« 常念岳~蝶ヶ岳(日帰り) 2013/8/3 深Qの日本百名山登頂シリーズ【Vol.36】 北アルプス初登頂は快晴! | トップページ | 平ヶ岳 2013/8/15 深Qの日本百名山登頂シリーズ【Vol.38】 これぞ本格的ジャパニーズ・テーブルマウンテンだ! »

越後駒ケ岳 2013/8/10 深Qの日本百名山登頂シリーズ【Vol.37】 越後三山の主峰を踏破!

越後(魚沼)駒ケ岳 2,003m 枝折峠より 単純高低差938m

Echigokomagatake_20130810_199
越後駒ケ岳は深田久弥著書の「日本百名山」では「魚沼駒ケ岳」として紹介されています。八海山・中ノ岳とともに越後三山を形成し、越後駒ケ岳は三山の主峰として百名山に挙げられました。三山の最高峰は中ノ岳(2,085m)、信仰登山で賑わうのが八海山であるが、敢えて深田氏が駒ケ岳を挙げたのは、山として一番立派だからと記載があります。 

さて、今回越後三山の主峰踏破に当たり、約1年前からメル友で交流のあった山ガールを従えるハイカー「のほほん山歩き 」のサイト管理者でもあるrin氏と初コラボ山行に出掛けてきました。なんと!驚くことにタイトルののほほんとは真逆の攻略的健脚ハイカーの歩きを咬まされ、結構な厳しい登山となりました。

駒ケ岳は越後の奥深い山域に位置している為、アクセスも容易ではなく、登山口に辿り着くまでに運転等で疲弊してしまいます。主なルートは三つ存在し、水無川キャンプ場と駒ノ湯温泉の両登山口からは、高低差があり過ぎて暑さでバテることが想定されますので、一番ハイカーが利用されているルートの枝折峠(しおりとうげ)から登頂することに決断して計画を立てていきます。

当日は雲の多い天候となり、ガスの流れで暑さも幾分和らいだ感じがありましたが、それでも樹林帯は蒸して暑かったです。山頂にアプローチしていくに従い、ガスの濃度も濃くなり、アタックした山頂では正直寒いくらいでした。さて、一体どんな山行内容となったのでしょうか・・・。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

【ルート】:枝折峠駐車場(5:18)⇒明神峠(5:52)⇒道行山分岐(6:45)⇒小倉山(7:26-7:32)⇒百草ノ池(8:04)⇒駒ノ小屋(8:57-9:11)⇒越後駒ケ岳(9:27-9:37)⇒駒ノ小屋(9:53-10:43)⇒小倉山(11:56)⇒明神峠(13:13)⇒枝折峠駐車場(13:39)【ピストン】

※歩行距離:15.8㎞  行程タイム:8h21m(休憩等含)


Echigokomagatake_20130810_009

Echigokomagatake_20130810_014

自宅を深夜1時前に出発し、関越自動車道群馬地内のとあるPAで「のほほん山歩き」のサイト管理者rin氏をピックアップしていきます。その後小出IC下車⇒国道352号樹海ラインを通過し、奥只見シルバーラインに入ります。シルバーラインにいくつか点在するロングで年季の入ったトンネルでは、対抗車にも擦れ違わず、非常に不気味で暗黒の世界が拡がっており、単独での深夜走行では恐怖心でアクセルを吹かしてしまいそうです。


Echigokomagatake_20130810_025

Echigokomagatake_20130810_024

枝折峠駐車場にはまだ薄暗い4時半頃に到着します。駐車場は約30台程度置けるスペースで綺麗なトイレも併設されています。下側にも駐車場があります。


Echigokomagatake_20130810_021

Echigokomagatake_20130810_023

準備を整え登山カードを提出後、小倉山経由で駒ケ岳登頂に向けて5時18分コラボ山行の開始です!


