« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014/2/22 日和田山~物見山~北向地蔵~スカリ山~ユガテ~橋本山 本気モードのスカリ山、踏み抜き多発地帯&変則的ツボ足でアタック!

日和田山~物見山~北向地蔵~スカリ山~ユガテ~橋本山 【ゲリラ豪雪後の奥武蔵山歩き】

Hiwadasukariyugate_20140222_141
暫く山歩きを休んでいたら、おーまいはもしかして佐村河内ハイカーではないか?とほんの僅少な一部のハイカーから疑惑が湧いておりました。
私にゴーストライターなどの存在はおりません。
実践ハイカーとライターのおーまい・なるおは同一人物でございます。(笑)
まぁ、文筆みりゃ~ライターの存在なんて一目瞭然です。しかし、無謀なロング縦走に挑戦している時は、もしかしたら「ゴーストハイカー」の存在がいるのかもしれませんね。(笑)

さて、関東甲信に猛威を奮ったゲリラ豪雪後の初歩きとなります。山梨・奥秩父・奥多摩方面は一部山間部集落の孤立状態が継続中、相当な雪害となっており暫くはお世話になっている地域の入山は厳しいと思われます。 

では、Homeの奥武蔵は如何なものかと、棒ノ折山・・・私的には「僕ノ俺山」へさわらびの湯から検討してみましたが、前日白谷沢に入山された山仲間の情報で雪崩、沢への転落等危険な状態を知らされます。この事態に遭難などしたら大顰蹙を買うこと間違いありません。ましてや冬山に変貌している棒の折山に装備不足の状態でアタックは確実に無理です。 

従って、奥武蔵定番の日和田山から行けるところまでを目指して登山準備に取り掛かります。 

さて当日は自宅を6時に出発し7時には日和田山登山口に到着する予定でおりました。しかし、出発後1本の緊急連絡が入ります。知人の女性から五千円を集らせてくれとの内容でした。最近山歩きやら裏歩きをしていなかった私は少し小銭が増えて処分に困っていました(笑)。そんな情報がある筋から拡散されたのか?どうかは不明でしたが、まさに筋金入りのたかり屋からの連絡でした。仕方なく五千円の必要性を確認するため、内容確認のプレゼン用意を依頼して、主の住む地域に向かいます。結構な無駄な時間を費やした結果、やむを得ず五千円の投資を決定し【題して、五千円集られちゃった事件】、サッさと切り上げて日和田山に向かいます。 

日和田山駐車場到着時刻は既に13時を過ぎており、完璧すぎる大遅刻ハイカーとなって低山縦走に挑みます。行ければ日和田山~顔振峠と思っていたのですが、時間が相当厳しい!ましてや雪山に変貌している里山です。まずは初っ端からチェンスパイカーとなって、スカリ山にシュートを決め込む勢いで突き進むことにしました。スカリ山以降は踏み抜き地獄&変則的ツボ足地獄が強いられました。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:日和田山駐車場(13:04)⇒男坂経由⇒金刀比羅神社前(13:28-13:32)⇒日和田山(13:38-13:44)⇒高指山(13:59)⇒物見山(14:21)⇒北向地蔵(14:50)⇒観音ヶ岳(15:04)⇒スカリ山(15:10-15:14)⇒エビガ坂(15:25)⇒ユガテ(15:44-15:50)⇒橋本山(16:07)⇒福徳寺(16:30)⇒東吾野駅(16:43)【西武線乗車:17:02】⇒高麗駅⇒日和田山駐車場(車回収)

※歩行距離:10.0㎞  行程タイム:3m39m(休憩等含)

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Hiwadasukariyugate_20140222_022

Hiwadasukariyugate_20140222_023

大幅な遅刻ハイカーとして日和田山駐車場に到着した時点で13時を過ぎていました。到着が困難であれば事前にゴーストハイカーに依頼を掛ける予定でしたが、正真正銘のリーマンハイカーで登場です(笑)。この時刻から顔振峠経由のルートは厳しいかと考え、まずはスカリ山を目指してからその後ピストンにするのか、ユガテに進んで見るか、選択肢をいくつか考えていました。登山口付近に雪はありませんでした。


Hiwadasukariyugate_20140222_024

Hiwadasukariyugate_20140222_026

トイレ前を通過後、少し登りかけて行くと登山道は雪道に変わっていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_029

Hiwadasukariyugate_20140222_030

後々装着しなければならないのは明らかな為、ベンチのある場所でチェーンスパイカーとなり、スカリ山目指してシュートを決め込む勢いで立ち向かうことにします。


Hiwadasukariyugate_20140222_032

Hiwadasukariyugate_20140222_034

毎度の如く男坂から登ります。ここで雪を見るのは記憶の中では初めてです。岩場下部で雪が残っていましたが、高度を稼ぐに連れて積雪が無くなっていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_038

Hiwadasukariyugate_20140222_039

ゆっくり登りながら楽な展開で金刀比羅神社前の展望箇所に到達していきます。今年1月3日に日の出を見て以来です。


Hiwadasukariyugate_20140222_046

Hiwadasukariyugate_20140222_048

白くなった住宅地から巾着田を見渡していきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_047

奥多摩三山の大岳山、御前山が目立ちます。豪雪と化した両山は登頂不可能な程、アプローチが困難な状況です。っていうか登山自粛を求められている山域ですね。


Hiwadasukariyugate_20140222_051

遠方にさいたま市街地、東京方面


Hiwadasukariyugate_20140222_053

Hiwadasukariyugate_20140222_055

金刀比羅神社から再度振り返ります。


Hiwadasukariyugate_20140222_056

Hiwadasukariyugate_20140222_058

金刀比羅神社を後にして、雪道を歩いて日和田山山頂にアタックを仕掛けにいきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_062

Hiwadasukariyugate_20140222_063

日和田山山頂標識のトップにコンパクトな雪だるまが造られており、妬けに可愛らしく感じます。


Hiwadasukariyugate_20140222_067

日和田山山頂部からの展望、南東の方角が開けています。筑波山が僅かに見えていますが、PM2.5の影響だらうか。


Hiwadasukariyugate_20140222_071

Hiwadasukariyugate_20140222_072

埼玉の下界各種施設


Hiwadasukariyugate_20140222_074

Hiwadasukariyugate_20140222_076

山頂を後にして鞍部まで下ります。高指山に向かって歩くに連れて積雪量が増えていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_081

