棒ノ折山

棒ノ折山 2012/2/11 冬場の低山トレーニング編

棒ノ折山(ぼうのおれやま)969m 単純高低差719m

Bounooreyama_20120211_197
奥武蔵の山域で、人気のある1峰に棒ノ嶺(棒ノ折山)があります。今回で3回目の登頂となりました棒ノ折山(個人的には、僕ノ俺山と称しております)、冬場の脚慣らしとして、山仲間Yさんとトレーニングがてら、山頂を目指すことにしました。3回目のレポとなりますので、内容は簡易レポとさせていただきます。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):さわらびの湯⇒有間ダム⇒白谷沢登山口⇒ゴルジュ帯⇒岩茸石⇒ゴンジリ峠⇒棒ノ折山⇒岩茸石⇒滝ノ平尾根⇒さわびの湯


Bounooreyama_20120211_005Bounooreyama_20120211_006

西武線飯能駅経由にて、Yさんをピックアップ後、さわらびの湯駐車場に到着します。時刻は7時25分でした。


Bounooreyama_20120211_009Bounooreyama_20120211_011

バス停方向に廻り込んで、早速低山トレーニングの開始です。


Bounooreyama_20120211_012Bounooreyama_20120211_016

車道をダム方面に向かって歩いていくと、雪混じりの山々が展望できました。


Bounooreyama_20120211_018Bounooreyama_20120211_024

有間ダムに到着です。名栗湖が美しいです。


Bounooreyama_20120211_028Bounooreyama_20120211_031

暫く湖畔を歩いていき、白谷沢登山口の前に出ます。


Bounooreyama_20120211_033_2Bounooreyama_20120211_036

棒ノ嶺まで3.3キロの表示。まずは、ゆっくりとしたペースで身体を温めながら登っていきます。


Bounooreyama_20120211_039Bounooreyama_20120211_044

静かな山道をたんたんと進んでいきます。


Bounooreyama_20120211_050_2Bounooreyama_20120211_057

まもなく、藤懸の滝に出ました。沢の音が、自然の中にいることを実感させてくれていいですねぇ。


Bounooreyama_20120211_058Bounooreyama_20120211_061

ここより沢筋ルートに入っていきます。


Bounooreyama_20120211_063Bounooreyama_20120211_067

初歩的な沢登りを楽しみながら歩いていくと、第一ゴルジュ帯に近づいて参りました。


Bounooreyama_20120211_072Bounooreyama_20120211_073

白谷沢コースの核心部、ゴルジュ帯に突入していきます。因みに、このコースは皇太子もお好きなようで、2度同コースで棒ノ折山を登頂されています。


Bounooreyama_20120211_077Bounooreyama_20120211_079

夏場に比べれば、水量は少なめのようですね。ゴアテックス仕様の登山靴ですが、大活躍とまではいかない水量です。


Bounooreyama_20120211_082_3Bounooreyama_20120211_084

ゴルジュ帯を登り込み、進入箇所を振り返ります。


Bounooreyama_20120211_086Bounooreyama_20120211_090

小滝の釜付近では、飛び散った水量が石に凍りついています。部分氷柱ってところでしょうか。


Bounooreyama_20120211_099Bounooreyama_20120211_105

続いて、第二ゴルジュ帯に突入していきます。


Bounooreyama_20120211_106Bounooreyama_20120211_107

こちらも当たり前ですが、水量はイマイチ。静かな岩壁に挟まれた地帯を、ゆっくりと自然の創作を満喫しながら歩いていきます。


Bounooreyama_20120211_114Bounooreyama_20120211_109_2

やがて、鎖場に到達し、第二ゴルジュ入口を振り返ります。やはり皇太子も好む見事な光景です。


Bounooreyama_20120211_117Bounooreyama_20120211_118

一部氷柱化した白孔雀の滝を見学します。


