« 秩父御岳山 2011/11/26 メタボ先輩との山行シリーズ | トップページ | 丹沢山 2011/12/10-11 日本百名山縦走シリーズ(前編) »

笠山・堂平山 2011/12/4 七峰縦走の核心部を攻めろ!編

笠山(かさやま)837m/堂平山(どうだいらさん)876m 単純高低差665m

Kasayama_doudaira_20111204_328
昨年、比企三山の一峰「大霧山」を登頂していた私は、残りの二座である「笠山・堂平山」登頂の機会を冬場の低山歩きのひとコースとして候補に揚げていました。比企地域の育ちである私は、ある意味地元の山として己のルーツを探求する?ことも含め、前日の雨天による月例山行が中止となったモヤモヤさを解消させるべく一気に朝練消化を突発的に企画します。

しかしながら出陣後、北の天候が荒れていることから冷たい突風に襲われます。困難な山行も修行の一環だと気を張って、冷え込む身体に気を配りながら登り込みに耐え忍びます。すると・・・・なんと!そこにストロングサプライズが!過去何度か訪問経験のあった堂平山山頂に辿り着くとメンタルな癒し気分満載なパラダイスな世界が待ち受けておりました・・・・。

入山前に宜しければお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(ルート):ヤマメの里駐車場⇒荻平⇒笠山⇒笠山神社⇒七重峠⇒堂平山⇒ヤマメの里駐車場(ピストン)


Kasayama_doudaira_20111204_011Kasayama_doudaira_20111204_012

AM5時30分自宅を出発して、一般道を約45キロ走り東秩父村にあるヤマメの里公園駐車場に到着します。駐車場は10台ぐらい置けるスペースがあります。準備を整えて6時45分、登山開始です!


Kasayama_doudaira_20111204_014Kasayama_doudaira_20111204_015

橋場バス停とは反対方向に30mぐらい歩いていくと笠山CPの表示板が目に付きます。


Kasayama_doudaira_20111204_020_2Kasayama_doudaira_20111204_026

そのまま舗装道路を歩いていきます。随所に存在する外秩父七峰縦走用の表示板の指示に従い、集落に向かって歩き込みます。


Kasayama_doudaira_20111204_035Kasayama_doudaira_20111204_037

勾配のある舗装道路を頑張って歩いていきます。


Kasayama_doudaira_20111204_051Kasayama_doudaira_20111204_052

途中ショートカットをしていきますが、すぐに車道に出てしまいます。反対側には大霧山への稜線及び集落が見えます。


Kasayama_doudaira_20111204_060Kasayama_doudaira_20111204_058

やがて、あずま屋のあるT字路に出ます。笠山・堂平山方向に向けて右に曲がります。


Kasayama_doudaira_20111204_069Kasayama_doudaira_20111204_070

そして野際ぶどう園の前を通過していきます。


Kasayama_doudaira_20111204_072Kasayama_doudaira_20111204_074

林道荻平線起点の先に外秩父七峰縦走標示版が目立つように設置されています。


Kasayama_doudaira_20111204_078Kasayama_doudaira_20111204_077

キャンプ小屋のような建屋が見えるポイントより、本格的な山道コースに入っていきます。


Kasayama_doudaira_20111204_082Kasayama_doudaira_20111204_089

Kasayama_doudaira_20111204_091_2Kasayama_doudaira_20111204_095

傾斜の緩い山道を登っていきます。途中、短い車道歩きがまだありました。


Kasayama_doudaira_20111204_099Kasayama_doudaira_20111204_104

林道を横断して再び樹林帯に突入していきます。


Kasayama_doudaira_20111204_111Kasayama_doudaira_20111204_113

樹木にしっかりとマーキングされています。流石、七峰縦走ルート、迷わせません。


Kasayama_doudaira_20111204_118Kasayama_doudaira_20111204_121

Kasayama_doudaira_20111204_123Kasayama_doudaira_20111204_124

徐々に高度を上げていき、再び林道横断です。


Kasayama_doudaira_20111204_127Kasayama_doudaira_20111204_129

笠山手前の直登コースに入っていきます。まずは緩やかな登りです。


Kasayama_doudaira_20111204_132Kasayama_doudaira_20111204_134
Kasayama_doudaira_20111204_136

