« 編笠山/権現岳(八ヶ岳) 2012/8/12 南八ヶ岳のマイナールートでアタック! | トップページ | 谷川連峰半馬蹄形縦走(日帰り)挑戦!2012/9/1 谷川連峰登頂シリーズ »

男体山 2012/8/25 深Qの日本百名山登頂シリーズ

男体山2,486m 単純高低差1,206m

Nantaisan_20120825_224
日光のシンボル的存在「男体山」は、円錐形の山容を中禅寺湖に映しながら、聳え立つ深Q百名山の一峰です。深Q百名山登頂シリーズも第24座目となりました。本年の目標深Qを「鳳凰三山・浅間山・男体山」と照準を絞っておりましたので、残りの男体山を片付けるため、登頂計画を立案していきます。

メインの登山道(表参道)がある「二荒山神社中宮」を起点に、過酷な急登の連続を登り込んで高度1,200m(スカイツリー約2本分)を稼いでいきます。頂きでは、見事ハートを焼き尽くさずに耐え忍んだ者だけが味わえる超雄大な大展望を満喫することができるだらう。

今回の男体山アタックに挑むメンバーは、私の他に2名のハイカーがアタック宣言をしてきました。一人は、鎌ヶ谷の団地テニスプレーヤー「和製ステイサム」、そして、もう一人は、顔面攻撃ありの一撃必殺究極格闘技「フルコンタクト空手」の名手、そのまんま「フルコンハイカー」の3名体制で、高低差1,200mの急登を攻略していきます。

そして、登頂後「ステイサム」から衝撃の宣言を受けることになります・・・・。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):二荒山神社中宮(6:05)⇒三合目(6:38)⇒四合目(7:00)⇒五合目(7:14)⇒七合目(7:50)⇒八合目避難小屋(8:10)⇒男体山山頂(8:51)⇒二荒山神社中宮(12:20)ピストン


Nantaisan_20120825_004Nantaisan_20120825_006

AM0時30分ステイサムと合流後、白岡菖蒲IC~東北自動車道宇都宮IC~日光宇都宮道路清滝IC下車⇒いろは坂⇒120号⇒二荒山神社中宮に3時30分到着します。そして、現地集合の一撃必殺空手家のフルコンとも合流します。夜空はとにかく星がきれいでした。登山口の開門時間がAM6時なので、とりあえず明るくなるまで仮眠です。夜が明けてから駐車場廻りの撮影に入ります。