Hiwadasukariyugate_20140222_085

高指山を見上げて集落に向かう舗装路に入りますが・・・除雪がされていません。


Hiwadasukariyugate_20140222_090

Hiwadasukariyugate_20140222_095

集落売店前は除雪がされていました。物見山に向かう登山道でなんと!黒いブーツに手提げ袋を持った女性が下りてきました。一瞬、塾の帰りですか?と聞きたくなりましたが、ハイカーではなさそうなので不用意な発言は控えました。


Hiwadasukariyugate_20140222_097

Hiwadasukariyugate_20140222_099

物見山に到達です。山頂には10名程度のパーティが休憩をして賑わっていました。


Hiwadasukariyugate_20140222_102

Hiwadasukariyugate_20140222_103

物見山より先は一本筋の通ったトレースは無くなり、歩幅の合わない変則的ツボ足状態になります。敢えてここを歩かずに脇の硬いバーンを歩く方が歩き易い感じでした。


Hiwadasukariyugate_20140222_104

Hiwadasukariyugate_20140222_107

いつも軽トラが置かれている場所の周辺から除雪がされていました。そのまま歩いていくと作業員3名で除雪作業中です。作業の邪魔をしてはいかんと思い、通行不能であればピストンで戻るつもりでした。作業員に通行しても大丈夫かどうか尋ねると、快くどうぞと言われましたので遠慮しながら脇から通行させていただきました。


Hiwadasukariyugate_20140222_111

Hiwadasukariyugate_20140222_113

北向地蔵手前の車道までは除雪作業が入り歩き易くなっていますが、山側には大量の雪が残っており気温上昇でもあれば雪崩が発生することも想定できます。


Hiwadasukariyugate_20140222_116

Hiwadasukariyugate_20140222_121

車道を横断し北向地蔵に向かう途中、積雪の重みで枝が倒れている箇所がありますので注意しながら歩きます。


Hiwadasukariyugate_20140222_123

Hiwadasukariyugate_20140222_126_2

物見山以降ハイカーを見かけませんでしたが、北向地蔵で二人のハイカーを確認したのが本日最終ハイカーとなりました。北向地蔵から先は車道歩きをしていきます。除雪はされていますが、凍結箇所多数でスタッドレスでも危険な状況です。


Hiwadasukariyugate_20140222_127

Hiwadasukariyugate_20140222_128

スカリ山取付口から尾根道に入ります。


Hiwadasukariyugate_20140222_130

Hiwadasukariyugate_20140222_131

踏み抜き地獄やら先陣が残した変則的ツボ足で登っていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_132

Hiwadasukariyugate_20140222_136

まずは観音ヶ岳から武甲山を望みます。


Hiwadasukariyugate_20140222_135

Hiwadasukariyugate_20140222_139

スカリ山に向かう鞍部までの下り道ではとても400m前後の低山とは思えない程の積雪量です。


Hiwadasukariyugate_20140222_140

Hiwadasukariyugate_20140222_141

コルより登り返してスカリ山にアタックを仕掛けます。


Hiwadasukariyugate_20140222_143

Hiwadasukariyugate_20140222_146

本気モードでスカリ山にアタックです!積雪量が半端ないっす。


Hiwadasukariyugate_20140222_145

スカリ山で雪庇が発達??


Hiwadasukariyugate_20140222_147

スカリ山から眺めた奥武蔵の帝王、武甲山


Hiwadasukariyugate_20140222_148

遠方に霞んで見える「榛名山」


Hiwadasukariyugate_20140222_150

Hiwadasukariyugate_20140222_152

先端が立っているシンボルの笠山(左)、そして遠方の高崎・前橋方面を眺めます。


Hiwadasukariyugate_20140222_158

Hiwadasukariyugate_20140222_161

数名のハイカーの踏跡しかない尾根道を下り、トラバースしていきます。トラバース道はやや危険を感じる難易度でしたが、変則的ツボ足をチェーンスパイカーとして蹴散らしながら進みます。


Hiwadasukariyugate_20140222_165

Hiwadasukariyugate_20140222_168

結構本気モードでエビガ坂に到達です。時間があれば顔振峠方面に進みたかったのですが、5千円たかり屋に嵌められた事件により、ユガテ、東吾野駅方面にやも得ず進行していきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_170

Hiwadasukariyugate_20140222_171

変則的ツボ足で進んでいくと、ユガテに通じる登山道は結構荒れており、道を塞ぐ巨大枝に進行を妨げられていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_179

Hiwadasukariyugate_20140222_182

ユガテに建つ民家の脇道を通過していくと、ゆずが雪害に遭われています。


Hiwadasukariyugate_20140222_186

Hiwadasukariyugate_20140222_191

ユガテにまでこんなにも豊富な雪があるとは驚きです。こんなユガテ歩きはニガテ?


Hiwadasukariyugate_20140222_193

Hiwadasukariyugate_20140222_198

ユガテシンボルの標識を確認後、東吾野駅に向かう為、古道飛脚道を選択します。


Hiwadasukariyugate_20140222_201

Hiwadasukariyugate_20140222_209

踏み跡の人数は少ないと思われる道を辿り、橋本山に到達します。暫し夕刻の開けた展望を楽しみます。


Hiwadasukariyugate_20140222_205

何度も登場する武甲山、手前左側が武川岳


Hiwadasukariyugate_20140222_206

古御岳~伊豆ヶ岳のラインが鮮明に見えます。


Hiwadasukariyugate_20140222_207

Hiwadasukariyugate_20140222_217

奥武蔵を一望してから勾配が急な男坂を下ります。


Hiwadasukariyugate_20140222_220

Hiwadasukariyugate_20140222_228

下りではチェーンスパイクの爪が気持ち良く効いているので、ガシガシ下っていきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_231

