« 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 2013/11/12 寒波襲来で冠雪の奥秩父山歩き | トップページ | 比企三山馬蹄形縦走【大霧山/堂平山/笠山】 2013/11/23 比企三山で馬蹄形スポークスマンに徹する! »

奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 2013/11/16 奥多摩三山縦走チャレンジは極めて過酷なルートであった

奥多摩三山縦走チャレンジ!【三頭山1,531m/御前山1,405m/大岳山1,267m】  単純高低差991m

Okutamasanzan_201311161_414
※画像は大岳山から眺めた三頭山(中央)御前山(右側) 

以前より無性に通行してみたかった小河内貯水池に架けられていた「麦山浮橋」が貯水位回復に伴い、11月2日より通行が再開されたとの東京都水道局の情報をキャッチします。 

この通行再開により、紅葉を絡めた散策に出掛けなければならない使命感が自然と湧いてきました。折角ならばと、これも以前より計画していた奥多摩三山日帰り縦走計画を抱き合わせに、一気に実行してしまおうという案件が浮上します。そこで早速抱き合わせプランを練っていきます。 

縦走路は奥多摩駅(バス乗車)⇒小河内神社で下車して麦山浮橋を起点にヌカザス尾根を経由、三頭山⇒御前山⇒大岳山⇒ケーブルカー御岳山駅⇒での日帰りプランが出来あがります。 

当日は6時5分鴨沢西行きのバスに乗車して、予定通り小河内神社で下車します。因みに前回は「三頭山登頂前のダブルアクシデント編 」で思わぬ失態を咬ましてしまいました。バス停から貯水湖を覗くとなんと!麦山浮橋が紅葉、朝もやに包まれ絶妙な光景を目の当たりにして暫し感動に浸ります。 

以前浮橋はドラム缶の浮子が使用されていましたが、現在はポリエチレン・発砲スチロール製の浮子が使用されています。そんな経緯から通称「ドラム缶橋」とも呼ばれています。通行するに従い、私の心はとてもドラムチックな気持ちに満たされることになりました。 

続いて抱き合わせ企画の奥多摩三山縦走路に気持ちを一気に攻撃モードに転換していきます。最初のアタックダーゲット三頭山まで標高約1,000mをヌカザス尾根で一気に稼ぎます。続いて御前山に向かう訳ですが、その間距離にして9.5㎞の長くアップダウンのある山道に手こずります。終盤アタックターゲットの大岳山はほぼ夕刻の時間帯になっていました。夕日に感動しながら山頂から眺めた縦走路はとても美しく輝いていました。 

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:奥多摩駅【バス乗車】(6:05)⇒小河内神社(6:40)⇒麦山浮橋(6:43)⇒三頭山登山口(7:04)⇒イヨ山(7:58)⇒ヌカザス山(8:36-8:40)⇒入小沢ノ峰(9:00)⇒鶴峠分岐(9:15)⇒三頭山(9:36-10:11)⇒鞘口峠(10:54)⇒風張峠(11:34)⇒月夜見山(12:02)⇒月夜見第二駐車場(12:10)⇒小河内峠(12:38-12:43)⇒惣岳山(13:23)⇒御前山(13:38-13:48)⇒クロノ尾山(14:13)⇒鞘口山(14:25)⇒大ダワ(14:47)⇒大岳山(15:55-16:09)⇒芥場峠(16:39)⇒ケーブルカー御岳山駅(17:25)⇒御岳山駅(17:30)⇒バス停(17:43)⇒御岳駅(18:06)⇒奥多摩駅(18:24)

※歩行距離:29.0㎞ 行程タイム:10h45m

(注):行程時間は個人のペースで歩いたり、自然観察をしている為、またアクシデント・渋滞等発生により全く参考にはなりません。


Okutamasanzan_201311161_001

Okutamasanzan_201311161_012

AM3時40分、満月を見てギャオーン!!と吠えながら出発し、一般道を66キロ走行して奥多摩地域に到着します。そして町営駐車場に車をデポして奥多摩駅に速やかに向かいます。本日はバスと電車の公共交通機関を併用した山行プランとなります。


