« 子ノ権現~伊豆ヶ岳 2013/3/20 子ノ権現手前の破線ルートで突如現れた黒い巨体生物と対峙する | トップページ | 熊倉山 2013/3/30 驚異の秩父山系「熊倉山」、道迷い多発地帯に潜入! »

雲取山(三峰ピストン) 2013/3/27 究極的日帰り単独ピストンシリーズ中級編

雲取山(三峰ルートピストン)日帰り 標高2,017m

Kumotorimitsumine_piston_20130327_3
今回で4回目の登頂となります「雲取山」、毎度相性の悪い雲取山では、山頂から完全な富士山を拝めたことがまだ1度もございません。今回こそはと日程調整を入れて三峰ルートのピストンに再度挑戦でしたが・・・。

過去雲取山に関係する山行では、三峰ピストン(日帰り1回、山荘宿泊1回)、鴨沢ピストン(日帰り1回)の経験がありました。私が低山ハイカーに転身する切っ掛けになったのが、2010年10月雲取山三峰ピストンを無謀にも日帰りで挑戦したことから始まります。登山スキル無、体力も衰えていた時期、気合だけで三峰ピストンを決行します。結果、嵐にも巻き込まれ、脚部玉砕型超疲弊状態に落とし込まれてのゴールとなり、甚大なダメージを受け、トラウマになった記憶があります。

ある意味、リベンジ山行としての究極的ピストンシリーズとなります。当日はスタート地点の標高1,100mですが、前日降雪があったようで既に周囲では所々白くなっていました。徐々に高度を上げていくと、標高1,600m付近からアイゼンが必要となっていました。新調した6本爪アイゼンを試す機会にも恵まれ、究極的ピストンシリーズを楽な展開に持っていこうとしますが・・・・。

Kumotorimitsumine_piston_20130327_4
※雲取山荘~雲取山山頂は北側斜面のため、登山道が凍結しています。(2013/3/27時点)

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):秩父市市営駐車場(6:01)⇒鳥居(6:06)⇒炭焼平(6:43)⇒地蔵峠(7:05)⇒霧藻ヶ峰(7:13-7:19)⇒お清平(7:28)⇒前白岩の肩(7:58)⇒前白岩山(8:11)⇒白岩小屋(8:25-8:36)⇒白岩山(8:54)⇒芋ノ木ドッケ(9:00)⇒大ダワ(9:29)⇒雲取山荘(9:50)⇒雲取山・避難小屋(10:17-10:35)⇒雲取山荘(10:50)⇒大ダワ(11:03)⇒白岩山(11:50)⇒白岩小屋(12:06)⇒前白岩山(12:25)⇒お清平(13:08)⇒霧藻ヶ峰(13:25-13:38)⇒標高1,400m地点(13:53)⇒標高1,300m地点(14:05)⇒標高1,200m地点(14:16)⇒秩父市市営駐車場(14:32)【ピストン】

※歩行距離:21.2㎞ 行程タイム:8h31m(休憩含)


Kumotorimitsumine_piston_20130327_0

Kumotorimitsumine_piston_20130327_2

AM3時20分自宅を出発し、同県内にも拘わらず100㎞も走行して、約2時間20分で三峰神社の駐車場でもある秩父市市営駐車場に到着します。300台ぐらい駐車可能なスペースには私の車だけです。24時間使用可能なトイレを利用してピストンの準備を整えます。


Kumotorimitsumine_piston_20130327_3

Kumotorimitsumine_piston_20130327_4

雲取山方面は既に視界には無く、天候は期待できそうにありません。駐車場を6時過ぎにスタートします。


Kumotorimitsumine_piston_20130327_5

Kumotorimitsumine_piston_20130327_6

2年4か月ぶりの再来となります三峰ルート登山口の標高は、1,100m地点から始まります。石鳥居の脇に登山ポストがありますので、用紙に日帰りピストンの申告を記載しておきます。


