日和田山・物見山

日和田山/物見山 2011/8/6 朝練シリーズ Practice in morning

日和田山305m/物見山375m 単純高低差261m

Hiwadayama_pim_20110806_056Hiwadayama_pim_20110806_097

朝練シリーズ第3弾となりました。今回はお馴染みの5回目の訪問となりました日和田山/物見山です。のどかな里山歩きができる人気コースで、スリルのある岩場コースも楽しめます。標高は300m台の低山で登山入門コースとして活用できます。そんな初歩的なコースではありますが、30度超の蒸した樹林帯は標高が低すぎるが故に非常に厳しい登山へと変貌しました。

(ルート):日和田山駐車場⇒日和田山登山口⇒金刀比羅神社⇒日和田山⇒高指山⇒物見山⇒北向地蔵⇒五常ノ滝⇒武蔵横手駅(西武線乗車)⇒高麗駅⇒日和田山駐車場


Hiwadayama_pim_20110806_001

自宅を5時出発してドアツードアで50分、埼玉県日高市にあります日和田山駐車場に到着です。いつもの有料(300円)駐車場はガラガラで上にあがってみるともれなく先着2台様の無料駐車場に間に合いました。


Hiwadayama_pim_20110806_006Hiwadayama_pim_20110806_007

5時55分朝練開始です!登山道はベッタリと濡れておりジメジメしていました。


Hiwadayama_pim_20110806_011Hiwadayama_pim_20110806_016

石鳥居を潜り、男坂のルートを選択します。


Hiwadayama_pim_20110806_018_2Hiwadayama_pim_20110806_020

水場を通過すると岩場コースの前に出ます。


Hiwadayama_pim_20110806_021Hiwadayama_pim_20110806_027

根っこ地帯、岩場登攀をクリアしていきます。ジメジメした樹林帯では強力な藪蚊の襲撃に合います。虫よけスプレーを車に置いてきてしまいました。


Hiwadayama_pim_20110806_028Hiwadayama_pim_20110806_029

ホールド・スタンスをしっかり確保しながら三点支持で着実に上昇していきます。吹き出す汗の量は驚愕するくらいドクドクと流れ落ちてきます。


Hiwadayama_pim_20110806_030_4Hiwadayama_pim_20110806_031

そして汗ばんだ肉体に対して容赦なく藪蚊が襲いかかります。藪蚊の襲撃から逃れるため必死にスピードアップで上昇していくと、呆気なく金刀比羅神社鳥居が見えてきました。


Hiwadayama_pim_20110806_034Hiwadayama_pim_20110806_036

本日の展望はいかがでしょうか。晴れていますが、総体的に雲の量が多いですね。


Hiwadayama_pim_20110806_039_2Hiwadayama_pim_20110806_043

武甲山の左奥には富士山が確認できます。それとお馴染みの巾着田です。


Hiwadayama_pim_20110806_048Hiwadayama_pim_20110806_049

金刀比羅神社で参拝後、裏の滑りそうな岩場をクリアしていきます。


Hiwadayama_pim_20110806_051_2Hiwadayama_pim_20110806_053

間もなく、日和田山山頂前に出ます。


Hiwadayama_pim_20110806_054Hiwadayama_pim_20110806_056

まずは日和田山の朝練登頂成功です!時刻は6時20分、25分で登頂です。


Hiwadayama_pim_20110806_062Hiwadayama_pim_20110806_063

展望を見ながらあまりの暑さに撤退を検討します。東京方面の展望は利いておらず、スカイツリーも見えません。記念碑を見ていたら、ドクドク流れ落ちる汗が落ち着きました。


Hiwadayama_pim_20110806_067Hiwadayama_pim_20110806_069

根っこ地帯、岩場地帯と鞍部まで下っていきます。


Hiwadayama_pim_20110806_072Hiwadayama_pim_20110806_076

蒸した樹林帯を歩き舗装道路に出ます。


Hiwadayama_pim_20110806_078Hiwadayama_pim_20110806_081

高指山の電波塔(中には入れません)を確認しながら、集落のある方向に向かいます。


Hiwadayama_pim_20110806_084Hiwadayama_pim_20110806_086

そして、物見山に向かう登山道に入ります。


Hiwadayama_pim_20110806_087
非常に滑りそうな地盤です。数日前より発生しているポイント的に襲うゲリラ豪雨の影響でしょうか。滑らないようにガニ股歩きです。


