« 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺(日帰り縦走) 2012/10/13 奥秩父ヘビー級縦走トレーニング編 | トップページ | 火打山 2012/10/20 深Qの日本百名山登頂シリーズ(Vol.29) »

妙高山 2012/10/19 深Qの日本百名山登頂シリーズ(Vol.28) 霧氷と紅葉のコラボレーション編

妙高山(みょうこうさん)2,454m 単純高低差1,144m

Myokosanhiuchiyama_2012101920_220
新潟県上越地方に聳える「妙高山」は、豪雪地の高層湿原を抱き、頸城山塊(くびきさんかい)に属した花の名峰として知られています。また、火打山・焼山を含めて頸城三山とも呼ばれています。

頸城山塊へは、本年の登山で一番遠征することとなり、山小屋泊も本年度初、通算4回目の経験となりました。2年前、石川県白山市の親戚宅訪問時、通過地点の妙高SAに立ち寄ったことがありましたが、実際にこの山域に近づくのは初体験となります。

今回の妙高山アタック計画に賛同してきた同行者は、最近レポ登場回数激増中でお馴染み?の鎌ヶ谷の団地テニスプレーヤーこと、和製ジェイソン・ステイサムです。同行者のステイサム氏は、約1ヶ月前に頸城山塊に訪れ、火打山ピストンを試みますが、登山口で土砂降りに遭い、急遽「飯綱山」に変更登山をされたそうです。リベンジも兼ねての参戦です。

まずは曇り空の中、妙高山への登山をスタートさせていきます。道中、暫く雲の中にいる状態が続いておりましたが、標高2,000m超えの黒沢池に差し掛かる辺りから、徐々にガスが切れていきます。そして、ターゲットの妙高山が我々の目前に姿を現した時、なんと!その聳え立つ迫力ある姿は、霧氷と紅葉のコラボに包まれた最高のシチュエーションで我々を歓迎してくれました。しかしながら、美しい姿とは裏腹に、過酷な直登で拷問的登山の洗礼を受けていくことになっていきます・・・・・。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発ランクアップのため、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):笹ヶ峰登山口(6:01)⇒黒沢出合(6:49~6:53)⇒十二曲り(7:18)⇒富士見平(8:29)⇒黒沢池ヒュッテ(9:28~9:35)⇒大倉乗越【2,150m】(9:55~10:00)⇒長助池分岐点(10:38)⇒妙高山山頂【2,446m】(11:51~12:31)⇒妙高大神【2,454m】(12:38~12:43)⇒長助池分岐点(13:44~13:50)⇒大倉乗越(14:20)⇒黒沢池ヒュッテ(14:42)⇒茶臼山(15:13)⇒高谷池ヒュッテ宿泊(15:40)


Myokosanhiuchiyama_2012101920_010Myokosanhiuchiyama_2012101920_015

毎度の如く、最寄駅でステイサム氏をピックアップしていきます。今回は片道距離が250Kmとロングな運転になるため、早めに集合しました。途中、2度ほどPAで休憩を取り、約4時間半掛かって笹ヶ峰駐車場に到着です。敢えて下側の広い駐車場に停めていきます。トイレもしっかりと完備されています。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_020Myokosanhiuchiyama_2012101920_018

少々仮眠してから登山準備を整えていきます。空は曇り空ですが、天気予報の晴れを期待して、火打山・妙高山登山口に向かいます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_025Myokosanhiuchiyama_2012101920_026

上側の駐車場(30台)にある笹ヶ峰登山口より、紅葉を期待しながらまずは登山開始です!


Myokosanhiuchiyama_2012101920_033Myokosanhiuchiyama_2012101920_036

色付き始めた紅葉を観賞しながら、穏かに木道を進んでいきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_043Myokosanhiuchiyama_2012101920_048

暫く傾斜が緩めなので、丁寧に登っていけば、心拍数も急激に上がることはありません。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_051Myokosanhiuchiyama_2012101920_052

富士見平までは、火打山まで1Km毎に設置されている距離表示を参考にして歩いていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_053Myokosanhiuchiyama_2012101920_054

鮮やかな紅葉に目を奪われながら歩いていくと黒沢橋に到達します。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_063_2Myokosanhiuchiyama_2012101920_067

黒沢橋で暫しの間、小休止がてら紅葉や沢を観賞していきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_071Myokosanhiuchiyama_2012101920_072

その後も登り込みながら、自然界より目の保養を継続させていただきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_076Myokosanhiuchiyama_2012101920_078

やがて、ジグザグ道の十二曲りに差し掛かります。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_083

ややキツイ登りと感じつつも、山中の内側から眺める紅葉は、圧巻!の一言です。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_084Myokosanhiuchiyama_2012101920_085

十二曲りも中盤となり、長短様々な九十九状態に、想定していたよりも難易度が低いことを感じるようになります。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_090Myokosanhiuchiyama_2012101920_091