Kumotorimitsumine_piston_20130327_7

Kumotorimitsumine_piston_20130327_8

前日に降雪があったようで、既に所々白くなっている箇所があります。穏かに登り込みながら二股桧を通過していきます。


Kumotorimitsumine_piston_20130327_0

Kumotorimitsumine_piston_20130327_2

標高1,300m地点を通過し徐々に高度を稼ぎにいきます。


Kumotorimitsumine_piston_20130327_3

Kumotorimitsumine_piston_20130327_4

妙法ヶ岳の分岐を越えて先を進んでいくと、標高に比例して積雪に厚みが増してきていました。そこへ思わぬ晴れ間が確認できます。


Kumotorimitsumine_piston_20130327_5

Kumotorimitsumine_piston_20130327_6

炭焼平⇒標高1,400m地点とグングン高度を稼ぎます。


Kumotorimitsumine_piston_20130327_7

Kumotorimitsumine_piston_20130327_8

そのままノーアイゼンで登り込みます。そして明るい方向に目を向けると、雲海が拡がって見えています。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_10

Kumotorimitsumine_piston_2013032_11

やがて地蔵峠1,500m地点に到達します。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_13

Kumotorimitsumine_piston_2013032_14

更に進むと秩父宮レリーフの岩壁に出ます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_15

Kumotorimitsumine_piston_2013032_16

レリーフの目先に「霧藻ヶ峰(1,523m)」があります。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_17

Kumotorimitsumine_piston_2013032_18

霧藻ヶ峰では一部展望が開けており、三峰から歩いて来た稜線が見えています。そのずっと先には、雲海に浮かぶ「両神山」のギザギザヘッドが浮き出て見えています。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_19

Kumotorimitsumine_piston_2013032_20

一旦、70m強標高を下げて鞍部の「お清平」に到達します。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_21

Kumotorimitsumine_piston_2013032_22

雲取山頂までは、まだまだ6.2㎞もあります。ここより前白岩山・白岩山に続く、第一の肉体破壊的核心部となる拷問チックな登り返しが始まります。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_24

Kumotorimitsumine_piston_2013032_25

過酷な登り返しを雲海を眺めながら丁寧に消化吸収していきます。


Kumotorimitsumine_piston_20130327_1

Kumotorimitsumine_piston_2013032_26

積雪に滑りながら岩場を登り込んでいき、「前白岩の肩」へと一気に高度を稼いでいきます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_27

Kumotorimitsumine_piston_2013032_28

片道距離のハーフ地点を過ぎ(ピストンではクォーター)、まもなく前白岩山を通過します。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_29

Kumotorimitsumine_piston_2013032_30

白岩小屋に到着し安全走行の為、今年初そしてモンベルで新調した6本爪アイゼン(5,700円)をNoceFaceのタウラギリに履かせます。これがまた装着が楽なんですよ。私的にはお勧めです。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_31

Kumotorimitsumine_piston_2013032_32

アイゼン装着後、白岩山を登り込んでいきます。予想以上にグッサリとアイゼンの効きが足裏で感じとれます。これでひとまず安心走行が可能になりました。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_34

Kumotorimitsumine_piston_2013032_35

そのまま白岩山・芋ノ木ドッケへと四輪駆動のように、馬力を効かせて走行していきます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_36

Kumotorimitsumine_piston_2013032_37

途中積雪量が無くなるまたは薄くなる箇所もありましたが、構わずグッサリ地面を刺しながら突き進みます。真面目に脱着をしていたら5回ぐらい必要でした。雲取山との距離も随分詰めてきていました。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_38

Kumotorimitsumine_piston_2013032_39

危険なトラバース道や小刻みなアップダウンを消化して大ダワに到達です。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_40

Kumotorimitsumine_piston_2013032_41

大ダワは登山道の交差点にもなっており、山頂に向かう男坂、女坂、それと日原方向に下山するルートがあります。積雪量がありそうな女坂をチョイスして進んでいきます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_42

Kumotorimitsumine_piston_2013032_43

途中より廃墟と化している雲取ヒュッテの脇を通り、雲取山荘へと抜けていきます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_44

Kumotorimitsumine_piston_2013032_45

2年4か月ぶりの雲取山荘です。確か2階の真ん中あたりに泊まったなぁ~。当時は職場の同僚を連れて登頂し個室に泊まれました。部屋には豆炭があって寒い思いをしませんでした。山荘より山頂までの距離700mの最後の登りが本命の核心部となります。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_46

Kumotorimitsumine_piston_2013032_47

階段を上がると一気に積雪量が増してきています。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_48

Kumotorimitsumine_piston_2013032_49

山頂直下の急登では、降雪の土台部分がアイスバーンとなっており、アイゼンをフルに絡ませて登ります。しかし、身体が疲弊した状態だったので、3回ぐらい立ち止まり呼吸を整えてアタックを仕掛けにいきます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_50