Hiwadayama_pim_20110806_090

なんと!!!その先で待ち構えていたものは「ゲリラガエル」でした。足元が怯みます。これは絶壁の鎖場・岩場より恐怖感を煽られます。再び撤退を検討します。2~3体出没したらカエルことを考えましょう。


 

Hiwadayama_pim_20110806_092Hiwadayama_pim_20110806_094

間違えて進入しないように作業道にはバリケードが張られていました。湿った登山道を登り込んでいきます。


Hiwadayama_pim_20110806_096_2Hiwadayama_pim_20110806_097_2

展望の利かない物見山に朝練登頂成功です!やはり低山過ぎるので暑さ加減は緩和されません。通常、標高100m上昇するにつれて気温が0.6度下がると言われており、先日、朝練登頂してきた武甲山と比較すると標高差約1,000m差異がありますので温度差で6度の違いがあります。(気候条件が同じと仮定した場合)

武甲山、棒ノ折、日和田山と3連発朝練をこなしてきましたが、なんと!日和田山・物見山が一番きつく感じました。


Hiwadayama_pim_20110806_100Hiwadayama_pim_20110806_101_2

ここで水分補給で小休止していると、すぐに藪蚊の大群が襲撃してきました。叩いても他からどんどん集合してくるので、即座にこの場を立ち去ります。


Hiwadayama_pim_20110806_105_2Hiwadayama_pim_20110806_112

北向地蔵に向けてフラットな登山道を歩いていきます。


Hiwadayama_pim_20110806_114Hiwadayama_pim_20110806_116

進行方向右側の山側の斜面を歩いていけるのですが、藪蚊の襲撃を回避するため一般道を普通に歩いていきます。


Hiwadayama_pim_20110806_118Hiwadayama_pim_20110806_121

一旦、車道を横断して表示の緩斜面を登っていきます。


Hiwadayama_pim_20110806_124Hiwadayama_pim_20110806_125

北向地蔵に到着です。由来は単純ですが、丁度北向きに立っているから北向地蔵だそうです。


Hiwadayama_pim_20110806_128
北向地蔵脇に腰かけられる木が置いてあります。ここが所謂「スカリ山オヤジ」出現場所として一部には有名です。早朝の時間帯には流石に出没しておりませんね。実はこの先に表示はございませんが、「スカリ山」という430mぐらいの山があります。その山を案内するため北向地蔵周辺に出没しております。

一部関係者や各種ブログからやはりこの周辺で「スカリ山」を案内されたという証言を入手しております。「スカリ山オヤジ」がいずれも同一人物かどうかは定かではありません。一説には、物売りをしているらしく、他説ではただ単に案内だけしているなど。私が出くわした「スカリ山オヤジ」は特徴は白髪、身長170センチ程度、メガネなし、とぼけた表情をする。そして、片っ端からハイカーにどちらの方面から歩いて来たか尋ねまくる。私は警戒してスカリ山オヤジの検問を突破することに成功はしたものの、スカリ山山頂まで追撃され捕まります。

当時は今回のルートと同じく車と列車の組み合わせ登山を決行します。交通手段が気に入らなかったらしく、「スカリ山オヤジ」と暫く議論を展開してしまいました。

当時の内容は下記のとおりです。(くだらないので読み飛ばしで結構です。)