Echigokomagatake_20130810_037

Echigokomagatake_20130810_042

登山道の方に廻り込むと前方には駒ヶ岳方面のアップダウンの続く稜線、左手側には薄っすらと確認できる中ノ岳?眼下には国道352号線が見えています。空模様は曇り主体で展望が利きにくい状況ですが、逆に暑さが和らぐであらうと前向きな発想に転換していきます。


Echigokomagatake_20130810_032

Echigokomagatake_20130810_039

まずは目先のピークを丁寧に登り込んでいきます。同行者のrin氏はダブルステッキの達人で非常にバランスの取れた歩き方をされるので、まるでガイドに先導されているかのような錯覚が起きます。


Echigokomagatake_20130810_044

Echigokomagatake_20130810_050

そのまま変化の乏しい登山道を歩いていくと、やがて整備された木道が現れます。


Echigokomagatake_20130810_053

Echigokomagatake_20130810_056

駒ノ湯との分岐を過ぎると枝折大明神に到達です。大明神前でrin氏は格好良くマダムハイカーを決め込んでいます。分岐の駒ノ湯方面は銀の道と呼ばれ、かつては銀山平で採掘された銀を運搬するために開かれた道で最盛期には年間1万を超える人たちが通行されていたそうです。


Echigokomagatake_20130810_059

Echigokomagatake_20130810_058

枝折大明神のすぐ上に明神峠の表示があります。小倉山までまだ3.3㎞もあります。


Echigokomagatake_20130810_061

Echigokomagatake_20130810_064

尾根沿いに山頂方面を捉えますが、ガスで駒ケ岳山頂部は見えていません。見えているのは前駒部分でしょうか。


Echigokomagatake_20130810_070

Echigokomagatake_20130810_071

そのまま進んでいくとミニ湿原地帯に池塘らしきものが・・・。ちとぅ、厳しいんじゃないっすか(笑)。と咬ますと引かれてしまいますので、ここは穏便に通過していきます。


Echigokomagatake_20130810_072

Echigokomagatake_20130810_079

明神峠~小倉山間は標高1,200m~1,300m後半のラインを暫く歩いていくので、やや蒸した環境の中、汗を噴き出しながら進んでいきます。逆に快晴であれば、直射日光を浴びて熱中症の危険すら感じられるコースです。


Echigokomagatake_20130810_081

Echigokomagatake_20130810_086

道行山分岐では、道行山には立ち寄らずにそのまま駒ケ岳に向かいます。地図で確認すると、道行山方向に進んで行けば銀山平まで通じているようです。


Echigokomagatake_20130810_098

Echigokomagatake_20130810_099

少しづつ標高を上げていくに連れて、ガスの流れが著しく加速していきます。眺望は全く利いておりませんが、ガスの流れに入るとヒンヤリと気持ちが良いくらいです。


Echigokomagatake_20130810_104

Echigokomagatake_20130810_105

やがてピークらしき部分に到達すると小倉山山頂部でした。晴れていれば眺望が利くポイントのようです。


Echigokomagatake_20130810_111

Echigokomagatake_20130810_114

その後は整備された階段などで高度を稼ぎながら、百草ノ池の前に到達していきます。


Echigokomagatake_20130810_120

Echigokomagatake_20130810_118

木道から百草ノ池を観賞していきます。正直、一般的に湿原と呼ばれている地帯と比較すると貧相な湿原としか感じられませんでした。おぉ~と、失言は控えめにしてと、そのまま正面の駒ヶ岳方向に向かいます。


