« 2011年の山行を振り返って | トップページ | 日和田山~スカリ山~ユガテ 2012/1/15 低山縦走トレーニング(Photo Only) »

二子山 2012/1/8 岩稜歩きで高度感に慣れよう!

二子山(ふたごやま)西岳1,166m/東岳1,122m

Futagoyama_20120108_314
2012年初登山に選んだ山は、2回目の訪問となります埼玉県小鹿野町にある急峻な双耳峰が特徴的な「二子山」にターゲットを絞りました。

二子山は、石灰岩で形成された岩山の双耳峰で、西岳・東岳と急峻な峰が切り立っています。岩場は大変険しく、ロッククライミングのゲレンデとしても知られています。

昨年、両神山八丁峠コースより眺望できた二子山を、新年登頂岩稜歩き企画としてプランを練っていました。滑落したら重傷以上は間違いない、幅1m強の両脇が完全に切れ落ちている岩稜を、高度感とスリルを体感し、更に突風も加わるコンディションの中、絶景を楽しみながら縦走していきます。

※画像は、西岳登頂後、西峰までの岩稜歩きの稜線です。

宜しければ、入山前に下記ワンクリックお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):林道西秩父線股峠下P⇒股峠⇒東岳⇒股峠⇒西岳⇒西峰⇒ローソク岩⇒股峠⇒駐車場


Futagoyama_20120108_004Futagoyama_20120108_003

AM5時過ぎ自宅を出発して、関越自動車道東松山ICに入ります。すると、いつもと違い車の数が多いことに驚きます。スキー客の増加か?90年代の頃のシーズン渋滞を思い出してしまいました。私は2区間の花園ICでお先に下車して、299号廻りにて小鹿野町に入ります。民宿登人の上部にあるバイオトイレで用足しを済ませてから、そのまま車で森林管理道を登っていきます。


Futagoyama_20120108_015Futagoyama_20120108_017

森林管理道西秩父線を約10分間、車で上っていくと10台ぐらい置ける駐車スペースがあります。ここまで自宅から85キロぐらいありましたので、やはり筑波山の方が距離は近いです。


Futagoyama_20120108_018Futagoyama_20120108_023

途中、凍結箇所がいくらかありましたので、ノーマルタイヤの私の車では慎重運転になりました。トップバッターのようなので、準備を整えて登山口に向かいます。


Futagoyama_20120108_026Futagoyama_20120108_028

カウンターを押して無事に生還できることを祈り、7時20分初登山開始です!


Futagoyama_20120108_033Futagoyama_20120108_034

登山道を進んでいくと、すぐに東岳が姿を現します。


Futagoyama_20120108_035Futagoyama_20120108_039

約3分で股峠に到着です。ここは東岳と西岳の鞍部でもある分岐点です。


Futagoyama_20120108_048Futagoyama_20120108_050

まずは静かな貸切山域の中、東岳より攻め込んでいきます。


Futagoyama_20120108_054Futagoyama_20120108_057

ゴツゴツした岩の間の踏み場を選びながら、グングン急坂を登っていきます。


Futagoyama_20120108_060Futagoyama_20120108_062

廻り込んでから高度を稼ぎます。


Futagoyama_20120108_068
Futagoyama_20120108_069Futagoyama_20120108_072

危険度の高い鎖場を乗り越えて見下ろします。 


Futagoyama_20120108_079Futagoyama_20120108_086

一気に視界が開けてきます。次に向かう西岳、現在向かっている東岳が両脇を固めています。


Futagoyama_20120108_090Futagoyama_20120108_095

東岳の岩稜を歩いていくと、遠方に筑波山が確認できました。


Futagoyama_20120108_096Futagoyama_20120108_100

登り込んでいくと、時より立眩みしそうな場面に出くわします。


Futagoyama_20120108_105Futagoyama_20120108_113

東岳にアプローチしていき、一気にアタックを仕掛けます。


Futagoyama_20120108_116Futagoyama_20120108_119

そして東岳に登頂成功です!山頂部分は、風が当たりにくい場所でした。


Futagoyama_20120108_122Futagoyama_20120108_123

正面には、両神山がドッシリと構えています。急峻な西岳をここから初めて見かけた時、あれをどうやって攻略していくのか不思議に思っていました。現在は攻略法を熟知していますので、疑問を抱きませんが、改めて眺めてみると、大変滑稽で迫力のある不思議な峰です。


