« 火打山 2012/10/20 深Qの日本百名山登頂シリーズ(Vol.29) | トップページ | 鷹ノ巣山 2012/11/3 山レディ3人と奥多摩紅葉を楽しむ »

谷川岳 2012/10/27 西黒尾根⇒天神尾根トレーニング編 ホワイトアウトチックな状況に難儀する

谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根) 1,977m 単純高低差1,227m

Tanigawadake_20121027_102
谷川連峰に入山するのも、今回の山行で7回目となりました。主峰「谷川岳」登頂は3回目です。当初の計画では、【土合橋P⇒西黒尾根⇒谷川岳⇒万太郎山⇒吾策新道⇒土樽駅(15:21乗車予定)⇒土合駅】のルートで山行計画を立案しておりました。

ヘッデン装着早朝スタートの予定が・・・当日は小休止予定の赤城SAで少し寝過ごし、その後土合橋駐車場到着時、土砂降りの雨に遭います。そこで、同行者との協議で谷川岳山頂を目指して、それから状況を見て判断していくことに切り替えていきます。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):谷川岳ベースプラザ(6:13)⇒西黒尾根登山口(6:26)⇒ゆうやけシンボルスチールタワー【勝手に命名】(6:42)⇒ラクダのコル(8:11)⇒ザンゲ岩(9:07)⇒トマノ耳(9:30)⇒オキノ耳(9:44)⇒肩の小屋(10:10)⇒天狗の溜まり場(10:51)⇒熊穴沢避難小屋(11:20)⇒天神平(11:57-12:35)⇒RW(12:48)⇒ベースプラザ(12:54)


Tanigawadake_20121027_001Tanigawadake_20121027_003

土合橋駐車場で受けた土砂降りを回避すべく、谷川岳ベースプラザの立体駐車場へ車を移動させます。暫くすると、雨が止み登山準備に取り掛かります。今回の同行者は、谷川岳初登山となる国際色豊かで、殺人的な登り込みスタイルが特徴的な「チャイニーズハイカー」との山行となります。


Tanigawadake_20121027_005Tanigawadake_20121027_009

周囲がガスった状況下、静かにRWの建物を廻り込んでいきます。


Tanigawadake_20121027_010_2Tanigawadake_20121027_012

そして、山岳資料館の前を通過していきます。


Tanigawadake_20121027_014Tanigawadake_20121027_019

そのまま車道を歩いて行くと、日本三大急登の一つ「西黒尾根」登山口に取り付いていきます。初っ端から魔の急登で、一気に高度を稼いでいきます。


Tanigawadake_20121027_021Tanigawadake_20121027_022

登り込んで行くと、私的に勝手に命名した「ゆうやけシンボルスチールタワー」が頭上に現れてきます。谷川連峰日帰り馬蹄形縦走を白毛門(修羅場門)側からスタートさせた場合、このシンボルタワーがほぼゴールに近づいたことを認識させてくれます。本日は視界不良で、反対側の白毛門の眺望が利いていません。


Tanigawadake_20121027_025Tanigawadake_20121027_026

ガレ場を登り、殺人的ハイペース気味に、チャイニーズハイカーの脚が加速していきます。しかしながら、数日前まで体調を崩し、コンディションは病み上がりとのこと。


Tanigawadake_20121027_027_2Tanigawadake_20121027_033

私的にシンボルとなっている、谷川岳山頂までのタイム付道標です。その先もかなりの急坂に、拷問的に扱かれていきます。


Tanigawadake_20121027_034Tanigawadake_20121027_039

ガスりの中の紅葉を観賞しながら、樹林帯登りを消化していきます。


Tanigawadake_20121027_043_2Tanigawadake_20121027_046

やがて、森林限界に差し掛かり、最初の難所である鎖場が現れます。普段はホールド・スタンスがしっかり取れる鎖場です。しかし、本日は土砂降りのあとで、しかも濃度の濃いガスりの天候である為、岩場は濡れていて、非常に滑り易く、難易度がアップしています。