Okutamasanzan_201311161_014

Okutamasanzan_201311161_015

6時5分発鴨沢西行のバスに乗車します。奥多摩山域は紅葉の時期なので早朝バスでも混雑が想定されましたが、乗車率7割といった感じです。約35分ぐらいで小河内神社バス停に到着します。下車したのは私以外御夫婦のみでした。乗車していた他のハイカーは、鴨沢下車で雲取山に登頂されたかと思われます。


Okutamasanzan_201311161_021

Okutamasanzan_201311161_023

バス停で下車すると速やかに浮橋を確認に行きます。通行再開は当然わかっていましたが、前回の浮橋が外された光景がフラッシュバックのように脳裏を過ぎっていたもので・・・。目視の確認を終えて一先ず安心です。


Okutamasanzan_201311161_025

Okutamasanzan_201311161_027

楽しみにしていた浮橋横断を目前に一歩一歩着実に階段を下りアプローチしていきます。浮橋揺れる看板を読み込みゲートを潜ります。


Okutamasanzan_201311161_028

Okutamasanzan_201311161_031

朝靄の光景の中、貸切状態でまずは濡れた橋に黄金の右足を乗せていきます。そして大人の世界の腐った心が完全に童心状態へと変化していきます。”この橋、物凄ぉ~く渡ってみたかったんだぁ~!”


Okutamasanzan_201311161_036

Okutamasanzan_201311161_038

周囲の光景を身体全体で受けながら、浮橋では一歩一歩リズミカルにアンダンテを咬ましながら歩きます。やはり浮子はドラム缶ではなく、ポリエチレン製です。なんて、この橋ドラムチックなんでしょう!・・・とはもう使えません。今後は浮橋歩きでは封印しなければなりませんね。え?ブツブツ言ってねぇ~でサッさと歩けって。そうか、本日は奥多摩三山縦走の拷問シリーズでした。