強風が吹き荒れる中、グングン高度を稼いでいきます。外気は冷え込んでいますが身体は汗ばんできました。


Kasayama_doudaira_20111204_142Kasayama_doudaira_20111204_147

山頂目掛けて一気にアタックを仕掛けます。


Kasayama_doudaira_20111204_149Kasayama_doudaira_20111204_150

すると山頂が見えてきました。笠山837m登頂成功です!時刻は8時ジャスト1時間15分での登頂でした。


Kasayama_doudaira_20111204_165
視界は北側が開けており、低山にしては抜群の眺望が利いています。


Kasayama_doudaira_20111204_163Kasayama_doudaira_20111204_164

赤城山は山頂部分が分厚い雲に覆われています。榛名山方面はしっかりと確認できます。


Kasayama_doudaira_20111204_152Kasayama_doudaira_20111204_168

南側に設置されている山頂標識も確認します。北側に設置されている標識の右下部分には、東峰3分の矢印が記されています。天候は晴れていましたが、北方面の天候が荒れている為、時より強烈な突風が襲ってきます。

笠山登頂成功により堂平山を次の機会に廻して撤退を考えますが、とりあえず東峰に向かうことにしました。


Kasayama_doudaira_20111204_169Kasayama_doudaira_20111204_172

3分もかからずに東峰にある笠山神社が見えてきました。


Kasayama_doudaira_20111204_179Kasayama_doudaira_20111204_180

神社脇には倉庫らしき建物とトイレがあります。


Kasayama_doudaira_20111204_176Kasayama_doudaira_20111204_183

笠山神社で登頂御礼の参拝をします。樹木の間から堂平山にある天文台が見えていました。やはり、撤退はありえない!(管直人バージョンネタはもう通用しませんが)と決意して登頂意欲を高めます。


Kasayama_doudaira_20111204_186Kasayama_doudaira_20111204_193

再び笠山山頂部にピストンで戻り、絶景を楽しみます。


Kasayama_doudaira_20111204_194Kasayama_doudaira_20111204_195

そして気合いを入れ込んで堂平山に向かいます。


Kasayama_doudaira_20111204_199Kasayama_doudaira_20111204_204

「ガレの急な下りあり注意!」の表示先には、見事なガレ急坂が待っていました。


Kasayama_doudaira_20111204_207Kasayama_doudaira_20111204_209

下りながら憂鬱な気持ちにさせられます。ピストンだからまた登り返すってことだよなぁ・・・。


Kasayama_doudaira_20111204_211Kasayama_doudaira_20111204_212

鞍部より堂平の天文台を見上げて再起動していきます。


Kasayama_doudaira_20111204_220Kasayama_doudaira_20111204_222

進行方向右手に堂平山、左手には笠山を見ながら歩いていきます。


Kasayama_doudaira_20111204_228Kasayama_doudaira_20111204_231

開けた場所に出ると堂平登山口に出ました。マツダランプの看板、確か荒船山でも見た記憶が・・・。


Kasayama_doudaira_20111204_235Kasayama_doudaira_20111204_236

そして七峰縦走看板もあります。新ルート(路面よし)と旧ルート(路面悪し)二手に分かれます。迷わず新ルートに進みます。


Kasayama_doudaira_20111204_239Kasayama_doudaira_20111204_243

右手に見える通称おっぱい山と呼ばれている笠山の乳房型を登り込みながら考えます。一体何カップあるのだらう・・・。Lカップ?いやスリーZだな・・・と馬鹿なことを考えます。


Kasayama_doudaira_20111204_244Kasayama_doudaira_20111204_247

静かな山道を登り込んでいきます。


Kasayama_doudaira_20111204_250Kasayama_doudaira_20111204_256

するといきなり開けた場所に出ます。パラグライダーの練習場ですかね。


Kasayama_doudaira_20111204_262Kasayama_doudaira_20111204_264

榛名山、そして両神山が目に飛び込んできます。


Kasayama_doudaira_20111204_267Kasayama_doudaira_20111204_268

その先には天文台に続く林道が整備されています。ん?芝の中立入禁止の記載が・・・。今更ながら既に芝の中に入ってしまいました。


Kasayama_doudaira_20111204_269Kasayama_doudaira_20111204_276

天文台の前に出てきました。堂平山頂に廻り込みます。


Kasayama_doudaira_20111204_278Kasayama_doudaira_20111204_282

遂に堂平山876m登頂成功です!視界がよく利く気持ちの良い山頂です。


Kasayama_doudaira_20111204_283Kasayama_doudaira_20111204_287

あまり迫力のない一等三角点と目の前には堂平天文台(現在は星と緑の創造センターとして利用されている)があります。


Kasayama_doudaira_20111204_293Kasayama_doudaira_20111204_342

武甲山、雲取山、大菩薩嶺方面


Kasayama_doudaira_20111204_300

筑波山の眺望が良く利いています。ここ堂平山の標高と筑波山(女体山)の標高とでは差異が1mしかありません。ほとんど同じ標高ですね。


Kasayama_doudaira_20111204_352

浅間山方面


Kasayama_doudaira_20111204_302Kasayama_doudaira_20111204_303

私の住んでいる街方面


Kasayama_doudaira_20111204_314Kasayama_doudaira_20111204_337

両神山後方に八ヶ岳が見えます。そして甲武信、雁坂嶺方面


Kasayama_doudaira_20111204_291Kasayama_doudaira_20111204_292

各方面に記載された山々の標識を見ながら、両神山日向大谷口から登頂経験のある御夫婦と確認していきます。ギザギザ頭がシンボルマークの両神山がわからなかったようでした。