Nantaisan_20120825_023Nantaisan_20120825_032

二荒山神社入口のトイレに寄り、中禅寺湖を眺めていきます。


Nantaisan_20120825_024Nantaisan_20120825_026

まずは、登山者用駐車場の入り方から説明致しましょう。鳥居を潜って敷地に進入していきます。群馬方面から来る場合は、鋭角に曲がるようになります。


Nantaisan_20120825_018Nantaisan_20120825_020

一瞬、鳥居の間を入って大丈夫なのか?と不安になりますが、脇に車両進入可の看板が設置されています。


Nantaisan_20120825_035Nantaisan_20120825_036

宝物館の前を通過していきます。奥には、円錐形の男体山が雄大に聳えています。


Nantaisan_20120825_013Nantaisan_20120825_039

先程の鳥居から約30mほど直進すると、駐車場案内の看板が現れます。第一駐車場は右折、第二駐車場は直進します。我々は、第一駐車場に停められました。


Nantaisan_20120825_040Nantaisan_20120825_043

再び駐車場より準備を整えて、登山口に向かいます。


Nantaisan_20120825_051

二荒山神社中宮前より、男体山を見上げて、気合いを入れていきます。


Nantaisan_20120825_053Nantaisan_20120825_054

既に6時は過ぎていますので開門しています。受付入口には、登拝の定めが記載されています。男体山は神社所有の山で・・・・・入山料として、500円必要となります。


Nantaisan_20120825_058Nantaisan_20120825_059

受付よりステイサムとフルコンが、入山口方向を凝視しながら身を引き締めていきます。


Nantaisan_20120825_061Nantaisan_20120825_063

登拝受付(代表者ステイサムのみ住所等記入)を済ませると、各々お守りとマップを頂きます。


Nantaisan_20120825_064Nantaisan_20120825_068

鳥居を潜り安全祈願をしてから、階段をウォーミングアップとして登っていきます。


Nantaisan_20120825_073Nantaisan_20120825_076

まもなく一合目鳥居が現れ、樹林帯を登り込んでいきます。


Nantaisan_20120825_080Nantaisan_20120825_083

そこそこの樹林帯を抜けて、舗装道路に出た場所が三合目でした。


Nantaisan_20120825_086Nantaisan_20120825_087

暫く舗装道路を九十九折りに歩いていきます。ステイサムがフルコンに何か説明しています。中禅寺湖が見えてきたとのことでした。


Nantaisan_20120825_093Nantaisan_20120825_095

石鳥居のある舗装道路終了地点から四合目です。ここより登山道が本格的になっていきます。


Nantaisan_20120825_096Nantaisan_20120825_099

中禅寺湖・半月山のビューポイントを過ぎてから、登り込んでいきます。


Nantaisan_20120825_102Nantaisan_20120825_107

やがて五合目に到達です。本日はピークを踏むまでに、何度も中禅寺湖を眺めていきます。ほぼスタート地点の中禅寺湖からの高低差が、現在位置を知る上でたいへん目安となりました。


Nantaisan_20120825_103Nantaisan_20120825_105

側に避難小屋がありましたので、少し覗いてみました。


Nantaisan_20120825_112Nantaisan_20120825_113

更に登り込みながら高低差を確認していきます。既に300m程度は、高度を稼いできただらうか。


Nantaisan_20120825_114Nantaisan_20120825_115

富士山のビューが確認できたことを伝えると、ステイサムとフルコンが半信半疑で確認しています。


Nantaisan_20120825_117Nantaisan_20120825_120

そして七合目に向けて、ガレ場や難路が現れ、徐々に難易度が増していきます。


Nantaisan_20120825_121Nantaisan_20120825_131

我々もヘバッていますが、究極のガレ場でヘバッたハイカーを追い抜いていきます。


Nantaisan_20120825_125Nantaisan_20120825_126

中禅寺湖を振り返りながら、グングン高度を稼いでいきます。栃木方面の山々の眺望も利くようになってきました。


Nantaisan_20120825_133Nantaisan_20120825_138

七合目への急登を耐え忍んで、登り込みに集中していきます。七合目目印を撮影し忘れました。


Nantaisan_20120825_140Nantaisan_20120825_142

うんざりするくらいの急登地帯を、現実を受け止めながら、前向きに山頂を目指していきます。


Nantaisan_20120825_144Nantaisan_20120825_147

八合目手前の鳥居を潜って、岩場にマーキングされている矢印方向に進んでいきます。


Nantaisan_20120825_149Nantaisan_20120825_152

八合目避難小屋のような目印が見えてくると、ひと安心できます。側には、瀧尾神社の立派な石碑が設置されています。


Nantaisan_20120825_153Nantaisan_20120825_154

祠の脇には、なんと!鎖場があります。鎖掴みポーズを決めて、一気に鎖登攀をしていきます。


Nantaisan_20120825_156Nantaisan_20120825_165

続いてフルコンもステイサムに勧められて、アドレナリン放出を高めながら、鎖場初登攀をクリアしていきます。

すると、次の展開になんと!ステイサムが鎖場を避けて、巻き道で上がってきました!その様子をアドレナリンが高まった状態で、フルコンに凝視されると、周囲の登山者にお構いなしでステイサムに対して、フルコンがブチ切れます。「人に鎖場やらせて、何で避けるのよぉおお!!信じられない!(怒)」何が起きてもおかしくないくらい一触即発の危険な状態が発生します。

ステイサムの苗場山で負傷した「巨岩顔面殴打事故」を上回るフルコンの一撃必殺!顔面下顎喧嘩廻し蹴りが炸裂するのでは?と正直私がビビりました。

冷や汗を掻きながら笑顔で応対したステイサムは、どうやら廻し蹴りを避けられた様子でした。


Nantaisan_20120825_159Nantaisan_20120825_163

鎖場登攀直後、視界に捉えた皇海山、眼下の中禅寺湖です。


Nantaisan_20120825_172_2Nantaisan_20120825_175

その後、ガレから整備された木段へと、登山道が変化していきます。ブチ切れモードのフルコンは、ダラダラ登りに我慢の限界が生じ、今度は男体山にブチ切れモードでアタックを仕掛けにいきます。

