« 日和田山~スカリ山~ユガテ 2012/1/15 低山縦走トレーニング(Photo Only) | トップページ | 棒ノ折山 2012/2/11 冬場の低山トレーニング編 »

筑波山 2012/2/4 猛暑日拷問登山のリベンジ検証編

筑波山(つくばさん)877m 単純高低差657m

Tsukubasan_20120204_173
今回で2回目の登頂を目指しますのは、昨年6月の猛暑日の登頂時、記憶喪失に陥って、殺害されかけた山「筑波山」へのリベンジ&検証登山を実行します。 

前日までの寒さから微熱が発生、一時37度5分まで上昇します。何とか気合い睡眠で解熱させ、8割程度復活に至ります。そこで、平熱に戻った私は、外気温が平熱と同じぐらいの時に登り込んで、危険な目に遭ったことを思い出します。目指す山を急遽、夏の猛暑日(熊谷39度)のリベンジ登山として、筑波山を選択します。 

2011年度拷問登山ランキング第3位に指定した筑波山を果敢にアタックしていきます。拷問登山は、通常①「自発的に山に登って、自ら身体を懲らしめる行為」と定義付けしております。加えて②「気象条件等、外部環境の変化が加わり、対外的な圧力行為を受傷する」つまり、山から受ける拷問が発生することにより、数段拷問登山のレベルアップが課せられます。 

私の登山では、②はできるだけ避けて、登頂していたつもりでした。しかしながら、偶々②の過酷な条件が加わっていた時に、撤退をせずに無理して突入していった危険な行為を実体験しました。今回は、記憶喪失に陥った箇所を検証したく、病み上がりで突入です。

参考:「筑波山2011/6/24   

 

入山前に下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):市営第3駐車場⇒筑波山神社⇒白雲橋コース⇒女体山⇒御幸ヶ原⇒男体山⇒御幸ヶ原⇒御幸ヶ原コース⇒筑波山神社⇒市営第3駐車場


Tsukubasan_20120204_001Tsukubasan_20120204_009

自宅を6時前に出発します。既に桶川⇒菖蒲に行く途中から、遠方に朝焼けの筑波山を確認します。国道125号線からは、何度も正面に本日登頂する筑波山が現れます。


Tsukubasan_20120204_014Tsukubasan_20120204_016

自宅より約75キロ、時間にして2時間強で市営第3駐車場(料金先払)に到着です。


Tsukubasan_20120204_017Tsukubasan_20120204_019

駐車場にはトイレが併設されています。まずは、筑波神社の方面に向かって歩いていきます。


Tsukubasan_20120204_022_3Tsukubasan_20120204_023

つくばグランドホテルの前に一旦出て、そのまま車道を歩いていきます。 


Tsukubasan_20120204_026_2Tsukubasan_20120204_030

青木屋前を通過して、筑波神社境内に進入していきます。


Tsukubasan_20120204_035Tsukubasan_20120204_034

徳川三代将軍、家光公に寄進された「御神橋」を眺めていきます。


Tsukubasan_20120204_039Tsukubasan_20120204_043

筑波山神社本殿にて、登山安全の祈願をしていきます。


Tsukubasan_20120204_046Tsukubasan_20120204_051

神社裏手に廻り込み、民家を抜けて登山口に出ます。8時30分登山開始です!


Tsukubasan_20120204_055Tsukubasan_20120204_056

早速、気持ちよく石段を登り込んでいきます。


Tsukubasan_20120204_062_3Tsukubasan_20120204_072

まもなく分岐に出て、白雲橋コースに進んでいきます。


Tsukubasan_20120204_079Tsukubasan_20120204_083

その先は、結構なしんどい勾配を登り込んでいきます。


Tsukubasan_20120204_086_2Tsukubasan_20120204_088

女体山まで1.8キロ地点です。更にきつい勾配が続くので、一歩一歩、ゆっくりと筑波山に烙印をぶち込む歩きへと、変化をつけながら進んでいきます。


Tsukubasan_20120204_090_2Tsukubasan_20120204_093

なんとなく記憶が甦ってきました。初夏の猛暑日拷問登山にて、確かこの辺りで殺害されかけたのを身体が覚えていました。冬場の冷え込んだ気候でも、この登りはかなりしんどいです。猛暑日は、ここを何度立ち止まったことだらうか。