Echigokomagatake_20130810_126

Echigokomagatake_20130810_127

アザミを捉えてから登り込みを継続していきます。


Echigokomagatake_20130810_131

Echigokomagatake_20130810_134

まもなく岩壁が現れ足元に注意を払いながら登っていきます。


Echigokomagatake_20130810_138

Echigokomagatake_20130810_140

岩場に咲くアキノキリンソウ、カタバミ


Echigokomagatake_20130810_136

Echigokomagatake_20130810_143

標高1,800m地点でも雪渓が残っています。いかに豪雪地帯に駒ケ岳が存在しているかが伺えます。


Echigokomagatake_20130810_150

Echigokomagatake_20130810_154

段々険しくなるに連れて岩場には親切に赤いマーキングが付されており、本日のように視界が悪くても進行方向を判別して進んでいけます。


Echigokomagatake_20130810_157

Echigokomagatake_20130810_159

核心部を登り上げると駒ノ小屋の前に出てきました。


Echigokomagatake_20130810_161

Echigokomagatake_20130810_160

駒ノ小屋前には広めの休憩スペースがあり、数組のハイカーがベンチで寛いでいます。しかしガスの濃度が濃すぎて周囲に何があるのか判別に困難を極めます。


Echigokomagatake_20130810_165

Echigokomagatake_20130810_167

小屋内部の1階部分(2階もあります)を確認させていただきます。宿泊のハイカーは2,000円を小屋管理協力金として木箱に収めます。トイレも内部にあります。


Echigokomagatake_20130810_168

Echigokomagatake_20130810_171

ガスガスの中、小屋の左側から山頂アタックに向かいます。


Echigokomagatake_20130810_174

Echigokomagatake_20130810_177

キンコウカ、ハクサンコザクラ


Echigokomagatake_20130810_178

Echigokomagatake_20130810_181

雪渓のヒンヤリとした冷気を体感しながら、ガレた登山場を登り込んでいきます。


Echigokomagatake_20130810_183

Echigokomagatake_20130810_184

コバイケイソウを観賞しつつ、中ノ岳との分岐に突き当たります。


Echigokomagatake_20130810_186

Echigokomagatake_20130810_188

駒ケ岳方向の木道を進んでいき、果敢に山頂にアタックを仕掛けにいきます。


Echigokomagatake_20130810_202

Echigokomagatake_20130810_193

越後駒ケ岳登頂成功です!山頂には山頂標識、三角点、猿田彦の像、剣などが置かれています。


Echigokomagatake_20130810_190

Echigokomagatake_20130810_209

山頂標識には鐘が付属しているので遠慮なく鳴らしてみます。


Echigokomagatake_20130810_191

Echigokomagatake_20130810_212

三角点と猿田彦の像


Echigokomagatake_20130810_196_2

Echigokomagatake_20130810_198

登頂記念として丸い山頂標識でお互いに撮り合います。


Echigokomagatake_20130810_201

Echigokomagatake_20130810_195

展望が利いていると至仏山、平ヶ岳、八海山、中ノ岳などの名峰が見渡せるようで山頂からの眺望は抜群のようです。ここでガスガスの展望に納得がいかないので、コラボバンザイを咬まして山頂での〆とさせて頂きました。


Echigokomagatake_20130810_218

Echigokomagatake_20130810_221

再び駒ノ小屋まで戻り、休憩スペースでランチタイムにしました。


Echigokomagatake_20130810_224

Echigokomagatake_20130810_225

ガスでお湯を沸かし、八海山と思われる方向に向けてチリトマヌードルを美味しく頂きます。


Echigokomagatake_20130810_227

背中を向けている小屋の管理人さんと暫し話をさせていただきました。普段から山頂は晴天率が悪く、暫くこのような天気だったようです。逆に今の時期快晴だと灼熱地獄で相当な体力を奪われることが想定されます。