Tanigawadake_20121027_047_3Tanigawadake_20121027_048

鎖場登攀シリーズの開幕だぁ!一気に高度を上げていきます。流石のチャイニーズハイカーも鎖場では、得意の殺人的ハイペースの技は封じられていきます。


Tanigawadake_20121027_051Tanigawadake_20121027_052

鎖・クサリ・・・、岩場が濡れているので、鎖頼りの登攀になっていきます。


Tanigawadake_20121027_054Tanigawadake_20121027_055

一難去って、また鎖、ガスの濃度はホワイトアウトに近い状態に、濃くなっていきます。


Tanigawadake_20121027_058Tanigawadake_20121027_059

ラクダの背を通過してから、更にルートが見えづらくなっています。


Tanigawadake_20121027_062_2Tanigawadake_20121027_064

巌剛新道との合流点「ラクダのコル」に到達です。西黒尾根の経験は、巌剛新道を合わせると登りで2回、下りで1回ありましたので、ホワイトアウト気味でも、大まかなルートは頭に入っておりました。


Tanigawadake_20121027_066Tanigawadake_20121027_068

二つ目の難所の鎖場です。目印となっているマーキング方向に上がっていきます。


Tanigawadake_20121027_070Tanigawadake_20121027_073

鎖と格闘中の同行者も確認し難くなっています。滑落でもしていたら、確認が困難となる状況です。


Tanigawadake_20121027_077Tanigawadake_20121027_082

そして、氷河の跡に差し掛かっていきます。この地点は鎖がないので、自力通過していかなければなりません。ポイントは、山側の溝がある隅を、慎重に歩けば滑ることはないだらう。


Tanigawadake_20121027_085Tanigawadake_20121027_088

更に高度を上げると、「ザンゲ岩」に到達です。己の過去を悔いて反省させられます。って、別に悪事は働いていませんでしたけど、両親に多大なるご迷惑をおかけしたことはありますね。両親にザンゲです。


Tanigawadake_20121027_091Tanigawadake_20121027_093

こちらは、ミニチュア・シンボルタワーです。山頂にかなりアプローチしてきていることが伺えます。


Tanigawadake_20121027_095Tanigawadake_20121027_096

とりあえず、ガスが濃いので目印となる物を見つけては、山頂方向にアタックに向かいます。


Tanigawadake_20121027_098Tanigawadake_20121027_101

視界が利き難い状況ですが、トマノ耳の山頂標識を捉えることができました。


Tanigawadake_20121027_102Tanigawadake_20121027_104

3度目となる「トマノ耳」1,963m登頂成功です!三角点を確認していきます。


Tanigawadake_20121027_106Tanigawadake_20121027_105

展望盤を確認しますが、視界不良で眺望全くなしです。快晴であれば、縦走予定をしていた万太郎山へ続く稜線が、くっきりと眺望できるのですが・・・、残念です。


Tanigawadake_20121027_107Tanigawadake_20121027_109

そしてガスに巻かれながら、最高峰の「オキノ耳」1,977mに到達です。


Tanigawadake_20121027_118_2Tanigawadake_20121027_113

アタック成功の勇姿です。山頂には、寒さにもめげずに小休止しているハイカーがいます。我々は、この状況下、ゆっくり寛ぐ場ではないと判断し、トマノ耳に戻ります。


Tanigawadake_20121027_120Tanigawadake_20121027_121

トマノ耳では、ハイカーが更に増殖状態になっていました。その後は、肩の小屋方向に下りていきます。


Tanigawadake_20121027_123Tanigawadake_20121027_126

本来の予定ルートならば、万太郎山を縦走し、土樽駅に抜ける予定でしたが・・・・、この状況下では、万太郎に殺られますね。


Tanigawadake_20121027_129Tanigawadake_20121027_131

西黒尾根のピストンでも構わなかったのですが、鎖場に慣れていないチャイニーズハイカーに配慮して、天神尾根を下って、RWへのエスケープを狙います。しかし、下りの天神も意外に手強いです。


Tanigawadake_20121027_134Tanigawadake_20121027_137

こんなにガスっているにも拘わらず、RW組が天神尾根を登り込んできて、著しい交差を繰り返していきます。やがて、天狗の留まり場に到達です。


Tanigawadake_20121027_140Tanigawadake_20121027_142

その後も登り込んでくるハイカーは、プランクトンのように増殖していきます。滑り易いコンディションの為、かなり危険な交差をしていきます。


Tanigawadake_20121027_143Tanigawadake_20121027_145

熊穴沢避難小屋前に到着です。癒し温泉で、何度か活用させていただいている「湯テルメ谷川方面に通じるいわお新道の分岐でもあります。


Tanigawadake_20121027_147_2Tanigawadake_20121027_150

熊穴沢避難小屋を覗こうと思いましたが、大量のハイカーが占拠して、中に入れず、外観のみを撮影していきます。外観の張り紙には、先程のいわお新道には、ヤマビルが生息しているとの注意事項が張られています。吸われた場合には、食塩を振りかけると自然に取れるとのことです。


