« 筑波山 2012/2/4 猛暑日拷問登山のリベンジ検証編 | トップページ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 2012/2/18 低山ロング縦走編 »

棒ノ折山 2012/2/11 冬場の低山トレーニング編

棒ノ折山(ぼうのおれやま)969m 単純高低差719m

Bounooreyama_20120211_197
奥武蔵の山域で、人気のある1峰に棒ノ嶺(棒ノ折山)があります。今回で3回目の登頂となりました棒ノ折山(個人的には、僕ノ俺山と称しております)、冬場の脚慣らしとして、山仲間Yさんとトレーニングがてら、山頂を目指すことにしました。3回目のレポとなりますので、内容は簡易レポとさせていただきます。

レポ作成の原動力になりますので、下記1発、宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):さわらびの湯⇒有間ダム⇒白谷沢登山口⇒ゴルジュ帯⇒岩茸石⇒ゴンジリ峠⇒棒ノ折山⇒岩茸石⇒滝ノ平尾根⇒さわびの湯


Bounooreyama_20120211_005Bounooreyama_20120211_006

西武線飯能駅経由にて、Yさんをピックアップ後、さわらびの湯駐車場に到着します。時刻は7時25分でした。


Bounooreyama_20120211_009Bounooreyama_20120211_011

バス停方向に廻り込んで、早速低山トレーニングの開始です。


Bounooreyama_20120211_012Bounooreyama_20120211_016

車道をダム方面に向かって歩いていくと、雪混じりの山々が展望できました。


Bounooreyama_20120211_018Bounooreyama_20120211_024

有間ダムに到着です。名栗湖が美しいです。


Bounooreyama_20120211_028Bounooreyama_20120211_031

暫く湖畔を歩いていき、白谷沢登山口の前に出ます。


Bounooreyama_20120211_033_2Bounooreyama_20120211_036

棒ノ嶺まで3.3キロの表示。まずは、ゆっくりとしたペースで身体を温めながら登っていきます。


Bounooreyama_20120211_039Bounooreyama_20120211_044

静かな山道をたんたんと進んでいきます。


Bounooreyama_20120211_050_2Bounooreyama_20120211_057

まもなく、藤懸の滝に出ました。沢の音が、自然の中にいることを実感させてくれていいですねぇ。


Bounooreyama_20120211_058Bounooreyama_20120211_061

ここより沢筋ルートに入っていきます。


Bounooreyama_20120211_063Bounooreyama_20120211_067

初歩的な沢登りを楽しみながら歩いていくと、第一ゴルジュ帯に近づいて参りました。


Bounooreyama_20120211_072Bounooreyama_20120211_073

白谷沢コースの核心部、ゴルジュ帯に突入していきます。因みに、このコースは皇太子もお好きなようで、2度同コースで棒ノ折山を登頂されています。


Bounooreyama_20120211_077Bounooreyama_20120211_079

夏場に比べれば、水量は少なめのようですね。ゴアテックス仕様の登山靴ですが、大活躍とまではいかない水量です。


Bounooreyama_20120211_082_3Bounooreyama_20120211_084

ゴルジュ帯を登り込み、進入箇所を振り返ります。


Bounooreyama_20120211_086Bounooreyama_20120211_090

小滝の釜付近では、飛び散った水量が石に凍りついています。部分氷柱ってところでしょうか。


Bounooreyama_20120211_099Bounooreyama_20120211_105

続いて、第二ゴルジュ帯に突入していきます。


Bounooreyama_20120211_106Bounooreyama_20120211_107

こちらも当たり前ですが、水量はイマイチ。静かな岩壁に挟まれた地帯を、ゆっくりと自然の創作を満喫しながら歩いていきます。


Bounooreyama_20120211_114Bounooreyama_20120211_109_2

やがて、鎖場に到達し、第二ゴルジュ入口を振り返ります。やはり皇太子も好む見事な光景です。


Bounooreyama_20120211_117Bounooreyama_20120211_118

一部氷柱化した白孔雀の滝を見学します。


Bounooreyama_20120211_121_2Bounooreyama_20120211_124

岩場のロープ越えをクリアすると、その先は、雪景色が強調されるような光景へと変化していました。


Bounooreyama_20120211_128Bounooreyama_20120211_130

先を進むに連れて、雪が深くなっていきます。擦れ違った年輩のご夫婦らしきハイカーは、アイゼンを装着していました。先のルートの残雪状態がある程度想定できました。


Bounooreyama_20120211_131Bounooreyama_20120211_134

あずま屋で小休止して、アイゼン装着を検討しますが、様子をみることにしました。


Bounooreyama_20120211_137Bounooreyama_20120211_140

急坂部分は、凍結箇所がありました。実際はアイゼンが必要と判断される箇所でしたが、無理してノーアイゼンで突破していきます。


Bounooreyama_20120211_145Bounooreyama_20120211_148

登山道の交差点、岩茸石を通過して、棒ノ折山を目指していきます。


Bounooreyama_20120211_154Bounooreyama_20120211_158

ここから更に登り込みが連続し、グングン高度を稼ぎにいきます。


Bounooreyama_20120211_159Bounooreyama_20120211_161

