« 赤城山(長七郎山)2012/6/30 深Qの日本百名山で朝練Vol.2 | トップページ | 鳳凰三山 2012/7/15 深Qの日本百名山登頂シリーズ~南アルプス編~(日帰り縦走) »

吾妻山 2012/7/8 朝練シリーズAway編 Practice in morning 

吾妻山(あづまやま)481m

Azumayama_20120708_099
吾妻山は、群馬県桐生市中心街に鎮座する500mに満たない低山です。また、多くの地域住民から愛され続け、天候の変化に関係なく、散歩道として活用されている玄人の集まる山です。吾妻山は、コンパクトな低山ではありますが、樹林帯・岩場・ガレ場・ロープ・山頂からの眺望・祠といったフルスペックを備え、更に歴史背景を感じさせるたいへん活気づいた手堪えのある山でもあります。

こんな素晴らしい山でトレーニングを過激に積んでいる超過激派健脚mana氏と雨が降る中、案内も兼ねて合同トレーニングを決行する機会を設けていただきました。

レポ作成の原動力になりますので、入山前に下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


Azumayama_20120708_002Azumayama_20120708_003

AM5時過ぎ桐生市南公園で案内人mana氏と合流後、まずは鳴神山登山口まで案内していただきます。登山口は吾妻公園より、車で20分ぐらい走った場所にありました。桐生アルプスと言われている吾妻山~鳴神山が縦走できるコース(10Km)があります。本日は、雨が降り続いていたので、鳴神山登山は一先ずパスと致します。


Azumayama_20120708_010Azumayama_20120708_009

吾妻山公園Pに到着し、雨の状況を暫く静観していきます。駐車場には、トイレ・公衆電話が併設されています。久しぶりに電話BOX見た気がします。


Azumayama_20120708_012Azumayama_20120708_013

雨が降ろうが槍が降ろうが、突っ込むという気合いの入ったmana氏に先導され、駐車場を離れて歩きだすことになります。ペットボトルを1本持参、レイン装着しノーザックで登り込み体制を整えていきます。


Azumayama_20120708_016Azumayama_20120708_017

「歩く人が多ければそれが道になる」看板を横目に、確かにしっかりした道が続いています。


Azumayama_20120708_024_2Azumayama_20120708_029_2

吾妻山ハイキングコース案内図前に出ました。山頂まで標準タイム30~60分のコースのようです。


Azumayama_20120708_027_2Azumayama_20120708_028_2

晴れていれば、ここより聳え立つ山頂を拝めることができるらしいですが、僅かに山頂らしい部分が望めるだけです。その先の橋でmana氏は何かを見つけたようです。何だらう?


Azumayama_20120708_034Azumayama_20120708_036

道なりに歩いていくと、やっとここで登山口に出ました。看板では、険俊な岩場・露出した木の根など悪路の出現を示唆しています。


Azumayama_20120708_038Azumayama_20120708_043

初っ端から岩場です。雨で濡れていますので、滑落しないように注意しながら上昇していきます。


Azumayama_20120708_045Azumayama_20120708_048

更に男坂に進むと急峻な岩場と化していきます。健脚mana氏は、余裕の三点支持技法で着実上昇をしていきます。


Azumayama_20120708_052_2Azumayama_20120708_055

視界の開けた岩場に到達すると、そこが「トンビ岩」でした。


Azumayama_20120708_056Azumayama_20120708_058

ここが山頂との中間地点でしょうか。雨が降っているので、視界は全く利いていません。晴れていれば、桐生市街地を一望できるようです。


Azumayama_20120708_059Azumayama_20120708_060

トンビ岩の先には、ロープ箇所があります。ここもやはりホームの特性を活かし、余裕登攀です。


Azumayama_20120708_064Azumayama_20120708_072

木段登りに移り、突き当たりには、第二男坂と第二女坂の分岐点があります。


Azumayama_20120708_073Azumayama_20120708_076

迷わず第二男坂に突入です。雨で滑り易いので、慎重に登攀していきます。しかし、下山時玄人たちの登りに驚愕することになります。


Azumayama_20120708_077Azumayama_20120708_080

下りは男坂禁止のようです。岩場難易度は中レベルで、危険な箇所も多少はあります。 


Azumayama_20120708_082Azumayama_20120708_088

山頂が近付いているとのことなので、アタックを仕掛ける準備を整えていきます。


Azumayama_20120708_089Azumayama_20120708_092

稜線上に出ると、いよいよ山頂部が見えてきました。


Azumayama_20120708_093Azumayama_20120708_096

山頂部には吾妻山の説明版と、方角を示した道標が設置されています。


Azumayama_20120708_103

まずは、吾妻山朝練登山の登頂成功です!