Bounooreyama_20120211_121_2Bounooreyama_20120211_124

岩場のロープ越えをクリアすると、その先は、雪景色が強調されるような光景へと変化していました。


Bounooreyama_20120211_128Bounooreyama_20120211_130

先を進むに連れて、雪が深くなっていきます。擦れ違った年輩のご夫婦らしきハイカーは、アイゼンを装着していました。先のルートの残雪状態がある程度想定できました。


Bounooreyama_20120211_131Bounooreyama_20120211_134

あずま屋で小休止して、アイゼン装着を検討しますが、様子をみることにしました。


Bounooreyama_20120211_137Bounooreyama_20120211_140

急坂部分は、凍結箇所がありました。実際はアイゼンが必要と判断される箇所でしたが、無理してノーアイゼンで突破していきます。


Bounooreyama_20120211_145Bounooreyama_20120211_148

登山道の交差点、岩茸石を通過して、棒ノ折山を目指していきます。


Bounooreyama_20120211_154Bounooreyama_20120211_158

ここから更に登り込みが連続し、グングン高度を稼ぎにいきます。


Bounooreyama_20120211_159Bounooreyama_20120211_161

なるべく残雪の薄い箇所を、足場に選んで進んでいきます。毎度のことですけど、丸太階段は結構脚部に堪えます。


Bounooreyama_20120211_164Bounooreyama_20120211_170

Bounooreyama_20120211_168_6

ゴンジリ峠に到達し、起点方面の名栗湖を眺めます。


Bounooreyama_20120211_171Bounooreyama_20120211_174

そのままノーアイゼンで頑張って進み、長い丸太階段を登り込んでいきます。


Bounooreyama_20120211_176Bounooreyama_20120211_178

山頂手前では、劣化した歩道の自然植生の再生を図っているとのことで、左側に迂回路がありました。


Bounooreyama_20120211_180Bounooreyama_20120211_186

山頂が見えてきました。7か月ぶりに、棒ノ折山の広い山頂に到達してきました。


Bounooreyama_20120211_181_2Bounooreyama_20120211_182
Bounooreyama_20120211_184

まずは、東京方面、奥武蔵の山々、武甲山、大持山・・・と眺めていきます。


Bounooreyama_20120211_191Bounooreyama_20120211_194

遠方に筑波山、榛名山と確認できました。


Bounooreyama_20120211_229
Bounooreyama_20120211_204Bounooreyama_20120211_205

棒ノ嶺(埼玉県)、棒ノ折山(東京都)の山頂標識


Bounooreyama_20120211_206Bounooreyama_20120211_211

広い山頂でのテーブル付ベンチを借りて、チャルメラをおいしく頂きます。


Bounooreyama_20120211_213Bounooreyama_20120211_214

山頂には、多くのハイカーが到達してきて、たいへん賑やかになってきました。


Bounooreyama_20120211_222_2Bounooreyama_20120211_217

武甲集団を眺めながら、簡易アイゼンを装着します。


Bounooreyama_20120211_233Bounooreyama_20120211_240

右側、針葉樹(東京都)左側、落葉樹(埼玉県)を最強アイゼン装着で、一気にゴンジリ峠まで下ります。


Bounooreyama_20120211_242Bounooreyama_20120211_243

アイゼンがよく雪道に刺さり、ガンガン下っていきます。


Bounooreyama_20120211_249Bounooreyama_20120211_251

急な丸太階段を下り、今度は登りとは逆に、雪の多い場所を選びながら下っていきます。


Bounooreyama_20120211_253Bounooreyama_20120211_255

岩茸石を通過して、滝ノ平尾根でさわらびの湯に帰着するルートで下ります。このあたりで、アイゼンは外しました。