Futagoyama_20120108_127Futagoyama_20120108_132

今回の登頂目的には、年末に購入したコールマンのマイクロストーブを使用して、山頂でカップラーメンを食しながら冷えた身体を温めることでした。まずは東岳にて、ネスカフェスティックコーヒーを西岳に向けておいしく頂きます。


Futagoyama_20120108_133Futagoyama_20120108_135

温まりながら南側の開けた山々を眺めていきます。白く見えている部分は、八ヶ岳です。


Futagoyama_20120108_145Futagoyama_20120108_147

身体が温まったので一旦鞍部まで下り、視界に捉えている急峻な西岳を登り返していきます。


Futagoyama_20120108_149Futagoyama_20120108_155

足元に細心の注意を払いながら、慎重に下ります。


Futagoyama_20120108_157Futagoyama_20120108_158

実は危険な鎖場で、ザック脇に引っ掛けていたぶどうジュース500mペット(未開封)を落としてしまいます。落ちた瞬間あれよ、あれよと手に届かない位置にガンガン落ちていってしまいました。未開封だっただけに、ショックは大きかったです。


Futagoyama_20120108_162Futagoyama_20120108_165

股峠が見えてくると、連続していた緊張感が和らぎます。準備運動をしていたハイカーと丁度擦れ違いになり、東岳に登っていきました。


Futagoyama_20120108_040Futagoyama_20120108_041

鞍部の股峠で、西岳案内図を目に焼き付けて行きます。急告!!も一読していきます。


Futagoyama_20120108_169Futagoyama_20120108_174

急な斜面を登り込んでいきます。左側に進んでいくと、上級コースの前に出れます。因みに、右側は一般コースへと繋がっていきます。


Futagoyama_20120108_176Futagoyama_20120108_177

そして、そのまま上級コースに突入していきます。転落事故多発地帯、まるで地雷源に足を踏み入れていくような感覚です。


Futagoyama_20120108_180_2Futagoyama_20120108_183

徐々に上級コースゲレンデに近づいていきます。


Futagoyama_20120108_186Futagoyama_20120108_189

以前、この上級コース岩場には、鎖が設置されていた旨が記載されています。撤去理由に、①鎖が多過ぎる②必要無い③鎖が取れたら責任執ってくれるだらうかとのことでした。設置されていた鎖が、かなり不評であった模様です。


Futagoyama_20120108_191Futagoyama_20120108_190

正面に聳える岩壁を見上げて、ペイントが付されている方向に足を絡めていきます。


Futagoyama_20120108_193Futagoyama_20120108_195

転落しないように、一歩一歩着実にスタンスとホールドを固めていきます。


Futagoyama_20120108_196Futagoyama_20120108_199

上級コースゲレンデは大変険しいですが、岩は掴みやすいです。ホームセンターなどで販売されている作業用手袋があれば充分でしょう。


Futagoyama_20120108_202_2Futagoyama_20120108_204

ペイントの方向へと素直にルートを取ります。真下はこんな感じで、高度感があります。


Futagoyama_20120108_206Futagoyama_20120108_207

ホールド・スタンスを堅実に確保しながら、グングン高度を稼いでいきます。


Futagoyama_20120108_209Futagoyama_20120108_210

急峻な峰を上昇して行くわけですが、途中ホッと一息付けるスペースもあります。


Futagoyama_20120108_211Futagoyama_20120108_217

振り向くと、東岳の標高と肩を並べるくらいの高度まで上昇してきました。しかし、またまだ続きます。


Futagoyama_20120108_220Futagoyama_20120108_222

一段、一段登り上げていきます。周囲の山々を見渡せる高度に達してきました。


Futagoyama_20120108_223Futagoyama_20120108_229

やがて、急峻な峰登りも垂直加減が緩和されてきて、安心登りに変わっていきます。今の通過ルートを下山で利用した場合、確実に危険を感じると思います。私はおそらくやりません!っていうかやりたくありません。