Kasayama_doudaira_20111204_306Kasayama_doudaira_20111204_316

徐々に山頂に人が集まり出してきます。と言ってもハイカーは私一人だけで、他は全員車で山頂まできた非ハイカーです。ここ堂平山は車で山頂まで登ってこれます。しかし、360度の展望が利いているにも拘わらず、確認したり撮影したりする方向は、東京方面、街が見える方角のみで、ほとんどの人は山方面には興味を示していませんでした。


Kasayama_doudaira_20111204_335Kasayama_doudaira_20111204_364

次回訪問が決定されている丹沢方面の眺望も利いています。


Kasayama_doudaira_20111204_325_2Kasayama_doudaira_20111204_339

天文台が併設されているくらいですから、眺めはパラダイスのようで最高ですね。


Kasayama_doudaira_20111204_356Kasayama_doudaira_20111204_357

何十年ぶりかに見た天文台の建物にアプローチしていくと中に職員がおりました。現在はときがわ町の施設になっているようです。


Kasayama_doudaira_20111204_360Kasayama_doudaira_20111204_365

過去10回ぐらい訪問(内8回は車)したことのある山頂からは、東京方面の夜景が見事だったことを思い出しながら懐かしさが滲み出てきます。


Kasayama_doudaira_20111204_366Kasayama_doudaira_20111204_373

堂平山頂は笠山ほど北風が当たらなかったので、30分強絶景を楽しむことができました。剣ヶ峰、大霧山への縦走は次回以降にとっておくとして、ひとまずピストンで下山することにします。


Kasayama_doudaira_20111204_371Kasayama_doudaira_20111204_376

パラグライダー発着練習場からは浅間山・御荷鉾山・榛名山を再度確認していきます。


Kasayama_doudaira_20111204_380Kasayama_doudaira_20111204_381

そして両神山、背後に見える八ヶ岳、蓼科山方面も確認します。


Kasayama_doudaira_20111204_384Kasayama_doudaira_20111204_386

落葉で隠れた登山道を踏みしめながら下ります。そして、正面に見えてきたおっぱい山こと笠山山頂部を再び何カップあるだらう・・・とくだらないことを考えながら下ります。


Kasayama_doudaira_20111204_388Kasayama_doudaira_20111204_392

一旦開けた場所に出てから笠山に戻ります。


Kasayama_doudaira_20111204_394Kasayama_doudaira_20111204_396

行きは貸切登山でしたが、下山はハイカーと擦れ違うようになってきました。鞍部より地獄の登り込みに入ります。


Kasayama_doudaira_20111204_397Kasayama_doudaira_20111204_399

一気に気合いで登り返して笠山山頂に戻ります。


Kasayama_doudaira_20111204_401_2Kasayama_doudaira_20111204_402

赤城山上部には相変わらず分厚い雲がかかっています。


Kasayama_doudaira_20111204_411Kasayama_doudaira_20111204_413

笠山の急坂をガンガン下っていき、登りに苦しむハイカーたちと擦れ違います。そして松岡修三チックに堂平の山頂の素晴らしさを伝え、登り込みハイカーたちのモチベーションを高めさせます。

しかし、冷たい風が吹き荒れ登りで汗ばんだ身体を容赦なく冷やしていきます。体温調節に苦慮して立ち止まる男性が連れの女性に気合いを入れていました。


Kasayama_doudaira_20111204_417Kasayama_doudaira_20111204_421

ここはスーパーチャッチャカで下ります。チャチャカ下りながら擦れ違うハイカーには、やはり堂平の絶景を伝えていきます。


Kasayama_doudaira_20111204_423Kasayama_doudaira_20111204_429

そして15人ぐらいの集団年輩ハイカーと擦れ違います。集団ハイカーとは挨拶のみで終わらせます。


Kasayama_doudaira_20111204_430Kasayama_doudaira_20111204_436

ショートカット、舗装道路歩きをしてあずま屋で小休止をします。今から登る年輩夫婦ハイカーと少し話込みます。時間が遅くなったから笠山までとのこと。再び松岡修三チックに堂平山の絶景の様子を伝えていきます。体力が持てば行ってみるに変更されていました。