Okutamasanzan_201311161_049

Okutamasanzan_201311161_050

浮橋歩きは呆気なく終了でしたが、軌跡を振り返って浮橋管理をしている東京都水道局&東京都民に感謝です。


Okutamasanzan_201311161_053

Okutamasanzan_201311161_054

さて、ここからは気持ちを切り替えて戦闘モードに入ります。三頭山登山口までは遊歩道を通過して、一旦V字型に戻って奥多摩周遊路を歩いて向かいます。


Okutamasanzan_201311161_056

Okutamasanzan_201311161_059

暫く車道を歩きます。奥多摩周遊路はAM8時までゲートが閉まっているので、ライダーや走り屋はまだ現れません。現れるとしたら猪突猛進の野生動物ぐらいでしょうか。


Okutamasanzan_201311161_068

Okutamasanzan_201311161_069

車道を900mぐらい歩いて登山口に到着です。ここからヌカザス尾根に入ります。


Okutamasanzan_201311161_072

Okutamasanzan_201311161_076

前日雨が降っていた関係で落ち葉は水分を含み濡れています。


Okutamasanzan_201311161_086

Okutamasanzan_201311161_090

やがて陽が射し始め、樹林帯は明るくなっていきます。


Okutamasanzan_201311161_096

Okutamasanzan_201311161_098

汗を掻きながらグングン高度を稼ぎにいきます。


Okutamasanzan_201311161_102

Okutamasanzan_201311161_107

イヨ山を通過して今度は急降下していきます。


Okutamasanzan_201311161_110

Okutamasanzan_201311161_114

奥多摩名物、斜度45度激しいぐらいの深刻な登り込み地獄に遭遇します。


Okutamasanzan_201311161_115_2

Okutamasanzan_201311161_118

深刻な急坂を振り返るとそこは標高1,175mの「ヌカザス山」でした。やはり奥多摩の急登は血尿が出そうなくらい激し過ぎる。


Okutamasanzan_201311161_120

Okutamasanzan_201311161_122

「糠指山」と漢字表記されていました。続いて第一アタックターゲットの三頭山に向かいます。


Okutamasanzan_201311161_124

Okutamasanzan_201311161_130

その後は急降下させてからロングな急登を登り込ませる。まさに奥多摩1級品の拷問ルートです。


Okutamasanzan_201311161_133

Okutamasanzan_201311161_134

入小沢ノ峰を通過してからは、急登無の安定した登り主体のルートに変わります。脚部に優しい安心ルートです。


Okutamasanzan_201311161_142

Okutamasanzan_201311161_147

鶴峠分岐からは更に詰めの高度を稼いで穏かなアタック体制に入ります。


Okutamasanzan_201311161_159

Okutamasanzan_201311161_161

まずは奥多摩三山の三頭山西峰にアタックです。西峰が三頭山三つのピークの中で一番山頂が広いです。まぁ、ここがランチポイントですね。


Okutamasanzan_201311161_151

Okutamasanzan_201311161_152

北側に見える山々を眺めていきます。


Okutamasanzan_201311161_154

Okutamasanzan_201311161_160

鷹ノ巣山(左)、雲取山(右)


Okutamasanzan_201311161_171

西側に開けたポイントがあり、富士山、右側には三ツ峠


Okutamasanzan_201311161_162

Okutamasanzan_201311161_175

西峰より第二アタックターゲットの「御前山」まで9.5㎞もありますので、まぐろおにぎり(ファミマで100円で購入)で炭水化物を補給していきます。


Okutamasanzan_201311161_181

Okutamasanzan_201311161_183

エネルギー補給後、山頂の狭い三頭山(中央峰)に移動します。因みに中央峰が最高峰です。


Okutamasanzan_201311161_185

Okutamasanzan_201311161_188

三頭山(東峰)も確認してから展望台に立ち寄ります。


Okutamasanzan_201311161_204

展望台から御前山(左)、大岳山(右奥)を視界に捉えます。御前山も遠いけど、果たして大岳山に日没前に辿り着けるだらうか。


Okutamasanzan_201311161_200

Okutamasanzan_201311161_201

御前山(左)、大岳山(右)


