


2010_vol7_151

両神山のアップです。とても力強くきれいに見えていました。


2010_vol7_161

こちらは雲取山方面です。中央が雲取ですね。


2010_vol7_167 2010_vol7_169

秩父の街並みもきれいに見えておりました。

中央左寄りオレンジ色の屋根の建物は、国民宿舎両神荘に隣接してある埼玉県山西省友好記念館の神怡舘です。


2010_vol7_155 2010_vol7_138

20分ぐらい貸切山頂を堪能後、下山の準備をします。

”落合コース迂回のお願い”がありました。途中までは行けるようなので、行ってみることにします。


2010_vol7_173 2010_vol7_170

下山方面には駐車してきた”道の駅大滝温泉”が見えています。そして鎖場を下ります。


2010_vol7_174 2010_vol7_176

岩のある急坂を下ると落合方面の標識が出てきました。

その脇には、ウッディーコイケさんがこの先で木材の伐採搬出作業を行っているので、作業している方の指示に従うようにとのことです。


2010_vol7_177 2010_vol7_181

ジグザグの急坂を落合方面へと下っていきます。


2010_vol7_183 2010_vol7_184

倒木はされておりますが、伐採搬出工事の音や人の気配がありません。コイケさん本当にいるのだらうか・・・。


2010_vol7_190_2 2010_vol7_192

結局、コイケさんの姿は見当たらず普寛トンネル手前の林道合流点まできました。

ここで落合コース土砂崩落により通行止バリケートがされておりました。


2010_vol7_193

ここから先は魔の林道歩行です。


2010_vol7_198 2010_vol7_201

普寛トンネル先も”立入禁止”になっておりますが、先がどうなっているか気になり少し覗いてみました。ご覧の通り砂利の林道です。


2010_vol7_204

正面には道の駅方面が見えていました。


2010_vol7_210 2010_vol7_212

林道を下山します。安全且つ迷いはしませんが味気ない道です。


2010_vol7_213

通行止となっていた落合コースはご覧の通り土砂崩落です。


2010_vol7_220 2010_vol7_221

暫く林道を下ると落合バス停方面の標識が出てきました。林道に飽きたので行ってみましょう!


2010_vol7_226 2010_vol7_228

下って行きますが、徐々に悪路になりつつ・・・。


2010_vol7_229 2010_vol7_230

トラバース気味に渡りますが・・・・・遂に道が無くなりました。


2010_vol7_232 2010_vol7_235

何処で迷ったのかよくわかりませんでしたが、忠実に戻ることにしました。再びやる気が無くなる林道です。


2010_vol7_236

佐川急便の車が1台すれ違いました。ここは一般車両通行禁止ですね。事故の責任は負わないとのことです。


2010_vol7_241 2010_vol7_242

またショートカットの表示です。迷わず突入していきます。


2010_vol7_245 2010_vol7_246

腐っていそうな橋でしたが大丈夫でした。短かったけど今度は林道に合流しました。


2010_vol7_249 2010_vol7_253

つまらない林道もやっと終わり、閉鎖中の落合登山口に下山です。とても疲れました。


2010_vol7_255 2010_vol7_258

登山口脇には管理が放棄されているような神社があり、その先に普寛神社がありました。


2010_vol7_261 2010_vol7_262

ここが普寛神社です。登頂成功のお礼をします。


2010_vol7_263 2010_vol7_264

秩父御岳山の案内とコースマップです。

ここで気がついたのですが、強石コース経由から杉ノ峠コースで下山するルートがあったのですね。林道は無駄足でした。


2010_vol7_265 2010_vol7_268

道の駅に戻ります。

本日の疲弊した肉体を癒す温泉は、やはり駐車場として利用させて頂いたので、道の駅大滝温泉遊湯館です。今回で3度目の利用となります。


■天候:晴れ

■出会った人:山頂直下で1名

■タイム:9:20~14:00

■その他:

 山頂手前の急坂はかなり脚に堪えました。武甲山クラスに匹敵する急坂といったイメージでした。

 尾根に出ると視界が開けてくるので、暗い杉林でグレーとなった気持ちを解消させてくれます。

 林道はやはり御法度でした。まだ三峰口駅からのピストンのほうが楽しめたかもしれませんね。

■参考: ハイキングマップ秩父御岳山

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 震災 | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