掲示板スカリ山オヤジ編


Hiwadayama_pim_20110806_129Hiwadayama_pim_20110806_130

スカリ山オヤジ出没定位置前に武蔵横手駅に至る道があります。今回は近道コースで駅に向かいます。


Hiwadayama_pim_20110806_133_2Hiwadayama_pim_20110806_136

暫く下ります。


Hiwadayama_pim_20110806_137Hiwadayama_pim_20110806_138

やがて先程の遠回りコースと広い場所で合流します。まだ武蔵横手駅まで2.8キロあります。


Hiwadayama_pim_20110806_141Hiwadayama_pim_20110806_143

その先から沢を見ながら歩くコースになります。沢の豊富な水量が登山道に漏れ出していました。


Hiwadayama_pim_20110806_147Hiwadayama_pim_20110806_151

そのまま歩いていくと水を汲んでいるオヤジがいました。軽自動車に乗ってきた水汲みオヤジはなんと!物凄い悪路を無理やり走破してきた感じです。タイヤの消耗度が激しいことが想定されます。脇が沢筋なので武甲山の転落車のようにならなければいいのですが・・・。


Hiwadayama_pim_20110806_152Hiwadayama_pim_20110806_154

突き当たりを駅方面に進みます。沢は段々滝に近づいてきたことを伺わせる水量になってきました。ここから先は舗装道路になります。


Hiwadayama_pim_20110806_155Hiwadayama_pim_20110806_158

沢付近を歩いていると蒸し暑さがなくなり普通に歩けました。五常の滝入口に出ましたが、腹が痛くなってきたのでカットして駅を目指します。


Hiwadayama_pim_20110806_159Hiwadayama_pim_20110806_163

ベンチで水分補給してから長い林道を歩きます。この辺りから徐々にハイカーと擦れ違うようになってきました。


Hiwadayama_pim_20110806_164Hiwadayama_pim_20110806_167

やがて集落を通過して国道299号に出ます。


Hiwadayama_pim_20110806_170Hiwadayama_pim_20110806_171

8時20分武蔵横手駅に到着します。次の列車の時刻まで24分間ありましたのでベンチで寛いでいました。


Hiwadayama_pim_20110806_172Hiwadayama_pim_20110806_183

下り線が到着し、トレランハイカーらしきチームが登場してきました。入念な準備運動をしてから出発して行かれました。


Hiwadayama_pim_20110806_187Hiwadayama_pim_20110806_189

電車に乗車し一駅隣の高麗駅で下車します。


Hiwadayama_pim_20110806_196Hiwadayama_pim_20110806_201

日和田山~高指山稜線を眺めながら駐車場に戻ります。


Hiwadayama_pim_20110806_202Hiwadayama_pim_20110806_204

有料300円駐車場は4台ぐらい停まっていました。

無料駐車場に帰着した時です。隣のスペースに無理やり軽自動車が停車してありました。側には持ち主であろう中年夫婦が登山準備中でした。よく見ると私の車の運転席側に対してドア全開状態です。私の存在に気付いているにもかかわらず、準備に夢中です。仕方がないので「すいませ~ん!ドアいいですか?」と一声かけます。

すると、妻の方が何の詫びそれた気持ちもなく無言でドアを閉めにきます。それに対して「すいません・・・」となぜか私が謝ることに・・・。何だか納得のいかない私は、首に巻いていた汗たっぷりタオルでその非常識な中年夫婦をぶったたきたくなりました。勿論大人なのでたたくなんて致しませんが気持ちが高ぶりました。

もし、軽自動車の全開状態のドアが私の車に堂々とぶち当てていたら、きっとアブを1発でたたき落とす命中率で、汗たっぷりタオルを振り切って中年夫婦を仕留めていたに違いありません。私のような人物にタオルを振り切られないように隣接している車側のドアの開閉には十分気を付けましょう。(朝練終了後は怒りに変わってしまい失礼しました。)

本日は自宅に帰着してからシャワーを浴びますので癒し温泉は無しです。


■天候:晴れ 

■出会った人:14人(日和田山~北向地蔵で4人、北向地蔵~駅で5人、駅でトレランチーム5人) 

■タイム:5:55~8:20(武蔵横手駅) 

■その他: 

◇朝練シリーズ第三弾無事に消化です。しかし、低山過ぎる暑さは何ら下界と変わりありません。唯一、五常の滝ルートだけは涼しく感じられました。 

◇蒸し暑さの中、朝練シリーズをこなしてきたので多少アルプスの1峰ぐらいは挑戦してみたくなりました(まだ甘いですね)。どこから攻めてどこを照準に置くか全く末計画状態です。しかし、高山の弱い私は酸素ボンベが必要になってくるかもしれません。何とか実現できるか懐と相談中です。

