« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

赤城山(黒檜山~駒ケ岳周回) 2014/3/22 ジーザス!爆風と青空、見事な霧氷のコラボレーション

赤城山(黒檜山1,828m/駒ケ岳1,685m) 単純高低差478m

Akagisan_kurobikoma_20140322_077
当初の計画では赤城山か甲武信岳(西沢渓谷ピストン)で、両者天秤に掛けて前日まで悩んでおりました。てんきとくらす情報では、赤城山は暴風で×印、甲武信岳は安定的天候で○印。
久しぶりの挑戦的モードが高まってきて、ほとんど甲武信岳に気持ちが傾いていました。
しかしながら、花粉情報を調べてみると甲武信岳は非常に多いの最上級クラス、対して赤城山方面は2ランク下の多い状態。
そして直近の赤城山は事前学習として、「ゆうやけハイカー」のレポを参照し大変有益な情報が得られます。なぜか私まで雪庇恐怖症になってしまいます。しかし滑落後に自力で登山道に回帰する場面は、強靭な精神力の持ち主でなければ困難であらう。

花粉恐怖症と雪庇恐怖症を比較するとやはり花粉恐怖症の方が勝ります。
そこで、最終結論は「赤城山」に決定です。

当日は4時15分起床(少し寝坊)し、自宅を4時半過ぎに出発、前橋ICからは下道で赤城山地内へと進みます。道路は標高1000m地点から雪道でスタッドレスが大活躍しました。
そして大沼周辺には7時ぐらいに到着します。前日の降雪及び当日の暴風は覚悟の上でしたが、到着時点で雪が降っており、赤城山全体が雪雲に覆われていました。テンション下がりまくってしまい、一時車中でふて寝します。

1時間ぐらい仮眠してからビジターセンターや大沼周辺を車で周回、除雪作業車数台が活動していました。
強風は一向に収まる気配はありませんが、ふと空を見上げると地蔵岳の上空だけ青空が見えています。地蔵岳に登るかと思いきや、車で向かって見ると除雪がされていなくて諦めます。
再び、大沼周辺に移動すると、準備中や待機中のハイカーを多数見かけます。
温泉直行モードに半ばなりかけていた気持ちもやる気モードに変換、もう少し様子を見るかと待機します。

暫く待機すると、降雪が止み黒檜山方向は未だ雪雲に覆われていましたが、折角ならば行ける所まで行くか!と準備を整えます。

歩きだして行くと、黒檜山登山口にアルパイン風の軍団がいて、12本爪アイゼン装着にピッケル持参の出で立ちを拝見して、装備品6本爪アイゼンのみの自分のスタイルにやや不安を感じてきました。

さて、どのような展開が待ち受けているのであらうか。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:おのこ第二駐車場(9:09)⇒黒檜山登山口(アイゼン装着 9:30-9:36)⇒猫岩(9:50)⇒黒檜山、ビューポイント(10:40-11:15)⇒黒檜山大神(11:17-11:22)⇒大タルミ付近(11:42)⇒駒ヶ岳(12:01-12:13)⇒駒ケ岳登山口(アイゼン解放 12:46-12:52)⇒おのこ第二駐車場(12:54

※歩行距離:6.4㎞ 行程タイム:3h45m

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Akagisan_kurobikoma_20140322_006

Akagisan_kurobikoma_20140322_001

前日の降雪により赤城山に向かう道路は既に標高1,000m地点で雪道になっています。今期最強のスタッドレスをムーヴカスタムに履かせているので走行には問題ありません。しかし、4輪駆動ではないので馬力不足でスタックしたらアウトです。走行中除雪車が数台作業をしており、まずは大洞駐車場にてトイレに立ち寄ります。雪が降っていたので、テンション下がりまくって不貞寝をしてしまいます。その後、赤城ビジターセンターに移動して暫く様子を見ることにしました。ふと地蔵岳上空を見上げると、青空が見えるようになり身体が再起動し始めます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_008

Akagisan_kurobikoma_20140322_009

おのこ第二駐車場に移動すると複数のハイカーが準備を整えています。猫岩より上部は未だ雪雲に覆われていて、ほとんど温泉直行モードになっていた重い身体で行ける所まで行ってみるかとややお試し山行モードで歩き始めます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_012