Okutamasanzan_201311161_206

Okutamasanzan_201311161_208

三頭山の三つのピーク踏破後は鞍部の鞘口峠に向かいます。


Okutamasanzan_201311161_215

Okutamasanzan_201311161_217

途中見晴らし小屋に立ち寄り、再度御前山~大岳山を一望していきます。


Okutamasanzan_201311161_226

Okutamasanzan_201311161_227

鞘口峠に向かう下り道が本日の縦走ルート中、最も多くのハイカーと擦れ違います。


Okutamasanzan_201311161_230

Okutamasanzan_201311161_231

標高を200m以上下げて鞍部の鞘口峠に到達です。そのまま風張峠の道標に従い進んでいきます。


Okutamasanzan_201311161_236

Okutamasanzan_201311161_240

登り返して陽だまりの利いた気持ちの良い落ち葉道を歩きます。


Okutamasanzan_201311161_241

Okutamasanzan_201311161_245

三頭山を振り返りながら、トラバース気味の落ち葉で足元が見えにくい登山道を進んでいきます。


Okutamasanzan_201311161_247

Okutamasanzan_201311161_248

足元が見えにくい箇所がありますが、時たま現れる道標を確認してアイフォンアプリを併用しながら歩きます。


Okutamasanzan_201311161_250

Okutamasanzan_201311161_252

奥多摩周遊路の方向に下降していくと風張峠に到達です。そして道標に従い月夜見山方向に進んでいきます。


Okutamasanzan_201311161_257

Okutamasanzan_201311161_260

山側から一旦周遊路に出ます。この時間帯では多くのライダーが飛ばしていましたので、舗装道路歩きは要注意です。次のポイントまで速やかに抜けていきます。


Okutamasanzan_201311161_267

Okutamasanzan_201311161_268

山道⇒周遊路⇒山道⇒周遊路と繰り返していきます。


Okutamasanzan_201311161_270

Okutamasanzan_201311161_272

やがて、展望の全く利かないベンチが設置してある「月夜見山」に到達です。


Okutamasanzan_201311161_275

Okutamasanzan_201311161_276

山頂と言っても特に気になるものがないのでスルーです。再び周遊路の方面に下っていきますが、常にライダーやドライバーのスピードマシーンのエンジン音が響き渡ります。トンネル内部で音速の貴公子モードになる私も周遊路では安息モードです。


Okutamasanzan_201311161_277

Okutamasanzan_201311161_280

山道から周遊路に下りて50m程度車道沿いを歩いて、月夜見第二駐車場に入ります。


Okutamasanzan_201311161_286

Okutamasanzan_201311161_289

駐車場を通過して御前山に向かうルートに入ります。標識には台風18号の影響やバイク乗り入れ禁止の注意事項が記載された紙が貼られています。私が向かうルートに台風の影響は無さそうです。


Okutamasanzan_201311161_300

Okutamasanzan_201311161_301

暫くはアップダウン、防火帯の道や小高いピークの巻き道などを歩いていきます。三頭山とは異なり登山道は非常に静かで気持ちが悪いくらい完全貸切状態が続きます。


Okutamasanzan_201311161_302

Okutamasanzan_201311161_303

暫く歩くと休憩ポイントが現れます。


Okutamasanzan_201311161_304

Okutamasanzan_201311161_305

このポイントが小河内峠でした。正面には奥多摩湖が見えています。地図で確認してみると、ここから奥多摩湖方向に破線が延びています。なんと!その破線ルートには「クマ出没の為通行止」と記載があります。ということは当然ここも危険区域に入っていることになるな。熊鈴をバシバシ鳴らしながら先を進んでいきます。


Okutamasanzan_201311161_309

Okutamasanzan_201311161_315

奥多摩の山域は奥武蔵・奥秩父に比べて熊出没の情報が多く、奥多摩湖挟んだ向かい側の倉戸山では登山家の山ノ井さんが熊に襲われた事故があり、つい数年前の出来事です。暫く人に出会ってないと思っていたら正面から3人と擦れ違い、背後からは年輩風のトレラン2人が休憩から登山道に復帰してきました。表示の先に見えてきた御前山にだいぶ近づいてきたことが伺えます。


Okutamasanzan_201311161_318

Okutamasanzan_201311161_321

その後は登り込み体制にシフトして惣岳山に到達です。いよいよ長かった御前山にアタックを仕掛ける準備に入ります。


Okutamasanzan_201311161_322

Okutamasanzan_201311161_323

奥多摩三山第二ターゲットの「御前山」を正面に捉えていきます。


Okutamasanzan_201311161_327

Okutamasanzan_201311161_329

登り込んでアタックを仕掛けます。山頂部で15人程のハイカーが休息している姿を捉えます。


Okutamasanzan_201311161_332

Okutamasanzan_201311161_334

約1年11カ月ぶり2回目の御前山に登頂です。山頂で小休止してから最終アタックターゲットの大岳山に向かいます。意外にも13時半過ぎても複数のハイカーが山頂にいました。奥多摩湖からのピストンが多いのかな?