Bounooreyama_20120211_257Bounooreyama_20120211_259

尾根沿いを歩いて、河又方面に向かいます。


Bounooreyama_20120211_263_2Bounooreyama_20120211_264

高度を下げていっても、残雪は所々にありましたが、アイゼン不要で大丈夫でした。


Bounooreyama_20120211_266Bounooreyama_20120211_271

歩幅の合わない階段、根っこ地帯を下っていきます。


Bounooreyama_20120211_273Bounooreyama_20120211_274

長い樹林帯は続きます。途中、ベンチのある場所で小休止します。


Bounooreyama_20120211_278Bounooreyama_20120211_279

気を引き締めて、最終下りに集中します。


Bounooreyama_20120211_285_2Bounooreyama_20120211_287

やがて、民家の脇に出てきました。


Bounooreyama_20120211_289Bounooreyama_20120211_294

橋を渡って、さわらびの湯に向かいます。


Bounooreyama_20120211_298Bounooreyama_20120211_299

さわらびの湯では、クリスマスローズが販売されておりました。そして、登山の疲れを思う存分、たっぷりと癒していきました。


■天候:晴れ 

■出会った人:60人ぐらい(登り5人、山頂35人ぐらい、下山20人ぐらい) 

■タイム:7:25~13:15

■その他: 

★皇太子お勧め(2回登頂されているので、勝手に私が思っている)の棒ノ折山、私も奥武蔵の中では、伊豆ヶ岳~子ノ権現コースに次いでお勧めのコースです。県外のハイカーにも是非、訪問してほしいコースです。

★ここの丸太階段は、何度登ってもつらいですね。スクワットで、もっと足腰を鍛えておかないと駄目かなぁ・・・・と弱気モードです。夏に向けて、徐々にレベルアップを計っていかないと、馬蹄形縦走に間に合いそうにありませんけどね。

ホームに戻る 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村




棒ノ折山 2011/7/29 朝練シリーズ Practice in morning

棒ノ折山(ぼうのおれやま)969m 高低差716m

Bounooreyama_pim_20110729_206
棒ノ折山への訪問は今回で2回目になります。さわらびの湯を起点に白谷沢コースから登り、ピークハント後岩茸石まで戻り、滝ノ平尾根を下るルートで朝練を計画しました。

棒ノ折山は「棒ノ嶺」・「棒ノ峰」とも呼ばれています。棒ノ折山の由来は、鎌倉時代の武将「畠山重忠」がこの地の山越えのとき、杖として使っていた棒が折れたことに因んでいるらしいです。沢登り入門コースを利用して小雨が降る中、朝練シリーズ第二弾の決行となりました。

(ルート):さわらびの湯⇒有間ダム⇒白谷沢登山口⇒ゴルジュ帯⇒岩茸石⇒ゴンジリ峠⇒棒ノ折山⇒ゴンジリ峠⇒岩茸石⇒滝ノ平尾根⇒さわらびの湯


Bounooreyama_pim_20110729_001Bounooreyama_pim_20110729_007

AM4時50分自宅を出発して飯能方面へ一般道をひたすら走行します。6時20分、さわらびの湯第三駐車場に到着します。まだ雨は降っておりませんが、今日は50%雨の確立の天気予報です。広い駐車場は貸切状態です。


Bounooreyama_pim_20110729_009Bounooreyama_pim_20110729_014_3

6時30分駐車場を出発します。山中はガスりを覚悟の上、朝練開始です!有間ダムまで車道を歩きます。


Bounooreyama_pim_20110729_016
途中、車道にカブトムシのメスがへばり付いていましたので、安全確保のため林の中に投げ込みました。オスは角を持てば簡単に持てますが、メスは背中部分から持ちますので脚のトゲで邪魔され痛いです。本日はカブトムシを皮切りにいろんな生物が登場します。


Bounooreyama_pim_20110729_022Bounooreyama_pim_20110729_025

間もなく、有間ダムに到着です。名栗湖の湖畔を歩いていきます。


Bounooreyama_pim_20110729_026_2
有間ダムには、バイクでダム巡りをしている青年がいました。将来のゆうやけハイカーになるかもしれませんね。


