« 雲取山(三峰ピストン) 2013/3/27 究極的日帰り単独ピストンシリーズ中級編 | トップページ | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(周回) 2013/4/13 奥秩父玄人的嗜好ルートを縦走! »

熊倉山 2013/3/30 驚異の秩父山系「熊倉山」、道迷い多発地帯に潜入!

熊倉山 1,427m 単純高低差805m

Kumakurayama_20130330_094
秩父山系で道迷い・遭難多発山域として知られ、ひっそり感漂う驚異の山に「熊倉山」があります。私的には、県内で和名倉山に次ぐ単独登山を恐れていた山でした。急登、展望なし、不気味な山域として、マイナスイメージのある玄人志向の山としての認識を抱いておりました。

今回は、志同じく熊倉山に興味を抱いていた健脚ハイカーでもあるヤマレコユーザー、健脚Mana氏と合流して熊倉山アタックを決め込むことにしました。3日前の雲取三峰ピストン消化直後により、脚部の筋肉痛が抜けきっていない状態でのアタックとなりますので、脚部の状態を見ていく上で試験的登山としての要素も兼ねての山行となります。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):城山コース登山口駐車場(7:22)⇒日野コース分岐(9:26)⇒熊倉山(9:31-9:55)⇒日野コース分岐(9:59)⇒笹平(10:25)⇒官舎跡(10:58)⇒三又(11:07)⇒林道出合(11:37)⇒城山コース登山口駐車場(11:55)

※歩行距離:8.4㎞ 行程タイム:4h33m(休憩含)


Kumakurayama_20130330_002

Kumakurayama_20130330_004

AM5時30分道の駅花園で、今回の同行者である七峰縦走42.195㎞を難なくクリアしてしまう健脚Mana氏と合流します。そして道の駅荒川でトイレ休憩に立ち寄り、見えるはずの熊倉山方面を確認してみますが、思いっ切りガスの中です。実は本日の天候は期待できないのを承知の上での熊倉山アタックです。


Kumakurayama_20130330_009

Kumakurayama_20130330_013

その後、秩父鉄道白久駅前の舗装道路を上っていくと、城山コース登山口に出られます。登山口前には駐車スペースがあり、8台ぐらいは置けそうです。本日は城山コースから登り、下山を日野コースで下る周回コースを予定しております。登山口入口には、行方不明者の張り紙があり、西武秩父駅周辺を最後に足取りが掴めないらしく、不明場所が熊倉山との記載はないもののまるで熊倉山で遭難したかのような感じで貼られておりました。


Kumakurayama_20130330_012

Kumakurayama_20130330_015

準備を整えていきますが、既に冷たい霧雨が降っております。本日は雨が避けられそうにないので、一月前に新調したゴアテックスのレインを上だけ着込みます。


Kumakurayama_20130330_016

Kumakurayama_20130330_022

僅かなウォーミングアップロードを登ると、目の前にはロングな急登を思わせる斜面が待ち構えています。


Kumakurayama_20130330_031

Kumakurayama_20130330_034

単調なショートの斜めった九十九折りを暫く登り込み、高度を稼いでいきます。高度に比例してガスの濃度も濃さを増していきます。しかし、初っ端から強烈な登り込みの連続です。


Kumakurayama_20130330_035

Kumakurayama_20130330_037

熊倉山独特の不気味さを味わいながら登り込みます。道標には番号が付されており、特に他に何もないのでアタックまで励みとなるアイテムです。


Kumakurayama_20130330_041

Kumakurayama_20130330_044

不気味な登山道はそのまま続き、徐々に痩せ尾根へと変化してきました。


Kumakurayama_20130330_046

Kumakurayama_20130330_049

そして急登の痩せ尾根を登り込んでから、一気に急降下します。健脚Mana氏は余裕綽々で、ホップ・ステップ・ジャンプの手順でクリアです。


Kumakurayama_20130330_051

Kumakurayama_20130330_059

ガスっているシチュエーションも相乗効果になっていると思いますけど、昔流行った映画で「死霊のはらわた」を観たことがありますが、まさにそんな光景を観ている気がします。野生動物が出てくるというより、何か得体の知れない物体が現れてきそうな不気味さを感じます。


Kumakurayama_20130330_061

Kumakurayama_20130330_062

元々展望が利かない山頂なので、敢えて天候が期待できない本日がアタック日に選ばれてしまいました。


Kumakurayama_20130330_067

Kumakurayama_20130330_068

そうこうしているうちに、踏み跡らしき道を辿っていると尾根から外れていることに気が付きます。獣道だったようで、他の多くのハイカーも迷われて入っている様子が伺えます。仕方がないので、一気に尾根筋まで強引な直登りをしていきます。


Kumakurayama_20130330_070

Kumakurayama_20130330_073

尾根道を登り込んでいき、日野コースとの分岐点に出ました。ここより熊倉山まではあとひと踏ん張りです。


Kumakurayama_20130330_074

Kumakurayama_20130330_075

気合いを入れ込み、驚異の熊倉山山頂にアタックを仕掛けにいきます。


Kumakurayama_20130330_077

Kumakurayama_20130330_082

そして熊倉山山頂に呆気なく登頂成功です。山頂は縦長で当然の如く、貸切です。その先には酉谷山に続くルートがあります。


Kumakurayama_20130330_084

Kumakurayama_20130330_085

少し先の様子を伺うと岩の上に小さな祠が置いてあったり、日野コースは「Uターン」と赤文字で強調されています。道迷いの代名詞とも思われている山域だからでしょうか。


Kumakurayama_20130330_091

Kumakurayama_20130330_088

肌寒く感じる山頂で暫し、健脚Mana氏手製のランチをいただきます。錆びた鉄板に、不気味に垂れ落ち刻み込まれた熊倉山の山頂標識文字を肉眼で確認することが出来て、感動のオナラ・ブーです。