本当に十二回ジグザグを刻みながら、登り込んできました。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_092Myokosanhiuchiyama_2012101920_096

十二曲り標識の先でも急坂は続き、難易度もアップしていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_101Myokosanhiuchiyama_2012101920_098

高度を稼いでいくと、紅葉の絶景も広がりを見せて、視界に入っていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_102Myokosanhiuchiyama_2012101920_105

急坂を登り込んでいく苦しさも、忘れるくらいの絶景を味わっていきます。標高1,600m~1,800m近辺が特に見頃でした。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_112Myokosanhiuchiyama_2012101920_116

登り込むに連れて登山道はガレ、岩場へと変化していきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_117Myokosanhiuchiyama_2012101920_118

間もなく、「富士見平」に到達です。周囲はガスリ、雲の中にいる感じで富士山が見えるどころか展望が全くありません。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_121Myokosanhiuchiyama_2012101920_123

ステイサムも続いて到達してきます。その後に続いて来たオヤジハイカーは地元のハイカーで、火打山の日帰りだそうです。我々は妙高山目指して突き進んでいきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_126Myokosanhiuchiyama_2012101920_130

少し下って歩いて行くと、開けた笹原地帯に出ます。当初は真っ白でしたが、次第にガスが切れ始めていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_133Myokosanhiuchiyama_2012101920_136

濡れている木の橋を慎重に渡るステイサム


Myokosanhiuchiyama_2012101920_138Myokosanhiuchiyama_2012101920_143

まだ視界のぼやけている木道を真っ直ぐに歩いて行きます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_147

高山植物は寒さで凍りついています。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_148

そして次の瞬間光が射し始め、我々は神秘的な光景を目の当たりにしていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_150Myokosanhiuchiyama_2012101920_153_2

周囲のガスがグングン抜けていくのがわかります。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_156Myokosanhiuchiyama_2012101920_164

周囲の神秘的貸切光景をゆっくり歩きながら観察していきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_168Myokosanhiuchiyama_2012101920_171

訪問するタイミングが偶然的だったのか、或いは我々には必然的訪問であったのか、素晴らしく見事に輝く「霧氷」を見ることができました。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_177Myokosanhiuchiyama_2012101920_179

やがて、バックの紅葉が美しい「黒沢池」が一望できる場所に出ます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_188Myokosanhiuchiyama_2012101920_198

黒沢池から少し歩いていくと、ドーム型屋根が特徴的な「黒沢池ヒュッテ」の前に出ます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_201Myokosanhiuchiyama_2012101920_202

裏側にあるトイレ(200円)を拝借し、ベンチで小休止していきます。黒沢池ヒュッテより妙高山までは、ピストンになりますのでここでザックのデポも考えます。

ヒュッテ情報などは、山仲間で呟きの女王こと「らるご」氏【らるごの山日記どきどき下界】ただいま人気急上昇中!より色々と御教示頂きました。黒沢池ヒュッテは、上から目線的要素の強い小屋と他複数レポで拝見したことがありましたが、実際に小屋内部に入らなかったので、真実を確認することができませんでした。噂とは無関係に、ただ人の気配が無かったので、デポはせずにそのまま担いで妙高山アタックしていくことを決断していきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_203Myokosanhiuchiyama_2012101920_207

反対側の高谷池に向かう稜線を眺めてから、妙高アタックに向かいます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_213Myokosanhiuchiyama_2012101920_215

白く輝く霧氷を見ながら、しっかりと登り込んでいきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_219Myokosanhiuchiyama_2012101920_222

大倉乗越(2,150m)に到達すると、目の前の視界が一気に開けます。眼下には、鮮やかな紅葉の狭間で「長助池」が見えます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_240

そして、目の前にはこれから立ち向かう予定の「妙高山」が、霧氷と紅葉のコラボを咬ませながら、豪快に聳え立っています。


 

Myokosanhiuchiyama_2012101920_244Myokosanhiuchiyama_2012101920_245

妙高に取り付くには、まずはこちらも豪快に標高を下げなければなりません。行き成りの急坂が我々を待ち構えていました。鎖・ロープが苦手なステイサムは、引き締まった表情で真剣に急坂下りをしていきます。因みに、TOEIC「940点」のスコアを弾き出す帰国子女且つ、元樵のステイサムは、実はチェーンソーの達人です。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_247Myokosanhiuchiyama_2012101920_249

急崖坂をロープを掴みながら慎重に下っていきます。その後は巻きながら妙高山へとアプローチしていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_250Myokosanhiuchiyama_2012101920_255

紅葉とベストマッチングされた長助池との高低差が、徐々に詰まっていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_258Myokosanhiuchiyama_2012101920_265