Futagoyama_20120108_232Futagoyama_20120108_233

正面に西岳山頂部分が見えます。既に、先客のハイカーに占拠されていました。


Futagoyama_20120108_235Futagoyama_20120108_234

南側に少し歩を進めると、真下は断崖、正面は鎖場王国両神山」です。


Futagoyama_20120108_246Futagoyama_20120108_258

稜線上は、高度感タップリのスリルを味わうことができます。


Futagoyama_20120108_255Futagoyama_20120108_259

風当たりも強まりますが、周囲は絶景です。東岳より高度を上回っている位置にいます。こちらからも遠方に筑波山が確認できました。


Futagoyama_20120108_261Futagoyama_20120108_264

御荷鉾山奥に見えるのは谷川方面でしょうか・・・。


Futagoyama_20120108_269Futagoyama_20120108_272

岩稜を渡り、西岳にアプローチしていきます。一般道との分岐を通過していきます。


Futagoyama_20120108_275Futagoyama_20120108_277

ザックが放置されている岩場を越えると、先程山頂方向に見えた学生風のハイカー3人組と擦れ違います。学生風ハイカーたちは、西峰方面への岩稜には向かわず、股峠方向に戻っていきました。そのまま進んでいくと、山頂標識の裏側部分が見えてきました。


Futagoyama_20120108_282Futagoyama_20120108_297

西岳、2度目の登頂成功です!山頂には三角点があります。 


Futagoyama_20120108_286Futagoyama_20120108_290

西岳山頂から見た両神山、御荷鉾山、オドケ山 


Futagoyama_20120108_293Futagoyama_20120108_300

セメント会社の餌食にされている叶山、そして白くなっている部分が見える八ヶ岳


Futagoyama_20120108_292
Futagoyama_20120108_305Futagoyama_20120108_306

貸切になった西岳山頂にて、早速マイクロストーブでお湯を沸かします。カップラーメンを用意しようと思ったら、なんと!箸を忘れてきました。

仕方がないので、コーンスープでも飲んで温まる作戦に切り替えます。沸騰したお湯を注いで二口ほど啜った所、なんと!ケトルをコーンスープを注いだカップの上に落として、全てをこぼしてしまいました!(汗)あまりにもダサ過ぎます。