Hiwadasukariyugate_20140222_234

やがて福徳寺が見えてきて前を通過していきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_237

Hiwadasukariyugate_20140222_239

雪害に影響の無かった阿弥陀堂を見学して、チェーンスパイクを解放していきます。


Hiwadasukariyugate_20140222_241

Hiwadasukariyugate_20140222_245

車道を歩いて東吾野駅に到達します。次の発車時刻まで20分近くありましたのでベンチでゆっくり寛ぎます。


Hiwadasukariyugate_20140222_249

Hiwadasukariyugate_20140222_251

数日前に全線復旧した西武線の列車が到着します。17時2分に乗車し高麗駅まで2駅の短い車窓の旅です。


Hiwadasukariyugate_20140222_254

高麗の里にコンパクトに聳え立つ日和田山を見上げながら車の回収に向かいます。お疲れさまでした。


■天候:晴れ時々曇り

■出会った人:25人

■タイム:13:04~16:43【3時間39分、休憩等含】 

■形態:単独行 

■水分:2.0L(ペットボトル500ml:4本) 

■山域:奥武蔵

■日和田山登頂:通算14回目 

■出発地点より駐車場までの片道距離:32Km 

■登頂日:2014年2月22日(土)

■その他:  

★大幅な遅刻ハイカーとしてスタートした日和田山からの低山縦走でしたが、出だしの遅延に調子が狂って思うようなチェーンスパイカーとしてのパフォーマンスを発揮することができませんでした。ただ積雪に対しては非常に爪が良く絡んでいたので器具としてのパフォーマンスは良好でした。

★踏み抜き地獄&変則的ツボ足地獄のスカリ山はやや難儀しつつも楽しく登頂することができました。スカリ山以降のエビガ坂、ユガテ方面もハイカーの歩いた形跡が薄く、新鮮な感覚で歩くことができました。

★さて、昨年は3/2にかんぽ寄居から陣見山~宝登山の縦走、3/9に高尾山⇔陣馬山のピストンを消化しましたが、歩いた両日ともに猛烈な花粉に襲われ、洪水気味の鼻水により鼻心溶融が起こり、メルトダウン2回、翌日は目が開かない現象が発生、今でもトラウマとなって記憶に残っております。従って、花粉の影響によっては登山自粛も考えています。やっぱ、大人の裏歩きになってまうかな・・・(笑)。以下も登山自粛の要因の一つ。

★2/26よりPM2.5の観測値が高まっています。当日は奥武蔵や奥多摩方面も晴れていたにも拘わらず、朝から霞んで見えづらい光景でした。明らかに中国で発生している有害物質PM2.5の影響です。更にPM2.5の5分の一の微粒子のPM0.5もあるようでこいつはもっと厄介な物質のようです。黄砂・PM2.5・鳥インフルエンザ等、環境テロに脅えなければならないのだらうか。打開策は・・・・、特大スカッド打ち込んでも効果は軽微だらうな。とにかく迷惑な国だ、ほんまにいい加減にせいや!と怒りを代弁していきます。

ホームに戻る 

松山城跡・巖窟ホテル・岩室観音 2014/2/11 おーまい・なるおのB級スポット巡り【番外編】

松山城跡・巌窟ホテル・岩室観音 おーまい・なるおのB級スポット巡り【番外編】

 

Matsuyamajyoseki_20140211_190
毎度2月頃、山行に対するモチベの下がる時期、首都圏に大雪警報が発令されました。それ以来どうせ山に入っても寒みぃ~し、冬靴持ってねぇ~し、夏靴でラッセルの強硬でもしたら凍傷になりそうだし、やっぱかったり~なぁ。

 

通常の2倍~3倍掛けてまで効率の悪い登山をやりたいか!と問われれば私的には好まない登山スタイルなので、適当に街歩きでもしようかと偶々実家に立ち寄った機会があって、序にB級スポット歩きをしてみました。レポなどする気ゼロだったのですが、なぜかカメラ持って来ちゃってたんですよね~・・・。毎度の如く読み逃げスタイルで結構です。内容は物凄くつまらんですけど、それでも読みますか?不快に思う部分も含まれているので止めておいた方がいいですよ。

 

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ


 

 

Matsuyamajyoseki_20140211_019

Matsuyamajyoseki_20140211_021

 

さて実家に立ち寄る前に東松山市側から市の川を渡って、吉見町側に入るとそこにB級スポットがあります。このB級スポットとは、吉見百穴を主体に松山城跡を含めて私的に指定しているスポットです。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_022

Matsuyamajyoseki_20140211_023

 

橋を渡って歩いていくと、まずは現在閉鎖されている巌窟ホテルが現れます。ここ巌窟ホテルは宿泊施設でなく、岩山内部に部屋のような空間が掘削されて造られていることから名称が付されたのかと勝手に思っています。私が小学生から中学生当時、7~8回程度内部を見学したことがあります。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_024

Matsuyamajyoseki_20140211_027

 

敷地内には当時の賑わいを思い出させてくれる錆び付いた遊具が残されています。そう、なぜ閉鎖されているのか、洞窟内部が崩落の危険があるからなんですよね。確かもう何十年も前から閉鎖されているはずです。今では一般公開で内部に入ったことのある人は私を含めて貴重な存在でしょうかね。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_030

Matsuyamajyoseki_20140211_031

 

この黒い門が入口でした。入場チケットは道路を挟んだ向かい側の巖屈売店で販売されていました。確か当時小学生は50円だった記憶があります。この巖屈売店、販売機の設置をしているけど今でも営業してんのか?まさにB級売店です。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_034

Matsuyamajyoseki_20140211_035

 

巖屈ホテルに隣接されて岩室観音があります。久しぶりに立ち寄ってみることにしましょう。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_041

Matsuyamajyoseki_20140211_042

 

岩室観音は石仏の宝庫。石仏は全部で八十八体あり、この石仏を拝めば四国八十八札所を巡ったのと同じ功徳が得られるとのことです。なので私は未だに四国と沖縄に足を踏み入れたことがありません。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_044

Matsuyamajyoseki_20140211_045

 

何処にでもありますけど、ここにも胎内くぐりがあります。くぐると安産やその他の願い事が叶うらしいです。ちょっと妊婦にはキツイかな~。滑落したら流産してまうかもしれませんねぇ、いや、逆に産まれちゃうかも?そりゃ~モノホンの安産やねん。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_043

Matsuyamajyoseki_20140211_046

 

斜度80度ぐらいほぼ垂直な階段を上って二階に上がります。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_047

Matsuyamajyoseki_20140211_048

 

岩室観音本体は二階にあります。しかし、年季の入った床の隙間が・・・ヤバくねぇ?ここ築何年だらうか。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_050

Matsuyamajyoseki_20140211_056

 