Bounooreyama_pim_20110729_031Bounooreyama_pim_20110729_032

意味の無いガードミラー自分激写をしながら湖畔を歩きます。


Bounooreyama_pim_20110729_042Bounooreyama_pim_20110729_043

白谷沢登山口に到着です。さぁ、ここから朝練登山の開始です!この周辺の舗装道までは朝の散歩ウォーカー2名を見かけました。流石に山には入りませんね


Bounooreyama_pim_20110729_044Bounooreyama_pim_20110729_049

棒ノ嶺3.3Kの道標、定番「山は甘くない!」の看板 


Bounooreyama_pim_20110729_051_2Bounooreyama_pim_20110729_053

植林地帯に入ります。ガスが発生しているので少々不気味です。


Bounooreyama_pim_20110729_060Bounooreyama_pim_20110729_067

それなりに登りを消化していくと藤懸の滝が見えてきました。


Bounooreyama_pim_20110729_070Bounooreyama_pim_20110729_074

いよいよ沢筋ルートに出ました。ここから初歩的な沢登りが楽しめます。


Bounooreyama_pim_20110729_075Bounooreyama_pim_20110729_076

樹林帯は蒸していますが沢筋は涼しく感じます。水が冷たくて気持ちがいい!


Bounooreyama_pim_20110729_079_3Bounooreyama_pim_20110729_090

沢の音をBGMに沢筋を気持ちよく歩いていきます。


Bounooreyama_pim_20110729_091
そしてコースのメインとも言うべき”ゴルジュ帯”に出ました。ゴルジュとは仏語で喉という意味です。


Bounooreyama_pim_20110729_095Bounooreyama_pim_20110729_098

第一ゴルジュ帯に入ります。数日間の雨で水量は豊富です。


Bounooreyama_pim_20110729_100Bounooreyama_pim_20110729_101

しっかり観爆しながら進んでいきます。


Bounooreyama_pim_20110729_102Bounooreyama_pim_20110729_103

ゴルジュ帯を振り返り、側にある滝に癒しを求めます。


Bounooreyama_pim_20110729_109_3Bounooreyama_pim_20110729_110

ゴルジュ帯を過ぎた辺りでした。突然登山道と同化した物体が動くのがわかりました。デカめのヒキガエルでした。瞬時に鳥肌が立ちます。想定外の巨大ヒキガエルにビビリながら先を歩いていきます。


Bounooreyama_pim_20110729_114Bounooreyama_pim_20110729_121

そのまま沢筋を進んでいくと第二ゴルジュ帯が見えてきました。


Bounooreyama_pim_20110729_122Bounooreyama_pim_20110729_123

第二ゴルジュ帯は更に水量が豊富です。


Bounooreyama_pim_20110729_127_2Bounooreyama_pim_20110729_129

ビチャビチャ靴が濡れ始めますが、最強のゴアテックスなので何ら問題ありません。


Bounooreyama_pim_20110729_132_2Bounooreyama_pim_20110729_135

そして滝の手前で第二ゴルジュ帯を振り返ります。


Bounooreyama_pim_20110729_138Bounooreyama_pim_20110729_140

鎖を掴みながら岩場を登ります。そして滝を観爆します。


Bounooreyama_pim_20110729_142_2Bounooreyama_pim_20110729_143

その滝は、「白孔雀の滝」で上から見ると孔雀が羽を広げたように見えます。


Bounooreyama_pim_20110729_144Bounooreyama_pim_20110729_146

難所に出ました。左側のロープを使用して岩を乗越えます。


Bounooreyama_pim_20110729_148_2Bounooreyama_pim_20110729_151

沢の中に再び巨大ヒキガエルが現れました。再び鳥肌状態になりながら滑り易い木橋を渡ります。


Bounooreyama_pim_20110729_155Bounooreyama_pim_20110729_157

マムシ注意看板を通過して階段のある方向に向かいます。


Bounooreyama_pim_20110729_158_2Bounooreyama_pim_20110729_160

一旦、林道に出てあずま屋で小休止します。あずま屋で休憩をしている時でした。太っとい黄色の物体が身体周辺に纏わり付いてきました。スズメバチに良く似ておりましたが、よく観察してみると巨大なアブでした。