Tsukubasan_20120204_095Tsukubasan_20120204_098

とても初級者対象とは思えない筑波山の白雲橋コースを、汗を掻きながら、高度を稼いで登っていきます。


Tsukubasan_20120204_101_2Tsukubasan_20120204_106

女体山まで1.3キロ道標を通過していくと、休憩スペースに出ました。そこには、数名のハイカーが小休止していました。ベンチに空きが無かったので、そのまま進むことにします。


Tsukubasan_20120204_112Tsukubasan_20120204_117

弁慶七戻りを普通に登っていきます。


Tsukubasan_20120204_120Tsukubasan_20120204_123

母の胎内くぐり、陰陽石と通過していきます。


Tsukubasan_20120204_126Tsukubasan_20120204_134

やがて、標高750m地点に到達してきました。その後も裏面大黒などの奇岩が続きます。


Tsukubasan_20120204_137_2Tsukubasan_20120204_139

高度800m地点に近づいていくと、溶け切れていない残雪が目立ち出し、凍結した箇所もありました。


Tsukubasan_20120204_140_2Tsukubasan_20120204_146

天空を突き刺す微動だにしない北斗岩が聳えています。標高800m地点到達、山頂まで距離200mです。


Tsukubasan_20120204_147_2Tsukubasan_20120204_149

凍結箇所を滑らないように、慎重に登っていきます。


Tsukubasan_20120204_151Tsukubasan_20120204_156
Tsukubasan_20120204_159_4

屏風岩から女体山を眺めてみます。山頂にいるハイカーがはっきりと確認できました。


Tsukubasan_20120204_164Tsukubasan_20120204_167

山頂アタックに向けて、仕上げ登りに入ります。


Tsukubasan_20120204_168Tsukubasan_20120204_169

視界が開けて、見覚えのある場所に到達してきました。


Tsukubasan_20120204_172Tsukubasan_20120204_178

9時30分、女体山登頂成功です!

山頂には、ハイカースタイルではないカメラを構えた3人組が占拠していました。


Tsukubasan_20120204_176Tsukubasan_20120204_177

一等三角点と展望盤


Tsukubasan_20120204_187Tsukubasan_20120204_180

山頂からは、富士山が確認できました。


Tsukubasan_20120204_186_2Tsukubasan_20120204_194

富士山に向かって左方面には、丹沢山が見えます。つつじが岡の遠方には、霞ヶ浦がちらつきます。


Tsukubasan_20120204_202Tsukubasan_20120204_184

山頂のベスポジは、常に占拠された状態なので、男体山に向かうことにしました。


Tsukubasan_20120204_206_2Tsukubasan_20120204_207

女体山御本殿で参拝してから、鞍部に下ります。


Tsukubasan_20120204_208Tsukubasan_20120204_211

陽が当たらないのか、凍結ポイントが増加してきました。


Tsukubasan_20120204_212_2Tsukubasan_20120204_215

せきれい茶屋の前には、ドーナツ型をした氷の産物が飾られていました。


Tsukubasan_20120204_219_2Tsukubasan_20120204_223

凍結地帯の下り坂は、ノーアイゼンにはヒヤヒヤものでした。土産屋が並ぶ御幸ヶ原に出てきました。


Tsukubasan_20120204_225Tsukubasan_20120204_227

男体山を目指して、ケーブルカーの筑波山頂駅前を通過していきます。


Tsukubasan_20120204_234Tsukubasan_20120204_237

残雪のある階段を、暫く登り込んでいきます。


Tsukubasan_20120204_238_2Tsukubasan_20120204_240

凍結注意の看板を見ながら、慎重歩きに変わります。陽の当たる場所は、溶けきっていました。


Tsukubasan_20120204_242Tsukubasan_20120204_266

そして、男体山(871m)に登頂成功です!


Tsukubasan_20120204_253Tsukubasan_20120204_264

男体山御本殿にて参拝してから、眺望を楽しみます。


Tsukubasan_20120204_255_2Tsukubasan_20120204_254

富士山、南アルプス方面が薄っすらと確認できます。ここ筑波山は、900mにも満たない低山ですが、近場に他に高い山が無い為、奥多摩・奥武蔵・秩父・群馬・丹沢方面から確認することができます。 


Tsukubasan_20120204_268Tsukubasan_20120204_270

下山はチャッチャカとは行かず、シャッシャカ歩きで、足元に注意を払いながら下ります。


Tsukubasan_20120204_285
Tsukubasan_20120204_278Tsukubasan_20120204_280

御幸ヶ原に戻り、土産屋の前に数台設置されているベンチで、マイクロストーブで炊き出しを行います。熱々コーヒーとチャルメラ塩味を、最高においしく頂きます。かなりマイウーでした!

山頂は、ケーブルカー乗車の未ハイカー組が、大勢やってきて賑やかでした。


Tsukubasan_20120204_291Tsukubasan_20120204_289

食後は、ケーブルカー山頂駅より、開けた街並み方向を眺望していきます。


Tsukubasan_20120204_294Tsukubasan_20120204_297

そして、初の御幸ヶ原コースを利用して、下山していきます。こちらは前回、震災の影響で通行止めになっていたルートです。


Tsukubasan_20120204_299Tsukubasan_20120204_301

凍結箇所も少なくなり、禁断の技、チャッチャカ下りをしていきたいところでしたが・・・・なんと!!大量のハイカーが登り込んでくるではありませんか! 接触事故を避けるため、音無しの構え歩きで、静かに下っていきます。


Tsukubasan_20120204_304_2Tsukubasan_20120204_308

筑波山神社まで1800m、リズミカルな動きを加味して、変化のある下り歩きを楽しんでいきます。


Tsukubasan_20120204_315Tsukubasan_20120204_319

ゴツゴツした石を避けたり、うまく足裏に合わせたり、足場の置き方に注意しながら、足回りの回転率を高めます。


Tsukubasan_20120204_321Tsukubasan_20120204_325

途中、ケーブルカーの線路が見えて、覗き込んで見ると、赤いケーブルカーが上がってきていました。


Tsukubasan_20120204_329Tsukubasan_20120204_330

赤いケーブルカーを待ち構えていたら、下り方面から、緑のケーブルカーが交差してきました。シャッターを著しく押しまくります。


Tsukubasan_20120204_337Tsukubasan_20120204_341

その後は、整備された変則的な階段を下っていきます。


Tsukubasan_20120204_345_2Tsukubasan_20120204_351

足裏に疲労感が出始めてきました。筑波神社までもう一頑張りです。


Tsukubasan_20120204_354Tsukubasan_20120204_359

ケーブルカーの入口石段を下って、筑波神社に向かいます。


Tsukubasan_20120204_362Tsukubasan_20120204_364

立ち寄ってみると、本殿から花嫁が現れます。そして異国人の新郎、更に外人部隊が続きます。結婚式だったみたいです。 


Tsukubasan_20120204_371Tsukubasan_20120204_369

1月下旬放送のちい散歩サタデー」で紹介されていた江戸屋です。足湯の料金が200円、ケーブルカーで下山の地井さんが立ち寄っていました。


Tsukubasan_20120204_375Tsukubasan_20120204_378

登頂してきた筑波山頂を眺めて、市営第3駐車場に帰着します。


■天候:晴れ 

■出会った人:カウント不能(概ね250人ぐらい) 

■タイム:8:15~12:30

■その他: 

初夏の猛暑日で苦しめられた筑波山、冬場にリベンジした結果、汗を噴き出すぐらいの登り込みを消化させられました。

検証結果、もう二度と夏の時期には登りません。そして、夏の時期には適しません。以上 

ホームに戻る 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

« 日和田山~スカリ山~ユガテ 2012/1/15 低山縦走トレーニング(Photo Only) | トップページ | 棒ノ折山 2012/2/11 冬場の低山トレーニング編 »

筑波山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/53936437

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山 2012/2/4 猛暑日拷問登山のリベンジ検証編:

« 日和田山~スカリ山~ユガテ 2012/1/15 低山縦走トレーニング(Photo Only) | トップページ | 棒ノ折山 2012/2/11 冬場の低山トレーニング編 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