岩室観音二階部分からは市ノ川、東松山市街地、奥武蔵の一部の眺望が利いています。比企を代表する堂平山~笠山ラインが目立ちます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_053

 

奥武蔵の代表格と言えば、やはりダブルフェイスのあの山です。表層的ジギルとハイドのように悪天候では不気味に感じます。そう、昭和が生んだ整形の帝王「武甲山」


 

Matsuyamajyoseki_20140211_055

 

 

 

奥武蔵には欠かすことのできない存在、私的にシンボルの笠山。そう、11PMやらトゥナイトがとても懐かしくなる完璧なお椀型にアドレナリンが高ぶってしまうシンボルの山です。(笑)


 

Matsuyamajyoseki_20140211_061

 

そして、THE PRICEが東松山市街地中心部に聳え立ちます。これもB級スーパーだらうな。私の知っている時代はイトーヨーカドーでした。このTHE PRICEも建屋がヤバくて1階店舗のみ営業していると聞いていたが・・・。今でも営業してんのかな。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_064

Matsuyamajyoseki_20140211_066

 

展望を楽しんでから1階部分に下りていきます。吉見町にパワスポ巡りがあるのか・・・。何でもパワスポって言えば、観光客やらハイカーが集客して来るとでも思ってんのだらうか。これじゃあ、Oozuma-Power-Spo倶楽部会長の号令が掛かっちまうでないかい。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_073

Matsuyamajyoseki_20140211_075

 

ステージは変わり吉見百穴方面に歩いていきます。吉見百穴前には手打ちうどんがまいう~という噂の松音屋があります。過去に1度だけ某組織の宴会で2階に立ち入ったことがありますが、うどんを喰った記憶が無いっす。従って、私の味覚ではでら、まいう~判断はでき兼ねます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_076

Matsuyamajyoseki_20140211_081

 

吉見百穴の入口です。入場料は大人300円、小人200円です。もう少し前は小人もっと安かったはず。子供200円はちょっと、ぼったくりじゃねぇ?

 

あの小さい穴が見えるでしょう?あの穴が百個あるから百穴って子供時代に聞いた覚えがありますが、実際は百十六ぐらいあったかな?いくつだらう。確か子供時代にはあの穴に乞食が住んでいると聞いていたなぁ~。

 

数十年前のことです。乞食ではありませんが、乞食の格好をして東松山主要部を真昼間からほぼ毎日歩いている男がいました。その名は「こじたこじお」と呼ばれていました。このレポ見て知っている人がいたら、まぢ驚きです。今はどうしただらうか、きっと生きてねぇ~だらうな。そのこじたこじお氏は、ズボンのポケットに常に石を偲ばせており、市内のガキ連中が歩いているこじた氏の姿を見かけると、「こじたぁ~!」と叫びます。すると、こじた氏が石を投げてくるんですね。私もガキの頃こじた氏に向かって叫んだことがあります。その時反射的に石は投げてきませんでした。私が隙を見せた数秒後、なんと!路地裏からいきなり現れてバウンド付きで石を投げてきました。勿論、こじた氏はノーコンなので石は当たりませんでした。(汗)

 

子供時代に見かけた本当に実在した人物「こじたこじお」伝説、とても懐かしいです。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_082

Matsuyamajyoseki_20140211_083

 

それから馬蹄形に歩ける内部の広い洞窟は、第二次世界大戦中、地下軍需工場として掘られたのは地元では有名な話です。公開している部分は10分の一とのことですが、私がガキの時代に鉄格子奥の洞窟に裏側から潜入したことがあります。反対側からライトを照らすと観光客が驚くんですよねぇ~。そんな悪さして楽しんでおりましたわ。でも洞窟奥には気味が悪いほどコウモリが沢山いたので、今では潜入したいと思いません。っていうか今でも潜入できるのかな。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_088

Matsuyamajyoseki_20140211_068

 

再び巖屈ホテル前に戻り、今度は巖屈ホテル上部にある松山城跡に向かうため廻り込みます。松山は城下町でもあったんですよ。江戸、川越、岩槻と同時期に城が築かれたとも言われております。このB級城跡は歴女さんにはお勧めだね。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_094

Matsuyamajyoseki_20140211_096

 

この階段から松山城跡に辿り着けるようです。小学生低学年だったと思います。兄貴に連れられて1度だけ登ったことがありますが、何があったかほとんど覚えていません。樹林帯に囲まれた広場があったような・・・。とりあえず登って記憶を甦らせてみましょう。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_097

Matsuyamajyoseki_20140211_098

 

こんな場所にも予想以上に大雪の影響が残っており、滑ってカメラを雪に落としてしまいました。靴だけはメレルカメレオンミドルカットを履いてきましたが、靴下やズボンはしまらーの安物、ヘッデンもザックも食料も装備品ゼロです。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_102

Matsuyamajyoseki_20140211_108

 

雪道を登っていきますが、ノーマル走行のトレースがあります。ケモノラッセルもある?あ、熊鈴も忘れちまったなぁ~。


 

0311010017kumakanbanosimatoubu

 

すると、熊出没注意看板が衝撃的に現れます。 

 

なぁ~んて言うのはブラックジョークでして、私の自作自演です。え?全然驚かない?北海道って書いてあるし、原油価格も高騰していることだし、こんな小細工は、イチバレル、ニバレル、すぐばれる?(笑)


 

Matsuyamajyoseki_20140211_113

Matsuyamajyoseki_20140211_117

 

やがて石段が現れ、そのまま上っていくと松山城跡に到達です。城跡だけあって広々としたスペースです。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_133

Matsuyamajyoseki_20140211_135

 

この場所が本曲輪とのこと、本丸みたいなものですかね。立派な案内図もあります。この地は歴女的ハイカーなら楽しめると思いますよ。私には何だかよくわからないけど。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_163

Matsuyamajyoseki_20140211_147

 

立派な石碑もあります。西側に開けた場所があるので、暫し夕日に染まる奥武蔵を眺望してみましょう。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_145

 

奥武蔵の奥にいきなり巨大な「浅間山」の姿が見えます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_153

 

堂平山と笠山、堂平の天文台ドームがはっきりと確認できます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_156

 

鋭く聳え立つ武甲山、配列で言えば奥の丸い山は武川岳かな。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_164

Matsuyamajyoseki_20140211_167

 