Echigokomagatake_20130810_233

Echigokomagatake_20130810_235

山頂及び小屋前で約1時間休息したので、そろそろ下山に入ります。まずは岩場下りから来た道を忠実に戻ります。


Echigokomagatake_20130810_236

Echigokomagatake_20130810_240

脇には凄い岩壁が見えます。浮石など注意を払いながら稜線を下っていきます。


Echigokomagatake_20130810_244

Echigokomagatake_20130810_245

眼下に雪渓を見て前駒と思われる箇所(表示なし)を通過していきます。


Echigokomagatake_20130810_249

Echigokomagatake_20130810_253

標高を下げていくに従い、視界が利き始めます。


Echigokomagatake_20130810_261

Echigokomagatake_20130810_274

グングン高度を下げていき小倉山に到達です。登り込んできたハイカーが暑さにバテ気味の様子で休憩をしています。


Echigokomagatake_20130810_276

Echigokomagatake_20130810_280

標高の低い位置で小刻みなアップダウンを繰り返していくと暑さが倍増していきます。


Echigokomagatake_20130810_281

Echigokomagatake_20130810_282

同行者rin氏は登りも下りもほとんど休憩を入れずに終始安定したペースでの健脚ぶりに圧巻させられます。ほんとガイドさんに先導されているような歩きです。


Echigokomagatake_20130810_285

Echigokomagatake_20130810_288

明神峠を通過し木道を歩いていきます。


Echigokomagatake_20130810_289

Echigokomagatake_20130810_293

暑さで蒸した登山道を残り900m頑張って歩いていきます。


Echigokomagatake_20130810_299

Echigokomagatake_20130810_300

国道沿いの駐車スペースが見えて来たら、左に進み枝折峠駐車場に無事に帰着です。


Echigokomagatake_20130810_302_2

Echigokomagatake_20130810_305

rin氏登頂終了のポージングで越後駒ケ岳の登山終結宣言をさせていただきます。山頂以外暑い中、大変お疲れさまでした。


Echigokomagatake_20130810_316

Echigokomagatake_20130810_314

下山後の癒し温泉を事前調査では、小出IC近辺の温泉施設をいくつかピックアップしていましたが、帰路看板につられて外観だけでも見に行ってみようということで立ち寄ってみると、意外にもいい感じの雰囲気でしたので、本日の越後駒ケ岳で疲弊した身体を「白銀の湯 」で癒すことに決断していきます。


Echigokomagatake_20130810_308

Echigokomagatake_20130810_313

周囲には雪国風の建屋が点在しており、豪雪地帯であることが伺えます。内湯、露天がありゆっくりと汗を流して身体を癒していきます。露天にはぬるめの源泉がありゆっくりと浸かることができました。


■天候:曇り

■出会った人:30人ぐらい 

■タイム:5:18~13:39【8時間21分、休憩等含】 

■形態:同行者1名(のほほん山歩きのrin氏) 

■水分:4.5L(ペットボトル500ml:9本) 

■山域:越後 

■深Q百名山:第37座目 

■出発地点より駐車場までの片道距離:215Km 

■その他:  

★越後三山の主峰をまずは登頂してみました。いづれは中ノ岳、八海山にも脚を延ばして行きたいと思っています。近年全国的に暑くなってきた異常気象の下、越後の山域はガスっていても暑く、快適な山歩きには感じられませんでした。基本的に越後山域での夏場の登山は体力が消耗させられるだけで、秋が適した時期か思われます。

★標高が千メートル強の範囲での山歩きが長いため、暑さ対策が必要かと思われます。虻が多く単独で付きまとう率が高い印象を受けました。1匹追い払ってもまた別の虻が付きまとって来るような交代制で仕掛けてくるような動きをしており、とてもウザく感じました。隙を見せたら首を1発刺されてしまい、ほんと虻ないです。 

★今回、初コラボさせていただいた同行者のrin氏は想定以上の健脚ハイカーで驚きました。今後は北アルプス縦走や燧ヶ岳日帰りを狙って活動を継続していくそうです。何と言っても武器はクライマーなんですよね。岩場・鎖場に強みを持っているハイカーでした。

★残念ながら山頂ではガスっていて展望をみることができませんでした。八海山だけでも見てみたかったと心残りではありますが、機会があれば今度は別ルートで再来してみたいと思います。

★新潟側から入る場合、枝折峠までのアプローチは往路ともにシルバーラインを活用して駐車場に入ることが望ましいと思います。352号線は国道といっても擦れ違い困難な箇所が多数存在しています。 

ホームに戻る 

« 常念岳~蝶ヶ岳(日帰り) 2013/8/3 深Qの日本百名山登頂シリーズ【Vol.36】 北アルプス初登頂は快晴! | トップページ | 平ヶ岳 2013/8/15 深Qの日本百名山登頂シリーズ【Vol.38】 これぞ本格的ジャパニーズ・テーブルマウンテンだ! »

越後(魚沼)駒ケ岳」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/58007463

この記事へのトラックバック一覧です: 越後駒ケ岳 2013/8/10 深Qの日本百名山登頂シリーズ【Vol.37】 越後三山の主峰を踏破!:

« 常念岳~蝶ヶ岳(日帰り) 2013/8/3 深Qの日本百名山登頂シリーズ【Vol.36】 北アルプス初登頂は快晴! | トップページ | 平ヶ岳 2013/8/15 深Qの日本百名山登頂シリーズ【Vol.38】 これぞ本格的ジャパニーズ・テーブルマウンテンだ! »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