■参考:ハイキングマップ

ホームに戻る

日和田山・物見山 2010/12/31 標高500M以下超低山シリーズ

日和田山(ひわださん) 305M / 物見山(ものみやま) 375M 埼玉県日高市

2010_vol8_568

日和田山は日高市のシンボルとして人気の里山コースでもあります。

奈良時代に高句麗からやってきた高麗人が農耕を始めた巾着田の北側に聳えているのがこの日和田山です。

今回は日和田山に加えて物見山までのピストンコースを攻めてみました。

(ルート)日和田山登山口⇒金刀比羅神社⇒日和田山⇒高指山⇒物見山(ピストン)※おまけ巾着田


2010_vol8_347 2010_vol8_346

圏央鶴ヶ島ICより30分で日和田山登山口駐車場に到着です。


2010_vol8_349 2010_vol8_350

駐車料金は前金制となっており、備え付けの封筒に300円を封入して投函します。8:00登山開始です。


2010_vol8_351 2010_vol8_353

駐車場奥の日和田山登山口に2台おける無料スペースがありました。1台空きスペースがありましたが既に料金支払済で諦めます。


2010_vol8_355 2010_vol8_356

まずは日和田山を目指します。


2010_vol8_361 2010_vol8_363

5分で男坂女坂の分岐点に到着しました。


2010_vol8_367 2010_vol8_369

そして左側の男坂を選択します。


2010_vol8_371 2010_vol8_372

始めはフラットな登山道です。


2010_vol8_376 2010_vol8_377

おっと・・いきなり男坂らしくなってきました。


2010_vol8_380 2010_vol8_384

岩場の連続です。


2010_vol8_390 2010_vol8_392

足掛かりはしっかりとしています。面白いことに自分で岩場の中をチョイスして登って行けます。


2010_vol8_393 2010_vol8_396

結構な汗をかいてきた所で鳥居が見えてきました。


2010_vol8_407 2010_vol8_401

鳥居のところまで登ってみると、そこは絶景ポイントでした。富士山も見えていました。


2010_vol8_403 2010_vol8_411

岩の展望版なんて随分と洒落ていますね。


2010_vol8_428 2010_vol8_412

鳥居の奥には金刀比羅神社がありました。日和田山の山頂は右側からの進路を取ります。


2010_vol8_431 2010_vol8_432

足掛かりのしっかりとしている急な岩場を登っていきます。


2010_vol8_433 2010_vol8_437

すぐに山頂部分が見えてきました。あとは登って行くだけです。


2010_vol8_438 2010_vol8_529

急坂をクリアすると山頂部分です。まずは四等三角点の確認です。


2010_vol8_442

山頂305Mの標識です。


2010_vol8_444 2010_vol8_531

山頂部分からは日高市街が一望できます。先程の神社側からの方が眺望が利きました。


2010_vol8_450 2010_vol8_451

5分ぐらい休憩した後、次は鉄塔の見える部分の高指山を目指します。


2010_vol8_452 2010_vol8_456

しっかりとした登山道は杉林の中へと続いていました。


2010_vol8_459 2010_vol8_460

20分ぐらい歩くと舗装道路上に出ました。


2010_vol8_462_2 2010_vol8_464

高指山山頂はNTT電波塔のあたりです。中に入るのを諦めて次の目的地物見山を目指します。


2010_vol8_465 2010_vol8_467

舗装道路を進んでいくと、やがて集落が見えてきました。


2010_vol8_472 2010_vol8_473

赤い表示板を目印にここから物見山登山道に入ります。


2010_vol8_477 2010_vol8_481

緩やかな傾斜で僅かな高度を稼いでいきます。


2010_vol8_482 2010_vol8_484

途中、鉄塔の脇を通過しましたので下から激写です。今回はきれいに撮れました。

北向地蔵との分岐点です。本日は物見山までのピストンなのでそちらには向かいません。


2010_vol8_486 2010_vol8_489

分岐点を物見山方面に登って行くと、すぐに山頂に到達しました。本日は375Mの超低山コースです。


2010_vol8_493 2010_vol8_494

山頂部分にはベンチがあちらこちらに置いてありました。団体で休憩するには充分なスペースです。

三角点は100M離れた場所に設置されていました。


2010_vol8_498

因みに山頂からの展望はご覧のとおり見通しが利きません。


2010_vol8_499 2010_vol8_500

三角点の方向に進んでいきますと見えてきましたねぇ・・・ニヤリ!