展望を楽しんだ後は、約1名様のみのトレースを辿って反対側に進んでいきます。途中、ケモノラッセルも含まれていますねぇ~。え?言いたいのか?どうせ、おーまいはケダモノラッセルってことだらう。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_168

Matsuyamajyoseki_20140211_169

 

三ノ曲輪を通過して、トラバース気味に歩いていきます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_174

Matsuyamajyoseki_20140211_176

 

本日はチェーンスパイクなどの装備品を持ち合わせておりませんので慎重に歩きます。やがて民家の脇に出られました。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_177

Matsuyamajyoseki_20140211_182

 

民家脇には松山城跡入口の表示がありました。その後は車道歩きで巖窟ホテル方面に歩いていきます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_183

 

夕日に染まる奥武蔵、綺麗ですね。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_187

 

雪景色の市ノ川


 

Matsuyamajyoseki_20140211_195

Matsuyamajyoseki_20140211_191

 

橋を渡って東松山市側に移り、未舗装の土手道を歩きます。右手には先程歩いた松山城跡が見えます。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_199

Matsuyamajyoseki_20140211_202

 

左手には閑散としたディアナ・マリエール、裏側の壁汚れてんなぁ~修繕費用の捻出厳しいだらうか。川を挟んで右手には吉見百穴、更に奥には射的場があります。射的場裏手の山側には、よく仮面ライダーやゴレンジャーの撮影隊が来ていたと聞いたことがあります。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_208

 

シンボルの笠山を見ながら土手道を歩いていきます。

 

以前、一度やろうと思っていた案件に橋谷晃さんの「大人の山歩き!」に対抗して、おーまい・なるおの「大人の裏歩き!」がありました。前職の勤め先が東京でも最前線を行くエロス街近辺にあり、山手線で最も乗降客の少ないU駅を利用しておりました。因みに誤解を招くといけないので、私が勤務していた業界がエロスの業界ではありません。オフィス街の近くに偶々、日本最大級のエロス街があったということだけです。従って、当該界隈を歩けば迷うことはありません。ちょっとしたおふざけ感覚でレポでも造ってみようかな・・・と考えたことがあっただけです。

 

レポの趣向が山ではなく、大人の裏歩きに変わってしまったら、読者はメタボ先輩、呟きの女王らるご、山仲間のたね氏、OozumaのM子ぐらいしかいなくなっちゃうだらうな。秦野在住の駆け出しハイカーさんも付いてきてくれるかな。まさに毒者?・・・すいません、固有名詞上げちゃって怒らんといて~(笑)


 

Matsuyamajyoseki_20140211_212

Matsuyamajyoseki_20140211_210

 

土手を歩いていくと気持ち良さ気だね。尻セードでもしたら確実に川に落ちるであらう。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_214

Matsuyamajyoseki_20140211_217

 

大谷の伝説コース表示板近くの国道407号バイパス橋の下に来ました。あの場所が実は超穴場だったんですよ。何の穴場かって?ザリガニです。私が小学校の時代ですから今はいないな。当時、1日当たりの最大捕獲量78匹という記録を持っています。

 

アメリカザリガニ、所謂「マッカチン」です。え?おーまいの下腹部のことじゃねぇ~かだって?ふざけだよ!本気で大人の裏歩きにしてほしいのかよ。巨大なハサミを持つ真っ赤なザリガニのことを「マッカチン」と言うんです。懐かしいなぁ~沢山取れたんですよ。家に持ち帰れば母ちゃんにくせぇ~とか言われながらバケツに飼っていたなぁ~。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_218

Matsuyamajyoseki_20140211_219

 

市ノ川を離れて市街地方面に向かって歩いていきます。ユニクロやらしまらー、ベルク、西友などのスーパーや商店街が立地されていますが、私の知っているこの場所は全面田んぼでした。民家も何もありませんでした。


 

Matsuyamajyoseki_20140211_221

Matsuyamajyoseki_20140211_222

 

確かにこの道1本だけは昔からありました。と懐かし気に勝手に歩いてきました。まだまだ実家までは歩きますが、そのまま皆さまを連れて行く訳には行きませんので、この辺でお別れ致しましょう。

 

また、気が向いたらこんなつまらんB級スポットレベルのレポを造るかもしれません。明日はまたまた雪予報ですな。元々土曜日は仕事もあり、暫く山には行けないと思います。従って、レポも大人の裏歩きに変わってしまうかも・・・・?(笑)。

 

(Feb-13-2014 PM:21:00)

 

By Naruo OhMy

 

ホームに戻る 

 

 

 

 

2014/2/8-2/9 暴風雪の中、露天風呂で冷えた身体を温める  翌日は雪掻きに奮闘、地域に貢献か?しかし最後は敗退【番外編】

【番外編】暴風雪の中、露天風呂で冷えた身体を温める  翌日は雪掻きに奮闘、地域に貢献か?しかし最後は敗退

 

Img_1182

Img_1175

 

本日(2/8)は埼玉含め関東地方では10年に1度の大雪注意報発令です。最近10年に1度とか20年に1度などの爆弾低気圧チックなフレーズを良く耳にしますが、地球温暖化が一つの要因であることに違いはないであらうけど、今後究極の悪天候が毎年のように発生するような気がしているのは、自分だけではないと考えます。

 

本日はじっとしていると、うぅ~、寒い・・・完璧にさむい・でいびす・ジュニアモードです。従ってそのような事態には、自宅最寄温泉(源泉100%じゃあないっす!加水加温です)に逃避です。

 

館内は当然の如く、空いていました。暴風雪の中、久しぶりに娘の同級生のオヤジと言っても私より8歳年下のパパが小学1年の女の子を連れて露天風呂で遭遇、暫く地元の話で盛り上がります。


 

Img_1179

Img_1184

 

14時~18時の4時間、館内で日頃の仕事で疲れた身体を癒し込みます。癒し込み終了後、退館すると駐車場に置いていた車は一気に雪に埋もれていました。広い駐車場には3、4台置かれています。別駐車場も表側にあります。車の雪下ろしをしていると、軽トラで乗り付けてきたオヤジが近づいてきます。「館内空いていました?」と尋ねられ、空いているけど完全貸切ではないことを伝えます。すると、そのオヤジは「こんな日に物好きがいるんだぁ!」と呟きます。私も心の中で「お前もな!」と呟きます。