山頂までのコースタイムが掻き消された道標前から、妙高山を見上げていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_269Myokosanhiuchiyama_2012101920_272

長助池分岐に到達します。どうせ妙高までピストンだからと、ベンチ上側にある岩の隅に、再度ザックデポ案をステイサムと議論します。後続ハイカーはあまり来ないと判断しますが、野生動物に荒らされる可能性があると却下の結論となります。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_277Myokosanhiuchiyama_2012101920_284

鞍部より妙高山に取り付いて行くと、初っ端からの直登りと難儀なガレ岩場地帯を登っていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_286Myokosanhiuchiyama_2012101920_291

グングン高度を稼ぎます。ステイサムも難儀な登りに気合いを入れて登り込んでいきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_292Myokosanhiuchiyama_2012101920_296

明日アタック予定の火打山が伺えます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_298Myokosanhiuchiyama_2012101920_301

ロープ箇所を上がっていくと、霧氷の光景が目に飛び込んできます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_305Myokosanhiuchiyama_2012101920_302

山頂方面を見上げる上空で、霧氷の世界が拡がっています。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_316Myokosanhiuchiyama_2012101920_327

霧氷の中で更に高度を稼いでいきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_335Myokosanhiuchiyama_2012101920_336

同時に視界も広がっていきます。野尻湖が確認できます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_346Myokosanhiuchiyama_2012101920_353

岩壁にある祠に立ち寄ってから少し登ると、アタック体制を整える前に、なんと!妙高山山頂前に出てきてしまいました。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_355Myokosanhiuchiyama_2012101920_356

一先ず、深Q百名山「妙高山」登頂成功です!一等三角点側には、地蔵が一体寄りかかっています。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_392Myokosanhiuchiyama_2012101920_393

一等三角点に記念のタッチです。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_358Myokosanhiuchiyama_2012101920_361

おーまい、ステイサムと登頂記念撮影をしていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_365Myokosanhiuchiyama_2012101920_362

まずは山頂標識近くにある岩場を廻り込んで絶景の確認です。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_373_2Myokosanhiuchiyama_2012101920_380

火打山です。背後に分厚い雲が押し寄せており、著しい速さでガスに包まれていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_386Myokosanhiuchiyama_2012101920_382

焼山方面、妙高の外輪山に取り付く霧氷


Myokosanhiuchiyama_2012101920_383Myokosanhiuchiyama_2012101920_384

野尻湖、屋根が赤い博物館ぽい建物


Myokosanhiuchiyama_2012101920_398Myokosanhiuchiyama_2012101920_399

北アルプス方面、そしてシンボルの「槍ヶ岳」


Myokosanhiuchiyama_2012101920_394Myokosanhiuchiyama_2012101920_395

妙高山最高地点の「妙高大神」がある南峰方面


Myokosanhiuchiyama_2012101920_403Myokosanhiuchiyama_2012101920_405

軽く行動食を摂ってから、南峰に廻り込みます。日本岩の前を通過していきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_407Myokosanhiuchiyama_2012101920_420

最高地点の妙高大神に到達


Myokosanhiuchiyama_2012101920_412Myokosanhiuchiyama_2012101920_413

南峰側では、高妻山、北アルプスの眺望が利いています。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_417Myokosanhiuchiyama_2012101920_424

山頂標識のある北峰に戻ります。野鳥「ウソ」がこんな高い位置に飛んできていました。ウソじゃありません。エサ?を求めてでしょうか。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_426Myokosanhiuchiyama_2012101920_429

高谷池ヒュッテには、あまり遅い時間に到着できませんので、妙高山頂を充分満喫した後は、鞍部まで拷問ラインを一気に急降下していきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_431Myokosanhiuchiyama_2012101920_438

長助池分岐に戻り、その先で先程までいた妙高山山頂を見上げていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_440Myokosanhiuchiyama_2012101920_444

陽射を浴びた紅葉を観賞しながら、巻いた道で進んでいきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_445Myokosanhiuchiyama_2012101920_448

そして、外輪山を登り込んでいきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_453_2

大倉乗越より、聳え立つ「妙高山」をしっかりと観賞していきます。豪快な山容です!