Okutamasanzan_201311161_336

Okutamasanzan_201311161_344

大ダワ方向に標高を下げながら、クロノ尾山を通過していきます。


Okutamasanzan_201311161_346

Okutamasanzan_201311161_348

その後もアップダウンを繰り返しながら標高を下げていきます。そして鞘口山を通過していきます。


Okutamasanzan_201311161_351

Okutamasanzan_201311161_352

まだまだ遠方に位置する大岳山方面を視界に捉えて大ダワまで下ります。この時点で行程中、何処かのポイントで日没になることを想定していきます。


Okutamasanzan_201311161_354

Okutamasanzan_201311161_359

大ダワに到達です。この地点にはトイレがあります。


Okutamasanzan_201311161_360

Okutamasanzan_201311161_365

大ダワ994米表示を確認して大岳山に向かいます。道標を確認すると大岳山まで3キロ、御岳山まで7キロもまだあんのかよ!ここで大岳山に向かうルートの打ち合わせをしていた年輩トレランハイカー二人組を追い越していきます。トレランにしては登りが苦手のように感じます。私が追い付いちゃうくらいですから。この後二人組を見かけることはありませんでした。


Okutamasanzan_201311161_368

Okutamasanzan_201311161_371

御前山を東側に見ながら暫くはアップダウンが軽微な尾根を歩いていきます。


Okutamasanzan_201311161_377

Okutamasanzan_201311161_380

結構な距離を歩いてきていましたが、大岳山から鋸尾根経由で奥多摩駅に下山される複数のハイカーと擦れ違います。その中には多国籍軍と思われる外人部隊のハイカーも含まれていました。その数分後、欧米化らしき男性ジンガイハイカーが現れます。擦れ違いざま、言葉をア、ア・・・と濁しながら質問をしてきました。

瞬間的にこんな時、TOEIC940点の和製ステイサムがいれば完全に任せてしまうのだが・・・。はっきりとは覚えていませんが、イントネーションになまりのある英語で外国人の男性たちを見かけなかったか?と聞き取れました。ではどう回答するか・・・擦れ違う(Pass)がすぐに出てこなかったので、3・minutes・ago.で単純に応対し、1発で理解してくれました。もう夕刻ですがヘッデン覚悟の上の装備には見えませんでした。


Okutamasanzan_201311161_386

Okutamasanzan_201311161_390

大岳山山頂直下のガレた岩場を登り込んで、いよいよ奥多摩三山最終アタックです!


Okutamasanzan_201311161_398

記憶の中では大岳山は今回で3回目の登頂になります。山頂到達時刻は16時ちょい前ぐらいの夕刻だったので、当然貸切と思いきや3人のハイカーがいました。その後すぐに貸切になりましたが、新たに2人のハイカーが登頂してきました。


Okutamasanzan_201311161_393

Okutamasanzan_201311161_394

富士山は西日で霞んでもう見えていません。遠方に三頭山、手前に御前山が見えています。


Okutamasanzan_201311161_395

Okutamasanzan_201311161_396

奥多摩三山縦走制覇です。御前山(左)、三頭山(右)


Okutamasanzan_201311161_406

こんな夕刻の時間帯に山頂にいることなんて滅多にないのですが、西日が妬けに綺麗です。心を落ち着かせてくれましたが、これで御岳山に向かう道中で暗黒モードに嵌ることは決定的です。


Okutamasanzan_201311161_410

夕刻の大岳山頂をしっかり見つめてから下山します。奥多摩三山の中では大岳山の展望が抜群です。


Okutamasanzan_201311161_419

Okutamasanzan_201311161_422

一気にガレ場を下って休業中の大岳山荘の上に出ます。以前見た時よりも廃屋化が進行している気がします。この辺りで登ってくるハイカーがまだいました。装備を見ると決して慣れている感じには思えませんでしたが・・・。


Okutamasanzan_201311161_428

Okutamasanzan_201311161_432

チャッチャカペースを上げて御岳山の方角に向かいます。


Okutamasanzan_201311161_433

Okutamasanzan_201311161_437

段々薄暗くなっていきヘッデンを装着します。樹林帯ではあっという間に暗黒の世界に引き込まれていきますので、どんな場面でもヘッデンは必須アイテムですね。ロックガーデンには入らず、安全な山道で御岳山駅に向かいます。