 

Img_1189

Img_1193

 

その後、既に12月後半にスタッドレスタイヤに履き替えていたので街の状況をパトロールがてら周回してみます。途中、ガスステーションに立ち寄り、暴風の中セルフでガスを注入していると身体や顔に雪が吹き付けてまともに注入できませんでした。

 

雪に馴れていない街中では、立ち往生している車やら溝に嵌っている車の光景が既に見られました。


 

Img_1195

Img_1200

 

翌朝は10時に起床、ハイカーならば完璧遅刻ハイカーです。画像は私のアジトから見える光景と入口です。気が付いても決して投石などしないで下さいね(笑)。長靴を持参していない私はハイカットの登山靴にスパッツを履いて、御自慢のポリカーボネード製のスコップを抱えて準備を整えます。深いところでは30センチは積雪があるでしょうか。既に除雪作業をしている周辺住民に遅れて挨拶を嚙ましながら、まずは周囲の状況を把握します。


 

Img_1205

Img_1203_2

 

登山口アプローチに活躍している2台の車、左がトヨタノア4WDではあるがタイヤはノーマル、右側がダイハツムーヴカスタムコンテ、2WDだがタイヤは最強のブリヂストン製スタッドレスタイヤ使用がパーキングに並べてあります。名義は2台とも「おーまい・なるお」の名義ですが、運転手は2名おります。え?その名義下界にも通用すんのかって?当たり前ですが通用致しません。下界では別の名義が使用されていますよ(笑)。まずは自宅廻りから道路へと除雪作業に集中していきます。雪は水分を多量に含んだ雪質のため、非常に重く感じます。途中、隣人のオヤジも出てきましたが、腰が痛ぇ~とか言いながら早急に敗退していきました。


 

Img_1204

Img_1208

 

何とか翌日に凍結を残さないように自宅周辺の変則的半径100mを登山以上の大汗を掻きながら除雪に奮闘していきます。幹線道路は大分融けていましたが、歩道やら日陰部分に深刻な状況が伺えます。


 

Img_1209_3

Img_1170

 

レストラン脇の日陰部分の道路を除雪していた時でした。凍結部に5年間使用していたポリカーボネード製のスコップが負けてしまいひび割れが発生します。その後もガシガシ負けずとやっていたら、被害が拡大します。ここで敗退宣言です。3時間強の除雪作業でしたが、何とか地域に貢献?できただらうか。凍結部分は残ってしまいましたが、明日の登校を予定している元隊長(現在剥奪中)のコタ氏も除雪されていない部分を通行する場合には十分注意してくださいとのこと。あなたが一番気をつけなさいよ!と言いたいところですが、この辺で終了させていただきます。お疲れさまでした。

 

Feb-9-2014 PM17:25

 

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

ホームに戻る 

 

 

 

 

大小山~妙義山~大坊山馬蹄形縦走 2014/1/25 僅か300mの低山で360度の大展望

大小山(282m)~妙義山(313m)~大坊山(285m)馬蹄形縦走

Daishoyamadaibouyama_20140125_037
僅か300mの低山で360度の大展望を堪能できる栃木県足利市にある大小山を絡めた馬蹄形周回ルートを縦走してきました。

山と高原地図に掲載されていないこのルートを歩くには、やはりあの男に頼るしかありません。
谷川連峰馬蹄形縦走の同士、大小山のスポークスマンこと、ヤフーブロガーでん氏に案内して頂きました。

このスポークスマンのでん氏により、多くのハイカーが大小山の魅力に洗脳されているようです。その手法はまるで、脳機科学者苫米地英人のように自然と大小山に勝手に引き込ませる何か義務感のような症状を自覚させる潜在的ハイカーも多く存在しております。

度重なる360度の展望の紹介がフラッシングとして、脳裏にポケモンショック効果が現れるかのように、大小山ショック効果となって知名度も急激に上昇してきた経緯があります。実は私もこの大小山ショック効果が現れ、なぜか大小山に行かなければならない義務感が自然と生じておりました。つい先日は、「てんきとくらす 」のサイトで大小山が追加されたようですが、でん氏の功績かどうかは定かではありません。

更に大小山(妙義山)の武器でもある360度の開けた展望からの詳細な山座同定、一般に公正妥当な地図に掲載されていない点で、やはりレポを頼らざるを得ない状況から大小山が脚光を浴びるようになってきたものと思われますと勝手に解釈しております。

さて、縦走当日は足利市の阿夫利神社を起点に、大小山~妙義山~大坊山と反時計廻りに縦走していきます。
ルート上には名もないピークが多数点在しており、とにかくアップダウンの連続には手堪えを感じます。

大小山の次のピーク、妙義山312mの山頂からは、事前学習通り嘘偽りのない360度の大展望が広がっており、多くの百名山を眺望することができます。

日光男体山、日光白根山、皇海山、武尊山、赤城山、浅間山、草津白根山、八ヶ岳、富士山、甲武信ヶ岳、両神山、雲取山、丹沢山、槍ヶ岳、穂高等

雲の多い天候でしたが、北アルプス以外の百名山は肉眼で確認できました。
縦走、展望、アップダウン、周回、低山として全く不足のない山行行程となりました。

しかしながら、3日前に丹沢蛭ヶ岳でフルラッセルしてきた脚部の後遺症が残っており、小刻みのアップダウンの連続はプチ拷問ルートそのものでした。(笑)

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:阿夫利神社駐車場(8:57)⇒大小山見晴台⇒大小山⇒妙義山⇒番屋⇒大坊山⇒やまゆり学園⇒大小山見晴台⇒阿夫利神社駐車場(15:52)

※歩行距離、行程タイムの計測はなし


Daishoyamadaibouyama_20140125_004

Daishoyamadaibouyama_20140125_009

自宅より約47キロ地点にある足利市阿夫利神社目指して6時10分出発します。途中、群馬県内で大小山山域のスポークスマン「でん」氏をピックアップしていきます。阿夫利神社駐車場までは自力では辿り着くことが困難なルートの為、でん氏の案内によって導かれます。駐車場は15台ぐらいのスペースにトイレが併設されています。


Daishoyamadaibouyama_20140125_001

Daishoyamadaibouyama_20140125_006

駐車場には総合案内板が設置されており、まずは概念図を目に焼き付けます。そして縦走前に大小山の由来を読み込んで学習能力を高めていきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_012