2010_vol8_507 2010_vol8_511

雲取山以来の一等三角点です。45K置きに設置されているこの一等三角点はデカいですね。立派です!久しぶりに触ってみて感動しました。


2010_vol8_514 2010_vol8_516

実は、一等三角点を触ることが目的でした。これで1年の締めくくりとして満足できましたのでサッサと下山です。


2010_vol8_520 2010_vol8_535

来た道をサッサ・サッサと下って25分ぐらいで金刀比羅神社の裏側に出てきました。


2010_vol8_536 2010_vol8_539

改めて認識しましたが、ここが本日1番の絶景ポイントでした。


2010_vol8_543 2010_vol8_545

巾着田を一望していたら、物足りなさを感じていたので行ってみることにしました。下山は女坂を選択です。


2010_vol8_547 2010_vol8_548

女坂ですから暫く緩い傾斜です。


2010_vol8_551 2010_vol8_552

途中岩場っぽい箇所もありましたが、これなら小学校の遠足で来ても問題はないでしょう。


2010_vol8_553 2010_vol8_554

駐車場が見えてきました。な・なんと狭い路上ではおーまい・ごっと!”迷惑路駐”です。セコいですねぇ~300円ぐらい払ってくださいよ!

迷惑とならない路駐なら構いませんが、ここは迷惑となります。(私もセコいですが迷惑駐車はしません)


2010_vol8_555 2010_vol8_558

正規の駐車場にはまだ沢山のスペースがあります。巾着田は歩いて10分ぐらいの所にありました。


2010_vol8_561 2010_vol8_564

ヒガンバナ・ナノハナ・レンゲソウ・コスモス・サクラ等の花が咲く1周30分の巾着田コースは花の時期には散策が楽しめそうですね。


2010_vol8_565

巾着田から見た日和田山です。この低山と巾着田のワンセットが妙にマッチングしていて非常にいいですね。


■天候:晴れ

■出会った人:20~30名

■タイム:8:00~11:00

■その他:

 日和田山男坂を除くと児童の遠足コースでも登頂可能なコースでした。

 全般的にウォーミングアップやファミリータイプ向けの里山でした。但し、一部ロッククライミングの練習場もあり。

■参考: ハイキングマップ日和田山

◆推奨サイト:ゆうやけハイカー

       