Myokosanhiuchiyama_2012101920_455Myokosanhiuchiyama_2012101920_460

黒沢池ヒュッテまで、チャッチャカ下っていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_459Myokosanhiuchiyama_2012101920_468

茶臼山経由で、高谷池ヒュッテを目指していきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_472Myokosanhiuchiyama_2012101920_475

茶臼山を登り返しながら、外輪山とセットの妙高山を眺めていきます。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_480Myokosanhiuchiyama_2012101920_483

やがて、山頂部が狭く、展望の無い「茶臼山」に到達です。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_491Myokosanhiuchiyama_2012101920_497

木道、岩岩歩きを消化しながら進むと、「高谷池」が視界に入ります。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_493Myokosanhiuchiyama_2012101920_505

本日の宿で三角屋根の「高谷池ヒュッテ」が見えてきました。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_508Myokosanhiuchiyama_2012101920_509

ヒュッテ前には、休憩用ベンチが並べられています。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_512Myokosanhiuchiyama_2012101920_514

ヒュッテ入室前に高谷池を観賞していきます。ステイサムは、池には無関心の様子でした。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_510Myokosanhiuchiyama_2012101920_515

15時40分、ヒュッテ正面より入室していきます。右側連絡通路に繋がっている建屋はトイレ(大5小3)です。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_518Myokosanhiuchiyama_2012101920_519

ヒュッテに入り受付を済ませます。小屋のスタッフから、丁寧な小屋内部等の説明を受けます。その後、今夜の寝場所を案内されました。2F、仕切り16人枠下側2列です。基本応対は、ビジネス的観点から、支払った対価に対する役務提供はしっかりしてもらえていると思います。何処かの小屋のような上から目線的要素は、全く感じられませんでした。因みに管理している妙高市観光課の方も予約段階で、親切丁寧に応対してもらえました。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_521Myokosanhiuchiyama_2012101920_522

2F反対側の寝室、3F仕切りの無い広々とした屋根裏部屋には、沢山の布団が置かれていました。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_523Myokosanhiuchiyama_2012101920_525

1F広間が食堂兼談話室、翌日の天気予報や火打山紹介DVDが見られます。食事は17時30分~まだ時間がありましたので、1Fで休憩することにします。時期もあり小屋内部が非常に寒かったので、ストーブで温まります。

そこで近くにいた兵庫からお越しの御夫婦と暫し会話をしていきます。御夫婦は交通トラブル?があったらしく、直接高谷池ヒュッテに来て、明日火打・妙高両方アタックに切り替える計画に変更していました。それは厳しいだらうと管理人からも助言されていました。ステイサムは、御夫婦に百名山経験や妙高の行程(休憩含10時間弱)を熱く語っていました。


Myokosanhiuchiyama_2012101920_532

夕日に染まる北アルプスのシンボル「槍ヶ岳」


Myokosanhiuchiyama_2012101920_533

白馬岳・・・・。北アルプスの山々を展望してから、夕飯のカレー(基本お変り自由ですが、カレーが無くなれば終了です)を美味しく頂きます。その後19時30分には寝床へ。寒かったので靴下を履いて、上はフリース含め3枚着込みます。なんと!同行者のステイサムは寒がりで7枚も着込んでいます。そして熟睡モードに入り、明日の火打山アタックに備えて身体を癒していきます。

どれくらい熟睡しただらうか・・・真っ暗闇の中、脇に寝ていたステイサムが布団を叩いてきます。「6時半!」と呟いています。寝ぼけながら時計を見ると、なんと!まだ2時30分です!「まだ2時30分だよ!」と怒りながらすぐに熟睡モードに戻ります。後から聞くと、妹が住んでいるオランダの国際時間に時刻を合わせていたとか・・・・、迷惑な話ですね。

翌日の「火打山 2012/10/20 」に続きます。


■天候:曇りのち晴れ 

■出会った人:10人(高谷池ヒュッテ宿泊者除く)

■タイム:6:01~15:40【休憩含】

■形態:同行者あり(ステイサム氏)

■水分:3.6L(ペットボトル500ml他:7本持参)

■山域:頸城山塊

■深Q百名山:第28座

■出発地点より登山口までの片道距離:250Km

■その他: 

★黒沢池周辺からガスが切れ始め、思わぬタイミングなのか、霧氷と紅葉のコラボされた絶景を見ることができました。妙高山アタック段階において、急登で苦しめられながらも、霧氷が拡がる世界は、まさに自然界が生み出す貴重な光景であったに違いありません。また、来年も見たいと思っても簡単にタイミングよく見れる光景ではありませんね。

★妙高山の急登は、本年の拷問登山ランキングベスト10に入ることは確定的となることでしょう。山頂に立った時の感動と広がる大パノラマが疲れを癒してくれました。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

« 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺(日帰り縦走) 2012/10/13 奥秩父ヘビー級縦走トレーニング編 | トップページ | 火打山 2012/10/20 深Qの日本百名山登頂シリーズ(Vol.29) »

妙高山(笹ヶ峰登山口)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/55963157

この記事へのトラックバック一覧です: 妙高山 2012/10/19 深Qの日本百名山登頂シリーズ(Vol.28) 霧氷と紅葉のコラボレーション編:

« 甲武信ヶ岳/破風山/雁坂嶺(日帰り縦走) 2012/10/13 奥秩父ヘビー級縦走トレーニング編 | トップページ | 火打山 2012/10/20 深Qの日本百名山登頂シリーズ(Vol.29) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