Kasayama_doudaira_20111204_445Kasayama_doudaira_20111204_447

来る時は気付きませんでしたが柚が見事ですね。 


Kasayama_doudaira_20111204_449Kasayama_doudaira_20111204_451
Kasayama_doudaira_20111204_455

車道を歩いてヤマメの里駐車場に帰着します。時刻は11時10分、約4時間半の山行でした。駐車場では、朝から駐車してあった族車っぽい車のステッカーを確認します。「車高の低さは知能の低さ」これまた見事なことです。朝練終了後、癒し温泉無しでそのまま帰宅しました。


■天候:晴れ 

■出会った人:40人ぐらい(登り0人、堂平山頂20人(全員ハイカーではない)、下山20人) 

■タイム:6:45~11:10 

■その他: 

◇七峰縦走の核心部を歩いてたいへん気持ちのよい縦走ピストンができました。長閑な集落とのコントラストが見事な場所でした。比企育ちの私はなぜか比企三山と一体となった気持ちにさせられ、とても安心できる山歩きとなりました。次回は比企三山周回コースの縦走をさせていただきます。谷川岳馬蹄形縦走のトレーニングには及びませんが、地元の山に癒されるトレーニングってのもたまにはやってみたいものです。

◇今回癒し温泉には向かいませんでしたが、周辺には小川町、ときがわ町の日帰り温泉がいくつかあります。次回は是非立ち寄らせていただきます。

ホームに戻る 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

« 秩父御岳山 2011/11/26 メタボ先輩との山行シリーズ | トップページ | 丹沢山 2011/12/10-11 日本百名山縦走シリーズ(前編) »

笠山・堂平山」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568801/53402290

この記事へのトラックバック一覧です: 笠山・堂平山 2011/12/4 七峰縦走の核心部を攻めろ!編:

« 秩父御岳山 2011/11/26 メタボ先輩との山行シリーズ | トップページ | 丹沢山 2011/12/10-11 日本百名山縦走シリーズ(前編) »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

山仲間

  • ゆうやけハイカー by ゆうやけsan 
    四季を通して、日帰り山歩きと山麓付近の温泉を堪能しております。単独行動が多く、その想いを小さな ストーリーにして登る日があります。 腰痛(ヘルニア)とお付き合いしながら、日常生活と違った大自然 を相手に、移り変わる景色や花々や木々を見ながら野山を満喫し、日頃の疲れを癒している日もあれば、 時に挑戦的な登り方をしてストレスを発散している日の私もいます。・・・何れにせよ、山からの帰着後は 充実感がいっぱいです。
  • ちょっとずつ登って行こう~ by まるこsan 
    自分のレベルにあった山からちょっとずつ・・・この夏は、北アルプス、南アルプスに行きましたぁ。 山頂でのビール(最近はノンアルコールビール)が楽しみ♪ ずっこけ山女子の登山日記。
  • 雪椿日月抄 by yukitsubaki san 
    登りたい山が山ほど?!ヨッシャー・ガンバ☆ ◆2007年4月7日 初めてブログをUPしました。 ◆いい汗を流して山登り、キューッと絞れたナイスバディーにニンマリ!! 黒く日焼けしたフェイスに、女心も複雑。純白の雪山にココロを奪われ!新緑に被われた山にココロをときめかせ!登りたい山は海外にココロを、ら・びゅ~ん!
  • AAマダム
    ウエストを保つためと称して登山(なかなか保てませんが・・・) 軟弱登山が大好きで、時々ハード。 冬は南国、夏はアルプスをポレポレ歩き、時々世界に飛び出して、山や街を徘徊? 最近、考古学にはまっています。
  • しあわせのハイキング道 by たねsan
    皆様のシアワセな笑顔がなによりの養分です。どうかこの種が大きく育つようあたたかいコメントをお願いします。皆様の笑顔のためにがんばって更新していきます!(〃⌒∇⌒)ゞ♪
  • ひまじんsan
    群馬県高崎市の郊外で暮らしている団塊世代のひまじんです。 2010年初夏、40年あまりのサラリーマン生活を卒業し、フリーになった時間を有効に活かすため、体力のあるうちに出来るだけ多くの山を歩きたいと思っています。 山歩き6年目突入のひまじんさんの丁寧で参考になるレポをご覧ください。
  • 季節を感じて♪ by でんsan
    谷川連峰馬蹄形縦走挑戦時に出会った同士のサイトです。 ~紹介文~ 群馬の山のないところに住んでいます(^^​) ​山と温泉、おいしいものが好き♪
  • のほほん山歩き by rin san
    のんびりと群馬県の山を歩いています~ ソロで歩いても、みんなと歩いても、山歩きって楽しい♪♪♪ 目指せ!!カッコイイ山マダム(^O^)/
無料ブログはココログ