その他のカテゴリー

2011年山行の軌跡 | 2012年山行の軌跡 | 2012年拷問登山ランキング | 2013年上半期山行の軌跡 | 2013年山行の軌跡 | 2013年度拷問登山ランキング | 2014年山行の軌跡 | ポンポン山/二ノ宮山 | 三頭山(奥多摩三山) | 両神山(八丁峠コース) | 両神山(日向大谷口コース) | 丸山 | 丹沢山/蛭ヶ岳(塩水橋) | 丹沢山(塔ノ岳~丹沢山~蛭ヶ岳) | 乾徳山 | 二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳 | 二子山/焼山/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 二子山(小鹿野町) | 二子山(横瀬町) | 仙丈ヶ岳【南アルプス】 | 伊豆ヶ岳 | 伊豆ヶ岳~子ノ権現(Photo) | 八ヶ岳(赤岳) | 剱岳【早月尾根】 | 北岳【南アルプス】 | 吾妻山【西吾妻山】(グランデコ) | 吾妻山(桐生市) | 吾妻山~鳴神山(桐生アルプス) | 唐松岳(北アルプス) | 四阿屋山 | 国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 城峯山 | 大小山~大坊山馬蹄形縦走 | 大岳山/御岳山 | 大持山/小持山/武甲山 | 大菩薩嶺 | 天城山 | 天狗岳(北八ヶ岳) | 奥多摩 むかし道 | 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 | 奥武蔵馬蹄形縦走 | 奥武蔵馬蹄形縦走High Version(二子山/焼山/武川岳/伊豆ヶ岳/正丸山/丸山) | 妙義山(白雲山) | 妙義山(金洞山) | 妙高山(笹ヶ峰登山口) | 子ノ権現/高畑山/古御岳/伊豆ヶ岳/武川岳/大持山/小持山/武甲山 | 子ノ権現~伊豆ヶ岳 | 安達太良山 | 宝登山 | 山行予告編 | 川苔山・本仁田山 | 巻機山 | 常念岳~蝶ヶ岳(北アルプス) | 平ヶ岳 | 平標山/仙ノ倉山 | 御前山 | 御岳山/大岳山/鋸山 | 戸倉三山【臼杵山/市道山/刈寄山】 | 日光白根山 | 日和田山 | 日和田山・物見山 | 日和田山~スカリ山~ユガテ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 | 日和田山~スカリ山~顔振峠 | 月居山 | 月山 | 棒ノ折山 | 武尊山 | 武甲山/大持山/小持山縦走 | 比企三山馬蹄形縦走 | 比企三山馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 比企三山馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 水沢山(榛名山系) | 火打山 | 熊倉山 | 燧岳(大清水) | 瑞牆山 | 甲斐駒ケ岳(黒戸尾根) | 甲武信ヶ岳 | 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺 | 甲武信岳/三宝山【奥秩父】 | 男体山 | 番外編「堂平山」 | 登山前に発生したハプニング | 登山纏め | 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 | 白馬三山【北アルプス】 | 皇海山/庚申山/鋸山 | 破風山(皆野町) | 碓氷峠(横川駅⇒軽井沢駅) | 磐梯山(八方台登山口) | 私的な日本百名山 | 秩父御岳山 | 笠山・堂平山 | 筑波山 | 筑波山 番外編 | 簑山(美の山) | 編笠山/権現岳(八ヶ岳) | 美ヶ原 | 至仏山(尾瀬) | 般若山・釜ノ沢五峰(秩父) | 苗場山 | 茂倉岳/武能岳/蓬峠(谷川連峰) | 茅ヶ岳/金ヶ岳 | 草津白根山 | 荒船山 | 蓼科山(大河原峠登山口) | 蕨山・有間山 | 蛭ヶ岳(青根ピストン) | 街歩き | 表妙義山縦走【白雲山~金洞山】 | 裏妙義 | 観音山(秩父) | 谷川岳(巖剛新道) | 谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) | 谷川岳(西黒尾根) | 谷川連峰主脈縦走【西黒尾根⇒平標山】 | 谷川連峰半馬蹄形縦走 | 谷川連峰馬蹄形縦走【反時計廻りVersion】 | 谷川連峰馬蹄形縦走【時計廻りVersion】 | 赤城山縦走(駒ケ岳/黒檜山/鈴ヶ岳/地蔵岳/長七郎山) | 赤城山(地蔵岳) | 赤城山(長七郎山) | 赤城山(黒檜山) | 赤城山(黒檜山~駒ケ岳) | 越後(魚沼)駒ケ岳 | 適当なお知らせ | 那須岳(茶臼岳/朝日岳/三本槍岳) | 金峰山 | 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 | 鐘撞堂山 | 陣見山 | 陣見山/雨乞山/不動山/宝登山 | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(奥秩父) | 雁坂嶺/雁坂峠 | 雲取山(三峰コース) | 雲取山(鴨沢コース) | 雲取山/七ツ石山 | 雲取山(積雪期三峰ルート) | 震災 | 霧ヶ峰(車山・八島ヶ原湿原周回) | 霧ヶ峰(車山) | 駅からハイキング | 高妻山 | 高尾山 | 高尾山~城山~景信山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~城山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走ピストン) | 高尾山~景信山~陣馬山(奥高尾縦走) | 高崎自然歩道 | 高水三山 | 鳳凰三山 | 鳳凰三山【青木鉱泉】 | 鷹ノ巣山(峰谷登山口) | 鹿島槍ヶ岳(柏原新道ピストン) | 鼻曲山

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