Kumakurayama_20130330_096

Kumakurayama_20130330_098

20分強休憩した後、下山に入ります。分岐点まで下りて、今度は日野コースで下ります。


Kumakurayama_20130330_101

Kumakurayama_20130330_104

城山コースとは対照的に穏かに下っていきます。原生林風の苔も現れ、雰囲気もコースで異なりますね。


Kumakurayama_20130330_106

Kumakurayama_20130330_107

しっかりと道標もあり、ピンクテープも目印となり迷う事無さそうですが・・・。


Kumakurayama_20130330_108

Kumakurayama_20130330_110

足元注意!の赤札を見て、再度気を引き締めて下っていきます。


Kumakurayama_20130330_115

Kumakurayama_20130330_116

やがて幻想的な雰囲気に包まれた場所「笹平」に出ます。紅葉の時期には、絶好の穴場スポットになるでしょうね。


Kumakurayama_20130330_117

Kumakurayama_20130330_123

ピンクテープや道標を頼りに下って行くわけですが、途中2回ほど、複数のハイカーが踏み間違えられたと思われる踏み跡に、自然と誘い込まれる箇所があります。緊張感が途切れた時に、ふとその道に入っている私がいました。その都度、後者にいる健脚Mana氏に道が違うのでは?と指摘されていきます。最近、デジタル化して鈍った感覚にツケが廻ってきているようです。


Kumakurayama_20130330_125

Kumakurayama_20130330_127

トタン屋根の残骸が剥きだしになっている「官舎跡」を通過していきます。


Kumakurayama_20130330_130

Kumakurayama_20130330_132

沢筋にある「三又」に到達すると、苔蒸した箇所が目立ってくるようになってきました。


Kumakurayama_20130330_133

Kumakurayama_20130330_135

この雰囲気、まるで御岳山のロックガーデンにクリソツです。


Kumakurayama_20130330_140

Kumakurayama_20130330_142

霧雨が続く中、ロックガーデンのような沢筋を何度か渡りながら、この雰囲気を楽しませていただきます。


Kumakurayama_20130330_143

Kumakurayama_20130330_150

暫く味わってから城山コース登山口に戻る為、林道コースへとシフトしていきます。武州日野駅に下るコースはもう少し沢筋を歩けるみたいです。


Kumakurayama_20130330_154

Kumakurayama_20130330_155

ゴアテックスのレインで雨に打たれながら、そのまま車道へと歩いていきます。


Kumakurayama_20130330_156

Kumakurayama_20130330_157

突き当たりの車道を左に曲がって歩いて行くと、やがて起点の場所に戻ります。本日のコンディションは終始ガスり&霧雨状態でした。御蔭で不気味な雰囲気と神秘的な雰囲気が交差しながらの山歩きを楽しませて頂き登山終了です。


Kumakurayama_20130330_161

Kumakurayama_20130330_162

片付けを終えた後、白久駅方面に3キロ程度車で下ると「谷津川館 」があります。本日の日帰り癒し温泉をこちらに決定させていただきます。


Kumakurayama_20130330_166

Kumakurayama_20130330_169

なぜか昭和風の風情ある趣に安心感を感じて入館していきます。因みに、日帰り入浴1000円。ロッカー無の為、貴重品はフロントで預かってもらえます。


Kumakurayama_20130330_167

Kumakurayama_20130330_180

ロビーの脇から長い通路を渡って浴室に向かいます。


Kumakurayama_20130330_170_2

Kumakurayama_20130330_171

なんと!いきなりの貸切です。その後、他に一人だけ入浴してきましたが、交互に内湯、露天と移動していたので、実質貸切みたいな感じで癒し温泉に浸ることができました。驚異の熊倉山の疲れを癒すには、かなりナイスな湯でした。


Kumakurayama_20130330_181

Kumakurayama_20130330_182

白久駅前を通過し、道の駅花園にある名物大根そばを頂いてから解散となりました。最後までご覧いただきお疲れ様でした。


■天候:終始霧雨 

■出会った人:完全貸切状態

■タイム:7:22~11:55【4時間33分、休憩含】

■形態:同行者あり(健脚Mana氏)

■水分:2.0L(ペットボトル500ml:4本)⇒消化したのは400mlのみ

■山域:秩父山系

■出発地点より駐車場までの片道距離:76Km

■その他: 

★私的に恐れていた驚異の「熊倉山」に不気味なシチュエーションの中、潜入できましたので満足できた山行となったと思います。晴れた日に違いを確認する意味でも再来もOKかなと感じました。

★城山コースの急登の連続は、下りでは取りたくないルートだ感じます。今回の周回コースの方がベターだと思います。城山コース(不気味)、日野コース(神秘的)と言った対照的なコースで、奥秩父の雰囲気も味わえる変化に富んだコースでした。晴れていても展望は宜しくないとか。

★次回の合同山行は和名倉山か?笠取山か?皇海山か?と色々と案件が出始めてきました。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

« 雲取山(三峰ピストン) 2013/3/27 究極的日帰り単独ピストンシリーズ中級編 | トップページ | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(周回) 2013/4/13 奥秩父玄人的嗜好ルートを縦走! »

熊倉山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/57076293

この記事へのトラックバック一覧です: 熊倉山 2013/3/30 驚異の秩父山系「熊倉山」、道迷い多発地帯に潜入!:

« 雲取山(三峰ピストン) 2013/3/27 究極的日帰り単独ピストンシリーズ中級編 | トップページ | 雁坂峠~水晶山~古礼山~燕山~雁峠~笠取山(周回) 2013/4/13 奥秩父玄人的嗜好ルートを縦走! »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