Futagoyama_20120108_287
Futagoyama_20120108_311Futagoyama_20120108_312

気を取り直して、幅1m強、滑落したら重傷以上は間違いない岩稜歩きに入ります。両サイドが完全に切れ落ちているスリルと高度感を、西峰まで存分に味わっていきます。


Futagoyama_20120108_313Futagoyama_20120108_316

強風も加勢するようになり、崖下に転落しないよう細心の注意を払いながら歩いていきます。


Futagoyama_20120108_318Futagoyama_20120108_319

気持ちの良い貸切岩稜歩きです。時より、下の方から人の声だけは聞こえてきます。


Futagoyama_20120108_323Futagoyama_20120108_330

高度感とスリルを味わう歩きが続きます。


Futagoyama_20120108_337Futagoyama_20120108_339

先程までいた西岳山頂から歩いて来た稜線を振り返ります。こうして見ると、西岳の切り立った急峻な峰は圧巻ですね。


Futagoyama_20120108_346

東岳とセットで捉えた西岳です。西岳(手前側)の方が44m上背があります。


Futagoyama_20120108_329Futagoyama_20120108_358

遠方に八ヶ岳を視界に捉え、目前では叶山を捉えます。


Futagoyama_20120108_354Futagoyama_20120108_360

ある程度、自己判断で岩場を選択しながら進んでいけます。険しい岩場では、黄色いペイントで進むべきルートをサポートしてくれています。


Futagoyama_20120108_361_2Futagoyama_20120108_381

やがて、高度感タップリの岩場歩きは、徐々に高度を下げていくようになります。


Futagoyama_20120108_388Futagoyama_20120108_390

岩稜歩き最終地点には、鎖場が設置されています。


Futagoyama_20120108_391Futagoyama_20120108_392

約7mの垂直鎖場を下ります。スタンスが取り易いので難易度は中です。


Futagoyama_20120108_395Futagoyama_20120108_397

その後、ロープ付岩場箇所を下っていくと、安定した場所に下りられます。


Futagoyama_20120108_400_2Futagoyama_20120108_403
Futagoyama_20120108_406

急坂をジグザグ気味に下っていきます。西岳からの岩稜を見上げられる位置に下りてから、ローソク岩方面へ進んでいきます。 


Futagoyama_20120108_411Futagoyama_20120108_415

ローソク岩まではトラバース気味に、軽いアップダウンを繰り返していきます。 


Futagoyama_20120108_430Futagoyama_20120108_433

間もなく、クライマーで賑わっているゲレンデの前に出ました。凄まじい断崖です。


Futagoyama_20120108_434Futagoyama_20120108_435

ウォーミングアップをしているクライマーの中で、女性クライマーも結構いました。そして、既に登攀しているクライマーもいます。


Futagoyama_20120108_439Futagoyama_20120108_437

クライマーたちの側には小さな祠があります。ここ、二子山でも滑落死亡事故は確かに発生しています。ハイカーもクライマーも気を付けて登攀を楽しみましょう。


Futagoyama_20120108_445_2
Futagoyama_20120108_450Futagoyama_20120108_452

股峠に到着して駐車場に帰着します。時刻は10時40分、約3時間ちょっとの山歩きでした。朝方、貸切の駐車場は10台全て埋め尽くされて、路上駐車まで出ていました。


Futagoyama_20120108_458Futagoyama_20120108_459

その後、車で12キロ程来た道を戻り、「赤谷温泉小鹿荘 」の日帰り温泉(600円)に立ち寄ります。


Futagoyama_20120108_461Futagoyama_20120108_464

入場料を支払い、お風呂はまだ誰もいないとの貸切情報をゲットします。通路を渡り、大浴場は右ですが、正面のホールでは成人式の式典らしき催事を行っていました。営業中の表示奥に大浴場はありました。


Futagoyama_20120108_466Futagoyama_20120108_467

休憩所は決して広くはありませんが、貸切なら寛げます。女湯の暖簾を確認します。勿論入る訳ないじゃないですよ。(汗)


Futagoyama_20120108_468Futagoyama_20120108_470

私とレポをご覧になられている方はこちらになります。脱衣場の籠は30個ぐらいあります。右側には、ロッカー(100円戻りなし)が併設されています。


Futagoyama_20120108_474_2Futagoyama_20120108_473

カランは10個あります。内湯はご覧の通り、10人ぐらいは入浴できます。


Futagoyama_20120108_476Futagoyama_20120108_480

内湯の奥には露天風呂、5人は入浴できます。そして、今年1年拷問登山で受けるであろう疲労感を、勝手にフォーキャストしながら思う存分、癒させていただきます。今年は男体山、浅間山、鳳凰三山を始め、甲斐駒黒戸尾根日帰りピストン、雲取三峰日帰りピストン、谷川岳馬蹄形縦走(自信ないけどプランに載ってます)を攻略していこう!と癒しながらプランの再確認をしていきます。

約1時間完全貸切状態、その後3人入ってきてもなお余裕です。計90分身体を癒し切ってしまい、逆に長風呂で疲弊してしまいました。


Futagoyama_20120108_492Futagoyama_20120108_497

癒し疲れた後の帰り道、派手な車両とバトルしながら帰ります。


■天候:晴れ  

■出会った人:11人(東岳貸切、~西岳4人、西峰貸切、~股峠クライマー7人)  

■タイム:7:20~10:40 

■その他:  

◇新年1発目にチョイスした二子山の上級コースを、無事に登攀できて満足です。同じ上級コースでも妙義山上級コースに比べたら、緊迫する場面が少ないので安心して登攀できました。岩稜歩きは風がある時は、諸に受けますので突風時では覚悟が必要です。 

◇今回初めて山頂にてマイクロストーブを使用して、温かいコーヒーを飲むことができて、たいへん充実した山行となりました。暫くは、必須アイテムになると思いますが、もう少し大きめのザック(40~45L)が欲しいところです。因みに持参しているザックは、32Lと25Lです。

ホームに戻る 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

« 2011年の山行を振り返って | トップページ | 日和田山~スカリ山~ユガテ 2012/1/15 低山縦走トレーニング(Photo Only) »

二子山(小鹿野町)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/53687726

この記事へのトラックバック一覧です: 二子山 2012/1/8 岩稜歩きで高度感に慣れよう!:

« 2011年の山行を振り返って | トップページ | 日和田山~スカリ山~ユガテ 2012/1/15 低山縦走トレーニング(Photo Only) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