非常にアブないので汗で水分をたっぷりと含んだタオルを巨大アブ目掛けて鉈を振りかざすように振り切ります。すると、一発で見事命中し殺害に成功しました。太っといアブの殺害した画像を撮り忘れました。動物愛護団体には申し訳ないですが、しつこく付きまとい身体に集られたら非常に危ないです。

休憩後、棒ノ折山目指して急坂を登ります。


Bounooreyama_pim_20110729_163Bounooreyama_pim_20110729_165

その先の丸太階段を登っていくと今度は蛇です。頭が三角の形をしていましたので毒性があるタイプではないでしょうか。ヒキガエルよりは蛇の方がまだ冷静でいられます。


Bounooreyama_pim_20110729_167_2Bounooreyama_pim_20110729_169

前回より急坂はあっと言う間に感じました。平坦な道を進むと登山道の交差点「岩茸石」に到着です。


Bounooreyama_pim_20110729_172Bounooreyama_pim_20110729_174

棒ノ嶺までまだ1Kあります。ここには、きつい丸太階段の登り込みがあります。


Bounooreyama_pim_20110729_177_2Bounooreyama_pim_20110729_179

更に心臓破りの急坂、過酷な丸太階段と登り込みを消化していきます。


Bounooreyama_pim_20110729_182_2Bounooreyama_pim_20110729_184

高度を稼ぎ「ゴンジリ峠」に到達します。有間ダムを見降ろせます。 


Bounooreyama_pim_20110729_189_2Bounooreyama_pim_20110729_191

山頂に向けて丸太階段を登り込んでいると再び巨大ヒキガエルです。丸太のど真中にいました。もう何匹見てきたでしょうか。私はどうやらヒキガエルが非常に苦手だと気が付きました。ヒキガエルが多すぎるので朝練対象から棒ノ折山を外すことに決定です。きっと夏季にくることはもうないでしょう。


Bounooreyama_pim_20110729_192Bounooreyama_pim_20110729_196

必死に過酷な丸太階段を登り込み切ると展望が開けてきました。


Bounooreyama_pim_20110729_197_3
小雨が降る中、広い山頂に到達です。


Bounooreyama_pim_20110729_203

8時15分登頂成功です。雨でも眺望は利きました。周囲の雲は低い位置にあります。


Bounooreyama_pim_20110729_207Bounooreyama_pim_20110729_209

東京方面は流石に見えませんね。武甲山・大持山・丸山・蕨山・笠山・堂平は確認できます。


Bounooreyama_pim_20110729_213Bounooreyama_pim_20110729_215

武甲山・大持山のアップ、そして伊豆ヶ岳・子ノ権現方面


Bounooreyama_pim_20110729_210Bounooreyama_pim_20110729_220

あずま屋でゼリーの補給をします。その時です!再びスズメバチクラスの虻が襲撃してきました。汗たっぷりタオルで必死に抵抗します。即座にたたき落としに成功します。ここも非常にアブないです。

それから小休止している時、トレラン風のザック6Lor8Lを背負ったハイカーが山頂に歩いて到達してきました。1~2分で写真だけ撮って立ち去っていきました。雨が降っているので私もサッサと下山準備をします。


Bounooreyama_pim_20110729_223Bounooreyama_pim_20110729_230

丸太階段を巨大ヒキガエルに警戒しながらチャッチャカ下りです。ゴンジリ峠を通過して岩茸石まで戻ります。


Bounooreyama_pim_20110729_231Bounooreyama_pim_20110729_240

岩茸石に戻り、滝ノ平尾根コースで下ります


Bounooreyama_pim_20110729_244_2Bounooreyama_pim_20110729_246

尾根コースとは言え、樹林帯の中では雨に濡れません。ガンガン下ります。


Bounooreyama_pim_20110729_250Bounooreyama_pim_20110729_254

距離を1キロ縮めました。根っこ地帯を下っていきます。


Bounooreyama_pim_20110729_259Bounooreyama_pim_20110729_262

非常に長い距離に感じましたが、もうすぐさわらびの湯で癒せます。


Bounooreyama_pim_20110729_263Bounooreyama_pim_20110729_266

最後の集中力を使い慎重に下っていくと民家の脇に出ました。


Bounooreyama_pim_20110729_268Bounooreyama_pim_20110729_271

赤い橋を渡ってさわらびの湯方向に向かいます。そして滝の尾根ルートを眺めます。


Bounooreyama_pim_20110729_277Bounooreyama_pim_20110729_273

10時10分駐車場に帰着し、「さわらびの湯 」で朝練の疲れを癒します。有間ダムの先でニジマスのつかみ取りができるようです。塩焼きがうまいんですよね。機会があればコタ隊長を連れてつかみ取りでもやってもらいますかな。