因みに、顔面攻撃OKの空手をやっているフルコンは、毎週のように顔面に蹴りを喰らい、口内や顔面から流血をしている模様です。従って、滑落して流血しても問題ないとのこと。


Nantaisan_20120825_177Nantaisan_20120825_179

赤い砂礫地帯に入っていくと、高度を稼いだことが伺えるくらいに、視界が開けてきていました。


Nantaisan_20120825_180Nantaisan_20120825_182

遥か遠方に修験者の先で、仁王立ちを噛ましているフルコンを確認します。


Nantaisan_20120825_193

そして、フルコンが眺望している先に、富士の姿が確認できます。


Nantaisan_20120825_189

進行方向左手側には、皇海山、日光白根山が確認できます。 


Nantaisan_20120825_186Nantaisan_20120825_184

登頂計画立案中の「皇海山」、2011年7月に登頂した「日光白根山」、それぞれのズーム


Nantaisan_20120825_202Nantaisan_20120825_204

きれいに輝く中禅寺湖、戦場ヶ原も見えてきました。


Nantaisan_20120825_208Nantaisan_20120825_213

フルコンの後を追いながら、赤い砂礫地帯を登り込みます。山頂部が近付き、アタック体制を整えていきます。


Nantaisan_20120825_215Nantaisan_20120825_216

そして、山頂部にアタックです。山頂には「二荒山神社奥宮」があります。


Nantaisan_20120825_221Nantaisan_20120825_229

二荒山大神とツーショットを決めて、男体山登頂成功です!登頂まで2時間45分の行程でした。


Nantaisan_20120825_218Nantaisan_20120825_219

山頂には、男体山らしい展望盤があります。


Nantaisan_20120825_234Nantaisan_20120825_236

日光連山の太郎山、小真名子山~女峰山


Nantaisan_20120825_238Nantaisan_20120825_240

富士山、日光白根山


Nantaisan_20120825_246Nantaisan_20120825_254

最高点がある岩場、そして山頂に咲く花


Nantaisan_20120825_247Nantaisan_20120825_249

奥宮側にある鐘を登頂記念に打ち鳴らします。


Nantaisan_20120825_255Nantaisan_20120825_261

最高点のある岩場に登り込んで、一等三角点を確認していきます。


Nantaisan_20120825_264Nantaisan_20120825_265

以前は岩場に剣が刺さっていたようですが、今年折れて撤去されたそうです。最高点から眺める日光観光地。


Nantaisan_20120825_269

見事な影向石に文字が刻み込まれています。修験者登頂時代には、山頂に辿り着かないと、樹林帯に囲まれていた中禅寺湖の全貌が確認できなかったようです。


Nantaisan_20120825_275Nantaisan_20120825_279

少し西側に下りて、男体山神社を見学にいきます。


Nantaisan_20120825_284Nantaisan_20120825_285

男体山神社眼下にある中禅寺湖を拝められて、心の癒しを感じたステイサムとフルコン。


Nantaisan_20120825_291Nantaisan_20120825_295

男体山神社岩場の裏側は、断崖絶壁で危険防止用のロープが張られております。昔の修験者は、ここで逆さ吊りの修行もしたようです。


Nantaisan_20120825_292Nantaisan_20120825_301

雲海からは、大量のガスが山頂に押し寄せてきています。山頂を充分堪能できましたので、そろそろ気持ちを下山に切り替えていきます。


Nantaisan_20120825_303Nantaisan_20120825_307

下からガスの流れが、著しく加速してきました。まずは、砂礫をチャッチャカ下りしていきます。


Nantaisan_20120825_309_2Nantaisan_20120825_312

階段下り、樹林帯へと突入していきます。


Nantaisan_20120825_313Nantaisan_20120825_316

