« 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 2012/6/2 谷川連峰馬蹄形視察登山編 | トップページ | 天狗岳(北八ヶ岳) 2012/6/8 北八ヶ岳の最高峰を踏破! »

霧ヶ峰(車山) 2012/6/9 日本百名山登頂シリーズ

霧ヶ峰(車山)1,925m 単純高低差125m

Tengudake_kurumayama_201206089_381
前日の北八ヶ岳最高峰登頂で消耗し切っていた肉体を、一先ず天候の影響から、滞在先の「茅野スカイビューホテル」でチェックアウト12時までの時間帯をフル活用して、ゆっくり休息することにしました。

元々、天候が良ければ、ビーナスライン沿いの山々を片っ端から登頂する目的がありました。しかし雨天のため、せめて百名山の1峰だけでも登り込んでみるかと、霧ヶ峰最高峰を照準に合わせ準備を整えて、アタックに向かいます。

実は、霧ヶ峰最高峰の「車山」は数年前に訪問しており、リフトに乗車してスーパーチョンボで山頂を踏んだことがありました。私的には百名山登頂のカウントに入れることは、到底納得ができなかったので、しっかり自分の脚で歩いて山頂を踏みたかった名山でした。

やっと、この機会が得られたことに感謝し、雨天でも攻め込んでいくことを決断して、入山していきます。深Q百名山シリーズ第20座目の登頂になります。

レポ作成の原動力になりますので、入山前に下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):車山肩⇒コロボックルヒュッテ⇒車山山頂⇒車山肩(ピストン)


Tengudake_kurumayama_201206089_276Tengudake_kurumayama_201206089_271

AM7時30分に起床し、滞在先のホテル客室より外を眺めます。予報通り雨だな・・・。本日は全国的に雨模様です。雨天の場合の連れとの打ち合わせでは、チェックアウト11時30分と決めておりました。それまで本日の戦略をゆっくりと考案していきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_283Tengudake_kurumayama_201206089_285

既に歩きモードから離脱していた連れは、長野県にあるブックチェーン店「平安堂」に立ち寄り、文庫本を購入していきます。その後、幸楽園でつけめんを食してから、約19キロ走行して車山高原スキー場リフト前に到着します。


Tengudake_kurumayama_201206089_288Tengudake_kurumayama_201206089_290

前回訪問時、スーパーチョンボしたスカイライナーです。本日の雨の中でも動いていましたが、絶対に乗車いたしません。この位置からですと車山山頂まで巻いたコースで片道2キロあります。雨が少し強くなっていたので、車山肩に移動することを決断します。


Tengudake_kurumayama_201206089_292

たおやかな山頂上部はガスっています。本日はクールダウン的な脚慣らしなので、挑戦的意欲など全く抱いておりません。私自身も車山に相応しい優しい気持ちで、山と接していくつもりです。


Tengudake_kurumayama_201206089_299Tengudake_kurumayama_201206089_303

喫茶「チャプリン」前にある駐車場の「車山肩」に移動します。車山裏側に位置するこの場所はホワイトアウト状態に近く、車山山頂が何処に位置しているのか判別が困難です。


Tengudake_kurumayama_201206089_306Tengudake_kurumayama_201206089_307

離脱モードの連れをチャプリンに置いて、合羽装着、ザック無、麦茶600ml1本を持参して山頂を目指していきます。まずはバイオトイレの前に出ます。


Tengudake_kurumayama_201206089_310Tengudake_kurumayama_201206089_312

コロボックルヒュッテ前を通過していきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_31_2Tengudake_kurumayama_201206089_319

道標に従って入山していきます。山頂部が全く見えていないので、目指すポイント、距離が全く掴めません。


Tengudake_kurumayama_201206089_320Tengudake_kurumayama_201206089_326

ケルンの積まれたガレ場を、少しづつアンダンテ的に優しく登りかけていきます。え?あんだんて?とつまらないオヤジギャグをガスリの山中で噛ましていきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_330Tengudake_kurumayama_201206089_337

ガスが濃いので、雨が降っている感じではありません。しかし、道はあるけど本当に山頂に向かっているのか?不安になってきました。またしても、地図を車中に起き忘れてきてしまいました!


Tengudake_kurumayama_201206089_339Tengudake_kurumayama_201206089_341

確か山頂までは、ピストンで70分ぐらいのはずだ。早足気味で歩いていたら、ガスが切れて雨が降り出してきました。そのおかげでやや視界が良好になり、山頂にある目標地点のレーダードームを確認することができました。


Tengudake_kurumayama_201206089_343Tengudake_kurumayama_201206089_346

不安が一気に掻き消され、ショートカットを利用して山頂にアプローチしていきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_348Tengudake_kurumayama_201206089_352

そして濡れた足場を一気に突き進み、山頂にアタックを仕掛けにいきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_356Tengudake_kurumayama_201206089_362

貸切の山頂部です。一際目立つ気象観測レーダーは、1999年に設置された長野地方気象台の施設です。


Tengudake_kurumayama_201206089_359Tengudake_kurumayama_201206089_360

深Q百名山登頂成功の証、山頂標識です。登頂成功です!5分の1百名山踏破成功です!