Bounooreyama_pim_20110729_278
温泉で癒した後、休憩室で90分ぐらい仮眠しました。帰り入口近くに湧水を発見!靴洗場になっていますので汚れた登山靴を洗わせていただきました。湧水なので止めないで下さいとのことでした。


■天候:小雨 

■出会った人:山頂で1人、有間ダム周辺で3人 

■タイム:6:30~10:10 

■その他: 

◇朝練シリーズ第二弾無事に消化完了しました。今一度、朝練の定義を確認しますと山行にかける時間3~4時間程度、帰着後温泉で癒す時間を含めて午前中に終了させる。今回は、午後の予定が無くなったことにより仮眠90分してきました。おまけに10分100円マッサージ機でリフレッシュしちゃいました。 

◇夏の棒ノ折山は沢筋ルートも要因でしょうが、けもの・害虫発生率が高いです。カブトムシ(問題ないです)から始まり、巨大ヒキガエル、ヘビ、虻まで出現、今回で朝練の対象から棒ノ折山は外れました。

■参考:ハイキングマップ棒ノ嶺

ホームに戻る

棒ノ嶺(棒ノ折山)2011/1/13

棒ノ嶺(棒ノ折山)ぼうのみね 969M 高低差739M

2010_vol9_230

棒ノ折山とも呼ばれる棒ノ嶺には、埼玉県側から登るルートと奥多摩側から登るルートがいくつかあります。

今回はダム、沢登り、ゴルジュ帯(両側から岩壁が迫った峡谷)、尾根、展望、温泉が楽しめるコースで攻めて行きます。

(ルート)さわらびの湯⇒有間ダム⇒白谷橋⇒ゴルジュ帯⇒岩茸石⇒権次入峠⇒棒ノ嶺⇒河又方面経由さわらびの湯


2010_vol9_001 2010_vol9_007_2

圏央道狭山日高ICより約20Kでさわらびの湯に到着です。

広めの第3駐車場に車を停めてバス停の脇を通ります。時刻は7:50でした。


2010_vol9_0102010_vol9_011

まずは有間ダムに向けて車道を歩いていきます。


2010_vol9_013 2010_vol9_016

10分ぐらいで有間ダムに到着です。


2010_vol9_015 2010_vol9_017

棒ノ嶺4.2Kの表示先のダム入口を進みます。


2010_vol9_023 2010_vol9_026

名栗湖を眺めながら湖畔を歩いていきます。


2010_vol9_029 2010_vol9_031

有間ダムの洪水吐(こうずいばき)は、日本初のトンネル洪水吐で学会賞を受賞したそうです。


2010_vol9_036 2010_vol9_038

やがて山間部中央奥に目指す棒ノ嶺方面と白谷沢登山口が見えてきました。


2010_vol9_040 2010_vol9_045

白谷沢登山口から棒ノ嶺までは3.3Kです。

コース案内では沢筋を通るので、凍結時や大雨後の増水時は危険なコースとなる恐れがあり、河又に引き返して滝ノ平尾根コースから登山してくれの注意事項が記載されています。