登りでは気が付かなかった九合目の石碑です。その後も心拍数の乱れに、苦戦して登り込んでくる多くのハイカーと擦れ違いながら、ガンガン下っていきます。


Nantaisan_20120825_318Nantaisan_20120825_321

調子の良いステイサムに続いて、下りに慣れていないフルコンが、岩場下りを消化していきます。岩場で顔面強打の経験のあるステイサムは、慎重に下ってきています。


Nantaisan_20120825_324Nantaisan_20120825_325

とにかくウンザリするくらいの急な岩場を下り続けます。やがて七合目ですが、周囲はガスで視界が利かなくなっていました。登り込んでくるハイカーは、後を絶ちません。天候が荒れてくるのを覚悟の上で、登り込んでくるハイカーもいました。


Nantaisan_20120825_328Nantaisan_20120825_329

こんなにも苦しい登りがあるにも拘わらず、結構な数のかわいい系の山ガールが賑やかに登り込んできています。


Nantaisan_20120825_336Nantaisan_20120825_338

エンドレス状態の下りに、周囲のハイカーたちも困惑しながら下っています。やがて、五合目に出てきました。


Nantaisan_20120825_342Nantaisan_20120825_343

体力のあるフルコンも、登りでは快進撃を噛ましてきましたが、下りではやや穏かな歩きをしていました。


Nantaisan_20120825_347Nantaisan_20120825_350

四合目の鳥居を潜って、舗装道路に出るとなぜか安心です。あと30-40分で下れるだらうと別のハイカーと話します。


Nantaisan_20120825_352Nantaisan_20120825_354

再び樹林帯の登山道を下っていきます。


Nantaisan_20120825_356_2Nantaisan_20120825_359

一合目鳥居を潜り、最終場面の長い階段を下ります。


Nantaisan_20120825_360Nantaisan_20120825_373

二荒山神社登山口に出て、駐車場に向かいます。現地集合のフルコンとはここで解散し、ステイサムと癒し温泉に向かうことにします。


Nantaisan_20120825_375Nantaisan_20120825_378

清滝IC近くにある「やしおの湯」にて、体感した高低差1200mで疲弊した身体をたっぷりと癒していきます。入浴後、1時間近く仮眠をとらせてもらい、日光宇都宮道路⇒東北自動車道で帰着に向かいます。帰りの車中、ステイサムより「深Q百名山を制覇する!」宣言がいきなり出されて驚愕しました。

お疲れ様でした。


■天候:晴れのちガスリ、午後は天候が悪化した模様 

■出会った人:150人ぐらい

■タイム:6:05~12:20(休憩含)

■形態:同行者あり(ステイサム、フルコン)

■水分:4.0L(ペットボトル500ml:8本持参)

■深Q百名山:第24座目

■その他: 

★以前より、男体山に闘志を燃やしていたので、過酷な急登を登り込んで山頂を踏めたことに、大きな喜びと感動を味わうことができました。

★二日後、百名山宣言をしたステイサムは、筑波山の登頂を成功させて、深Q百名山5座となったとの報告メールがきます。早くも残り95座となりますね。九州・北海道エリアをどうクリアするのか?スケジュールとマネーで相談ですね。

★私的にもNEXTの深Q百名山を何処にするか!・・・・皇海山・至仏山・那須岳・妙高山・平ヶ岳・越後駒ケ岳・合津駒ケ岳・燧ヶ岳・北岳・仙丈ヶ岳・間ノ岳・・・・・まだまだ沢山ありますね。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

« 編笠山/権現岳(八ヶ岳) 2012/8/12 南八ヶ岳のマイナールートでアタック! | トップページ | 谷川連峰半馬蹄形縦走(日帰り)挑戦!2012/9/1 谷川連峰登頂シリーズ »

男体山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/55510101

この記事へのトラックバック一覧です: 男体山 2012/8/25 深Qの日本百名山登頂シリーズ:

« 編笠山/権現岳(八ヶ岳) 2012/8/12 南八ヶ岳のマイナールートでアタック! | トップページ | 谷川連峰半馬蹄形縦走(日帰り)挑戦!2012/9/1 谷川連峰登頂シリーズ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