Tengudake_kurumayama_201206089_364Tengudake_kurumayama_201206089_365

展望盤と三角点。前回チョンボ登頂時、山頂は晴れていて眺望も利いておりました。富士山がはっきり見えていたことはよく覚えています。南ア、八ヶ岳も当然視界に入っていたはずですが、当時は富士山以外は識別できなかったことでしょう。


Tengudake_kurumayama_201206089_368Tengudake_kurumayama_201206089_371

眺望が全く利かない山頂を暫し眺めていきます。そして、レーダードーム脇を抜けてリフト方面を確認しに行きます。


Tengudake_kurumayama_201206089_375Tengudake_kurumayama_201206089_378

上部リフトも動いている様子でしたが、客人は見当たりません。山頂部には車山神社がありました。


Tengudake_kurumayama_201206089_383Tengudake_kurumayama_201206089_385

レーダードーム反対側を眺めて、展望の利かない周囲をキョロキョロしていきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_388Tengudake_kurumayama_201206089_393

再び貸切山頂に戻り、念願の霧ヶ峰最高峰踏破を味わいます。すると、いつの間にやらガスが濃くなってきていました。


Tengudake_kurumayama_201206089_39_2Tengudake_kurumayama_201206089_398

連れが待っている車山肩に戻ることにします。振り返ると、レーダードームはガスで消えかかっています。


Tengudake_kurumayama_201206089_39_3Tengudake_kurumayama_201206089_404

少しチャッチャカ歩きを久しぶりに試してみます。


Tengudake_kurumayama_201206089_409Tengudake_kurumayama_201206089_412

草原地帯を藪こぎショートカット


Tengudake_kurumayama_201206089_425Tengudake_kurumayama_201206089_426

その後2人組男性ハイカー、3人組男性ハイカーと擦れ違っていきます。いづれも学生風の若手ハイカーでした。


Tengudake_kurumayama_201206089_434Tengudake_kurumayama_201206089_445

やがてビーナスラインが見えてきて、車山肩が近いことが伺えます。


Tengudake_kurumayama_201206089_464Tengudake_kurumayama_201206089_463

バイオトイレ前に戻り、車山山頂部を振り返ります。出発時よりも視界は利いております。


Tengudake_kurumayama_201206089_453Tengudake_kurumayama_201206089_456

コロボックルヒュッテ外観を確認していきます。1956年からの営業で宿泊も可能です。


Tengudake_kurumayama_201206089_471Tengudake_kurumayama_201206089_476

連れの待つチャプリンに向かいます。


Tengudake_kurumayama_201206089_477Tengudake_kurumayama_201206089_478

ちょうど駐車場に出てきていた連れと合流し、着替えをしてから車を走らせます。


Tengudake_kurumayama_201206089_494Tengudake_kurumayama_201206089_490

売店のある広めの駐車場に停めて、視界が利きそうで中々雲がとれない南ア・八ヶ岳連峰を眺めていきます。


Tengudake_kurumayama_201206089_49_2Tengudake_kurumayama_201206089_492

快晴であれば眺望は抜群。


Tengudake_kurumayama_201206089_501Tengudake_kurumayama_201206089_505

帰り道、国道254号線沿いにある「道の駅しもにた」に立ち寄ります。群馬名物おやきを美味しく頂いて、2日間の疲れを癒していきます。


■天候:雨 

■出会った人:5人(下山時のみ)

■タイム:13:30~14:30

■形態:単独(連れは喫茶チャプリンで待機)

■その他: 

★数年前の蓼科旅行において、霧ヶ峰最高峰である「車山」をリフトでスーパーチョンボして山頂を踏んだ記憶が蘇りました。確かビデオにも撮影した記憶がありますので、探してじっくり見てみようと思います。

★深Q百名山を20座踏破でき、雨の中の山行でも満足できました。今度は天候が良好の時に再訪問してみたいですね。

ホームに戻る 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

« 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 2012/6/2 谷川連峰馬蹄形視察登山編 | トップページ | 天狗岳(北八ヶ岳) 2012/6/8 北八ヶ岳の最高峰を踏破! »

霧ヶ峰(車山)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/54927320

この記事へのトラックバック一覧です: 霧ヶ峰(車山) 2012/6/9 日本百名山登頂シリーズ:

« 白毛門/笠ヶ岳/朝日岳 2012/6/2 谷川連峰馬蹄形視察登山編 | トップページ | 天狗岳(北八ヶ岳) 2012/6/8 北八ヶ岳の最高峰を踏破! »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