2010_vol9_041 2010_vol9_042

注意事項確認後は、”白谷の泉”の脇から登山道に入ります。


2010_vol9_048 2010_vol9_051

針葉樹林に囲まれたやや暗めの緩い傾斜道を登っていきます。


2010_vol9_056 2010_vol9_057

天候は晴れていますが北側斜面のため陽が射してきません。


2010_vol9_059 2010_vol9_060

徐々にゴツゴツとした岩が出現してきました。


2010_vol9_066 2010_vol9_068

ガレ場を抜けて行くと”藤懸の滝”が見えてきました。


2010_vol9_070 2010_vol9_072

藤懸の滝を過ぎた所から沢筋に入ります。


2010_vol9_081 2010_vol9_082

一部凍結箇所はありましたが通行に支障はなさそうです。


2010_vol9_087 2010_vol9_088_2

沢のBGMを聴きながら進んでいきます。


2010_vol9_090

こんな箇所もありますが気をつければ問題ないでしょう。むしろ苔の方が滑りやすそうなので注意します。


2010_vol9_091 2010_vol9_093

いよいよこのコースのメインとも言うべき”ゴルジュ帯”の前にやってきました。

この「ゴルジュ」とはフランス語で””という意味だそうです。


2010_vol9_095

まずは第一ゴルジュです。


2010_vol9_096 2010_vol9_099

ゴルジュの中へと入って行きます。苔にも注意します。


2010_vol9_100 2010_vol9_108

初歩的な沢登りですが楽しいものですね。


2010_vol9_110 2010_vol9_114

天狗の滝の脇を通り抜けていきます。


2010_vol9_116 2010_vol9_119

この辺りはまだそんなに急坂ではありません。そして沢を渡ります。


2010_vol9_122 2010_vol9_124

第二ゴルジュの前にやってきました。


2010_vol9_125 2010_vol9_126

こちらの方が水量があります。


2010_vol9_132 2010_vol9_133

足首近くまで濡れましたがゴアテックス使用の靴なので何ら問題ありません。

スニーカーや普通の靴だとズブ濡れになりますね。ここを通過するにはゴアテックス使用の靴がお勧めです!