Daishoyamadaibouyama_20140125_013

駐車場裏手にあるコンパクトな阿夫利神社にて、超低山縦走の安全祈願をしていきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_014

Daishoyamadaibouyama_20140125_016

案内人でん氏お勧めの滝コースから歩いていくと、すぐに石尊の滝が見えてきます。微妙な滝ではありますが、コンパクトながら大小山にマッチングした静観な滝と感じます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_018

Daishoyamadaibouyama_20140125_023

穏かに登り込んでいくと岩石混じりの登山道が現れます。ここもかつて海の中でできた地層が堆積されたチャートでできた山であらうか。道標もしっかり備わっており迷うことはなさそうです。


Daishoyamadaibouyama_20140125_028

Daishoyamadaibouyama_20140125_032

高度を僅かに稼いだ所で視界が開けます。そのまま視界が開けた状態で岩場を登ります。


Daishoyamadaibouyama_20140125_034

Daishoyamadaibouyama_20140125_035

足利市街地を一望していきます。遠方に聳え立つ山は、太田市にある金山とのでん氏の説明です。若き時代に夜景が綺麗に見えるスポットとして、男女混合5人で真夜中に車を走らせて夜景を見に来た記憶があります。因みに夜景スポットとしてお勧めな山は堂平山です。今でも真夜中に車で行けるのかは知りませんけど。


Daishoyamadaibouyama_20140125_036

Daishoyamadaibouyama_20140125_040

コンパクトな岩場を登り込んでいくと、大小山シンボルの「大小」の文字が目線の高さで確認できます。でん氏案内によると、大小文字の直下から見上げるスポットがあるそうで後ほど立ち寄らせていただきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_044

Daishoyamadaibouyama_20140125_051

暫し大小の文字にインパクトを覚えながら縦走を継続していきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_053

Daishoyamadaibouyama_20140125_056

名もないピークに到達します。正面に大小山、360度の展望が利く妙義山を捉えます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_054

反対側では、馬蹄形周回ルート延長線上に位置する「大坊山」を捉えます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_059

Daishoyamadaibouyama_20140125_061

一旦鞍部に下降して、分岐から大小山見晴台に向かうため鉄梯子を下ります。


Daishoyamadaibouyama_20140125_067

Daishoyamadaibouyama_20140125_068

大小の文字直下から文字盤を見上げていきます。なんと!重量がトン単位です。勾配は大が85度、小が78度と強力なボルトで固定されていることが伺えます。落盤で直撃を受けたら圧死は免れないであらう。


Daishoyamadaibouyama_20140125_070

Daishoyamadaibouyama_20140125_072

シンボルの大小文字見学後は見晴台前から忠実に来た道を戻り、軌道回復を計ります。


Daishoyamadaibouyama_20140125_074

Daishoyamadaibouyama_20140125_075

登り込んでピークに到達すると大小山282mのピークでした。


Daishoyamadaibouyama_20140125_082

Daishoyamadaibouyama_20140125_079

大小山山頂は、樹木で視界が遮られている部分があるので変則的視界が利いています。次に目指すピークの妙義山が見えています。


Daishoyamadaibouyama_20140125_084

Daishoyamadaibouyama_20140125_085

チャート混じりの岩場を登り越えて、いよいよ360度の展望が開けるピークに到達していきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_086

Daishoyamadaibouyama_20140125_087

僅か313mの超低山にしてこの360度の大展望は感動ものです。遠方は放射冷却の水蒸気でしょうか。霞み掛かった光景ですが、周囲の山々は見渡すことができます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_091

Daishoyamadaibouyama_20140125_093

赤城山方面(左)、日光男体山・白根山方面(右)


Daishoyamadaibouyama_20140125_096

Daishoyamadaibouyama_20140125_098

栃木の山々


Daishoyamadaibouyama_20140125_099

Daishoyamadaibouyama_20140125_101

大坊山までの周回ルート(左)、金山(右)


Daishoyamadaibouyama_20140125_102

Daishoyamadaibouyama_20140125_106

足利市街地等々暫く展望を満喫していきます。浅間山、甲武信三山、八ヶ岳、皇海山など画像には写りませんが微かに肉眼で確認できました。視界が利いている時には槍ヶ岳、穂高も見えるようです。そんな大小山の山座同定スペシャリストでん氏は、ピークに到達してくるオヤジハイカー達にも見える範囲の展望を説明されていました。


Daishoyamadaibouyama_20140125_111

Daishoyamadaibouyama_20140125_112

妙義山の大展望を満喫した後は反時計廻りに進んでいきます。途中難所の岩場ではお助けロープが張られています。


Daishoyamadaibouyama_20140125_119_2

Daishoyamadaibouyama_20140125_120_2

道標の先に示す山百合学園の方向を見下ろすと、赤い屋根の建屋が見えます。案内人でん氏によると、あれが手造りクッキーで有名な山百合学園である旨の説明を受けます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_122

Daishoyamadaibouyama_20140125_125

その後もアップダウンを繰り返しながら進んでいきますので、何気に体力が消耗していきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_126

Daishoyamadaibouyama_20140125_127

流石はホームで鍛え上げたでん氏はラクラク登っていきます。ピークより大坊山を眺めていきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_130

Daishoyamadaibouyama_20140125_131

山が切り崩された部分にズームを掛けると建屋が見えます。あれが休憩小屋の番屋とのことです。


Daishoyamadaibouyama_20140125_136

Daishoyamadaibouyama_20140125_137

ピークより一旦鞍部まで下ります。縦走ルート中、核心部と言ってもいいような急登をゆっくりと登り込んでいきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_138

Daishoyamadaibouyama_20140125_142

急登をクリア後、ピークの先から番屋を捉えます。番屋には複数のハイカーが休憩を取られています。


Daishoyamadaibouyama_20140125_145

Daishoyamadaibouyama_20140125_147

番屋には緊急番屋(グッズ関係主体?)と山頂番屋(食事主体)があります。


Daishoyamadaibouyama_20140125_146

山頂番屋の屋上スペースで昼食を摂ることにしました。天気は相変わらず霞み掛かったはっきりとしない感じですが、風は無風で体感温度が下がることのない穏かな天候です。ここででん氏お手製の花豆を美味しく頂きました。