Akagisan_kurobikoma_20140322_016

ハンディ塩原を横目に見ながら大沼中央部に目を移すと、ワカサギ釣りの名人らが集結してこの時期限定の釣りを楽しんでおります。


Akagisan_kurobikoma_20140322_019

Akagisan_kurobikoma_20140322_020

地蔵岳上空には更に青空が広がっています。赤城神社先に見えている山々は昨年周回縦走をした陣笠山、薬師岳、出張山あたりです。勿論今年もやります!GWあたりに逆廻りで。


Akagisan_kurobikoma_20140322_026

Akagisan_kurobikoma_20140322_029

除雪後の車道を歩いて黒檜山登山口に到着すると、アルパイン風の軍団が12本爪アイゼンにピッケル装備の出で立ちで臨戦体制を整えています。周囲にいた他の登山者もオール12本爪を装着しており、6本爪軽アイゼンで登ろうとしている自分のスタイルに一抹の不安を抱えます。今回で4回目の黒檜山となりますが、厳冬期に戻った黒檜山を舐めていたかなぁ。駄目なら途中撤退のつもりで私も臨戦体制を整えます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_032

Akagisan_kurobikoma_20140322_033

標識が埋もれた登山口から急登が始まります。ルートは目印のピンクテープがありますので迷うことはないと思われます。やはり、全赤城山ルート中、黒檜山に登るルートが一番過酷で拷問ルートとなります。


Akagisan_kurobikoma_20140322_035

Akagisan_kurobikoma_20140322_049

先行者のトレースを辿りながら道標に従って登り込んでいきます。すると呆気なく猫岩に到達します。


Akagisan_kurobikoma_20140322_041

猫岩付近で見られるお馴染みの大沼、地蔵岳の雪景色の展望です。


Akagisan_kurobikoma_20140322_043

Akagisan_kurobikoma_20140322_042

大沼に張られた分厚い氷上にはワカサギ釣り名人で賑わっています。眼下の道路では、除雪車が既に両脇に積み上がっていた雪壁に新雪を積み上げる活動をしています。


Akagisan_kurobikoma_20140322_053

Akagisan_kurobikoma_20140322_054

再び急登を登り込んでいきます。本日は寒さに対抗して雪山用登山グローブを持っていないので、スキーヤー時代に使用していたスキーグローブを嵌めて登頂しております。年季物ですがこのアイテムフル活用できました。


Akagisan_kurobikoma_20140322_057

Akagisan_kurobikoma_20140322_058

先行者のハイカー達はアイスバーン交じりの急登に苦戦しながら息を切らしてペースダウンです。花粉で鼻より上部が死んでいた私は脚部は元気なので遠慮なく追い越していきます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_063

Akagisan_kurobikoma_20140322_066

黒檜山にも天日が射し始めてきます。雪景色が綺麗とは言え、相変わらずきつい勾配です。


Akagisan_kurobikoma_20140322_068

ふと樹林帯を見上げると霧氷が・・・感動の高木ぶぅー状態に陥ります。


Akagisan_kurobikoma_20140322_071

Akagisan_kurobikoma_20140322_074

高度感がありそうな張り出した雪庇からは著しく距離を置いて歩いていきます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_076

ジーザス!・・・・・ジーザス・クライスト・スーパースター!?


Akagisan_kurobikoma_20140322_082

Akagisan_kurobikoma_20140322_084

6本爪軽アイゼンを踵主体にグッサリと蹴り込んで、感触を掴みながらグイグイと登り込んでいきます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_095

Akagisan_kurobikoma_20140322_096

青空と霧氷、爆風とのスリーウェイマッチング状態の中、雪景色を楽しんでいきます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_098

Akagisan_kurobikoma_20140322_100

気持ち良く高度をグイグイ稼いでいくと山頂が近付いてきました。


Akagisan_kurobikoma_20140322_107_2

ジーザス!山頂付近の様子


Akagisan_kurobikoma_20140322_116_2

Akagisan_kurobikoma_20140322_117

フラットな雪道を歩いていくと黒檜山山頂が見えてきます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_183

