« 棒ノ折山 2012/2/11 冬場の低山トレーニング編 | トップページ | 2011/3/11 棒ノ折山登頂後の癒し温泉にて、東日本大震災に遭遇したレポ »

日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 2012/2/18 低山ロング縦走編

日和田山305m/スカリ山435m/越上山(おがみやま)567m/顔振峠(かあぶりとうげ)縦走

Ogamiyamakaoburi_20120218_307
通算8度目の登頂となりましたお馴染みの日和田山からいつものようにスタートです。今回は、エビガ坂より先の未踏エリアに足を延ばして、越上山、顔振峠を縦走して、路線で言えば3駅先の吾野駅をゴール地点に定めます。低山地帯を気持ちよく、ミニ縦走しながら楽しみます。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):日和田山駐車場⇒男坂⇒金刀比羅神社⇒日和田山⇒高指山⇒物見山⇒北向地蔵⇒観音ヶ岳⇒スカリ山⇒エビガ坂⇒十二曲り⇒越上山⇒諏訪神社⇒顔振峠⇒吾野駅(西武線乗車)⇒高麗駅⇒日和田山駐車場(車回収)


Ogamiyamakaoburi_20120218_004Ogamiyamakaoburi_20120218_001

自宅より約1時間で、日和田山登山口限定先着3台までの無料駐車場に到着します。7時10分登山開始です!


Ogamiyamakaoburi_20120218_012Ogamiyamakaoburi_20120218_014

分岐点にて、毎度の如く男坂に向かいます。登山道は凍結というより、霜柱が立っているような、サクサクした感触のあるコンディションでした。


Ogamiyamakaoburi_20120218_017Ogamiyamakaoburi_20120218_024

男坂の前に出ると、初っ端からガンガン、ハイペースで岩場地帯を登攀していきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_026_2Ogamiyamakaoburi_20120218_028

アッと言う間に、鳥居が視界に入る位置まで、高度を稼いできました。


Ogamiyamakaoburi_20120218_036Ogamiyamakaoburi_20120218_037

鳥居に到達し、開けた視界を一望します。巾着田と周辺の街並みです。昨晩軽く降雪したようで、薄く積もった屋根の集合体を捉えると、きれいな雪景色を堪能することができました。


Ogamiyamakaoburi_20120218_039Ogamiyamakaoburi_20120218_043

丹沢山塊、そして、富士山と大岳山のツーショット。遠近法で大岳山の方が、富士山より標高があるようにみえますが、富士山の3分の1の標高なんですよね。 


Ogamiyamakaoburi_20120218_049Ogamiyamakaoburi_20120218_057

足元に注意して、金刀比羅神社にアプローチし、登山安全祈願をしていきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_058Ogamiyamakaoburi_20120218_065

神社裏側の岩場を登り越えて、日和田山山頂にアタックを仕掛けます。難なく登頂成功です!


Ogamiyamakaoburi_20120218_070Ogamiyamakaoburi_20120218_063

日和田山山頂からの視界は、日高市街地方面を中心に開けており、遠方には、筑波山がはっきりと確認できます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_073_2Ogamiyamakaoburi_20120218_082

その後、鞍部まで下って、ミニ縦走を継続していきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_084Ogamiyamakaoburi_20120218_087

高指山を通過して、集落の方向へと車道を歩いていきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_088Ogamiyamakaoburi_20120218_101
Ogamiyamakaoburi_20120218_095_3

集落の売店からは、丹沢山塊、富士山、奥多摩の代表格「大岳山」の眺望がしっかりと利いています。


Ogamiyamakaoburi_20120218_104Ogamiyamakaoburi_20120218_111

車道から山道に入って、物見山に到達です。ここで、真っ黒のタイツを着用したトレランハイカーと擦れ違います。反対側から、猛スピードで突入してきたので、野生動物が襲撃に現れたのかと少しサプライズしました。


Ogamiyamakaoburi_20120218_118Ogamiyamakaoburi_20120218_119

北向地蔵に向かう途中、先程の野生動物的トレランハイカーが付けた足跡を、逆方向に辿っていきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_127Ogamiyamakaoburi_20120218_134
Ogamiyamakaoburi_20120218_130_2


北向地蔵を通過して、スカリ山オヤジ定位置ポイントを確認しますが、本日も早朝の為、未だ出勤しておりません。ここで、ジャムやマーマレードを販売しながら、スカリ山の知名度に貢献しているようです。


Ogamiyamakaoburi_20120218_136Ogamiyamakaoburi_20120218_137

再び車道に出ると、薄く積もった雪道では、扱けないように慎重歩きとなります。


Ogamiyamakaoburi_20120218_140_2Ogamiyamakaoburi_20120218_142

そして、スカリ山入口より、山道を登り込んでいきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_144Ogamiyamakaoburi_20120218_150