なるべく残雪の薄い箇所を、足場に選んで進んでいきます。毎度のことですけど、丸太階段は結構脚部に堪えます。


Bounooreyama_20120211_164Bounooreyama_20120211_170

Bounooreyama_20120211_168_6

ゴンジリ峠に到達し、起点方面の名栗湖を眺めます。


Bounooreyama_20120211_171Bounooreyama_20120211_174

そのままノーアイゼンで頑張って進み、長い丸太階段を登り込んでいきます。


Bounooreyama_20120211_176Bounooreyama_20120211_178

山頂手前では、劣化した歩道の自然植生の再生を図っているとのことで、左側に迂回路がありました。


Bounooreyama_20120211_180Bounooreyama_20120211_186

山頂が見えてきました。7か月ぶりに、棒ノ折山の広い山頂に到達してきました。


Bounooreyama_20120211_181_2Bounooreyama_20120211_182
Bounooreyama_20120211_184

まずは、東京方面、奥武蔵の山々、武甲山、大持山・・・と眺めていきます。


Bounooreyama_20120211_191Bounooreyama_20120211_194

遠方に筑波山、榛名山と確認できました。


Bounooreyama_20120211_229
Bounooreyama_20120211_204Bounooreyama_20120211_205

棒ノ嶺(埼玉県)、棒ノ折山(東京都)の山頂標識


Bounooreyama_20120211_206Bounooreyama_20120211_211

広い山頂でのテーブル付ベンチを借りて、チャルメラをおいしく頂きます。


Bounooreyama_20120211_213Bounooreyama_20120211_214

山頂には、多くのハイカーが到達してきて、たいへん賑やかになってきました。


Bounooreyama_20120211_222_2Bounooreyama_20120211_217

武甲集団を眺めながら、簡易アイゼンを装着します。


Bounooreyama_20120211_233Bounooreyama_20120211_240

右側、針葉樹(東京都)左側、落葉樹(埼玉県)を最強アイゼン装着で、一気にゴンジリ峠まで下ります。


Bounooreyama_20120211_242Bounooreyama_20120211_243

アイゼンがよく雪道に刺さり、ガンガン下っていきます。


Bounooreyama_20120211_249Bounooreyama_20120211_251

急な丸太階段を下り、今度は登りとは逆に、雪の多い場所を選びながら下っていきます。


Bounooreyama_20120211_253Bounooreyama_20120211_255

岩茸石を通過して、滝ノ平尾根でさわらびの湯に帰着するルートで下ります。このあたりで、アイゼンは外しました。


Bounooreyama_20120211_257Bounooreyama_20120211_259

尾根沿いを歩いて、河又方面に向かいます。


Bounooreyama_20120211_263_2Bounooreyama_20120211_264

高度を下げていっても、残雪は所々にありましたが、アイゼン不要で大丈夫でした。


Bounooreyama_20120211_266Bounooreyama_20120211_271

歩幅の合わない階段、根っこ地帯を下っていきます。


Bounooreyama_20120211_273Bounooreyama_20120211_274

長い樹林帯は続きます。途中、ベンチのある場所で小休止します。


Bounooreyama_20120211_278Bounooreyama_20120211_279

気を引き締めて、最終下りに集中します。


Bounooreyama_20120211_285_2Bounooreyama_20120211_287

やがて、民家の脇に出てきました。


Bounooreyama_20120211_289Bounooreyama_20120211_294

橋を渡って、さわらびの湯に向かいます。


Bounooreyama_20120211_298Bounooreyama_20120211_299

さわらびの湯では、クリスマスローズが販売されておりました。そして、登山の疲れを思う存分、たっぷりと癒していきました。


■天候:晴れ 

■出会った人:60人ぐらい(登り5人、山頂35人ぐらい、下山20人ぐらい) 

■タイム:7:25~13:15

■その他: 

★皇太子お勧め(2回登頂されているので、勝手に私が思っている)の棒ノ折山、私も奥武蔵の中では、伊豆ヶ岳~子ノ権現コースに次いでお勧めのコースです。県外のハイカーにも是非、訪問してほしいコースです。

★ここの丸太階段は、何度登ってもつらいですね。スクワットで、もっと足腰を鍛えておかないと駄目かなぁ・・・・と弱気モードです。夏に向けて、徐々にレベルアップを計っていかないと、馬蹄形縦走に間に合いそうにありませんけどね。

ホームに戻る 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村




« 筑波山 2012/2/4 猛暑日拷問登山のリベンジ検証編 | トップページ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 2012/2/18 低山ロング縦走編 »

棒ノ折山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/53991546

この記事へのトラックバック一覧です: 棒ノ折山 2012/2/11 冬場の低山トレーニング編:

« 筑波山 2012/2/4 猛暑日拷問登山のリベンジ検証編 | トップページ | 日和田山~スカリ山~越上山~顔振峠 2012/2/18 低山ロング縦走編 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