2010_vol9_135 2010_vol9_137

滝の脇には鎖場があります。


2010_vol9_138 2010_vol9_142

鎖場を登りながらゴルジュを振り返ります。


2010_vol9_143 2010_vol9_144

クサリの脇には羽を広げたような滝が流れ落ちていました。


2010_vol9_145 2010_vol9_147

先程の滝は”白孔雀の滝”でした。その先ではロープを使って岩を超えます。


2010_vol9_148 2010_vol9_154

この辺りから沢筋のコースから外れていきます。


2010_vol9_158 2010_vol9_159

マムシ注意の看板から緩いガレ場を通ります。


2010_vol9_161 2010_vol9_164

先を進んでいくと間もなく林道に合流します。


2010_vol9_166 2010_vol9_176

林道に出ると休憩ポイントがありました。近くには湧水が湧いていました。


2010_vol9_170 2010_vol9_172

再び登山道に入ります。棒ノ嶺まで1.5Kです。


2010_vol9_177 2010_vol9_179

急坂の丸太階段を登って行きます。


2010_vol9_181 2010_vol9_186

急登後、深い落ち葉の道を通り抜けていくと岩茸石の登山道の交差点です。山頂からの下山コースはここまではピストンです。


2010_vol9_185 2010_vol9_192

オヤジギャグの入ったクリーン看板を確認してからゴンジリ峠を目指します。


2010_vol9_196 2010_vol9_199

丸太階段からガレ場を登っていきます。丸太階段が結構ボディーブローのようにジワジワと大腿部に効いてきます。


2010_vol9_202 2010_vol9_203

尾根沿いを進んでいくと棒ノ嶺山頂部が見えていました。


2010_vol9_206 2010_vol9_208

再び丸太階段を急登して高度を稼ぎます。この丸太階段長めできついです。


2010_vol9_213 2010_vol9_217

丸太階段を登り終えると奥多摩側からのコースと合流するゴンジリ峠に出ます。そして棒ノ嶺を目指していきます。


2010_vol9_218 2010_vol9_220

尾根道を進んでいくとまたまた丸太階段です。


2010_vol9_221 2010_vol9_223

今度は半端じゃないくらい長いです。そして呼吸困難になるくらい「ヒーハー」言います。


2010_vol9_224 2010_vol9_226

最後の丸太階段を登り込み山頂到達です。あずま屋が見えてきました。動悸息切れが激しいです。


2010_vol9_264 2010_vol9_228

9:40登頂成功です。山頂標識と各山名と各地域の表示です。この後奥多摩側から1人続いて登頂してきました。


2010_vol9_229 2010_vol9_234

山頂からの景色です。伊豆ヶ岳・丸山・蕨山・有間山・大持山・日和田山等奥武蔵の山々が間近にきれいに見えておりました。


2010_vol9_249 2010_vol9_256

川越市・坂戸市・遠くに新宿副都心が微かに見えておりました。

右側画像の中央先には東松山市街地が見えます。因みに私の実家がある街です。


2010_vol9_273_2

山頂で30分景色を楽しんだ後下山します。長い丸太階段を下っていきます。

進行方向左側(埼玉県側)落葉樹、右側(東京都側)針葉樹と見事に分離していました。


2010_vol9_278_2 2010_vol9_281

ゴンジリ峠分岐点では登山口の有間ダムが見えていました。


2010_vol9_284 2010_vol9_285

岩茸石方面を丸太階段から下ります。ここで学生風のハイカーと擦れ違います。


2010_vol9_288 2010_vol9_289

岩茸石に到着し滝ノ平尾根コースで下ります。


2010_vol9_292

こちらが岩茸石です。登山道を塞いでいる感じですね。登山道の交差点となっています。


2010_vol9_293 2010_vol9_294

滝ノ平尾根コースの杉林を暫く下って行くと林道に出ました。


2010_vol9_297 2010_vol9_300

林道を横切り河又方面へ登り道に変わります。


2010_vol9_301 2010_vol9_307

再び左右の異なる樹林帯を進んでから林道を横断します。


2010_vol9_310 2010_vol9_311

丸太階段を下りまた林道を横切ります。林道横断は3回ありました。

この辺りで年配の男性ハイカー2人と擦れ違います。かなりきつそうに登っておられました。少し会話をしました。白谷沢コースは凍結していると思い避けてこちらの尾根コースのピストンを選択したそうです。白谷沢コースの凍結は問題なかったのですが、下りのコースを取ると沢筋は危険度が増すのでお勧めはしませんでした。


2010_vol9_313 2010_vol9_318

そしてコースは深い杉の森へと入って行きます。スギの根っこがヘビのように露出していて要注意です。


2010_vol9_320 2010_vol9_322

スギの根っこが張り巡らされた地帯は暫く続いておりました。


2010_vol9_326 2010_vol9_330

やがて視界が明るくなってきて、スタート地点のさわらびの湯に近づいてきました。墓地の脇を通り抜けていきます。


2010_vol9_332 2010_vol9_335

集落が見えてきて民家の前を通り過ぎていきます。


2010_vol9_338 2010_vol9_339

赤い橋を渡るとさわらびの湯の下に出てきました。11:30行程終了です。


2010_vol9_343 2010_vol9_345

下山後は疲れた身体を癒し吹き出した汗を流します。

2度目の訪問となりますさわらびの湯です。今回は誰もいなかったので脱衣場を撮影してみました。


■天候:晴れ

■出会った人:5人

■タイム:7:50~11:30

■その他:

 棒ノ嶺山頂は広くて素晴らしい眺望が得られました。

 コースメインは白谷沢のゴルジュ帯で、自然の力で造られた岩壁がとても美しかった。

 滝を3つも観爆できて大満足のコースでした。

 コース中、何度となく丸太階段が出てきていましたが、山頂手前の階段は特に長いです。 

 後から調べてみると2005年5月に皇太子さまが同コースで登山を楽しまれたそうです。  

 それから2007年11月には登山者がイノシシと間違えられて猟銃で誤射された事故がありました。

参考: ハイキングマップ棒ノ嶺

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 四阿山/根子岳 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 大霧山 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠~関八州見晴台~刈場坂峠~丸山 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 浅間山 | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 震災 | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