Kumotorimitsumine_piston_2013032_51

霧雨となっていた山頂にアタック成功です。雲取山頂は1年10ヵ月ぶり、4回目の登頂となります。山頂は視界不良で展望が全く利かず、予定通り貸切です。というよりまだ誰にも出会っていません。三峰から独占的貸切状態でした。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_52

Kumotorimitsumine_piston_2013032_53

山頂にある避難小屋にも立ち寄ってみることにします。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_54

Kumotorimitsumine_piston_2013032_55

小屋内部に入ると私と同年代ぐらいのハイカーが一人休んでおり、何処から来たのか話しかけられます。三峰のピストンで貸切であった旨話込みます。逆に尋ねると、鴨沢から登られて大ダワから日原へ下るとのこと。結構玄人チックな道を下っていくんですね。

気が付くと、もう一人?小屋の奥で寝袋に包まっているハイカーらしき人物がいました。話込んでいたハイカーが言うには、熟睡しているとのことでした。そして日原に下るハイカーは先に小屋を去っていき、私はゼリーを補給してから出発していきます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_56

Kumotorimitsumine_piston_2013032_57

ガスった鴨沢ルートを確認してから山頂に戻ります。日本に三つしかないと言われている原三角点と他の山頂セットを撮影していきます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_58

Kumotorimitsumine_piston_2013032_59

三峰ルートの下山に入ると、山頂直下で座り込んでいるハイカーがいます。先程の日原に下るハイカーがアイゼンを装着していました。やはり、この凍結具合にビビって装着を決断したみたいです。因みに、鴨沢ルートは南斜面になるので、積雪は全く無かったそうです。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_60

Kumotorimitsumine_piston_2013032_61

日原ハイカーよりお先に失礼して、凍結下りで6本爪アイゼンの本領発揮です。ガンガン下って一気に雲取山荘前に到着です。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_62

Kumotorimitsumine_piston_2013032_63

廃墟の雲取ヒュッテ先からは男坂で下っていきます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_64

Kumotorimitsumine_piston_2013032_65

難なく大ダワまで下ってきました。日原との分岐ですが、日原方面にはほとんど踏み跡らしき形跡が見られません。先程のハイカーはベテラン風の装備をしていたので問題ないでしょう。私自身がピストン大丈夫だらうかと心配です。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_66

Kumotorimitsumine_piston_2013032_67

雪の無い箇所もアイゼン外すのが面倒なので、そのまま突き進みます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_68

Kumotorimitsumine_piston_2013032_69

危険なトラバース道を通過し芋ノ木ドッケへ。


Kumotorimitsumine_piston_20130327_5

Kumotorimitsumine_piston_20130327_2

台風跡地を通過し白岩山へ。下山ルートなのですが、ここまで下っているというより登りの延長のような気がします。


Kumotorimitsumine_piston_20130327_3

Kumotorimitsumine_piston_20130327_4

白岩小屋に至る下り坂で、本日三峰ルートではお初の青年ハイカーと擦れ違います。イヤホンをしていたので挨拶のみの擦れ違いでしたが、なんと!地下足袋を履いて登り込んでいました。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_10

Kumotorimitsumine_piston_2013032_11

白岩小屋で小休止していきます。割れた窓から中を覗くと毛布などが置いてあり、最近ハイカーが泊まった形跡が見られます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_12

Kumotorimitsumine_piston_2013032_13

標高1,800mを下回っていくとガスが切れ、視界が利き始めます。この先でアイゼンを外すことにしました。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_15

Kumotorimitsumine_piston_2013032_16

前白岩の肩に到達すると、更に視界が良好になってきました。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_17

Kumotorimitsumine_piston_2013032_18

三峰神社方面に向かう稜線を眺めていきます。秩父市市営駐車場はまだまだ遠方に見えています。望遠で撮影すると僅かに私の車も写っていました。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_19

両神山の先に薄っすらと浅間山が確認できます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_20

Kumotorimitsumine_piston_2013032_21

一旦、鞍部のお清平まで下って、最後の登り返しを消化していきます。これが結構脚部粉砕的な拷問として堪えてきます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_22