Okutamasanzan_201311162_001

Okutamasanzan_201311162_005

御岳山神社に出て本殿には寄らずにそのまま宿坊街に向かいます。


Okutamasanzan_201311162_007

Okutamasanzan_201311162_010

土産屋、宿坊街を歩いていきます。金銭に余裕があれば1度は泊まってみたいですねぇ。


Okutamasanzan_201311162_013

Okutamasanzan_201311162_014

ケーブルカー駅に向かいながら都会の夜景を暫し眺めていきます。


Okutamasanzan_201311162_016

Okutamasanzan_201311162_023

17時25分、御岳山駅に到着し5分後発のケーブルカーに乗車していきます。9割方は観光客でした。


Okutamasanzan_201311162_029

Okutamasanzan_201311162_030

ケーブルカーを下りて、青梅線御岳駅行きバス(270円)に乗車していきます。


Okutamasanzan_201311162_038

Okutamasanzan_201311162_039

その後、御岳駅18時6分乗車し、奥多摩駅に戻り車を回収していきます。


Okutamasanzan_201311162_041

Okutamasanzan_201311162_042

奥多摩三山縦走後の疲れを癒す為、もえぎの湯に立ち寄ろうかと思ったのですが、なんと!受付終了時刻間近でも大混雑により入場できませんでした。20キロ山梨方面に向かい、のめこい湯に行く手もありますが、わざわざ自宅と逆方向に向かうのは非合理的であります。結局、癒し温泉は地元にある、湯の道利休に立ち寄りゆっくりと身体の疲れを取りながら温まります。 

今回の奥多摩三山縦走編、最後まで歩き通せましたか?諦めずにご覧いただきどうもありがとうございます。


■天候:晴れ

■出会った人:150人ぐらい(浮橋~三頭山1人、三頭山山頂~鞘口峠80人、~御前山25人、~大岳山30人、~御岳山10人)※観光客除く

■タイム:6:40~17:25【10時間45分、休憩等含】 

■形態:単独行 

■水分:2.5L(ペットボトル500ml:5本) 

■山域:奥多摩

■出発地点より駐車場までの片道距離:66㎞ 

■登頂日:2013年11月16日(土)

■その他:  

★今年4月の三頭山登頂前、麦山浮橋を渡るつもりで訪問したところ、水位が低く浮橋が外されていました。今回はしっかり情報を確認してから再訪問にきたので、念願の浮橋を渡れて大満足です。

★前回の三頭山登頂時、展望台から御前山、大岳山を眺めた際、何時かは奥多摩三山縦走を成功させてみたい!と考えておりました。それが本年中に実行できてしまうとは、全く計画にはありませんでした。車移動が主体なので単独では踏破が厳しいかな?と考えましたが、バス・電車・極めつけのケーブルカー利用で問題は解消できました。中々脚応えのある極めて厳しくもあるロング縦走コースでした。

★奥多摩山域はアップダウンも含め、強烈な急登場面がいくつか出現しますので、足腰鍛えるには良いトレーニングコースだと実感しております。是非、健康歩きコースのHigh Versionとして、奥多摩三山縦走チャレンジをされてみてはいかがでしょうか。

ホームに戻る 

« 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 2013/11/12 寒波襲来で冠雪の奥秩父山歩き | トップページ | 比企三山馬蹄形縦走【大霧山/堂平山/笠山】 2013/11/23 比企三山で馬蹄形スポークスマンに徹する! »

奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/58634262

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩三山縦走【三頭山/御前山/大岳山】 2013/11/16 奥多摩三山縦走チャレンジは極めて過酷なルートであった:

« 金峰山/国師ヶ岳/北奥千丈岳 2013/11/12 寒波襲来で冠雪の奥秩父山歩き | トップページ | 比企三山馬蹄形縦走【大霧山/堂平山/笠山】 2013/11/23 比企三山で馬蹄形スポークスマンに徹する! »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