Tanigawadake_20121027_152_2Tanigawadake_20121027_153

登山道は木道が多くなり、少しハイカーと交差するのが楽になります。


Tanigawadake_20121027_156Tanigawadake_20121027_157

天神平まで残り600mです。


Tanigawadake_20121027_158Tanigawadake_20121027_164

田尻尾根はパスして、ガスで稼働しているのが確認できないリフト前を通過していきます。


Tanigawadake_20121027_169_2Tanigawadake_20121027_171

間もなく、RWが見えてきて、手前の広場で昼食を摂ることにしました。


Tanigawadake_20121027_170_2Tanigawadake_20121027_175

久しぶりに担いできたマイクロストーブセットを利用して、カレーヌードルをガスガスの中で、美味しく頂きます。


Tanigawadake_20121027_184Tanigawadake_20121027_185

その後、天神平駅よりRW乗車をしていきます。ハイカー以外の一般観光客も多く、RWは大盛況でした。


Tanigawadake_20121027_188_2Tanigawadake_20121027_189

RWから谷川の紅葉を観賞していきます。田尻尾根の紅葉が一番見頃でした。


Tanigawadake_20121027_195Tanigawadake_20121027_198

終始、ガスリの環境から受けたダメージを癒す為、私的には、過去立ち寄り温泉のベスト3に入る源泉かけ流しが売りの「鈴森の湯 」に立ち寄ることにします。


Tanigawadake_20121027_199_2Tanigawadake_20121027_202

日帰り名湯の雰囲気を漂わせる建物に受付入口があります。


Tanigawadake_20121027_204Tanigawadake_20121027_205

受付で650円(2時間)を支払います。脱衣場、内湯入口と撮影し、中に人がいるので露天風呂までは撮影できませんでした。とてつもなく気持ちの良い源泉で、冷え込んで疲弊している脚部を徹底的に癒します。


Tanigawadake_20121027_209Tanigawadake_20121027_210

源泉で徹底的に癒した後は、受付前にある休憩室で小休止です。豪華食事メニューもありますが、カレーヌードルが腹に溜まっているので、今回は遠慮していきます。


Tanigawadake_20121027_214Tanigawadake_20121027_216

谷川連峰系への訪問予定は暫くありませんが、また訪問時には、是非立ち寄りたい名湯です。

お疲れさまでした。


■天候:曇り(登山中は終始ガスリ) 

■出会った人:カウント不能(濃いガスに巻かれているにも関わらず、天神尾根から登り込んでくる交差に難儀するハイカーが多過ぎた為)

■タイム:6:13~12:48【休憩含】

■形態:同行者あり(チャイニーズハイカー)

■水分:2.6L(ペットボトル500ml他:5本)

■山域:谷川連峰

■深Q百名山:第14座で登頂済

■出発地点より登山口までの片道距離:135Km

■その他: 

★登山スタート予定時刻の土砂降り、登り込みからの終始ガスりは、山頂近くになるとホワイトアウトに近い状態になっていきます。天候の状況から判断し、初の万太郎山まで縦走を予定していたのを、天神尾根へのRWエスケープへと変更をしていきました。妥当な判断と考えております。

★谷川連峰への訪問はおそらく予定では、来年の日帰り馬蹄形縦走チャレンジ前に、一旦訪問する予定です。今年は谷川連峰で、半馬蹄形縦走を筆頭に結構鍛えられてきました。まだまだ足りないかもしれませんが、本馬蹄形縦走チャレンジは予定通り、「日帰り単独」を条件に実行して行くつもりです。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

« 火打山 2012/10/20 深Qの日本百名山登頂シリーズ(Vol.29) | トップページ | 鷹ノ巣山 2012/11/3 山レディ3人と奥多摩紅葉を楽しむ »

谷川岳(西黒尾根⇒天神尾根)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/55994305

この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳 2012/10/27 西黒尾根⇒天神尾根トレーニング編 ホワイトアウトチックな状況に難儀する:

« 火打山 2012/10/20 深Qの日本百名山登頂シリーズ(Vol.29) | トップページ | 鷹ノ巣山 2012/11/3 山レディ3人と奥多摩紅葉を楽しむ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