Kumotorimitsumine_piston_2013032_23

霧藻ヶ峰に到達し、閉まっている売店で小休止をしていると、三峰側から東京よりお越しの単独若手ハイカーが登り込んできました。そこで暫く話込みます。西武秩父駅からバスに乗車し、三峰神社スタートで本日は雲取山荘に宿泊だそうです。翌日は鴨沢に下りる予定とのこと。標高1,800m近辺からガスに覆われていると話すと、明日の天気は期待できないから山荘の出発時間を悩んでいる様子でした。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_24

Kumotorimitsumine_piston_2013032_25

雪道なのでチャッチャカ下れないけど、標高を的確に下げていきます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_26

Kumotorimitsumine_piston_2013032_27

ダラダラと標高を下げていくに連れて、晴れ間が射してきます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_28

Kumotorimitsumine_piston_2013032_29

明るく陽が射している貸切の登山道を快適に下ります。やがて奥宮の鳥居が見えてきました。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_30

Kumotorimitsumine_piston_2013032_31

ピストンの登山届を出したポストを左手に見て石鳥居を潜ります。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_32

Kumotorimitsumine_piston_2013032_33

三峰神社方面にもちょこっと立ち寄りたかったので、駐車場上の登山口でアイフォンアプリの記録を終了させます。タイム的には不満でしたが、次回はアイゼン無しの時期にピストントレーニングを試してみたいものです。その前にもう一度、鴨沢ピストンもやってみたいですね。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_34

Kumotorimitsumine_piston_2013032_35

時間に少し余裕がありますので、神社境内手前まで散策します。随身門は迫力のある立派な造りをしていますね。昔の仁王門にあたるそうです。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_36

Kumotorimitsumine_piston_2013032_37

高台に遥拝殿があり、妙法ヶ岳を遥拝できます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_38

Kumotorimitsumine_piston_2013032_39

駐車場に戻る途中、白岩山までの稜線を確認できました。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_41

Kumotorimitsumine_piston_2013032_42

雲取山はまだ分厚い雲の中です。霧雨状態が続いているのでしょうか。駐車場に帰着し、トイレの水道で汚れたアイゼンを洗わせていただきます。駐車料金500円を支払って疲弊した身体を癒す為、温泉に向かいます。


Kumotorimitsumine_piston_2013032_43

Kumotorimitsumine_piston_2013032_44

約15キロ下って、久しぶりの大滝温泉に立ち寄ります。究極的ピストンシリーズで疲弊した脚部を思う存分癒してから帰宅しました。

※最後までピストンにお付き合いいただきありがとうございます。


■天候:曇り(山頂霧雨)のち下界晴れ 

■出会った人:3人+1人(寝袋で熟睡していたと思われる人間?)

■タイム:6:01~14:32【8時間31分、休憩含】

■形態:単独行

■水分:2.5L(ペットボトル500ml:5本)⇒消化したのは2本のみ

■山域:奥秩父

■深Q百名山:第3座目で登頂済

■出発地点より駐車場までの片道距離:100Km(同県内でも100㎞超えは運転がキツイ)

■その他: 

★究極的ピストンシリーズ中級編となりました雲取三峰ピストンを後遺症も無く無事に終えて、一先ず次の展開へのステップとなった感じがします。駆け出し時代の約2年半前に比べて、自己の成長を確認することができた復習登山となりました。しかし、相変わらず登り返しのキツさは身体に堪えますね。

★雲取鴨沢ピストンを基準数値(100)とした場合の以下比較ポイントです。

雲取鴨沢ピストン(100)<高尾山⇔陣馬山ピストン(110)<甲武信ヶ岳徳ちゃん新道ピストン(115)<雲取三峰ピストン(130)

鴨沢ピストンに比べ、三峰ピストンは体力的に3割増しと私的には思います。対甲武信ピストンと比べても厳しいルートと考えられます。

★ガスると大変不気味な山道になる三峰コースですが、下山時は陽が射していましたので、大変快適な山道に感じました。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

« 子ノ権現~伊豆ヶ岳 2013/3/20 子ノ権現手前の破線ルートで突如現れた黒い巨体生物と対峙する | トップページ | 熊倉山 2013/3/30 驚異の秩父山系「熊倉山」、道迷い多発地帯に潜入! »

雲取山(三峰コース)」カテゴリの記事

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