Azumayama_20120708_106Azumayama_20120708_105

山頂に展望用ベンチがありますが、視界はかなり不良です。


Azumayama_20120708_107Azumayama_20120708_108

鳴神山8.6Kmの道標を確認して、この先に「桐生アルプス」と呼ばれている稜線歩きが楽しめるコースが連続しています。


Azumayama_20120708_111Azumayama_20120708_112

もうひとつの山頂表示と側には、なぜか時計とコップ等が置いてあります。


Azumayama_20120708_121_2Azumayama_20120708_113

地元玄人たちが集まるコンパクトで、手堪えのある山頂部でした。そして、この後玄人たちの恐るべき登攀スタイルを目の当たりにしながら、下山していきます。


Azumayama_20120708_122Azumayama_20120708_134

雨傘1本、長靴歩きが玄人歩きのスタイルです。天と地の合間を1本の雨傘でバランスを取りながら岩場を登攀していきます。まさに最強の1点支持技法で難易度の高い岩場も着実にクリアしていきます。

岩場、ガレ、滑りやすい箇所でも、まるで神社の階段を一歩一歩上がっていくような感覚で、高度を容易に稼いでいきます。この地元玄人集団の散歩スタイルに驚愕させられます。

北アルプスや北岳バッドレス、谷川馬蹄形などをこのスタイルで歩いていたら、神様同然ですね(ありえませんけど)。非常に参考になる玄人の集団に出くわしていきます。


Azumayama_20120708_127Azumayama_20120708_129

滑り易い岩場を慎重に下山していきます。


Azumayama_20120708_137Azumayama_20120708_138

視界の利かないトンビ岩です。覗き込もうとしましたが、濡れて滑り易いので途中で止めました。


Azumayama_20120708_141Azumayama_20120708_143

流石に下山は女坂廻りでいきます。岩の上に小さな祠があります。健脚mana氏は、朝練では必ず手を合わせていくそうです。


Azumayama_20120708_145Azumayama_20120708_150

下山しながら植物観察です。花に無知な私は、よく名前がわかりませんでした。エンゼルトランペット?でしたっけ。


Azumayama_20120708_153Azumayama_20120708_154

やがて吾妻公園との分岐点に出ました。


Azumayama_20120708_160_2Azumayama_20120708_163

吾妻公園を軽く散策がてら、紫陽花を観賞して駐車場に無事に帰着です。


■天候:雨(終始)、下山後帰り道雨が上がり、自宅に帰ると晴れていました。 

■出会った人:5人(全て地元玄人)

■タイム:6:50~8:30

■形態:同行者1名(健脚mana氏)

■その他: 

★雨天の中、Awayでの朝練を強行的に決行して参りました。玄人の集まる吾妻山は、展望の利きやすい冬場に再度訪問してみたいと考えています。次回は桐生アルプスもセットで、玄人に負けない強靭な歩きで対抗していきたいとも考えます。朝練お疲れ様でした。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

« 赤城山(長七郎山)2012/6/30 深Qの日本百名山で朝練Vol.2 | トップページ | 鳳凰三山 2012/7/15 深Qの日本百名山登頂シリーズ~南アルプス編~(日帰り縦走) »

吾妻山(桐生市)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/55160263

この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻山 2012/7/8 朝練シリーズAway編 Practice in morning :

« 赤城山(長七郎山)2012/6/30 深Qの日本百名山で朝練Vol.2 | トップページ | 鳳凰三山 2012/7/15 深Qの日本百名山登頂シリーズ~南アルプス編~(日帰り縦走) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