Daishoyamadaibouyama_20140125_148

Daishoyamadaibouyama_20140125_150

昼食後は番屋裏手のピークから再スタートです。囲いが施されている前方にはゴルフ場が見えます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_153

Daishoyamadaibouyama_20140125_152

眼下には採石場が見えます。重機はまるでトミカを見ているような感じです。過去に1~2回?コタ隊長を連れてトミカ博に行ったことを思い出しました。


Daishoyamadaibouyama_20140125_155

Daishoyamadaibouyama_20140125_160

更に隣のピークを踏んでから大坊山に徐々にアプローチしていきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_162

Daishoyamadaibouyama_20140125_163

大坊山へのアタック体制に入ります。超低山でもアップダウンの連続が過酷で累積高低差は1000mぐらいに感じます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_166

Daishoyamadaibouyama_20140125_168

やがて野球でもできそうなくらい広い山頂に到達します。大坊山山頂です。なぜか山頂標識が著しく立派です。


Daishoyamadaibouyama_20140125_170

Daishoyamadaibouyama_20140125_172

火事で消失された神社跡地


Daishoyamadaibouyama_20140125_177

Daishoyamadaibouyama_20140125_178

大坊山山頂標識前でスポークスマンのでん氏と登頂記念撮影をセルフを利用して行います。普通ポーズの撮影とでん氏お得意のシェ~!ポーズを真似てみました。こんな感じだっけ?腕を垂直に上げて手首を90度曲げるのが正解だらうか。シェ~を決め込んで近い将来大小山の支配人になっていると思われます。勿論地主ではないので雇われ支配人だと思いますが・・・。(笑)


Daishoyamadaibouyama_20140125_179

Daishoyamadaibouyama_20140125_181

山頂を後にして下っていくと、大山祇神社に出ました。


Daishoyamadaibouyama_20140125_183

人の心を癒す大坊の山・・・剱岳早月尾根にある「試練と憧れ」の石仏を連想させてくれます。案内人でん氏は、この大小山~大坊山周辺の小刻みなアップダウンの積み重ねトレーニングを主体に、谷川連峰馬蹄形縦走、剱岳早月尾根ピストン、柏原新道を利用した針ノ木岳周回などの難所エリアをクリアしてしまう体力及びスキルを身に付けてきました。今後でん氏に影響されたハイカーにより、大小山トレーニングから馬蹄形縦走者が排出されていくかもしれませんね。呼び込む為にはまずは、大小山360度の大展望フラッシング効果からですかね。


Daishoyamadaibouyama_20140125_184

Daishoyamadaibouyama_20140125_186

神社下側の展望箇所から縦走してきた稜線と足利市街地を眺めていきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_188

Daishoyamadaibouyama_20140125_190

一旦、大坊山を見上げながら街歩きモードに変換されていきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_191

Daishoyamadaibouyama_20140125_193

大小山の方向に歩いていくと山百合学園の前に出ます。縦走ルートから見下げた赤い屋根の建屋です。


Daishoyamadaibouyama_20140125_195

Daishoyamadaibouyama_20140125_197

学園前から山道に入り、大小山方面に向けて再び登り込みます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_201

Daishoyamadaibouyama_20140125_203

稜線歩きから名もないピークに本日2度目の到達です。


Daishoyamadaibouyama_20140125_204

Daishoyamadaibouyama_20140125_205

本日歩いてきた大小山~大坊山の馬蹄形周回ルートを改めて一望していきます。


Daishoyamadaibouyama_20140125_212

Daishoyamadaibouyama_20140125_214

薄っすらと浅間山(左)、赤城山(右)


Daishoyamadaibouyama_20140125_215

Daishoyamadaibouyama_20140125_217

大小山見晴台より大小文字を見上げて阿夫利神社に下ります。


Daishoyamadaibouyama_20140125_219

Daishoyamadaibouyama_20140125_220

男坂を慎重に下ります。


Daishoyamadaibouyama_20140125_226_2

Daishoyamadaibouyama_20140125_228

そのまま道なりに下って、起点の阿夫利神社に無事に帰着です。駐車場には3台しか車が残っておりませんでした。それだけゆっくりと縦走を堪能させていただきました。


Daishoyamadaibouyama_20140125_230

下山後は佐野市にある「やすらぎの湯」に立ち寄り、アップダウンで疲弊した身体を思う存分癒していきます。その後、セットコースで食事も摂り山談義を楽しませていただきました。本日の大小山~大坊山馬蹄形縦走の御案内どうもありがとうございました。


■天候:晴れ時々曇り

■出会った人:30~40人ぐらい

■タイム:8:57~15:52【6時間55分、休憩等含】 

■形態:同行者1名(ヤフーブロガーでん氏) 

■水分:1.5L(ペットボトル500ml:3本) 

■山域:栃木県足利市

■出発地点より駐車場までの片道距離:47Km 

■登頂日:2014年1月25日(土)

■その他:  

★山と高原地図に掲載されていない足利・佐野周辺の山域に初めてお邪魔する機会を設けていただきました。今回の山行にご協力いただいた大小山発信基地局のスポークスマン、代名詞にもなりつつあるヤフーブロガーでん氏に終始御案内していただき、誠に有難うございました。

大小山~大坊山間の小刻み且つ休む間もないアップダウンによって、強靭な脚力と心肺能力が養われてきた経緯が理解できました。

まさに谷川連峰馬蹄形縦走養成コースの講座に組み込まれても不足のないコースであると実感致しました。

★事前予定では、でん氏お馴染みの20キロピストンコースをご用意して頂いたのですが、3日前に丹沢蛭ヶ岳でのフルラッセルが脚部全体と身体に結構な疲労感が残っており、大小山~大坊山の通常馬蹄形コースに変更させていただきました。

★超低山で360度の大展望が見られる山は他にないと思います。良く360度と言われる山頂でも枝や僅かな樹木が邪魔となり、変則的360度の展望になっているケースが多いのですが、大小山(妙義山)は完全な360度の大展望です。もっと注目されてもおかしくないと考えますが、注目されない要因はアクセスの件と地図に掲載されていない点かと思われます。もっとフラッシング効果を利用して、大小山ショックを発動させてハイカーを集結させていきましょう。でも最近は某ツーリズムなどを利用した観光バスが現れるらしいです。

ホームに戻る 

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