Akagisan_kurobikoma_20140322_127

黒檜山にアタック成功!本年目標としていた厳冬期の黒檜山単独無酸素登頂達成に感動もひとしおです。来年は赤岳か、あくまでも厳冬期の単独無酸素登頂で、自分だけの力で達成させることが条件です。


Akagisan_kurobikoma_20140322_126

Akagisan_kurobikoma_20140322_121

山頂部は複数のハイカーで賑わいます。夏場に比べ積雪で立ち位置が高い為、視界が広がって見えます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_122

Akagisan_kurobikoma_20140322_128

トレースが付いているので、北側のビューポイントに向かっていきます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_129

Akagisan_kurobikoma_20140322_131

展望が期待できそうですが、北向きの爆風が吹き荒れています。皇海山だけははっきりと確認できます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_135

降雪後、新たに張り出した雪庇が見事です。


Akagisan_kurobikoma_20140322_154

ビューポイントに到達しますが、爆風が凄いです。爆風と霧氷のコラボレーション。


Akagisan_kurobikoma_20140322_147

爆風の対抗措置して気合いのバックダブルバイを決め込みますが・・・自撮りしながら2回もカメラが吹き飛びます。トータル7回ぐらい撮り直しをしていたら、グロ-ブを外していた右手の指先が凍傷気味になってきました。(@_@;)


Akagisan_kurobikoma_20140322_152

Akagisan_kurobikoma_20140322_179

何回も・・・別の場所での失敗作、こんな感じで適当な苦労をしています(汗)。え?だったらやるなだって。仕方ありませんので今回は下記にコメント欄をオープンにしておきますので、無記名でOKですので、山頂ポージングやめてほしい!またはいやいや、決まっているから継続してほしい!など今後の参考にさせていただきますのでご自由にどうぞ。ただコメントの返信は致しませんので予めご了承願います。っていうか、普段開けてないから気が付かないか。


Akagisan_kurobikoma_20140322_155

Akagisan_kurobikoma_20140322_159

北アルプス方面(左)、谷川連峰は著しく流れる雪雲の中(右)


Akagisan_kurobikoma_20140322_170

Akagisan_kurobikoma_20140322_172

凍結した大沼(左)、鈴ヶ岳、奥には白煙魔王の「浅間山」


Akagisan_kurobikoma_20140322_162

Akagisan_kurobikoma_20140322_165

強風で身体が揺さぶられながら展望を眺めていたら側にカリフラワー?


Akagisan_kurobikoma_20140322_184

Akagisan_kurobikoma_20140322_185

再び黒檜山山頂部に戻り、ビューポイントでの自撮りに納得がいかなかったので、ギャラリーのいる中で遠慮なく低空バックダブルバイを決め込みますが・・・・やっぱ遠慮してたみたい!全然決まってないっす。寒くてもう無理っす!周囲のギャラリーの方にも一段の寒さを与えたみたいだ。速やかに撤収です。一体何やってんだがバカな俺?次はバカ尾根登ってやれ?・・・。


Akagisan_kurobikoma_20140322_187

Akagisan_kurobikoma_20140322_188

山頂部撤収後は黒檜山大神に移動します。なんと!鳥居が積雪で埋没しています。御黒檜大神の石碑は完全に埋没しております。


Akagisan_kurobikoma_20140322_191

黒檜山大神からの正面に見える地蔵岳、長七郎山、小沼の展望


Akagisan_kurobikoma_20140322_199

真っ白な山容の噴煙王「浅間山」


Akagisan_kurobikoma_20140322_195

Akagisan_kurobikoma_20140322_201

凍結したコンパクトな小沼(左)、遠方に薄く富士山(右)


Akagisan_kurobikoma_20140322_203

Akagisan_kurobikoma_20140322_205

黒檜山大神で引き返すハイカーも結構いましたが、駒ケ岳方面に新鮮なトレースが付いていることを確認します。下界は前橋市街地の展望でしょうか。


Akagisan_kurobikoma_20140322_208

Akagisan_kurobikoma_20140322_210

事前情報ではいくつか不明瞭なトレースが複数付いていて、危険な箇所に導かれるとありましたが、多岐に渡る複数のトレースは消えており、1本筋の通った新鮮なトレースが夏道に準拠した形で付けられているように感じます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_214

Akagisan_kurobikoma_20140322_216

黒檜山ほどではありませんが目印テープもいくつかあります。地蔵岳を見降ろしながら下ります。


Akagisan_kurobikoma_20140322_220

青空と霧氷、そして見事なもふもふ


Akagisan_kurobikoma_20140322_222

Akagisan_kurobikoma_20140322_226

これから向かう駒ケ岳を視界に捉え、鞍部には歩いているハイカーを確認します。


Akagisan_kurobikoma_20140322_228

Akagisan_kurobikoma_20140322_229

ここで必殺!尻セードを試しますが、ボブスレーのようにスピード感が出てきました。ここで緊急登山速報が脳内で流れます。低山登山家のおーまい・なるお氏が赤城山の黒檜山下山中に尻セードに失敗し滑落事故発生!焦って途中で尻セード行為を取りやめます。(汗)


Akagisan_kurobikoma_20140322_230

Akagisan_kurobikoma_20140322_231

張り出した雪庇に距離を保ちながら尾根道を進みます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_233

霧氷を演出するサンシャイン


Akagisan_kurobikoma_20140322_235

Akagisan_kurobikoma_20140322_239

芸術的な雪庇を観賞しながら安定感のある尾根道を気持ち良く歩きます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_240

Akagisan_kurobikoma_20140322_245

桐生、足尾方面の山々(左)、アンテナ集合体の人工物がある地蔵岳(右)


Akagisan_kurobikoma_20140322_241

振り返って巨大な黒檜山


Akagisan_kurobikoma_20140322_246

Akagisan_kurobikoma_20140322_249

大ダルミ付近と思われる地点を通過して駒ケ岳に向かいます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_252

Akagisan_kurobikoma_20140322_259

薄いトレースを辿りながら駒ケ岳の方角に向かって、グイグイと直登りしていきます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_268

Akagisan_kurobikoma_20140322_263

駒ケ岳にアタックです。山頂からは桐生、足利方面の開けた展望が楽しめます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_274

Akagisan_kurobikoma_20140322_285

山頂ではおにぎりを食してから下山します。早朝の降雪からは考えられない予想外の快晴です。


Akagisan_kurobikoma_20140322_287

Akagisan_kurobikoma_20140322_301

縦走してきた黒檜山~駒ケ岳の稜線を振り返ります。鉄階段は埋没しているので、脇道にあるトレースを辿って下ります。


Akagisan_kurobikoma_20140322_305

Akagisan_kurobikoma_20140322_310

下山中、危険なトラバース箇所があり慎重に下っていきます。他に凍結箇所もありますのでアイゼンを喰いこませながら下ります。やがて駒ケ岳登山口に下りるとアイゼンを解放していきます。


Akagisan_kurobikoma_20140322_317

Akagisan_kurobikoma_20140322_324

縦走してきた周回ルートを見上げて駐車場に無事に帰着します。


Akagisan_kurobikoma_20140322_328

Akagisan_kurobikoma_20140322_329

温泉に向かう途中、赤城山の峠道で3台前を走るライダーが雪道でスライディング方式で転倒します。ハンドルが曲がったように見えましたが幸い怪我は無い様子でした。。もし直前を走っていたら、音速の貴公子モードで轢いていたかもしれませんので少々冷や汗が出ます。(汗)


Akagisan_kurobikoma_20140322_335

Akagisan_kurobikoma_20140322_338

その後、あいのやまの湯で冷えた身体を温めてから帰宅します。帰宅途中、走行中に赤城山を捉えます。圏央自動車道の奥に見えているのが赤城山です。

お疲れさまでした。


■天候:降雪後の快晴(山頂は身体が揺さぶられるぐらいの爆風)

■出会った人:40~50人ぐらい

■タイム:9:09~12:54【3時間45分、休憩等含】 

■形態:単独行 

■水分:1.5L(ペットボトル500ml:3本) 

■山域:赤城山

■深Q百名山:第6座目で登頂済【通算4回目】 

■出発地点より駐車場までの片道距離:107Km 

■登頂日:2014年3月22日(土)

■その他:  

★厳冬期に戻った赤城山の主峰に登頂して、目標としていた厳冬期の黒檜山をクリアできて満足です。山頂やビューポイントでは暴風に当たりながら30分程、雪山の光景を味わいました。降雪後に諦めずに突っ込んでいった御褒美に霧氷まで観賞できたこと嬉しく思います。今後は12本爪アイゼンとピッケル、冬靴などを入手できたら厳冬期の赤岳を単独スタイルで登頂を目標にしてみたいと思います。(いつになることやら?)

★猫岩から上部に凍結箇所が多く見られ、6本爪の踵を主体にグッサリと蹴り込んで、感触を掴んでからグイグイと登り込んでいきました。今期購入したチェーンスパイクに慣れていたせいか、6本爪アイゼンワークを忘れていましたが、体重移動にアイゼンの刃を旨く喰いこませれば、バランスが取れている感触を受けました。

★通算4度目の黒檜山ですが、黒檜山は断然冬に登るものだと感じます。大沼と周囲の赤城の山々が雪景色と絶妙に絡み合っている印象を受けました。勿論夏の黒檜山も好きですよ。いい山です。

★ココログのショボイコメント欄を限定的に下記に開いてみました。参考までに山頂ポージングの有無でも御回答いただけたら幸甚です。必要、不要、ウザくて見てられない、山頂にマッチングしていてもっとやってほしい!など適当な回答で構いません。勿論、名前無、通りすがりとかでもOKです。

・・・・・・・・・・・・・・・・~おまけ~・・・・・・・・・・・・・・・・

FBの山仲間に岐阜のハイカーがいます。空手家出身の彼女の山頂ポージングは、片脚を上空高く鋭く突き刺すナイスなスタイルに一目を置いています。私も何とか身体柔らかくして対抗できる脚上げポージングを目指したいと思います。(笑)

___2_5

___2_4

___1_4

厳冬期の独標を6本爪軽アイゼンのみで登頂してしまう猛者でもあります。

因みに本人の掲載許可は得ております。

ホームに戻る 

簑山(美の山) 2014/3/15 美の山ピークの展望は予想以上に抜群!

簑山(美の山) 587m 単純高低差420m

Minoyama_20140315_141
今期花粉飛散量ピーク直前、まともに山に入山できるか否か不安を抱えていた時期に、そろそろ山行ネタも尽きてきていたので、ゴーストハイカーを利用して勝手に盗聴してしまおうと密かに計画をしておりました。

そこで、あまり健脚ではないが花粉の影響を受けないゴーストハイカーX氏にゴーストへの依頼交渉を試みます。
まずはギャラの呈示を「このくらいで」とすると、X氏は首を横に振ります。
次に値をつり上げると、渋い顔をして「うーん」と不満気な表情をしました。
更にもう少し値段をつり上げると笑顔でOKを出してきました。

その直後、ざけんな!そんな高けぇ~ギャラ払うくらいなら、やっぱ俺が勝手に無理してでも歩くよと交渉をリセットさせます。そして花粉対策の完全防備マスク着用で低山アタックに挑む準備をしていきます。

そんな準備段階の最中に、今度はある毒者の方からSTAP(スタップ)疑惑の指摘を受けます。
THE BATEIKEI(馬蹄形)を新たにヤマレコで立ち上げたユニットリーダー、おーまい・なるお氏の番外編過去レポに不適切並びに不正確な内容が含まれているとのことでした。

先月に歩いたB級スポット巡り「松山城跡レポ」で使用された熊注意看板画像が、なんと!過去レポの「吉見町ポンポン山 」で掲載された熊注意看板画像に非常に酷似しているとの指摘でした。

こんなくだらんレポで捏造がバレてしまったか・・・。明らかに熊注意看板画像を使い回した不備は、ハイキング業界への信頼性を著しく損ねる誤りであるものと重く受け止め、レポ取り下げまで迫られる事態へと発展していきます。

最近流行っているのか、コピペ疑惑・・・所謂勝手に名づけたSTAP疑惑です。しかしながら、大学の卒論のコピペは手書きでやりました。手書きは労力も入りかなりきついっす。(爆)

上記疑惑発覚により、ただいま大きなストレスを感じているのであまり刺激をしないようにお願いします。
現在レポを作成しているレポ部屋に貼ってあったムーミンのシールは全てはがしました。(汗)

おーまいさん、最近はブラックユーモアの大家目指してるんすか!
と言われそうな出来事でしたが、花粉症の影響の方がむしろ深刻な状況となっています。

この深刻な身体の状況であるにも関らず薬物を投与しながら、エスケープ多数地帯の簑山(美の山)に入山する決意をしていきます。
脚部は全然元気なのですが、鼻から上が・・・。目の痒み、頭痛もセットで・・・。
鼻頭が熱くなり、鼻心溶融が始まったらメルトダウンにカウントダウンを打ち始めます。
ただちに人体への影響はありませんが、私の周囲半径10m以内には立ち入らないでください。

私自身もヤバくなったらいつでも逃げ切ります!

さぁ!初登頂となる簑山(美の山)にGOしていきます!

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:道の駅みなの(9:25)⇒萬福寺(9:33)⇒(仙元山コース)⇒お犬のくぼ(10:22)⇒みはらし園地(10:34-10:40)⇒榛名神社(10:53)⇒簑山【美の山】(11:06-12:15)⇒和銅採掘露天掘跡(12:49-12:54)⇒聖神社(13:05-13:10)⇒和銅黒谷駅着(13:15) (13:30秩父鉄道乗車)⇒親鼻駅⇒道の駅みなの

※歩行距離:9.4㎞ 行程タイム:3h50m(休憩等含)

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。

※簑山(美の山)北側斜面上部は雪が残っていますが、ノーマル歩行で対応可能、しかし軽アイゼンあればなお良い。南側斜面はほぼ雪なし。


Minoyama_20140315_003

Minoyama_20140315_007

本日は遅刻ハイカーとして道の駅みなのに到着です。ゴーストハイカーではなく、花粉症で瀕死状態の本人で登場!この出で立ちで銀行に入って行ったら、間違いなく呼び止められるであらう。


Minoyama_20140315_011

Minoyama_20140315_014

ガストの先に聳え立つ宝の山こと「宝登山」を捉えて、 140号線をガスト沿いに歩いていきます。 


Minoyama_20140315_017

Minoyama_20140315_019

すぐに不動尊萬福寺入口の看板が現れ、仙元山コースを選択して進んでいきます。


Minoyama_20140315_021

Minoyama_20140315_027

萬福寺の奥に丸く構える美の山を見上げて、仙元山方面の勾配のあるアスファルト道を登っていくと鳥居が右手に見えてきます。


Minoyama_20140315_030

Minoyama_20140315_032

本日はNorth Face ダウラギリでノーマルアタック体制で山道に入っていきます。少し登るとフェンスに突き当たりますので、道標に従ってフェンス沿いを歩いていきます。


Minoyama_20140315_035

Minoyama_20140315_041

静かな尾根道を歩いていくと小高いピークに到達します。祠が置いてあるこの場所がどうやら仙元山のようです。


Minoyama_20140315_048

Minoyama_20140315_050

登山道に並行してイノシシ軍団のトレースがありますので丁寧に辿っていきます。そして車道を横切ってお犬のくぼに向かいます。


Minoyama_20140315_053

Minoyama_20140315_056

残雪のトラバース道を滑らないように慎重に歩いていきます。登山道と思われる道は、雪溶け水が合流し小さな沢を形成しています。 


Minoyama_20140315_061

Minoyama_20140315_065

やがて、いこいの村ヘリテイジ美の山の側に出ると静かな建屋を一望していきます。施設を眺めて宿泊してみたい気にはなりましたが、もうガキンチョたちがデカくなっているので状況的に厳しいことを悟ります。 再び車道から山道へと交差しながら進んでいきます。


Minoyama_20140315_067

Minoyama_20140315_070

トレースが不明瞭の積雪地帯を直登していくと、単なる石と木を掻き集めたような場所が現れます。これがお犬のくぼか?


Minoyama_20140315_083

Minoyama_20140315_091

みはらし園地に到達し、ベンチの前で軽く低空バックダブルバイを決め込んでから、静かに1本立てていきます。


Minoyama_20140315_093

Minoyama_20140315_094

みはらし園地では、一部開けた箇所より里山の風景と眼下には集落が見られます。 


Minoyama_20140315_109

Minoyama_20140315_112

積雪で埋没状態のアスファルトっぽい道を登ると、小ぶりな榛名神社があり軽く参拝していきます。 


Minoyama_20140315_114

Minoyama_20140315_118

視界の開けた場所から見事に広がる奥秩父ラインを一望していきます。 眼下に広がる秩父市街地の視界も良く利いています。


Minoyama_20140315_122

甲武信三山、中央右手寄りの頂きは埼玉最高峰「三宝山」 


Minoyama_20140315_123

豪快に聳える鎖場王国「両神山」 


Minoyama_20140315_124

Minoyama_20140315_127

美の山直下を通過している皆野寄居有料道路 (左)、北側には男体山を主体とした日光連山(右) 


Minoyama_20140315_135

Minoyama_20140315_137

美の山山頂部に移動していくと、立派な展望台が良く目立ちます。


Minoyama_20140315_141

Minoyama_20140315_148

展望台に上ると予想以上の景色に驚愕していきます。奥秩父の明瞭な稜線を分かり易い山座同定表と照合しながら暫く一望していきます。


Minoyama_20140315_145

採掘部分のゼブラ模様を輝かせる秩父のシンボル「武甲山」


Minoyama_20140315_155

豪快過ぎる究極の鎖場王国「両神山


Minoyama_20140315_156_2

秩父のジャンダルム「二子山」


Minoyama_20140315_157

木賊山・甲武信ヶ岳・三宝山が綺麗に並ぶ甲武信三山 


Minoyama_20140315_158

左から水晶山、雁坂嶺、破不山、甲武信三山、馴染みの奥秩父主脈ライン


Minoyama_20140315_161

和名倉山、妙法ヶ岳方面和名倉山直下には三峰神社


Minoyama_20140315_163

右側から三峰ルートの白岩山、芋の木ドッケ、雲取山の稜線、長沢山、天目山 と続く


Minoyama_20140315_168

Minoyama_20140315_177

久しぶりに最高の奥秩父大展望に感動したぁ!素直な気持ちを身体全体で表現していきます。フロントダブルバイを豪快に決め込みます。


Minoyama_20140315_179

Minoyama_20140315_180

感動のおまけポージング、魂が燃える炎のポーズ(左)、大胸筋パンプアップ状態のサイドチェスト(右)・・・え、もうええ加減にしてくれないかだって?


Minoyama_20140315_193

Minoyama_20140315_198

テレビアンテナが集結する場所に、美の山山頂標識が設置されていますので、ここで昼食タイムとします。昼食後は後続パーティにベンチ付の山頂部を案内していきます。


Minoyama_20140315_201

Minoyama_20140315_202

赤城山(左)、日光白根山、男体ファミリー方面(右) 


Minoyama_20140315_200

Minoyama_20140315_204

広すぎる山頂部では余裕で野球の試合ができそうです。自販機もあるので水欠の心配が不要です。 


Minoyama_20140315_207

Minoyama_20140315_217

駆け込み不要の豪快なトイレ、公衆電話も設置されているので遭難しても安心です。(笑) 


Minoyama_20140315_208

Minoyama_20140315_212

東側の展望台からは大霧山以降の七峰縦走ラインが一望できます。


Minoyama_20140315_218

Minoyama_20140315_228

南側展望台では、右側から武川岳~二子山~丸山の奥武蔵馬蹄形ラインが眺望できます。 


Minoyama_20140315_232

Minoyama_20140315_235

広すぎる山頂部に1時間以上も滞在していたのでそろそろ下山タイムとしていきます。下山は和銅黒谷駅方面に下っていきます。南側斜面にほとんど積雪はありませんでした。


Minoyama_20140315_242

Minoyama_20140315_252

集落分岐点には廃車のスズキアルトが放置されています。集落一帯からは視界が良ければいつでも奥秩父の絶景が楽しめますね。


Minoyama_20140315_248

Minoyama_20140315_250

両神山、二子山方面(左)、甲武信山塊(右)


Minoyama_20140315_251

天を突き刺す整形の帝王「武甲山 


Minoyama_20140315_259

Minoyama_20140315_270

折角なので和銅採掘露天堀跡に立ち寄ります。 高さ5mの和銅開珎の巨大モニュメントを見て感動です。


Minoyama_20140315_269

Minoyama_20140315_274

BIG・TOTO開珎を祈願して、モニュメントの空洞に右手を重ねて、BIGりするような当たりお願いポーズ!を心を込めて決め込んでいきます。すると、何となくですが、経済的効益の威力が付いた気がしてきました。(笑) その後は再び集落街から黒谷駅を目指して歩いていきます。


Minoyama_20140315_280

Minoyama_20140315_283

銭神様御利益のある神社「聖神社」に立ち寄ります。リーマンハイカーからフリーマンハイカーに転身できるように真剣に祈願していきます。


Minoyama_20140315_292

Minoyama_20140315_296

国道140号沿いを歩いて和銅黒谷駅に到着します。


Minoyama_20140315_302

Minoyama_20140315_306

日本通過発祥の地、確か歴史が変わったような気がするが・・・。 武甲山を背後に秩父鉄道の列車が到着してきました。


Minoyama_20140315_311

Minoyama_20140315_315

2駅先の親鼻駅で下車して道の駅で車を回収していきます。その後、 満願の湯で全身に付着した花粉を徹底的に洗い流しながら身体を癒していきます。

お疲れさまでした。


■天候:晴れ

■出会った人:14人(美の山山頂部で10人、他スポット地にて、登山道は貸切)

■タイム:9:25~13:15【3時間50分、休憩等含】 

■形態:単独行 

■水分:2.0L(ペットボトル500ml:4本) 

■山域:北武蔵

■出発地点より駐車場までの片道距離:54Km 

■登頂日:2014年3月15日(土)

■その他:  

★初登頂となる簑山(美の山)の展望はまぢ最高でした。山頂まで車でも行けますが、登山行程を楽しみながら展望をセットにすると登山の楽しさ気持ち良さが実感できます。

★今回はロングをやらずに登山行程の短縮、花粉対策を万全な体制で臨みました。帰宅後は目の痒みがある以外、甚大な影響は出ませんでした。もう暫くの時期を乗り越えれば何とかなることでしょう。

★奥秩父の素晴らしい展望を一望できて大変満足した登山行程となりました。特に甲武信ライン、雲取ライン、雁坂ラインは馴染み深い山域なので今年もバシバシ歩いてみたくなりました。

さて、次回以降は夏場に向けた脚力強化を徐々にステップアップしていきたいと思います。

ホームに戻る 

比企三山馬蹄形縦走【笠山/堂平山/大霧山】 2014/3/8 残雪の馬蹄形シリーズ

比企三山馬蹄形縦走①笠山842m②堂平山877m③大霧山766m【時計廻りVersion】 単純高低差 667m

Hikisanzan_bateikei_201403081_146
雪害後のメンタル面及びフィジカル面に気合いを入れ直す意味で、今回で4回目となる比企三山馬蹄形縦走にトレーニングを兼ねて挑んでみました。比企三山馬蹄形での過去縦走は、時計廻りで1回、反時計廻りで2回経験しておりましたので、順番的には時計廻りとなりました。両者の周回を比較するとなぜか時計廻りの方がアップダウンが厳しく感じます。

さて今回の縦走内容につきましては既にヤマレコにアップしており、下記URLまたは山行記録のページよりご覧いただければ幸いです。

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-413265.html

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:ヤマメの里駐車場(6:41)⇒笠山(8:13-8:22)⇒堂平山(9:19-9:59)⇒白石峠(10:22)⇒定峰峠(11:20)⇒旧定峰峠(11:58)⇒大霧山(12:41-12:55)⇒粥新田峠(13:16)⇒橋場バス停(13:57)⇒ヤマメの里駐車場(14:14)

※歩行距離:19.5㎞、行程タイム:7h33m(休憩含)

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Hikisanzan_bateikei_201403081_040

Hikisanzan_bateikei_201403081_323

完全貸切状態の笠山山頂(左)、端から端まで総勢10名のオヤジハイカーが展望を楽しむ大霧山山頂(右)


Hikisanzan_bateikei_201403081_163

Hikisanzan_bateikei_201403081_289

ゼブラ模様の秩父のシンボル「武甲山」(左)、青春時代に憧れた究極の釣鐘型「笠山」(右)

ホームに戻る 

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