5~6分で観音ヶ岳に到達します。


Ogamiyamakaoburi_20120218_146Ogamiyamakaoburi_20120218_151

早速、開けた場所を眺望してみます。秩父のシンボル「武甲山」、そして近場の牧場でしょうか。


Ogamiyamakaoburi_20120218_153Ogamiyamakaoburi_20120218_155

遠方に筑波山、薄っすらとしか見えない赤城山方面


Ogamiyamakaoburi_20120218_157Ogamiyamakaoburi_20120218_161
Ogamiyamakaoburi_20120218_167

一旦、鞍部まで下ってから「スカリ山」へ到達です。このマニアックな山頂は、今回も貸切濃厚のようです。


Ogamiyamakaoburi_20120218_162Ogamiyamakaoburi_20120218_163

 
Ogamiyamakaoburi_20120218_165Ogamiyamakaoburi_20120218_168

スカリ山山頂より、筑波山、群馬方面、武甲山、奥武蔵、奥多摩の山々を眺望していきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_178
Ogamiyamakaoburi_20120218_172Ogamiyamakaoburi_20120218_181

ここで、少し早めの昼食と致しましょう。マイクロストーブでお湯を沸かし、チャルメラ塩味を山々の景色を堪能しながら、美味しくいただきます。食後は、熱々コーヒーで喉を潤します。


Ogamiyamakaoburi_20120218_186Ogamiyamakaoburi_20120218_192

満腹後は、エネルギッシュにエビガ坂まで突き進みます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_193Ogamiyamakaoburi_20120218_196

エビガ坂より、7キロ先にある吾野駅までは、未踏のエリアです。


Ogamiyamakaoburi_20120218_197Ogamiyamakaoburi_20120218_203

意外にも道標が整備されていて、登山道も明確です。


Ogamiyamakaoburi_20120218_209Ogamiyamakaoburi_20120218_210

崩落しそうな箇所は、しっかりと補強されていました。


Ogamiyamakaoburi_20120218_214_2Ogamiyamakaoburi_20120218_215

車道から十二曲りに出て、再び山道に入っていきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_219Ogamiyamakaoburi_20120218_220
Ogamiyamakaoburi_20120218_221

急坂を登り込んでいくと、「顔振峠と明るい山村を歩く道」の表示があります。確かに、通過してきた樹林帯では、ジメッとした暗さは感じられませんでした。


Ogamiyamakaoburi_20120218_228Ogamiyamakaoburi_20120218_231
Ogamiyamakaoburi_20120218_234

「のぼるのはやめましょう!」忠告がある鉄塔の下を潜ります。お約束の真下から激写攻撃です。どう見ても、のぼりたくなるような意欲は湧きませんね。


Ogamiyamakaoburi_20120218_238Ogamiyamakaoburi_20120218_241

樹林帯を進んでいくと、開けた場所に通りかかりましたので、少し立ち寄ってみます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_244Ogamiyamakaoburi_20120218_246
Ogamiyamakaoburi_20120218_251_2

大岳山、御前山、雲取山と確認していきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_255Ogamiyamakaoburi_20120218_259

アップダウンを軽く繰り返しながら、まだまだ樹林帯歩きは、続いていきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_267Ogamiyamakaoburi_20120218_277

この区間の登山道は、非常に明るくて、気持ちの良い歩きを楽しむことができます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_284Ogamiyamakaoburi_20120218_285

登り込んだ場所にて、マウンテンバイカーと擦れ違います。明確な道が続いているので、バイカーも結構いるみたいです。


Ogamiyamakaoburi_20120218_291Ogamiyamakaoburi_20120218_294

越上山との分岐を進んでしまい、先に金毘羅大権現を見学していきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_296_2Ogamiyamakaoburi_20120218_299

越上山分岐までステップバックして、超急坂の前に出ます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_302Ogamiyamakaoburi_20120218_304

7~8分ぐらい急坂を登り込み、更にその先にある岩場を乗り越え、一気に越上山目掛けて、アタックを仕掛けていきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_308_2
Ogamiyamakaoburi_20120218_312Ogamiyamakaoburi_20120218_305

展望の利かない越上山山頂に、登頂成功です!


Ogamiyamakaoburi_20120218_316Ogamiyamakaoburi_20120218_318

貸切山頂で、軽く小休止してから下山します。岩場の片側は、切れ落ちているので要注意です。


Ogamiyamakaoburi_20120218_319Ogamiyamakaoburi_20120218_331

途中、一部開けた場所より、近場の里山を眺めます。急坂を下ると、親子ハイカーと擦れ違いました。


Ogamiyamakaoburi_20120218_340Ogamiyamakaoburi_20120218_343
Ogamiyamakaoburi_20120218_346

登山道を進んでいくと、「ここからスカイツリーが・・・」の看板が設置されています。東京スカイツリー634(む・さ・し)m、ここ武蔵(むさし)が500m位らしい。

そして、肝心のスカイツリー・・・見えました!


Ogamiyamakaoburi_20120218_356Ogamiyamakaoburi_20120218_361

先に進むと広い場所に出ました。公衆トイレもあります。


Ogamiyamakaoburi_20120218_363Ogamiyamakaoburi_20120218_365

この場所は、諏訪神社でした。


Ogamiyamakaoburi_20120218_368Ogamiyamakaoburi_20120218_370

諏訪大神にて、安全祈願をしていきます。それにしても里山にある神社って、なぜか心が落ち着きますね。


Ogamiyamakaoburi_20120218_371Ogamiyamakaoburi_20120218_381

神社境内裏手より、顔振峠に続く登山道がありました。


Ogamiyamakaoburi_20120218_384Ogamiyamakaoburi_20120218_388

たんたんと進み、車道に出ます。道路脇にあるカフェ「忘路庵」は、冬期休業中のようです。


Ogamiyamakaoburi_20120218_392Ogamiyamakaoburi_20120218_396

顔振峠手前にて、15人程度の密集ハイカーと擦れ違います。そして、顔振茶屋前を通過していきます。


Ogamiyamakaoburi_20120218_402Ogamiyamakaoburi_20120218_400

顔振峠に到達です。顔振峠の由来には、義経が絶景のあまり、顔を振りながら登り込んだという説と、弁慶が急坂の登り込みに苦しめられ、顔を振りながら登り込んだという二つの説があります。

私は、急坂に苦戦しても顔を振りながら、登り込んだりはしませんね。皆さんは、いかがでしょうか。


Ogamiyamakaoburi_20120218_406_2
Ogamiyamakaoburi_20120218_408Ogamiyamakaoburi_20120218_411

ここから眺める景色は、絶景ですね。丹沢山塊、奥多摩三山など、顔を振りながら眺望しました。


Ogamiyamakaoburi2_20120218_001Ogamiyamakaoburi2_20120218_004

顔振茶屋前より吾野駅に向かいます。


Ogamiyamakaoburi2_20120218_019Ogamiyamakaoburi2_20120218_020

武甲山、そして武甲山を取り囲む大持山・小持山、武川岳などの武甲付随集団を一望していきます。


Ogamiyamakaoburi2_20120218_024Ogamiyamakaoburi2_20120218_022

美しい集落に見惚れながら、ソフトに下っていきます。


Ogamiyamakaoburi2_20120218_026Ogamiyamakaoburi2_20120218_042

景色も自然も、お腹一杯になっていたので、吾野駅までの残り3キロ強を、チャッチャカ歩っていきます。


Ogamiyamakaoburi2_20120218_048Ogamiyamakaoburi2_20120218_052

やがて、車道歩きへとエリアを移行していきます。


Ogamiyamakaoburi2_20120218_053Ogamiyamakaoburi2_20120218_055

そして、集落へと突入していきます。道路と家の間に、沢が流れているので、民家に渡る橋がそれぞれ架けられています。


Ogamiyamakaoburi2_20120218_065Ogamiyamakaoburi2_20120218_062

吾野駅まで残り500mぐらいは、トレラン気味に小走りします。吾野駅より更に足を延ばして、子ノ権現、そして奥武蔵の代表格「伊豆ヶ岳」まで・・・・という気力と体力はもうありませんね。素直にトレインに乗車です。


Ogamiyamakaoburi2_20120218_070Ogamiyamakaoburi2_20120218_071

13時6分の乗車時間に間に合い、3駅先まで戻ります。 


Ogamiyamakaoburi2_20120218_079Ogamiyamakaoburi2_20120218_081

高麗駅で下車し、日和田山登山口駐車場に帰着します。


■天候:晴れ 

■出会った人:30人ぐらい 

■タイム:7:10~13:05(吾野駅到着時間)

■その他: 

★日和田山~スカリ山~エビガ坂までは、何度か歩いており、今回、エビガ坂以降の吾野駅までは未踏のエリアでした。このコースの特徴は、極めて明るく登山道が明確、そして里山の雰囲気を充分に味わうことができ、とても気持ちよく歩けます。

越上山は、急坂ではありますが、7~8分気合いを入れて登り込めば、すぐに登頂できてしまいます。瞬発力勝負の登山といったところでしょうか。いつかは(やる気はないけど)、更に子ノ権現~伊豆ヶ岳~正丸駅まで、超ロング縦走っていう無謀なコースも面白いかもしれませんね。

ホームに戻る 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村




« 棒ノ折山 2012/2/11 冬場の低山トレーニング編 | トップページ | 2011/3/11 棒ノ折山登頂後の癒し温泉にて、東日本大震災に遭遇したレポ »

日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/54048463

この記事へのトラックバック一覧です: 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 2012/2/18 低山ロング縦走編:

« 棒ノ折山 2012/2/11 冬場の低山トレーニング編 | トップページ | 2011/3/11 棒ノ折山登頂後の癒し温泉にて、東日本大震災に遭遇したレポ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